I am a Cat - Chapter 9 a

vocabulary bar - use mouse hover or touch to display furigana and definition of underlined terms

きゅう (chapter) 9

主人主人しゅじん master痘痕面痘痕面あばたづら pockmarked faceである。御維新前御維新前ごいっしんまえ before the (Meiji) Restoration (i.e. before 1868)はあばたも大分大分だいぶ very much; to a great extent流行った流行はやった were prevalentものだそうだが日英同盟日英にちえい同盟どうめい Anglo-Japanese Alliance (1902-1923)今日今日こんにち these days; the presentから見るる see; view; regardと、こんなかお faceはいささか時候後れ時候じこうおくれ behind the times; out of dateかん feeling; sense; impressionがある。あばたの衰退衰退すいたい decline; ebb人口人口じんこう population増殖増殖ぞうしょく increase反比例して反比例はんぴれいして in inverse proportion (to)近き将来ちか将来しょうらい the near futureには全くまったく utterly; entirelyそのあと traces; signs絶つつ cut off; bring to an end至るいたる come (to); arrive (at)だろうとは医学上の医学上いがくじょうの medical統計統計とうけい statisticsから精密に精密せいみつに with precision; with certitude割り出されたるされたる be calculated; be inferred結論結論けつろん conclusionであって、吾輩吾輩わがはい I; me; myselfのごときねこ catといえども毫もごうも (not) at all; (not) in the leastうたがい doubt; question挟むさしはさむ harbor (doubts)余地余地よち room; marginのないほどの名論名論めいろん sound argument; accepted reasoningである。現今現今げんこん this present day; now地球上地球ちきゅうじょう on the Earth; in the worldあばたっ面あばたっつら pockmarked face有してゆうして have; possess生息している生息せいそくしている is living人間人間にんげん human beings; persons; men何人何人なんにん how many peopleくらいあるか知らんらん don't know; can't sayが、吾輩が交際交際こうさい association; social interaction区域区域くいき sphere; domain; limitsない withinにおいて打算して打算ださんして calculate; take account of見ると、猫には一匹一匹いっぴき one (creature)もない。人間にはたった一人一人ひとり one person; a single individualある。しかしてその一人が即ちすなわち namely; specifically主人である。はなはだ気の毒どく unfortunate; pitiableである。

吾輩は主人の顔を見る度にたびに each time ...考えるかんがえる think about; consider。まあ何のなんの what sort of; what form of因果因果いんが ill luck; misfortuneでこんな妙なみょうな odd; curious; strange顔をして臆面なく臆面おくめんなく boldly; unapologetically二十世紀二十世紀にじっせいき twentieth century空気空気くうき air呼吸して呼吸こきゅうして breatheいるのだろう。むかし long ago; times pastなら少しすこし a little; a bit幅も利いたはばいた had influence; held swayか知らんが、あらゆるあばたが二の腕うで upper arm (vicinity of vaccination shot)立ち退き退き removal; eviction; relegation命ぜられためいぜられた be ordered; be commanded昨今昨今さっこん nowadays; recently; of late依然として依然いぜんとして as of old; as before鼻の頭はなあたま tip of the noseほう cheeksうえ top; surface陣取って陣取じんどって occupy; take up position (in)頑としてがんとして firmly, stubbornly; steadfastly動かないうごかない not move; not budgeのは自慢自慢じまん point of prideにならんのみか、かえってあばたの体面体面たいめん honor; dignity; prestigeに関するかんする weigh on; affectわけ situation; circumstanceだ。出来る出来できる can doこと act; actionなら今のうちいまのうち now (while the time is ripe)取り払ったらはらったら clear away; removeよさそうなものだ。あばた自身自身じしん themselvesだって心細い心細こころぼそい lonely; forlornに違いないちがいない no doubt ...。それとも党勢党勢とうせい party influence; strength of a faction不振不振ふしん slump; stagnationさい occasion; time of誓ってちかって on one's word; surely落日落日らくじつ setting sun; sinking sun中天中天ちゅうてん midair; zenith挽回せずんばやまず挽回ばんかいせずんばやまず must be restored; must be reinstatedと云うう sort of; type of意気込み意気込いきごみ ardor; enthusiasmで、あんなに横風に横風おうふうに arrogantly; haughtily一面一面いちめん (whole) surface占領して占領せんりょうして occupy; (capture and) possessいるのか知らん。そうするとこのあばたは決してけっして by (no) means軽蔑軽蔑けいべつ condescension; disdain feeling; thoughtをもって視るる view; regardべきものでない。滔々たる滔々とうとうたる swiftly flowing; in keeping with the times流俗流俗りゅうぞく popular movements; trends抗するこうする resist; oppose万古不磨の万古ばんこ不磨ふまの never-changingあな holes; voids集合体集合体しゅうごうたい assembly; aggregation; gathering (of)であって、大におおいに very much; greatly吾人吾人ごじん we; us尊敬尊敬そんけい esteem; respect; honor値するあたいする be worthy; be deserving (of)凸凹凸凹でこぼこ ups and downs; ins and outs; unevenness; bumpinessと云って宜しいよろしい good; fine; well。ただきたならしいのが欠点欠点けってん flaw; drawback; shortcomingである。

主人の小供小供こども child (usually 子供こども)のときに牛込牛込うしごめ Ushigome (place name; district in Tōkyō)山伏町山伏やまぶしちょう Yamabushi-chō (place name)浅田宗伯浅田あさだ宗伯そうはく Asada Sōhakuと云う漢法漢法かんぽう Chinese medicine名医名医めいい noted doctor; renowned physicianがあったが、この老人老人ろうじん old man病家病家びょうか homes of the sick見舞う見舞みまう visit; call on (to look after)ときには必ずかならず invariably; without failかごかご litter (travel box with carrying poles)乗ってって ride (in)そろりそろりとそろりそろりと smoothly; quietly参られたまいられた came and wentそうだ。ところが宗伯老宗伯そうはくろう old Sōhaku亡くなられてくなられて passed away; diedその養子養子ようし adopted successorだい substitute; replacementになったら、かごがたちまち人力車人力車じんりきしゃ rickshaw変じたへんじた changed (to)。だから養子が死んでんで pass away; dieそのまた養子が跡を続いだらあといだら take over (from someone)葛根湯葛根湯かっこんとう herbal tea (used as fever reducer and cold remedy)アンチピリンアンチピリン antipyrine (fever reducer and analgesic)化けるける take the form of; change intoかも知れない。かごに乗って東京市中東京とうきょう市中しちゅう throughout Tōkyō練りあるくりあるく walk about; walk aroundのは宗伯老の当時当時とうじ the time in questionですらあまり見っともいいっともいい seemly; respectableものでは無かったではかった was not ...。こんな真似真似まね behavior; conductをして澄していたすましていた sported an air of indifferenceものは旧弊な旧弊きゅうへいな old-fashioned; antiquated亡者亡者もうじゃ tyrants; zealotsと、汽車汽車きしゃ (steam) train積み込まれるまれる be loadedぶた pigと、宗伯老とのみであった。

主人主人しゅじん masterのあばたもその振わざるふるわざる not flourish; not prosperこと situation; state of affairs; caseにおいては宗伯老宗伯そうはくろう old Sōhakuかごかご litter (travel box with carrying poles)一般一般いっぱん the same (as); no different (from)で、はたから見るとはたからると as seen from outside; to the objective observer気の毒どく unfortunate; pitiableなくらいだが、漢法医漢法医かんぽうい doctor of Chinese medicineにも劣らざるおとらざる no less (than); as much (as)頑固な頑固がんこな stubborn; obstinate主人は依然として依然いぜんとして as always; as before孤城落日孤城こじょう落日らくじつ forlorn and helplessのあばたを天下天下てんか under heaven; in this world曝露しつつ曝露ばくろしつつ expose; show; reveal毎日毎日まいにち every day; each day登校して登校とうこうして go to school; appear at schoolリードルリードル (English) Readers教えておしえて teachいる。

かくのごとき前世紀前世紀ぜんせいき last century; the previous century紀念紀念きねん remembrance; token; tribute満面満面まんめん (one's) entire face刻してこくして carve; engrave教壇教壇きょうだん (teacher's) platform; podium立つつ stand (on); step up (to)かれ he; himは、その生徒生徒せいと students; pupilsに対してたいして with respect to; regarding授業授業じゅぎょう lessons; instruction以外に以外いがいに apart from; aside from大なるだいなる significant; noteworthy; weighty訓戒訓戒くんかい cautionary tale垂れつつあるれつつある give; confer; bestowに相違ない相違そういない no doubt ...。彼は「猿が手を持つさるつ The ape has hands (first sentence in English Reader text book)」を反覆する反覆はんぷくする repeat; drillよりも「あばたの顔面顔面がんめん face及ぼすおよぼす bring about; cause影響影響えいきょう impact; effectと云うう saying ...; being ...大問題大問題だいもんだい important topic; pivotal problem造作もなく造作ぞうさもなく with ease; effortlessly解釈して解釈かいしゃくして explain; elucidate不言不言ふげん absence of words; silenceかん interval; period (of time)にその答案答案とうあん answerを生徒に与えつつあるあたえつつある impart (on)。もし主人のような人間人間にんげん persons; men教師教師きょうし teacher; instructorとして存在しなくなった存在そんざいしなくなった ceased to exist暁にはあかつきには in the event that ...彼等彼等かれら they; them生徒はこの問題を研究する研究けんきゅうする study; researchために図書館図書館としょかん libraryもしくは博物館博物館はくぶつかん museum馳けつけてけつけて rush off (to)吾人吾人ごじん we; usミイラミイラ mummyによって埃及人埃及エジプトじん Egyptian (people)髣髴する髣髴ほうふつする discern; piece together; make out同程度同程度どうていど in similar measure; in the same manner労力労力ろうりょく effort; labor; toil費やさねばならぬついやさねばならぬ have to expend。このてん point; matter; respectから見ると主人の痘痕痘痕あばた pockmarks冥々の裡に冥々めいめいうちに without one's awareness; with no conscious effort妙なみょうな odd; curious功徳功徳くどく virtue; merit施こしてほどこして give; provideいる。

もっとも主人はこの功徳を施こすためにかお face一面一面いちめん one surface; whole surface疱瘡疱瘡ほうそう smallpox種え付けたけた plantedのではない。これでも実はじつは actually; in fact種え疱瘡疱瘡ぼうそう smallpox vaccinationをしたのである。不幸にして不幸ふこうにして unfortunately; regrettablyうで armに種えたと思ったおもった thought; believedのが、いつの間にかいつのにか before one knows it顔へ伝染して伝染でんせんして infected; spread (to)いたのである。その頃そのころ (at) that time小供小供こども child (usually 子供こども)の事でいま now; the presentのように色気色気いろけ vainglory; vanityもなにもなかったものだから、痒いかゆい itchy痒いと云いながら無暗に無暗むやみに excessively; immoderately顔中顔中かおじゅう all over one's face引き掻いたいた scratchedのだそうだ。ちょうど噴火山噴火山ふんかざん active volcano破裂して破裂はれつして explode; eruptラヴァラヴァ lavaが顔のうえ top; surface流れたながれた flowed; ranようなもので、おや parents生んでくれたんでくれた gave birth to顔を台なしにしてだいなしにして destroy; ruinしまった。主人は折々折々おりおり from time to time; on occasion細君細君さいくん the wife向ってむかって turn (to)疱瘡をせぬうちはたま gem; jewelのような男子男子だんし youth; young manであったと云っている。浅草浅草あさくさ Asakusa (place name)観音様観音様かんのんさま Buddhist deity of compassion (here referring to a Buddhist temple)西洋人西洋人せいようじん Westerner振り反って見たかえってた turned back for a second look; did a double takeくらい奇麗奇麗きれい beautiful; fairだったなどと自慢する自慢じまんする speak with pride; boast事さえある。なるほどそうかも知れないかもれない it may be that ...。ただ誰もだれも (no) one保証人保証人ほしょうにん corroborator; witnessのいないのが残念残念ざんねん unfortunate; regrettableである。

