I am a Cat - Chapter 9 b

vocabulary bar - use mouse hover or touch to display furigana and definition of underlined terms

「おい冗談じゃない冗談じょうだんじゃない what's with you; what's the meaningなに whatをしているんだ、御客さん御客おきゃくさん caller; visitor; guestだよ」

「おやきみ youか」

「おや君かもないもんだ。そこにいるなら何とかなんとか somehow; in some manner云えばえば say; state; make knownいいのに、まるで空家空家あきや vacant house; unoccupied houseのようじゃないか」

「うん、ちと考え事かんがごと thoughts; things on one's mindがあるもんだから」

「考えていたって通れとおれ come inくらいは云えるだろう」

「云えんこと situation; caseもないさ」

相変らず相変あいかわらず as ever; as always度胸がいい度胸どきょうがいい (having) lots of nerveね」

「せんだってから精神精神せいしん mind; spirit; soul修養修養しゅうよう (mental) training; self-discipline; cultivation力めてつとめて work atいるんだもの」

物好き物好ものずき fancifulness; whimsyだな。精神を修養して返事返事へんじ response; reply出来なくなった出来できなくなった have become incapable of; can no longer manage dayには来客来客らいきゃく visitor; caller御難御難ごなん misfortune; calamityだね。そんなに落ちつかれちゃちつかれちゃ be composed; be subdued困るこまる be at a loss; be troubledんだぜ。実はじつは actually; in factぼく I; me一人一人ひとり alone; by oneself来たた came; calledんじゃないよ。大変な大変たいへんな important; remarkable; noteworthy御客さんを連れて来たれてた brought withんだよ。ちょっと出てて come out; appear逢ってって see; meetくれ給えくれたまえ do (something) for someone

だれ whoを連れて来たんだい」

「誰でもいいからちょっと出て逢ってくれたまえ。是非是非ぜひ absolutely; by all means君に逢いたいと云うんだから」

「誰だい」

「誰でもいいから立ちたまえちたまえ (please) get up

主人主人しゅじん master懐手懐手ふところで with one's hands in one's pocketsのままぬっと立ちながら「また人を担ぐひとかつぐ take (someone) for a rideつもりだろう」と椽側椽側えんがわ verandaへ出て何の気もつかずになんもつかずに taking no note of anything; noticing nothing unusual客間客間きゃくま drawing room; parlor這入り込んだ這入はいんだ went into。すると六尺六尺ろくしゃく 6 shaku (about 2 meters; about 6 feet)とこ alcove正面正面しょうめん directly in front; across from一個一個いっこ one (object)老人老人ろうじん elderly person粛然と粛然しゅくぜんと quietly; solemnly端坐して端坐たんざして sitting upright控えてひかえて be waiting onいる。主人は思わずおもわず reflexively; in spite of oneself懐から両手両手りょうて both hands出してして take out; withdrawぺたりと唐紙唐紙からかみ thick printed paper (for covering sliding doors)そば next to; beside尻を片づけてしまったしりかたづけてしまった took a seat。これでは老人と同じくおなじく in the same way as; in the same manner as西向き西向にしむき facing westであるから双方共双方そうほうとも both of them; the two of them挨拶挨拶あいさつ greeting; salutationのしようがない。昔堅気昔堅気むかしかたぎ old-fashioned way of thinkingの人は礼義礼義れいぎ manners; etiquette (usually 礼儀れいぎ)はやかましいものだ。

「さあどうぞあれへ」と床の間とこ tokonoma; alcoveほう direction指してして point to; indicate主人主人しゅじん master促がすうながす urge; prompt。主人は両三年前両三りょうさん年前ねんまえ two or three years before; several years pirorまでは座敷座敷ざしき living room; parlorはどこへ坐ってすわって sit; be seated構わんかまわん not matterものと心得ていた心得こころえていた took; regarded (as)のだが、その後その after that; thereafter; since thenある人あるひと a certain personから床の間の講釈講釈こうしゃく lecture; commentary; treatise聞いていて listen to; hear、あれは上段の間上段じょうだん room with a raised floor (i.e. place of honor)変化した変化へんかした transformed; transfiguredもので、上使上使じょうし shogun's envoy; emissaryが坐わるところ placeだと悟ってさとって become aware (of); come to know以来以来いらい since決してけっして by (no) means床の間へは寄りつかないりつかない not approach; keep one's distanceおとこ man; fellowである。ことに見ず知らずのらずの unknown; unfamiliar年長者年長者ねんちょうしゃ elder person頑とがんと firmly, stubbornly構えてかまえて adopt a posture; assume a stanceいるのだから上座上座じょうざ seat of honorどころではない。挨拶挨拶あいさつ greeting; salutationさえ碌にはろくには satisfactorily出来ない出来できない cannot do; can't manage一応一応いちおう tentatively; for the time being頭をさげてあたまをさげて bow (one's head)

「さあどうぞあれへ」と向うむこう the other side; the other party云うう say; state通りとおり just as ...繰り返したかえした repeated

「いやそれでは御挨拶御挨拶ごあいさつ greeting; salutation出来かねます出来できかねます cannot do; can't manageから、どうぞあれへ」

「いえ、それでは……どうぞあれへ」と主人はいい加減にいい加減かげんに haphazardly; aimlessly先方先方せんぽう the other side; the other party口上口上こうじょう speech; statement真似て真似まねて imitate; parrotいる。

「どうもそう、御謙遜御謙遜ごけんそん (your) modesty; humilityでは恐れ入るおそる be put to shame。かえって手前手前てまえ I; me (humble form)痛み入るいたる feel unworthy。どうか御遠慮なく御遠慮ごえんりょなく without reserve; without restraint、さあどうぞ」

「御謙遜では……恐れますから……どうか」主人は真赤真赤まっか beet redになって口をもごもごくちをもごもご fumbling for words云わせている。精神精神せいしん mind; spirit; soul修養修養しゅうよう (mental) training; self-discipline; cultivationもあまり効果効果こうか effect; resultがないようである。迷亭迷亭めいてい Meitei (name)くん (suffix of familiarity for males)ふすま fusuma (sliding screen)かげ shadow; shelter (of)から笑いながらわらいながら with a laugh; with a grin立見立見たちみ watching; observingをしていたが、もういい時分いい時分じぶん the opportune timeだと思っておもって decide; consider; reckon (to be)後ろうしろ behind; in backから主人のしり haunches押しやりながらしやりながら giving a push to

「まあ出たまえたまえ (please) move forward。そう唐紙唐紙からかみ thick printed paper (for covering sliding doors)へくっついてはぼく I; meが坐る所がない。遠慮せずに前へ出たまえ」と無理に無理むりに by force割り込んでんで insert oneself; interveneくる。主人はやむを得ずやむをず necessarily; unavoidably前の方へすり出る。

苦沙弥苦沙弥くしゃみ Kushami (the master's name)君これが毎々毎々まいまい frequently; alwaysきみ you噂をするうわさをする speak of; talk about静岡静岡しずおか Shizuoka (place name)伯父伯父おじ uncleだよ。伯父さんこれが苦沙弥君です」

「いや始めてはじめて for the first time御目にかかります御目おめにかかります meet (someone of higher status)毎度毎度まいど always; often迷亭が出て御邪魔を致す御邪魔おじゃまいたす intrude on; impose onそうで、いつか参上参上さんじょう calling on; visitingの上うえ on occasion of御高話御高話ごこうわ your (venerable) words拝聴致そう拝聴はいちょういたそう have the honor of listening toと存じておりましたぞんじておりました was thinking to ...ところ、幸いさいわい luckily; fortunately今日今日こんにち today; this day御近所御近所ごきんじょ the neighborhood; the vicinity通行致した通行つうこういたした passed throughもので、御礼御礼ごれい (paying) one's respectsかたがた incidentally; at the same time伺ったうかがった (humbly) visited; calledわけ situation; caseで、どうぞ御見知りおかれまして御見知おみしりおかれまして having made (your) acquaintance今後共今後こんごとも from here on宜しくよろしく (please treat me) favorably」と昔しむかし long ago; former timesふう manner; style口上口上こうじょう speech; statement淀みなくよどみなく fluently; without faltering述べたてるべたてる roll out; rattle off。主人は交際交際こうさい association; social interaction狭いせまい limited; confined無口な無口むくちな taciturn; reticent人間人間にんげん person; manである上に、こんな古風な古風こふうな archaic; antiquated (in style)爺さんじいさん old man; elder manとはほとんど出会った出会であった encountered; met事がないことがない has never ...のだから、最初最初さいしょ the first; the start; the outsetから多少多少たしょう somewhat; to some degree場うてうて caught off guard; out of one's element気味気味きみ sense; feeling辟易して辟易へきえきして be disconcerted; feel dauntedいたところへ、滔々と滔々とうとうと in a torrent (of speech)浴びせかけられたびせかけられた be inundated; be overwhelmedのだから、朝鮮仁参朝鮮ちょうせん仁参にんじん ginseng飴ん棒あめぼう candy stick状袋状袋じょうぶくろ envelopeもすっかり忘れてわすれて forgetしまってただ苦しまぎれにくるしまぎれに out of desperation; struggling妙なみょうな odd; strange返事返事へんじ reply; responseをする。

わたくし I; meも……私も……ちょっと伺がうはずでありましたところ……何分何分なにぶん anyhow; at any rateよろしく」と云い終っておわって finish saying頭を少々少々しょうしょう slightly; to some degreeたたみ tatami (mat)から上げてげて raise; lift見ると老人老人ろうじん old man未だにいまだに still; yet平伏して平伏へいふくして prostrate oneselfいるので、はっと恐縮して恐縮きょうしゅくして feel inadequateまた頭をぴたりと着けたあたまをぴたりとけた lowered one's head to the floor (in deference)

老人老人ろうじん the old man呼吸呼吸こきゅう breathing; breaths計ってはかって measure; gauge首をあげながらくびをあげながら lifting one's headわたくし I; meももとはこちらに屋敷屋敷やしき residence; estate在ってって have; hold; own永らくながらく (for a) long time御膝元御膝元おひざもと (shogun's) headquartersでくらしたものでがすが、瓦解瓦解がかい collapse; downfall (of the Edo Shogunate in 1868)おり time; occasionにあちらへ参ってまいって go (to)からとんと出てこんてこん not come up; not appearのでな。いま now; the present来て見るる come (and see)とまるで方角方角ほうがく directions; bearings分らんわからん not know; not recognizeくらいで、――迷亭迷亭めいてい Meitei (name)にでも伴れてれて accompanyあるいてもらわんと、とても用達用達ようたし conducting one's business出来ません出来できません can't do; can't manage滄桑の変滄桑そうそうへん what was open water is now mulberry fields (referencing Chu Guangxi poem)とは申しながらもうしながら saying; stating御入国御入国ごにゅうこく founding of the nation; birth of the state以来以来いらい since三百年三百さんびゃくねん 300 yearsも、あの通りあのとおり just like that; as it was将軍家将軍家しょうぐんけ shogunate lineageの……」と云いかけるいかける begin to explain; begin to relateと迷亭先生先生せんせい teacher; professor; scholar面倒面倒めんどう trouble; botherだと心得て心得こころえて regard (as)

伯父伯父おじ uncleさん将軍家もありがたいかも知れませんかもれません it may be that ...が、明治明治めいじ Meiji (Meiji era; 1868 - 1912) age; period; generation結構結構けっこう good; fine; splendidですぜ。むかし in former times; in days past赤十字赤十字あかじゅうじ Red Crossなんてものもなかったでしょう」

「それはない。赤十字などと称するしょうする be called; be referred to asものは全くまったく utterly; entirelyない。ことに宮様宮様みよさま prince; princess御顔御顔おかお (revered) face; countenance拝むおがむ see; look upon (someone of high status)などと云うこと act; actionは明治の御代御代みよ (imperial) reign; periodでなくては出来ぬ事だ。わしも長生き長生ながいき longevity; long lifeをした御蔭で御蔭おかげで thanks to; owing toこの通り今日今日こんにち today; this day総会総会そうかい general assemblyにも出席する出席しゅっせきする attend; take part inし、宮殿下みや殿下でんか his Highness the Imperial Prince御声御声おこえ (revered) voiceもきくし、もうこれで死んでんで die; pass onもいい」

