I am a Cat - Chapter 7 b

vocabulary bar - use mouse hover or touch to display furigana and definition of underlined terms

横町横町よこちょう side street; alley; laneひだり left (side)折れるれる turn (a corner)向うむこう the other direction; ahead高いたかい high; tallとよ竹とよだけ bamboo chute; bamboo troughのようなものが屹立して屹立きつりつして tower; soarさき end; tipから薄いうすい thin; light; faintけむり smoke吐いていて emit; send forthいる。これ即ちすなわち namely; none other than洗湯洗湯せんとう bathhouse; public bathsである。吾輩吾輩わがはい I; me; myselfはそっと裏口裏口うらぐち rear entranceから忍び込んだしのんだ crept in; stole into。裏口から忍び込むのを卑怯卑怯ひきょう cowardly; lowdownとか未練未練みれん indecorous; uncouthとか云うう may be said; may be assertedが、あれはおもて front (of a building)からでなくては訪問する訪問ほうもんする call at; visit事が出来ぬこと出来できぬ cannot; is not able toものが嫉妬嫉妬しっと jealousy; envy半分半分はんぶん half; in part囃し立てるはやてる taunt; deride繰り言ごと grumbling; gripingである。昔しむかし long ago; former timesから利口な利口りこうな clever; intelligent; sharpひと person; manは裏口から不意を襲う不意ふいおそう catch by surprise; appear unannouncedこと act; actionにきまっている。紳士養成方紳士しんし養成ようせいほう Bringing up a Gentleman (fictitious reference)第二巻だいかん second volume (of a series of books)第一章だい一章いっしょう first chapter五ページページ page fiveにそう出ているている appears; is presentそうだ。そのつぎ next; followingのページには裏口は紳士の遺書遺書いしょ testament; posthumous workにして自身自身じしん oneselfとく virtue; advantage得るる win; gain; secureもん gate; gateway; entranceなりとあるくらいだ。吾輩は二十世紀二十世紀にじっせいき twentieth centuryねこ catだからこのくらいの教育教育きょういく education; schooling; eruditionはある。あんまり軽蔑して軽蔑けいべつして scorn; disdain; dismissはいけない。さて忍び込んで見るる (try and) see; lookと、左のほう directionまつ pine割ってって split; cut八寸八寸はっすん 8 sun (about 25 cm; about 10 inches)くらいにしたのがやま mountainのように積んであってんであって be stackedその隣りそのとなり next to that; next to thoseには石炭石炭せきたん coalおか hillのように盛ってあるってある be heaped; be piled。なぜ松薪松薪まつまき pine kindling; pine firewoodが山のようで、石炭が岡のようかと聞くく ask; question人があるかも知れないかもれない it may be that ...が、別にべつに especially; in particular意味意味いみ meaning; significance何もなにも (no)thingない、ただちょっと山と岡を使い分けた使つかけた used differentiallyだけである。人間人間にんげん human beings; humans; menこめ rice食ったりったり eat; devour; consumeとり birdsを食ったり、さかな fishを食ったり、けもの animals; beastsを食ったりいろいろの悪もの食いあくものい eating this and that; scrounging for foodしつくしたしつくした took to its limit; exhausted entirelyあげくついに石炭まで食うように堕落した堕落だらくした has gone astray; has fallen from graceのは不憫不憫ふびん poor; piteous; pitiableである。行き当りあたり path's endを見ると一間一間いっけん 1 ken (about 2 meters; about 2 yards)ほどの入口入口いりぐち entrance明け放しはなし left open; propped openになって、なか inside; within覗くのぞく look in on; examine; inspectがんがらがんのがあんとがんがらがんのがあんと expansive and empty物静か物静ものしずか still; quiet; calmである。その向側向側むこうがわ opposite side; far side何かなんか somehow; in some senseしきりに人間のこえ voicesがする。