I am a Cat - Chapter 8 b

vocabulary bar - use mouse hover or touch to display furigana and definition of underlined terms

まずはち bees陣立て陣立じんだて battle formationから説明する説明せつめいする describe。こんな戦争戦争せんそう war; battle; conflictに陣立ても何もなにも and the likeあるものかと云うう question; express doubtのは間違って間違まちがって be in errorいる。普通の普通ふつうの ordinairy; commonひと person; manは戦争とさえ云えば沙河沙河しゃか Shaka or Shaho (Ruso-Japanese War battle site near Liaoyang)とか奉天奉天ほうてん Hōten (Shenyang)とかまた旅順旅順りょじゅん Ryojun (aka Port Arthur or Lüshun)とかそのほかに戦争はないもののごとくに考えてかんがえて consider; thinkいる。少しすこし a little; a bit詩がかったがかった celebrated in verse野蛮人野蛮人やばんじん barbarians; savagesになると、アキリスアキリス Achilles (Greek hero of the Trojan War)ヘクトーヘクトー Hector (a Trojan prince)死骸死骸しがい dead body; corpse引きずってきずって pull; dragトロイトロイ Troy城壁城壁じょうへき rampart; castle walls三匝三匝さんそう three roundsしたとか、燕ぴとえんぴと man of Yan (ancient Chinese state; now Beijing area)張飛張飛ちょうひ Zhang Fei (a.k.a. Zhang Yide)長坂橋長坂橋ちょうはんきょう Chōhan Bridge (site of Battle of Changban)丈八丈八じょうはち 1 jō and 8 shaku (about 5 meters; about 6 yards)蛇矛蛇矛だぼう serpentine lance横えてよこたえて hold at one's side曹操曹操そうそう Cao Cao (central figure in China's Three Kingdoms period)ぐん army; troops百万人百万人ひゃくまんにん a million men睨め返したにらかえした glared back atとか大袈裟な大袈裟おおげさな grandioseこと acts; happeningsばかり連想する連想れんそうする call to mind。連想は当人当人とうにん the person in question随意随意ずいい free choice; own willだがそれ以外以外いがい other than; apart fromの戦争はないものと心得る心得こころえる regard; understand; take (as)のは不都合不都合ふつごう troublesome; problematic; in the wrongだ。太古蒙昧太古たいこ蒙昧もうまい ancient and unenlightened時代時代じだい age; timesに在ってこそってこそ by being part of; by living in、そんな馬鹿気た馬鹿気ばかげた foolish; idiotic; senseless戦争も行われたおこなわれた was carried out; took placeかも知れんかもれん it may be that ...、しかし太平太平たいへい peace; calm今日今日こんにち now; this present day大日本国大日本国だいにっぽんこく Greater Japan帝都帝都ていと imperial capital中心中心ちゅうしん middle; centerにおいてかくのごとき野蛮的野蛮的やばんてき savage; barbaric; uncivilized行動行動こうどう action; conductあり得べからざるありべからざる cannot be; is too improbable奇蹟奇蹟きせき wonder; marvel; sight属してぞくして belong to; number amongいる。いかに騒動騒動そうどう dispute; disturbance持ち上がってがって arise; occur交番の焼打交番こうばん焼打やきうち police box burning (reference to Hibiya Incendiary Incident of Sep 1905)以上に以上いじょうに above; more than出るる appear; emerge気遣気遣きづかい fear; concernはない。して見るとしてると in which case ...臥竜窟臥竜窟がりょうくつ Garyōkutsu (name; lit: lair of the sleeping dragon)主人主人しゅじん master苦沙弥苦沙弥くしゃみ Kushami (the master's name)先生先生せんせい teacher; professor; scholar落雲館落雲館らくうんかん Rakuunkan (name of a private middle school) back side; out back八百八百はっぴゃく eight hundred健児健児けんじ stalwart youthsとの戦争は、まず東京市東京市とうきょうし City of Tōkyōあって以来以来いらい since大戦争大戦争だいせんそう great war; epic battleひとつ one (among others)として数えてかぞえて count; numberしかるべきしかるべき appropriate; proper; suitableものだ。左氏左氏さし Zuozhuan (ancient Chinese narrative history)鄢陵の戦鄢陵えんりょうたたかい Battle of Yiling (fought between the Sun Quan and Cao Cao in 208)記するする record (in writing)に当ってもあたっても when it comes to ...まずてき adversaries; foes陣勢陣勢じんせい strategic positioning (for battle)から述べてべて state; relateいる。古来古来こらい of old; in times pastから叙述叙述じょじゅつ description; depiction; narrative巧みなるたくみなる is skilled; is expert (in)ものはみんな one and all; everyoneこの筆法筆法りっぽう style of writing用いるもちいる use; applyのが通則通則つうそく general rule; customary practiceになっている。だによって吾輩吾輩わがはい I; me; myselfが蜂の陣立てを話すはなす talk of; describeのも仔細仔細しさい hindrance; impediment; drawbackなかろう。それでまず蜂の陣立ていかんと見てあると、四つ目垣よっがき bamboo lattice fence外側外側そとがわ outside; other side縦列縦列じゅうれつ column; file形ちづくったかたちづくった drew up; formed一隊一隊いったい company; party; squadがある。これは主人を戦闘線内戦闘線内せんとうせんない within the battle lines誘致する誘致ゆうちする attract; lure; invite職務職務しょくむ duty; task; assignment帯びたびた took on; were assignedもの personsと見える。「降参降参こうさん surrender; submissionしねえか」「しねえしねえ」「駄目駄目だめ no good; of no useだ駄目だ」「出てこねえてこねえ won't come out」「落ちねえちねえ not understand; not get itかな」「落ちねえはずはねえ」「吠えてえて howl; bellow見ろ」「わんわん」「わんわん」「わんわんわんわん」これから先はこれからさきは from this point; from here縦隊縦隊じゅうたい (military) column総がかりそうがかり all handsとなって吶喊の声吶喊とっかんこえ battle cry揚げるげる raise up。縦隊を少しみぎ right (side)離れてはなれて separated; set apart運動場運動場うんどうば athletic grounds; sports field方面方面ほうめん area; regionには砲隊砲隊ほうたい gunnery crew; artillery squad形勝形勝けいしょう advantageous position; strategic location ground; earth; land占めてめて occupy陣地陣地じんち (military) encampment布いていて take up (a position)いる。臥竜窟に面してめんして turn toward; face一人一人ひとり one (person)将官将官しょうかん general; admiral擂粉木擂粉木すりこぎ pestle大きなおおきな largeやつ thing; one持ってって hold; grasp控えるひかえる be prepared; be waiting for。これと相対して相対そうたいして be relative to五六間五六間ごろっけん 5 or 6 ken (about 10 meters; about 12 yards)間隔間隔かんかく spacing; intervalをとってまた一人立つつ be standing、擂粉木のあとにまた一人、これは臥竜窟にかお faceをむけて突っ立ってって stand in placeいる。 {paragraph continues below}

かくのごとく一直線一直線いっちょくせん a straight lineにならんで向い合ってむかって face; confrontいるのが砲手砲手ほうしゅ gunners; gunmenである。ある人あるひと a certain personせつ opinion; viewによるとこれはベースボールベースボール baseball練習練習れんしゅう practice; trainingであって、決してけっして by (no) means戦闘戦闘せんとう battle; fight準備準備じゅんび preparationではないそうだ。吾輩吾輩わがはい I; me; myselfはベースボールの何物たる何物なにものたる what it is解せぬかいせぬ can't understand; have no appreciation for文盲漢文盲漢もんもうかん unenlightened beingである。しかし聞くく hearところによればこれは米国米国べいこく (United States of) Americaから輸入された輸入ゆにゅうされた was imported遊戯遊戯ゆうぎ game; sportで、今日今日こんにち this day; at present中学中学ちゅうがく middle school程度程度ていど level; grade; stage以上以上いじょう starting from学校学校がっこう schools行わるるおこなわるる be conducted; be practiced (= おこなわれる)運動運動うんどう exercise; physical trainingのうちでもっとも流行する流行りゅうこうする popular; trendy; in vogueものだそうだ。米国は突飛な突飛とっぴな offbeat; wild; outlandishこと acts; actions; thingsばかり考え出すかんがす think up; come up with国柄国柄くにがら national characterであるから、砲隊砲隊ほうたい gunnery crew; artillery squad間違えて間違まちがえて mistake (for)しかるべきしかるべき proper; natural; not unreasonable近所近所きんじょ neighborhood; surroundings迷惑迷惑めいわく trouble; annoyance; nuisanceの遊戯を日本人日本人にほんじん Japanese (people)教うべくおしうべく should teachだけそれだけ親切親切しんせつ kindness; considerationであったかも知れないかもれない it may be that ...。また米国人米国人べいこくじん Americansはこれをもって真にしんに honestly; sincerely一種の一種いっしゅの a certain kind of運動遊戯と心得ている心得こころえている regard as; believe to beのだろう。しかし純粋の純粋じゅんすいの pure; genuine遊戯でもかように四隣四隣しりん all around驚かすおどろかす upset; create a stirに足るる enough for; sufficient to能力能力のうりょく capability; faculty有してゆうして have; possessいる以上は以上いじょうは given that ...使いようで使つかいようで depending on how used砲撃砲撃ほうげき shelling; bombardmentよう purposeには充分充分じゅうぶん sufficiently; adequately立つつ serve (a purpose)。吾輩の eyesをもってをもって by means of; relying on観察した観察かんさつした viewed; observedところでは、彼等彼等かれら they; themはこの運動術運動術うんどうじゅつ form of exercise利用して利用りようして use; apply砲火砲火ほうか gunfire; cannon fireこう proficiency; mastery収めんおさめん seek to achieve (archaic verb ending)企てつつあるきわだてつつある are planning; are schemingとしか思われないとしかおもわれない it can only be concluded that ...もの things云いようでいようで per description; by choice of wordsどうでもなるものだ。慈善慈善じぜん charity; philanthropy name借りてりて borrow詐偽詐偽さぎ fraud; deceipt働らきはたらき practice; commit; perpetrateインスピレーションインスピレーション inspiration号してごうして refer to (as)逆上逆上ぎゃくじょう hotheadedness; loosing one's composureをうれしがるもの personsがある以上はベースボールなる遊戯のもと basis; foundation戦争戦争せんそう war; battle; engagementなさんとも限らんなさんともかぎらん can't conclude that (they) aren't doing; may very well be doing或る人ひと a certain person説明説明せつめい explanation世間一般の世間せけん一般いっぱんの conventionalベースボールの事であろう。いま now; at present吾輩が記述する記述きじゅつする describe; make an account ofベースボールはこの特別の特別とくべつの special; particular場合場合ばあい situation; circumstance限らるるかぎらるる be limited to (= かぎられる)ベースボール即ちすなわち that is; to be specific攻城的攻城的こうじょうてき for territorial conquest; for gaining of ground砲術砲術ほうじゅつ gunnery techniqueである。これからダムダム弾ダムダムだん dumdum bullet (expanding bullet; produced by British at Dum Dum Arsenal near Calcutta)発射する発射はっしゃする fire; launch方法方法ほうほう methods; means紹介する紹介しょうかいする introduce; present。直線に布かれたるかれたる are spread out砲列砲列ほうれつ battery (of artillery)なか middle; midst一人一人ひとり one person; individualが、ダムダム弾をみぎ right (side) hand握ってにぎって grasp; hold擂粉木擂粉木すりこぎ pestle所有者所有者しょゆうしゃ owner抛りつけるほうりつける fling; hurl (at)。ダムダム弾はなん what製造した製造せいぞうした made; fabricated; constructed局外者局外者きょくがいしゃ outsider; third partyには分らないわからない isn't known; can't be determined堅いかたい hard; solid; tough丸いまるい roundいし stone団子団子だんご dumplingのようなものを御鄭寧に御鄭寧ごていねいに taking due careかわ skin; hideでくるんで縫い合せたあわせた sewed up; sewed togetherものである。ぜん before; earlier; prior申すもうす say; state; mention通りとおり just as ...この弾丸弾丸だんがん shot; shell; projectileが砲手の一人の手中手中しゅちゅう in one's hand離れてはなれて separate; move away (from)風を切ってかぜって cut through the air飛んで行くんでく go flyingと、向うむこう other side; yonderに立った一人が例のれいの the aforementioned擂粉木をやっと振り上げてげて brandish、これを敲き返すたたかえす knock back; drive back。たまには敲き損なったたたそこなった failed to hit弾丸が流れてながれて flow pastしまう事もあるが、大概大概たいがい in general; for the most partはポカンと大きなおおきな large; loud (sound)おと sound立てててて raise up弾ね返るかえる rebound; spring back。そのいきおい energy; impetus; vigor非常に非常ひじょうに very much; exceedingly猛烈な猛烈もうれつな severe; violent; intenseものである。 {paragraph continues below}