いくら功徳功徳くどく virtue; meritになっても訓戒訓戒くんかい cautionary taleになっても、きたないもの thingsはやっぱりきたないものだから、物心がついて物心ものごころがついて reach the age of discretion以来以来いらい since ...と云うものうもの being the case that ...主人主人しゅじん master大におおいに very much; greatlyあばたについて心配し出して心配しんぱいして begin to worry; come to fret over、あらゆる手段手段しゅだん means; measures尽してつくして use up; exhaustこの醜態醜態しゅうたい shameful sight揉み潰そうとしたつぶそうとした tried to rub out; worked to efface。ところが宗伯老宗伯そうはくろう old Sōhakuかごかご litter (travel box with carrying poles)と違ってちがって different from; unlike、いやになったからと云うてそう急にきゅうに quickly; suddenly打ちやられるちやられる be banished; be dispatchedものではない。今だにいまだに still; even now; to this day歴然と歴然れきぜんと clearly; unmistakably残ってのこって remain; be leftいる。この歴然が多少多少たしょう to some extent; to some degree気にかかるにかかる weigh on one's mind見えてえて seem; appear (to)、主人は往来往来おうらい street; roadをあるく度毎に度毎たびごとに each time; every timeあばた面あばたづら pockmarked face勘定して勘定かんじょうして count; calculateあるくそうだ。今日今日きょう this day; today何人何人なんにん how many peopleあばたに出逢って出逢であって met; saw; encountered、そのぬし ownerおとこ male; manおんな female; womanか、その場所場所ばしょ place小川町小川おがわまち Ogawa-machi (place name)勧工場勧工場かんこうば marketplace; shopping districtであるか、上野上野うえの Ueno (place name)公園公園こうえん parkであるか、ことごとくかれ he; him日記日記にっき diaryつけ込んであるつけんである have been noted; have been entered。彼はあばたに関するかんする with regard to; concerning智識智識ちしき knowledge; informationにおいては決してけっして by (no) means誰にもだれにも to (no) one譲るまいゆずるまい have no intention to concede確信して確信かくしんして be sure of; be resolute; be determinedいる。せんだってある洋行帰り洋行ようこうがえり returned from the West友人友人ゆうじん friend来たた came; visited; calledおり time; occasionなぞは、「きみ you (used here as form of address)西洋人西洋人せいようじん Westernersにはあばたがあるかな」と聞いたいた asked; enquiredくらいだ。するとその友人が「そうだな」と首を曲げながらくびげながら tilting one's head (as a sign of considering something)よほど考えたかんがえた considered; thought aboutあとで「まあ滅多にない滅多めったにない very seldom; rareね」と云ったら、主人は「滅多になくっても、少しすこし somewhat; to some degreeはあるかい」と念を入れてねんれて for good measure聞き返えしたえした asked in response; asked in following up。友人は気のないのない indifferent; uninterestedかお face; (facial) expressionで「あっても乞食乞食こじき beggar立ん坊たちぼう tramp; vagrant (i.e., someone standing around waiting for a job)だよ。教育教育きょういく educationのあるひと people; personsにはないようだ」と答えたらこたえたら answered; responded、主人は「そうかなあ、日本日本にほん Japanとは少し違うね」と云った。

哲学者哲学者てつがくしゃ the philosopher (referring here to a recent visitor)意見意見いけん opinion; viewによって落雲館落雲館らくうんかん Rakuunkan (name of a private middle school)との喧嘩喧嘩けんか quarrel; fight; confrontation思い留ったおもとまった gave up on; decided to desist from主人はその後その after that; thereafter書斎書斎しょさい study; den; reading room立て籠ってこもって shut oneself in; hole up inしきりに何かなにか something or other考えている。彼の忠告忠告ちゅうこく advice; admonishment容れてれて accept; listen to; take into account静坐静坐せいざ sitting calmly and quietlyの裡にうちに while ...霊活なる霊活れいかつなる is spiritually aware精神精神せいしん mind; soul; heart消極的に消極的しょうきょくてきに passively修養する修養しゅうようする train; cultivateつもりかも知れないかもれない it may be that ...が、元来元来がんらい by nature; fundamentally気の小さなちいさな faint of heart人間人間にんげん person; manの癖にくせに though ...; being ...、ああ陰気な陰気いんきな melancholy懐手懐手ふところで with one's hands in one's pockets; idlenessばかりしていては碌なろくな decent; worthy; satisfactory結果結果けっか result; outcome出ようよう materialize; appearはずがない。それより英書英書えいしょ English (language) booksでも質に入れてしちれて pawn芸者芸者げいしゃ geisha; female entertainerから喇叭節喇叭節らっぱぶし Rappabushi (name of a popular song)でも習ったならった practice; learnほう alternative (of two choices)遥かにはるかに far and away; by farましだとまでは気が付いたいた realizedが、あんな偏屈な偏屈へんくつな narrow-minded; stubborn男はとうていねこ catの忠告などを聴くく listen to気遣はない気遣きづかいはない there's little likelihood ...から、まあ勝手に勝手かってに as one likes; as one pleasesさせたらよかろうと五六日五六ごろくにち five or six days近寄りもせずに近寄ちかよりもせずに without approaching; steering clear of暮したくらした lived; got along; passed one's time

今日今日きょう this day; todayはあれからちょうど七日目七日目なぬかめ seventh dayである。禅家禅家ぜんけ Zen templeなどでは一七日一七日いちしちにち seven days; one week限ってかぎって restrict; limit (to)大悟して大悟たいごして realize enlightenment; attain great wisdom見せるせる show; demonstrateなどと凄じいすさまじい tremendous; intenseいきおい energy; impetus; vigor結跏する結跏けっかする (sit in) lotus position; padmasana連中連中れんじゅう company; lotもあること situation; caseだから、うちの主人主人しゅじん masterもどうかなったろう、死ぬぬ die; pass away生きるきる live; persist何とかなんとか somehow; in some manner片付いたろう片付かたづいたろう finished up; brought to conclusionと、のそのそ椽側椽側えんがわ verandaから書斎書斎しょさい study; den; reading room入口入口いりぐち entranceまで来てて come (to)室内室内しつない within the room; inside the room動静動静どうせい state; condition偵察偵察ていさつ scouting; reconnaissance及んだおよんだ performed; carried out

書斎は南向き南向みなみむき south-facing六畳六畳ろくじょう six-mat (about 10 sq meters; about 105 sq ft) roomで、日当りのいい日当ひあたりのいい sunny; well-litところ place大きなおおきな big; largeつくえ desk据えてあるえてある has been placed。ただ大きな机ではわかるまい。長さながさ length六尺六尺ろくしゃく 6 shaku (about 2 meters; about 6 ft)はば width三尺八寸三尺さんじゃく八寸はっすん 3 shaku and 8 sun (about 1.2 meters; about 3.8 ft)高さたかさ heightこれにかなうと云うう being ...大きな机である。無論無論むろん of course; needless to say出来合出来合できあい ready-made; standard productionのものではない。近所近所きんじょ neighborhood; nearby建具屋建具屋たてぐや carpenter; cabinetmaker談判して談判だんぱんして discuss; consult (with)寝台寝台しんだい bedけん and/or; at the same time机として製造せしめたる製造せいぞうせしめたる order up稀代稀代きたい unique; one-of-a-kind品物品物しなもの article; object; thingである。何のゆえ reason; cause; circumstancesにこんな大きな机を新調して新調しんちょうして have (newly) built、また何の故にそのうえ top; surface寝て見ようよう try sleeping; want to sleepなどという了見了見りょうけん idea; thought; notion起したおこした brought about; stirred upものか、本人本人ほんにん the person in question; the person himself聞いて見ないいてない not hear事だから頓ととんと completely; entirelyわからない。ほんの一時一時いちじ one time出来心出来心できごころ sudden impulse; passing fancyで、かかる難物難物なんぶつ difficult problem担ぎ込んだかつんだ carried intoかも知れずかもれず it may be that ...、あるいはことによると一種の一種いっしゅの a certain kind of精神病者精神せいしん病者びょうしゃ mental unsound individual; lunaticにおいて吾人吾人ごじん we; usがしばしば見出す見出みいだす notice; take note ofごとく、縁もゆかりもないえんもゆかりもない having no relation whatsoever二個二個にこ two (things)観念観念かんねん ideas; notions; concepts連想して連想れんそうして associate with each other、机と寝台を勝手に勝手かってに arbitrarily結び付けたむすけた tied togetherものかも知れない。とにかく奇抜な奇抜きばつな original; novel; fantastic考えかんがえ idea; thoughtである。ただ奇抜だけで役に立たないやくたない be of no use; serve no purposeのが欠点欠点けってん fault; flaw; shortcomingである。吾輩吾輩わがはい I; me; myselfはかつて主人がこの机の上へ昼寝昼寝ひるね nap; restをして寝返り寝返ねがえり turning in one's sleepをする拍子に拍子ひょうしに on the occasion of椽側へ転げ落ちたころちた rolled off; tumbled downのを見た事がある。それ以来それ以来いらい since thenこの机は決してけっして by (no) means寝台に転用されない転用てんようされない not be put to use (as)ようである。

机のまえ before; in front ofには薄っぺらなうすっぺらな thin; flimsy; cheapメリンスメリンス merinos (light woolen fabric)座布団座布団ざぶとん seating cushionがあって、煙草煙草たばこ tobacco; cigarette fire; flame焼けたけた burnedあな hole三つみっつ three (things)ほどかたまってる。なか inside; withinから見える綿綿わた (cotton) batting薄黒い薄黒うすぐろい dark; dingy。この座布団の上に後ろ向きうしき with back turnedにかしこまっているのが主人である。鼠色鼠色ねずみいろ dark grayによごれた兵児帯兵児帯へこおび waist band; sashこま結びこまむすび double knotにむすんだ左右左右さゆう left and rightだらりとだらりと looselyあし feetうら undersurfaces; bottoms垂れかかってれかかって hang down (to)いる。この帯へじゃれ付いてじゃれいて grab (onto); cling (to)、いきなりあたま head張られたられた was slapped; was swattedのはこないだの事である。滅多に滅多めったに more than necessary寄り付くく draw near to; approachべき帯ではない。