いわゆる洗湯はこの声の発するはっする occur; arise; emanateへん area; localeに相違ない相違そういない no doubt ...断定した断定だんていした judged; concludedから、松薪と石炭のあいだ interval; gap出来てる出来できてる is formed谷あいたにあい valley通り抜けてとおけて cut through; pass through左へ廻ってまわって turn (toward)前進する前進ぜんしんする move ahead; advance右手右手みぎて right-hand side硝子窓硝子ガラスまど glassed windowがあって、そのそとに丸いまるい round; circular小桶小桶こおけ small buckets三角形三角形さんかっけい triangle即ちピラミッドピラミッド pyramidのごとく積みかさねてある。丸いものが三角に積まれるのは不本意千万不本意ふほんい千万せんばん completely contrary to one's wishes; entirely unnaturalだろうと、ひそかに小桶諸君諸君しょくん friends; comrades feelings; thoughts諒としたりょうとした acknowledged; appreciated。小桶の南側南側みなみがわ south side四五尺四五しごしゃく 4 or 5 shaku (about 1.5 meters; about 5 feet)あいだ interval; spanいた boards; flooring余ってあまって be in excess; protrude、あたかも吾輩を迎うるむかうる welcome; receiveもののごとく見える。板の高さは地面地面じめん earth; ground去るる be distant fromやく about一メートルいちメートル one meterだから飛び上がるがる jump upには御誂え御誂おあつらえ order; make; fabrication上等上等じょうとう superior; excellentである。よろしいと云いながらひらりと身を躍らすおどらす jump; leapといわゆる洗湯ははな noseの先、 eyesした below; beneathかお faceまえ front ofにぶらついている。天下天下てんが under heaven; in this worldに何が面白い面白おもしろい interesting; amusingと云って、未だいまだ not yet食わざるわざる not eat (= わない)ものを食い、未だ見ざるものを見るほどの愉快愉快ゆかい pleasure; delight; joyはない。諸君もうちの主人主人しゅじん masterのごとく一週一週いっしゅう one week三度三度さんど three timesくらい、この洗湯かい world; world of三十分三十分さんじっぷん thirty minutes乃至乃至ないし from ... to; between ... and四十分四十分よんじっぷん forty minutes暮すくらす spend timeならいいが、もし吾輩のごとく風呂風呂ふろ bathhouse; public bathsと云うものを見た事がないなら、早くはやく soon; without delay見るがいい。おや parent; parents; mother and father死目死目しにめ moment of death; final moment逢わなくてわなくて not be present (at)もいいから、これだけは是非是非ぜひ without fail; by all means見物する見物けんぶつする take a look at; go and seeがいい。世界広し世界せかいひろし the world is wide; it's a wide worldといえどもこんな奇観奇観きかん wonder; marvelはまたとあるまい。

なに what奇観奇観きかん wonder; marvelだ? 何が奇観だって吾輩吾輩わがはい I; me; myselfはこれを口にするくちにする speak of; articulate憚かるはばかる hesitateほどの奇観だ。この硝子窓硝子ガラスまど glassed windowなか inside; withinうじゃうじゃうじゃうじゃ in swarms; in clustersがあがあがあがあ cackling; squawking騒いでさわいで make noise; clamor; stir up a racketいる人間人間にんげん human beings; humans; menことごとくことごとく altogether; entirely; one and all裸体裸体らたい nakedである。台湾台湾たいわん Taiwan生蕃生蕃せいばん aboriginalsである。二十世紀二十世紀にじっせいき twentieth centuryアダムアダム Adam (as in Adam and Eve)である。そもそも衣装衣装いしょう clothing; garments; dress歴史歴史れきし history繙けばひもとけば peruse; work through; trace down――長いながい long; lengthyこと matterだからこれはトイフェルスドレックトイフェルスドレック Teufelsdröckh (German philosopher in Thomas Carlyle's fictional work "Sartor Resartus")くん (suffix of familiarity for males)譲ってゆずって hand over to; yeild to; defer to、繙くだけはやめてやるが、――人間は全くまったく utterly; entirely服装服装ふくそう garments; attireで持ってるってる are made by; are defined byのだ。