神経性神経性しんけいせい nervous; neurogenic胃弱胃弱いじゃく weak digestion; dyspepsiaなる主人主人しゅじん masterあたま head; mind潰すつぶす crush; destroyくらいは容易に容易よういに easily出来る出来できる can do; can accomplish砲手砲手ほうしゅ gunners; gunmenはこれだけで事足る事足ことたる be adequate; sufficeのだが、その周囲周囲しゅうい surroundings附近附近ふきん vicinityには弥次馬弥次馬やじうま onlookers; galleryけん and/or; at the same time援兵援兵えんぺい reinforcements雲霞雲霞うんか swarm; throng; drove (lit: clouds and mist)のごとく付き添うてうて attend on; accompanyいる。ポカーンと擂粉木擂粉木すりこぎ pestle団子団子だんご dumpling中るあたる hit; strikeや否やいなや as soon as ...わー、ぱちぱちぱちと、わめく、手を拍つつ clap; applaud、やれやれと云うう say; call out。中ったろうと云う。これでも利かねえかねえ not be enough; not do the trickかと云う。恐れ入らねえおそらねえ not be humbled; not be awedかと云う。降参降参こうさん surrender; submissionかと云う。これだけならまだしもまだしも better; not so badであるが、敲き返されたたたかえされた was knocked back; was driven back弾丸弾丸だんがん shot; shell; projectile三度三度さんど three times一度に一度いちどに one time; once必ずかならず invariably; without fail臥竜窟臥竜窟がりょうくつ Garyōkutsu (name; lit: lair of the sleeping dragon)邸内邸内ていない (within the) grounds; premisesころがり込むころがりむ come tumbling into。これがころがり込まなければ攻撃攻撃こうげき attack; assault; onslaught目的目的もくてき objective; aim達せられんたっせられん not be reached; not be achievedのである。ダムダム弾ダムダムだん dumdum bullet (expanding bullet; produced by British at Dum Dum Arsenal near Calcutta)近来近来きんらい recently; of late諸所諸所しょしょ various places; here and there; everywhere製造する製造せいぞうする make; produce随分随分ずいぶん very much; a great deal高価な高価こうかな expensive; costlyものであるから、いかに戦争戦争せんそう war; battle; engagementでもそう充分な充分じゅうぶんな adequate; sufficient供給供給きょうきゅう supply; provision仰ぐあおぐ depend on; rely on; expect訳に行かんわけかん can't very well ...大抵大抵たいてい generally; for the most part一隊一隊いったい one company; one squadの砲手に一つひとつ one (thing)もしくは二つふたつ two (things)わり ratio; rateである。ポンと鳴るる ring out度にたびに each time ...この貴重な貴重きちょうな valued; prized弾丸を消費する消費しょうひする expend; exhaust訳には行かん。そこで彼等彼等かれら they; themたま拾たまひろい ball fetching; ball retrieval称するしょうする be called; be designated as一部隊一部隊いちぶたい one squad; one unit設けてもうけて establish; organize; put in place落弾落弾おちだま fallen ball; flown ballを拾ってくる。落ち場所場所ばしょ landing place; resting placeがよければ拾うのに骨も折れないほねれない have no trouble; take no great painsが、草原草原くさはら grassy area; meadowとかひと a person; anotherの邸内へ飛び込むむ fly intoとそう容易く容易たやすく easily; simply戻って来ないもどってない not come back; not return。だから平生平生へいぜい usual; ordinaryならなるべく労力労力ろうりょく effort; labor; toil避けるける avoidため、拾い易いひろやすい easy to retrieveところ location; place打ち落すおとす knock down; bring downはずであるが、この際このさい on this occasion; in this case反対反対はんたい reverse; converse出るる appear; come out; proceed。目的が遊戯遊戯ゆうぎ game; sportにあるのではない、戦争に存するそんする exist; dwell; resideのだから、わざとダムダム弾を主人の邸内に降らせるらせる (cause to) rain down on。邸内に降らせる以上は以上いじょうは given that ...、邸内へ這入って這入はいって enter; go into拾わなければならん。邸内に這入るもっとも簡便な簡便かんべんな simple; easy; convenient方法方法ほうほう method; means; approach四つ目垣よっがき bamboo lattice fence越えるえる cross overにある。四つ目垣のうちで騒動すれば騒動そうどうすれば cause a disturbance主人が怒り出さなければならんおこさなければならん has to get angryしからずんばしからずんば otherwise; if notかぶと (war) helmet脱いでいで take off; set aside降参しなければならん。苦心苦心くしん trouble; labor; effortのあまり頭がだんだん禿げて来なければならん禿げて来なければならん is bound to go bald

今しもいましも just now; at this moment敵軍敵軍てきぐん enemy forces; adversariesから打ち出したした knocked out; fired off一弾一弾いちだん one shot; single shotは、照準照準しょうじゅん aim; alignment誤たずあやまたず without mistake; as intended四つ目垣よっがき bamboo lattice fence通り越してとおして cross over; pass by桐の木きり pawlonia trees下葉下葉したば low-hanging leaves振い落してふるおとして send fluttering down第二第二だいに number two城壁城壁じょうへき castle wall; rampart即ちすなわち that is; to be specific竹垣竹垣たけがき bamboo fence命中した命中めいちゅうした hit square on随分随分ずいぶん very much; a great deal大きなおおきな large; loud (sound)おと soundである。ニュートンニュートン Newton (Sir Isaac Newton; English mathematician and physicist; 1642-1726)運動律運動律うんどうりつ laws of motion第一第一だいいち number one; first oneに曰くいわく according to ...もし他のの otherちから force加うるくわうる add; impartあらざればあらざれば provided (something) doesn't or isn't一度び一度ひとたび once動き出したるうごしたる started in motion物体物体ぶったい object; body均一均一きんいつ uniform; constant速度速度そくど speed; velocityをもって直線直線ちょくせん straight line動くうごく move; progressものとす。もしこの律のみによって物体の運動が支配せらるる支配しはいせらるる be governed by (= 支配しはいせられる)ならば主人主人しゅじん masterあたま headはこのとき time; occasionイスキラスイスキラス Aeschylus (author of Greek tragedies; c. 525-455 BC)運命運命うんめい fate; destiny; lot同じくしたおなじくした was identical to; matchedであろう。さいわい fortunately; happilyにしてニュートンは第一則第一則だいいちそく first law定むるさだむる establish; stipulate; lay down同時に同時どうじに at the same time (as)第二則も製造してくれた製造せいぞうしてくれた produced (for us)ので主人の頭は危うきうちにあやうきうちに while flirting with danger一命を取りとめた一命いちめいりとめた escaped with one's life。運動の第二則に曰く運動の変化変化へんか changeは、加えられたる力に比例す比例ひれいす be in proportion (to)、しかしてその力の働くはたらく act; function; operate直線の方向方向ほうこう directionにおいて起るおこる occur; come about; be realizedものとす。これは何のなんの what sort ofこと act; matter; thingだか少しくすこしく a bit; somewhatわかり兼ねるわかりねる is difficult to comprehend; is hard to graspが、かのダムダム弾ダムダムだん dumdum bullet (expanding bullet; produced by British at Dum Dum Arsenal near Calcutta)が竹垣を突き通してとおして pierce; penetrate障子障子しょうじ shōji裂き破ってやぶって tear through主人の頭を破壊しなかった破壊はかいしなかった did not destroyところをもって見るともってると seeing that ...; given that ...、ニュートンの御蔭御蔭おかげ thanks to; owing toに相違ない相違そういない no doubt ...。しばらくすると案のごとくあんのごとく as per planてき adversaries; foes邸内邸内ていない grounds; premises乗り込んで来たんでた came flowing in; invadedものと覚しくおぼしく looks as though; seems、「ここか」「もっとひだり left (side)ほう direction; sideか」などとぼう rods; sticksでもってささ bamboo grass leaves敲き廻わるたたまわわる thrash aroundおと sounds; noiseがする。すべて敵が主人の邸内へ乗り込んでダムダム弾を拾うひろう gather; fetch場合場合ばあい case; instanceには必ずかならず invariably; without fail特別な大きなおおきな large; loud (voice)こえ voice出すす put forth; produce。こっそり這入って這入はいって enter; come in、こっそり拾っては肝心の肝心かんじんの critical; all-important目的目的もくてき objective; aim達せられんたっせられん not be reached; not be achieved。ダムダム弾は貴重貴重きちょう valuable; prizedかも知れないかもれない it may be that ...が、主人にからかうのはダムダム弾以上に以上いじょうに more than; over and above大事大事だいじ important; crucialである。この時のごときは遠くからとおくから from a distanceたま ball所在地所在地しょざいち location判然している判然はんぜんしている is evident; is clear。竹垣に中ったあたった hit; struck音も知っているっている know; recognize。中った場所場所ばしょ place分っているわかっている understand; comprehendしかしてしかして therefore; thusその落ちたちた came down; fell地面地面じめん ground心得て心得こころえて be aware ofいる。だからおとなしくして拾えば、いくらでもおとなしく拾える。ライプニッツライプニッツ Leibniz (Gottfried Wilhelm Leibniz; German philosopher and mathematician; 1646-1716)定義定義ていぎ postulationによると空間空間くうかん space出来得べき出来得できうべき should (naturally) come about同在同在どうざい coexistence現象現象げんしょう phenomenon of秩序秩序ちつじょ order; regularityである。いろはにほへといろはにほへと Iroha Song (equivalent to ABC song; uses each kana from syllabary once)はいつでも同じじゅん order; sequenceにあらわれてくる。やなぎ willow treeした below; beneathには必ずどじょう loachがいる。蝙蝠蝙蝠こうもり bat (animal)夕月夕月ゆうづき evening moonはつきものである。垣根垣根かきね hedge; fenceボールボール ball不似合不似合ふにあい unsuitable; ill-matched; incongruousかも知れぬ。しかし毎日毎日毎日まいにち毎日まいにち day after day; every dayボールをひと a person; anotherの邸内に抛り込むほうむ throw into; toss intoもの persons eyes映ずるえいずる be reflected; be mirrored (in)空間はたしかにこの排列排列はいれつ arrangement慣れているれている is used to; is accustomed to一眼見れば一眼ひとめれば with one look; at one glanceすぐ分るわけ situation; circumstanceだ。それをかくのごとく騒ぎ立てるさわてる cause an uproar; stir up a racketのは必竟必竟ひっきょう after allずるにずるに cunningly; slyly主人に戦争戦争せんそう warfare; engagement in battle挑むいどむ challenge (someone to)策略策略さくりょあく scheming; tacticsである。