まだ考えてかんがえて consider; thinkいるのか下手の考下手へたかんがえ poor thinking (i.e. poor thinking is no better than slumber; 下手へたかんがやすむにたり)と云うう saying ...; stating ...たとえ proverb; maximもあるのにと後ろうしろ backside; behindから覗き込んで見るのぞんでる look in on; take a peekと、つくえ deskうえ top; surfaceでいやにぴかぴかと光ったひかった shone; sparkled; glitteredものがある。吾輩吾輩わがはい I; me; myself思わずおもわず instinctively; reflexively続け様につづさまに in succession二三度二三度にさんど two or three times; several timesまばたき blinkをしたが、こいつはへん odd; strangeだとまぶしいのを我慢して我慢がまんして endure; tolerateじっと光るものを見つめてやった。するとこの光りひかり lightは机の上で動いてうごいて moveいるかがみ mirrorから出るる issue; originate; come (from)ものだと云うこと situation; case分ったわかった understood; realized。しかし主人主人しゅじん master何のためになんのために for what reason; to what end書斎書斎しょさい study; den; reading roomで鏡などを振り舞わしてわして wave about; wieldいるのであろう。鏡と云えば風呂場風呂場ふろば bathing room; washroomにあるに極まっているまっている it's a given that ...現にげんに actually; in fact吾輩は今朝今朝けさ this morning風呂場でこの鏡を見たのだ。この鏡ととくに云うのは主人のうちにはこれよりほかに鏡はないからである。主人が毎朝毎朝まいあさ each morning; every morningかお face洗ったあとであらったあとで after washingかみ hair分けるける part (one's hair)ときにもこの鏡を用いるもちいる use; make use of。――主人のようなおとこ man; fellowが髪を分けるのかと聞くく ask; enquireひと people; folk; personsもあるかも知れぬかもれぬ it may be that ...が、実際実際じっさい in actually; in factかれ he; him他のほかの other事に無精なる無精ぶしょうなる (is) indolent; lazyだけそれだけあたま head; hair叮嚀にする叮嚀ていねいにする treat with care。吾輩が当家当家とうけ this house; this family参ってまいって came (to); arrived (at)からいま now; the presentに至るまでいたるまで up until主人はいかなる炎熱炎熱えんねつ sweltering heat dayといえども五分刈五分刈ごぶがり close-cropped hair (五分ごぶ = 15 mm or 0.6 in)刈り込んだんだ cut; clipped事はない。必ずかならず invariably; without fail二寸二寸にすん 2 sun (about 6 cm; about 2.5 in)くらいの長さながさ lengthにして、それを御大そうに御大ごたいそうに in grand fashion; extravagantlyひだり left (side)ほう direction; sideで分けるのみか、みぎ right (side)はじ ends; tipsをちょっと跳ね返してかえして kick up澄してすまして look prim; put on airsいる。これも精神病精神病せいしんびょう mental illness; psychosis徴候徴候ちょうこう sign; indicationかも知れない。こんな気取った気取きどった affected; pompous; pretentious分け方かた manner of partingはこの机と一向一向いっこう (not) at all; (not) in the least調和しない調和ちょうわしない not match; be discordant with; be incongruousと思うが、あえて他人他人たにん other people; othersがい harm; detriment及ぼすおよぼす bring about; impose onほどの事でないから、誰もだれも (no) one何とも云わない。本人本人ほんにん the person in question; the person himself得意である得意とくいである takes pride; finds satisfaction。分け方のハイカラハイカラ stylish; smart; fashionableなのはさておいて、なぜあんなに髪を長くするのかと思ったら実はじつは actually; in factこう云うわけ situation; circumstanceである。彼のあばたは単にたんに simply; merely彼のかお face侵蝕せる侵蝕しんしょくせる encroach upon; take overのみならず、とくの昔しにとくのむかしに long ago; going far back脳天脳天のうてん top of the head; crown of the headまで食い込んでんで advance into; penetrateいるのだそうだ。だからもし普通の普通ふつうの ordinary; common; usual; average人のように五分刈や三分刈三分刈さんぶがり close-cropped hair (三分さんぶ = 9 mm or 0.4 in)にすると、短かいみじかい short hair根本根本ねもと base; rootsから何十となく何十なんじゅうとなく some tens of ...あばたがあらわれてくる。いくら撫でてでて pat; rub; smooth downも、さすってさすって stroke; massageもぽつぽつがとれない。枯野枯野かれの cut fieldほたる fireflies放ったはなった let go; releasedようなもので風流風流ふうりゅう elegant touch; refinementかも知れないが、細君細君さいくん the wife御意に入らん御意ぎょいらん not find favor; disapproveのは勿論の事勿論もちろんこと is a given; goes without sayingである。髪さえ長くしておけば露見しない露見ろけんしない not be exposedですむところを、好んでこのんで deliberately; intentionally自己の自己じこの one's own fault; flaw曝くあばく disclose; divulgeにも当らぬにもあたらぬ it won't be the case that ...訳だ。なろう事なら顔まで毛を生やしてやして grow、こっちのあばたも内済にしたい内済ないさいにしたい would like to settle privatelyくらいなところだから、ただで生える毛をぜに money出してして put forth; shell out刈り込ませて、わたくし I; me頭蓋骨頭蓋骨ずがいこつ skull; craniumの上まで天然痘天然痘てんねんとう smallpoxにやられましたよと吹聴する吹聴ふいちょうする talk up; proclaim; advertise必要必要ひつよう necessity; needはあるまい。――これが主人の髪を長くする理由理由りゆう reasonで、髪を長くするのが、彼の髪をわける原因原因げんいん causeで、その原因が鏡を見る訳で、その鏡が風呂場にある所以所以ゆえん reason; groundsで、しこうしてその鏡が一つひとつ one (thing)しかないと云う事実事実じじつ reality; actualityである。

風呂場風呂場ふろば bathing room; washroomにあるべきかがみ mirrorが、しかも一つひとつ one (thing)しかない鏡が書斎書斎しょさい study; den; reading room来ているている has come (to); is arrived (at)以上は以上いじょうは given that ...鏡が離魂病離魂病りこんびょう somnambulism; sleepwalking罹ったかかった suffered (from); was afflicted (with)のかまたは主人主人しゅじん masterが風呂場から持って来たってた brought; carriedに相違ない相違そういない without doubt ...。持って来たとすれば何のためになんのために for what reason; to what end持って来たのだろう。あるいは例のれいの the aforementioned消極的消極的しょうきょくてき passivity; submissiveness修養修養しゅうよう (mental) training; self-discipline; cultivation必要な必要ひつような essential; needed道具道具どうぐ tool; implementかも知れないかもれない it may be that ...昔しむかし long ago; in former times或る学者学者がくしゃ a certain scholarが何とかいう智識智識ちしき Chishiki (name; often given to Buddhist spiritual guide)訪うたらうたら visited; called on和尚和尚おしょう esteemed (Buddhist) priest両肌を抜いで両肌りょうはだいで with bare arms and chest; stripped to the waistかわら roofing tile磨しておられたしておられた was polishing。何をこしらえなさると質問質問しつもん question; queryをしたら、なにさいま now; at present鏡を造ろうつくろう make; produce思うておもうて think (to do)一生懸命に一生懸命いっしょうけんめいに with utmost intensity; for all one's beingやっておるところじゃと答えたこたえた answered; replied。そこで学者は驚ろいておどろいて be surprised; be caught off guard; be taken aback、なんぼ名僧名僧めいそう noted priest; celebrated priestでも甎を磨して鏡とする事は出来まいこと出来できまい can't possibly ...云うたらうたら said; remarked、和尚からからと笑いながらわらいながら with a grin; with a laughそうか、それじゃやめよ、いくら書物書物しょもつ books読んでんで readみち (the) way; pathはわからぬのもそんなものじゃろと罵ったののしった scolded; rebukedと云うから、主人もそんな事を聞き噛ってかじって caught word of風呂場から鏡でも持って来て、したり顔にしたりがおに with a self-satisfied look振り廻してまわして wave around; wieldいるのかも知れない。大分大分だいぶ very much; a great deal物騒物騒ぶっそう too far; over the edgeになって来たなと、そっと窺ってうかがって watch; examine; scrutinizeいる。

かくとも知らぬ主人ははなはだ熱心なる熱心ねっしんなる is ardent; is fervent; is eager容子容子ようす appearance; lookをもって一張来の一張来いっちょうらいの one's best and only (usually in reference to an article of clothing)鏡を見つめてつめて watch intently; fix one's eyes onいる。元来元来がんらい by nature; fundamentally鏡というものは気味の悪い気味きみわるい creepy; eerieものである。深夜深夜しんや late at night蝋燭蝋燭ろうそく candle立てててて set up; stand up広いひろい wide; spacious部屋部屋へや roomのなかで一人一人ひとり alone; by oneself鏡を覗き込むのぞむ look into; peer intoにはよほどの勇気勇気ゆうき courage; nerveがいるそうだ。吾輩吾輩わがはい I; me; myselfなどは始めてはじめて for the first time当家当家とうけ this house; this family令嬢令嬢れいじょう daughter; young ladyから鏡をかお faceまえ before; in front of押し付けられたけられた had thrust (upon)とき time; occasionに、はっと仰天して仰天ぎょうてんして be shocked; be horrified屋敷屋敷やしき residence; grounds; premisesのまわりを三度三度さんど three times馳け回ったまわった ran around; raced aroundくらいである。いかに白昼白昼はくちゅう daytime; midday; broad daylightといえども、主人のようにかく一生懸命に見つめている以上は自分自分じぶん oneselfで自分の顔が怖くなるこわくなる become frightful; induce fearに相違ない。ただ見てさえあまり気味のいい顔じゃない。ややあって主人は「なるほどきたない顔だ」と独り言ひとごと words spoken to oneselfを云った。自己の自己じこの one's ownしゅう ugliness自白する自白じはくする recognize; acknowledgeのはなかなか見上げた見上みあげた admirable; respectableものだ。様子様子ようす appearance; lookから云うとたしかに気違気違きちがい madness; lunacy所作所作しょさ conduct; behavior; actionsだが言うう say; stateことは真理真理しんり truthである。これがもう一歩一歩いっぽ one step進むすすむ advance; progressと、己れのおのれの one's own醜悪醜悪しゅうあく ugliness; unsightlinessな事が怖くなる。人間人間にんげん human beings; people; men吾身吾身わがみ I; me怖ろしいおそろしい terrible; dreadful; frightening悪党悪党あくとう scoundrel; rascal; villainであると云う事実事実じじつ reality; fact徹骨徹髄に徹骨徹髄てっこつてつずいに to the core感じたかんじた felt; sensed; registeredもの person; individualでないと苦労人苦労人くろうにん worldly-wise man; man of the worldとは云えない。苦労人でないととうてい解脱解脱げだつ liberation from earthly desires; deliverance of one's soul (Buddhism)は出来ない。主人もここまで来たらついでに「おお怖い」とでも云いそうなものであるがなかなか云わない。「なるほどきたない顔だ」と云ったあとで、なに what考え出したかんがした thought up; brought to mindか、ぷうっと頬っぺたっぺた cheeks膨らましたふくらました inflated; puffed up。そうしてふくれた頬っぺたを平手平手ひらて palms; flats of the hand二三度二三度にさんど two of three times; several times叩いてたたいて tap; pat; slap見る。何のまじないまじない ritual; riteだか分らないわからない don't know; can't say。この時吾輩は何だかこの顔に似たた resembling; like; similarものがあるらしいと云う感じがした。よくよく考えて見るとそれは御三御三おさん Osan (the maidservant)の顔である。ついでだから御三の顔をちょっと紹介する紹介しょうかいする introduce; talk aboutが、それはそれはそれはそれは very much; extremelyふくれたものである。この間このあいだ the other dayさる人さるひと a certain person穴守稲荷穴守あなもり稲荷いなり Anamori Inari (Shrine)から河豚河豚ふぐ puffer fish; blow fish; fugu提灯提灯ちょうちん paper lanternをみやげに持って来てくれたが、ちょうどあの河豚提灯のようにふくれている。あまりふくれ方ふくれかた manner of inflation; state of puffiness残酷残酷ざんこく merciless; unrelentingなので eyes両方共両方りょうほうとも both紛失して紛失ふんしつして be lost; be missingいる。もっとも河豚のふくれるのは万遍なく万遍まんべんなく thoroughly; uniformly真丸真丸まんまる fully round; perfectly roundにふくれるのだが、お三とくると、元来の骨格骨格こっかく frame; physique多角性多角性たかくせい multi-planarであって、その骨格通りにどおりに in accordance withふくれ上がるふくれがる puff up; inflateのだから、まるで水気水気すいき dropsy; edema (an excess of watery fluid collecting in bodily tissue)になやんでいる六角時計六角ろっかく時計どけい hexagonal clock; six-sided clockのようなものだ。御三が聞いたらさぞ怒るおこる grow angry; get crossだろうから、御三はこのくらいにしてまた主人のほう alternative (of two choices)帰るかえる return (to)が、かくのごとくあらん限りあらんかぎり as much as possible空気空気くうき airをもって頬っぺたをふくらませたるかれ he; him前申す通りぜんもうとおり as stated previously手のひらのひら palms; flats of the hand頬ぺたほっぺた cheeksを叩きながら「このくらい皮膚皮膚ひふ skin緊張する緊張きんちょうする be under tension; be tautあばたあばた pockmarks眼につかんにつかん go unnoticed」とまた独り語ひとごと words spoken to oneselfをいった。

