I am a Cat - Chapter 8 a

vocabulary bar - use mouse hover or touch to display furigana and definition of underlined terms

はち (chapter) 8

垣巡り垣巡かきめぐり fence circuitと云うう called; referred to as運動運動うんどう exercise; physical training説明した説明せつめいした explained; expounded on; talked ofとき time; occasionに、主人主人しゅじん masterにわ garden; yard結い繞らしてあるめぐらしてある is bound by; is enclosed by竹垣竹垣たけがき bamboo fenceの事こと concerning; pertaining toをちょっと述べたべた mentioned; commented on; describedつもりであるが、この竹垣のそと outside; exteriorがすぐ隣家隣家りんか neighboring house; next door即ちすなわち namely; specifically南隣南隣みなみどなり neighboring to the south次郎ちゃん次郎じろちゃん Jiro-chan (name)とこと思っておもって think; imagine誤解誤解ごかい misconceptionである。家賃家賃やちん (house) rent安いやすい cheap; inexpensiveがそこは苦沙弥苦沙弥くしゃみ Kushami (the master's name)先生先生せんせい teacher; professor; scholarである。与っちゃんっちゃん Yot-chan (name)や次郎ちゃんなどと号するごうする call; refer to (as)、いわゆるちゃん付きちゃんき addressed with -chan (i.e. on friendly terms)連中連中れんじゅう company; lotと、薄っ片なうすぺらな slight; thinかき fence; hedge一重一重ひとえ one layer; a single layer隔ててへだてて separate; partition御隣り同志御隣おとな同志どうし among neighbors親密なる親密しんみつなる intimate; friendly交際交際こうさい association; social interaction結んでおらぬむすんでおらぬ is not connected; is not tied。この垣の外は五六間五六間ごろっけん 5 or 6 ken (about 10 meters; about 12 yards)空地空地あきち vacant land; empty lotであって、その尽くるくる run out; be exhausted; come to an end (= きる)ところにひのき Japanese cypress (tree)蓊然と蓊然こんもりと thickly; densely; luxuriantly五六本五六本ごろっぽん five or six (trees)併んでいるならんでいる be lined up; stand in a row椽側椽側えんがわ verandaから拝見する拝見はいけんする see; viewと、向うむこう the other side; beyond; yonder茂ったしげった thickly grown; luxuriantもり forest; woodsで、ここに往むむ live; reside先生は野中野中のなか in a wide field一軒家一軒家いっけんや single house; solitary houseに、無名の無名むめいの namelessねこ catとも friend; companionにして日月日月じつげつ days and months; years; time送るおくる spend; pass (time)江湖の処士江湖こうこ処士しょし unassuming man; humble citizenであるかのごときかん feeling; sense; impressionがある。但しただし however檜のえだ branches吹聴する吹聴ふいちょうする talk up; proclaimごとく密生して密生みっせいして grow thickly; grow denselyおらんので、そのあいだ spaces; intervals; gapsから群鶴館群鶴館ぐんかくかん Gunkakukan (name; lit: gathering place of cranes)という、名前名前なまえ nameだけ立派な立派りっぱな grand; splendid; imposing安下宿やす下宿げしゅく two-bit boarding house安屋根やす屋根やね shabby roof遠慮なく遠慮えんりょなく without hindrance; freely見えるえる be visible; appearから、しかく先生を想像する想像そうぞうする imagine; pictureのにはよほど骨の折れるほねれる be hard pressed (to do)のは無論無論むろん of course; without sayingである。しかしこの下宿下宿げしゅく boarding houseが群鶴館なら先生のきょ residenceはたしかに臥竜窟臥竜窟がりょうくつ Garyōkutsu (name; lit: lair of the sleeping dragon)くらいな価値価値かち value; merit; worthはある。名前にぜい taxはかからんから御互に御互おたがいに mutually; vis-à-vis each otherえらそうなやつ things勝手次第に勝手かって次第しだいに as one wishes付けるける attach; assignこと act; actionとして、このはば width五六間の空地が竹垣を添うてうて follow; accompany東西東西とうざい east and west走るはしる run; flowやく approximately; about十間十間じゅっけん 10 ken (about 18 meters; about 20 yards)、それから、たちまち鉤の手かぎ right-angled (like a hook)屈曲して屈曲くっきょくして bend、臥竜窟の北面北面ほくめん north side取り囲んでかこんで surroundいる。この北面が騒動騒動そうどう dispute; disturbanceたね seed; sourceである。本来本来ほんらい essentially; by nature; in essenceなら空地を行き尽してつくして follow to its endまたあき地、とか何とかとかなんとか or something like that; or to that effect威張って威張いばって boast; bragもいいくらいにいえ house二側二側ふたがわ two sides包んでつつんで surround; encloseいるのだが、臥竜窟の主人は無論窟内窟内くつない within one's lair霊猫たる霊猫れいびょうたる (is a) spirit cat; devine feline吾輩吾輩わがはい I; me; myselfすらこのあき地には手こずってこずって not know what to do with; not know how to handleいる。南側南側みなみがわ south sideに檜が幅を利かしてはばかして make one's presence felt; fill up the frameいるごとく、北側北側きたがわ north sideには桐の木きり paulownia; empress tree; foxglove tree七八本七八本しちはっぽん seven or eight (trees)行列して行列ぎょうれつして be lined up; be arrayed in a rowいる。もう周囲周囲しゅうい circumference一尺一尺いっしゃく 1 shaku (about 30 cm; about 1 foot)くらいにのびているから下駄屋下駄屋げたや clog shop; geta shop (proprietor)さえ連れてくればれてくれば bring along; bring overいい priceになるんだが、借家借家しゃくや rented house悲しさかなしさ sadness; misery; woeには、いくら気が付いていて take notice; be aware実行実行じっこう action; practice; realization出来ん出来できん can't do。主人に対してたいして with respect to; vis-à-vis気の毒どく unfortunate; regrettableである。せんだって学校学校がっこう school小使小使こづかい janitor; custodian; caretaker来てて come; call; visitえだ branch一本一本いっぽん one (branch)切ってって cut off行ったった went; returnedが、そのつぎに来た時は新らしいあたらしい new桐の俎下駄まないた下駄げた wide flat geta; (lit: cutting-board geta)穿いて穿いて wear (on one's feet)この間このあいだ the other dayの枝でこしらえましたと、聞きもせんのにきもせんのに without one asking吹聴していた。ずるい奴だ。桐はあるが吾輩及びおよび and; or主人家族家族かぞく family; householdにとっては一文一文いちもん one mon (small amount of money)にもならない桐である。たま gem; jewel抱いていだいて hold; harborつみ wrongdoing; misdeedありと云う古語古語こご old proverb; old sayingがあるそうだが、これは桐を生やしてやして let growぜに moneyなしと云ってもしかるべきしかるべき proper; appropriate; suitableもので、いわゆる宝の持ち腐れぐされ unrealized potentialである。 {paragraph continues below}

愚なるなる (is) foolish; stupidものは主人主人しゅじん masterにあらず、吾輩吾輩わがはい I; me; myselfにあらず、家主家主やぬし landlord伝兵衛伝兵衛でんべえ Denbei (name)である。いないかな、いないかな、下駄屋下駄屋げたや clog shop; geta shop (proprietor)はいないかなときり paulownia; empress tree; foxglove treeほう side催促して催促さいそくして press; urgeいるのに知らん面をしてらんかおをして be unconcerned; be indifferent屋賃屋賃やちん rent (usually 家賃やちん)ばかり取り立てて collect (on a debt)にくる。吾輩は別にべつに in particular; especially伝兵衛にうらみ grudge; malice; ill willもないからかれ he; him悪口悪口あっこう bad-mouthing; speaking ill ofをこのくらいにして、本題本題ほんだい main topic; matter at hand戻ってもどって return (to)この空地空地あきち vacant land; empty lot騒動騒動そうどう dispute; disturbanceたね seed; sourceであると云うう saying ...; being ...珍譚珍譚ちんだん anecdote (= 珍談ちんだん)紹介仕る紹介しょうかいつかまつる introduce; presentが、決してけっして by (no) means主人にいってはいけない。これぎりの話しはなし talk; dialogである。そもそもこの空地に関してかんして with regard to; concerning第一の第一だいいちの first; foremost不都合なる不都合ふつごうなる is a problem; presents a difficultyこと matter; situation垣根垣根かきね hedge; fenceのない事である。吹き払いはらい as the wind blows吹き通しとおし open to the air抜け裏うら byway; bypass通行通行つうこう passage; traffic; coming and going御免天下晴れての御免ごめん天下てんかれての right and proper; with full license空地である。あると云うとうそ lie; falsehoodをつくようでよろしくない。じつ truthを云うとあったのである。しかし話しは過去過去かこ earlier times; past溯らんとさかのぼらんと unless one goes back (to)源因源因げんいん origin; source分からないからない won't be understood。源因が分からないと、医者医者いしゃ doctor; physicianでも処方処方しょほう prescription迷惑する迷惑めいわくする have difficulty; struggle。だからここへ引き越して来たしてた moved in当時当時とうじ the time in questionからゆっくりと話し始めるはなはじめる start telling; start one's story。吹き通しもなつ summer; summertimeせいせいしてせいせいして refreshing心持ち心持こころもち feeling; sensationがいいものだ、不用心不用心ふようじん absence of cautionだってかね moneyのないところに盗難盗難とうなん theft; robberyのあるはずはない。だから主人のいえ house; homeに、あらゆるへい wallかき fence; hedge乃至は乃至ないしは and; or乱杭乱杭らんぐい stockade逆茂木逆茂木さかもぎ abatis (array of stakes angled outward toward the enemy)るい sort of; type of全くまったく utterly; entirely不要不要ふよう unnecessary; superfluousである。しかしながらこれは空地の向うむこう other side; far side住居する住居すまいする live; reside人間人間にんげん personsもしくは動物動物どうぶつ animals; creatures種類種類しゅるい variety; kind; type如何によって如何いかんによって depending on ...決せらるるけっせらるる be decided; be determined (= けっせられる)問題問題もんだい question; problemであろうと思うおもう think; believe従ってしたがって accordinglyこの問題を決するためには勢いいきおい naturally; necessarily向う側むこがわ the other side陣取っている陣取じんどっている occupy; take up position (in)君子君子くんし gentlemen性質性質たち nature; disposition明かにせんければならんあきらかにせんければならん need to confirm; have to ascertain。人間だか動物だか分らない先にわからないさきに before one knows; before one is familiar with君子と称するしょうする refer to (as)のははなはだ早計早計そうけい hasty; rash; prematureのようではあるが大抵大抵たいてい generally; for the most part君子で間違間違まちがい mistake; errorはない。梁上の君子梁上りょうじょう君子くんし burglar; thiefなどと云って泥棒泥棒どろぼう burglar; thiefさえ君子と云う世の中なか the world; societyである。但しただし howeverこの場合場合ばあい case; situationにおける君子は決して警察警察けいさつ police厄介厄介やっかい trouble; bother; concernになるような君子ではない。警察の厄介にならない代りにかわりに instead of; rather thanかず numberでこなしたもの persons; things見えてえて appear; seem沢山沢山たくさん sufficient; enough; a great dealいる。うじゃうじゃうじゃうじゃ in swarms; in clustersいる。落雲館落雲館らくうんかん Rakuunkan (name)と称する私立私立しりつ privately owned; private中学校中学校ちゅうがっこう middle school――八百八百はっぴゃく eight hundredの君子をいやが上にいやがうえに even more; all the more君子に養成する養成いくせいする educate; develope; cultivate (as)ために毎月毎月まいつき every month; each month二円二円にえん two yen月謝月謝げっしゃ monthly tuition fee徴集する徴集ちょうしゅうする enlist; conscript学校である。名前名前なまえ nameが落雲館だから風流な風流ふうりゅうな elegant; refined君子ばかりかと思うと、それがそもそもの間違になる。その信用すべからざる信用しんようすべからざる must not believe; cannot rely on事は群鶴館群鶴館ぐんかくかん Gunkakukan (name of a boarding house; lit: gathering place of cranes)つる crane下りざるりざる does not descend; does not alight (= りない)ごとく、臥竜窟臥竜窟がりょうくつ Garyōkutsu (name; lit: lair of the sleeping dragon)ねこ catがいるようなものである。学士学士がくし college graduateとか教師教師きょうし teacher; instructorとか号するごうする call; refer to (as)ものに主人苦沙弥苦沙弥くしゃみ Kushami (the master's name)くん (suffix of familiarity for males)のごとき気違気違きちがい madness; lunacyのある事を知ったった came to know; became aware of以上は以上いじょうは once ...; having ...落雲館の君子が風流漢風流漢ふうりゅうかん sense of refinement; impression of eleganceばかりでないと云う事がわかるわけ situation; caseだ。それがわからんと主張する主張しゅちょうする claim; insist (otherwise)ならまず三日三日みっか three daysばかり主人のうちへ宿りに来て宿とまりにて come to stay見るる try (and see)がいい。