「まあ久し振りでひさりで for the first time in a while東京東京とうきょう Tōkyō見物見物けんぶつ sightseeing; touring; viewingをするだけでもとく advantage; benefit; gainですよ。苦沙弥苦沙弥くしゃみ Kushami (the master's name)くん (suffix of familiarity for males)、伯父はね。今度今度こんど this time; now赤十字の総会があるのでわざわざ静岡静岡しずおか Shizuoka (place name)から出て来てね、今日今日きょう todayいっしょに上野上野うえの Ueno (place name - district in Tōkyō)出掛けた出掛でかけた set out; went out (to)んだが今その帰りがけかえりがけ way back; way homeなんだよ。それだからこの通り先日先日せんじつ the other dayぼく I; me白木屋白木屋しろきや Shirokiya (dry goods and clothing store)注文した注文ちゅうもんした ordered; requestedフロックコートフロックコート frock coat着てて wear; don; sportいるのさ」と注意する注意ちゅういする point out。なるほどフロックコートを着ている。フロックコートは着ているがすこしもからだに合わないわない not fit; not suitそで sleeves長過ぎて長過ながすぎて too longえり collarおっ開いておっぴらいて be open背中背中せなか back (of one's body)いけ pond; depression; sunken regionが出来て、わき armpitsした below; beneath釣るし上がってるしがって hoisted upいる。いくら不恰好不恰好ぶかっこう unshapely; ill-formed作ろうつくろう make; produceと云ったって、こうまで念を入れてねんれて take great care (in doing)かたち shape; form崩すくずす bring into disorder; throw off kilter訳にはゆかないわけにはゆかない one can't well ...だろう。その上そのうえ on top of that; what's more白シャツしろシャツ white shirt白襟白襟しろえり white collar離れ離れはなばなれ separated; detachedになって、仰むくあおむく look upあいだ gapから咽喉仏咽喉仏のどぼとけ Adam's appleが見える。第一第一だいいち first of all; for starters黒いくろい black襟飾り襟飾えりかざり necktieが襟に属してぞくして belong to; go withいるのか、シャツに属しているのか判然しない判然はんぜんしない is unclear。フロックはまだ我慢が出来る我慢がまん出来できる can deal with; can let pass白髪白髪しらが gray hairチョン髷チョンまげ topknot (hair style)ははなはだ奇観奇観きかん rare sightである。評判の評判ひょうばんの rumored; renowned; fabled鉄扇鉄扇てっせん iron-ribbed fanはどうかと目を注けるける take note of; regardひざ knees; lapよこ beside; next toにちゃんと引きつけてきつけて keep at handいる。主人主人しゅじん masterはこのとき time; momentようやく本心本心ほんしん one's right mind; one's senses立ち返ってかえって come back; return (to)精神精神せいしん mind; spirit; soul修養修養しゅうよう (mental) training; self-discipline; cultivation結果結果けっか result; effect存分に存分ぞんぶんに freely; unreservedly; fully老人の服装服装ふくそう clothing; attire応用して応用おうようして apply (to)少々少々しょうしょう somewhat; to some degree驚いたおどろいた was surprised; was taken aback。まさか迷亭のはなし rumor; talkほどではなかろうと思っていたおもっていた had thought; had figuredが、逢ってって meet見ると話以上に以上いじょうに more than; over and aboveである。もし自分の自分じぶんの one's ownあばたあばた pockmarks歴史的歴史的れきしてき historical研究研究けんきゅう research; studies材料材料ざいりょう material; sourceになるならば、この老人のチョン髷や鉄扇はたしかにそれ以上の価値価値かち merit; worthがある。主人はどうかしてこの鉄扇の由来由来ゆらい source; origins; history聞いていて ask; enquire見たいと思ったが、まさか、打ちつけにちつけに directly; bluntly; point-blank質問する質問しつもんする ask; question訳には行かずわけにはかず it won't do to ...、と云って話を途切らす途切とぎらす let falter; let dieのも礼に欠けるれいに ける discourteous; impolite; uncivilと思って

「だいぶひと people出ましたろうましたろう appeared; were present」と極めてきわめて extremely; exceedingly尋常な尋常じんじょうな common; usual; ordinaryとい questionをかけた。

「いや非常な非常ひじょうな extremeひと people; crowdで、それでその人がみんな one and all; everyoneわしをじろじろ見るる look at; watchので――どうも近来近来きんらい recently; of late人間人間にんげん people; folks物見高くなった物見高ものみだかくなった have become curious; have become inquisitiveようでがすな。昔しむかし old days; times pastはあんなではなかったが」

「ええ、さよう、昔はそんなではなかったですな」と老人老人ろうじん old manらしいこと things; matters云うう say; state。これはあながちあながち (not) necessarily; (not) entirely主人主人しゅじん master知っ高振りをした高振たかぶりをした was putting on airsわけ situation; caseではない。ただ朦朧たる朦朧もうろうたる (is) fuzzy; cloudy; obscure頭脳頭脳ずのう head; mind; intellectから好い加減に加減かげんに without careful thought; haphazardly流れ出すながす pour out; let loose with言語言語げんご language; speech; wordsと見れば差し支えないつかえない acceptable; reasonable

「それにな。皆この甲割り甲割かぶとわり shorter blade from feudal times (lit: helmet cracker)目を着けるける set sights on; take note ofので」

「その鉄扇鉄扇てっせん iron-ribbed fan大分大分だいぶ very much; considerably重いおもい heavyものでございましょう」

苦沙弥苦沙弥くしゃみ Kushami (the master's name)くん (suffix of familiarity for males)、ちょっと持って見たまえってたまえ try holding。なかなか重いよ。伯父伯父おじ uncleさん持たして御覧なさいたして御覧ごらんなさい please hand it over once

老人は重たそうに取り上げてげて pick up失礼でがすが失礼しつれいでがすが if you don't mind; if you'll be so good」と主人に渡すわたす hand over; pass (to)京都の黒谷京都きょうと黒谷くろだに Kurodani temple in Kyōto参詣人参詣人さんけいにん worshiper; visitor to a temple or shrine蓮生坊蓮生坊れんしょうぼう Renshōbō (Name taken by the warrior Kumagai no Jirō Naozane after becoming a Buddhist priest)太刀太刀たち long sword戴くいただく (humbly) receiveようなかたで、苦沙弥先生先生せんせい teacher; professor; scholarしばらく持っていたが「なるほど」と云ったまま老人に返却した返却へんきゃくした returned (something to someone)

「みんながこれを鉄扇鉄扇と云うが、これは甲割甲割かぶとわり shorter blade from feudal times (lit: helmet cracker)称えてとなえて call; name; designate (as)鉄扇とはまるで別物別物べつもの another thing; something elseで……」

「へえ、なん whatにしたものでございましょう」

かぶと (war) helmet割るる cut; split; crackので、――てき enemy; foe目がくらむがくらむ be stunned; be disorientedところ point of; moment of撃ちとったちとった killed (with a weapon)ものでがす。楠正成くすのき正成まさしげ Kusunoki Masashige (Kamakura period samurai renowned for loyalty to his emperor; 1294-1336)時代時代じだい age; timesから用いたもちいた used; appliedようで……」

「伯父さん、そりゃ正成の甲割ですかね」

「いえ、これは誰のだれの whoseかわからん。しかし時代は古いふるい ancient; old建武時代建武けんむ時代じだい Kenmu era (1334-1338)さく work; product (of)かも知れないかもれない may be ...; is possibly

「建武時代かも知れないが、寒月寒月かんげつ Kangetsu (name)君は弱ってよわって be troubled; be upsetいましたぜ。苦沙弥君、今日今日きょう today帰りにかえりに on the way backちょうどいい機会機会きかい opportunity; chanceだから大学大学だいがく university通り抜けるとおける cut through; pass throughついでに理科理科りか science department寄ってって stop by (at)物理物理ぶつり physics実験室実験室じっけんしつ laboratory見せて貰ったせてもらった had (someone) show (us)ところがね。この甲割がてつ ironだものだから、磁力磁力じりょく magnetism; magnetic force器械器械きかい instruments; apparatuses狂ってくるって go wild; go crazy大騒ぎ大騒おおさわぎ uproar; tumult; furorさ」

「いや、そんなはずはない。これは建武時代の鉄で、しょう qualityのいい鉄だから決してけっして by (no) meansそんな虞れおそれ fear; concernはない」

「いくらしょう qualityのいいてつ ironだってそうはいきませんよ。現にげんに actually; in fact寒月寒月かんげつ Kangetsu (name)がそう云ったった saidから仕方がない仕方しかたがない can't be helpedです」

「寒月というのは、あのガラス球ガラスだま glass sphere; glass bead磨ってって grind; millいるおとこ man; fellowかい。いま current; present若さわかさ youth; youthfulness気の毒などくな unfortunate; regrettableこと situation; state of affairsだ。もう少しもうすこし a bit more何かなにか somethingやる事がありそうなものだ」

可愛想に可愛想かわいそうに sad though it is、あれだって研究研究けんきゅう research; analysisでさあ。あのたま ball; sphere磨り上げるげる grind to completion; finish grinding立派な立派りっぱな grand; splendid; first-rate学者学者がくしゃ scholar; intellectualになれるんですからね」

たま ball; sphereを磨りあげて立派な学者になれるなら、誰にでもだれにでも anyone出来る出来できる can do; can manage。わしにでも出来る。ビードロやビードロや glassware shop主人主人しゅじん owner; proprietorにでも出来る。ああ云う事をするもの person漢土漢土かんど Chinaでは玉人玉人きゅうじん sphere meister; bead crafter称したしょうした took the name of; called oneselfもので至っていたって very much; exceedingly身分身分みぶん (social) standing; status軽いかるい minor; unimportantものだ」と云いながら主人主人しゅじん masterほう direction向いていて turn toward暗にあんに tacitly賛成賛成さんせい agreement; confirmation求めるもとめる seek; wish for

「なるほど」と主人はかしこまっている。

「すべて今の world; society学問学問がくもん scholarship; learningみんな one and all; everything形而下の学形而下けいじかがく physical sciences; natural sciencesでちょっと結構結構けっこう fine; well enough; okayなようだが、いざとなるとすこしも役には立ちませんやくにはちません be of no use; serve no purposeてな。むかし in former times; in days pastはそれと違ってちがって different from; unlikeさむらい samurai; warrior classは皆命懸けの命懸いのちがけの at risk to one's life; with one's life on the line商買商買しょうばい occupation; profession (usually 商売しょうばい)だから、いざと云う時にいざとときに at critical moments; when push comes to shove狼狽せぬ狼狽ろうばいせぬ not panic; keep one's coolようにこころ heart; soul; mind修業修業しゅぎょう training致したいたした carried out; performedもので、御承知御承知ごしょうち as you know; as you're awareでもあらっしゃろうがなかなか玉を磨ったり針金針金はりがね wires綯ったりったり twist; twineするような容易い容易たやすい easy; simpleものではなかったのでがすよ」

「なるほど」とやはりかしこまっている。

伯父伯父おじ uncleさん心の修業と云うものは玉を磨る代りにかわりに instead of; rather than懐手懐手ふところで (sitting) with hands in pockets; motionlessをして坐り込んですわんで sit down and remain in placeるんでしょう」

「それだから困るこまる have trouble; take issue with決してけっして by (no) meansそんな造作のない造作ぞうさのない effortless; easy; simpleものではない。孟子孟子もうし Mencius (Chinese Confucian philosopher; 372–289 BC)求放心求放心きゅうほうしん the freed soul strives to rediscover itselfと云われたくらいだ。邵康節邵康節しょうこうせつ Shao Yong (Chinese intellectual influential in the development of Neo-Confucianism; 1011–1077)心要放心要放しんようほう free the heart to focus the mind説いたいた explained; expounded; preached事もある。また仏家仏家ぶっか Buddhistsでは中峯中峯ちゅうほう Zhongfeng Mingben (Chinese Buddhist master; 1263–1323; also written 中峰ちゅうほう)和尚和尚おしょう (Buddhist) priest; head priestと云うのが具不退転具不退転ぐふたいてん persistent strivingと云う事を教えておしえて teach; instructいる。なかなか容易には容易よういには easily; simply分らんわからん can't understand; can't grasp

「とうてい分りっこありませんね。全体全体ぜんたい after all; in the endどうすればいいんです」

御前御前おまえ you沢菴沢菴たくあん Takuan Sōhō (Japanese Buddhist prelate; 1573–1645)禅師禅師ぜんじ (honored or esteemed) monk; priest不動智神妙録不動ふどう智神ちしん妙録みょうろく The Unfettered Mind (three-part treatise on Buddhist philosophy and martial arts)というものを読んだんだ read事があることがある have ...; have ever ...かい」