こんどはかお face横によこに to the side; sideways向けてけて turn (toward)半面半面はんめん face in profile光線光線こうせん (rays of) light受けたけた received; caughtところ sceneかがみ mirrorうつして見るうつしてる reflect and see; try reflecting。「こうして見ると大変大変たいへん very much; a great deal目立つ目立めだつ stand out; be prominent。やっぱりまともに sun; sunlightの向いてるほう alternative (of two choices)たいら flat; even; smoothに見える。奇体な奇体きたいな odd; curiousもの thingだなあ」と大分大分だいぶ very much; a great deal感心した感心かんしんした was impressed; was taken with様子様子ようす appearance; lookであった。それからみぎ right (side) handをうんと伸してのばして extend出来る出来できる can do; can accomplishだけ鏡を遠距離遠距離えんきょり far distance持って行ってってって take; move; carry (to)静かにしずかに quietly熟視して熟視じゅくしして concentrate on; scrutinizeいる。「このくらい離れるはなれる be separated; be distantとそんなでもない。やはり近過ぎる近過ちかすぎる too close; too nearといかん。――顔ばかりじゃない何でもなんでも anything; everythingそんなものだ」と悟ったさとった became aware of; realizedようなことを云うう say; stateつぎ nextに鏡を急にきゅうに suddenly; abruptly横にした。そうしてはな nose root; base中心中心ちゅうしん middle; centerにして eyesひたい forehead; browまゆ eyebrows一度に一度いちどに at onceこの中心に向ってむかって send towardくしゃくしゃとくしゃくしゃと crumpled; wrinkledあつめた。見るからにるからに at a glance不愉快な不愉快ふゆかいな unpleasant; displeasing容貌容貌ようぼう looks; appearance; features出来上がった出来上できあがった was finished; was formed思ったらおもったら thought; decided「いやこれは駄目駄目だめ no good; hopeless; in vainだ」と当人当人とうにん the person in question; he himself気がついたがついた realizedと見えて早々早々そうそう quickly; immediatelyやめてしまった。「なぜこんなに毒々しい毒々どくどくしい odious; loathsome顔だろう」と少々少々しょうしょう somewhat; to some degree不審不審ふしん doubt; distrustてい appearance; airで鏡を眼を去るる be distant from三寸三寸さんずん 3 sun (about 10 cm; about 4 inches)ばかりの所へ引き寄せるせる draw near; bring closer。右の人指しゆび人指ひとさしゆび pointer finger; index finger小鼻小鼻こばな wings of the nose撫でてでて rub、撫でた指の頭ゆびあたま fingertipつくえ deskうえ top; surfaceにあった吸取り紙吸取すいとがみ blotting paperの上へ、うんと押しつけるしつける press against。吸い取られた鼻のあぶら oil丸るくるく in circular formかみ paperの上へ浮き出したした surfaced; appeared。いろいろなげい arts; craftsをやるものだ。それから主人主人しゅじん masterは鼻の膏を塗抹した塗抹とまつした smeared; daubed指頭指頭しとう fingertip転じててんじて turn; repositionぐいと右眼右眼うがん right eye下瞼下瞼したまぶた lower eyelid裏返して裏返うらがえして turn over; reverse俗に云うぞくう to use the common termべっかんこうべっかんこう making a face by pulling down one's eyelid (= べかこう)見事に見事みごとに in splendid formやって退けたやって退けた pulled off; managed。あばたを研究して研究けんきゅうして study; investigateいるのか、鏡と睨め競にらくら staring contest; staredownをしているのかその辺そのへん on that matterは少々不明不明ふめい unclear; uncertainである。気の多いおおい fickle; flighty主人の事こと about; concerningだから見ているうちにいろいろになると見える。それどころではない。もし善意善意ぜんい favorable senseをもって蒟蒻問答蒟蒻こんにゃく問答もんどう meandering dialogue的にてきに in the manner of解釈して解釈かいしゃくして interpretやれば主人は見性自覚見性けんしょう自覚じかく self consciousness and self awareness方便方便ほうべん expedient; meansとしてかように鏡を相手相手あいて other partyにいろいろな仕草仕草しぐさ gestures; behaviors; mannerisms演じてえんじて act out; performいるのかも知れないかもれない it may be that ...。すべて人間人間にんげん human beings; menの研究と云うものは自己自己じこ oneselfを研究するのである。天地天地てんち heaven and earthと云い山川山川さんせん mountains and riversと云い日月日月じつげつ the sun and the moonと云い星辰星辰せいしん celestial bodies; starsと云うもみな all; everything自己の異名異名いみょう alternate name; aliasに過ぎぬぎぬ is nothing more than ...。自己を措いていて set aside; exclude他にに other than; apart from研究すべき事項事項じこう items; topics誰人にも誰人たれびとにも (no) one見出し得ぬ見出みいだぬ cannot find; will not discoverわけ situation; caseだ。もし人間が自己以外以外いがい separate from; apart from飛び出すす jump over; rush out (to)事が出来たらこと出来できたら was able to ...、飛び出す途端途端とたん as soon as; at the moment ofに自己はなくなってしまう。しかも自己の研究は自己以外に誰もだれも (no) oneしてくれるもの personはない。いくら仕てやりたくててやりたくて want to do (on behalf of another)も、貰いたくてもらいたくて want to have doneも、出来ない相談相談そうだん ask; request; conversationである。それだから古来古来こらい of old; in times past豪傑豪傑ごうけつ heros; great menはみんな自力自力じりき one's own effortsで豪傑になった。ひと a person; anotherお蔭でかげで due to; owing to自己が分るわかる be understoodくらいなら、自分自分じぶん oneself代理代理だいり agent; proxy; stand-in牛肉牛肉ぎゅうにく beef喰わしてわして have eat堅いかたい tough柔かいやわらかい tender判断判断はんだん judgment; determination; conclusionの出来る訳だ。あした morningsほう (Buddhist) sermons聴きき listen to; hearゆうべ eveningsみち (Buddhist) teachingsを聴き、梧前灯下に梧前ごぜん灯下とうかに before a table and under a lamp (i.e. in a reading room)書巻書巻しょかん books; writingsを手にするのは皆この自証自証じしょう self-discovery挑撥する挑撥ちょうはつする provoke; arouse; stimulateの方便の tools; implements; utensilsに過ぎぬ。人の説くく advocate; preach法のうち、 other (persons); others弁ずるべんずる deliver; talk on道のうち、乃至は乃至ないしは and; or五車五車ごしゃ five cart(loads)にあまる蠧紙堆裏蠧紙とし堆裏たいり piles of moth-eaten booksに自己が存在する存在そんざいする exist所以所以ゆえん reason; groundsがない。あれば自己の幽霊幽霊ゆうれい ghost; spirit; specterである。もっともある場合場合ばあい case; instanceにおいて幽霊は無霊無霊むれい lack of spirit; soullessより優るまさる be superior to; be better thanかも知れない。かげ shadow; trace追えばえば follow; chase本体本体ほんたい substance; real form逢着する逢着ほうちゃくする encounter; come face-to-face withとき time; occasionないとも限らぬないともかぎらぬ can't be ruled out; may well come about多くのおおくの many; most影は大抵大抵たいてい generally; for the most part本体を離れぬものだ。この意味意味いみ meaning; senseで主人が鏡をひねくっているなら大分話せるはなせる understanding; sensibleおとこ man; fellowだ。エピクテタスエピクテタス Epictetus (Greek Stoic philosopher; c. 50–135 AD)などを鵜呑にして鵜呑うのみにして swallow hook, line, and sinker; accept without questioning学者ぶる学者がくしゃぶる assume the airs of a scholarよりも遥かにはるかに far and away; by farましだと思う。