ぜん before; earlier; prior申すもうす say; state; mentionごとく、ここへ引き越しし moving in当時当時とうじ the time in questionは、例のれいの the aforementioned空地空地あきち vacant land; empty lotかき fence; hedgeがないので、落雲館落雲館らくうんかん Rakuunkan (name of a private middle school)君子君子くんし gentlemen車屋の黒車屋くるまやくろ Kurumaya no Kuro (name of a neighboring cat)のごとく、のそのそと桐畠桐畠きりばたけ pawlonia grove這入り込んできて這入はいんできて came into話をするはなしをする talk; converse; shoot the breeze弁当弁当べんとう bentō; box lunch食うう eatささ bamboo grassうえ top of寝転ぶ寝転ねころぶ lie down; sprawl out (on)――いろいろのこと activitiesをやったものだ。それからは弁当の死骸死骸しがい carcass; remains即ちすなわち that is ...; namely ...竹の皮たけかわ bamboo sheaves古新聞ふる新聞しんぶん old newspapers、あるいは古草履ふる草履ぞうり old zōri (traditional thonged sandals)古下駄ふる下駄げた old geta (wooden clogs)、ふると云うう called; referred to as nameのつくものを大概大概たいがい generally; for the most partここへ棄てたてた tossed away; discardedようだ。無頓着なる無頓着むとんじゃくなる (is) inattentive; indifferent主人主人しゅじん master存外存外ぞんがい contrary to expectation; surprisingly平気に平気へいきに calmly; coolly; without concern構えてかまえて adopt a posture; to assume a stance別段別段べつだん in particular; especially抗議抗議こうぎ protest; objection申し込まずにもうまずに without lodging (an objection)打ち過ぎたぎた bided one's timeのは、知らなかったらなかった didn't know; wasn't awareのか、知っても咎めんとがめん not reproach; not take to taskつもりであったのか分らないわからない don't know; can't say。ところが彼等彼等かれら they; them諸君子諸君子しょくんし various gentlemen学校学校がっこう school教育教育きょういく education; instruction; training受くるくる receive; be given (= ける)に従ってしたがって in accordance with; as ...、だんだん君子らしくなったものと見えてえて appear; seem次第に次第しだいに gradually; over time北側北側きたがわ north sideから南側南側みなみがわ south side方面方面ほうめん area; region向けてけて turn toward蚕食蚕食さんしょく encroachment; incursion; infiltration企だてて来たきわだててた came to plan; began to contemplate。蚕食と云う word; expressionが君子に不似合不似合ふにあい unbecoming; improperならやめてもよろしい。但しただし howeverほかに言葉言葉ことば word; termがないのである。彼等は水草水草すいそう water and vegetation追うてうて follow; persueきょ residence; living quarters変ずるへんずる change; vary; alter沙漠沙漠さばく desert住民住民じゅうみん residents; inhabitantsのごとく、桐の木きり pawlonia trees去ってって move away fromひのき Japanese cypress (tree)ほう direction進んで来たすすんでた advanced。檜のあるところ place; area; region座敷座敷ざしき living room; parlor正面正面しょうめん frontage; front-facing (area)である。よほど大胆なる大胆だいたんなる (is) bold; daring; audacious君子でなければこれほどの行動行動こうどう actions; movement取れんれん can't take on; can't engage inはずである。一両日一両日いちりょうじつ several days; a matter of daysの後のち after ...彼等の大胆はさらに一層一層いっそう all the more; more stillだい large; big; grand加えてくわえて add大々胆大々胆だいだいたん most bold; even more daring; highly audaciousとなった。教育の結果結果けっか result; consequenceほど恐しいおそろしい terrible; frightening; dreadfulものはない。彼等は単にたんに simply; merely座敷の正面に逼るせまる approach; draw near toのみならず、この正面においてうた song; songsをうたいだした。なん whatと云う歌か忘れてしまったわすれてしまった forgot; have no recollectionが、決してけっして by (no) means三十一文字三十一文字みそひともじ 31-mora poetry; tankaたぐい sort; typeではない、もっと活溌活溌かっぱつ lively; animatedで、もっと俗耳俗耳ぞくじ ears of the common man入り易いはいやすい easy to take in歌であった。驚ろいたおどろいた was surprisedのは主人ばかりではない、吾輩吾輩わがはい I; me; myselfまでも彼等君子の才芸才芸さいげい skill of performance; artistic talent嘆服して嘆服たんぷくして was impressed (by)覚えずおぼえず unwittingly; in spite of oneself耳を傾けたみみかたむけた lent an ear to; listened toくらいである。しかし読者読者どくしゃ readersご案内案内あんない (you) are awareであろうが、嘆服と云う事と邪魔邪魔じゃま nuisance; disruptionと云う事は時としてときとして at times; as the case may be両立する両立りょうりつする stand together; coexist場合場合ばあい situation; caseがある。この両者両者りょうしゃ both thingsがこのさい occasion; circumstance図らずもはからずも unexpectedly合してがっして join together; combineひとつ one (thing)となったのは、いま now; at this timeから考えて見てかんがえてて think on返す返すかえがえす to a tremendous extent残念残念ざんねん disappointing; regrettableである。主人も残念であったろうが、やむを得ずやむをず necessarily; unavoidably書斎書斎しょさい study; den; reading roomから飛び出して行ってしてって go running out of、ここは君等君等きみら you; you allの這入る所ではない、出給え出給でたまえ please leave; be so good as to move onと云って、二三度二三度にさんど several times追い出したした chased off; drove awayようだ。 {paragraph continues below}

ところが教育教育きょういく education; instruction; trainingのある君子君子くんし gentlemenの事こと concerning; pertaining toだから、こんな事でおとなしく聞くく listen; listen toわけ situation; case; expectationがない。追い出されればされれば be chased awayすぐ這入る這入はいる come into; enter。這入れば活溌なる活溌かっぱつなる (is) livelyうた songをうたう。高声高声こうせい high-pitched voice; loud or excited voice談話をする談話だんわをする talk; converse。しかも君子の談話だから一風違って一風いっぷうちがって peculiar; unconventionalおめえおめえ you (informal and somewhat derogatory)だの知らねえらねえ don't know; beats meのと云うう say; utter。そんな言葉言葉ことば words; expressions御維新御維新ごいっしん (Meiji) Restorationまえ before; prior to折助折助おりすけ manservant employed by a samurai (Edo period)雲助雲助くもすけ palanquin bearer三助三助さんすけ (bath house) helper boy専門的専門的せんもんてき professional; technical; exclusive知識知識ちしき knowledge属してぞくして belong to; be part ofいたそうだが、二十世紀二十世紀にじっせいき twentieth centuryになってから教育ある君子の学ぶまなぶ study; learn唯一の唯一ゆいいつの single; sole; solitary言語言語げんご languageであるそうだ。一般一般いっぱん general; common; ordinary (people)から軽蔑せられたる軽蔑けいべつせられたる was looked down on; was viewed with disdain運動運動うんどう exercise; physical trainingが、かくのごとく今日今日きょう this day; the present歓迎せらるる歓迎かんげいせらるる be welcomed; be embraced; be favorably receivedようになったのと同一の同一どういつの identical; one and the same現象現象げんしょう phenomenonだと説明した説明せつめいした explained; elucidatedひと person; individualがある。主人主人しゅじん masterはまた書斎書斎しょさい study; den; reading roomから飛び出してして fly out of; run out ofこの君子りゅう fashion; style; mannerの言葉にもっとも堪能なる堪能かんのうなる (is) proficient; skillful; versed in (usually 堪能たんのうなる)一人一人ひとり one person; individual捉まえてつらまえて grab; seize、なぜここへ這入るかと詰問したら詰問きつもんしたら demand an answer from; grill、君子はたちまち「おめえ、知らねえ」の上品な上品じょうひんな elegant; polished; refined言葉を忘れてわすれて forget「ここは学校学校がっこう school植物園植物園しょくぶつえん botanical gardenかと思いましたおもいました thought; believed; supposed」とすこぶる下品な下品げひんな vulgar; coarse; crude言葉で答えたこたえた answered; replied。主人は将来将来しょうらい future戒めていましめて warn against; caution against; forbid放してやったはなしてやった let go; released。放してやるのは亀の子かめ young turtleのようでおかしいが、実際実際じっさい in actually; in factかれ he; himは君子のそで sleeve捉えてとらえて grab; take hold of談判した談判だんぱんした talked toのである。このくらいやかましく云ったらもうよかろうと主人は思っていたそうだ。ところが実際は女媧氏女媧氏じょかし gods and empresses時代時代じだい age ofから予期予期よき expectations; assumed outcome違うちがう different (from); counter (to); at odds (with)もので、主人はまた失敗した失敗しっぱいした failed; miscalculated; came up short今度今度こんど this time; next time北側北側きたがわ the north sideから邸内邸内ていない grounds; premises横断して横断おうだんして cross; traverse表門表門おもてもん front gateから抜けるける pass through and out; leave (by)、表門をがらりとあけるから御客御客おきゃく visitor; callerかと思うと桐畠桐畠きりばたけ pawlonia groveほう direction; area笑うわらう laughこえ voicesがする。形勢形勢けいせい condition; situationはますます不穏不穏ふおん disquieting; unsettledである。教育の功果功果こうか effect; result; efficacy (usually 効果こうか)はいよいよ顕著顕著けんちょ remarkable; striking; plain to seeになってくる。気の毒などくな poor; pitiable主人はこいつは手に合わんわん is out of hand; can't manageと、それから書斎へ立て籠ってこもって shut oneself in恭しくうやうやしく with great care; respectfully一書一書いっしょ a letter落雲館落雲館らくうんかん Rakuunkan (name of a private middle school)校長校長こうちょう principal; headmaster奉ってたてまつって offer; present少々少々しょうしょう to some degree; in some manner御取締御取締おとりしまり (your) management; handlingをと哀願した哀願あいがんした entreated。校長も鄭重なる鄭重ていちょうなる (is) courteous; accommodating返書返書へんしょ (letter of) reply; responseを主人に送っておくって send; dispatchかき fence; hedgeをするから待ってくれってくれ please be patientと云った。しばらくすると二三人二三にさんにん several people; several men職人職人しょくにん craftsmen; workers来てて come; arrive半日半日はんにち half a dayばかりのあいだ interval; span (of time)に主人の屋敷屋敷やしき residence; grounds; premisesと、落雲館のさかい border; boundaryに、高さたかさ height三尺三尺さんしゃく 3 shaku (about 1 meter; about 3 feet)ばかりの四つ目垣よっがき bamboo lattice fence出来上がった出来上できあがった was finished; was put in place。これでようようようよう finally安心安心あんしん relief; peace of mindだと主人は喜こんだよろこんだ was happy。主人は愚物愚物ぐぶつ foolである。このくらいの事で君子の挙動挙動きょどう conduct; behavior変化する変化へんかする change訳がない。