こうなってはいかに消極的なる消極的しょうきょくてきなる (is) passive; listless; languid主人主人しゅじん masterといえども応戦しなければならん応戦おうせんしなければならん has to fight back; can't but retaliate。さっき座敷座敷ざしき living room; parlorのうちから倫理倫理りんり ethics; morals講義講義こうぎ lecture; discourseをきいてにやにやしていた主人は奮然として奮然ふんぜんとして with determined resolution立ち上がったがった rose up; got to one's feet猛然として猛然もうぜんとして like a man possessed馳け出したした went running out驀然として驀然ばくぜんとして flying headlongてき adversaries; enemies; foes一人一人ひとり one person; individual生捕った生捕いけどった took prisoner。主人にしては大出来大出来おおでき well-done; great successである。大出来には相違ないには相違そういない is without doubt ...が、見るる look; see; observe十四五十四五じゅうしご 14 or 15 (years of age)小供小供こども child (usually 子供こども)である。ひげ beard; whiskers生えているえている is growing; is sporting (whiskers)主人の敵として少しすこし a little; a bit不似合不似合ふにあい ill-matchedだ。けれども主人はこれで沢山沢山たくさん sufficient; adequateだと思ったおもった thought; considered (to be)のだろう。詫び入るる apologize; pleadのを無理に無理むりに by force引っ張ってって pull; drag椽側椽側えんがわ verandaまえ front ofまで連れて来たれてた led; brought。ここにちょっと敵の策略策略さくりゃく scheme; stratagem; tacticsについて一言する一言いちげんする say a word (on)必要必要ひつよう necessity; needがある、敵は主人が昨日昨日きのう yesterday; the day prior権幕権幕けんまく threatening attitude; menacing lookを見てこの様子様子ようす situation; state of affairsでは今日今日きょう today; this day必ずかならず invariably; without fail自身自身じしん oneself; himself出馬する出馬しゅつばする appear in person; get directly involvedに相違ないと察したさっした sensed; presumed; guessed。そのとき time; occasion万一万一まんいち if by some chance; in the unlikely event逃げ損じてそんじて fail to make one's escape大僧大僧おおぞう older boyがつらまってはこと things; affairs面倒面倒めんどう trouble; bother; burdenになる。ここは一年生一年生いちねんせい first-year student二年生二年生にねんせい second-year studentくらいな小供を玉拾いたまひろい ball fetching; ball retrievalにやって危険危険きけん danger; risk避けるける avoidに越した事はないしたことはない it's best to ...。よし主人が小供をつらまえて愚図愚図愚図愚図ぐずぐず grumbling; complaining理窟理窟りくつ arguments; quibbles捏ね廻したってまわしたって work in; repeat ad nauseam落雲館落雲館らくうんかん Rakuunkan (name of a private middle school)名誉名誉めいよう honor; prestigeには関係しない関係かんけいしない have no impact (on)、こんなものを大人気大人気おとなげ adultness; maturityもなく相手相手あいて other partyにする主人の恥辱恥辱ちじょく disgrace; shameになるばかりだ。敵のかんがえ thoughts; ideas; notionsはこうであった。これが普通の普通ふつうの ordinary; common; usual; average人間人間にんげん human being; personの考で至極至極しごく extremely; exceedingly; mostもっともなところである。ただ敵は相手が普通の人間でないと云う事こと the fact that ...勘定勘定かんじょう calculation; reckoningのうちに入れるれる include; comprehendのを忘れたわすれた forgot; neglectedばかりである。主人にこれくらいの常識常識じょうしき common sense; good senseがあれば昨日昨日きのう yesterday; the day priorだって飛び出しし flying out; running outはしない。逆上逆上ぎゃくじょう hotheadednessは普通の人間を、普通の人間の程度程度ていど degree; extent以上に以上いじょうに more than; over and above釣るし上げてるしげて hoist up; elevate、常識のあるものに、非常識非常識ひじょうしき lack of common sense; irrationality与えるあたえる give to; impart toもの thingである。おんな womanだの、小供だの、車引き車引くるまひき rickshaw puller; rickshawmanだの、馬子馬子まご packhorse driverだのと、そんな見境い見境みさかい distinction; discrimination; discernmentのあるうちは、まだ逆上を以てもって with; by means ofひと a person; another誇るほこる boast of; take pride in足らんらん be insufficient; be lacking。主人のごとく相手にならぬ中学中学ちゅうがく middle school一年生を生捕って戦争戦争せんそう war; warfare人質人質ひとじち hostageとするほどの了見了見りょうけん ideas; thoughts; notionsでなくては逆上家逆上家ぎゃくじょうか hothead仲間入り仲間なかまり joining a group; joining like company出来ない出来できない can't doのである。可哀そうな可哀かわいそうな poor; pitiable; unfortunateのは捕虜捕虜ほりょ prisoner (of war)である。単にたんに simply; merely上級生上級生じょうきゅうせい upperclassmen命令命令めいれい orders; instructionsによって玉拾いなる雑兵雑兵ぞうひょう common soldier; rank and file; underlingやく duty; role勤めたるつとめたる serve as; serve inところ、運わるくうんわるく unluckily; haplessly非常識の敵将敵将てきしょう enemy general、逆上の天才天才てんさい mastermind; virtuoso追い詰められてめられて be chased down; be corneredかき fence; hedge越えるえる cross over; pass beyond time; momentもあらばこそ、庭前庭前ていぜん garden引き据えられたえられた was forced to take a seat。こうなると敵軍敵軍てきぐん enemy forces; enemy camp安閑と安閑あんかんと in idleness; with folded arms味方味方みかた friend; allyの恥辱を見ている訳に行かないわけかない can't very well ... {paragraph continues below}

我も我もわれわれも me too, me too; vying with one another四つ目垣よっがき bamboo lattice fence乗りこしてりこして climb over木戸口木戸きどぐち wicket gate openingから庭中庭中ていちゅう within the garden乱れ入るみだる come piling in。そのかず numberやく about一ダースいちダース one dozenばかり、ずらりと主人主人しゅじん masterまえ before; in front of並んだならんだ formed a row; lined up大抵大抵たいてい generally; for the most part上衣上衣うわぎ jacketちょっ着ちょっ vestもつけておらん。白シャツしろシャツ white shirtうで sleevesをまくって、腕組腕組うでぐみ folded armsをしたのがある。綿ネル綿めんネル cotton flannel洗いざらしあらいざらし faded from washing申し訳にもうわけに perfunctorily; for sake of form背中背中せなか back (of one's body)だけへ乗せてせて place on; throw overいるのがある。そうかと思うおもう think; conclude; decideしろ white帆木綿帆木綿ほもめん sailcloth; canvas黒いくろい blackふち edge; hemをとってむね chest真中真中まんなか middle; center花文字花文字はなもじ ornate initialsを、同じおなじ same; identicalいろ color縫いつけたいつけた sewed into; embroidered洒落者洒落者しゃれもの sharply-outfitted fellowもある。いずれも一騎当千一騎いっき当千とうせん mighty combatant (lit: one horseman vanquishing a thousand)猛将猛将もうしょう courageous general見えてえて appear (as)丹波の国丹波たんばくに Tanba Province (old province in central Japan conquered by Oda Nobunaga in the Sengoku period)笹山笹山ささやま Sasayama (hill in old Tanba famous for monkeys; usually 篠山ささやま)から昨夜昨夜さくや the evening prior着し立てちゃくて just arrived; newly arrivedでござると云わぬばかりにわぬばかりに all but saying; all but declaring黒くくろく tanned逞しくたくましく strong; sturdy; robust筋肉筋肉きんにく muscles発達している発達はったつしている is developed中学中学ちゅうがく middle schoolなどへ入れてれて put into; send to学問学問がくもん scholarship; learningをさせるのは惜しいしい unfortunate; regrettableものだ。漁師漁師りょうし fisherman船頭船頭せんどう boatman; ferrymanにしたら定めしさだめし surely国家国家こっか country; nationのためになるだろうと思われるくらいである。彼等彼等かれら they; them申し合せたもうあわせた arranged; agreed uponごとく、素足素足すあし barefoot股引股引ももひき close-fitting trousers高くまくってたかくまくって tucked up; rolled up (high)近火近火きんか fire in the neighborhood手伝手伝てつだい help; assistanceにでも行きそうなきそうな looking to be off to風体風体ふうてい appearance; dressに見える。彼等は主人の前にならんだぎり黙然として黙然もくねんとして in silence一言も一言いちごんも (not) a single word発しないはっしない not put forth; not produce。主人もくち mouth開かないひらかない not openしばらくの間しばらくのあいだ for a while; for some time双方共双方そうほうとも both sides睨めくらにらめくら staring each other down; sizing each other upをしているなかにちょっと殺気殺気さっき animosityがある。

貴様等貴様等きさまら you-all (derog)ぬすっとうぬすっとう robbers; thievesか」と主人は尋問した尋問じんもんした questioned; grilled大気燄大気燄だいきえん brash; assertiveである。奥歯奥歯おくば molars; back teeth囓み潰したつぶした chewed up癇癪玉癇癪かんしゃくだま clump of rageほのお flamesとなって鼻の穴はなあな nostrilsから抜けるける escape; be unleashed (from)ので、小鼻小鼻こばな wings of the noseが、いちじるしく怒っていかって express one's fury見える。越後獅子越後えちご獅子じし lion's head mask worn by street performersはな nose人間人間にんげん human being; human怒ったおこった be angry; be outragedとき time; moment恰好恰好かっこう shape; form形どってかたどって be modeled on; be patterned after作ったつくった made; constructedものであろう。それでなくてはあんなに恐しくおそろしく frightfully出来る出来できる be finished; be madeものではない。

「いえ泥棒泥棒どろぼう robbers; thievesではありません。落雲館落雲館らくうんかん Rakuunkan (name of a private middle school)生徒生徒せいと students; pupilsです」

「うそをつけ。落雲館の生徒が無断で無断むだんで without permissionひと a person; another庭宅庭宅ていたく house and grounds侵入する侵入しんにゅうする intrude; trespass (into)やつ fellowsがあるか」

「しかしこの通りこのとおり just like this; as you can seeちゃんと学校学校がっこう school徽章徽章きしょう badge; insigniaのついている帽子帽子ぼうし hat; cap被ってかぶって put on; wear (on one's head)います」

「にせものだろう。落雲館の生徒ならなぜむやみに侵入した」

ボールボール ball飛び込んだんだ flew intoものですから」

「なぜボールを飛び込ました」

「つい飛び込んだんです」

怪しからんしからん scandalous; shamefulやつ fellowsだ」

以後以後いご hereafter; from now on注意します注意ちゅういします take care; exercise cautionから、今度今度こんど this timeだけ許してゆるして forgive; pardon; excuse下さいください please ...

「どこの何者何者なにもの what sorts of personsかわからん奴がかき fence; hedge越えてえて cross over邸内邸内ていない (within the) grounds; premises闖入する闖入ちんにゅうする intrude; encroach (on)のを、そう容易く容易たやすく easily; lightly許されると思うおもう think; believe; figureか」

「それでも落雲館落雲館らくうんかん Rakuunkan (name of a private middle school)生徒生徒せいと students; pupilsに違ないちがいない without doubtんですから」

「落雲館の生徒なら何年生何年生なんねんせい what year (in school)だ」

三年生三年生さんねんせい third-year studentです」

「きっとそうか」

「ええ」

主人主人しゅじん masterおく interiorほう direction顧みながらかえりみながら turning to、おいこらこらと云うう call out

埼玉埼玉さいたま Saitama (Prefecture)生れうまれ born in; hailing from御三御三おさん Osan (the maidservant)ふすま fusuma (sliding screen)をあけて、へえと顔を出すかおす poke one's head out; look out

「落雲館へ行ってって go (to)誰かだれか someone連れてこいれてこい bring (someone) back

「誰を連れて参りますれてまいります bring (someone) back

「誰でもいいから連れてこい」

下女下女げじょ maidservantは「へえ」と答えたこたえた answered; repliedが、あまり庭前庭前ていぜん garden光景光景こうけい scene; sight妙なみょうな odd; curious; strangeのと、使使つかい errand; taskおもむき meaning; tenor判然しない判然はんぜんしない is unclearのと、さっきからの事件事件じけん incident; affair; altercation発展発展はってん development; progression馬鹿馬鹿しい馬鹿馬鹿ばかばかしい asinine; imbecile; foolishので、立ちもせずちもせず without getting to one's feet坐りもせずすわりもせず without remaining seatedにやにや笑ってにやにやわらって grinいる。主人はこれでも大戦争大戦争だいせんそう all-out warをしているつもりである。逆上的逆上的ぎゃくじょうてき hot-headed敏腕敏腕びんわん capability; competence大におおいに very much; greatly振ってふるって flail; swing; wieldいるつもりである。しかるところしかるところ such being the case自分の自分じぶんの one's own召し使たる使つかいたる acting in the capacity of a servant当然当然とうぜん naturally; as a matter of courseこっちの肩を持つかたつ side with (someone); have (someone's) backべきものが、真面目な真面目まじめな serious; earnest態度態度たいど manner; demeanor; bearingをもってこと things; matters臨まんのぞまん not face; not confrontのみか、よう business; task; errand言いつけるいつける tell; order; directのを聞きながらきながら while listening to; while hearingにやにや笑っている。ますます逆上せざるを得ない逆上ぎゃくじょうせざるをない have to lose one's cool; have to fly off the handle

「誰でも構わんかまわん not matterから呼んで来いんでい go and call; go summonと云うのに、わからんか。校長校長こうちょう (school) principalでも幹事幹事かんじ chief administratorでも教頭教頭きょうとう head instructorでも……」

「あの校長さんを……」下女は校長と云う言葉言葉ことば word; term; expressionだけしか知らないしからない know only ...のである。

校長校長こうちょう (school) principalでも、幹事幹事かんじ chief administratorでも教頭教頭きょうとう head instructorでもと云ってって say; stateいるのにわからんか」

誰もだれも (no) oneおりませんでしたら小使小使こづかい janitor; custodian; caretakerでもよろしゅうございますか」

馬鹿を云え馬鹿ばかえ Nonsense!。小使などになに what分かるかる know; understandものか」

ここに至っていたって arrive (at); come (to)下女下女げじょ maidservantやむを得んやむをん have no other recourse心得た心得こころえた grasped; comprehendedものか、「へえ」と云って出て行ったった went out; set off使使つかい errand; task主意主意しゅい aim; objective; meaningはやはり飲み込めんめん fail to digest; struggle to comprehendのである。小使でも引張って来はせんか引張ひっぱってはせんか might perhaps come back with心配して心配しんぱいして worry; be anxiousいると、あに計らんやあにはからんや contrary to expectation例のれいの the aforementioned倫理倫理りんり ethics; morals先生先生せんせい teacher; instructor表門表門おもてもん front gateから乗り込んで来たんでた came marching in平然と平然へいぜんと calmly; quietly座に就くく take a seat待ち受けたけた waited on主人主人しゅじん master直ちにただちに straightaway; at once; without delay談判談判だんぱん exchange of words; dialogにとりかかる。

ただ今ただいま just now邸内邸内ていない (within the) grounds; premisesにこの者共者共ものども persons乱入致して乱入らんにゅういたして intrude……」と忠臣蔵忠臣蔵ちゅうしんぐら narrative based on the Forty-seven Rōninのような古風な古風こふうな archaic; antiquated (in style)言葉言葉ことば words; expressions使った使つかった used; appliedが「本当に本当ほんとうに really; in truth御校御校おんこう (your) school生徒生徒せいと students; pupilsでしょうか」と少々少々しょうしょう a little; to some degree皮肉に皮肉ひにくに with sarcasm語尾語尾ごび end of a sentence; final words切ったった wrapped up; concluded