「いいえ、聞いたいた heard事もありません」

こころ heart; soul; mindをどこに置こうこう set; put; placeぞ。てき enemy; foe; adversary body; personはたらき actions; activities; movementsに心を置けば、敵の身の働に心を取らるるらるる be taken; be captured (= られる)なり。敵の太刀太刀たち long swordに心を置けば、敵の太刀に心を取らるるなり。敵を切らんと思うらんとおもう intend to cut (archaic verb ending ん)ところに心を置けば、敵を切らんと思うところに心を取らるるなり。わが太刀に心を置けば、わが one's own太刀に心を取らるるなり。われ切られじられじ not be cut (= られない)と思うところに心を置けば、切られじと思うところに心を取らるるなり。ひと person; manかまえ posture; stanceに心を置けば、人の構に心を取らるるなり。とかく心の置きどころはないとある」

「よく忘れずにわすれずに without forgetting暗誦した暗誦あんしょうした recited from memoryものですね。伯父伯父おじ uncleさんもなかなか記憶記憶きおく memory; recollectionがいい。長いながい long; lengthyじゃありませんか。苦沙弥苦沙弥くしゃみ Kushami (the master's name)くん (suffix of familiarity for males)分ったわかった understood; graspedかい」

「なるほど」と今度今度こんど this time; this occasionもなるほどですましてしまった。

「なあ、あなた、そうでござりましょう。心をどこに置こうぞ、敵の身の働に心を置けば、敵の身の働に心を取らるるなり。敵の太刀に心を置けば……」

「伯父さん苦沙弥君はそんな事そんなこと such thingsは、よく心得て心得こころえて understand; grasp; be aware ofいるんですよ。近頃近頃ちかごろ recently; of late毎日毎日まいにち every day; each day書斎書斎しょさい study; den; reading room精神精神せいしん mind; spirit; soul修養修養しゅうよう (mental) training; self-discipline; cultivationばかりしているんですから。きゃく caller; visitor; guestがあっても取次取次とりつぎ reception (of guests)出ないない not appear; not come outくらい心を置き去りり casting aside; abandonmentにしているんだから大丈夫大丈夫だいじょうぶ fine; well enough; not to worryですよ」

「や、それは御奇特な御奇特ごきどくな praiseworthy; commendable; laudable事で――御前御前おまえ youなどもちとごいっしょにやったらよかろう」

「へへへそんなひま free time; leisureはありませんよ。伯父さんは自分自分じぶん oneself楽ならくな comfortable; at easeからだだもんだから、人も遊んであそんで be idle; have nothing to doると思っていらっしゃるんでしょう」

実際実際じっさい in actually; in fact遊んでるじゃないかの」

「ところが閑中閑中かんちゅう in the midst of leisure自からおのずから of its own accord; in due courseぼう busynessありでね」

「そう、粗忽粗忽そこつ careless; thoughtless; rashだから修業修業しゅぎょう trainingをせんといかないと云うう (I'm) telling (you) ...のよ、忙中自ら閑あり忙中ぼうちゅうおのずかかんあり even the busiest of times give rise to moments of leisureと云う成句成句せいく idiom; sayingはあるが、閑中自ら忙ありと云うのは聞いたいた heard事がないことがない have never ...。なあ苦沙弥さん」

「ええ、どうも聞きませんきません don't hear; isn't heardようで」

「ハハハハそうなっちゃあ敵わないかなわない am no match for; can't counter時にときに by the way; incidentally伯父伯父おじ uncleさんどうです。久し振りでひさりで for the first time in a while東京東京とうきょう Tōkyōうなぎ eelでも食っちゃあっちゃあ how about eating ...竹葉竹葉ちくよう Chikuyō (Chikuyōtei restaurant chain - with branch in Ginza)でも奢りましょうおごりましょう treat (someone to something)。これから電車電車でんしゃ (electric) train行くく go (by means of)とすぐです」

「鰻も結構結構けっこう good; fineだが、今日今日きょう todayはこれからすい原すいはら Suihara (name; i.e. Suihara's place)へ行く約束約束やくそく appointment; agreementがあるから、わしはこれで御免を蒙ろう御免ごめんこうむろう (humbly) take one's leave

「ああ杉原杉原すぎはら Sugihara (name)ですか、あの爺さんじいさん old man達者達者たっしゃ in good health; doing wellですね」

「杉原ではない、すい原さ。御前御前おまえ youはよく間違間違まちがえ mistake; errorばかり云ってって say; state; voice困るこまる have trouble with; take issue with他人他人たにん other people; others姓名姓名せいめい name; names取り違えるちがえる mix up; confuseのは失礼失礼しつれい rude; disrespectfulだ。よく気をつけんといけないをつけんといけない need to be careful

「だって杉原とかいてあるじゃありませんか」

「杉原と書いていて write (as)すい原と読むむ read (as)のさ」

みょう odd; curiousですね」

「なに妙なこと situation; case; state of affairsがあるものか。名目名目みょうもく name; title; appellation読みと云って昔しむかし former times; long agoからある事さ。蚯蚓蚯蚓きゅういん earthworm和名和名わみょう Japanese name; common nameみみずみみず earthwormと云う。あれは目見ず目見めみず earthwormの名目よみで。蝦蟆蝦蟆がま frogの事をかいるかいる frogと云うのと同じおなじ the same; no different事さ」

「へえ、驚ろいたおどろいた who would've know; well I'll beな」

「蝦蟆を打ち殺すころす kill with a hard strike仰向き仰向あおむき facing upwardかえるかえる change (to); (pun on かえる = frog)。それを名目読みにかいるかいる frogと云う。透垣透垣すきがき see-through hedgeすい垣すいがき bamboo or picket fence茎立茎立くきたち standing stem; upright stemくく立くくだち turnipみんな all; everything同じ事だ。杉原杉原すいはら Suihara (name)をすぎ原などと云うのは田舎もの田舎いなかもの new arrival from the countryside; bumpkin言葉言葉ことば word; languageさ。少しすこし a bit; to some degree気を付けないとけないと if not carefulひと people; others笑われるわらわれる be laughed at; be ridiculed

「じゃ、その、すい原へこれから行くんですか。困ったな」

「なにいや objectionable; not to one's likingなら御前は行かんでもいい。わし一人で一人ひとりで alone; by oneself行くから」

「一人で行けますかい」

「あるいてはむずかしい。くるま car; cart雇ってやとって hire頂いていただいて have (someone) do、ここから乗ってって board; ride行こう」

主人主人しゅじん master畏まってかしこまって (respectfully) accommodate; oblige直ちにただちに at once; without delay御三御三おさん Osan (the maidservant)車屋車屋くるまや rickshaw station走らせるはしらせる dispatch (to)老人老人ろうじん the old man長々と長々ながながと at length挨拶挨拶あいさつ salutationsをしてチョン髷頭チョン髷頭まげあたま topknotted head山高帽山高帽やまたかぼう bowler hatをいただいて帰って行くかえってく take one's leave; be on one's way迷亭迷亭めいてい Meitei (name)はあとへ残るのこる stay behind; remain

「あれが君のきみの your伯父さんか」

「あれが僕のぼくの my伯父さんさ」

「なるほど」と再びふたたび once again座蒲団座蒲団ざぶとん seating cushionうえ top of坐ったなりすわったなり as soon as having seated oneself (on)懐手懐手ふところで (sitting) with hands in pocketsをして考え込んでいるかんがんでいる be pensive; be sunk into thought

「ハハハ豪傑豪傑ごうけつ great man; larger than lifeだろう。ぼく I; meああ云うああう such a ...伯父伯父おじ uncleさんを持ってって have仕合せな仕合しあわせな fortunate; blessedものさ。どこへ連れて行ってれてって take (someone)あの通りあのとおり just like that; as you've seenなんだぜ。きみ you驚ろいたろうおどろいたろう were awed by; found to be imposing」と迷亭迷亭めいてい Meitei (name)くん (suffix of familiarity for males)主人主人しゅじん masterを驚ろかしたつもりで大におおいに very much; greatly喜んでいるよろこんでいる is elated; is overjoyed

「なにそんなに驚きゃしない」

「あれで驚かなけりゃ、胆力の据った胆力たんりょくすわった of steady composure; steeledもんだ」

「しかしあの伯父さんはなかなかえらいところがあるようだ。精神精神せいしん mind; spirit; soul修養修養しゅうよう (mental) training; self-discipline; cultivation主張する主張しゅちょうする emphasize; stressところなぞは大に敬服して敬服けいふくして feel admiration for; respectいい」

「敬服していいかね。君も今にいまに before too long六十六十ろくじゅう sixtyくらいになるとやっぱりあの伯父見たようにたように in similar fashion to; like時候おくれ時候じこうおくれ behind the timesになるかも知れないかもれない it may be that ...ぜ。しっかりしてくれたまえ。時候おくれの廻り持ちまわち successor in turnなんか気が利かないかない is not smartよ」

「君はしきりに時候おくれを気にするにする fixate on; fret overが、とき time; era場合場合ばあい situation; circumstanceによると、時候おくれのほう alternative (of two choices)がえらいんだぜ。第一第一だいいち first off; for one thingいま now; the present学問学問がくもん scholarship; learningと云うものはさき ahead; forwardへ先へと行くく go; advance; proceedだけで、どこまで行ったって際限際限さいげん limits; end; boundsはありゃしない。とうてい満足満足まんぞく satisfaction; contentment得られやしないられやしない can't be attained; is out of reach。そこへ行くと東洋東洋とうよう the East; the Orientりゅう style; manner; fashionの学問は消極的消極的しょうきょくてき passive; unassertive; deferentialで大にあじわい charm; appealがある。こころ heart; mind; spiritそのものの修業修業しゅぎょう trainingをするのだから」とせんだって哲学者哲学者てつがくしゃ the philosopher (referring here to a recent visitor)から承わったうけたまわった heard; was told通りとおり just as; exactly as自説自説じせつ one's personal mantraのように述べ立てるてる lay forth; relate

「えらいこと situation; state of affairsなって来たなってた has come (to)ぜ。何だかなんだか somehow; in some sense八木独仙八木やぎ独仙どくせん Yagi Dokusen (name)君のような事を云ってるね」

八木独仙と云う name聞いていて hear主人ははっと驚ろいた。実はじつは actually; in factせんだって臥竜窟臥竜窟がりょうくつ Garyōkutsu (name; lit: lair of the sleeping dragon)訪問して訪問ほうもんして call at; visit主人を説服説服せっぷく persuasion及んでおよんで arrive (at); advance (to)悠然と悠然ゆうぜんと calmly; quietly; discreetly立ち帰ったかえった took leave哲学者と云うのが取も直さずとりなおさず namely; none other thanこの八木独仙君であって、今主人が鹿爪らしく鹿爪しかつめらしく solemnly; weightily述べ立てている議論議論ぎろん argument; contention; assertion全くまったく utterly; entirelyこの八木独仙君の受売受売うけうり parroting; echoingなのであるから、知らんらん not know; not be aware of思ったおもった thought; assumed迷亭がこの先生先生せんせい teacher; professor; scholarの名を間不容髪の際に間不容髪かんふようはつさいに immediately; instantly; without hesitation持ち出したした brought upのは暗にあんに by implication主人の一夜作りの一夜いちやづくりの hastily concocted仮鼻仮鼻かりばな hollow posturing挫いたくじいた crushed; broke; dashedわけ situation; caseになる。

きみ you独仙独仙どくせん Dokusen (name)せつ opinions; views聞いたいた listened to; heard事があることがある have ever ...のかい」と主人主人しゅじん master剣呑剣呑けんのん in peril; insecureだから念を推して見るねんしてる work to ascertain

「聞いたの、聞かないのって、あのおとこ man; fellowの説ときたら、十年十年じゅうねん ten yearsぜん before; prior学校学校がっこう schoolにいた時分時分じぶん time; period今日今日こんにち this day; the present少しもすこしも (not) in the least変りゃしないかわりゃしない not change

真理真理しんり truthはそう変るものじゃないから、変らないところがたのもしいかも知れないかもれない it may be that ...