全体全体ぜんたい after all; in the endひと people; a personにからかうのは面白い面白おもしろい interesting; amusing; funものである。吾輩吾輩わがはい I; me; myselfのようなねこ catですら、時々時々ときどき from time to time; on occasion当家当家とうけ this house; this family令嬢令嬢れいじょう daughters; young ladiesにからかって遊ぶあそぶ play; amuse oneselfくらいだから、落雲館落雲館らくうんかん Rakuunkan (name of a private middle school)君子君子くんし gentlemenが、気の利かないかない none too clever苦沙弥苦沙弥くしゃみ Kushami (the master's name)先生先生せんせい teacher; professor; scholarにからかうのは至極至極しごく extremely; exceedinglyもっとももっとも natural; reasonable; matter of courseなところで、これに不平な不平ふへいな unhappy; discontentのは恐らくおそらく probably; likely、からかわれる当人当人とうにん the person in questionだけであろう。からかうと云うう called ...; named ...; is ...心理心理しんり mentality; psychology解剖して解剖かいぼうして disect; analyze見るる look at; see; view二つふたつ two (things)要素要素ようそ components; elementsがある。第一第一だいいち first of all; firstからかわれる当人が平気平気へいき calm; cool; indifferentですましていてはならん。第二第二だいに secondからかうもの person; persons勢力勢力せいりょく power; force; influenceにおいて人数人数にんずう number of peopleにおいて相手相手あいて the other partyより強くなくてはいかんつよくなくてはいかん have to be strong; must be strongこの間このあいだ the other day主人主人しゅじん master動物園動物園どうぶつえん zooから帰って来てかえってて came back; returned (from)しきりにしきりに eagerly; ardently感心して感心かんしんして (being) impressed話したはなした talked of; spoke ofこと subject; matterがある。聞いていて listen見ると駱駝駱駝らくだ camel小犬小犬こいぬ puppy; small dog喧嘩喧嘩けんか quarrel; fight; scuffleを見たのだそうだ。小犬が駱駝の周囲周囲しゅうい circumference; perimeter疾風疾風しっぷう swift windのごとく廻転して廻転かいてんして circle吠え立てるてる bark up a stormと、駱駝は何のなんの (no) sort of; (no) form of気もつかずにもつかずに without noticing; paying no heed依然として依然いぜんとして as yet; as before背中背中せなか back (of the body)こぶ lump; bumpをこしらえて突っ立ったった standing stock stillままであるそうだ。いくら吠えても狂ってくるって go crazy; go wild相手にせん相手あいてにせん pay no attention to; not engage withので、しまいにはいぬ dog愛想をつかして愛想あいそうをつかして run out of patience; tire ofやめる、実にじつに really; truly駱駝は無神経無神経むしんけい apathetic; disinterestedだと笑っていたわらっていた laughedが、それがこの場合場合ばあい situation; circumstance適例適例てきれい prime exampleである。いくらからかうものが上手上手じょうず skilled; proficientでも相手が駱駝と来てはては when it comes to ...成立しない成立せいりつしない not be realized; not come to passさればと云ってさればとって that being said獅子獅子しし lionとら tigerのように先方先方せんぽう the other side; the other party強過ぎて強過つよすぎて too strong; too powerful者にならんものにならん come to nothing; miss the mark; fail。からかいかけるや否やいなや as soon as ...八つ裂きき tearing limb from limb; cutting (a person) to piecesにされてしまう。からかうと歯をむき出してをむきして bare one's teeth怒るおこる get angry; bristle; rage against、怒る事は怒るが、こっちをどうする事も出来ない出来できない can't doと云う安心安心あんしん assurance; securityのあるとき time; occasion愉快愉快ゆかい delight; enjoyment; amusement非常に非常ひじょうに very much; exceedingly多いおおい in large amount; abundantものである。なぜこんな事が面白いと云うとその理由理由りゆう reasonsはいろいろある。まずひまつぶしに適しててきして is appropriate; is suited (to)いる。退屈な退屈たいくつな bored; dull; tedious時にはひげ beard; whiskersかず number ofさえ勘定して勘定かんじょうして count見たくなる者だ。昔しむかし long ago; in former timesごく jail; prison投ぜられたとうぜられた was thrown (into)囚人囚人しゅうじん prisoner一人一人ひとり (one) person; individual無聊無聊ぶりょう boredom; ennuiのあまり、へや (prison) cellかべ wall三角形三角形さんかくけい triangles重ねてかさねて repeatedly画いていて drawその daysをくらしたと云うはなし story; tale; talkがある。 {paragraph continues below}

世の中なか this world退屈退屈たいくつ tedium; boredomほど我慢の出来にくい我慢がまん出来できにくい difficult to tolerate; hard to endureものはない、何かなにか something活気活気かっき energy; vivacity刺激する刺激しげきする motivate; stimulate事件事件じけん incidents; affairs; altercationsがないと生きているきている being aliveのがつらいものだ。からかうと云うう called ...; named ...; referred to as ...のもつまりこの刺激を作ってつくって make; create; generate遊ぶあそぶ amuse oneself; enjoy oneself一種の一種いっしゅの a certain kind of娯楽娯楽ごらく pleasure; amusementである。但しただし however多少多少たしょう somewhat; to some degree先方先方せんぽう the other side; the other party怒らせるおこらせる annoy; rile; make angryか、じらせるか、弱らせるよわらせる make trouble for; but in a bindかしなくては刺激にならんから、昔しむかし long ago; in former timesからからかうと云う娯楽に耽るふける indulge inものはひと people; persons heart; mind; feelings知らないらない not know; have no mind for馬鹿馬鹿ばか idiot; fool; moron大名大名だいみょう daimyō (feudal lord)のような退屈の多いおおい frequent; commonもの person; individual、もしくは自分自分じぶん oneselfなぐさみなぐさみ amusement; diversion以外以外いがい other than; apart from考うるかんがえうる be able to think about暇なきいとまなき with no time for; sparing no time forほどあたま head; mind; intellect発達発達はったつ development; growth幼稚幼稚ようち infantile; primitiveで、しかも活気の使い道使つかみち way of using; outlet for窮するきゅうする be hard pressed; be at a loss少年少年しょうねん young man; youthに限っているかぎっている is limited toつぎ next; followingには自己自己じこ oneself優勢優勢ゆうせい superiority; dominanceこと situation; case実地に実地じっちに in real terms; through actual practice証明する証明しょうめいする substantiate; validateものにはもっとも簡便な簡便かんべんな simple; easy; convenient方法方法ほうほう method; means; mannerである。人を殺したりころしたり kill; murder、人を傷けたりきずつけたり inflict harm on; injure、または人を陥れたりおとしいれたり trap; ensnareしても自己の優勢な事は証明出来るわけ situation; caseであるが、これらはむしろ殺したり、傷けたり、陥れたりするのが目的目的もくてき objective; aimのときによるべき手段手段しゅだん measure; means; methodで、自己の優勢なる事はこの手段を遂行した遂行すいこうした carried out; performedのち after必然の必然ひつぜんの inevitable; necessary; certain結果結果けっか results; consequencesとして起るおこる come about; occur現象現象げんしょう phenomenon; happeningに過ぎんぎん is nothing more than ...。だから一方一方いっぽう on the one handには自分の勢力勢力せいりょく power; might; strength示したくってしめしたくって want to express; wish to demonstrate、しかもそんなに人にがい damage; injury; harm与えたくないあたえたくない not wish to impart (upon)と云う場合場合ばあい situation; circumstanceには、からかうのが一番一番いちばん foremost; most of all御恰好御恰好おかっこう suitable; reasonableである。多少人を傷けなければ自己のえらい事は事実事実じじつ reality; actualityの上にうえに with respect to; concerning証拠だてられない証拠しょうこだてられない cannot prove; cannot substantiate。事実になって出て来ないない not surface; not materializeと、頭のうちで安心して安心あんしんして feel confident; be assuredいても存外存外ぞんがい contrary to expectation快楽快楽かいらく pleasure; satisfactionのうすいものである。人間人間にんげん human beings; people; menは自己を恃むたのむ rely on; depend onものである。いや no; nay; rather恃み難いたのがたい struggle to depend on場合でも恃みたいものである。それだから自己はこれだけ恃める者だ、これなら安心だと云う事を、人に対してたいして with respect to; in regard to実地に応用して見ない応用おうようしてない not see put into practice気がすまないがすまない not be satisfied。しかも理窟理窟りくつ reason; logicのわからない俗物俗物ぞくぶつ lowbrow; philistineや、あまり自己が恃みになりそうもなくて落ちつきちつき composure; presence of mind; inner confidenceのない者は、あらゆる機会機会きかい opportunity; chance利用して利用りようして use; take advantage of、この証券証券しょうけん surety; proof point握ろうとするにぎろうとする move to grasp; work to seize柔術使柔術じゅうじゅつ使づかい jūjutsu practitioner; student of the martial arts時々時々ときどき from time to time; on occasion人を投げてげて toss; throw見たくなるのと同じおなじ the same事である。柔術の怪しいあやしい ominous; threatening; dubiousものは、どうか自分より弱いよわい weakやつ fellow; guyに、ただの一返一返いっぺん one time; onceでいいから出逢って出逢であって come across; happen upon見たい、素人素人しろうと ordinary person; laymanでも構わないかまわない is no problem; is fineから抛げてげて throw; fling見たいと至極至極しごく extremely; exceedingly危険な危険きけんな dangerous; perilous; dicey了見了見りょうけん thoughts; intentions抱いていだいて embrace; hold; harbor町内町内ちょうない neighborhood; streets; about townをあるくのもこれがためである。その他その other than thatにも理由理由りゆう reason; rationale; grounds forはいろいろあるが、あまり長くなるながくなる become lengthyから略するりゃくする dispense with; omit事に致すこといたす will humbly ...; do humbly ...聞きたければきたければ if interested in hearing鰹節鰹節かつぶし katsuobushi; dried bonito一折一折ひとおり one box; one pack (of)持ってって bring; carry習いにくるならいにくる come to learnがいい、いつでも教えてやるおしえてやる will inform (you) {paragraph continues below}

以上以上いじょう above; preceding説くく explain; elucidateところを参考して参考さんこうして take as reference推論して見る推論すいろんしてる (try) inferring; deducing; reasoningと、吾輩吾輩わがはい I; me; myselfかんがえ idea; thought; notionでは奥山奥山おくやま Okuyama (Edo-period name for Asakusa Hanayashiki area, which included a zoo in Meiji times)さる monkeyと、学校学校がっこう school教師教師きょうし teacher; instructorがからかうには一番一番いちばん foremost; most of all手頃手頃てごろ handy; convenientである。学校の教師をもって、奥山の猿に比較して比較ひかくして compare勿体ない勿体もったいない too good; more than one deserves。――猿に対してたいして with respect to; regarding勿体ないのではない、教師に対して勿体ないのである。しかしよく似ているている be similar; resemble each otherから仕方がない仕方しかたがない can't be helped御承知の通り御承知ごしょうちとおり as you know; as you're aware奥山の猿はくさり chain繋がれてつながれて be tied; be fastened; be restrainedいる。いくら歯をむき出してをむきして bare one's teethも、きゃっきゃっ騒いでさわいで clamor; rail; kick up a fuss引き掻かれるかれる be scratched; be clawed気遣気遣きづかい concern; fear; worryはない。教師は鎖で繋がれておらない代りにかわりに instead of; rather than月給月給げっきゅう (monthly) salary縛られているしばられている is tied; is bound。いくらからかったって大丈夫大丈夫だいじょうぶ fine; alright; okay辞職して辞職じしょくして resign (one's post)生徒生徒せいと students; pupilsぶんなぐるぶんなぐる batter; lay into; pummelこと case; instanceはない。辞職をする勇気勇気ゆうき courage; nerveのあるようなものなら最初から最初さいしょから in the first place; from the start教師などをして生徒の御守り御守おもり caretaking勤めないつとめない not be employed inはずである。主人主人しゅじん masterは教師である。落雲館落雲館らくうんかん Rakuunkan (name of a private middle school)の教師ではないが、やはり教師に相違ない相違そういない without doubt。からかうには至極至極しごく extremely; exceedingly; most適当適当てきとう suitable; fittingで、至極安直安直あんちょく expedient; convenientで、至極無事な無事ぶじな safe; secure; low riskおとこ man; fellowである。落雲館の生徒は少年少年しょうねん young men; youthsである。からかう事は自己の鼻を高くする自己じこはなたかくする boost one's own ego所以所以ゆえん reason; rationale; motivationで、教育教育きょういく education; instruction; training功果功果こうか effect; result; consequence (usually 効果こうか)として至当に至当しとうに justly; properly; reasonably要求して要求ようきゅうして demand; require; insist onしかるべきしかるべき appropriate; due; suitable権利権利けんり right; privilegeとまで心得ている心得こころえている is regarded as; is understood to be。のみならずからかいでもしなければ、活気活気かっき energy; vivacity充ちたちた be full; be brimming; overflow (with)五体五体ごたい one's whole body頭脳頭脳ずのう head; mindを、いかに使用して使用しようして use; applyしかるべきか十分十分じっぷん ten minutes休暇中休暇きゅうかちゅう in (one's) spare time; during down time持てあましててあまして not know what to do with困っているこまっている be troubled; be bothered; be at a loss連中連中れんじゅう company; lotである。これらの条件条件じょうけん conditions; requirements備わればそなわれば be provided for; be supplied主人は自からおのずから naturally; as a matter of courseからかわれ、生徒は自からからかう、だれ who; whomeverから云わしてわして let speak; let have (one's) say毫もごうも (not) at all; (not) in the least無理のない無理むりのない not unreasonable; understandableところである。それを怒るおこる grow angry; lose one's cool主人は野暮野暮やぼ vulgarity; lack of sophisticationきょく extreme; height (of)間抜間抜まぬけ foolishness; folly骨頂骨頂こっちょう height; pinnacle (of)でしょう。これから落雲館の生徒がいかに主人にからかったか、これに対して主人がいかに野暮を極めたきわめた took to extremesかを逐一逐一ちくいち one by one; in detailかいてご覧に入れるらんれる will show; will seek to demonstrate