倫理の先生は別段別段べつだん in particular; especially驚いたおどろいた surprised; taken aback様子様子ようす appearance; lookもなく、平気で平気へいきで calmly; cooly; with composure庭前庭前ていぜん gardenにならんでいる勇士勇士ゆうし intrepid warriors一通りひととおり in entirety; one and all見廻わした見廻みまわした looked over; surveyedうえ having ...、もとのごとくひとみ eyes; gazeを主人のほう directionにかえして、下のごとくしものごとく as follows答えたこたえた answered; replied

「さようみんな学校学校がっこう schoolの生徒であります。こんなこと matter; affairのないように始終始終しじゅう constantly; at all times訓戒訓戒くんかい warning; admonition; lesson加えてくわえて give; impartおきますが……どうも困ったこまった troubling; unfortunateもので……なぜ君等君等きみら you; you allかき fence; hedgeなどを乗り越すす climb overのか」

さすがに生徒は生徒である、倫理の先生に向ってはむかっては turning toward; facing一言も一言いちごんも (not) a single wordもないと見えてえて appear; seem何ともなんとも (not) anything云うものはない。おとなしくにわ garden; yardすみ cornerにかたまってひつじ sheepむれ group; bunch; flockゆき snow; snowfall逢ったった met with; encounteredように控えてひかえて hold back; refrainいる。

たま sphere; ball這入る這入はいる come into; enterのも仕方がない仕方しかたがない can't be helpedでしょう。こうして学校の隣りとなり proximity; near to; neighboring住んでんで live; resideいる以上は以上いじょうは given that ...時々時々ときどき from time to time; on occasionボールボール ball飛んで来ましょうんでましょう will likely come flying。しかし……あまり乱暴乱暴らんぼう reckless; wild; unrulyですからな。仮令仮令たとい even if; given that垣を乗り越えるにしても知れないようにれないように without being noticed; without drawing attention、そっと拾って行くひろってく retrieve (and go)なら、まだ勘弁勘弁かんべん pardon; let passのしようもありますが……」

「ごもっともで、よく注意は致します注意ちゅういいたします will caution; will warn何分何分なにぶん anyhow; at any rate多人数多人数たにんず a large group (of people)の事こと involving; concerningで……よくこれから注意をせんといかんぜ。もしボールボール ball飛んだらんだら fly; come flyingおもて front (of a building)から廻ってまわって go around (to)御断りをして御断おことわりをして ask permission取らなければいかんらなければいかん have to take; have to go and get。いいか。――広いひろい spacious; extensive学校学校がっこう schoolの事ですからどうも世話ばかりやけて世話せわばかりやけて always be minding; always be tending to仕方がない仕方しかたがない is no use; is futileです。で運動運動うんどう exercise; physical training教育教育きょういく education; instructionじょう with regard to; concerning必要な必要ひつような essential; requiredものでありますから、どうもこれを禁ずるきんずる prohibit; restrict訳には参りかねるわけにはまいりかねる one can't very well ...ので。これを許すゆるす allow; permitとつい御迷惑御迷惑ごめいわく trouble; annoyance (to you)になるような事が出来ます出来できます come about; occurが、これは是非是非ぜひ certainly; by all means御容赦御容赦ごようしゃ (your) pardon; forgiveness; tolerance願いたいと思いますねがいたいとおもいます would like to requestその代りそのかわり in exchange; in return向後向後こうご hereafter; from now onはきっと表門表門おもてもん front gateから廻って御断りを致した御断おことわりをいたした (having) asked permission上で取らせますから」

「いや、そう事が分かればかれば be understoodよろしいです。たま ballはいくら御投げになって御投おなげになって throw差支えはない差支さしつかえはない no objection; not a problemです。表からきてちょっと断わって下さればくだされば do (something) for someone構いませんかまいません don't mind; am fine with。ではこの生徒生徒せいと students; pupilsはあなたに御引き渡し申します御引おひわたもうします entrust to your worthy careからお連れ帰りかえり taking back homeを願います。いやわざわざ御呼び立て申して御呼およもうして call out; summon恐縮です恐縮きょうしゅくです pardon me for ...」と主人主人しゅじん master例によってれいによって as usual; as per habit例のごとくれいのごとく as always竜頭蛇尾竜頭蛇尾りゅうとうだび starting with a bang and ending with a whimper挨拶挨拶あいさつ exchange of words; speechをする。倫理倫理りんり ethics; morals先生先生せんせい teacher; instructor丹波の笹山丹波たんば笹山ささやま Tanba monkeys (via reference to a Tanba folk song)を連れて表門から落雲館落雲館らくうんかん Rakuunkan (name of a private middle school)引き上げるげる withdraw; retreat (to)吾輩吾輩わがはい I; me; myselfのいわゆる大事件大事件だいじけん significant happening; major altercationはこれで一とまずとまず for the time being; for the present落着を告げた落着らくちゃくげた reached its conclusion何のなんの in what mannerそれが大事件かと笑うわらう sneer at; scoff atなら、笑うがいい。そんなひと people; personsには大事件でないまでだ。吾輩は主人の大事件を写したうつした transcribed; depictedので、そんな人の大事件を記したしるした noted; documentedのではない。尻が切れて強弩の末勢しりれて強弩きょうど末勢ばっせい a swiftly shot arrow that slows and loses its stingだなどと悪口する悪口あっこうする bad-mouth; speak ill ofものがあるなら、これが主人の特色特色とくしょく idiosyncrasy; characteristicである事を記憶して記憶きおくして keep in mind; remember貰いたいもらいたい have (someone) do something。主人が滑稽文滑稽文こっけいぶん humorous writings; comical narrative材料材料ざいりょう material; sourceになるのもまたこの特色に存するそんする exist; reside (in)事を記憶して貰いたい。十四五十四五じゅうしご 14 or 15 (years of age)小供小供こども child (usually 子供こども)相手相手あいて other partyにするのは馬鹿馬鹿ばか foolishness; follyだと云うう say; state; assertなら吾輩も馬鹿に相違ない相違そういない without doubt; for sure同意する同意どういする be of like mind; agree。だから大町桂月大町おおまち桂月けいげつ Ōmachi Keigetsu (Meiji era writer and critic; 1869-1925)は主人をつらまえて未だいまだ (not) yet稚気稚気ちき childishness免がれずまぬがれず not free ofと云うている。

吾輩吾輩わがはい I; me; myselfはすでに小事件小事件しょうじけん lesser affair; minor altercation叙し了りじょおわり related in entiretyいま now; just nowまた大事件大事件だいじけん significant happening; major altercation述べ了ったおわった finished coveringから、これより大事件のあと after; following起るおこる come about; occur余瀾余瀾よらん reverberations; repercussions描き出だしてえがだして express; depict全篇全篇ぜんぺん the complete story結びむすび ending; conclusion付けるける affix; attach; fastenつもりである。すべて吾輩のかくこと matters; affairsは、くち mouthから出任せ出任でまかせ words spoken without much thoughtいい加減いい加減かげん slapdash; offhand; half-baked思うおもう think; feel読者読者どくしゃ readersもあるかも知れないかもれない it may be that ...決してけっして by (no) meansそんな軽率な軽率けいそつな careless; heedless; irresponsibleねこ catではない。一字一句一字いちじ一句いっく each word and phraseうち inside; interior宇宙宇宙うちゅう the universe; all of space and time一大一大いちだい large; grand哲理哲理てつり philosophic principles包含する包含ほうがんする encompass; comprehend無論の事無論むろんこと of course; needless to say、その一字一句が層々層々そうそう page upon page連続する連続れんぞくする continue; keep at首尾首尾しゅび from beginning to end相応じ相応あいおうじ fit together前後前後ぜんご before and after相照らして相照あいてらして shed light on each other瑣談繊話瑣談さだん繊話せんわ overly-detailed and tedious discussionと思ってうっかりとうっかりと carelessly; thoughtlessly読んでいたんでいた was readingものが忽然忽然こつぜん suddenly; unexpectedly豹変して豹変ひょうへんして change markedly容易ならざる容易よういならざる not easy; involved; profound法語法語ほうご Buddhist sermonとなるんだから、決して寝ころんだりころんだり loll; slouchあし feet出してして put out; put up五行ごとに五行ごぎょうごとに every five lines一度一度いちど at once; at one timeに読むのだなどと云う無礼無礼ぶれい discourtesy; insolence演じてえんじて commit (a blunder)はいけない。柳宗元柳宗元りゅうそうげん Ryū Sōgen (Liu Zongyuan; Tang dynasty Chinese politician and writer; 773-819)韓退之韓退之かんたいし Kan Taishi (Han Tuizhi; Chinese writer and government official of the Tang dynasty; 768-824)ぶん texts; writingsを読むごとに薔薇薔薇しょうび roseみず water hands清めたきよめた cleansed; purifiedと云うう it's said that ...くらいだから、吾輩の文に対してたいして with respect to; regardingもせめて自腹自腹じばら paying one's own way雑誌雑誌ざっし journal; magazine; periodical買って来てってて go and buy友人友人ゆうじん friend御余り御余おあまり leftover; used (item)借りてりて borrow間に合わすわす make due withと云う不始末不始末ふしまつ mismanagement; misconductだけはない事に致したいこといたしたい would like to see to it that ...。これから述べるのは、吾輩自らみずから personally; of one's own accord余瀾と号するごうする call; refer to (as)のだけれど、余瀾ならどうせつまらんに極っているきまっている it's a given that ...、読まんでもよかろうなどと思うと飛んだんだ terrible; awful; unthinkable後悔後悔こうかい regret; remorseをする。是非是非ぜひ absolutely; by all meansしまいまで精読しなくてはいかん精読せいどくしなくてはいかん need to read carefully

大事件のあった翌日翌日よくじつ the next day、吾輩はちょっと散歩散歩さんぽ walk; strollがしたくなったからおもて front side (of a building)出たた went out (to)。すると向うむこう other side; far side; yonder横町横町よこちょう side street; alley; lane曲がろうがろう turn (onto)と云うかど corner金田金田かねだ Kaneda (name)旦那旦那だんな master (of a house)鈴木鈴木すずき Suzuki (name)とう Tō (name; short for 藤十郎とうじゅうろう)さんがしきりに立ちながらちながら standing (there)はなし talk; conversationをしている。金田くん (suffix of familiarity for males)くるま car; cart自宅自宅うち one's home; one's house帰るかえる come back; return (to)ところ、鈴木君は金田君の留守留守るす (in) one's absence訪問して訪問ほうもんして visit; call on引き返すかえす return; head back途中途中とちゅう in the middle of両人両人ふたり both persons; the two of themがばったりと出逢った出逢であった came together; metのである。近来近来きんらい recently; of lateは金田の邸内邸内ていない grounds; premises珍らしくなくなっためずらしくなくなった no longer offer anything novelから、滅多に滅多めったに seldom; rarelyあちらの方角方角ほうがく directionへは足が向かなかったあしかなかった no longer head forが、こう御目に懸って御目おめかかって catch sight of見るる try (doing) ...と、何となくなんとなく somehow; in some sense御懐かしい御懐おなつかしい nostalgic; evoking of memories。鈴木にも久々久々ひさびさ long time; long whileだから余所ながら余所よそながら indirectly; from a distance拝顔拝顔はいがん meeting (with another person)えい honor得ておこうておこう gain; secure。こう決心して決心けっしんして decide; resolve (to do)のそのそ御両君御両君ごりょうくん both men佇立しておらるる佇立ちょりつしておらるる standing in place (= 佇立ちょりつしておられる)そば next to; beside近くちかく near to歩み寄ってあゆって walk up to; approach見ると、自然自然しぜん naturally; as matter of course両君の談話談話だんわ talk; conversation耳に入るみみはいる reach one's ears; be audible。これは吾輩のつみ wrongdoing; misdeedではない。先方先方せんぽう the other side; the other partyが話しているのがわるいのだ。金田君は探偵探偵たんてい investigators; informantsさえ付けてけて put on the case; deploy主人主人しゅじん master動静動静どうせい movements窺がううかがう ask after; inquire aboutくらいの程度程度ていど degree; extent良心良心りょうしん good conscience; uprightness有してゆうして have; possessいるおとこ man; fellowだから、吾輩が偶然偶然ぐうぜん by chance; unexpectedlyきみ sovereign; masterの談話を拝聴したって拝聴はいちょうしたって listen to; take in怒らるるおこらるる incur wrath; be reprimanded (= おこられる)気遣気遣きづかい concern; fear; worryはあるまい。もし怒られたら君は公平公平こうへい fairness; equityと云う意味意味いみ meaning; sense御承知ない御承知ごしょうちない has no concept ofのである。とにかく吾輩は両君の談話を聞いたいた listened toのである。聞きたくて聴いたのではない。聞きたくもないのに談話のほう sideで吾輩のみみ earsなか inside; within飛び込んで来たんでた came flying; came rushing (in)のである。