「まあそんな贔負贔負ひいき favor; patronage; supportがあるから独仙もあれで立ち行くく make a living; get byんだね。第一第一だいいち first of all; for starters八木八木やぎ Yagi (name)と云うう called nameからして、よく出来てる出来できてる be completed; be put togetherよ。あのひげ beard; whiskersが君全くまったく utterly; entirely山羊山羊やぎ goatだからね。そうしてあれも寄宿舎寄宿舎きしゅくしゃ residence hall; dormitory時代時代じだい days; timesからあの通りあのとおり in that (same) manner恰好恰好かっこう shape; form生えてえて growいたんだ。名前名前なまえ nameの独仙なども振ったふるった eccentric; extraordinary; strikingものさ。昔しむかし long ago; in days pastぼく I; meのところへ泊りがけとまりがけ staying overnight来てて comeれい custom; practice; habitの通りとおり in accordance with消極的消極的しょうきょくてき passivity; compliance; deference修養修養しゅうよう (mental) training; self-discipline; cultivationと云う議論議論ぎろん argument; case; pleaをしてね。いつまで立ってもいつまでっても however much time passes; for however long同じおなじ the sameこと matters; things繰り返してかえして repeat; resurface; regurgitateやめないから、僕が君もう寝ようじゃないかようじゃないか isn't it time to sleepと云うと、先生先生せんせい teacher; professor; scholar (used here as a pronoun)気楽な気楽きらくな carefree; easygoingものさ、いや僕は眠くないねむくない not tiredすまし切ってすましって be fully indifferent; show no concern whatsoever、やっぱり消極論消極論しょうきょくろん theory of passivityをやるには迷惑した迷惑めいわくした inconvenienced; imposed onね。仕方がない仕方しかたがない can't be helpedから君は眠くなかろうけれども、僕のほう side大変大変たいへん very much; a great deal眠いのだから、どうか寝てくれたまえと頼むたのむ request; entreat; imploreようにして寝かしたまではよかったが――そのばん evening; nightねずみ mouse; rat出てて come out; emerge; appear独仙くん (suffix of familiarity for males)鼻のあたまはなのあたま tip of one's nose噛ってかじって biteね。夜なかなか middle of the night大騒ぎ大騒おおさわぎ great uproarさ。先生悟ったさとった enlightened; elevated (above worldly matters)ような事を云うけれどもいのち one's life依然として依然いぜんとして as always; as before惜しかったしかった was precious; was dearと見えて、非常に非常ひじょうに very much; exceedingly心配する心配しんぱいする worry; fretのさ。鼠のどく poison; toxins総身総身そうしん one's whole bodyにまわると大変だ、君どうかしてくれと責めるめる urge; pressには閉口した閉口へいこうした was at a loss; struggled to respondね。それから仕方がないから台所台所だいどころ kitchen行ってって go (to)紙片紙片かみぎれ piece of paper; scrap of paper飯粒飯粒めしつぶ grains of cooked rice貼ってって stick to; affix toごまかしてやったあね」

「どうして」

「これは舶来の舶来はくらいの imported; foreign-made膏薬膏薬こうやく ointment; linimentで、近来近来きんらい recently独逸独逸ドイツ Germany名医名医めいい noted doctor; renowned physician発明した発明はつめいした invented; devisedので、印度人印度インドじん Indian (people)などの毒蛇毒蛇どくじゃ poisonous snake噛まれたまれた be bitten (by)とき time; occasion用いるもちいる use; apply即効即効そっこう immediate effectがあるんだから、これさえ貼っておけば大丈夫大丈夫だいじょうぶ fine; well enough; not to worryだと云ってね」

きみ youはその時分時分じぶん time; periodからごまかすこと act; action妙を得てみょうて be skillful; be clever (in)いたんだね」

「……すると独仙独仙どくせん Dokusen (name)くん (suffix of familiarity for males)ああ云うああう such a ...好人物好人物こうじんぶつ good-natured person; trusting soulだから、全くまったく utterly; completely (fine)だと思っておもって think; figure安心して安心あんしんして relax; be at eastぐうぐう寝てぐうぐうて sleep soundlyしまったのさ。あくる日あくる the next day; the following day起きて見るきてる wake up (and see)膏薬膏薬こうやく ointment; linimentした below; beneathから糸屑糸屑いとくず fibers; strandsがぶらさがって例のれいの the aforementioned山羊髯山羊やぎひげ goatee引っかかってっかかって be caught; be stuck (in)いたのは滑稽滑稽こっけい comical; amusingだったよ」

「しかしあの時分より大分大分だいぶ very much; to a great extentえらくなったようだよ」

「君近頃近頃ちかごろ recently; lately逢ったった met with; encounteredのかい」

一週間一週間いっしゅうかん one weekばかりまえ before; prior来てて come; visit; call長いながい long; lengthyあいだ period (of time); duration話しはなし talkをして行ったった left; departed

「どうりで独仙りゅう style; manner; fashion消極説消極しょうきょくせつ principle of passivity振り舞わすわす display; brandish; wieldと思った」

実はじつは actually; in factそのとき time; occasion大におおいに very much; greatly感心して感心かんしんして be impressed; be movedしまったから、ぼく I; meも大に奮発して奮発ふんぱつして make the effort; exert oneself修養修養しゅうよう (mental) training; self-discipline; cultivationをやろうと思ってるところなんだ」

「奮発は結構結構けっこう fine; well enough; okayだがね。あんまりひと a person; another云うう say; state; declare事を真に受けるける take seriously; accept at face value馬鹿を見る馬鹿ばかる make a fool of oneself; play the foolぜ。一体一体いったい after all; at the end of the day君は人の言う事を何でもかでもなんでもかでも anything and everything正直に正直しょうじきに frankly; candidly; sincerely受けるからいけない。独仙もくち mouth; wordsだけは立派な立派りっぱな imposing; impressiveものだがね、いざとなると御互御互おたがい each other; one another同じおなじ the same (as)ものだよ。君九年前九年前くねんまえ nine years prior大地震大地震おおじしん major earthquake知ってるってる be aware of; rememberだろう。あの時寄宿寄宿きしゅく residence hall; dormitory二階二階にかい second floorから飛び降りてりて jump down from; jump out of怪我怪我けが injuryをしたものは独仙君だけなんだからな」

「あれには当人当人とうにん the person in question; he; him大分説があるようじゃないか」

「そうさ、当人に云わせるとすこぶるありがたいものさ。ぜん Zen (Buddhism)機鋒機鋒きほう sharpness; acuity峻峭な峻峭しゅんしょうな tall and steep; severe and dignifiedもので、いわゆる石火の機石火せっか body and mind acting as oneとなると怖いこわい frightening; dreadfulくらい早くはやく quickly; swiftlyもの things; events応ずるおうずる respond; react (to)事が出来ること出来できる can ...; is able to ...。ほかのものが地震だと云って狼狽えて狼狽うろたえて be flustered; lose one's headいるところを自分自分じぶん oneselfだけは二階のまど windowから飛び下りたりた jumped down from; jumped out ofところに修業修業しゅぎょう trainingこう result; effect; benefitがあらわれて嬉しいうれしい happy; pleased; delightedと云って、跛を引きながらびっこきながら limpingうれしがっていた。負惜み負惜まけおしみ unwillingness to admit defeat強いつよい strong; intense; firmおとこ man; fellowだ。一体禅とかぶつ Buddhismとか云って騒ぎ立てるさわてる (make a) fuss; uproar; clamor連中連中れんちゅう company; lotほどあやしいのはないぜ」

「そうかな」と苦沙弥苦沙弥くしゃみ Kushami (the master's name)先生先生せんせい teacher; professor; scholar少々少々しょうしょう a bit; to some degree腰が弱くなるこしよわくなる loose one's conviction; begin to waver

この間このあいだ the other day; a while back来たた came; calledとき time; occasion禅宗禅宗ぜんしゅう Zen (Buddhism)坊主坊主ぼうず (Buddhist) priest寝言寝言ねごと nonsense; gibberish見たようなたような type of; sort ofこと matters; things何かなにか something (or other)云ってったろうってったろう was (presumably) saying

「うん電光影裏に春風を斬る電光でんこう影裏えいり春風しゅんぷうる the flash of a sword slicing the spring breezeとか云う verse; phrase; expression教えておしえて tell of; talk on行ったった left; departedよ」

「その電光電光でんこう flashさ。あれが十年十年じゅうねん ten yearsまえ before; priorからの御箱御箱おはこ one's specialty; one's forteなんだからおかしいよ。無覚禅師の電光無覚禅師むかくぜんじ電光でんこう flash in the pan (refering to Dokusen; play on 無学禅師 = enlightened priest)ときたら寄宿舎寄宿舎きしゅくしゃ residence hall; dormitoryじゅう throughout ...誰もだれも (no) one知らないらない not know; not be familiar withものはないくらいだった。それに先生先生せんせい teacher; professor; scholar (used here as a pronoun)時々時々ときどき at times; on occasionせき込むせきむ get flustered; come unsettled間違えて間違まちがえて make a mistake電光影裏を逆さまにさかさまに conversely; in reverse春風影裏に電光をきると云うから面白い面白おもしろい amusing; comical今度今度こんど next timeためして見たまえためしてたまえ give it a tryむこう the other side; the other party落ちつき払ってちつきはらって with serene composure述べたててべたてて expound onいるところを、こっちでいろいろ反対する反対はんたいする object to; dispute; refuteんだね。するとすぐ顛倒して顛倒てんとうして lose one's way; become upset妙なみょうな odd; strange; curious事を云うよ」

きみ youのようないたずらものに逢っちゃっちゃ meet; encounter叶わないかなわない be no match for

「どっちがいたずら者いたずらもの mischief-maker; tricksterだか分りゃしないわかりゃしない hard to say; not so clearぼく I; me禅坊主ぜん坊主ぼうず Zen monkだの、悟ったさとった attained enlightenmentのは大嫌大嫌だいきらい completely off-putting; highly offensiveだ。僕の近所近所きんじょ neighborhood; vicinity南蔵院南蔵院なんぞういん Nanzōin (name of a temple)と云うう called; known asてら (Buddhist) templeがあるが、あすこに八十八十はちじゅう eightyばかりの隠居隠居いんきょ retired personがいる。それでこの間の白雨白雨ゆうだち evening showerの時寺内寺内じない within the temple groundsらい thunderbolt; lightning落ちてちて fall; strike (of lightning)隠居のいる庭先庭先にわさき inner garden松の木まつ pine tree割いていて tear apart; split; rendしまった。ところが和尚和尚おしょう esteemed (Buddhist) priest泰然として泰然たいぜんとして calm; composed; self-possessed平気平気へいき unperturbed; indifferentだと云うから、よく聞き合わせてわせて make inquiries; ask around見るとから聾からつんぼ totally deafなんだね。それじゃ泰然たるわけ situation; circumstanceさ。大概大概たいがい generally; for the most partそんなものさ。独仙独仙どくせん Dokusen (name)一人で一人ひとりで by oneself; on one's own悟っていればいいのだが、ややともするとややともすると being apt to; being inclined toひと people; others誘い出すさそす lure; seduce; enticeから悪いわるい nefarious; wicked; corrupt現にげんに actually; in fact独仙の御蔭御蔭おかげ owing to; on account of二人二人ふたり two (people)ばかり気狂気狂きちがい madmenにされているからな」

「誰が」

「誰がって。一人一人ひとり one (person)理野陶然理野りの陶然とうぜん Rino Tōzen (name)さ。独仙の御蔭で大におおいに very much; greatly禅学禅学ぜんがく Zen studies; Zen practice凝り固まってかたまって become fanatical; be obsessed (with)鎌倉鎌倉かまくら Kamakura (place name)出掛けて行って出掛でかけてって set out; set off (for)、とうとう出先出先でさき one's destinationで気狂になってしまった。円覚寺円覚寺えんがくじ Engakuji (name of a temple)まえ front (of)汽車汽車きしゃ (steam) train踏切り踏切ふみきり (train) crossingがあるだろう、あの踏切りうち inside; within飛び込んでんで make one's way intoレールレール railうえ top of座禅座禅ざぜん zazen (seated Zen meditation)をするんだね。それで向うむこう beyond; yonderから来るる come; arrive汽車をとめて見せると云う大気焔大気焔だいきえん exaggerated claim; overblown blusterさ。もっとも汽車のほう side留ってとまって stop; come to a haltくれたから一命だけはとりとめた一命いちめいだけはとりとめた escaped death; had one's life sparedが、その代りそのかわり instead; on the other hand今度今度こんど this time fire入ってって enter (into)焼けずけず not be burnedみず waterに入って溺れぬおぼれぬ not be drowned金剛不壊金剛こんごう不壊ふえ sturdy and indestructibleのからだだと号してごうして announce; declare寺内の蓮池蓮池はすいけ lotus pond這入って這入はいって enter intoぶくぶくぶくぶく bubbling; trailing bubblesあるき廻ったあるきまわった walked aboutもんだ」

死んだんだ died; perishedかい」

「そのとき time; occasionさいわい fortunately; happily道場道場どうじょう training hall坊主坊主ぼうず Buddhist priest; bonze通りかかってとおりかかって come along; happen by助けてたすけて rescue; saveくれたが、その後その after that東京東京とうきょう Tōkyō帰ってかえって return (to)から、とうとう腹膜炎腹膜炎ふくまくえん peritonitis (inflammation of the inner abdominal wall lining)死んでしまったんでしまった passed away; died。死んだのは腹膜炎だが、腹膜炎になった原因原因げんいん reason; cause僧堂僧堂そうどう meditation hall麦飯麦飯むぎめし boiled barley and rice万年漬万年漬まんねんづけ pickled daikon (with leaves on)食ったった ate; consumedせいだから、つまるところは間接に間接かんせつに indirectly独仙独仙どくせん Dokusen (name)殺したころした killed; murderedようなものさ」