諸君諸君しょくん everyone; my friends四つ目垣よっがき bamboo lattice fenceとはいかなるもの thingであるか御承知であろう御承知ごしょうちであろう I expect you know; I imagine you're well aware風通しのいい風通かぜとおしのいい open to the breeze簡便な簡便かんべんな simple; easy; convenientかき fence; hedgeである。吾輩吾輩わがはい I; me; myselfなどは openingあいだ interval; gapから自由自在に自由じゆう自在じざいに as one pleases往来する往来おうらいする come and go事が出来ること出来できる am able to ...; can ...。こしらえたって、こしらえなくたって同じおなじ the sameこと situation; caseだ。然ししかし however; but落雲館落雲館らくうんかん Rakuunkan (name of a private middle school)校長校長こうちょう principal; headmasterねこ catのために四つ目垣を作ったつくった made; builtのではない、自分自分じぶん oneself養成する養成ようせいする train; educate; develop君子君子くんし gentlemen潜られんくぐられん can't get throughために、わざわざ職人職人しょくにん craftsmen; workers入れてれて bring in; engage結い繞らせためぐらせた had fence inのである。なるほどいくら風通しがよく出来ていて出来できていて be made; be finishedも、人間人間にんげん human being; personには潜れそうにない。このたけ bambooをもって組み合せたるあわせたる is put together; is assembled四寸角四寸しすんかく 4-sun squares (12-cm squares; 5-inch squares)あな hole; openingをぬける事は、清国清国しんこく Empire of China奇術師奇術師きじゅつし conjurer; illusionist張世尊張世尊ちょうせいそん Chōseison (name)その人そのひと the person himself; the man himselfといえどもむずかしい。だから人間に対してたいして with respect to; regarding充分充分じゅうぶん sufficiently; adequately垣の功能功能こうのう effect; outcomeをつくしているに相違ない相違そういない no doubt ...主人主人しゅじん masterがその出来上った出来上できあがった completed; finishedのを見てて see; view; survey、これならよかろうと喜んだよろこんだ was happy; was satisfiedのも無理はない無理むりはない is not unreasonable; is understandable。しかし主人の論理論理ろんり logic; reasoningには大なるおおいなる great; tremendous穴がある。この垣よりも大いなるおおいなる great; tremendous穴がある。呑舟の魚呑舟どんしゅううお colossal fish (large enough to swallow a boat)をも洩らすらす let out; let slip throughべき大穴大穴おおあな great deficiencyがある。かれ he; himは垣は踰ゆべきゆべき should be crossed; should be breachedものにあらずとの仮定仮定かてい supposition; premiseから出立して出立しゅったつして start from; begin withいる。いやしくも学校学校がっこう school生徒たる生徒せいとたる (are) students; pupils以上は以上いじょうは given that ...いかに粗末粗末そまつ rough; crudeの垣でも、垣と云うう called ... name; labelがついて、分界線分界線ぶんかいせん line of demarcation; boundary line区域区域くいき sphere; domain; regionさえ判然すれば判然はんぜんすれば be clear; be evident決してけっして by (no) means乱入される乱入らんにゅうされる be intruded upon気遣気遣きづかい concern; fear; worryはないと仮定したのである。つぎ nextに彼はその仮定をしばらく打ち崩してくずして tear away; cast aside、よし乱入する者があっても大丈夫大丈夫だいじょうぶ fine; alright; okay論断した論断ろんだんした reasoned; concludedのである。四つ目垣の穴を潜り得るくぐる can get through事は、いかなる小僧小僧こぞう youngster; boyといえどもとうてい出来る気遣はないから乱入のおそれ fear; concernは決してないと速定して速定そくていして hastily determine; readily concludeしまったのである。なるほど彼等彼等かれら they; themが猫でない限りでないかぎり unless ...はこの四角四角しかく squareの目をぬけてくる事はしまいしまい won't likely ...、したくても出来まいが、乗り踰えるえる climb over事、飛び越えるえる jump over事は何の事もないなんこともない is nothing whatsoever; is nothing at all。かえって運動運動うんどう exercise; physical trainingになって面白い面白おもしろい amusing; funくらいである。

かき fence; hedge出来た出来できた was completed; was finished翌日翌日よくじつ next dayから、垣の出来ぬ前出来できまえ before (it) was completedと同様に同様どうように in the same manner彼等彼等かれら they; them北側北側きたがわ north side空地空地あきち vacant land; empty lotへぽかりぽかりと飛び込むむ jump in但しただし however座敷座敷ざしき living room; parlor正面正面しょうめん frontage; front-facing (area)までは深入りをしない深入ふかいりをしない not enter deeply; not go so far。もし追い懸けられたらけられたら be chased; be pursued逃げるげる escape; fleeのに、少々少々しょうしょう somewhat; to some degreeひまひま time it takes to do somethingがいるから、予めあらかじめ in advance; beforehand逃げる時間時間じかん time勘定勘定かんじょう calculation; reckoning入れてれて put into; factor into捕えらるるとらえらるる be seized; be caught (= とらえられる)危険危険きけん danger; riskのないところ places; locations遊弋をして遊弋ゆうよくをして move about; patrol; make one's roundsいる。彼等がなに whatをしているかひがし east; east side離れはなれ wing; section (of a house)にいる主人主人しゅじん masterには無論無論むろん of course; naturally目に入らないらない be out of sight; be hidden from view。北側の空地に彼等が遊弋している状態状態じょうたい situation; caseは、木戸木戸きど wicket gateをあけて反対の反対はんたいの opposite方角方角ほうがく directionから鉤の手かぎ right-angled (like a hook)曲って見るまがってる try going aroundか、または後架後架こうか toilet; outhouse; privyまど windowから垣根越しに垣根かきねしに across the hedge眺めるながめる look out; surveyよりほかに仕方仕方しかた way; method; meansがない。窓から眺めるとき time; momentはどこに何がいるか、一目明瞭一目いちもく明瞭めいりょう taking in at one glance見渡す見渡みわたす look across; survey事が出来ること出来できる is able to ...; can ...が、よしやよしや supposing that; even ifてき adversary; foe幾人幾人いくたり a number of (people)見出した見出みいだした discoveredからと云ってからとって given that ...; having ...捕えるとらえる capture; seize; catch hold of訳には行かぬわけにはかぬ one cannot ...。ただ窓の格子格子こう window bars; latticeなか inside; withinから叱りつけるしかりつける scold vehemently; rebuke loudlyばかりである。もし木戸から迂回して迂回うかいして go around; circle round敵地敵地てきち enemy camp突こうこう attack; stormとすれば、足音足音あしおと sound of footsteps聞きつけてきつけて hear; catch (a sound)、ぽかりぽかりと捉まるつらまる capture; seize前に向う側むこがわ the other side; the far side下りてりて descend (into)しまう。膃肭臍膃肭臍おっとせい fur sealひなたぼっこひなたぼっこ basking in the sunをしているところへ密猟船密猟船みつりょうせん poaching vessel向ったむかった turned toward; headed towardようなもの case; situationだ。主人は無論後架で張り番ばん watch duty; lookoutをしている訳ではない。と云って木戸を開いてひらいて openおと sound; noiseがしたら直ぐぐ at once; without delay飛び出すす fly out; dash out用意用意ようい preparation; readinessもない。もしそんな事をやる day; timeには教師教師きょうし teacher; instructor辞職して辞職じしょくして resign (from one's post)、そのほう way; side; part専門専門せんもん specialty; concentration; area of expertiseにならなければ追っつかないっつかない not keep up。主人がた side不利不利ふり disadvantage; handicapを云うと書斎書斎しょさい study; den; reading roomからは敵のこえ voice; voicesだけ聞えて姿姿すがた shape; formが見えないのと、窓からは姿が見えるだけで手が出せないせない can't reach; can't get hold of; can't act against事である。この不利を看破したる看破かんぱしたる get a read on; fathom敵はこんな軍略軍略ぐんりゃく strategy; tactics講じたこうじた took measures toward; put into practice。主人が書斎に立て籠ってこもって shut oneself in; holed up inいると探偵した探偵たんていした sniffed out; detected; surveilled時には、なるべく大きなおおきな big; loud (voice)声を出してして put forthわあわあ云う。その中には主人をひやかすような事を聞こえよがしこえよがし bad-mouthing someone so as to be deliberately overheard述べるべる state; mention; express。しかもその声の出所出所でどころ origin; source極めてきわめて extremely; exceedingly不分明不分明ふぶんめい unclear; obscure; vagueにする。ちょっと聞くと垣のうち inside; within騒いでさわいで clamor; make noise; stir up a fussいるのか、あるいは向う側であばれているのか判定しにくい判定はんていしにくい hard to discern; hard to tellようにする。もし主人が出懸けて来たら出懸でかけてたら come out逃げ出すす run off; make one's escapeか、または始めからはじめから from the start向う側にいて知らん顔らんかお feigned ignorance; air of unconcernをする。また主人が後架へ――吾輩吾輩わがはい I; me; myself最前から最前さいぜんから for some time nowしきりに後架後架ときたない word; term使用する使用しようする use; applyのを別段の別段べつだんの particular光栄光栄こうえい honor; privilegeとも思っておらんおもっておらん do not think of; do not see (as)実はじつは actually; in fact迷惑千万迷惑めいわく千万せんばん most troubling; of great annoyanceであるが、この戦争戦争せんそう war; battle; engagement記述する記述きじゅつする describe; make an account of上においてうえにおいて in order to ...必要必要ひつよう necessary; essentialであるからやむを得ないやむをない can't be helped。――即ちすなわち specifically主人が後架へまかり越したまかりした went to; visited見て取るる perceive; grasp (a situation)ときは、必ずかならず invariably; without fail桐の木きり pawlonia trees附近附近ふきん neighborhood; vicinity徘徊して徘徊はいかいして loiter in; roam about; wander throughわざと主人の eyes; field of visionにつくようにする。主人がもし後架から四隣四隣しりん all around響くひびく resound; reverberate大音を揚げて大音だいおんげて make a great noise怒鳴りつければ怒鳴どなりつければ shout at; yell at敵は周章てる周章あわてる be rushed; be panicked気色気色けしき signs; indicationsもなく悠然と悠然ゆうぜんと calmly; with complete composure根拠地根拠地こんきょち base of operations引きあげるきあげる withdraw; retreat (to)。この軍略を用いられるもちいられる have applied (to); have used (on)と主人ははなはだ困却する困却こんきゃくする be at a loss; be hamstrung。たしかに這入って這入はいって enter; intrudeいるなと思ってステッキステッキ stick; cane; staff持ってって hold; grasp; carry出懸けると寂然として寂然せきぜんとして lonely; deserted誰もだれも (no) oneいない。いないかと思って窓からのぞくと必ず一二人一二人いちににん a couple; several (people)這入っている。主人はうら back side; out back廻ってまわって circle round (to)見たり、後架から覗いてのぞいて peak; spy見たり、後架から覗いて見たり、裏へ廻って見たり、何度何度なんど however many times言ってって say; state同じおなじ the same事だが、何度云っても同じ事を繰り返してかえして do again; repeatいる。奔命に疲れる奔命ほんめいつかれる drive oneself to exhaustion; wear oneself downとはこの事である。教師が職業職業しょくぎょう occupation; professionであるか、戦争が本務本務ほんむ duty; regular businessであるかちょっと分らないわからない can't tell; can't sayくらい逆上して来た逆上ぎゃくじょうしてた has all become muddled; is all in a whirl。この逆上の頂点頂点ちょうてん top; height; extreme達したたっした reached時に下のしもの the following事件事件じけん incident; affair; altercation起ったおこった happened; took placeのである。