只今只今ただいま just now御宅御宅おたく your house; your place伺いましたうかがいました visited; calledところで、ちょうどよいところ place; time; occasion御目にかかりました御目おめにかかりました saw; met; encountered」ととう Tō (name; Suzuki Tōjūrō 鈴木すずき藤十郎とうじゅうろう)さんは鄭寧に鄭寧ていねいに politely; respectfullyあたま headをぴょこつかせる。

「うむ、そうかえ。実はじつは actually; in factこないだから、きみ youにちょっと逢いたいいたい would like to see (someone)思っていたおもっていた was thinkingがね。それはよかった」

「へえ、それは好都合好都合こうつごう favorable; fortuitousでございました。何かなにか somethingご用よう matter of businessで」

「いや何、大したたいした significant; of importanceこと matter; affairでもないのさ。どうでもいいんだが、君でないと出来ない出来できない can't manage事なんだ」

わたくし I; meに出来る事なら何でもなんでも (in) anything and everythingやりましょう。どんな事で」

「ええ、そう……」と考えてかんがえて think over; considerいる。

「何なら、御都合御都合ごつごう (your) convenienceのとき出直して伺いましょう出直でなおしてうかがいましょう call again; come again。いつが宜しゅうよろしゅう good; fine; agreeable (for you)、ございますか」

「なあに、そんな大した事じゃ無いじゃい isn't ...のさ。――それじゃせっかくだから頼もうたのもう ask; requestか」

「どうか御遠慮なく御遠慮ごえんりょなく don't hesistate; feel free……」

「あの変人変人へんじん eccentric; oddball; crankね。そら君の旧友旧友きゅうゆう old friendさ。苦沙弥苦沙弥くしゃみ Kushami (the master's name)とか何とか云うう called ...じゃないか」

「ええ苦沙弥がどうかしましたか」

「いえ、どうもせんがね。あの事件事件じけん incident; affair; altercation以来以来いらい since胸糞がわるくって胸糞むなくそがわるくって is not sitting right; has left a bad tasteね」

「ごもっともで、全くまったく utterly; entirely苦沙弥は剛慢剛慢ごうまん haughty; arrogant; overbearingですから……少しはすこしは a bit; to some extent自分の自分じぶんの one's own社会社会しゃかい societyじょう from the standpoint of; with respect to地位地位ちい position; statusを考えているといいのですけれども、まるで一人天下一人天下ひとりてんか master in one's own worldですから」

「そこさ。かね money; wealthに頭はさげん、実業家実業家じつぎょうか businessman; industrialistなんぞ――とか何とか、いろいろ小生意気な小生意気こなまいきな impertinent; impudent事を云うから、そんなら実業家の腕前腕前うでまえ ability; capability見せてやろうせてやろう show; display; make apparent、と思ってね。こないだから大分大分だいぶ very much; a great deal弱らしてよわらして wear down; put the screws toいるんだが、やっぱり頑張って頑張がんばって persevere; persist; hold outいるんだ。どうも剛情な剛情ごうじょうな obstinate; stubborn; headstrongやつ fellow; guyだ。驚ろいたおどろいた was surprised; was impressedよ」

「どうも損得損得そんとく advantage and disadvantageと云う観念観念かんねん idea; notion; concept乏しいとぼしい limited; lacking奴ですから無暗に無暗むやみに knowing no limits痩我慢を張る痩我慢やせがまんる endure out of pride; grin and bear itんでしょう。むかし former times; days pastからああ云うくせ peculiarity; idiosyncrasyのあるおとこ man; fellowで、つまり自分のそん disadvantage; lossになる事に気が付かないかない be unaware; be obliviousんですから度し難いがたい beyond help; incorrigibleです」

「あはははほんとに度し難いがたい beyond help; incorrigible。いろいろ手を易え品を易えてしなえて by hook or by crook; by various means and methodsやって見るやってる try (doing)んだがね。とうとうしまいに学校学校がっこう school生徒生徒せいと students; pupilsにやらした」

「そいつは妙案妙案みょうあん novel plan; bright idea; good thinkingですな。利目利目ききめ effect; workingがございましたか」

「これにゃあ、やつ the man; the fellow大分大分だいぶ very much; a great deal困ったこまった be in a fix; be at one's wit's endようだ。もう遠からずとおからず soon enough; before long落城する落城らくじょうする will surrender; will capitulateに極っているきまっている it's a given that ...

「そりゃ結構結構けっこう good; fine; splendidです。いくら威張って威張いばって boast; brag; swagger多勢多勢たぜい the force of numbers; numerical superiority無勢無勢ぶぜい woefully shorthandedですからな」

「そうさ、一人一人ひとり alone; on one's ownじゃあ仕方がねえ仕方しかたがねえ is hopeless; is a lost cause (= 仕方しかたがない)。それで大分弱ったよわった is worn down; is feeling the heatようだが、まあどんな様子様子ようす situation; state of affairsきみ you行って見て来てってて go and seeもらおうと云うう is the case that ...のさ」

「はあ、そうですか。なに訳はありませんわけはありません simple; easy enough。すぐ行って見ましょう。容子容子ようす situation; state of affairs帰りがけにかえりがけに on one's return; on the way back御報知を致す御報知ごほうちいたす report; inform事にしてことにして make it a point to ...面白い面白おもしろい of interest; intriguingでしょう、あの頑固なの頑固がんこなの stubborn one意気銷沈意気いき銷沈しょうちん dispirited; disheartened; down and outしているところは、きっと見物見物みもの sight; spectacle; worth seeingですよ」

「ああ、それじゃ帰りに御寄り御寄おより stop by; drop by待っているっている be waitingから」

「それでは御免蒙ります御免蒙ごめんこうむります take my leave (with your permission)

おや今度今度こんど this timeもまた魂胆魂胆こんたん ulterior motive; schemeだ、なるほど実業家実業家じつぎょうか businessman; industrialist勢力勢力せいりょく potency; force; influenceはえらいものだ、石炭石炭せきたん coal燃殻燃殻もえがら charred shell; burned-out remnantsのような主人主人しゅじん master逆上させる逆上ぎゃくじょうさせる send into a tizzy; send off the deep endのも、苦悶苦悶くもん anguish; torment結果結果けっか result; consequence主人のあたま head蠅滑り蠅滑はえすべり fly slide (i.e. a head so bald even flies slip off of it)難所難所なんしょ perilous positionとなるのも、その頭がイスキラスイスキラス Aeschylus (author of Greek tragedies; c. 525-455 BC)同様の同様どうようの the same manner (of)運命運命うんめい fate; destiny陥るおちいる fall into; end up inのもみな all; entirely実業家の勢力である。地球地球ちきゅう the earth; the world地軸地軸ちじく earth's axis廻転する廻転かいてんする spin (on); rotate (around)のは何のなんの what sort of; what form of作用作用さよう operation; effect; workingかわからないが、世の中なか the world; society動かすうごかす move; set in motion; stirものはたしかにかね money; wealthである。この金の功力功力くりき efficacy; effect; virtues of心得て心得こころえて know; understand; grasp、この金の威光威光いこう authority; influence自由に自由じゆうに freely; at will発揮する発揮はっきする flourish; wieldものは実業家諸君諸君しょくん the company of ...をおいてほかに一人もない。太陽太陽たいよう the sun無事に無事ぶじに without incident; successfully; as expectedひがし eastから出てて appear; emerge、無事に西西にし west入るる flow into; setのも全くまったく utterly; entirely実業家の御蔭御蔭おかげ thanks to; owing toである。いま now; the presentまではわからずやの窮措大窮措大きゅうそだい poor scholarうち house; home養なわれてやしなわれて was raised; was brought up (in)実業家の御利益御利益ごりやく divine favor; blessing; efficacy知らなかったらなかった didn't know; wasn't aware ofのは、我ながらわれながら I'll say so myself; I have to admit不覚不覚ふかく failure; blunder; indiscretionである。それにしても冥頑不霊の冥頑めいがん不霊ふれいの hardheaded and unenlightened主人も今度は少しくすこしく to some degree; to some extent悟らずばなるまいさとらずばなるまい needs to understand; had best grasp。これでも冥頑不霊で押し通すとおす carry on with; stick to了見了見りょうけん idea; thought; notionだと危ないあぶない perilous; precarious。主人のもっとも貴重する貴重きちょうする value; hold dear; cherishいのち lifeがあぶない。かれ he; him鈴木鈴木すずき Suzuki (name)くん (suffix of familiarity for males)逢ってって meet; seeどんな挨拶挨拶あいさつ exchange; conversationをするのか知らん。その模様模様もよう model; pattern; frameworkで彼の悟り具合さと具合ぐあい state of awareness; extent of realization自からおのずから naturally; in due course分明分明ぶんみょう clear; apparentになる。愚図愚図してはおられん愚図愚図ぐずぐずしてはおられん there's no time to wasteねこ catだって主人の事こと involving; concerningだから大におおいに very much; greatly心配心配しんぱい worry; concernになる。早々早々そうそう quickly; promptly; without delay鈴木君をすり抜けてすりけて slip past御先御先おさき ahead; before; in advance帰宅する帰宅きたくする return home

鈴木鈴木すずき Suzuki (name)くん (suffix of familiarity for males)はあいかわらず調子のいい調子ちょうしのいい in fine spirits; in good formおとこ man; fellowである。今日今日きょう today; this day金田金田かねだ Kaneda (name)の事こと about; concerningなどはおくびにも出さないおくびにもさない say nothing of; make no mention of、しきりに当り障りのないあたさわりのない innocuous; run-of-the mill世間話世間話せけんばなし small talk; chat面白そうに面白おもしろそうに enthusiastically; with relishしている。

きみ you少しすこし a little; a bit顔色顔色かおいろ countenance; complexion悪いわるい not good; poorようだぜ、どうかしやせんか」

別にべつに especially; in particularどこも何ともなんとも (no)thing; in (no) wayないさ」

「でも蒼いあおい paleぜ、用心用心ようじん care; cautionせんといかんよ。時候時候じこう time of the year; seasonがわるいからね。よるは安眠安眠あんみん sound sleep; restful slumber出来る出来できる can do; can realizeかね」

「うん」

何かなにか something心配心配しんぱい worries; concerns; caresでもありゃしないか、ぼく I; meに出来る事なら何でもするぜ。遠慮なく遠慮えんりょなく without heistation云い給えたまえ please say; please ask

「心配って、何を?」

「いえ、なければいいが、もしあればと云う事さ。心配が一番一番いちばん foremost; most of allどく harmful; unhealthyだからな。世の中なか the world; society笑ってわらって with a smile; with a laugh面白く暮すくらす live (one's life); pass (one's days)のがとく to one's advantage; bestだよ。どうも君はあまり陰気過ぎる陰気いんきぎる too melancholy; lacking cheerようだ」

「笑うのも毒だからな。無暗に無暗むやみに knowing no limits笑うと死ぬぬ die; perish事があるぜ」

冗談云っちゃいけない冗談じょうだんっちゃいけない you're pulling my leg笑う門には福来るわらかどにはふくきたる fortune calls where laughter dwells; laugh and grow fatさ」

昔しむかし long-ago; ancient times希臘希臘ギリシャ Greeceクリシッパスクリシッパス Chrysippus (Greek Stoic philosopher; c. 279–c. 206 BC)と云う哲学者哲学者てつがくしゃ philosopherがあったが、君は知るまいるまい probably haven't heard of

「知らない。それがどうしたのさ」

「その男が笑い過ぎて死んだんだ」

「へえー、そいつは不思議不思議ふしぎ strange; curious; puzzlingだね、しかしそりゃ昔の事だから……」

「昔しだっていま now; the presentだって変りかわり change; differenceがあるものか。驢馬驢馬ろば donkeyぎん silverどんぶり porcelain bowlから無花果無花果いちじゅく figs食うう eatのを見てて see; view、おかしくってたまらなくって無暗に笑ったんだ。ところがどうしても笑いがとまらない。とうとう笑い死にわらに death by laughterに死んだんだあね」

「はははしかしそんなに留め度もなくもなく uncontainably; uncontrollably笑わなくってわらわなくって not laughもいいさ。少しすこし a little; a bit笑う――適宜に適宜てきぎに fittingly; with discretion、――そうするといい心持ち心持こころもち feeling; disposition; moodだ」

鈴木鈴木すずき Suzuki (name)くん (suffix of familiarity for males)がしきりに主人主人しゅじん master動静動静どうせい state; condition研究して研究けんきゅうして study; observe; scrutinizeいると、おもて front side (of a building)もん gate; gateway; entranceががらがらとあく、客来客来きゃくらい arrival of a callerかと思うおもう think; suppose; imagineとそうでない。

「ちょっとボールボール ball這入りました這入はいりました came into; enteredから、取らしてらして let pick up; let retrieve下さいください please ...