「むやみに熱中する熱中ねっちゅうする be engrossed in; devote oneself toのも善し悪しししし merits and demerits; advantages and disadvantages (usually し)だね」と主人主人しゅじん masterはちょっと気味の悪い気味きみわるい uneasy; uncomfortableという顔付顔付かおつき facial expressionをする。

本当に本当ほんとうに really; truly; indeedさ。独仙にやられたものがもう一人もう一人ひとり one more (person)同窓同窓どうそう fellow alumnusちゅう within; amongにある」

「あぶないね。だれ whoだい」

立町老梅立町たちまち老梅ろうばい Tachimachi Rōbai (name)くん (suffix of familiarity for males)さ。あのおとこ man; fellow全くまったく utterly; entirely独仙にそそのかされてそそのかされて be incited; be enticed (by)うなぎ eels天上する天上てんじょうする climb toward heaven; seek out heavenようなこと things; mattersばかり言っていたっていた was saying; was wont to sayが、とうとうきみ you (used here as form of address)本物本物ほんもの real thing; the real dealになってしまった」

「本物たあなん whatだい」

「とうとう鰻が天上して、ぶた pig仙人仙人せんにん hermit; asceticになったのさ」

「何の事だい、それは」

八木八木やぎ Yagi (name)独仙独仙どくせん Dokusen (name); also has meaning 'solitary hermit'なら、立町は豚仙豚仙ぶたせん pig hermitさ、あのくらい食い意地意地いじ appetite; lust for foodのきたない男はなかったが、あの食意地くい意地いじ appetite; lust for food禅坊主ぜん坊主ぼうず Zen monkわる意地わる意地いじ intolerances; fanaticism併発した併発へいはつした concurred; coincidedのだから助からないたすからない have no hope; be lost始めはじめ in the beginning; at first僕らぼくら we; us気がつかなかったがつかなかった didn't notice; didn't realizeいま now; the presentから考えるかんがえる consider; reflect on妙なみょうな odd; curious; strange事ばかり並べてならべて set forthいたよ。僕のうちなどへ来てて come; visit君あの松の木まつ pine treeカツレツカツレツ cutlets飛んできやんできや fly to; alight onしませんかの、僕のくに country; land; native placeでは蒲鉾蒲鉾かまぼこ kamaboko; fishcakeいた board; plank乗ってって ride on; rest on泳いでおよいで swim; paddleいますのって、しきりに警句警句けいく maxim; addage; dictum吐いたいた (verbally) expressものさ。ただ吐いているうちはよかったが君おもて out frontどぶどぶ drainage trench; gutter; culvert金とんきんとん mashed sweet potatoes (with chestnuts or beans)掘りに行きましょうりにきましょう go and dig for促がすうながす encourage; urgeに至ってはいたっては when it came to ...; having reached ...僕も降参した降参こうさんした gave up; admitted defeatね。それから二三日二三日にさんち two or three days; several daysするとついに豚仙になって巣鴨巣鴨すがも Sugamo (reference to Sugamo Hospital mental health ward)収容されて収容しゅうようされて was taken in; was admittedしまった。元来元来がんらい fundamentally豚なんぞが気狂気狂きちがい madmanになる資格資格しかく qualificationはないんだが、全く独仙の御蔭御蔭おかげ owing to; on account ofであすこまで漕ぎ付けたけた reached; arrived atんだね。独仙の勢力勢力せいりょく influence; impactもなかなかえらいよ」

「へえ、いま now; at presentでも巣鴨巣鴨すがも Sugamo (reference to Sugamo Hospital mental health ward)にいるのかい」

「いるだんじゃない。自大狂自大狂じだいきょう self-aggrandizing大気焔大気焔だいきえん exaggerated claims; overblown bluster吐いていて spew; spoutいる。近頃近頃ちかごろ recently; of late立町老梅立町たちまち老梅ろうばい Tachimachi Rōbai (name)なんて nameはつまらないと云うう say; state; assertので、自らみずから oneself; personally天道公平天道てんどう公平こうへい Tendō Kōhei (name)号してごうして call; designate (as)天道天道てんどう master of heaven and earth権化権化ごんげ incarnation; personificationをもって任じてにんじて assume (the role of)いる。すさまじいものだよ。まあちょっと行って見たまえってたまえ go and see

「天道公平?」

「天道公平だよ。気狂気狂きちがい madmanの癖にくせに in spite of being ...; for a ...うまい名をつけたものだね。時々は時々ときどきは sometimes; on occasion孔平孔平こうへい Kōhei (name; reference to Confucius)とも書くく write (as)こと instance; caseがある。それで何でもなんでも anyhow; at any rate世人世人せじん people; the world迷ってるまよってる be lostからぜひ救ってすくって rescue; saveやりたいと云うので、むやみに友人友人ゆうじん friends何かなにか something手紙手紙てがみ letters出すす send outんだね。ぼく I; me四五通四五しごつう four or five letters貰ったもらった receivedが、なか within; amongにはなかなか長いながい lengthyやつ things; ones; examplesがあって不足税不足税ふそくぜい insufficient postage二度二度にど two times; twiceばかりとられたよ」

「それじゃ僕のとこ place来たた came; arrivedのも老梅から来たんだ」

君のきみの your所へも来たかい。そいつはみょう odd; curiousだ。やっぱり赤いあかい red状袋状袋じょうぶくろ envelopeだろう」

「うん、真中真中まんなか middle; centerが赤くて左右左右さゆう left and right白いしろい white一風変った一風いっぷうかわった unconventional; peculiar状袋だ」

「あれはね、わざわざ支那支那しな Chinaから取り寄せるせる order; send away forのだそうだよ。てん heaven; heavensみち way; path; roadは白なり、 ground; earthの道は白なり、ひと people; men中間中間ちゅうかん middle; between在ってって be; exist; reside赤しと云う豚仙豚仙ぶたせん pig hermit格言格言かくげん saying; maxim示したしめした indicated; expressedんだって……」

「なかなか因縁因縁いんねん connection; tiesのある状袋だね」

「気狂だけに大におおいに very much; greatly凝ったった passionate; obsessedものさ。そうして気狂になっても食意地くい意地いじ appetite; lust for foodだけは依然として依然いぜんとして as always; as before存してそんして exist; persistいるものと見えてえて appear; seem毎回毎回まいかい every time; each time必ずかならず invariably; without fail食物食物くいもの foodの事こと about; concerningがかいてあるから奇妙奇妙きみょう strange; peculiar; oddだ。君の所へも何とか云って来たろう」

「うん、海鼠海鼠なまこ sea cucumber; sea slugの事がかいてある」

「老梅は海鼠が好きき to one's likingだったからね。もっともだ。それから?」

「それから河豚河豚ふぐ puffer fish; blow fish; fugu朝鮮仁参朝鮮ちょうせん仁参にんじん ginsengか何か書いてある」

「河豚と朝鮮仁参の取り合せあわせ combination; pairing旨いうまい skillful; cleverね。おおかた河豚を食ってって eat中ったらあたったら be stricken; be taken down朝鮮仁参を煎じてせんじて boil; stew; steep飲めめ drinkとでも云うつもりなんだろう」

「そうでもないようだ」

「そうでなくても構わないかまわない is no problem; doesn't matter; is fineさ。どうせ気狂気狂きちがい madmanだもの。それっきりかい」

「まだある。苦沙弥苦沙弥くしゃみ Kushami (the master's name)先生先生せんせい teacher; professor; scholar御茶御茶おちゃ teaでも上がれがれ drink (honorific)と云う words; expressionがある」

「アハハハ御茶でも上がれはきびし過ぎるきびしぎる too much; going too far。それで大におおいに very much; greatlyきみ youやり込めたやりめた got the better of; won overつもりに違ないちがいない without doubt ...; clearly ...大出来大出来おおでき well-done; a great successだ。天道公平天道てんどう公平こうへい Tendō Kōhei (name)くん (suffix of familiarity for males)万歳万歳ばんざい hooray for ...; hat's off to ...だ」と迷亭迷亭めいてい Meitei (name)先生は面白がって面白おもしろがって be amused; take delight in、大に笑い出すわらす break into laughter主人主人しゅじん master少からざるすくなからざる in no small way尊敬尊敬そんけい respect; esteem; reverenceをもって反覆反覆はんぷく repeatedly読誦した読誦どくしょうした read aloud書翰書翰しょかん letter; epistle差出人差出人さしだしにん sender金箔つきの金箔きんぱくつきの genuine; bonafide狂人狂人きょうじん madman; lunaticであると知ってって learn; become awareから、最前の最前さいぜんの of late; recent熱心熱心ねっしん zeal; passion苦心苦心くしん hard work; diligent labor何だかなんだか somehow; in some sense無駄骨無駄骨むだぼね wasted effortのような feeling; senseがして腹立たしく腹立はらだたしく irritating; aggravating; upsettingもあり、また瘋癲病者瘋癲病者ふうてんびょうじゃ mentally unsound individual文章文章ぶんしょう writing; proseをさほど心労して心労しんろうして toil over翫味した翫味がんみした relished; appreciatedかと思うおもう think; consider恥ずかしくずかしく ashamed; embarassedもあり、最後に最後さいごに finally狂人のさく works; doingsにこれほど感服する感服かんぷくする be impressed; be taken with以上は以上いじょうは given that ...自分自分じぶん oneself多少多少たしょう to some extent; to some degree神経神経しんけい nerves異状異状いじょう abnormality; peculiarityがありはせぬかとの疑念疑念ぎねん doubt; misgivingもあるので、立腹立腹りっぷく anger; offenseと、慚愧慚愧ざんき shameと、心配心配しんぱい worry; concern合併した合併がっぺいした combined; amalgamated状態状態じょうたい situation; circumstanceで何だか落ちつかないちつかない unsettled顔付顔付かおつき facial expressionをして控えてひかえて hold back; be subduedいる。

折からおりから just then; at that time表格子おもて格子ごうし front (latticework) doorあららかにあららかに roughly; abruptly開けてけて open重いおもい heavyくつ shoes; bootsおと sound二た足あし two stepsほど沓脱沓脱くつぬぎ place where one takes off one's shoes on entering the house響いたひびいた echoedと思ったら「ちょっと頼みますちょっとたのみます excuse me; beg your pardon、ちょっと頼みます」と大きなおおきな large; loud (voice)こえ voiceがする。主人の尻の重いしりおもい lethargy; torporに反してはんして in contrast to迷亭はまたすこぶる気軽な気軽きがるな sprightly; buoyantおとこ man; fellowであるから、御三御三おさん Osan (the maidservant)取次取次とりつぎ reception (of guests)出るる go out; attend (to)のも待たずたず without waiting on通れとおれ welcomeと云いながら隔てへだて separationなか middle; between room; chamberを二た足ばかりに飛び越えてえて dash across玄関玄関げんかん entryway躍り出したおどした sprung out (to)ひと people; othersのうちへ案内案内あんない guidance; admittance乞わずにわずに without asking for; without requestingつかつかつかつか determinedly; without hesitation這入り込む這入はいむ come into; intrude onところは迷惑迷惑めいわく bother; annoyance; intrusionのようだが、人のうちへ這入った以上は書生書生しょせい boarding student同様同様どうよう same as; equivalent to取次を務めるつとめる serve as; act asからはなはだ便利便利べんり convenient; handy; usefulである。いくら迷亭でも御客さん御客おきゃくさん caller; visitor; guestには相違ないには相違そういない is still ...、その御客さんが玄関へ出張する出張しゅっちょうする go out toのに主人たる苦沙弥先生が座敷座敷ざしき living room; parlor構え込んでかまんで hold one's ground動かんうごかん not move; not stirほう model; patternはない。普通の普通ふつうの ordinary; common; usual男ならあとから引き続いてつづいて in succession; following出陣すべき出陣しゅつじんすべき must engage; should appearはずであるが、そこが苦沙弥先生である。平気に平気へいきに unperturbed; with indifference座布団座布団ざぶとん seating cushionうえ top of尻を落ちつけてしりちつけて rest oneself (in a seated position)いる。但しただし however落ちつけているのと、落ちついているのとは、そのおもむき meaning; tenor大分大分だいぶ very much; a great deal似ているている resemble; be similarが、その実質実質じっしつ actual substance; true essenceはよほど違うちがう different; dissimilar