事件事件じけん incident; affair; altercation大概大概たいがい in general; for the most part逆上逆上ぎゃくじょう rush of blood to the head; dizzinessから出るる appear; emerge; emanateもの thingだ。逆上とは読んでんで read characters; wordのごとく逆かさにかさに upside down; reversed上るのぼる ascend; riseのである、このてん point; matter; aspectに関してはかんしては concerning; with regard toゲーレンゲーレン Galen (physician, surgeon and philosopher in the Roman Empire; 129-c.200)パラセルサスパラセルサス Paracelsus (Swiss physician, alchemist, and philosopher of the German Renaissance; 1493-1541)旧弊なる旧弊きゅうへいなる of antiquity扁鵲扁鵲へんじゃく Bien Que (legendary Chinese physician)異議異議いぎ difference of opinion; dissent唱うるとなうる advocate; advance; insist on者は一人一人ひとり one person; a single personもない。ただどこへ逆かさに上るかが問題問題もんだい problem; questionである。またなに whatが逆かさに上るかが議論議論ぎろん argument; debateのあるところである。古来古来こらい of old; from times past欧洲人欧洲人おうしゅううじん Europeans伝説伝説でんせつ tradition; legend; loreによると、吾人吾人ごじん we; us体内体内たいない (within the) bodyには四種四種よんしゅ four kinds; four typesえき fluids; humors循環して循環じゅんかんして circulate; cycleおったそうだ。第一第一だいいち first of all; first怒液怒液どえき yellow bile (associated with anger)と云うう called; referred to asやつ thing; stuff; substanceがある。これが逆かさに上ると怒り出すおこす fly into a rage; lose one's temper第二第二だいに second鈍液鈍液どんえき phlegm (associated with composure or detachment)と名づくるづくる call; refer to asのがある。これが逆かさに上ると神経神経しんけい nerves鈍くなるにぶくなる grow dull; become unresponsiveつぎ nextには憂液憂液ゆうえき black bile (associated with melancholy)、これは人間人間にんげん human being; a person陰気陰気いんき downcast; melancholyにする。最後最後さいご final; last (one)血液血液けつえき blood、これは四肢四肢しし the (four) limbs壮んさかん active; energetic; vigorousにする。その後その after that; since those times人文人文じんぶん civilization進むすすむ advance; progressに従ってしたがって in accordance with; as ...鈍液、怒液、憂液はいつの間にかいつのにか at some point; somewhere along the wayなくなって、現今現今げんこん the present (day or age)に至ってはいたっては arriving at血液だけがむかし olden days; times pastのように循環していると云う話しはなし subject; conversation; talk ofだ。だからもし逆上する者があらば血液よりほかにはあるまいと思われるおもわれる is thought; is supposed。しかるにこの血液の分量分量ぶんりょう amount; quantity個人個人こじん person; individualによってちゃんと極まっているまっている is decided; is determined性分性分しょうぶん nature; characterによって多少多少たしょう to some extent; to some degree増減増減ぞうげん more or less; variationはあるが、まず大抵大抵たいてい generally; for the most part一人前一人前いちにんまえ one personに付つき per; apiece五升五合五升ごしょう五合ごごう 5 shō and 5 gō (about 10 liters; about 11 quarts)割合割合わりあい rate; ratio; proportionである。だによって、この五升五合が逆かさに上ると、上ったところだけは熾んにさかんに actively; energetically活動する活動かつどうする function; workが、その other局部局部きょくぶ parts; regions欠乏欠乏けつぼう lack; shortage感じてかんじて feel; experience冷たくなるつめたくなる cool off; go cold。ちょうど交番焼打交番こうばん焼打やきうち police box burning (reference to Hibiya Incendiary Incident of Sep 1905)当時当時とうじ time in question巡査巡査じゅんさ police officer; policemanことごとくことごとく altogether; entirely; one and all警察署警察署けいさつしょ police headquarters集ってあつまって gather; assemble町内町内ちょうない neighborhood; streets; about townには一人もなくなったようなものだ。あれも医学医学いがく medical science; medicineじょう from the standpoint ofから診断診断しんだん diagnosisをすると警察の逆上と云う者である。でこの逆上を癒やすやす heal; soothe; alleviateには血液を従前従前じゅうぜん previously; beforeのごとく体内の各部各部かくぶ all parts; various parts平均に平均へいきんに uniformly分配しなければならん分配ぶんぱいしなければならん have to distribute。そうするには逆かさに上った奴をした below降さなくてはならんおろさなくてはならん have to lower; need to let down。そのほう way; manner; methodにはいろいろある。いま now; in this present time故人故人こじん the deceased; people long goneとなられたが主人主人しゅじん master先君先君せんくん ancestorsなどは濡れ手拭手拭てぬぐい damp clothあたま headにあてて炬燵炬燵こたつ kotatsu (table with underside or in-floor heater)にあたっておられたそうだ。頭寒足熱頭寒ずかん足熱そくねつ keeping the head cool and feet warm延命息災延命えんめい息災そくさい health and longevityちょう indicator of; call to傷寒論傷寒論しょうかんろん Shanghan Lun (traditional Chinese medicine treatise from late Han Dynasty)にも出ている通りとおり just as ...、濡れ手拭は長寿長寿ちょうじゅ long life; longevityほう means; methodにおいて一日も一日いちじつも (not even) one day欠くく lack; go withoutべからざるべからざる cannot; must not者である。それでなければ坊主坊主ぼうず Buddhist priest慣用する慣用かんようする be practiced in手段手段しゅだん means; measure試みるこころみる try; have a go atがよい。一所不住一所いっしょ不住ふじゅう never putting down roots沙門沙門しゃもん shramana (wandering monk)雲水行脚雲水うんすい行脚あんぎゃ pilgrimage through many lands衲僧衲僧のうそう Zen priest必ずかならず invariably; without fail樹下石上樹下じゅか石上せきじょう under a tree or on top of a stone (i.e. out in the wild)宿とす宿やどとす stop for the nightとある。樹下石上とは難行苦行難行なんぎょう苦行くぎょう penance; hardshipのためではない。 {paragraph continues below}

全くまったく utterly; completelyのぼせのぼせ rush of blood to the head下げるげる mitigate; reduce; bring downために六祖六祖ろくそ Sixth Patriarch (of Chan Buddhism; Dajian Huineng)こめ rice (grains)舂きながらきながら hull; thresh (rice)考え出したかんがした thought up; worked out; devised秘法秘法ひほう secret of; secret toである。試みにこころみに by way of trialいし stoneうえ top of坐ってすわって sit; be seatedご覧らん try and seeしり rear end; haunches冷えるえる cool down; grow coldのは当り前あたまえ natural; obviousだろう。尻が冷える、のぼせが下がるがる come down; drop; sink、これまた自然自然しぜん nature順序順序じゅんじょ order; method; courseにして毫もごうも (not) at all; (not) in the least疑を挟むうたがいさしはさむ introduce doubt; questionべきべき should ...余地余地よち room; marginはない。かようにいろいろな方法方法ほうほう methods; means用いてもちいて use; applyのぼせを下げる工夫工夫くふう schemes; devices大分大分だいぶ very many; in great number発明された発明はつめいされた were invented; were contrivedが、まだのぼせを引き起すおこす bring about; induce; trigger良方良方りょうほう good method; effective means案出されない案出あんしゅつされない not be devisedのは残念残念ざんねん disappointing; regrettableである。一概に一概いちがいに sweepingly; at first glance考えるかんがえる consider; think aboutとのぼせはそん damage; lossあってえき advantage; gainなき現象現象げんしょう phenomenonであるが、そうばかり速断して速断そくだんして hastily concludeならん場合場合ばあい cases; situationsがある。職業職業しょくぎょう occupation; professionによると逆上逆上ぎゃくじょう rush of blood to the head; loosing one's composureはよほど大切な大切たいせつな important; cherished; valuableもの thingで、逆上せんと何にもなんにも (no)thing出来ない出来できない can't doこと cases; situationsがある。そのうち midstでもっとも逆上を重んずるおもんずる esteen; value; prizeのは詩人詩人しじん poetである。詩人に逆上が必要なる必要ひつようなる is necessary; is essential事は汽船汽船きせん steam ship; steamer石炭石炭せきたん coal欠くく lackべからざるべからざる cannot; must notような者で、この供給供給きょうきゅう supply; provision一日でも一日いちにちでも for even one day途切れる途切とぎれる be interrupted; be cut short; run out彼れ等 they; them手を拱いてこまぬいて standing on the sidelines (with folded arms)めし food; meals食うう eatよりほかに何等の何等なんらの no form ofのう talent; functionもない凡人凡人ぼんじん ordinary person; nondescript personになってしまう。もっとも逆上は気違気違きちがい madness異名異名いみょう alternate name; synonymで、気違にならないと家業家業かぎょう one's occupation; one's trade立ち行かんかん not progress; be unsustainableとあっては世間体世間体せけんてい (social) appearance; reputation悪いわるい not good; poorから、彼等の仲間仲間なかま company; community; circleでは逆上を呼ぶぶ designate; refer toに逆上の name; termをもってしない。申し合せてもうあわせて by agreementインスピレーションインスピレーション inspiration、インスピレーションとさも勿体そうに勿体もったいそうに with an air of importance称えてとなえて extol; laudいる。これは彼等が世間世間せけん the world; society瞞着する瞞着まんちゃくする deceive; delude; dupeために製造した製造せいぞうした fabricated; crafted名でそのじつ truth; reality正にまさに certainly; in fact逆上である。プレートープレートー Plato (プラトン in modern Japanese)は彼等の肩を持ってかたって side with; support (someone)このしゅ type; sortの逆上を神聖なる神聖しんせいなる is holy; is sacred狂気狂気きょうき madness; insanity号したごうした referred to (as)が、いくら神聖でも狂気ではひと a person; other people相手にしない相手あいてにしない avoid; shun。やはりインスピレーションと云うう called ...新発明新発明しんはつめい new invention; novel creation売薬売薬ばいやく patent medicineのような名を付けてけて attach; affix (to)おくほう alternative (of two choices)が彼等のためによかろうと思うおもう think; believe。しかし蒲鉾蒲鉾かまぼこ kamaboko; fishcakeたね material; matter山芋山芋やまいも Japanese yamであるごとく、観音観音かんのん Kannon (Buddhist deity of compassion)ぞう figure; form (here referring to found figure housed in Asakasa)一寸八分一寸いっすん八分はちぶ 1.8 sun (about 5 cm; about 2 inches)朽木朽木くちき rotten woodであるごとく、鴨南蛮鴨南蛮かもなんばん noodles with duck meat and Welsh onions材料材料ざいりょう ingredientからす crow; ravenであるごとく、下宿屋下宿屋げしゅくや lodging house牛鍋牛鍋ぎゅうなべ beef stew馬肉馬肉ばにく horse meatであるごとくインスピレーションも実は逆上である。逆上であって見ればであってれば given that it's ...臨時の臨時りんじの temporary; limited-time気違である。巣鴨巣鴨すがも Sugamo (reference to Sugamo Hospital mental health ward)入院せずに入院にゅういんせずに not be admitted (to a hospital)済むむ get by withのは単にたんに merely; simply臨時気違であるからだ。 {paragraph continues below}