十八世紀十八世紀じゅうはっせいき eighteenth centuryころ time; period大英国大英国だいえいこく Great Brittainバスバス Bath (city in Somerset, England known for its Roman baths)温泉場温泉場おんせんば hot springs area; hot springs spaにおいてボー・ナッシボー・ナッシ Beau Nash (1674–1761; born Richard Nash; unofficial Master of Ceremonies at the spa town of Bath)厳重な厳重げんじゅうな strict; rigid; severe規則規則きそく rules制定した制定せっていした established; createdとき time; periodなどは浴場内浴場よくじょうない within the bathhouse; within the baths男女男女だんじょ men and women; both gendersとも together; inclusive ofかた shouldersからあし feetまで着物着物きもの clothing; garmentでかくしたくらいである。いま now; the present去るる be distant from六十年六十ろくじゅうねん sixty yearsぜん before; prior; agoこれも英国の去るる a certain ... (usually る)みやこ city図案学校図案ずあん学校がっこう school of design; art school設立した設立せつりつした founded; established事がある。図案学校の事であるから、裸体 drawing; painting; sketch、裸体ぞう image; form; likeness模写模写もしゃ copy; reproduction模型模型もけい model; mold; casting買い込んでんで buy up; procure、ここ、かしこに陳列した陳列ちんれつした exhibited; displayedのはよかったが、いざ開校式開校式かいこうしき school opening ceremony挙行する挙行きょこうする celebrate一段一段いちだん step; stageになって当局者当局者とうきょくしゃ those in charge; authorities初めはじめ for starters; to begin with学校の職員職員しょくいん staff members; personnel大困却をした大困却だいこんきゃくをした met with a serious problem事がある。開校式をやるとすれば、 city淑女淑女しゅくじょ ladies招待しなければならん招待しょうだいしなければならん need to invite; must include。ところが当時当時とうじ that time; the time in question貴婦人方貴婦人きふじんがた proper ladiesかんがえ thoughts; views; notionsによると人間は服装の動物動物どうぶつ animal; creatureである。かわ hide; pelt着たた wore; donnedさる monkey; ape子分子分こぶん protégé; understudyではないと思っておもって think; feel; believeいた。人間として着物をつけないのはぞう elephantはな (elephant's) trunkなきがごとく、学校の生徒生徒せいと students; pupilsなきがごとく、兵隊兵隊へいたい soldier勇気勇気ゆうき courage; bravery; valorなきがごとく全くその本体本体ほんたい true form; substance; essence失してしっして lose; missいる。いやしくもいやしくも in the least; even in a slight degree本体を失している以上は以上いじょうは given that ...人間としては通用しない通用つうようしない not pass for; not pass as獣類獣類じゅうるい (type of; sort of) beastである。仮令仮令たとい even if; although模写模型にせよ獣類の人間と伍するする rank with; be placed amongのは貴女貴女きじょ noblewoman; lady品位品位ひんい dignity; grace; refinement害するがいする damage; harm; compromiseわけ situation; caseである。でありますから妾等妾等しょうら we (ladies)出席出席しゅっせき attendance; appearance御断わり申す御断おことわりもうす do humbly decline云われたわれた were told。そこで職員共は話せないはなせない lacking good sense; unreasonable連中連中れんじゅう company; lotだとは思ったが、何しろなにしろ in any caseおんな women東西両国東西とうざい両国りょうごく from east to west; all lands通じてつうじて throughout; across一種の一種いっしゅの a certain kind of装飾品装飾品そうしょくひん ornament; decorationである。米舂米舂こめつき rice polisher; rice millerにもなれん志願兵志願兵しがんへい volunteer soldierにもなれないが、開校式には欠くべからざるくべからざる can't be spared; can't do without; is essential化装道具化装けしょう道具どうぐ adornment; decorative objectである。