かがみ mirror己惚己惚うぬぼれ conceit; hubris醸造器醸造器じょうぞうき fermentation tank; incubatorであるごとく、同時に同時どうじに at the same time自慢自慢じまん pride消毒器消毒器しょうどくき disinfection apparatus; purging deviceである。もし浮華虚栄浮華ふか虚栄きょえい superficial vanityねん ideas; notionsをもってこれに対するたいする face; confrontとき time; occasionはこれほど愚物愚物ぐぶつ foolishness; folly煽動する煽動せんどうする arouse; stir up; incite道具道具どうぐ tool; implementはない。むかし long ago; in days pastから増上慢増上慢ぞうじょうまん conceit fueled by hubrisをもっておのれ oneself害しがいし damage; harm other (persons); others戕うたそこのうた wounded; injured事蹟事蹟じせき vestige; legacy; marks三分の二三分さんぶん two thirdsはたしかに鏡の所作所作しょさ conduct; behavior; actionsである。仏国革命仏国ふつこく革命かくめい the French Revolution当時当時とうじ time of物好きな物好ものずきな curious; fanciful; inventive御医者御医者おいしゃ doctor; physicianさんが改良改良かいりょう new and improved首きりくびきり head-cutting; decapitation器械器械きかい machine; instrument; apparatus発明して発明はつめいして invent飛んだんだ terrible; awful; unthinkableつみ moral fault; wrongdoingをつくったように、始めてはじめて for the first time鏡をこしらえたひと person定めしさだめし surely; certainly寝覚のわるい寝覚ねざめのわるい have an uneasy conscienceこと situation; circumstanceだろう。しかし自分自分じぶん oneself愛想愛想あいそ fondness; affection; liking尽きかけたきかけた began to run low on時、自我自我じが self; ego萎縮した萎縮いしゅくした withered; atrophiedおり time; occasionは鏡を見るる look at; look intoほどくすり medicine; salveになる事はない。妍醜瞭然妍醜けんしゅう瞭然りょうぜん beauty and ugliness brought to lightだ。こんなかお faceでよくまあ人で候とそうろうと totteringly; falteringly反りかえってりかえって throw out one's chest; hold one's head high今日今日こんにち this day; the presentまで暮らされたらされた lived one's lifeものだと気がつくがつく realize; become awareにきまっている。そこへ気がついた時が人間人間にんげん a human being; a man生涯中生涯中しょうがいちゅう during one's lifetimeもっともありがたいありがたい thankful; welcome期節期節きせつ time; periodである。自分で自分の馬鹿馬鹿ばか idiocy; absurdity承知して承知しょうちして acknowledge; acceptいるほど尊とくたっとく noble; exalted見える事はない。この自覚性自覚性じかくせい self-aware; self-acknowledged馬鹿のまえ before; in front ofにはあらゆるえらがり屋えらがり conceited individualがことごとく頭を下げてあたまげて bow one's head (in deference to); yield (to)恐れ入らねばならぬおそらねばならぬ have to be humbled; have to be chastened当人当人とうにん the person in question昂然として昂然こうぜんとして triumphantly; proudlyわれ I; me軽侮嘲笑して軽侮けいぶ嘲笑ちょうしょうして regard with contempt and ridiculeいるつもりでも、こちらから見るとその昂然たるところが恐れ入って頭を下げている事になる。主人主人しゅじん masterは鏡を見て己れおのれ oneself foolishness; folly悟るさとる perceive; sense; discernほどの賢者賢者けんじゃ wise man; sageではあるまい。しかし吾が顔かお my face; one's own face印せられるしるせられる be imprinted痘痕痘痕とうこん pockmarksめい signature; markくらいは公平に公平こうへいに objectively; impartially読み得るる can read; can assessおとこ man; fellowである。顔の醜いみにくい is ugly; is unattractiveのを自認する自認じにんする acknowledge; recognizeのは心の賤しきこころいやしき vulgarity of one's soul; spiritual baseness会得する会得えとくする understand; grasp楷梯楷梯かいてい stepにもなろう。たのもしいたのもしい hopeful; promising男だ。これも哲学者哲学者てつがくしゃ the philosopher (referring here to a recent visitor)からやり込められたやりめられた was brought round; was won over結果結果けっか result; consequenceかも知れぬかもれぬ it may be that ...

かように考えながらかんがえながら consider; contemplateなお様子様子ようす situation; state of affairsをうかがっていると、それとも知らぬらぬ not know; not be aware主人主人しゅじん master思う存分おも存分ぞんぶん to one's heart's content; as much as one likes; without restraintあかんべえあかんべえ pulling down one's eyelid and sticking out one's tongueをしたあとで「大分大分だいぶ very much; a great deal充血して充血じゅうけつして be bloodshotいるようだ。やっぱり慢性慢性まんせい chronic結膜炎結膜炎けつまくえん conjunctivitis; pink eyeだ」と言いながらいながら saying; stating人さし指ひとさしゆび index fingers横つらよこつら sides (of)でぐいぐい充血したまぶた eyelidsこすり始めたこすりはじめた started rubbing大方大方おおかた probably; most likely痒いかゆい itchyのだろうけれども、たださえあんなに赤くなっているあかくなっている is redものを、こう擦ってこすって rub; scrapeはたまるまい。遠からぬうちにとおからぬうちに before long塩鯛塩鯛しおだい salted sea bream眼玉眼玉めだま eyeballs; eyesのごとく腐爛する腐爛ふらんする decay; decomposeにきまってる。やがて eyes開いてひらいて openかがみ mirror向ったむかった turned toward; facedところを見るる look at; look toと、果せるかなはたせるかな as expectedどんよりとしてどんよりとして be dim; be dull北国北国きたぐに northern climes冬空冬空ふゆぞら winter skyのように曇っていたくもっていた was cloudy; was obscured。もっとも平常平常ふだん normally; ordinarilyからあまり晴れ晴れしいれしい clear; bright眼ではない。誇大な誇大こだいな exaggerated; overly colorful形容詞形容詞けいようし adjective; descriptor用いるもちいる use; apply混沌として混沌こんとんとして disordered; disarrayed黒眼黒眼くろめ pupils and (dark) irises of the eyes白眼白眼しろめ whites of the eyes剖判しない剖判ほうはんしない be indistinguishableくらい漠然として漠然ばくぜんとして be vague; be indistinctいる。かれ he; him精神精神せいしん mind; soul; heart朦朧として朦朧もうろうとして fuzzy; cloudy; obscure不得要領不得ふとく要領ようりょう vagueness; ambiguityてい bottom of; depths of一貫している一貫いっかんしている is consistently ...ごとく、彼の眼も曖々然昧々然として曖々然あいあいぜん昧々然まいまいぜんとして thoroughly indeterminate; utterly clouded長えにとこしえに permanently; perpetually眼窩眼窩がんか eye socketsおく interior; depths漂うてただようて drift; floatいる。これは胎毒胎毒たいどく congenital eczemaのためだとも云うう say; state; declareし、あるいは疱瘡疱瘡ほうそう smallpox余波余波よは after-effectだとも解釈されて解釈かいしゃくされて be seen; be understood (as)小さいちいさい small時分時分じぶん time; periodはだいぶやなぎ willow treeむし insects赤蛙赤蛙あかがえる brown frog厄介厄介やっかい care of; dependence onになったこと situation; caseもあるそうだが、せっかく母親母親ははおや mother丹精丹精たんせい diligence; effort; painsも、あるにその甲斐あらばこそあるにその甲斐かいあらばこそ with hoped-for results今日今日きょう this day; todayまで生れたうまれた was born当時当時とうじ that time; the time in questionのままでぼんやりしている。吾輩吾輩わがはい I; me; myselfひそかに思うにこの状態状態じょうたい situation; state決してけっして by (no) means胎毒や疱瘡のためではない。彼の眼玉がかように晦渋溷濁晦渋かいじゅう溷濁こんだく muddied obscurity悲境悲境ひきょう sad circumstances彷徨して彷徨ほうこうして wander; roamいるのは、とりも直さずとりもなおさず namely; in other words彼の頭脳頭脳ずのう head; brains; intellect不透不明不透ふとう不明ふめい opaque; murky実質実質じっしつ substance; essenceから構成されて構成こうせいされて be composed of; be formed fromいて、その作用作用さよう working; effect暗憺溟濛暗憺あんたん溟濛めいもう dim obscurity; cloudy obfuscationきょく extreme; height (of)達してたっして reach; arrive atいるから、自然と自然しぜんと naturally; as a matter of courseこれが形体形体けいたい form; figure; appearanceうえ surfaceにあらわれて、知らぬ母親にいらぬ心配心配しんぱい worries; concerns掛けたけた caused; burdened withんだろう。煙たってけむたって emit smoke; smoke fire; flameあるを知り、まなこ濁ってにごって be muddy; be cloudy愚なるなる is foolish; is folly証すしょうす prove; substantiate。して見ると彼の眼は彼のこころ mind; heart; spirit象徴象徴しょうちょう indication; representationで、彼の心は天保銭天保銭てんぽうせん Tenpō sen (1-sen coin of the Tenpō era)のごとくあな holeがあいているから、彼の眼もまた天保銭と同じくおなじく in the same vein as大きな割合におおきな割合わりあいに for something so large通用しない通用つうようしない be of no use; serve no purposeに違ないちがいない no doubt ...

今度今度こんど this time; nextひげ whiskers; moustacheねじり始めたねじりはじめた began to twist元来元来がんらい by nature; fundamentallyから行儀のよくない行儀ぎょうぎのよくない ill-behaved; unruly髯でみんな思い思いおもおもい as one likes; each to his own姿勢姿勢しせい manner; fashionをとって生えてえて growいる。いくら個人主義個人こじん主義しゅぎ individualism流行る流行はやる come into fashion; be in vogue世の中なか world; societyだって、こう町々に町々まちまちに diverse; divergent我儘我儘わがまま self-indulgent; willful尽くされてくされて take to extremes持主持主もちぬし owner; proprietor迷惑迷惑めいわく bother; annoyance; inconvenienceさこそとさこそと surely; no doubt思いやられるおもいやられる be a worry; be of concern主人主人しゅじん masterもここに鑑みるかんがみる bear in mind; take heed ofところあって近頃近頃ちかごろ recently; of late大におおいに very much; greatly訓練訓練くんれん training; practice; discipline与えてあたえて give to; impart to出来る限り出来できかぎり as much as possible系統的に系統的けいとうてきに systematically按排する按排あんばいする arrange; adjustように尽力して尽力じんりょくして make effortsいる。その熱心熱心ねっしん zeal; passion功果功果こうか effect; result空しからずしてむなしからずして not ineffective; not in vain昨今昨今さっこん recently; of lateようやく歩調歩調ほちょう pace; cadence少しすこし a bit; somewhatととのうととのう come together; take on orderようになって来たようになってた has come to ...いま now; the presentまでは髯が生えておったのであるが、この頃このごろ recently; latelyは髯を生やしているのだと自慢する自慢じまんする boast; crow; swaggerくらいになった。熱心は成効成効せいこう success; results degree; extentに応じておうじて in accordance with鼓舞せられる鼓舞こぶせられる be roused; be stirredものであるから、吾がが my; one's own髯の前途有望なり前途ぜんと有望ゆうぼうなり having a bright future見てとっててとって view; regard (as)主人は朝な夕なあさゆうな morning and evening handsがすいておれば必ずかならず invariably; without fail髯に向ってむかって turn toward鞭撻鞭撻べんたつ encouragement; urging加えるくわえる add; impartかれ he; himアムビションアムビション ambition独逸皇帝陛下独逸ドイツ皇帝こうてい陛下へいか German Emperor (refering to Wilhelm II)のように、向上向上こうじょう improvement; elevationねん idea; notion熾なさかんな thriving; vigorous髯を蓄えるたくわえる grow (a beard or moustache)にある。それだから毛孔毛孔けあな pores (of the skin)横向横向よこむき turned sidewaysであろうとも、下向下向したむき downward-facingであろうとも聊かいささか somewhat; rather頓着なく頓着とんじゃくなく indifferently; indiscriminantly十把一とからげに十把一じっぱひとからげに in a bundle; as a collection握ってにぎって graspは、うえ aboveほう direction引っ張り上げるげる pull up。髯もさぞかしさぞかし certainly; surely難儀難儀なんぎ hardship; tribulationであろう、所有主たる所有しょゆうぬしたる is the owner主人すら時々時々ときどき at times; on occasion痛いいたい is painfulこと case; instanceもある。がそこが訓練である。否でも応でもいやでもおうでも willing or notさかに扱き上げるげる force upward門外漢門外漢もんがいかん outsider; laymanから見ると気の知れないれない baffling; puzzling道楽道楽どうらく pastime; hobby; diversionのようであるが、当局者当局者とうきょくしゃ insider; person in the knowだけは至当の至当しとうの proper; appropriate; reasonableこと act; action心得て心得こころえて understand; grasp; be aware ofいる。教育者教育者きょういくしゃ educator; teacherいたずらにいたずらに just for fun; for one's own amusement生徒生徒せいと students本性本性ほんせい true character; real nature撓めてめて bend; form; mold僕のぼくの my手柄手柄てがら achievement; feat見給え見給みたまえ take a look at誇るほこる boast of; be proud ofようなもので毫もごうも (not) at all; (not) in the least非難すべき非難ひなんすべき should censure; should reproach理由理由りゆう reasonはない。