玄関玄関げんかん entryway飛び出したした flew out; ran out (to)迷亭迷亭めいてい Meitei (name)何かなにか something (or other)しきりに弁じてべんじて talk; speak; converseいたが、やがておく interiorほう direction向いていて turn toward「おい御主人御主人ごしゅじん master; proprietorちょっと御足労御足労ごそくろう the trouble of (your) appearanceだが出てくれたまえてくれたまえ please come outきみ youでなくっちゃ、間に合わないわない won't suffice; can't be handled」と大きなおおきな large; loud (voice)こえ voice出すす put forth主人主人しゅじん masterやむを得ずやむをず necessarily; unavoidably懐手懐手ふところで with one's hands in one's pocketsのままのそりのそりと出てくる。見るる look; seeと迷亭くん (suffix of familiarity for males)一枚一枚いちまい one (thin flat object)名刺名刺めいし calling card握ったにぎった grasped; heldまましゃがんで挨拶挨拶あいさつ dialog; exchange (of words)をしている。すこぶる威厳のない威厳いげんのない undignified; unceremonious; casual腰つきこしつき posture; stanceである。その名刺には警視庁警視庁けいしちょう Metropolitan Police Department刑事巡査刑事けいじ巡査じゅんさ investigating officer吉田虎蔵吉田よしだ虎蔵とらぞう Yoshida Torazō (name)とある。虎蔵君と並んでならんで alongside; next to立ってって standいるのは二十五六二十五六にじゅうごろく twenty five or six背の高いせいたかい tallいなせないなせな gallant; dashing; smart唐桟唐桟とうざん woven cotton with navy blue base color and vertical stripesずくめずくめ dressed head to toe in ...おとこ man; fellowである。妙なみょうな odd; curiousこと matter; thingにこの男は主人と同じくおなじく in the same way as; in the same manner as懐手をしたまま、無言で無言むごんで without speaking突立って突立つったって stand stock stillいる。何だかなんだか somehow; in some sense見たようなかお faceだと思ってよくよく観察する観察かんさつする observe; study; scrutinizeと、見たようなどころじゃない。この間このあいだ the other day深夜深夜しんや late at night御来訪になって御来訪ごらいほうになって visit; call山の芋やまいも Japanese yams持って行かれたってかれた carried off泥棒泥棒どろぼう burglar; thief君である。おや今度今度こんど this time白昼白昼はくちゅう daytime; midday; broad daylight公然と公然こうぜんと openly; overtly玄関からおいでになったな。

「おいこのかた person; gentlemanは刑事巡査でせんだっての泥棒をつらまえたから、君に出頭しろ出頭しゅっとうしろ appear; come out云うう say; state; relateんで、わざわざおいでになったんだよ」

主人はようやく刑事が踏み込んだんだ entered; intruded理由理由りゆう reason; cause分ったわかった grasped; comprehendedと見えて、頭をさげてあたまをさげて lower one's head (in deference)泥棒の方を向いて鄭寧に鄭寧ていねいに politely; respectfully御辞儀をした御辞儀おじぎをした bowed。泥棒の方が虎蔵君より男振りがいい男振おとこぶりがいい is a handsome manので、こっちが刑事だと早合点早合点はやがてん hasty conclusionをしたのだろう。泥棒も驚ろいたおどろいた was surprised; was caught off guardに相違ない相違そういない without doubt; most certainlyが、まさかわたし I; meが泥棒ですよと断わることわる inform; give notice訳にも行かなかったわけにもかなかった couldn't very well ...; wasn't about to ...と見えて、すまして立っている。やはり懐手のままである。もっとも手錠手錠てじょう handcuffsをはめているのだから、出そうそう take out; presentと云っても出る気遣はない気遣きづかいはない there's little likelihood ...通例の通例つうれいの usual; generalものならこの様子様子ようす situation; state of affairsでたいていはわかるはずだが、この主人は当世の当世とうせいの present-day; modern人間人間にんげん person; a man似合わず似合にあわず ill-matched (to); unbecoming (of)、むやみに役人役人やくにん government officials警察警察けいさつ police officersありがたがるありがたがる show gratitude toward; feel obliged toくせ habit; tendencyがある。御上御上おかみ (government) authorities御威光御威光ごいこう power; influenceとなると非常に非常ひじょうに very much; exceedingly恐しいおそろしい frightful; terrifyingものと心得て心得こころえて understand; take (as)いる。もっとも理論理論りろん theory; principleじょう the standpoint of; concerningから云うと、巡査なぞは自分達自分達じぶんたち oneselvesかね money; fundsを出して番人番人ばんにん security detail; watchmen雇ってやとって hire; employee (as)おくのだくらいの事は心得ているのだが、実際に実際じっさいに actually; in reality臨むのぞむ face; meet; confrontといやにへえへえする。主人のおやじはそのむかし former times; days past場末場末ばすえ outskirts (of a town); run-down district名主名主なぬし village headman; district leaderであったから、上の者うえもの superiorsぴょこぴょこぴょこぴょこ casually; routinely頭を下げてあたまげて lower one's head (in deference)暮したくらした lived; got by習慣習慣しゅうかん custom; practiceが、因果因果いんが karma; fateとなってかように child酬ったむくった was repaid (by); was exacted in exchangeかも知れないかもれない it may be that ...。まことに気の毒どく (worthy of) misfortune; pity至りいたり height of; epitome ofである。

巡査巡査じゅんさ police officer; policemanはおかしかったと見えてえて appear; seemにやにや笑いながらにやにやわらいながら with a grin; with a chuckle「あしたね、午前午前ごぜん morning九時九時くじ nine o'clockまでに日本堤日本堤にほんづつみ Nihonzutsumi (place name)分署分署ぶんしょ local station; branchまで来てて come下さいください please ...。――盗難品盗難品とうなんひん stolen goods; things takenなん whatと何でしたかね」

「盗難品は……」と云いかけたいかけた started to sayが、あいにく先生先生せんせい teacher; professor; scholar (used here as a pronoun)たいがい忘れてわすれて forgetいる。ただ覚えておぼえて remember; recallいるのは多々良三平多々良たたら三平さんぺい Tatara Sanpei (name)山の芋やまいも Japanese yamsだけである。山の芋などはどうでも構わんかまわん not matter; be of no import思ったおもった thought of; considered (as)が、盗難品は……と云いかけてあとが出ないない not come forthのはいかにも与太郎与太郎よたろう slow-witted fellowのようで体裁体裁ていさい appearance; formがわるい。ひと a person; another盗まれたぬすまれた be burglarizedならいざ知らずならいざらず excepting the case that ...自分自分じぶん oneselfが盗まれておきながら、明瞭の明瞭めいりょうの clear; conciseこたえ answer; reply出来ん出来できん can't do; can't manageのは一人前一人前いちにんまえ competent; capableではない証拠証拠しょうこ evidence ofだと、思い切っておもって resolutely; decisively「盗難品は……山の芋一箱一箱ひとはこ one box」とつけた。

泥棒はこのとき time; momentよほどおかしかったと見えて、した down; below向いていて turn toward着物着物きもの kimono; outfitえり collarへあごを入れたれた put into迷亭迷亭めいてい Meitei (name)はアハハハと笑いながら「山の芋がよほど惜しかったしかった were precious; were dearと見えるね」と云った。巡査だけは存外存外ぞんがい contrary to circumstances真面目真面目まじめ serious; earnest; soberである。

「山の芋は出ないようだがほかの物件物件ぶっけん articles; objects; propertyはたいがい戻ったもどった came back; were recoveredようです。――まあ来て見たら分るわかる will recognize; will knowでしょう。それでね、下げ渡したらわたしたら release (from holding)請書請書うけしょ written acknowledgment入るる is needed; is requiredから、印形印形いんぎょう seal; signetを忘れずに持ってって bringおいでなさい。――九時までに来なくってはいかんなくってはいかん need to come; need to appear。日本堤分署です。――浅草浅草あさくさ Asakusa (place name)警察署警察署けいさつしょ police precinct管轄内管轄内かんかつない within the jurisdiction (of)の日本堤分署です。――それじゃ、さようなら」と独りでひとりで on one's own弁じてべんじて talk; speak帰って行くかえってく take one's leave; depart泥棒泥棒どろぼう burglar; thiefくん (suffix of familiarity for males)続いてつづいて in succession; following afterもん gateを出る。 hands出せないせない can't take outので、門をしめる事が出来ないこと出来できない is unable to ...から開け放しはなし left openのまま行ってしまったってしまった went away; left恐れ入りながらもおそりながらも while feeling humbled; while feeling small不平不平ふへい discontent; dissatisfiedと見えて、主人主人しゅじん masterほう cheeksふくらしてふくらして blow up; inflateぴしゃりと立て切ったぴしゃりとった banged (it) shut

「アハハハきみ you刑事刑事けいじ (police) detective大変大変たいへん very much; a great deal尊敬する尊敬そんけいする respect; revere; hold in high regardね。つねにああ云うああう such sort of ...恭謙な恭謙きょうけんな modest; humble態度態度たいど attitude; manner; demeanorを持ってるといいおとこ man; fellowだが、君は巡査だけに鄭寧鄭寧ていねい polite; respectfulなんだから困るこまる have trouble with; take issue with

「だってせっかく知らせて来てらせてて come to inform; come to give noticeくれたんじゃないか」

知らせに来るらせにる come to inform; come to give noticeったって、さき the other party商売商売しょうばい occupation; professionだよ。当り前あたまえ usual; ordinary; commonplaceあしらってりゃあしらってりゃ treat; handle; deal with (as)沢山沢山たくさん adequate; sufficientだ」

「しかしただの商売商売しょうばい occupation; professionじゃない」

無論無論むろん of course; needless to sayただの商売じゃない。探偵探偵たんてい detective; investigatorと云うう referred to as; known asいけすかないいけすかない nasty; unpleasant; disagreeable商売さ。あたり前のあたりまえの usual; common; ordinary商売より下等下等かとう inferior; base; vulgarだね」

きみ youそんな事そんなこと such thingsを云うと、ひどい目に逢うひどいう meet with hardship; end up in troubleぜ」

「ハハハそれじゃ刑事刑事けいじ (police) detective悪口悪口わるくち speaking ill (of)はやめにしよう。しかし刑事を尊敬する尊敬そんけいする respect; revere; hold in high regardのは、まだしもだがまだしもだが while acceptable泥棒泥棒どろぼう burglar; thiefを尊敬するに至ってはいたっては when it comes to ...驚かざるを得んおどろかざるをん can't help but be taken abackよ」

だれ whoが泥棒を尊敬したい」

「君がしたのさ」

ぼく I; meが泥棒に近付き近付ちかづき making (someone's) acquaintance; associating (with someone)があるもんか」

「あるもんかって君は泥棒にお辞儀辞儀じぎ bow (by way of greeting)をしたじゃないか」

「いつ?」

たった今たったいま just now; a moment ago平身低頭した平身へいしん低頭ていとうした prostrated oneself; kowtowedじゃないか」

馬鹿あ云ってら馬鹿ばかあ云ってら (talking) nonsense; rubbish、あれは刑事だね」

「刑事があんななりなり style; appearanceをするものか」

「刑事だからあんななりをするんじゃないか」

頑固頑固がんこ stubborn; obstinateだな」

「君こそ頑固だ」

「まあ第一第一だいいち first of all; for starters、刑事がひと a person; a man; anotherところ place; residence来てて come (to)あんなに懐手懐手ふところで with one's hands in one's pocketsなんかして、突立って突立つったって stand stock stillいるものかね」

「刑事だって懐手をしないとは限るまいしないとはかぎるまい one can't rule out ...; it's not inconceivable that ...