と云うところから仕方がない仕方しかたがない be left with no other recourse呉服屋呉服屋ごふくや fabric shop行ってって go (to)黒布黒布くろぬの black cloth三十五三十さんじゅう thirty fiveたん tan (variable measure of fabric; approximately enough for one outfit)八分七八分七はちぶんのしち seven eighths買って来てってて went and bought例のれいの the aforementioned獣類の人間にことごとく着物をきせた。失礼失礼しつれい discourtesy; breach of etiquetteがあってはならんと念に念を入れてねんねんれて making extra sure; for good measureかお facesまで着物をきせた。かようにしてようやくの事ようやくのこと somehow; narrowly; by a hair's breadth滞りなくとどこおりなく without delay; without mishap; smoothly式をすましたと云うはなし story; reportがある。そのくらい衣服衣服いふく clothing; clothesは人間にとって大切大切たいせつ important; prized; valuedなものである。近頃近頃ちかごろ recently; of lateは裸体画裸体画と云ってしきりに裸体を主張する主張しゅちょうする emphasize; fixate on; draw attention to先生先生せんせい teacher; professor; scholarもあるがあれはあやまっている。生れてからうまれてから from birth今日今日こんにち this day; the presentに至るまでいたるまで up until一日も一日いちにちも (not) one day; (not) a single day裸体になった事がない吾輩から見るる view; look atと、どうしても間違っている間違まちがっている in error; misguided。裸体は希臘希臘ギリシャ Greece羅馬羅馬ローマ Rome遺風遺風いふう hereditary custom; surviving tradition文芸復興時代文芸ぶんげい復興ふっこう時代じだい Renaissance Period淫靡淫靡いんび indecency; obscenity; ribaldryふう manner; tendency誘われてさそわれて be lured; be enticedから流行りだした流行はやりだした came into vogueもので、希臘人希臘ギリシャじん Greeksや、羅馬人羅馬ローマじん Romans平常平常ふだん usually; ordinarilyから裸体を見做れていた見做みなれていた were accustomed to seeing; were familiar withのだから、これをもって風教風教ふうきょう moralsじょう with regard to; concerning利害利害りがい advantage or disadvantage; benefit or detriment関係関係かんけい relationship; connectionがあるなどとは毫もごうも (not) at all; (not) in the least思い及ばなかったおもおよばなかった didn't come into considerationのだろうが北欧北欧ほくおう Northern Europe寒いさむい cold (weather or climate)ところ place; area; regionだ。 {paragraph continues below}

日本日本にほん Japanでさえはだか naked道中道中どうちゅう journey; travels; making one's wayがなるものかと云うう questionくらいだから独逸独逸ドイツ Germany英吉利英吉利イギリス Englandで裸になっておれば死んでんで die; perishしまう。死んでしまってはつまらないから着物着物きもの clothing; garmentsをきる。みんなが着物をきれば人間人間にんげん human beings; humans; men服装服装ふくそう garments; attire動物動物どうぶつ animal; creatureになる。一たびひとたび one time; once服装の動物となった後にのちに later; after; since突然突然とつぜん suddenly; abruptly裸体裸体らたい naked動物に出逢えば出逢であえば meet with; encounter人間とは認めないみとめない not recognize; not acknowledge (as)けだもの animals; beasts思うおもう think of; regard (as)。それだから欧洲人欧洲人おうしゅうじん Europeansことに北方北方ほっぽう northern parts; northern districtsの欧洲人は裸体 drawing; painting; sketch、裸体ぞう image; form; likenessをもって獣として取り扱ってあつかって manage; treat; handle (as)いいのである。ねこ cat劣るおとる be inferior to獣と認定して認定にんていして recognize (as)いいのである。美しいうつくしい beautiful; lovely? 美しくても構わんかまわん doesn't matter; is not a problemから、美しい獣と見做せば見做みなせば see; look on; regard (as)いいのである。