下女下女げじょ maidservant台所台所だいどころ kitchenから「はい」と答えるこたえる answer; reply書生書生しょせい students裏手裏手うらて back side; out back廻るまわる go round; circle round (to)。鈴木は妙なみょうな odd; strangeかお face; (facial) expressionをして何だいなんだい what's that聞くく ask; enquire

うら back side; in backの書生がボールをにわ garden; yard投げ込んだんだ threwんだ」

「裏の書生? 裏に書生がいるのかい」

落雲館落雲館らくうんかん Rakuunkan (name of a private middle school)と云うう called ...学校学校がっこう schoolさ」

「ああそうか、学校か。随分随分ずいぶん very much; a great deal騒々しい騒々そうぞうしい noisy; loud; raucousだろうね」

「騒々しいの何のって。碌々碌々ろくろく (not) properly; (not) sufficiently勉強勉強べんきょう studies出来やしない出来できやしない are not carried out; are not performedぼく I; me文部大臣文部もんぶ大臣だいじん Minister of Educationなら早速早速さっそく promptly; without delay閉鎖閉鎖へいさ closure; shutdown命じてめいじて order; directやる」

「ハハハ大分大分だいぶ very much; a great deal怒ったおこった be angry; be upsetね。何かなにか something癪に障るしゃくさわる touch a nerve; rile oneこと affairs; mattersでも有るる happen; occurのかい」

「あるのないのって、あさ morningからばん evening; nightまで癪に障り続けしゃくさわつづけ constant aggravationだ」

「そんなに癪に障るなら越せばせば move; move awayいいじゃないか」

だれ whoが越すもんか、失敬千万失敬しっけい千万せんばん most disrespectful; the height of impertinenceな」

「僕に怒ったって仕方がない仕方しかたがない is of no use; serves no purpose。なあに小供小供こども child (usually 子供こども)だあね、打ちゃってうっちゃって disregard; let beおけばいいさ」

きみ youはよかろうが僕はよくない。昨日昨日きのう yesterday教師教師きょうし teacher; instructor呼びつけてびつけて summon; call談判してやった談判だんぱんしてやった did some talking to

「それは面白かった面白おもしろかった well done; satisfactoryね。恐れ入ったろうおそったろう was duly chastened

「うん」

このとき time; momentまた門口門口かどぐち gateway; entranceをあけて「ちょっとボールボール ball這入りました這入はいりました came into; enteredから取らしてらして let pick up; let retrieve下さいください please ...」と云うう say; state; call outこえ voiceがする。

「いや大分大分だいぶ very much; a great deal来るる come; call; visitじゃないか、またボールだぜきみ you (used here as form of address)

「うん、おもて front side (of a building)から来るように契約した契約けいやくした agreed (on)んだ」

「なるほどそれであんなにくるんだね。そうーか、分ったわかった understood; got it

なに whatが分ったんだい」

「なに、ボールを取りにくる源因源因げんいん reason; causeがさ」

今日今日きょう this day; todayはこれで十六返目十六返目じゅうろっぺんめ sixteenth timeだ」

「君うるさくないか。来ないない not come; not call; not visitようにしたらいいじゃないか」

「来ないようにするったって、来るから仕方がない仕方しかたがない can't be helpedさ」

「仕方がないと云えばそれまでだが、そう頑固頑固がんこ stubborn; obstinateにしていないでもよかろう。人間人間にんげん human beings; people; menかど corners; edgesがあると世の中なか the world; society転がって行くころがってく go rolling throughのが骨が折れてほねれて break one's bones; require great effortそん damage; detriment; disadvantageだよ。丸いまるい round; circularものはごろごろどこへでも苦なしになしに without hardship; comfortably行けるが四角な四角しかくな square; corneredものはころがるに骨が折れるばかりじゃない、転がるたびに角がすれてすれて rub; chafe痛いいたい painfulものだ。どうせ自分一人自分じぶん一人ひとり on one's own; by oneselfの世の中じゃなし、そう自分の思うおもう think; imagine; supposeようにひと people; othersはならないさ。まあ何だねなんだね how should I put it?。どうしてもかね money; wealthのあるものに、たてを突いちゃたてをいちゃ push against; oppose; defy損だね。ただ神経神経しんけい nervesばかり痛めて、からだは悪くなるわるくなる go to ruin、人は褒めてくれずめてくれず not commend; not speak well of向うむこう the other side; the other party平気な平気へいきな cool; collected; deliberateものさ。坐ってすわって sit (in place)人を使い使つかい put into use; dispatchさえすればすむんだから。多勢多勢たぜい the force of numbers; numerical superiority無勢無勢ぶぜい woefully shorthanded; outnumbered (forces)どうせ、叶わないかなわない be (no) match forのは知れているれている is plain to see; is a givenさ。頑固もいいが、立て通すとおす push through; persevere (on principle)つもりでいるうちに、自分の勉強勉強べんきょう studies; work障ったりさわったり hinder; interfere with毎日毎日まいにち every day; each day業務業務ぎょうむ duties; functions; tasksはん trouble; pains及ぼしたりおよぼしたり give rise to; bring aboutとどのつまりとどのつまり in the end; after all is said and done骨折り損骨折ほねおぞん toiling in vain草臥儲け草臥くたびれもうけ wasted effort; meaningless laborだからね」

ご免なさいめんなさい excuse me; pardon meいま now; just nowちょっとボールが飛びましたびました flew; went flyingから、裏口裏口うらぐち rear entrance; back side廻ってまわって go around (to)、取ってもいいですか」

「そらまた来たぜ」と鈴木鈴木すずき Suzuki (name)くん (suffix of familiarity for males)笑ってわらって laugh; grinいる。

失敬な失敬しっけいな impertinent; disrespectful」と主人主人しゅじん master真赤真赤まっか beet redになっている。

鈴木君はもう大概大概たいがい generally; for the most part訪問訪問ほうもん call; visit intent果したはたした accomplished; achieved; fulfilledと思ったから、それじゃ失敬それじゃ失敬しっけい if you'll excuse meちと来たまえちとたまえ stop by sometime帰って行くかえってく head home; take one's leave

入れ代ってかわって taking the place of; in passingやって来たやってた came in; entered; appearedのが甘木先生甘木あまき先生せんせい Dr. Amaki (the master's physician)である。逆上家逆上家ぎゃくじょうか hothead自分で自分じぶんで of oneself; on one's own逆上家だと名乗る名乗なのる admit to being; self-identify (as)もの persons昔しむかし long ago; times pastかられい examples; instances; cases少ないすくない few in number; rare、これは少々少々しょうしょう a bit; to some degreeへん odd; strange; out of sortsだなと覚ったさとった perceived; realizedとき time; momentは逆上のとうげ peak; ridge; crestはもう越してして pass over; crossいる。主人主人しゅじん masterの逆上は昨日昨日きのう yesterday; the day prior大事件大事件だいじけん significant happening; major altercationさい occasion; time of最高度最高度さいこうど highest level; furthest extent達したたっした reached; arrived (at)のであるが、談判談判だんぱん exchange of words; dialog竜頭蛇尾たる竜頭蛇尾りゅうとうだびたる (is) starting with a bang and ending with a whimperに係らずかかわらず in spite of ...、どうかこうか始末始末しまつ settlement; outcomeがついたのでそのばん evening; night書斎書斎しょさい study; den; reading roomつくづくつくづく intently; carefully; closely考えて見るかんがえてる consider; reflect onと少し変だと気が付いたいた realized; noticed。もっとも落雲館落雲館らくうんかん Rakuunkan (name of a private middle school)が変なのか、自分が変なのかうたがい doubt; question存するそんする retain; preserve; keep余地余地よち room; margin充分充分じゅうぶん adequately; sufficientlyあるが、何しろなにしろ in any case; at any rateに違ないちがいない without doubt ...; unmistakably ...。いくら中学校中学校ちゅうがっこう middle schoolとなり near to; next to居を構えたってきょかまえたって may have taken up one's residence、かくのごとく年が年中ねん年中ねんじゅう the whole year round肝癪を起しつづけ肝癪かんしゃくおこしつづけ always losing one's temperはちと変だと気が付いた。変であって見ればどうかしなければならん。どうするったって仕方がない仕方しかたがない there's nothing to be done、やはり医者医者いしゃ doctor; physicianくすり medicine; salveでも飲んでんで drink; take (medicine)肝癪のみなもと source; origin; root賄賂賄賂わいろ sweetener; enticementでも使って使つかって use; apply慰撫する慰撫いぶする pacify; sootheよりほかにみち way; pathはない。こう覚ったから平生平生へいぜい usual; ordinaryかかりつけのかかりつけの attendant on; serving甘木先生を迎えてむかえて call for; summon診察診察しんさつ medical examination受けてけて receive; undergo見ようと云うう being the case that ...; is ...量見量見りょうけん thought; intentionを起したのである。けん genius; brilliance foolishness; follyか、その辺そのへん such a matter; such a thing別問題別問題べつもんだい separate questionとして、とにかく自分の逆上に気が付いただけは殊勝の殊勝しゅしょうの admirable; laudableこころざし resolution奇特の奇特きどくの praiseworthy; commendable心得心得こころえ understanding; insightと云わなければならん。甘木先生は例のごとくれいのごとく as usual; as alwaysにこにこと落ちつき払ってちつきはらって calmly; with composure、「どうです」と云う。医者は大抵大抵たいてい generally; for the most partどうですと云うに極っているきまっている it's a given that ...吾輩吾輩わがはい I; me; myselfは「どうです」と云わない医者はどうも信用信用しんよう confidence; trust; faithをおく inclinationにならん。

「先生どうも駄目駄目だめ no good; hopelessですよ」

「え、なに what; what's thatそんなこと situation; caseがあるものですか」

一体一体いったい in the end; after all医者の薬は利くく work; function; be effectiveものでしょうか」

甘木先生も驚ろいたおどろいた was surprised; was caught off guard; was taken abackが、そこは温厚の温厚おんこうの easygoing; mild-mannered長者長者ちょうじゃ virtuous and gentle personだから、別段別段べつだん in particular; especially激したげきした excited; riled; passionate様子様子ようす appearance; lookもなく、

「利かん事もないです」と穏かにおだやかに calmly; quietly答えたこたえた answered; replied

わたし my胃病胃病いびょう stomach ailment; digestive disorderなんか、いくら薬を飲んでも同じおなじ the same; unchanged事ですぜ」

決してけっして certainly (not)、そんな事はない」

「ないですかな。少しは善くなりますくなります get better; improveかな」と自分の stomachの事をひと other person; another聞いて見るいてる ask about

「そう急にはきゅうには suddenly; at one time癒りませんなおりません does not improve; does not get better、だんだん利きますきます work; function; take effectいま now; the presentでももとより大分大分だいぶ very much; a great dealよくなっています」

「そうですかな」

「やはり肝癪肝癪かんしゃく fits of temper; bouts of irritability起りますおこります come about; occurか」

「起りますとも、夢にゆめに in one's dreamsまで肝癪を起します」

運動運動うんどう exercise; physical activityでも、少しすこし a little; a bit; in some measureなさったらいいでしょう」

「運動すると、なお肝癪が起ります」

甘木先生甘木あまき先生せんせい Dr. Amaki (the master's physician)あきれ返ったあきれかえった was dumbfounded; was flabbergasted; was exasperatedものと見えてえて appear; seem (to be)

「どれ一つひとつ (just) once拝見しましょうか拝見はいけんしましょうか shall I take a look」と診察診察しんさつ medical examination始めるはじめる begin; commence。診察を終るおわる finish; concludeのを待ちかねたちかねた couldn't wait for主人主人しゅじん masterは、突然突然とつぜん suddenly; abruptly; out of the blue大きなおおきな big; loud (voice)こえ voice出してして put forth

「先生、せんだって催眠術催眠術さいみんじゅつ hypnotismのかいてあるほん book読んだらんだら read、催眠術を応用して応用おうようして apply; use手癖のわるい手癖てくせのわるい kleptomaniaんだの、いろいろな病気病気びょうき maladies; ailmentsだのを直すなおす cure; correct事が出来ること出来できる is able to ...; can ...書いてあったいてあった was writtenですが、本当本当ほんとう truth; reality; factでしょうか」と聞くく ask; enquire

「ええ、そう云うそうう such kind of療法療法りょうほう therapy; treatmentもあります」

「今でもやるんですか」

「ええ」

「催眠術をかけるのはむずかしいものでしょうか」

「なに訳はありませんわけはありません easy; simpleわたし I; meなどもよく懸けますけます apply

「先生もやるんですか」

「ええ、一つやって見ましょうか。誰でもだれでも anyone懸らなければならんかからなければならん has to fall under理窟理窟りくつ logic; reasonのものです。あなたさえ善ければければ if in agreement懸けて見ましょう」

「そいつは面白い面白おもしろい of interest; intriguing、一つ懸けて下さいください please ...。私もとうから懸かって見たいと思ったおもった was thinkingんです。しかし懸かりきりで眼が覚めないめない not wake up; not return to one's senses困るこまる be at a loss; be in a bad spotな」