ところがこの臨時の臨時りんじの temporary; limited-time気違気違きちがい madness製造する製造せいぞうする fabricate; manufactureこと act; action困難困難こんなん difficult; hard; problematicなのである。一生涯一生涯いっしょうがい lifetime; one's whole life through狂人狂人きょうじん madman; lunaticはかえって出来安い出来できやすい easily realizedが、ふで writing brush; pen執ってって take upかみ paper; page向うむかう turn toward; faceあいだ period of time; interval; stretchだけ気違にするのは、いかに巧者な巧者こうしゃな clever; skillful神様神様かみさま expert; master; virtuosoでもよほど骨が折れるほねれる require great effort; test one's limits見えてえて appears; seems (to)、なかなか拵えてこしらえて make; produce; pull off見せない。かみ god; the gods作ってくれんつくってくれん not provide以上以上いじょう unless ...自力自力じりき one's own effortsで拵えなければならん。そこでむかし antiquity; times pastから今日今日こんにち now; this present dayまで逆上じゅつ art; techniqueもまた逆上とりのけとりのけ clearing away; setting asideと同じくおなじく in the same way大におおいに to great extent学者学者がくしゃ scholars頭脳頭脳ずのう heads; minds悩ましたなやました troubled; tormented; distressedある人あるひと a certain personインスピレーションインスピレーション inspiration得るる win; secure; gainために毎日毎日まいにち every day; each day渋柿渋柿しぶがき astringent persimmon十二個十二じゅうに twelve (items)ずつ食ったった ate; consumed。これは渋柿を食えば便秘する便秘べんぴする be constipated、便秘すれば逆上は必ずかならず invariably; without fail起るおこる come about; occurという理論理論りろん theory; principleから来たた came (from)ものだ。またある人はかん徳利かん徳利どくり bottle used for warming saké持ってって bring; carry鉄砲風呂鉄砲てっぽう風呂ぶろ bath warmed by metal chimney tube running through the water飛び込んだんだ jumped into; splashed into hot waterなか middle; midstさけ saké飲んだらんだら drink逆上するに極っているきまっている it's a given that ...考えたかんがえた reasoned; figuredのである。その人のせつ opinion; viewによるとこれで成功しなければ成功せいこうしなければ not succeed葡萄酒葡萄酒ぶどうしゅ (grape) wineの湯をわかして這入れば這入はいれば enter; get into一返で一返いっぺんで at once; immediately功能功能こうのう effect; benefitがあると信じ切っているしんっている is convinced (of); has full faith (in)。しかしかね money; fundsがないのでついに実行する実行じっこうする carry out; put into practice事が出来なくてこと出来できなくて be unable to ...死んでしまったんでしまった passed away; perishedのは気の毒どく unfortunate; regrettableである。最後に最後さいごに finally; lastly古人古人こじん people of long ago; people of times past真似真似まね behavior; conductをしたらインスピレーションが起るだろうと思いついたおもいついた thought of; hit uponもの personがある。これはある人の態度態度たいど manner; demeanor; bearing動作動作どうさ movements; actions真似る真似まねる mimic; imitate心的状態心的しんてき状態じょうたい emotional state; psychological conditionもその人に似てくるてくる come to resembleと云うう saying ...; stating ...学説学説がくせつ theory応用した応用おうようした appliedのである。酔っぱらいっぱらい drunkardのように管を捲いてくだいて babble incoherentlyいると、いつの間にかいつのにか before one knows it酒飲みさけみ heavy drinker; boozerのような心持心持こころもち feeling; mood; senseになる、坐禅坐禅ざぜん zazen (seated Zen meditation)をして線香線香せんこう incense一本一本いっぽん one stickの間我慢して我慢がまんして endure; persevereいるとどことなくどことなく somehow; in some way坊主坊主ぼうず Buddhist priestらしい気分気分きぶん feeling; mood; frame of mindになれる。だから昔からインスピレーションを受けたけた received; were given有名の有名ゆうめいの famous; renowned大家大家たいか master; authority; leading figure所作所作しょさ conduct; behavior; movementsを真似れば必ず逆上するに相違ない相違そういない no doubt ...聞くく hearところによればユーゴーユーゴー Victor Hugo (French poet and novelist; 1802-1885)快走船快走船ヨット yachtうえ top; surface (of)寝転んで寝転ねころんで lie down; sprawl out文章文章ぶんしょう writing; composition; prose趣向趣向しゅこう plan; design; plotを考えたそうだから、ふね boat; ship乗ってって get on; board青空青空あおぞら blue sky見つめてつめて gaze atいれば必ず逆上受合受合うけあい assurance of; guaranteeである。スチーヴンソンスチーヴンソン Robert Louis Stevenson (Scottish novelist, poet, and travel writer; 1850-1894)腹這腹這はらばい lying on one's belly寝てて sleep; rest小説小説しょうせつ novels書いたいた wrote; draftedそうだから、打つ伏しし lying face down; lying proneになって筆を持てばきっと blood逆かさにかさに upside down; reversed上ってくるのぼってくる ascend; rise。かようにいろいろな人がいろいろの事を考え出したかんがした thought up; came up withが、まだ誰もだれも (no) one成功しない成功せいこうしない not succeed。まず今日のところでは人為的人為的じんいてき man-made; contrived逆上は不可能不可能ふかのう impossible; undoableの事となっている。残念残念ざんねん disappointing; regrettableだが致し方いたかた method; means; wayがない。早晩早晩そうばん sooner or later; in time; eventually随意に随意ずいいにに at one's will; on demandインスピレーションを起し得るおこる be able to invoke時機時機じき time; occasion; opportunity到来する到来とうらいする come; arrive疑もないうたがいもない without doubt; certain事で、吾輩吾輩わがはい I; me; myself人文人文じんぶん humanity; cultureのためにこの時機の一日も早く一日いちじつはやく as soon as possible; without further delay来らんらん come; arrive (= る)事を切望する切望せつぼうする hope for; desireのである。

逆上逆上ぎゃくじょう rush of blood to the head; loosing one's composure説明説明せつめい explanationはこのくらいで充分充分じゅうぶん adequate; sufficientだろうと思うおもう think; believeから、これよりいよいよ事件事件じけん incident; affair; altercation取りかかるりかかる begin with; get into。しかしすべての大事件大事件だいじけん significant happening; major altercationまえ before; priorには必ずかならず invariably; without fail小事件小事件しょうじけん lesser affair; minor altercation起るおこる occur; take place; happenものだ。大事件のみを述べてべて speak of; mention、小事件を逸するいっする leave out; omitのは古来古来こらい of old; times pastから歴史家歴史家れきしか historians; chroniclers常につねに always; often陥るおちいる fall into弊竇弊竇へいとう blunder; fault; failingである。主人主人しゅじん masterの逆上も小事件に逢うう meet with; encounter度にたびに each time ...一層一層いっそう one layer; one level劇甚劇甚げきじん severity; intensity加えてくわえて add; gather; increase、ついに大事件を引き起したおこした triggered; set offのであるからして、幾分か幾分いくぶんか somewhat; to some extentその発達発達はったつ development順序立てて順序じゅんじょてて put into order; arrange述べないと主人がいかに逆上しているか分りにくいわかりにくい difficult to comprehend; hard to grasp。分りにくいと主人の逆上は空名空名くうめい empty name; hollow reputation帰してして be reduced to; be ascribed to世間世間せけん the world; societyからはよもやよもや surely (not)それほどでもなかろうと見くびられるくびられる look down on; disdainかも知れないかもれない it may be that ...。せっかく逆上してもひと people; othersから天晴な天晴あっぱれな splendid; praiseworthy; brilliant逆上と謡われなくてうたわれなくて not extol; not celebrate張り合あい worth; merit (of doing something)がないだろう。これから述べる事件は大小大小だいしょう bigger or smaller; greater or lesserに係らずかかわらず unrelated to; regardless of主人に取ってって to ...; for ...名誉な名誉めいよな honorable; commendableもの thingsではない。事件その物そのもの itself; in and of itself不名誉不名誉ふめいよ disgraceful; shamefulであるならば、責めてめて at least逆上なりとも、正銘の正銘しょうめいの genuine; authentic逆上であって、決してけっして by (no) means人に劣るおとる be inferior toものでないと云うう being the case that ...こと situation; state明かにしてあきらかにして make clear; substantiateおきたい。主人は othersに対して別にべつに especially; in particularこれと云って誇るほこる be proud of; take pride inに足るる enough for; worthy of性質性質せいしつ nature; disposition有してゆうして have; hold; possessおらん。逆上でも自慢しなくて自慢じまんしなくて not take pride inはほかに骨を折ってほねって make an effort; exert oneself書き立てててて write upやるたね seed; sourceがない。

落雲館落雲館らくうんかん Rakuunkan (name of a private middle school)群がるむらがる assemble; mass; gather敵軍敵軍てきぐん enemy forces; adversaries近日近日きんじつ recently; of lateに至っていたって arriving at; coming to一種の一種いっしゅの a certain kind ofダムダム弾ダムダムだん dumdum bullet (expanding bullet; produced by British at Dum Dum Arsenal near Calcutta)発明して発明はつめいして invent; come up with十分十分じっぷん ten minutes休暇休暇きゅうか break; recess、もしくは放課後放課後ほうかご after lessons; after schoolに至って熾にさかんに actively; energetically北側北側きたがわ north side空地空地あきち vacant land; empty lot向ってむかって turning (toward)砲火砲火ほうか gunfire; cannon fire浴びせかけるびせかける inundate with; let loose with; unleash onto。このダムダム弾は通称通称つうしょう popular name; common parlanceボールボール ball称えてとなえて call; refer to (as)擂粉木擂粉木すりこぎ pestle大きなおおきな largeやつ thing; oneをもって任意任意にんい at will; as one pleases; at one's discretionこれを敵中敵中てきちゅう enemy camp; enemy territory発射する発射はっしゃする fire; launch (at)仕掛仕掛しかけ contrivance; schemeである。いくらダムダムだって落雲館の運動場運動場うんどうば athletic grounds; sports fieldから発射するのだから、書斎書斎しょさい study; den; reading room立て籠ってるこもってる be holed up in; be shut up in主人主人しゅじん master中るあたる hit; strike気遣気遣きづかい concern; fear; worryはない。てき adversary; foeといえども弾道弾道だんどう trajectoryのあまり遠過ぎる遠過とおすぎる is too farのを自覚せん自覚じかくせん not be aware; not realizeこと situation; caseはないのだけれど、そこが軍略軍略ぐんりゃく strategy; tacticsである。旅順旅順りょじゅん Ryojun (aka Port Arthur or Lüshun)戦争戦争せんそう war; battleにも海軍海軍かいぐん navyから間接間接かんせつ indirect; peripheral射撃射撃しゃげき firing; shelling行っておこなって conduct; perform偉大な偉大いだいな great; grandこう success; achievement奏したそうした accomplishedと云うう said; reportedはなし talk of; narrativeであれば、空地へころがり落つるころがりつる come tumbling downボールといえども相当の相当そうとうの considerable; substantial功果功果こうか effect; result (usually 効果こうか)収め得ぬおさぬ can't deliver事はない。いわんやいわんや to say nothing of一発一発いっぱつ one shot送るおくる send; release; dispatch度にたびに each time ...総軍力総軍力そうぐんりょく all forces; the sum of forces合せてあわせて bringing together; in unisonわーと威嚇性威嚇性いかくせい intimidating; unnerving大音声大音声だいおんじょう loud voices出すいだす put forthにおいてをやである。主人は恐縮恐縮きょうしゅく draw back; cringe (in fear)結果結果けっか effect; consequence; outcomeとして手足手足てあし arms and legs通うかよう run through; traverse血管血管けっかん blood vessels; veins収縮せざるを得ない収縮しゅうしゅくせざるをない can't help but contract; reflexively constrict煩悶煩悶はんもん agony; anguishきょく extreme; height (of)そこいらを迷付いている迷付まごついている be flustered; be thrown into turmoil blood逆ささかさ upside down; in reverse上るのぼる rise; climbはずである。敵のはかりごと plan; strategyはなかなか巧妙巧妙こうみょう clever; ingeniousと云うてよろしい。昔しむかし long ago; in antiquity希臘希臘ギリシャ Greeceイスキラスイスキラス Aeschylus (author of Greek tragedies; c. 525-455 BC)と云う作家作家さっか author; writerがあったそうだ。このおとこ man学者学者がくしゃ scholar作家に共通なる共通きょうつうなる is common; is sharedあたま head有していたゆうしていた had; possessedと云う。吾輩吾輩わがはい I; me; myselfいわゆるいわゆる so to speak学者作家に共通なる頭とは禿禿はげ baldと云う意味意味いみ meaningである。なぜ頭が禿げる禿げる go baldかと云えば頭の営養営養えいよう nutrition; nourishment不足不足ふそく scarcity; lack; deficiency hair生長する生長せいちょうする growほど活気活気かっき energy; vitalityがないからに相違ない相違そういない without doubt。学者作家はもっとも多くおおく to great extent頭を使う使つかう make use of; put to useものであって大概大概たいがい generally; for the most part貧乏貧乏びんぼう destitute; poorに極っているきまっている it's a given that ...。だから学者作家の頭はみんな営養不足でみんな禿げている。さてイスキラスも作家であるから自然の自然しぜんの natural; spontaneousいきおい impetus; momentum; course (of events)禿げなくてはならん。かれ he; himつるつる然たるつるつるぜんたる is smooth; is shiny金柑頭金柑きんかんあたま kumquat-like headを有しておった。ところがある日ある one dayの事、先生先生せんせい teacher; professor; scholar例のれいの the aforementioned頭――頭に外行外行よそゆき going out; formal普段着普段着ふだんぎ everyday clothes; casual wearもないから例の頭に極ってるが――その例の頭を振り立てて toss (one's head)振り立て、太陽太陽たいよう sun照らしつけてらしつけて let shine on往来往来おうらい street; roadをあるいていた。これが間違い間違まちがい mishap; troubleのもとである。禿げ頭禿あたま bald head sun; sunlightにあてて遠方遠方えんぽう long ways away; distant placeから見るる see; viewと、大変大変たいへん very much; a great dealよく光るひかる shineものだ。高いたかい high; tall treeにはかぜ windsがあたる、光かるかる shine頭にも何かなにか somethingあたらなくてはならん。このとき time; occasionイスキラスの頭のうえ over; above一羽一羽いちわ one (bird)わし eagle舞っていたっていた was dancing; was fluttering; was hoveringが、見るとどこかで生捕った生捕いけどった captured alive一疋一疋いっぴき one (creature)かめ turtle爪の先つめさき (tips of) claws; talons攫んだつかんだ grasped; heldままである。亀、スッポンスッポン snapping turtleなどは美味美味びみ good-tasting; a delicacyに相違ないが、希臘時代時代じだい age of; time ofから堅いかたい hard; solid; tough甲羅甲羅こうら shellをつけている。いくら美味でも甲羅つきではどうする事も出来んどうすること出来できん can't be dealt with; come to nothing {paragraph continues below}