こう云うと西洋西洋せいよう the West; the Occident; Western countries婦人婦人ふじん women; ladies礼服礼服れいふく formal dress; evening dress見たた saw; witnessed; observedかと云うものもあるかも知れないかもれない it may be that ...が、猫の事こと concern; have to do withだから西洋婦人の礼服を拝見した拝見はいけんした (humbly) witnessed; observedこと case; instanceはない。聞くく hear; gather (from hearing)ところによると彼等彼等かれら they; themむね breasts; bosom; bustをあらわし、かた shouldersをあらわし、うで armsをあらわしてこれを礼服と称してしょうして refer to (as)いるそうだ。怪しからんしからん scandalous; shameful事だ。十四世紀十四じゅうよん世紀せいき fourteenth centuryごろ about; aroundまでは彼等の出で立ちち dress; outfitsしかくしかく thus; in this manner滑稽滑稽こっけい ridiculous; silly; absurdではなかった、やはり普通の普通ふつうの ordinairy; usual; normal人間の着るる wearものを着ておった。それがなぜこんな下等な下等かとうな inferior; base; vulgar軽術師軽術師かるわざし acrobat; tumblerりゅう style; manner転化してきた転化てんかしてきた changed to; transitioned toかは面倒面倒めんどう trouble; bother; burdenだから述べないべない not mention; not go into知るる know; be aware of; be versed inひと individuals; personsぞ知る、知らぬものは知らんかお face; (facial) expressionをしておればよろしかろう。歴史歴史れきし historyはとにかく彼等はかかるかかる such; like these異様な異様いような odd; eccentric風態風態ふうたい appearance; style; mannerをして夜間夜間やかん night; nighttimeだけは得々たる得々とくとくたる be triumphant; act proudにも係わらずにもかかわらず in spite of内心内心ないしん within one's heart; deep down少々少々しょうしょう somewhat; to some degree人間らしいところもあると見えて、 sun出るる appearと、肩をすぼめるすぼめる draw in、胸をかくす、腕を包むつつむ wrap; cover、どこもかしこもことごとく見えなくしてしまうのみならず、足の爪あしつめ toenail一本一本いっぽん one (slender object)でも人に見せるのを非常に非常ひじょうに very much; exceedingly恥辱恥辱ちじょく disgrace; shame考えてかんがえて think of; consider (as)いる。これで考えても彼等の礼服なるものは一種の一種いっしゅの a certain kind of頓珍漢的頓珍漢的とんちんかんてき contradictory; absurd; incoherent作用作用さよう action; effect; workingによって、馬鹿馬鹿ばか idiot; foolと馬鹿の相談相談そうだん consultation; discussionから成立した成立せいりつした came about; took shapeものだと云う事が分るわかる understand; realize; grasp。それが口惜しければ口惜くやしければ mortifying; hard to accept日中日中にっちゅう during the day; in the light of dayでも肩と胸と腕を出してして reveal; show; exposeいて見るがいい。裸体信者信者しんじゃ devotee; adherentだってその通りそのとおり exactly that; quite soだ。それほど裸体がいいものならむすめ daughterを裸体にして、ついでに自分自分じぶん oneselfも裸になって上野公園上野うえの公園こうえん Ueno Park散歩散歩さんぽ walk; strollでもするがいい、できない? 出来ない出来できない can't doのではない、西洋人西洋人せいようじん Westernerがやらないから、自分もやらないのだろう。現にげんに actually; in factこの不合理不合理ふごうり absurd; nonsensical極まるきわまる extremity; height (of)礼服を着て威張って威張いばって swagger; strut帝国ホテル帝国ていこくホテル Imperial Hotelなどへ出懸ける出懸でかける set out (for)ではないか。その因縁因縁いんねん connection; pretext; origin尋ねるたずねる ask; enquire何にもなんにも (no)thingない。ただ西洋人がきるから、着ると云うまでの事だろう。西洋人は強いつよい strong; capable; influentialから無理無理むり unnatural; immoderateでも馬鹿気ていて馬鹿気ばかげていて foolish; nonsensical真似なければやり切れない真似まねなければやりれない be compelled to follow suitのだろう。