「なに大丈夫大丈夫だいじょうぶ fine; safe; without worryです。それじゃやりましょう」

相談相談そうだん consultation; discussionはたちまち一決して一決いっけつして be settled; come to agreement主人主人しゅじん masterはいよいよ催眠術催眠術さいみんじゅつ hypnotism懸けらるるけらるる have applied; undergo (= けられる)こと act; actionとなった。吾輩吾輩わがはい I; me; myselfいま now; the presentまでこんな事を見たた saw; observed; witnessed事がないことがない have never ...から心ひそかにこころひそかに inwardly喜んでよろこんで be delighted; be elatedその結果結果けっか effect; result; outcome座敷座敷ざしき living room; parlorすみ cornerから拝見する拝見はいけんする observe先生先生せんせい doctor; physicianはまず、主人の eyesからかけ始めたかけかけめた started on; went to work on。その方法方法ほうほう method; approachを見ていると、両眼両眼りょうがん both eyes上瞼上瞼うわまぶた upper eyelidsうえ top; aboveからした bottom; belowへと撫でてでて brush gently; stroke、主人がすでに眼を眠ってねむって close (one's eyes)いるにも係わらずにもかかわらず in spite of、しきりに同じおなじ the same方向方向ほうこう directionくせを付けたがってくせをけたがって seek to make accustomed toいる。しばらくすると先生は主人に向ってむかって turn (toward)「こうやって、瞼を撫でていると、だんだん眼が重たくなるおもたくなる grow heavyでしょう」と聞いたいた asked; ascertained。主人は「なるほど重くなりますな」と答えるこたえる answer; reply。先生はなお同じように撫でおろし、撫でおろし「だんだん重くなりますよ、ようござんすか」と云うう say; state。主人もその mood; feelingになったものか、何ともなんとも (no)thing云わずに黙っているだまっている remains silent。同じ摩擦法摩擦法まさつほう manner of strokingはまた三四分三四分さんしふん for three or four minutes繰り返されるかえされる was repeated最後に最後さいごに finally; at last甘木先生甘木あまき先生せんせい Dr. Amaki (the master's physician)は「さあもう開きませんきません won't openぜ」と云われた。可哀想に可哀想かわいそうに pitiably; sadly主人の眼はとうとう潰れてしまったつぶれてしまった were useless; had ceased to function。「もう開かんのですか」「ええもうあきません」主人は黙然として黙然もくねんとして in silence目を眠ってねむって with eyes closedいる。吾輩は主人がもう盲目盲目めくら blind manになったものと思い込んでしまったおもんでしまった was under the impression that ...。しばらくして先生は「あけるなら開いて御覧なさい御覧ごらんなさい feel free to try ...。とうていあけないから」と云われる。「そうですか」と云うが早いかうがはやいか as soon as saying; as soon as having said it主人は普通の通り普通ふつうとおり as usual; as always両眼を開いていた。主人はにやにや笑いながらにやにやわらいながら with a grin「懸かりませんな」と云うと甘木先生も同じく笑いながら「ええ、懸りません」と云う。催眠術はついに不成功不成功ふせいこう without success; in failure了るおわる end; finish。甘木先生も帰るかえる return; take one's leave

その次にそのつぎに after that; next来たた came; calledのが――主人のうちへこのくらいきゃく visitor; callerの来た事はない。交際交際こうさい association; social interaction少ないすくない few; little; scarce主人のいえ house; homeにしてはまるでうそ unreal; unimaginableのようである。しかし来たに相違ない相違そういない without doubt。しかも珍客珍客ちんきゃく unexpected visitor; unusual callerが来た。吾輩がこの珍客の事を一言一言いちごん a few words; some amount of commentでも記述する記述きじゅつする describe; give account ofのは単にたんに simply; merely珍客であるがためではない。吾輩は先刻先刻せんこく before; earlier; prior申すもうす speak of; mention通りとおり just as ...大事件大事件だいじけん significant happening; major altercation余瀾余瀾よらん reverberations; repercussions描きつつあるえがきつつある be in the process of depictingしかしてしかして thus; thereforeこの珍客はこの余瀾を描くに方ってあたって on the occasion of; when it comes to逸すべからざるいっすべからざる cannot be ommitted材料材料ざいりょう material; matterである。何と云う名前名前なまえ name知らんらん don't know; can't say、ただかお face長いながい long; drawn out; extended上にうえに in addition to山羊山羊やぎ yagiのようなひげ beard; whiskers生やしてやして grow; sportいる四十四十しじゅう forty (years old)前後前後ぜんご more or less; give or takeおとこ man; fellowと云えばよかろう。迷亭迷亭めいてい Meitei (name)美学者たる美学者びがくしゃたる (is a) student of aesthetics; aestheteに対してたいして with respect to; in contrast to、吾輩はこの男を哲学者哲学者てつがくしゃ philosopher呼ぶぶ designate; refer to (as)つもりである。なぜ哲学者と云うと、何もなにも (no)thing; in (no) way迷亭のように自分で自分じぶんで of one's own; for one's own benefit振り散らすらす stir the sceneからではない、ただ主人と対話する対話たいわする converse (with)とき time; occasion様子様子ようす appearance; lookを拝見しているといかにも哲学者らしく思われるからである。これも昔しむかし way back; in days past同窓同窓どうそう fellow alumnusと見えて両人共両人ふたりとも both persons; the two of them応対応対おうたい dealing with; engaging (a person)振りり style; manner至極至極しごく extremely; exceedingly打ち解けたけた open; honest; unreserved有様有様ありさま condition; stateだ。

「うん迷亭迷亭めいてい Meitei (name)か、あれはいけ pond浮いてるいてる is floating金魚麩金魚きんぎょ goldfish foodのようにふわふわしているね。せんだって友人友人ゆうじん friend連れてれて take (someone) with一面識もない一面識いちめんしきもない has never met; is a complete stranger華族華族かぞく peerage (Japanese nobility after Meiji Restoration in 1868)門前門前もんぜん before the gate; in front of the gate通行した通行つうこうした passed byとき time; occasion、ちょっと寄ってって stop byちゃ teaでも飲んで行こうんでこう drink (before proceeding)云ってって say; suggest引っ張り込んだんだ dragged in; pulled inそうだが随分随分ずいぶん very much; a great deal呑気呑気のんき carefree; easygoingだね」

「それでどうしたい」

「どうしたか聞いても見なかったいてもなかった didn't bother askingが、――そうさ、まあ天稟の天稟てんぴんの natural-born奇人奇人きじん eccentric; oddballだろう、その代りそのかわり at the same timeかんがえ ideas; thoughts; intentions何もなにも (no)thingない全くまったく utterly; entirely金魚麩だ。鈴木鈴木すずき Suzuki (name)か、――あれがくるのかい、へえー、あれは理窟理窟りくつ reason; logicはわからんが世間的には世間的せけんてきには in worldly matters利口な利口りこうな clever; savvy; sharpおとこ man; fellowだ。金時計金時計きんどけい gold watch下げられるげられる hang; dangleたちだ。しかし奥行き奥行おくゆき depthがないから落ちつきちつき groundedness; stability; composureがなくって駄目駄目だめ no good; flawedだ。円滑円滑えんかつ smooth; harmonious円滑と云うが、円滑の意味意味いみ meaning; significance; implicationも何もわかりはせんよ。迷亭が金魚麩ならあれはわら straw括ったくくった bundled; fastened蒟蒻蒟蒻こんにゃく konnyaku jellyだね。ただわるく滑かなめらか smooth; polishedぶるぶる振えているぶるぶるふるえている trembling; quivering; shakingばかりだ」

主人主人しゅじん masterはこの奇警な奇警きけいな witty; original比喩比喩ひゆ analogiesを聞いて、大におおいに very much; greatly感心した感心かんしんした was impressed; was taken withものらしく、久し振りでひさりで for the first time in a whileハハハと笑ったわらった laughed

「そんならきみ youは何だい」

ぼく I; meか、そうさな僕なんかは――まあ自然薯自然薯じねんじょ Japanese yamくらいなところだろう。長くなってながくなって is longどろ mud; soilなか within埋ってるうまってる is buriedさ」

「君は始終始終しじゅう constantly; at all times泰然として泰然たいぜんとして calm; composed; self-possessed気楽な気楽きらくな carefree; at easeようだが、羨ましいうらやましい am enviousな」

「なに普通の普通ふつうの common; average; ordinary人間人間にんげん person; man同じおなじ the same (as)ようにしているばかりさ。別にべつに especially; in particular羨まれるに足るる enough for; worthy ofほどのこと situation; caseもない。ただありがたい事にひと people; persons; othersを羨む inclination; tendency起らんおこらん not come about; not occurから、それだけいいね」

会計会計かいけい accounts; reckonings; business results近頃近頃ちかごろ recently; of late豊かゆたか plentiful; ample; abundantかね」

「なに同じ事さ。足るや足らずさ。しかし食うているうている am eating; can eatから大丈夫大丈夫だいじょうぶ fine; good; well enough驚かないよおどろかないよ nothing remarkable

「僕は不愉快不愉快ふゆかい unhappy; discontentで、肝癪肝癪かんしゃく fits of temper; bouts of irritabilityが起ってたまらん。どっちを向いていて turn toward不平不平ふへい complaints; grievancesばかりだ」

不平不平ふへい complaints; grievancesもいいさ。不平が起ったらおこったら arise; come about起してしまえば当分当分とうぶん for a while; for some timeはいい心持ち心持こころもち feeling; sensationになれる。人間人間にんげん human beings; people; menはいろいろだから、そう自分自分じぶん oneselfのようにひと people; othersにもなれと勧めたってすすめたって advise; encourage; suggest、なれるものではない。はし chopsticksは人と同じおなじ the sameように持たんたん not holdめし meal; food食いにくいいにくい hard to eatが、自分の麺麭麺麭パン breadは自分の勝手に勝手かってに as one likes; as one pleases切るる cutのが一番一番いちばん foremost; most of all都合都合つごう circumstance; situationがいいようだ。上手な上手じょうずな skilled; proficient; competent仕立屋仕立屋したてや tailor着物着物きもの clothingをこしらえれば、着たてたて newly-donnedから、からだに合ったった suited (to); fitting (with)のを持ってくるってくる bring; provide; deliverが、下手の下手へたの unpracticed; inept; incompetent裁縫屋裁縫屋したてや tailor誂えたらあつらえたら place an order (with)当分は我慢しないと駄目我慢がまんしないと駄目だめ have to put up with; have to persevereさ。しかし世の中なか the worldはうまくしたもので、着ているうちには洋服洋服ようふく Western-style clothes; a suit of clothingほう alternative (of two choices)で、こちらの骨格骨格こっかく bone structure; build; frameに合わしてくれるから。いま now; the present world; societyに合うように上等な上等じょうとうな superior; first-rate両親両親りょうしん parents手際よく手際てぎわよく adroitly; deftly; expertly生んでくれればんでくれれば give birth to; produce; bring into the world、それが幸福なの幸福こうふくなの happy; fortunate (situation)さ。しかし出来損こなったら出来損できそこなったら is wrongly formed; is poorly fashioned世の中に合わないで我慢するか、または世の中で合わせるまで辛抱する辛抱しんぼうする endure; persevereよりほかにみち way; pathはなかろう」

「しかしぼく I; meなんか、いつまで立ってもいつまでっても no matter how much time passes合いそうにないぜ、心細い心細こころぼそい discouraging; dishearteningね」

「あまり合わない背広背広せびろ business suit無理に無理むりに forciblyきると綻びるほころびる come apart at the seams; be ripped; be torn喧嘩をしたり喧嘩けんかをしたり quarrel; brawl; squabble自殺をしたり自殺じさつをしたり kill oneself; take one's own life騒動騒動そうどう strife; turmoilが起るんだね。しかしきみ youなんかただ面白くない面白おもしろくない uninteresting; uninspiring; dull云うう say; stateだけで自殺は無論無論むろん of course; without sayingしやせず、喧嘩だってやったこと case; instanceはあるまい。まあまあいい方だよ」

「ところが毎日毎日まいにち every day; each day喧嘩ばかりしているさ。相手相手あいて the other party出て来なくってなくって not come out; not appear怒っておこって bristle; seethe; fumeおれば喧嘩だろう」

「なるほど一人喧嘩一人ひとり喧嘩げんか confrontation in absentiaだ。面白いや、いくらでもやるがいい」

「それがいやになった」

「そんならよすさ」

君の前だがきみまえだが I can say this to you自分のこころ heart; mind; spiritがそんなに自由自由じゆう free; at libertyになるものじゃない」

「まあ全体全体ぜんたい after all; in the endなに whatがそんなに不平なんだい」

主人主人しゅじん masterはここにおいて落雲館落雲館らくうんかん Rakuunkan (name of a private middle school)事件事件じけん incident; affair; altercation始めはじめ beginning; startとして、今戸焼今戸焼いまどやき Imado unglazed porcelain; Imado wareたぬき tanuki; raccoon dogから、ぴん助ぴんすけ Pinsuke (Kaneda crony who works at same middle school as the master)きしゃごきしゃご Kishago (Kaneda crony who works at same middle school as the master)そのほかあらゆる不平を挙げてげて raise; give; cite滔々と滔々とうとうと in an outpouring哲学者哲学者てつがくしゃ philosopherの前に述べ立てたならてた laid forth; related in detail。哲学者先生先生せんせい teacher; professor; scholarはだまって聞いていて listen; hearいたが、ようやく口を開いてくちひらいて open one's mouth; speak、かように主人に説き出したした set to explaining; started in to expound