海老海老えび prawn; shrimp鬼殻焼鬼殻焼おにがらやき (shrimp) broiled in the shell with sauceはあるが亀の子かめ young turtle; turtle甲羅煮甲羅こうら stewed in the shellいま now; this present timeでさえないくらいだから、当時当時とうじ the time in question; then無論無論むろん of course; needless to sayなかったに極っているきまっている it's a given that ...; it follows that ...。さすがのわし eagle少々少々しょうしょう a bit; to some degree持て余したあました found (things) unmanageable折柄折柄おりから just then; at that time遥かのはるかの far away; distant下界下界げかい world below; earthにぴかと光ったひかった shone; flashedもの thingsがある。そのとき time; moment鷲はしめたしめた got it; that's it; problem solved思ったおもった thought。あの光ったもののうえ top ofへ亀の子を落したおとした droppedなら、甲羅甲羅こうら shell正しくまさしく certainly; surely砕けるくだける break; splinterに極わまったわまった is a given that ...。砕けたあとから舞い下りてりて flutter down; float down中味中味なかみ contents; filling頂戴すれば頂戴ちょうだいすれば have; receive; eat訳はないわけはない is easy; is simple。そうだそうだとねらい aim; intent定めてさだめて settle on; decide on、かの亀の子を高いたかい highところ placeから挨拶も無く挨拶あいさつく unannounced; with no further adoあたま headの上へ落した。生憎生憎あいにく unfortunately; regrettably作家作家さっか author; writerの頭のほう alternative (of two choices)かめ turtleこう shellより軟らかやわらか soft; tenderであったものだから、禿禿はげ bald headはめちゃめちゃに砕けて有名なる有名ゆうめいなる famous; renownedイスキラスイスキラス Aeschylus (author of Greek tragedies; c. 525-455 BC)はここに無惨の無惨むざんの cruel; tragic; horrific最後最後さいご final moments; ending遂げたげた arrived at; came toそれはそうとそれはそうと as a tangent; changing the subject解しかねるしかねる is not entirely clearのは鷲の了見了見りょうけん thoughts; intentionsである。例のれいの the aforementioned頭を、作家の頭と知ってって know; realize; be aware (of)落したのか、または禿岩禿岩はげいわ bare rock間違えて間違まちがえて mistake (for)落したものか、解決しよう解決かいけつしよう settle on; decide次第次第しだい depending on ...で、落雲館落雲館らくうんかん Rakuunkan (name of a private middle school)てき adversaries; foesとこの鷲とを比較する比較ひかくする compare; equate事も出来ること出来できる can ...; is able to ...し、また出来なくもなる。主人主人しゅじん masterの頭はイスキラスのそれのごとく、また御歴々御歴々おれきれき notable persons; distinguished cast学者学者がくしゃ scholarのごとくぴかぴか光ってはおらん。しかし六畳敷六畳ろくじょうじき six-mat areaにせよにせよ even if; even thoughいやしくもいやしくも any; at all; in the least書斎書斎しょさい study; den; reading room号するごうする call; refer to (as)一室一室いっしつ one room控えてひかえて have; hold居眠りをしながらも居眠いねむりをしながらも even while nodding off; even while dozing、むずかしい書物書物しょもつ booksの上へかお face翳すかざす cover over with以上は以上いじょうは given that ...、学者作家の同類同類どうるい like kind; kindred spirit見傚さなければならん見傚みなさなければならん have to be seen; can't but be regarded (as)。そうすると主人の頭の禿げて禿げて go baldおらんのは、まだ禿げるべき資格資格しかく qualificationsがないからで、その内にそのうちに by and by; in due time禿げるだろうとは近々近々きんきん soon enough; before longこの頭の上に落ちかかるべき運命運命うんめい fate; destiny; lotであろう。して見れば落雲館の生徒生徒せいと students; pupilsがこの頭を目懸けて目懸めかけて set sights on例のダムダム丸ダムダムがん dumdum projectile (from dumdum bullets, produced by British at Dum Dum Arsenal near Calcutta)集注する集注しゅうちゅうする concentrate; focus (usually 集中しゅうちゅうする)のはさく plan; scheme; measureのもっとも時宜時宜じぎ time; occasion; circumstance適したてきした suitable (to); appropriate (for)ものと云わねばならんわねばならん must say; have to admit。もし敵がこの行動行動こうどう conduct; behavior; activity二週間二週間にしゅうかん two weeks継続する継続けいぞくする continue; keep upならば、主人の頭は畏怖畏怖いふ fear; dread; fright煩悶煩悶はんもん worry; stress; anguishのため必ずかならず invariably; without fail営養営養えいよう nutrition; nourishment不足不足ふそく scarcity; lack; deficiency訴えてうったえて complain of金柑金柑きんかん kumquatとも薬缶薬缶やかん kettleとも銅壺銅壺どうこ copper kettleとも変化する変化へんかする change (into)だろう。なお二週間の砲撃砲撃ほうげき bombardment; shelling食えばくらえば be on the receiving end of金柑は潰れるつぶれる be broken; be crushedに相違ない相違そういない no doubt ...。薬缶は洩るる spring a leakに相違ない。銅壺ならひびが入るひびがはいる cracks developにきまっている。この睹易き睹易みやすき easy to see; apparent結果結果けっか result; consequence; outcome予想せんで予想よそうせんで without anticipating、あくまでも敵と戦闘戦闘せんとう battle; fightを継続しようと苦心する苦心くしんする go to great lengths; strive mightilyのは、ただ本人たる本人ほんにんたる is the man himself苦沙弥苦沙弥くしゃみ Kushami (the master's name)先生先生せんせい teacher; professor; scholarのみである。

ある日ある one day; a certain day午後午後ごご afternoon吾輩吾輩わがはい I; me; myself例のごとくれいのごとく as usual; as always椽側椽側えんがわ veranda出てて go out (onto)午睡午睡ひるね nap; restをしてとら tigerになったゆめ dream見てて see; have (a dream)いた。主人主人しゅじん master鶏肉鶏肉けいにく chicken; fowl; poultry (meat)持って来いってい go and get; bring me云うう say; state; orderと、主人がへえと恐る恐るおそおそる fearfully; timidly; gingerly鶏肉を持って出る。迷亭迷亭めいてい Meitei (name)来たた came; called; visitedから、迷亭にがん wild goose食いたいいたい want to eat雁鍋雁鍋がんなべ The Goose Pot (name of a restaurant)行ってって go (to)誂らえて来いあつらえてい put in an order (and bring it back)と云うと、蕪の香の物かぶこうもの pickled turnipsと、塩煎餅塩煎餅しおせんべい rice crackers seasoned with soy sauceといっしょに召し上がりますがります eatと雁の味が致しますあじいたします tastes like ...と例のごとく茶羅ッ鉾茶羅ちゃらぽこ nonsense; gibberishを云うから、大きなおおきな big; large; greatくち mouthをあいて、うーと唸ってうなって roar嚇しておどかして threaten; menace; frightenやったら、迷亭は蒼くなってあおくなって go pale山下山下やました Yamashita (place name; Ueno vicinity)の雁鍋は廃業致しました廃業はいぎょういたしました closed down; went out of businessがいかが取り計いましょうはからいましょう manage; handle; deal withかと云った。それなら牛肉牛肉ぎゅうにく beef勘弁する勘弁かんべんする pardon; permit; excuseから早くはやく quickly; without delay西川西川にしかわ Nishikawa (name of a butcher)へ行ってロースロース sirloin一斤一斤いっきん 1 kin (about 600 grams; about 1.3 lbs) 取って来いってい go and get、早くせんと貴様貴様きさま you (derogatory)から食い殺すころす kill and eatぞと云ったら、迷亭は尻を端折ってしり端折はしょって tucking up one's skirts; with one's tail between one's legs馳け出したした ran off。吾輩は急にきゅうに suddenlyからだが大きくなったので、椽側一杯一杯いっぱい in full; fully寝そべってそべって sprawl (over); be stretched out (on)、迷亭の帰るかえる return; come backのを待ち受けてけて wait on; anticipateいると、たちまち家中家中うちじゅう throughout the house響くひびく resound; reverberate大きなこえ voiceがしてせっかくのぎゅう beef食わぬ間にわぬに before one can eat夢がさめてわれ I; me; myselfに帰った。するといま now; just nowまで恐る恐る吾輩のまえ before; front of平伏していた平伏へいふくしていた was prostrating oneselfと思いのほかのおもいのほかの instead of ...; rather than ...主人が、いきなり後架後架こうか toilet; outhouse; privyから飛び出して来てしてて come flying out (of)、吾輩の横腹横腹よこばら side; flankをいやと云うほど蹴たた kickedから、おやと思うおもう think; wonderうち、たちまち庭下駄にわ下駄げた garden clogsつっかけてつっかけて slip on; slide into木戸木戸きど wicket gateから廻ってまわって circle round (to)落雲館落雲館らくうんかん Rakuunkan (name of a private middle school)ほう directionかけて行くかけてく go running off (toward)。吾輩は虎から急にねこ cat収縮した収縮しゅうしゅくした contracted; deflated; shrankのだから何となくなんとなく somehow; in some sense極りが悪くきまりがわるく feel awkward; feel smallもあり、おかしくもあったが、主人のこの権幕権幕けんまく threatening attitude; menacing lookと横腹を蹴られた痛さいたさ painとで、虎の事こと about; concerningはすぐ忘れてしまったわすれてしまった completely forgot; put out of one's mind同時に同時どうじに at the same time主人がいよいよ出馬して出馬しゅつばして go in person; get directly involvedてき adversary; foe交戦する交戦こうせんする engage in battle面白い面白おもしろい interesting; intriguingわいと、痛いのを我慢して我慢がまんして endure; tolerate後を慕ってあとしたって following (a person)裏口裏口うらぐち rear entranceへ出た。同時に主人がぬすっとうぬすっとう robber; thief怒鳴る怒鳴どなる shout; roar; exclaim声が聞えるきこえる be heard、見ると制帽制帽せいぼう school capをつけた十八九十八九じゅうはちく eighteeen or nineteen (years of age)になる倔強な倔強くっきょうな muscular; brawny; sturdyやつ guy; fellow一人一人ひとり one (person)四ツ目垣よっがき bamboo lattice fence向うむこう beyond; the other side乗り越えつつあるえつつある is in the process of climbing over。やあ遅かったおそかった was too lateと思ううち、彼のの the aforementioned ...制帽は馳け足あし with quick steps; on the double姿勢姿勢しせい manner; fashionをとって根拠地根拠地こんきょち base of operations; home baseの方へ韋駄天韋駄天いだてん Idaten (swift-footed Buddhist guardian deity)のごとく逃げて行くげてく run away; flee。主人はぬすっとうが大におおいに very much; greatly成功した成功せいこうした delivered the intended effectので、またもぬすっとうと高くたかく at the top of one's lungs; in a shrill voice叫びながらさけびながら screaming; yelling; crying追いかけて行くいかけてく run off in pursuit。しかしかの敵に追いつくためには主人の方でかき fence; hedge越さなければならんさなければならん have to cross; have to pass over深入り深入ふかいり go deep intoをすれば主人自らみずから oneself; personally泥棒泥棒どろぼう thief; pilferer; trespasserになるはずである。ぜん before; earlier; prior申すもうす say; state; mention通りとおり just as ...主人は立派なる立派りっぱなる is splendid; is impressive逆上家逆上家ぎゃくじょうか hotheadである。こういきおい energy; impetus乗じてじょうじて riding (on); carried (by)ぬすっとうを追い懸けるける chase after; pursue以上は以上いじょうは once having ...夫子自身夫子ふうし自身じしん the person concerned; he himselfがぬすっとうに成ってって becomeも追い懸けるつもりと見えて、引き返すかえす turn back; come back気色気色けしき sign; indicationもなく垣の根元根元ねもと base; foundationまで進んだすすんだ moved forward; advanced。今一歩一歩いっぽ one stepかれ he; himはぬすっとうの領分領分りょうぶん area; region入らなければならんはいらなければならん have to enterと云う間際間際まぎわ point of doing; verge ofに、敵軍敵軍てきぐん enemy forces; adversariesなか middle; midstから、薄いうすい thin; light; slightひげ beard; whiskersを勢なく生やしたやした grew; sported (whiskers)将官将官しょうかん general; admiralのこのことのこのこと unconcernedly; nonchalantly出馬して来た。両人両人ふたり both persons; the two of themは垣をさかい border; boundary何かなにか something談判して談判だんぱんして talk; converseいる。聞いて見るとこんなつまらない議論議論ぎろん conversation; exchangeである。