主人が満腔の満腔まんこうの sincere; heartfelt熱誠熱誠ねっせい earnestness; passionをもって髯を調練して調練ちょうれんして drill; trainいると、台所台所だいどころ kitchenから多角性多角性たかくせい multi-planar御三御三おさん Osan (the maidservant)郵便郵便ゆうびん mail参りましたまいりました came; arrivedと、例のごとくれいのごとく as usual; as always赤いあかい red; ruddy手をぬっとぬっと suddenly; abruptly書斎書斎しょさい study; den; reading roomうち inside; within出したした produced; made show of右手右手みぎ right handに髯をつかみ、左手左手ひだり left handかがみ mirror持ったった held主人は、そのまま入口入口いりぐち entranceの方を振りかえるりかえる turn to look at八の字はち (shape of) the 八 character tails逆か立ちち inversion命じためいじた ordered; commandedような髯を見るや否やいなや as soon as ...御多角御多角おたかく Miss Polygon (unflattering reference to Osan)はいきなり台所へ引き戻してもどして withdraw to; return to、ハハハハと御釜御釜おかま iron pot; kettleふた lid身をもたしてをもたして rest oneself against; lean on笑ったわらった laughed。主人は平気な平気へいきな unconcerned; indifferentものである。悠々と悠々ゆうゆうと calmly; leisurely鏡をおろして郵便を取り上げたげた took up; picked up第一信第一信だいいっしん first piece of correspondence活版ずり活版かっぱんずり typesetting何だかなんだか somehow; in some senseいかめしいいかめしい prominent; imposing文字文字もんじ characters並べてならべて be lined up; be arrayedある。読んでんで read見ると

拝啓拝啓はいけい dear sir or madam (letter opening)いよいよ extremely; very much御多祥御多祥ごたしょう (your) great happiness奉賀候奉賀候がしたてまつりそろ be cause for congratulations回顧すれば回顧かいこすれば look back on; review日露日露にちろ Japan and Russia; Russo-Japanese戦役戦役せんえき military campaign; battle; war連戦連勝連戦れんせん連勝れんしょう succession of victoriesいきおい impetus; momentum; course (of events)に乗じてじょうじて in accordance with; owing to平和平和へいわ peace克復克復こくふく restoration告げげ announce; proclaimわれ we; us忠勇忠勇ちゅうゆう loyalty and bravery義烈義烈ぎれつ heroismなる将士将士しょうし officers and men今やいまや now at last過半万歳声過半かはん万歳ばんざいせい shouts of jubilation裡にに with; by means of凱歌凱歌がいか victory song奏しそうし play; perform; raise up (a song)国民国民こくみん people (of a country); citizens歓喜歓喜かんき joy; delight何ものかなにものか (above and beyond) all things之に若かんこれかん is (found) in thisさき some time prior宣戦宣戦せんせん declaration of war大詔大詔たいしょう Imperial edict煥発せらるる煥発かんぱつせらるる be promulgated義勇公義勇公ぎゆうこう volunteer corps奉じたるほうじたる enlist with; serve in将士は久しくひさしく for a long time万里万里ばんり great distance (away)異境異境いきょう foreign land; far-off land在りてりて being (in)克くく well; properly寒暑寒暑かんしょ hot and cold; summers and winters苦難苦難くなん suffering; hardship忍びしのび bear; endure一意一意いちい wholeheartedly; devotedly戦闘戦闘せんとう battle; fight; combat従事し従事じゅうじし prosecute; engage (in)めい lives国家国家こっか state; country; nation捧げたるささげたる devote (to); sacrifice (for)至誠至誠しせい sincerity; dedication永くながく forever; in the years to come銘してめいして bear witness to忘るべからざるわすれるべからざる must not forgetところ case; situation; matterなり而してしこうして thus; therefore軍隊軍隊ぐんたい military; armed forces凱旋凱旋がいせん triumphant return本月本月ほんげつ this monthを以てもって on; at; as of殆んどほとんど mostly; nearly; practically終了終了しゅうりょう end; finish; conclusion告げんとすげんとす will mark依ってって for that reason本会本会ほんかい (our) association; organization来るきたる the coming ...二十五日二十五にじゅうごにち 25th (day of the month)期しし fix; set (a date)本区内本区内ほんくない within our city; within our district一千一千いっせん one thousand有余有余ゆうよ upwards of出征出征しゅっせい going off to war将校将校しょうこう commissioned officers下士下士かし noncommissioned officersそつ rank-and-file soldiersに対したいし with respect to; regarding本区民本区民ほんくみん citizens of our district一般一般いっぱん general; common代表し代表だいひょうし represent以てもって in addition; moreover一大一大いちだい great ...; momentous ...凱旋祝賀会祝賀会しゅくがかい celebration開催し開催かいさいし sponsor; hold (an event)兼てかねて concurrently軍人軍人ぐんじん military personnel; soldiers遺族遺族いぞく surviving family慰藉せん慰藉いしゃせん comfort; consoleが為めめ in order to ...熱誠熱誠じゅくせい warmly; enthusiastically之を迎えむかえ look forward toいささか to some extent; in some measure感謝感謝かんしゃ gratitude微衷微衷びちゅう one's sincere feeling表し度ひょうたく wish to express就てはついては therefore各位各位かくい each and every one (of you)御協賛御協賛ごきょうひ financial support仰ぎあおぎ ask for; seekこの this盛典盛典せいてん grand ceremony挙行する挙行きょこうする celebrateさいわい happiness; fortune得ばば gain; secure本会の面目面目めんもく honor; prestige不過之不過之これにすぎず nothing greater than thisと存候存候ぞんじそろ believe to beあいだ due to; because of何卒何卒なにとぞ please; by all means御賛成御賛成ごさんせい your support奮ってふるって energetically; heartily義捐義捐ぎえん donation; contributionあらんことあらんこと takes form; comes to be只管只管ひたすら earnestly; with all one's heart希望希望きぼう hope; wishの至に堪えず候えずそろ do most humbly ...敬具敬具けいぐ sincerely yours (letter closing)

とあって差し出し人にん sender華族様華族様かぞくさま member of the peerageである。主人主人しゅじん master黙読黙読もくどく reading silently一過一過いっか one pass; single passの後のち after ...直ちにただちに immediately; at onceふう envelope (= 封筒ふうとう)なか inside巻き納めておさめて roll up and put back知らん顔らんかお look of indifferenceをしている。義捐などは恐らくおそらく probably; most likelyしそうにない。せんだって東北凶作東北とうほく凶作きょうさく Tōhoku Famine (1905 famine following crop failure in Tōhoku region)義捐金義捐ぎえんきん (monetary) donation; contribution二円二円にえん two yenとか三円三円さんえん three yenとか出してして produce; give; contributeから、逢うう meet; seeひと person; man毎にごとに each and every one義捐をとられた、とられたと吹聴して吹聴ふいちょうして proclaim; make knownいるくらいである。義捐とある以上は以上いじょうは given that ...差し出すす present; submitもので、とられるものでないには極っているにはきまっている it goes without saying that ...泥棒泥棒どろぼう robber; thiefにあったのではあるまいし、とられたとは不穏当不穏当ふおんとう inappropriate; unjustである。しかるにも関せずしかるにもかんせず nevertheless; all the same盗難盗難とうなん robbery; theftにでも罹ったかかった met with; fell victim toかのごとくに思ってるおもってる think; believeらしい主人がいかに軍隊の歓迎歓迎かんげい welcome; receptionだと云ってって say; state、いかに華族様の勧誘勧誘かんゆう solicitation; canvasing; encouragementだと云って、強談強談ごうだん compulsion; coercion持ちかけたらちかけたら approach; proposeいざ知らずいざらず while maybe in the case of ...活版活版かっぱん printing; typography手紙手紙てがみ letter; mailingくらいで金銭金銭きんせん moneyを出すような人間人間にんげん person; manとは思われないおもわれない doesn't seem (to be)。主人から云えば軍隊を歓迎するまえ before; prior toにまず自分自分じぶん oneselfを歓迎したいのである。自分を歓迎したあと afterなら大抵のもの大抵たいていのもの things in general; other thingsは歓迎しそうであるが、自分が朝夕朝夕ちょうせき morning and evening; the whole day through差し支えるつかえる have difficulties間はあいだは as long as ...、歓迎は華族様に任せておくまかせておく leave to; entrust to了見了見りょうけん thought; intentionらしい。主人は第二信第二信だいにしん second piece of correspondence取り上げたげた took up; picked upが「ヤ、これも活版だ」と云った。