ぴん助ぴんすけ Pinsuke (Kaneda crony who works at same middle school as the master)きしゃごきしゃご Kishago (Kaneda crony who works at same middle school as the master)なに what; whatever云ったってったって might say知らん顔らんかお look of indifferenceをしておればいいじゃないか。どうせ下らんくだらん trifling; insignificant; not worth bothering withのだから。中学中学ちゅうがく middle school生徒生徒せいと students; pupilsなんか構うかまう care about価値価値かち value; merit; worthがあるものか。なに妨害妨害ぼうがい disturbance; disruptionになる。だって談判談判だんぱん exchange of words; dialogしても、喧嘩喧嘩けんか quarrel; fight; confrontationをしてもその妨害はとれんのじゃないか。ぼく I; meそう云うそうう that kind of; suchてん points; mattersになると西洋人西洋人せいようじん Westernerより昔しのむかしの of long ago; of former times日本人日本人にほんじん Japanese (people)ほう alternative (of two choices)がよほどえらいと思うおもう think; consider; believe。西洋人のやり方やりかた way of doing things; manner; approach積極的積極的せっきょくてき positive; proactive積極的と云って近頃近頃ちかごろ recently; of late大分大分だいぶ very much; a great deal流行る流行はやる be fashionable; be in vogueが、あれは大なるだいなる is big; is great欠点欠点けってん fault; flaw; shortcoming持っているっている have; possessよ。第一第一だいいち first of all; for starters積極的と云ったって際限際限さいげん limits; boundsがない話しはなし situation; caseだ。いつまで積極的にやり通したってやりとおしたって even if one pushes through満足満足まんぞく satisfaction; contentmentと云ういき region; levelとか完全完全かんぜん perfect; completeと云うさかい border; boundaryにいけるものじゃない。むこう beyond; yonderひのき Japanese cypress (tree)があるだろう。あれが目障り目障めざわり eyesore; unwelcome sightになるから取り払うはらう clear away; remove。とその向うの下宿屋下宿屋げしゅくや lodging houseがまた邪魔邪魔じゃま nuisance; disturbanceになる。下宿屋を退去させる退去たいきょさせる dispatch; send packingと、そのつぎ nextいえ house; dwelling癪に触るしゃくさわる touch a nerve; rile one。どこまで行ってって go; proceed; advance (to)も際限のない話しさ。西洋人の遣り口くち manner; approachはみんなこれさ。ナポレオンナポレオン Napoleon (Napoleon Bonaparte)でも、アレキサンダーアレキサンダー Alexander (Alexander the Great)でも勝ってって win; prevail; triumph満足したものは一人一人ひとり one (person)もないんだよ。ひと a person; a man気に喰わんわん not to one's liking; disagreeable、喧嘩をする、先方先方せんぽう the other side; the other party閉口しない閉口へいこうしない not be silenced; not back down法庭法庭ほうてい court of law (usually 法廷ほうてい)訴えるうったえる file a complaint; challenge (in court)、法庭で勝つ、それで落着落着らくちゃく settlement; conclusionと思うのは間違間違まちがい mistake; error; fallacyさ。こころ heart; mind; soulの落着は死ぬぬ die; perish; pass awayまで焦ったってあせったって fret; fuss; stew片付く片付かたづく be put in order; be set rightこと situation; caseがあるものか。寡人政治寡人かじん政治せいじ oligarchyがいかんから、代議政体代議だいぎ政体せいたい representative governmentにする。代議政体がいかんから、また何かなにか something or other; this or thatにしたくなる。かわ river生意気生意気なまいき impertinent; impudent; pushy; brashだってはし bridgeをかける、やま mountainが気に喰わんと云って隧道隧道トンネル tunnel堀るる dig; excavate交通交通こうつう traffic面倒面倒めんどう trouble; botherだと云って鉄道鉄道てつどう railroad; railway布くく lay out; lay down。それで永久永久えいきゅう lasting; persisting; permanent満足が出来る出来できる come about; come to beものじゃない。さればと云ってさればとって nevertheless; even at that人間人間にんげん human beings; menだものどこまで積極的に我意我意がい self-will通すとおす push through; persist in事が出来るものか。西洋西洋せいよう the West; the Occident; Western countries文明文明ぶんめい culture; civilizationは積極的、進取的進取的しんしゅてき enterprisingかも知れないかもれない it may be that ...がつまり不満足不満足ふまんぞく dissatisfaction; discontent一生一生いっしょう lifetime; one's whole life throughをくらす人の作ったつくった made; produced文明さ。日本日本にほん Japanの文明は自分自分じぶん oneself以外以外いがい other than; apart from状態状態じょうたい situation; state変化させて変化へんかさせて change; alter満足を求めるもとめる seek; desire; persueのじゃない。西洋と大におおいに very much; greatly違うちがう different (from); counter (to); at odds (with)ところは、根本的に根本的こんぽんてきに fundamentally; basically周囲周囲しゅうい surroundings境遇境遇きょうぐう circumstances; environment; situation動かすべからざるうごかすべからざる mustn't be moved; is not to be movedものと云う一大仮定一大いちだい仮定かてい single overriding assumption; key guiding principleもと basis; foundation発達している発達はったつしている has been developedのだ。親子親子おやこ parent and child関係関係かんけい relationship面白くない面白おもしろくない stale; tedious; uninspiringと云って欧洲人欧洲人おうしゅうじん European (persons)のようにこの関係を改良して改良かいりょうして improve; make better落ちつきちつき stability; steadiness; harmonyをとろうとするのではない。親子の関係は在来のまま在来ざいらいのまま as is; as has beenでとうてい動かす事が出来んものとして、その関係の下に安心安心あんしん relief; peace of mind求むるもとむる seek; desire; persue手段手段しゅだん means; way; measure講ずるこうずる work at; come up withにある。 {paragraph continues below}

夫婦夫婦ふうふ husband and wife君臣君臣くんしん ruler and ruled; master and servant間柄間柄あいだがら relationshipその通りそのとおり exactly that; in the same vein武士武士ぶし warrior; samurai町人町人ちょうにん townsfolk; merchant class区別区別くべつ distinction; classificationもその通り、自然自然しぜん nature; the natural worldその物そのもの itself観るる look at; regard; observeのもその通り。――やま mountainがあって隣国隣国りんごく neighboring country; near-by district行かれなければかれなければ not able to go (to)、山を崩すくずす destroy; tear down; levelと云うう saying ...; being ...かんがえ idea; thought; notion起すおこす raise; call up; bring about代りにかわりに instead of; rather than隣国へ行かんでも困らないこまらない take no issue; not be concernedと云う工夫工夫くふう idea; plan; interventionをする。山を越さなくともさなくとも without crossing over満足満足まんぞく satisfaction; contentmentだと云う心持ち心持こころもち feeling; disposition; mood養成する養成ようせいする develop; cultivateのだ。それだからきみ you (used here as form of address)見給え見給みたまえ take a look; think about禅家禅家ぜんけ Zen priestでも儒家儒家じゅか Confucianistでもきっと根本的に根本的こんぽんてきに fundamentally; basicallyこの問題問題もんだい question; problem; subjectつらまえるつらまえる capture; grasp; perceive (= とらえる)。いくら自分自分じぶん oneselfがえらくても世の中なか the world; societyはとうてい意のごとくのごとく according to one's will; as one wishesなるものではない、落日を回らす落日らくじつめぐらす call back the setting sun (from legend surrounding the shōgun Kiyomori)こと act; actionも、加茂川加茂川かもがわ Kamogawa (Kamo river; reference to line from Heike Monogatari)逆にさかに in reverse流すながす cause to flow事も出来ないこと出来できない (one) cannot ...。ただ出来るものは自分のこころ heart; mind; spiritだけだからね。心さえ自由にする自由じゆうにする release; set free修業修業しゅぎょう training; practiceをしたら、落雲館落雲館らくうんかん Rakuunkan (name of a private middle school)生徒生徒せいと students; pupilsがいくら騒いでさわいで clamor; make noise; raise a racket平気な平気へいきな cool; collected; calmものではないか、今戸焼今戸焼いまどやき Imado unglazed porcelain; Imado wareたぬき tanuki; raccoon dogでも構わんかまわん not mind; pay no heedでおられそうなものだ。ぴん助ぴんすけ Pinsuke (Kaneda crony who works at same middle school as the master)なんか愚なな foolish; silly; stupid事を云ったらこの馬鹿野郎馬鹿ばか野郎やろう blasted idiot; worthless scoundrelとすましておれば仔細なかろう仔細しさいなかろう problem solved; the end of it何でもなんでも anyhow; at any rate昔しむかし long ago; in former times坊主坊主ぼうず Buddhist priestひと other person; another斬り付けられたけられた was set upon with a swordとき time; moment電光影裏に春風を斬る電光でんこう影裏えいり春風しゅんぷうる the flash of a sword slicing the spring breezeとか、何とかとか、なんとか or something like that; or to that effect洒落れた洒落しゃれた artful; astute; shrewd事を云ったと云うはなし story; talk ofだぜ。心の修業がつんで消極消極しょうきょく passivity; detachmentきょく extremity; height (of)達するたっする reach; achieveとこんな霊活な霊活れいかつな spiritually vitalized作用作用さよう action; effectが出来るのじゃないかしらん。ぼく I; meなんか、そんなむずかしい事は分らないわからない am not versed in; cannot graspが、とにかく西洋人西洋人せいようじん Westernerふう manner; tendency積極主義積極せっきょく主義しゅぎ principle of (proactive) engagementばかりがいいと思うおもう think; consider; believeのは少々少々しょうしょう somewhat; to some degree誤まっているあやまっている is in the wrong; is misguidedようだ。現にげんに actually; in fact君がいくら積極主義に働いたってはたらいたって work; labor (at)、生徒が君をひやかしにくるのをどうする事も出来ないじゃないか。君の権力権力けんりょく power; influence; authorityであの学校学校がっこう school閉鎖する閉鎖へいさする close; shut downか、または先方先方せんぽう the other side; the other party警察警察けいさつ police訴えるうったえる lodge a complaintだけのわるい事をやれば格別格別かくべつ special; different; an exceptionだが、さもない以上はさもない以上いじょうは barring that; otherwise、どんなに積極的に積極的せっきょくてきに positively; proactively出たったてたったて come out; engage勝てっこないかってっこない won't win; can't winよ。もし積極的に出るとすればかね money; fundsの問題になる。多勢多勢たぜい the force of numbers; numerical superiority無勢無勢ぶぜい woefully shorthanded; outnumbered (forces)の問題になる。換言すると換言かんげんすると in other words; put another way君が金持金持かねもち men of wealth; men of means頭を下げなければならんあたまげなければならん have to bow one's head (in deference to); have to yield (to)と云う事になる。しゅう greater numbers (of people); numerical superiority恃むたのむ engage; employ; call into service小供小供こども children (usually 子供こども)恐れ入らなければならんおそらなければならん be duly humbled; be put in one's placeと云う事になる。君のような貧乏人貧乏人びんぼうにん man of meager means; pauperでしかもたった一人一人ひとり one person; a single personで積極的に喧嘩喧嘩けんか quarrel; fight; confrontationをしようと云うのがそもそも君の不平不平ふへい discontent; dissatisfactionたね seed; sourceさ。どうだい分ったかい」

主人主人しゅじん masterは分ったとも、分らないとも言わずにわずに without saying聞いていたいていた listened珍客珍客ちんきゃく unexpected visitor; unusual caller帰ったかえった took one's leave; departedあとで書斎書斎しょさい study; den; reading room這入って這入はいって enter; go into書物書物しょもつ book読まずにまずに without reading何かなにか something; something or other考えていた。

鈴木鈴木すずき Suzuki (name)とう Tō (name; short for 藤十郎とうじゅうろう)さんは金と衆とに従えしたがえ yield; submit (to)と主人に教えたおしえた instructed; advisedのである。甘木先生甘木あまき先生せんせい Dr. Amaki (the master's physician)催眠術催眠術さいみんじゅつ hypnotism神経神経しんけい nerves沈めろしずめろ bring down; calm助言した助言じょごんした counseledのである。最後の最後さいごの final; last珍客は消極的消極的しょうきょくてき passivity; submissiveness修養修養しゅうよう (mental) training; self-discipline; cultivation安心安心あんしん relief; comfort; peace of mind得ろろ seek; secure; gain説法した説法せっぽうした lectured; preachedのである。主人がいずれを択ぶえらぶ choose; selectかは主人の随意随意ずいい free choice; own willである。ただこのままでは通されないとおされない cannot continue (with); cannot persist (in)に極っているまっている it's evident that ...