「そう猛烈に猛烈もうれつに intensely; vehementlyやって来てやってて come at; approach恐れ入るおそる back off; yield; let (it) goがね。君がお辞儀をするあいだ period of time; interval; durationあいつは始終始終しじゅう from beginning to end; all the whileあのままで立っていたっていた was standing (there)のだぜ」

「刑事だからそのくらいの事はあるかも知れんかもれん it may be that ...さ」

「どうも自信家自信家じしんか man of unshakable confidenceだな。いくら云っても聞かないかない not listen to; not acceptね」

「聞かないさ。君は口先口先くちさき lip service; idle wordsばかりで泥棒だ泥棒だと云ってるだけで、その泥棒がはいるところを見届けた見届みとどけた saw with one's own eyes; witnessedわけ situation; caseじゃないんだから。ただそう思っておもって think; believe; imagine独りでひとりで on one's own; in one's own manner強情を張って強情ごうじょうって inist on; persist inるんだ」

迷亭迷亭めいてい Meitei (name)もここにおいてとうてい済度すべからざる済度さいどすべからざる cannot be redeemed; beyond helpおとこ man; fellow断念した断念だんねんした gave up (hope)ものと見えてえて appear; seem例に似ずれいず uncharacteristically; contrary to habit黙ってしまっただまってしまった fell silent; held one's tongue主人主人しゅじん master久し振りでひさりで for the first time in a while迷亭を凹ましたへこました humbled; subdued; got the better of思っておもって believe; imagine大得意大得意だいとくい exultant; exuberant; triumphantである。迷亭から見ると主人の価値価値かち value; merit; worth強情を張った強情ごうじょうった inisted on; persisted in; dug in onだけ下落した下落げらくした dropped; fell; was diminishedつもりであるが、主人から云うう state; tell; relateと強情を張っただけ迷亭よりえらくなったのである。世の中なか the world; societyにはこんな頓珍漢な頓珍漢とんちんかんな contradictory; paradoxical; inconsistentこと cases; instancesはままある。強情さえ張り通せばとおせば stick with; double down on勝ったった won; triumphed; prevailed feeling; senseでいるうちに、当人当人とうにん the person in question人物人物じんぶつ personage; characterとしての相場相場そうば repute遥かにはるかに by far; in grand fashion; significantly下落してしまう。不思議な不思議ふしぎな strange; curious事に頑固の頑固がんこの stubborn; obstinate; hard-headed本人本人ほんにん the person in question; the person himself死ぬぬ die; perish; pass awayまで自分自分じぶん oneself面目を施こした面目めんぼくほどこした earned credit; gained honorつもりかなにかで、そのとき time; moment以後以後いご from then on; thereafterひと other people; others軽蔑して軽蔑けいべつして look down on; view with disdain相手相手あいて companion; companyにしてくれないのだとは夢にも悟り得ないゆめにもさとない can't imagine in one's wildest dreams; have no idea幸福な幸福こうふくな happy; blessed; blissfulものである。こんな幸福を豚的幸福豚的ぶたてき幸福こうふく pig-like bliss; pig's bliss名づけるづける call; refer to (as)のだそうだ。

「ともかくもあした行くく goつもりかい」

「行くとも、九時九時くじ nine o'clockまでに来いい come; appearと云うから、八時八時はちじ nine o'clockから出て行くく go out; depart; leave

学校学校がっこう schoolはどうする」

休むやすむ take the day offさ。学校なんか」と擲きつけるたたきつける throw; fling; hurl (against)ように云ったのは壮なさかんな energetic; lively; briskものだった。

「えらいいきおい energy; impetus; vigorだね。休んでもいいのかい」

「いいとも僕のぼくの my学校は月給月給げっきゅう (monthly) salaryだから、差し引かれるかれる have deducted; be docked気遣気遣きづかい concern; fear; worryはない、大丈夫大丈夫だいじょうぶ fine; safe; not to worryだ」と真直に真直まっすぐに directly; matter-of-factly白状してしまった白状はくじょうしてしまった acknowledgedずるいずるい cunning; crafty; dishonest事もずるいが、単純な単純たんじゅんな simple; honest; naïveことも単純なものだ。

きみ you、行くのはいいがみち road; path; way知ってるってる know; be familiar withかい」

「知るものか。くるま car; cart乗ってって ride (in)行けば訳はないわけはない is easy; is simpleだろう」とぷんぷんしてぷんぷんして be indignantいる。

静岡静岡しずおか Shizuoka (place name)伯父伯父おじ uncle譲らざるゆずらざる not yield; not concede (to)東京東京とうきょう Tōkyōつう authority; expertなるには恐れ入るおそる be amazed; be filled with awe; be humbled before

「いくらでも恐れ入るがいい」

「ハハハ日本堤日本堤にほんづつみ Nihonzutsumi (place name)分署分署ぶんしょ local station; branchと云うのはね、君ただのところ place; localeじゃないよ。吉原吉原よしわら Yoshiwara (area in Tōkyō)だよ」

なん whatだ?」

「吉原だよ」

「あの遊廓遊廓ゆうかく red-light districtのある吉原か?」

「そうさ、吉原と云やあ、東京に一つひとつ one (thing)しかないやね。どうだ、行って見る気かい」と迷亭くん (suffix of familiarity for males)またからかいかける。

主人は吉原と聞いていて hear、そいつはと少々少々しょうしょう a bit; to some degree逡巡逡巡しゅんじゅん hesitation; indecisionてい appearance; condition; stateであったが、たちまち思い返しておもかえして re-think; think back upon「吉原だろうが、遊廓だろうが、いったん行くと云った以上は以上いじょうは given that ...きっと行く」と入らざるらざる unnecessary; uncalled forところに力味で力味りきんで put on a bold front; make a show of strength見せた。愚人愚人ぐじん fool得てて liable to; apt toこんなところに意地を張る意地いじる be stubborn; be insistentものだ。

迷亭君は「まあ面白かろう面白おもしろかろう should be interesting見て来たまえたまえ (please) go and see」と云ったのみである。一波瀾を生じた一波瀾ひとはらんしょうじた made a wave; disturbed routine刑事刑事けいじ (police) detective事件事件じけん incident; affairはこれで一先ず一先ひとまず for the time being; for the present落着を告げた落着らくちゃくげた reached its conclusion; ran its course。迷亭はそれから相変らず相変あいかわらず as ever; as usual駄弁を弄して駄弁だべんろうして engage in foolish talk日暮れ方日暮ひぐがた around sundown、あまり遅くなるおそくなる get late; grow lateと伯父に怒られるおこられる be scolded; be taken to taskと云って帰って行ったかえってった headed home; departed

迷亭迷亭めいてい Meitei (name)帰ってかえって return (home)から、そこそこにそこそこに hurriedly; hastily晩飯晩飯ばんめし evening meal; dinnerをすまして、また書斎書斎しょさい study; den; reading room引き揚げたげた withdrew to; retired to主人主人しゅじん master再びふたたび again; once more拱手して拱手きょうしゅして with folded arms下のようにしものように as below; as follows考え始めたかんがはじめた began to think; began to ponder

自分自分じぶん oneself感服して感服かんぷくして be impressed; be taken with大におおいに very much; greatly見習おうとした見習みならおうとした was ready to follow; was hoping to learn from八木独仙八木やぎ独仙どくせん Yagi Dokusen (name)くん (suffix of familiarity for males)も迷亭の話しはなし talk; wordsによって見ると、別段別段べつだん in particular; especially見習うにも及ばないにもおよばない is not worth ...人間人間にんげん person; manのようである。のみならずのみならず furthermore; moreoverかれ he; him唱道する唱道しょうどうする advocate; espouseところのせつ opinions; views何だかなんだか somehow; in some sense非常識非常識ひじょうしき lacking in common sense; irrationalで、迷亭の云うう say; state; assert通りとおり just as ...多少多少たしょう to some extent; to some degree瘋癲的瘋癲的ふうてんてき mentally unbalanced; deranged; unhinged系統系統けいとう school (of thought)属してぞくして belong (to)もおりそうだ。いわんやいわんや not to mention; to say nothing of彼は歴乎とした歴乎れっきとした full-fledged二人二人ふたり two (people)気狂気狂きちがい madmen子分子分こぶん followers有してゆうして have; possessいる。はなはだ危険危険きけん dangerous; perilousである。滅多に滅多めったに too much近寄る近寄ちかよる approach; draw near同系統内同系統内どうけいとうない part of the same company引き摺り込まれそうまれそう risk being dragged intoである。自分が文章文章ぶんしょう writing; proseの上においてうえにおいて with regard to; concerning驚嘆驚嘆きょうたん wonder; admirationの余 so much so (= のあまり)、これこそ大見識大見識だいけんしき great insightを有している偉人偉人いじん eminent figureに相違ない相違そういない without doubt ...思い込んだおもんだ was convinced; was under the impression天道公平天道てんどう公平こうへい Tendō Kōhei (name)こと also known as; a.k.a.実名実名じつみょう actual name; real name立町老梅立町たちまち老梅ろうばい Tachimachi Rōbai (name)純然たる純然じゅんぜんたる absolute; complete; utter狂人狂人きょうじん madman; lunaticであって、現にげんに actually; in fact巣鴨巣鴨すがも Sugamo (reference to Sugamo Hospital mental health ward)病院病院びょういん hospital; institution起居して起居ききょして live life; pass one's daysいる。迷亭の記述記述きじゅつ account; description棒大の棒大ぼうだいの bombastic; overblownざれ言ざれごと banter; railleryにもせよ、彼が瘋癲院瘋癲院ふうてんいん asylumちゅう inside; within盛名盛名せいめい reputation; renown擅ままにしてほしいままにして as one likes; to the full天道天道てんどう the will of Heaven主宰主宰しゅさい supervision; oversightをもって自らみずから personally; of one's own accord任ずるにんずる take up (a position); assume responsibility恐らくおそらく probably; most likely事実事実じじつ reality; factであろう。こう云う自分もことによると少々少々しょうしょう somewhat; to some degreeござっているござっている be nuts; be losing one's mindかも知れないかもれない it may be that ...同気相求め同気どうき相求あいもとめ like minds gather同類相集まる同類どうるい相集あいあつまる like attracts likeと云うから、気狂の説に感服する以上は以上いじょうは given that ...――少なくともすくなくとも at the very leastその文章言辞言辞げんじ language; speech同情同情どうじょう sympathy; empathy表するひょうする express; show以上は――自分もまた気狂にえん relationship; bond; affinity近いちかい close; near; tightもの person; manであるだろう。よし同型同型どうけい same shape; like kind中に鋳化せられん鋳化ちゅうかせられん not be cast; not be moldedでも軒を比べてのきならべて be side by side with; align with狂人と隣り合せとなあわせ adjoining; neighboringきょ residence卜するぼくする set; fix; chooseとすれば、さかい border; boundaryかべ wall; barrier; partition一重一重ひとえ one layer; a single layer打ち抜いていて break through; tear down (a wall)いつの間にかいつのにか before one knows it同室同室どうしつ the same room; the same spaceない inside; within膝を突き合せてひざあわせて come face-to-face with談笑する談笑だんしょする engage in friendly conversationこと situation; stateないとも限らんないともかぎらん one can't rule out ...。こいつは大変大変たいへん terrible; dreadfulだ。なるほど考えて見るとこのほどこのほど recently; of lateじゅうから自分ののう brain; mind作用作用さよう function; workings我ながらわれながら even for oneself驚くおどろく be surprised; be caught off guardくらい奇上に奇上きじょうに when it comes to eccentricityみょう strangeness; oddity点じてんじ light; kindle; ignite変傍変傍へんぼう changes; progressionsちん peculiarity添えてえて draw; gather (to oneself)いる。脳漿脳漿のうしょう spinal fluid一勺一勺いっせき 1 shaku (about 18 cc; about 6 fl oz)化学的化学的かがくてき chemical変化変化へんか change; reactionはとにかく意志意志いし volition; intent動いてうごいて operate; work行為行為こうい acts; deeds; conductとなるところ、発してはっして come forth; emerge; appear言辞と化するする change (to)あたり areaには不思議にも不思議ふしぎにも oddly; curiously中庸中庸ちゅうよう moderation失したしっした missed; lackedてん aspects; ways多いおおい numerous舌上舌上ぜつじょう on one's tongue竜泉竜泉りゅうせん rupture; outburstなく、腋下腋下えきか armpits清風清風せいふう cool breeze生ぜざるしょうぜざる not produce; not give rise toも、歯根歯根しこん roots of the teeth狂臭あり狂臭きょうしゅうあり varied and profuse odors筋頭筋頭きんとう nervous system瘋味瘋味ふうみ hints of irregularityあるをいかんせんをいかんせん cannot be helped。いよいよ大変だ。ことによるともうすでに立派な立派りっぱな undeniable; indisputable患者患者かんじゃ victim; sufferer (of a malady)になっているのではないかしらん。まだ幸にさいわいに fortunately; happilyひと people; others傷けたりきずつけたり harm; damage世間世間せけん the world; society邪魔邪魔じゃま nuisance; disturbance; burdenになる事をし出かさんかさん not be guilty ofからやはり町内町内ちょうない neighborhood; district; town追払われずに追払おいはらわれずに without being driven from東京東京とうきょう Tōkyō市民市民しみん citizen; citizenry; publicとして存在して存在そんざいして exist; persistいるのではなかろうか。こいつは消極消極しょうきょく passivity; acceptance積極積極せっきょく proactivity; assertivenessのと云うだん step; stageじゃない。まず脈搏脈搏みゃくはく pulse; pulse rateからして検査しなくてはならん検査けんさしなくてはならん need to check。しかしみゃく veins; pulseには変りかわり change; aberrationはないようだ。あたま head熱いあつい hot; feverishかしらん。これも別にべつに especially; in particular逆上逆上ぎゃくじょう hotheadedness; loss of composure気味気味きみ sense; feelingでもない。しかしどうも心配心配しんぱい worry; concernだ。」