時下時下じか these days秋冷秋冷しゅうれい cool autumn weatherこう season; weatherに候そろ is ... (= にある)ところ point of; time of貴家貴家きか your household益々益々ますます increasingly; more and more御隆盛御隆盛ごりゅうせい (your) prosperity; well-beingだん case; occasion of奉賀上候奉賀上候がしあげたてまつりそろ offer up our cordial congratulations陳ればのぶれば to the matter at hand (archaic transitional phrase)本校本校ほんこう our school as for; as concerns (used in letters)御承知の通り御承知ごしょうちとおり as you know; as you're aware一昨々年一昨々年いっさくさくねん three years back以来以来いらい since二三二三にさん two or three; a small number of野心家野心家やしんか men of ill intentの為めにめに owing to; on account of妨げられさまたげられ be disrupted; be hindered一時一時いちじ for a time; at one timeその thatきょく extreme; height (of)達し候得共たっ候得共そうらえども reached; arrived at是れれ these thingsみな all; everything不肖針作不肖ふしょう針作しんさく (your humble) Shinsaku (name)足らざるらざる be deficient; fall shortところ point; aspect; area起因す起因きいんす stem; arise; result (from)存じぞんじ think; feel; know深くふかく deeply自らみずから oneself警むるいましむる admonish; scold; rebuke所あり臥薪甞胆臥薪がしん甞胆しょうたん suffering mightily for a cause其のの that苦辛苦辛くしん trouble; pains; effort (usually 苦心くしん)結果結果けっか result; outcome漸くようやく finally; at lastここ this point; here; now独力独力どくりょく one's own hard work以てもって by means of; through我がが my理想理想りそう ideal適するてきする fit; suitだけの校舎校舎こうしゃ school building; schoolhouse新築費新築費しんちくひ funds for new construction得るる acquire; earn; obtainみち way; path講じ候こうそろ take measures; work out a plan其は別義にも御座なく別義べつぎにも御座ござなく the fact is that ...別冊別冊べっさつ stand-alone volume裁縫裁縫ほうせい sewing; needlework秘術秘術ひじゅつ lesser-known arts; subtleties綱要綱要こうよう essentials命名せる命名めいめいせる name書冊書冊しょさつ book出版出版しゅっぱん publication honor御座候御座候ござそろ come (to)本書本書ほんしょ this book; this volumeは不肖針作が多年多年たねん many years苦心苦心くしん hard work; diligent labor研究せる研究けんきゅうせる study; research工芸工芸こうげい industrial arts; craftsじょう with regard to; concerning原理原則原理原則げんりげんそく fundamental principals法とりのっとり follow; adhere to真にしんに truly; sincerely肉を裂き血を絞るにくしぼる to one's physical limitsおもい thoughts; sentiments為してして perform; accomplish; achieve著述せる著述ちょじゅつせる (humbly) write (a work)ものに御座候因ってって consequently; accordingly本書を普くあまねく widely; extensively; universally一般の一般いっぱんの the general ...家庭家庭かてい family; household製本製本せいほん book making; book printing実費実費じっぴ actual cost些少些少さしょう a little; a small amount利潤利潤りじゅん profit; margin附してして attach; add on御購求御購求ごこうきゅう (your) purchase願いねがい wish for; hope for; request一面一面いちめん on the one hand斯道斯道しどう this art or field of study発達発達はったつ development; growth一助一助いちじょ (some) help; aid; assistanceとなすと同時に同時どうじに at the same time as又一面にはまた一面いちめんには on the other hand僅少の僅少きんしょうの small; trifling; modest利潤を蓄積して蓄積ちくせきして accumulate校舎建築費建築費けんちくひ construction costs当つるつる apply (to)心算心算つもり intention; planに御座候依ってはっては for this reason近頃近頃ちかごろ now; today何共何共なんとも very much; terribly恐縮恐縮きょうしゅく humble supplicationの至りいたり the height of ...存じ候えどもぞんそろえども while feeling; while regarding as本校建築費ちゅう into; within御寄附被成下御寄附ごきふ被成下なしくださる contribute (to)御思召し御思召おぼしめし however much money one wishes to give茲に呈供仕候呈供ていきょう仕候つかまつりそろ donate; offer; provide秘術綱要一部一部いちぶ one copy (of a book)を御購求の上御侍女御侍女ごじじょ (your) maidservantかた person; person ofなりともなりとも even if just for ...御分与被成下候て御分与ごぶんよ被成下候なしくだされそろて give to; share with御賛同御賛同ごさんどう approval; endorsement sentiment; intention御表章被成下度御表章ごひょうしょう被成下度なしくだされたく express; make known伏してして humbly; respectfully懇願仕候懇願こんがん仕候つかまつりそろ entreat; petition匆々匆々そうそう in haste; with due brevity敬具敬具けいぐ sincerely yours (letter closing)

大日本大日本だいにっぽん Greater Japan女子女子じょし girl's ...; women's ...裁縫最高等最高等さいこうとう highest level; first rank大学院大学院だいがくいん institute of learning

校長校長こうちょう (school) principal; headmaster縫田針作縫田ぬいだ針作しんさく Nuida Shinsaku (name)九拝九拝きゅうはい with utmost respect (lit: bowing nine times)

とある。主人はこの鄭重なる鄭重ていちょうなる polite; deferential書面書面しょめん document; letter; writingを、冷淡に冷淡れいたんに coolly; with no show of emotion丸めてまるめて ball up; wad upぽんと屑籠屑籠くずかご wastepaper basketなか inside; within抛り込んだほうんだ threw into; tossed into。せっかくの針作くん (suffix of familiarity for males)の九拝も臥薪甞胆も何のなんの (no) sort of; (no) form of役にも立たなかったやくにもたなかった served no purpose; was all in vainのは気の毒どく unfortunate; pitiableである。第三信第三信だいさんしん third piece of correspondenceにかかる。第三信はすこぶる風変り風変ふうがわり strange; eccentric光彩光彩こうさい brilliance; splendor放ってはなって give off; radiateいる。状袋状袋じょうぶくろ envelope紅白紅白こうはく red and white (festive colors)だんだらだんだら broad horizontal stripesで、飴ん棒あめぼう candy stick看板看板かんばん signboardのごとくはなやかなる真中真中まんなか middle; center珍野苦沙弥珍野ちんの苦沙弥くしゃみ rare and peculiar Kushami (pun on ちんのくしゃみ)先生先生せんせい teacher; professor; scholar (used here as form of address)虎皮下虎皮下こひか most esteemed ... (old-style epistolary suffix)八分体八分体はっぷんたい Happuntai (writing style with upward kick at ends of horizontal brushstrokes)肉太に肉太にくぶとに thickly; boldly認めてしたためて write; scribeある。中からお太さんさん Ota-san (reference to name in traditional candy vendor's song)出るる appear; emergeかどうだか受け合わないわない can't give assurance; can't promiseおもて surface; (outside) faceだけはすこぶる立派な立派りっぱな imposing; impressiveものだ。

若しし if; supposingわれ I; me; oneselfを以てもって by; with天地天地てんち heaven and earth律すればりっすれば control; rule over; be master of一口一口ひとくち a single gulpにして西江西江せいこう Xi River (southern China)みず water; waters吸いつくいつく swallow upすべくすべく in order to ...; for the purpose of ...、若し天地を以て我を律すれば我は則ちすなわち nothing but; nothing more or less than陌上の陌上はくじょうの wayside; roadsideちり dust; dirtのみ。すべからくすべからく absolutely; by all means; entirely道ええ say; tell、天地と我と什麼什麼いんも what sort; what kind交渉交渉こうしょう connection; relationshipかある。……始めてはじめて for the first time海鼠海鼠なまこ sea cucumber; sea slug食い出せるいだせる begin (the custom of) eatingひと person; manその that胆力胆力たんりょく courage; nerveに於ておいて with respect to; regarding敬すべくけいすべく must be respected、始めて河豚河豚ふぐ puffer fish; blow fish; fugu喫せるきつせる taste; partake ofおとこ man's man; bold fellowは其勇気勇気ゆうき courage; bravery; valorに於て重んずべしおもんずべし must honor; should hold in esteem。海鼠を食えるくらえる eatものは親鸞親鸞しんらん Shinran (Buddhist monk; 1173-1263)再来再来さいらい second advent; reincarnationにして、河豚を喫せるものは日蓮日蓮にちれん Nichiren (Buddhist priest; 1222-1282)分身分身ぶんみ incarnation ofなり。苦沙弥苦沙弥くしゃみ Kushami (the master's name)先生先生せんせい teacher; professor; scholarの如きごとき like ...に至ってはいたっては when it comes toただ merely; simply干瓢干瓢かんぴょう strips of dried gourd酢味噌酢味噌すみそ vinegared miso知るる know; be familiar withのみ。干瓢の酢味噌を食って天下天下てんか under heaven; in this world士たるたる is an esteemed gentlemanものは、われ未だいまだ not yetこれ this thing; such thing見ずず not see; not observe; not encounter。……

親友親友しんゆう close friendsなんじ you (archaic)売るる sell out; betray; deludeべしべし will (surely); are wont to父母父母ふぼ father and mother; parentsも汝にわたくし selfishness; partialityあるべし。愛人愛人あいじん loverも汝を棄つつ cast away; discardべし。富貴富貴ふっき riches and honors; wealth and rank固よりもとより from the first; as matter of course頼みがたかるたのみがたかる be unreliable; be undependable (= たのがたかる)べし。爵禄爵禄しゃくろく status and stipend一朝にして一朝いっちょうにして in a day; in a brief span of time失ううしなう loseべし。汝の頭中頭中とうちゅう in one's head; in one's mind秘蔵する秘蔵ひぞうする treasure; prize; hold dear学問学問がくもん scholarship; learningにはかび mold; mildew生えるえる growべし。汝なに what恃まんとするたのまんとする rely on; put one's faith inか。天地のうち in; withinに何をたのまんとするか。かみ the gods; divinities? 神は人間人間にんげん human beings; men苦しまぎれくるしまぎれ desperation捏造せる捏造でつぞうせる fabricate; concoct土偶土偶どぐう earthen figure; clay figureのみ。人間のせつな糞せつなぐそ ephemeral excrement凝結せる凝結ぎょうけつせる coagulate; congeal臭骸臭骸しゅうがい reeking hullのみ。恃むまじきまじき should not be; must not beを恃んで安しやすし comfort; consolation云うう state; declare (as)咄々咄々とつとつ angrily; in frustration酔漢酔漢すいかん drunkard; drunken fellow漫りにみだりに recklessly; rashly胡乱の胡乱うろんの dubious言辞言辞げんじ language; speech; words弄してろうして make use of; wield蹣跚として蹣跚まんさんとして staggering; reeling; totteringはか grave; tomb向うむかう head towardあぶら oil尽きてきて run out; be exhaustedとう light; lamp自らおのずから naturally; of its own accord滅すめっす go out; be extinguishedごう one's destiny; one's fate尽きて何物何物なにもの somethingをか遺すのこす leave behind。苦沙弥先生よろしく御茶御茶おちゃ teaでも上がれがれ drink (honorific)。……

人を人と思わざればおもわざれば not regard as; dismiss; disdain畏るるおそるる fear; be afraid of (= おそれる)ところ point; aspect; facetなし。人を人と思わざるものが、われ I; meを吾と思わざる world; society憤るいきどおる resent; rail against如何如何いかん in the wrong; unjustified; not allowed権貴栄達権貴栄達けんきえいたつ power, wealth, and fame gentlemenは人を人と思わざるに於て得たるが如したるがごとし be disposed toward; revel in。只ひと other people; othersの吾を吾と思わぬとき time; occasionに於て怫然として怫然ふつぜんとして with indignation色を作すいろす turn red with anger任意に任意にんいに as one likes; as one pleases色を作し来れいろきたれ let (them) rage red with anger馬鹿野郎馬鹿ばか野郎やろう blasted idiots; worthless scoundrels。……

吾の人を人と思うとき、他の吾を吾と思わぬ時、不平家不平家ふへいか grumbler; grouser; malcontent発作的に発作的ほっさてきに fitfully天降る天降あまくだる be brought back down to earth; re-engage with the worldこの this発作的活動活動かつどう activities; actions名づけてづけて name; label革命革命かくめい revolution; rebellionという。革命は不平家の所為所為しょい acts; deedsにあらず。権貴栄達の士が好んでこのんで by choice; willingly産するさんする give rise to; produce所なり。朝鮮朝鮮ちょうせん Korea人参人参にんじん ginseng (= 朝鮮ちょうせん人参にんじんん)多しおおし plentiful; in abundance先生何が故になにゆえに for what reason服せざるふくせざる not take; not drink (medicine or tea)

ざい situated in ...; resident in ...巣鴨巣鴨すがも Sugamo (place name; in north-central Tōkyō)      天道公平天道てんどう公平こうへい Tendō Kōhei (name)