「あれは本校本校ほんこう this school; our school生徒生徒せいと student; pupilです」

「生徒たるべきものが、何でなんで whyひと others; other person邸内邸内ていない grounds; premises侵入する侵入しんにゅうする intrude; trespass (into)のですか」

「いやボールボール ballがつい飛んだんだ flewものですから」

「なぜ断ってことって give notice; ask permission取りに来ないりにない not come to getのですか」

「これから善くく duly; properly注意します注意ちゅういします take care; exercise caution

「そんなら、よろしい」

竜騰虎闘竜騰りゅうとう虎闘ことう dragon vs tiger; battle for the ages壮観壮観そうかん magnificent spectacle; thrilling sightがあるだろうと予期した予期よきした expected; anticipated交渉交渉こうしょう negotiation; give and take; disputationはかくのごとく散文的なる散文的さんぶんてきなる (is) prosaic; conventional; commonplace談判談判だんぱん exchange of words; talkをもって無事に無事ぶじに without incident; quietly迅速に迅速じんそくに quickly; promptly結了した結了けつりょうした wrapped up; concluded主人主人しゅじん master壮んなるさかんなる (consists of) activity; energyはただ意気込み意気込いきごみ ardor; enthusiasmだけである。いざとなると、いつでもこれでおしまいだ。あたかも吾輩吾輩わがはい I; me; myselfとら tigerゆめ dreamから急にきゅうに suddenlyねこ cat返ったかえった returned; reverted (to)ようなかん look; appearance; aspectがある。吾輩の小事件小事件しょうじけん lesser affair; minor altercationと云うう is ...; being ...のは即ちすなわち namely; specificallyこれである。小事件を記述した記述きじゅつした described; made an account ofあとには、順序順序じゅんじょ order; course of eventsとして是非是非ぜひ without fail; by all means大事件大事件だいじけん significant happening; major altercation話さなければならんはなさなければならん need to tell; must relate

主人は座敷座敷ざしき living room; parlor障子障子しょうじ shōji開いてひらいて open腹這腹這はらばい lying on one's bellyになって、何かなにか something思案して思案しあんして think about; considerいる。恐らくおそらく probably; most likelyてき adversaries; foesに対してたいして with respect to; regarding防禦策防禦ぼうぎょさく defense; protection; safeguard講じてこうじて scheme up; work out (a plan)いるのだろう。落雲館落雲館らくうんかん Rakuunkan (name of a private middle school)授業中授業じゅぎょうちゅう classes in session見えてえて appear; seem運動場運動場うんどうば athletic grounds; sports field存外存外ぞんがい contrary to expectation; surprisingly静かしずか quiet; stillである。ただ校舎校舎こうしゃ school building一室一室いっしつ one roomで、倫理倫理りんり ethics; morals講義講義こうぎ lecture; discourseをしているのが手に取るようにるように close enough to touch; right nearby聞えるきこえる sounds (like)朗々たる朗々ろうろうたる (is) clear; bright; sonorous音声音声おんせい sound of a voice; voiceでなかなかうまく述べ立てててて relate at great length; dwell eloquently onいるのを聴くく listen toと、全くまったく utterly; perfectly; unmistakedly昨日昨日きのう yesterday; the day prior敵中敵中てきちゅう enemy camp; enemy sideから出馬して出馬しゅつばして go in person; get directly involved談判のしょう important roleに当ったあたった undertook将軍将軍しょうぐん generalである。

「……で公徳公徳こうとく public morality; civic virtuesと云うものは大切な大切たいせつな important; valuableこと thingsで、あちらへ行って見るってる go and seeと、仏蘭西仏蘭西フランス Franceでも独逸独逸ドイツ Germanyでも英吉利英吉利イギリス Englandでも、どこへ行っても、この公徳の行われておらんおこなわれておらん not be put into practiceくに countryはない。またどんな下等な下等かとうな lower class; vulgarもの people; folkでもこの公徳を重んぜぬおもんぜぬ not respect; not value者はない。悲しいかなしい unfortunate; lamentableかな、我がが our日本日本にほん Japanに在ってはっては when it comes to ...未だだ not yetこのてん pointにおいて外国外国がいこく foreign countries拮抗する拮抗きっこうする compete (with); be equal (to)事が出来んこと出来できん is not able to ...のである。で公徳と申すもうす speak of; mentionと何か新しくあたらしく newly; of late外国から輸入して来た輸入ゆにゅうしてた was brought in; was introduced (from)ように考えるかんがえる think of; consider (as)諸君諸君しょくん (my) friends; fellowsもあるかも知れんかもれん it may be that ...が、そう思うおもう think; imagineのは大なるだいなる is big; is great誤りあやまり error; mistakeで、昔人昔人せきじん people of old; men of old夫子夫子ふうし Confucius道一以て道一みちいつもって following a constant pathこれ this貫くつらぬく keep with; maintain忠恕忠恕ちゅうじょ sincerity and considerationのみ end-of-sentence particle (signifying assertion or declaration)と云われた事がある。このじょ consideration; sympathy; compassionと申すのが取りも直さずりもさず in other words; nothing more or less than公徳の出所出所しゅっしょ origin; source; starting pointである。わたくし I; me人間人間にんげん human being; manであるから時にはときには at times; on occasion大きなおおきな large; loud (voice)こえ voiceをしてうた songなどうたって見たくなる事がある。しかし私が勉強して勉強べんきょうして study; workいる時に隣室隣室りんしつ neighboring roomのものなどが放歌する放歌ほうかする break out in songのを聴くと、どうしても書物書物しょもつ book読めぬめぬ can't readのが私の性分性分しょうぶん nature; dispositionである。であるからして自分自分じぶん oneself唐詩選唐詩選とうしせん Tang period poetryでも高声に高声こうせいに in a loud voice吟じたらぎんじたら recite; sing out気分気分きぶん feeling; mood; frame of mind晴々して晴々せいせいして brighten; lightenよかろうと思う時ですら、もし自分のように迷惑がる迷惑めいわくがる be inconvenienced byひと person隣家隣家りんか neighboring house住んでんで live; resideおって、知らず知らずらずらず unknowingly; unwittinglyその人の邪魔邪魔じゃま hindrance; interruption; disturbanceをするような事があってはすまんと思うて、そう云う時はいつでも控えるひかえる hold back; moderate; refrainのである。こう云うわけ situation; circumstanceだから諸君もなるべく公徳を守ってまもって abide by; adhere toいやしくもいやしくも any; at all; in the least人の妨害妨害ぼうがい disturbance; disruption; intrusionになると思う事は決してけっして by (no) meansやってはならんのである。……」

主人主人しゅじん master耳を傾けてみみかたむけて lend an ear to; listen to、この講話講話こうわ lecture; discourse謹聴して謹聴きんちょうして listen attentively toいたが、ここに至っていたって arrive at; come toにやりと笑ったにやりとわらった grinned; smiled; beamed。ちょっとこのにやりの意味意味いみ meaning; significance説明する説明せつめいする explain必要必要ひつよう necessity; needがある。皮肉家皮肉家ひにくか cynicがこれをよんだらこのにやりのうち inside; undersideには冷評的冷評的れいひょうてき sarcastic; dismissive分子分子ぶんし element交っているまじっている mixed into; blended with思うおもう think; imagineだろう。しかし主人は決してけっして by (no) means、そんなひと person; personality; character悪いわるい nasty; unpleasantおとこ man; fellowではない。悪いと云うう say; stateよりそんなに智慧智慧ちえ wisdom; sagacity発達した発達はったつした developed; progressed男ではない。主人はなぜ笑ったかと云うと全くまったく entirely; completely嬉しくってうれしくって happy; glad; joyous笑ったのである。倫理倫理りんり ethics; morals教師たる教師きょうしたる (is a) teacher; instructorもの personがかように痛切なる痛切つうせつなる (is) keen; acute; heartfelt訓戒訓戒くんかい admonition; instructive warning与えるあたえる give to; impart toからはこの後こののち hereafter; from now on永久永久えいきゅう perpetuityダムダム弾ダムダムだん dumdum bullet (expanding bullet; produced by British at Dum Dum Arsenal near Calcutta)乱射乱射らんしゃ indiscriminate firing off of免がれるまぬがれる be spared; avoidに相違ない相違そういない without doubt ...当分のうち当分とうぶんのうち for a while; for some timeあたま head禿げずに禿げずに without losing one's hair; without going baldすむ、逆上逆上ぎゃくじょう rush of blood to the head; hotheadedness一時に一時いちじに at one time; at once直らんなおらん not be cured; not be fixedでも時機時機じき time; occasion; opportunityさえくれば漸次漸次ぜんじ slowly; gradually; little by little回復する回復かいふくする return to normal; get better; recoverだろう、濡れ手拭手拭てぬぐい damp cloth頂いていただいて receive炬燵炬燵こたつ kotatsu (table with underside or in-floor heater)にあたらなくとも、樹下石上樹下じゅか石上せきじょう under a tree or on top of a stone (i.e. out in the wild)宿としなくとも宿やどとしなくとも without spending the night大丈夫大丈夫だいじょうぶ fine; alright; okayだろうと鑑定した鑑定かんていした judged; determinedから、にやにやと笑ったのである。借金借金しゃっきん borrowed money; debt必ずかならず invariably; without fail返すかえす return; repay者と二十世紀二十世紀にじっせいき twentieth century今日今日きょう this day; the presentにもやはり正直に正直しょうじきに candidly; at face value考えるかんがえる consider; think of; take inほどの主人がこの講話を真面目に真面目まじめに seriously; earnestly聞くく listen toのは当然当然とうぜん natural; a matter of courseであろう。

やがて時間時間じかん (the designated) time来たた came; arrived見えてえて appear; seem、講話はぱたりとやんだ。他のの other教室教室きょうしつ classroom課業課業かぎょう teaching; lessonsみんな all; in entirety一度に一度いちどに at one time; at once終ったおわった ended; finished。するといま now; this timeまで室内室内しつない within (the) rooms; indoors密封された密封みっぷうされた were sealed tight八百八百はっぴゃく eight hundred同勢同勢どうぜい party; company; troups鬨の声ときこえ war cry; battle cryをあげて、建物建物たてもの building飛び出したした flew out; ran out (of)。そのいきおい energy; impetusと云うものは、一尺一尺いっしゃく 1 shaku (about 30 cm; about 1 foot)ほどな蜂の巣はちすう beehive敲き落したたたおとした knocked downごとくである。ぶんぶん、わんわん云うてまど windowsから、戸口戸口とぐち doorsから、開きひらき gapsから、いやしくもいやしくも any; at all; in the leastあな opening; aperture; orifice開いているいている be openところ placesなら何のなんの (no) sort of; (no) form of容赦もなく容赦ようしゃもなく unrelentingly我勝ちに我勝われがちに as one pleases; each to his own飛び出した。これが大事件大事件だいじけん significant happening; major altercation発端発端ほったん origin; opening; starting pointである。