長いながい longものには捲かれろかれろ be bound up (by)、強いものには折れろれろ give in; yield; submit (to)重いおもい heavy; massiveものには圧されろされろ be suppressed (by)と、そうれろ尽しれろつくし be done to again and again; be subject to all influencesでは気が利かんかん mindless; unthinkingではないか。気が利かんでも仕方がない仕方しかたがない can't be helpedと云うなら勘弁する勘弁べんかいする pardon; forgive; let passから、あまり日本人日本人にほんじん Japanese (people)をえらいもの thingsと思ってはいけない。学問学問がくもん scholarship; learningといえどもその通りだがこれは服装に関係関係かんけい relationship; connectionがない事だから以下略とする以下いかりゃくとする leave (something) unsaid; not go there

衣服衣服いふく clothing; clothesはかくのごとく人間人間にんげん human beings; humans; menにも大事な大事だいじな important; crucialものである。人間が衣服か、衣服が人間かと云うう say; stateくらい重要な重要じゅうような weighty; critical; essential条件条件じょうけん items; articlesである。人間の歴史歴史れきし historyにく fleshの歴史にあらず、ほね boneの歴史にあらず、 bloodの歴史にあらず、単にたんに simply; solely衣服の歴史であると申したいもうしたい would like to stateくらいだ。だから衣服を着けないけない not wear人間を見るる see; viewと人間らしい感じかんじ feeling; senseがしない。まるで化物化物ばけもの monster; brute邂逅した邂逅かいこうした chanced across; encounteredようだ。化物でも全体全体ぜんたい the whole; the entirety申し合せてもうあわせて by arrangement; through agreement化物になれば、いわゆる化物は消えてえて disappear; vanishなくなるわけ situation; caseだから構わんかまわん is fineが、それでは人間自身自身じしん themselves大におおいに very much; greatly困却する困却こんきゃくする be in a fix; be in a bindこと situation; stateになるばかりだ。その昔しむかし long ago; in antiquity自然自然しぜん natureは人間を平等なる平等びょうどうなる be equal; be the sameものに製造して製造せいぞうして make; create世の中なか the world抛り出したほうした toss out; put out。だからどんな人間でも生れるうまれる be bornときは必ずかならず invariably; without fail赤裸赤裸あかはだか stark nakedである。もし人間の本性本性ほんせい true character; inner natureが平等に安んずるやすんずる be contented; be happy (with)ものならば、よろしくこの赤裸のままで生長してしかるべき生長せいちょうしてしかるべき should grow; should thriveだろう。しかるにしかるに however赤裸の一人一人ひとり one person; single soul; individualが云うにはこう誰も彼もだれかれも everyone; one and all同じおなじ the sameでは勉強する勉強べんきょうする study; endeavor; work at甲斐甲斐かい worth; value; effectがない。骨を折ったほねった applied great effort; went to great lengths結果結果けっか result; outcomeが見えぬ。どうかして、おれはおれだ誰が見てもおれだと云うところが目につくにつく be noticed; be notedようにしたい。それについては何かなにか something人が見てあっと魂消る魂消たまげる be astonished; be amazedもの objects; thingsをからだにつけて見たい。何か工夫工夫くふう novel idea; innovationはあるまいかと十年間十年間じゅうねんかん ten years考えてかんがえて think on; ponderようやく猿股猿股さるまた shorts; drawers; underpants発明して発明はつめいして invent; come up withすぐさまこれを穿いて穿いて wear (on one's lower body)、どうだ恐れ入ったろうおそったろう be amazed by; be in awe of威張って威張いばって act proudly; swagger; put on airsそこいらそこいら here and there; thereabouts歩いたあるいた walked around; strolled。これが今日今日こんにち today; this day車夫車夫しゃふ rickshaw puller; cart man先祖先祖せんぞ ancestorである。