再拝再拝さいはい sincerely yours; yours truly (lit: bowing and bowing again)

針作針作しんさく Shinsaku (name)くん (suffix of familiarity for males)九拝九拝きゅうはい with utmost respect (lit: bowing nine times)であったが、このおとこ man; fellow単にたんに simply; merely再拝再拝さいはい sincerely yours; yours truly (lit: bowing and bowing again)だけである。寄附金寄附金きふきん (monetary) donation; contribution依頼依頼いらい requestでないだけに七拝七拝しちはい seven bowsほど横風に構えて横風おうふうかまえて take a superior attitude; set oneself apartいる。寄附金の依頼ではないがその代りそのかわり in exchange; in returnすこぶる分りにくいわかりにくい hard to comprehend; hard to make sense ofものだ。どこの雑誌雑誌ざっし journal; magazine; periodical出してして submit没書没書ぼっしょ rejected manuscriptになる価値価値かち value; merit充分充分じゅうぶん adequately; sufficientlyあるのだから、頭脳頭脳ずのう head; brains; intellect不透明不透明ふとうめい opaque; obscure; murkyをもって鳴るをもってる is known for ...; is renowned for ...主人主人しゅじん master必ずかならず invariably; without fail寸断寸断寸断寸断ずたずた (cutting) to pieces引き裂いていて tear up; shredしまうだろうと思のほかおもいのほか unexpectedly; surprisingly打ち返し打ち返しかえかえし coming at again and again読み直してなおして rereadいる。こんな手紙手紙てがみ letter; correspondence意味意味いみ meaning; significanceがあると考えてかんがえて think; consider; assume、あくまでその意味を究めようきわめよう investigate thoroughly; chase downという決心決心けっしん resolve; determinationかも知れないかもれない it may be ...およそおよそ generally; on the whole; as a rule天地天地てんち heaven and earthの間にかんに between ...わからんものは沢山沢山たくさん very much; a great manyあるが意味をつけてつかないものは一つひとつ one (thing)もない。どんなむずかしい文章文章ぶんしょう writing; composition; proseでも解釈しようとすれば解釈かいしゃくしようとすれば seek to interpret; set out to explain容易に容易よういに easily解釈の出来る出来できる can do; can manageものだ。人間人間にんげん human beings; men馬鹿馬鹿ばか foolish; stupid; dullであると云おうおう say; stateが、人間は利口利口りこう clever; intelligent; wiseであると云おうが手もなくもなく easily; readilyわかること case; situationだ。それどころではない。人間はいぬ dogsであると云ってもぶた pigsであると云っても別にべつに especially; in particular苦しむくるしむ struggle with; find difficultほどの命題命題めいだい proposition; thesis; notionではない。やま mountain低いひくい low; small (in height)と云っても構わんかまわん doesn't matter; is not a problem宇宙宇宙うちゅう the universe; the cosmos狭いせまい narrow; crampedと云っても差し支えはないつかえはない not a problem; allowable; acceptableからす crow; raven白くてしろくて is white小町小町こまち belle; (town) beauty醜婦醜婦しゅうふ ugly woman; unattractive woman苦沙弥苦沙弥くしゃみ Kushami (the master's name)先生先生せんせい teacher; professor; scholar君子君子くんし gentlemanでも通らん事はないとおらんことはない may well be accepted。だからこんな無意味な無意味むいみな meaningless; nonsensical手紙でも何とか蚊とかなんとかとか something or other (play on なんとかかんとか)理窟理窟りくつ reason; logicさえつければどうとも意味はとれる。ことに主人のように知らぬらぬ unknown; unfamiliar英語英語えいご English (words; language)無理矢理に無理矢理むりやりに by force; through compulsionこじ附けてこじけて strain (interpretation); force (meaning)説明し通して来た説明せつめいとおしてた has managed over time to explain男はなおさら意味をつけたがるのである。天気天気てんき weather悪るいるい bad; poor; foulのになぜグード・モーニンググード・モーニング good morningですかと生徒生徒せいと students問われてわれて be questioned (by)七日間七日間なぬかかん seven days考えたり、コロンバスコロンバス Columbusと云う name日本語日本語にほんご Japanese (language)で何と云いますかと聞かれてかれて be asked三日三晩三日みっか三晩みばん three days and three nightsかかってこたえ answer; response工夫する工夫くふうする work at; fashionくらいな男には、干瓢干瓢かんぴょう strips of dried gourd酢味噌酢味噌すみそ vinegared misoのが天下天下てんか under heaven; in this world gentlemenであろうと、朝鮮の仁参朝鮮ちょうせん仁参にんじん ginseng食ってって eat革命革命かくめい revolution; rebellion起そうおこそう start; give rise to; instigate随意な随意ずいいな of one's choosing意味は随処随処ずいしょ everywhere; at every turn湧き出るる bubble up; surfaceわけ situation; caseである。主人はしばらくしてグード・モーニング流にりゅうに in the manner ofこの難解な難解なんかいな unintelligible; abstruse言句言句ごんく words; expressions呑み込んだんだ took in; digested見えてえて appear; seem「なかなか意味深長意味いみ深長しんちょう steeped in meaning; profoundだ。何でもよほど哲理哲理てつり philosophy研究した研究けんきゅうした researched; studiedひと person; manに違ないちがいない without doubt ...; clearly ...天晴な天晴あっぱれな brilliant; admirable見識見識けんしき insight; discernmentだ」と大変大変たいへん very much; a great deal賞賛した賞賛しょうさんした praised; commended {paragraph continues below}

この一言一言いちごん single utterance; few wordsでも主人主人しゅじん master foolishness; follyなところはよく分るわかる can understand; can graspが、翻ってひるがえって turn around; flip over考えて見るかんがえてる think about; considerといささかもっともなもっともな reasonable; justifiableてん point; aspectもある。主人は何に寄らずなにらず in all cases; without biasわからぬものをありがたがるくせ peculiarity; tendency有してゆうして have; possessいる。これはあながちあながち (not) entirely; by (no) means主人に限ったかぎった limited toこと situation; caseでもなかろう。分らぬところには馬鹿に出来ない馬鹿ばか出来できない can't make light of; mustn't dismissものが潜伏して潜伏せんぷくして be latent; be dormant測るべからざるはかるべからざる cannot fathomへん realm; regionには何だかなんだか somehow; in some sense気高い気高けだかい sublime; noble心持心持こころもち feeling; sense; mood起るおこる arise; come about; occurものだ。それだから俗人俗人ぞくじん common persons; laypersonsはわからぬ事をわかったように吹聴する吹聴ふいちょうする talk up; proclaim; broadcastにも係らずにもかかわらず although ...; despite ...学者学者がくしゃ scholars; intellectualsはわかった事をわからぬように講釈する講釈こうしゃくする expound on; lecture on大学大学だいがく university講義講義こうぎ lectureでもわからん事を喋舌る喋舌しゃべる talk of; relateひと persons; men評判評判ひょうばん reputation; reputeがよくってわかる事を説明する説明せつめいする explainもの persons人望がない人望じんばいがない unpopular; poorly regardedのでもよく知れるよくれる is well known; is well understood。主人がこの手紙手紙てがみ letter; correspondence敬服した敬服けいふくした felt admiration (for)のも意義意義いぎ meaning; significance明瞭明瞭めいりょう clear; evident; obviousであるからではない。その主旨主旨しゅし object; aim; intent那辺那辺なへん where (in the world)存するそんする exist; resideかほとんど捕え難いとらがたい is impossible to graspからである。急にきゅうに suddenly; without warning海鼠海鼠なまこ sea cucumber; sea slug出て来たりたり appear; emergeせつな糞せつなぐそ ephemeral excrementが出てくるからである。だから主人がこの文章文章ぶんしょう writing; prose尊敬する尊敬そんけいする respect; hold in high regard唯一の唯一ゆいいつの single; sole; solitary理由理由りゆう reason; rationaleは、道家道家どうけ disciples of Lao Tzu道徳経道徳経どうとくきょう Tao Te Ching (classic Chinese text by Lao Tzu)を尊敬し、儒家儒家じゅか Confucianists易経易経えききょう The Book of Changes (one of the Five Classics of Confucianism)を尊敬し、禅家禅家ぜんけ Zen priests臨済録臨済録りんざいろく Rinzairoku (most important book of analects of the Rinzai school of Zen Buddhism)を尊敬すると一般一般いっぱん the same (as)全くまったく utterly; entirely分らんからである。但しただし however全然全然ぜんぜん utterly; completely分らんでは気がすまんがすまん not be satisfiedから勝手な勝手かってな as one pleases; of one's own choosing註釈註釈ちゅうしゃく comments; remarks; annotationsをつけてわかったかお face; (facial) expressionだけはする。わからんものをわかったつもりで尊敬するのはむかし former times; days pastから愉快な愉快ゆかいな delightful; enjoyable; pleasantものである。――主人は恭しくうやうやしく with great care; respectfully八分体八分体はっぷんたい Happuntai (writing style with upward kick at ends of horizontal brushstrokes)名筆名筆めいひつ noteworthy work of calligraphy巻き納めておさめて roll up and put back、これを机上机上きじょう desktop置いたいた set; placed; restedまま懐手懐手ふところで (sitting) with hands in pockets; motionlessをして冥想冥想めいそう meditation; contemplation沈んでしずんで sunk (into); immersed (in)いる。

ところへ「頼む頼むたのたのむ Anyone home?」と玄関玄関げんかん entrywayから大きなおおきな big; loud (voice)こえ voice案内案内あんない guidance; admittance乞うう beg; ask; request者がある。声は迷亭迷亭めいてい Meitei (name)のようだが、迷亭に似合わず似合にあわず uncharacteristic (of)しきりに案内を頼んでいる。主人はさき just nowから書斎書斎しょさい study; den; reading roomのうちでその声を聞いていて hearいるのだが懐手のまま毫もごうも (not) at all; (not) in the least動こうとしないうごこうとしない not stir; make no move to get up取次取次とりつぎ reception (of guests)に出るのは主人の役目役目やくめ duty; role; functionでないという主義主義しゅぎ principle; mindsetか、この主人は決してけっして by (no) means書斎から挨拶挨拶あいさつ reply; responseをした事がない。下女下女げじょ maidservant先刻先刻さっき earlier; some time ago洗濯洗濯せんたく laundry石鹸石鹸シャボン soap買いに出たいにた went out to buy細君細君さいくん the wife憚りはばかり washroom; privyである。すると取次に出べきものは吾輩吾輩わがはい I; me; myselfだけになる。吾輩だって出るのはいやだ。すると客人客人きゃくじん visitor; caller沓脱沓脱くつぬぎ place where one takes off one's shoes on entering the houseから敷台敷台しきだい entryway step飛び上がってがって spring up; race up障子障子しょうじ shōji開け放ってはなって throw openつかつかつかつか resolutely; determinedly上り込んで来たあがんでた made one's way in。主人も主人だがきゃく visitor; callerも客だ。座敷座敷ざしき living room; parlorほう direction; side行ったった went (to)なと思うおもう imagine; reckonふすま fusuma (sliding screen)二三度二三度にさんど several timesあけたり閉てたりしてあけたりてたりして open and close今度今度こんど now; this time; finallyは書斎の方へやってくる。