「こう自分自分じぶん oneself気狂気狂きちがい madmanばかりを比較して比較ひかくして compare類似類似るいじ resemblance; similarityてん points; aspectsばかり勘定して勘定かんじょうして reckon; count; tallyいては、どうしても気狂の領分領分りょうぶん sphere; domain脱するだっする escape from; distance oneself from事は出来そうにもないこと出来できそうにもない seem unable to ...。これは方法方法ほうほう method; approachがわるかった。気狂を標準標準ひょうじゅん standard; normにして自分をそっちへ引きつけてきつけて draw near (to)解釈する解釈かいしゃくする interpret; take a reading ofからこんな結論結論けつろん conclusion出るる come forth; emergeのである。もし健康な健康けんこうな healthy; sound; fitひと persons; men本位本位ほんい standard; basisにしてそのそば next to; besideへ自分を置いていて set; place; position考えて見たらかんがえてたら (try to) think about; considerあるいはあるいは perhaps; possibly反対の反対はんたいの opposite結果結果けっか result; outcomeが出るかも知れないかもれない it may be that ...。それにはまず手近手近てじか close at hand; nearbyから始めなくてはいかんはじめなくてはいかん need to start第一第一だいいち first; to begin with今日今日きょう today来たた came; calledフロックコートフロックコート frock coat伯父さん伯父おじさん uncle; older gentlemanはどうだ。こころ heart; soul; mindをどこに置こうこう set; put; placeぞ……あれも少々少々しょうしょう somewhat; to some extent怪しいあやしい dubious; suspectようだ。第二第二だいに second寒月寒月かんげつ Kangetsu (name)はどうだ。あさ morningからばん evening; nightまで弁当弁当べんとう bentō; box lunch持参持参じさん bringing; taking; carryingたま ball; sphereばかり磨いてみがいて grind; polishいる。これも棒組棒組ぼうぐみ like kind; similar sortだ。第三第三だいさん thirdにと……迷亭迷亭めいてい Meitei (name)? あれはふざけ廻るふざけまわる romp about; fool aroundのを天職天職てんしょく vocation; life's work; callingのように心得て心得こころえて understand; grasp; take (as)いる。全くまったく utterly; entirely陽性の陽性ようせいの positive; cheerful; upbeat気狂に相違ない相違そういない is without doubt ...第四第四だいよん fourthはと……金田金田かねだ Kaneda (name)妻君妻君さいくん wife。あの毒悪な毒悪どくあくな poisoned; corrupt; vile根性根性こんじょう character; nature; dispositionは全く常識常識じょうしき common sense; good senseをはずれている。純然たる純然じゅんぜんたる absolute; complete; utter気じるしじるし madnessに極まってるきまってる is absolutely ...第五第五だいご fifthは金田くん (suffix of familiarity for males)ばん turnだ。金田君には御目に懸った御目おめかかった have met; have encounteredこと occasion; instanceはないが、まずあの細君細君さいくん wife恭しくうやうやしく with great care; reverentlyおっ立てておってて raise up; elevate琴瑟琴瑟きんしつ happy marriage調和して調和ちょうわして harmoniously manageいるところを見ると非凡の非凡ひぼんの extraordinary; remarkable; uncommon人間人間にんげん person; man見立てて見立みたてて view; judge; estimate (as)差支え差支さしつかえ objection; remonstranceあるまい。非凡は気狂の異名異名いみょう alternate name; aliasであるから、まずこれも同類同類どうるい same kind; like kindにしておいて構わないかまわない presents no problem; is fine。それからと、――まだあるある。落雲館落雲館らくうんかん Rakuunkan (name of a private middle school)諸君子諸君子しょくんし various gentlemenだ、年齢年齢ねんれい ageから云うとからうと when it comes to ...; concerning ...まだ芽生え芽生めばえ buds; sprouts; immaturesだが、躁狂躁狂そうきょう frenzy; hysteria; maniaの点においては一世一世いっせ a generation空しゅうするむなしゅうする hollow out; render voidに足るる enough for; sufficient to天晴な天晴あっぱれな brilliant; admirable豪のごうの tremendous; monumentalものである。こう数え立ててかぞてて count up; list up; enumerate見ると大抵大抵たいてい most; almost allのものは同類のようである。案外案外あんがい unexpectedly; surprisingly心丈夫心丈夫こころじょうぶ reassuredになって来たになってた came to be; arrived at。ことによると社会社会しゃかい societyはみんな気狂の寄り合あい gathering; assemblyかも知れない。気狂が集合して集合しゅうごうして come together; meet up; assemble鎬を削ってしのぎけずって sharpen swordsつかみ合いつかみい grapple (with each other)いがみ合いいがみい quarrel; feud (with each other)罵り合いののしい curse; speak ill of (each other)奪い合ってうばって tussle; struggle (with each other)、その全体全体ぜんたい whole; entirety団体団体だんたい group; body; associationとして細胞細胞さいぼう cellsのように崩れたりくずれたり collapse; crumble; break apart持ち上ったりあがったり rise up; take shape、持ち上ったり、崩れたりして暮して行くくらしてく go through life; live one's daysのを社会と云うのではないか知らん。そのなか middle; midst多少多少たしょう to some extent; to some degree理窟理窟りくつ reason; logicがわかって、分別分別ふんべつ judgment; wisdom; discernmentのあるやつ man; fellowはかえって邪魔邪魔じゃま disruption; nuisance; interferenceになるから、瘋癲院瘋癲院ふうてんいん asylumというものを作ってつくって make; create; build、ここへ押し込めてめて shut up; imprison出られないられない can't leave; can't get out ofようにするのではないかしらん。すると瘋癲院に幽閉されている幽閉ゆうへいされている be confined; be incarceratedものは普通普通ふつう normal; ordinary; commonの人で、院外院外いんがい one the outside (of an institution)にあばれているものはかえって気狂である。気狂も孤立している孤立こりつしている be isolated; be aloneあいだ interval of time; period; durationはどこまでも気狂にされてしまうが、団体となって勢力勢力せいりょく influence; power; potencyが出ると、健全の健全けんぜんの healthy; sound人間になってしまうのかも知れない。大きなおおきな great; grand気狂が金力金力きんりょく power of wealth威力威力いりょく force; might濫用して濫用らんようして misuse; abuse多くのおおくの many; myriad小気狂小気狂しょうきちがい lesser madmen; minor lunatics使役して使役しえきして use; employ; set to work乱暴乱暴らんぼう recklessness; wild behavior; unruly conduct働いてはたらいて perpetrate; practice、人から立派な立派りっぱな fine; splendidおとこ man; fellowだと云われているれい instances; examples少なくないすくなくない more than a few; numerousなに whatなん whatだか分らなくなったわからなくなった can no longer say; have lost sight of

以上以上いじょう the above; the preceding主人主人しゅじん master当夜当夜とうや this night; tonight煢々たる煢々けいけいたる lonesome孤灯孤灯ことう solitary lightもと below; beneath沈思熟慮した沈思ちんし熟慮じゅくりょした carefully consideredとき time; occasion心的心的しんてき mental; psychological作用作用さよう actions; workingsをありのままに描き出したえがした depictedものである。かれ he; him頭脳頭脳ずのう head; mind; intellect不透明なる不透明ふとうめいなる is opaque; is murkyこと situation; circumstance; state of affairsはここにも著るしくいちじるしく strikingly; remarkablyあらわれている。彼はカイゼルカイゼル Kaiser (reference to Kaiser Wilhelm II)似たた resembled八字髯八字髯はちじひげ finely trimmed mustache蓄うるたくわうる grow (a beard or mustache)にもかかわらず狂人狂人きょうじん madman; lunatic常人常人じょうじん ordinary man差別差別さべつ distinction; differentiationさえなし得ぬなしぬ be incapable of; not manageくらいの凡倉凡倉ぼんくら dimwit; dullardである。のみならず彼はせっかくこの問題問題もんだい problem; question提供して提供ていきょうして offer up; sponsor; promote自己の自己じこの one's own思索力思索力しさくりょく powers of inquery; analytical capabilities訴えながらうったえながら appeal to; resort to、ついに何等の何等なんらの (no) sort of結論結論けつろん resolution; conclusion達せずしてたっせずして without arriving (at)やめてしまった。何事によらず何事なにごとによらず in everything; in all matters彼は徹底的に徹底的てっていてきに thoroughly; exhaustively考えるかんがえる think about; ponder; contemplate脳力脳力のうりょく brain power; mental capacityのないおとこ man; fellowである。彼の結論の茫漠として茫漠ぼうばくとして vague; obscure、彼の鼻孔鼻孔びこう nostrilsから迸出する迸出ほうしゅつする pour forth (from)朝日朝日あさひ Asahi (brand of cigarettes)けむり smokeのごとく、捕捉しがたき捕捉ほそくしがたき difficulty to graspは、彼の議論議論ぎろん argument; discussionにおける唯一の唯一ゆいいつの only; solitary; sole特色特色とくしょく characteristic; featureとして記憶すべき記憶きおくすべき worth bearing in mind事実事実じじつ truth; reality; factである。

吾輩吾輩わがはい I; me; myselfねこ catである。猫の癖にくせに being ...; for a ...; as a ...どうして主人の心中心中しんちゅう one's inner feelings; one's heartをかく精密に精密せいみつに in detail; with certitude記述し得る記述きじゅつる can describe; can make account ofかと疑ううたがう doubt; questionものがあるかも知れんかもれん it may be that ...が、このくらいな事は猫にとって何でもないなんでもない is nothing; is easy enough。吾輩はこれで読心術読心術どくしんじゅつ mind reading心得ている心得こころえている have grasped; am in command of。いつ心得たなんて、そんな余計な余計よけいな needless; unwarranted; beside the point事は聞かんかん not ask; not enquireでもいい。ともかくも心得ている。人間人間にんげん human being; personひざ lapうえ top of乗ってって climb onto眠っているねむっている sleep; dozeうちに、吾輩は吾輩の柔かなやわらかな soft; pliant毛衣毛衣けごろも coat of furをそっと人間のはら bellyこすり付けるこすりける rub up against。すると一道の一道いちどうの a ray of電気電気でんき electricity起っておこって arise; occur; come about彼の腹のなか inside; withinいきさついきさつ details; particulars; whole story手にとるにとる take in hand; graspように吾輩の心眼心眼しんがん mind's eye映ずるえいずる be reflected;be mirrored (in)。せんだってなどは主人がやさしく吾輩のあたま head撫で廻しながらまわしながら rub; brush; stroke突然突然とつぜん without warning; out of the blueこの猫のかわ hide; pelt剥いでいで tear off; strip off; flayちゃんちゃんちゃんちゃん padded sleeveless kimono jacket; Japanese vestにしたらさぞあたたかでよかろうと飛んでもないんでもない outrageous; terrible了見了見りょうけん idea; thought; notionむらむらとむらむらと suddenly起したのを即座に即座そくざに immediately気取って気取けどって sense; catch覚えずおぼえず unconsciously; reflexivelyひやっとしたひやっとした felt a chill事さえある。怖いこわい terrible; dreadful; frightening事だ。当夜主人の頭のなかに起った以上の思想思想しそう thoughts; ideasもそんな訳合訳合わけあい reason; circumstance幸にもさいわいにも happily; fortunately諸君諸君しょくん everyone; you allご報道する報道ほうどうする report (to you)事が出来ること出来できる can ...; am able to ...ように相成ったように相成あいなった reached the point of ...; came to be that ...のは吾輩の大におおいに very much; greatly栄誉栄誉えいよ an honorとするところである。但しただし however主人は「何が何だか分らなくなったわからなくなった can no longer say; have lost sight of」まで考えてそのあとはぐうぐう寝てしまったてしまった dozed off; fell asleepのである、あすになれば何をどこまで考えたかまるで忘れてしまうわすれてしまう will have forgottenに違ないちがいない no doubt ...向後向後こうご hereafterもし主人が気狂気狂きちがい madmenについて考える事があるとすれば、もう一返もう一返いっぺん one more time; once more出直して出直でなおして setting out anew頭からあたまから from the beginning考え始めなければならぬかんがはじめなければならぬ will have to start considering。そうすると果してはたして in the end; after allこんな径路径路けいろ path; route; course取ってって take; follow、こんなふう style; mannerに「何が何だか分らなくなる」かどうだか保証出来ない保証ほしょう出来できない can't guarantee; can give no assurance。しかし何返何返なんべん however many times考え直しても、何条の何条なんじょうの however many types of径路をとって進もうすすもう advance; proceedとも、ついに「何が何だか分らなくなる」だけはたしかである。