単簡なる単簡たんかんなる simple; rudimentary猿股を発明するのに十年の長日月長日月ちょうじつげつ a long period of time費やしたついやした expended on; devoted toのはいささか異なな odd; strangeかん feeling; impressionもあるが、それは今日から古代古代こだい ancient times溯ってさかのぼって go back (to) oneself蒙昧蒙昧もうまい unenlightened; uncivilized世界世界せかい worldに置いていて with regard to断定した断定だんていした judged結論結論けつろん conclusionと云うもので、その当時当時とうじ the time in questionにこれくらいな大発明大発明だいはつめい breakthrough inventionはなかったのである。デカルトデカルト Descartes (René Descartes; French philosopher, mathematician, and scientist; 1596-1650)は「 I; me思考す思考しこうす think故にゆえに therefore余は存在す存在そんざいす exist; am」という三つ子 three-year-oldにでも分るわかる understand; graspような真理真理しんり truth考え出すかんがす think of; come up withのに十何年十何年じゅうなんねん ten or more years懸ったかかった took; requiredそうだ。すべて考え出すとき time; occasionには骨の折れるものであるから猿股の発明に十年を費やしたって車夫の智慧智慧ちえ sagacity; wit; intelligenceには出来過ぎる出来過できすぎる well done; exceptional云わねばなるまいわねばなるまい should say; have to say {paragraph continues below}

さあ猿股猿股さるまた shorts; drawers; underpants出来る出来できる can make; can bring about世の中なか the world; society幅のきくはばのきく gain influence; be exaltedのは車夫車夫しゃふ rickshaw puller; cart manばかりである。あまり車夫が猿股をつけて天下天下てんが under heaven; in this world大道大道だいどう main streets; avenues; thoroughfares我物顔我物顔わがものがお looking as if one owned the place横行濶歩する横行おうこう濶歩かっぽする swaggerのを憎らしいにくらしい odious; objectionable; loathsome思っておもって think of; consider; regard (as)負けん気けん competitive spirit; sense of rivalry化物化物ばけもの monsters; brutes六年間ろく年間ねんかん six years工夫して工夫くふうして contrive; devise; innovate; invent羽織羽織はおり haori (Japanese half-coat)と云うう known as; referred to as無用の長物無用むよう長物ちょうぶつ useless object; deadwood; fifth wheel発明した発明はつめいした invented; came up with。すると猿股の勢力勢力せいりょく potency; force; influence頓にとみに suddenly; all at once衰えておとろえて decline; decay; fall away、羽織全盛全盛ぜんせい golden age; heyday時代時代じだい time; days; periodとなった。八百屋八百屋やおや greengrocers生薬屋生薬屋きぐすりや apothecaries; drugists呉服屋呉服屋ごふくや drapersみんな all; everyoneこの大発明家大発明家だいはつめいか great inventor; master innovator末流末流ばつりゅう descendantsである。猿股 time; age; period、羽織期のあと after来るる come; arriveのがはかま hakama (men's formal pleated skirt)期である。これは、何だなんだ what the; damn羽織の癖にくせに for just a ...癇癪を起した癇癪かんしゃくおこした were annoyed; were fed up; were bent out of shape化物の考案考案こうあん conception; inventionになったもので、むかし long ago; former times武士武士ぶし warriors; samuraiいま now; the present官員官員かんいん government officialsなどは皆この種属この種属しゅぞく of this type; of this sortである。かように化物共化物ばけものども all the beasts; all the brutesがわれもわれもと異を衒いてらい accentuate one's uniqueness新を競ってしんきそって compete on novelty、ついには燕の尾つばめ swallow tailかたどったかたどった modeled on; patterned after畸形畸形きけい strange shapeまで出現した出現しゅつげんした arrived; appearedが、退いて退しりぞいて taking a step backその由来由来ゆらい source; derivation; history案ずるあんずる investigate; considerと、何もなにも (no)thing無理矢理に無理矢理むりやりに through compulsion出鱈目に出鱈目でたらめに randomly; haphazardly偶然に偶然ぐうぜんに by chance; coincidentally漫然に漫然まんぜんに aimlessly持ち上がったがった arose; occurred事実事実じじつ truth; realityでは決してけっして by (no) meansない。皆勝ちたいちたい fight to win; wish to prevail勝ちたいの勇猛心勇猛心ゆうもうしん dauntless spirit; unfaltering determination凝ってって be concentrated into; solidify; congealさまざまの新形新形しんがた new styleとなったもので、おれは手前手前てまえ youじゃないぞと振れてれて proclaim; declare; broadcastあるく代りにかわりに instead of; rather than被ってかぶって put on; wearいるのである。して見るとしてると in which caseこの心理心理しんり mentality; psychologyからして一大一大いちだい one great ...発見発見はっけん discovery; finding出来る出来できる form; take shape; come about。それはほかでもない。自然自然しぜん nature真空真空しんくう vacuum忌むむ detest; abhorごとく、人間人間にんげん human beings; humans; men平等平等びょうどう equality; sameness嫌うきらう loathe; dislike; be averse toと云うこと fact; state of affairsだ。すでに平等を嫌ってやむを得ずやむをず necessarily; unavoidably衣服衣服いふく clothing; clothes骨肉骨肉こつにく flesh and bone; one's own bodyのごとくかようにつけ纏うつけまとう wrap in; wear around今日今日こんにち now; the present dayにおいて、この本質本質ほんしつ essence; character; true nature一部分たる一部分いちぶぶんたる are a part of; are integral toこれ等これ these打ちやってちやって send off; dispatch; drive away元の杢阿弥もと杢阿弥もくあみ back at the beginning; back where one started公平公平こうへい fairness; equity時代時代じだい age of; time of帰るかえる return; revert (to)のは狂人狂人きょうじん lunatic; madman沙汰沙汰さた affair; act ofである。よし狂人の名称名称めいしょう name; title甘んじてあまんじて be happy with; be ready to acceptも帰る事は到底到底とうてい by (no) means出来ない。帰った連中連中れんじゅう company; lot開明人開明人かいめいじん civilized men; enlightened men eye; viewpointから見れば化物である。仮令仮令たとい even if; supposing世界世界せかい the world何億万なん億万おくまん however many millions and millions人口人口じんこう population; habitants挙げてげて all; en masse化物のいき region; level; realm引ずりおろしてずりおろして pull down; drag back downこれなら平等だろう、みんなが化物だから恥ずかしいずかしい embarrassed; ashamed事はないと安心して安心あんしんして be assured; be free of concernもやっぱり駄目駄目だめ no good; useless; in vainである。世界が化物になった翌日翌日よくじつ next dayからまた化物の競争競争きょうそう competition; rivalry始まるはじまる begin; commence着物着物きもの clothing; garmentsをつけて競争が出来なければ化物なりで競争をやる。赤裸赤裸あかはだか stark naked (men or people)は赤裸でどこまでも差別差別さべつ distinction; differentiation立ててくるててくる work to establish。このてん point; vantageから見ても衣服はとうてい脱ぐぐ take off; strip off; shed事は出来ないものになっている。

しかるにいま now; at present吾輩吾輩わがはい I; me; myself眼下眼下がんか under one's gaze; before one's eyes見下した見下みおろした looked down on人間人間にんげん human beings; humans; men一団体一団体いちだんたい party; group; assemblyは、この脱ぐぐ take off; strip off; shedべからざるべからざる cannot ...; must not ...猿股猿股さるまた shorts; drawers; underpants羽織羽織はおり haori (Japanese half-coat)乃至乃至ないし and also ...はかま hakama (men's formal pleated skirt)もことごとくたな shelfうえ top of; surface of上げてげて put up (on)無遠慮にも無遠慮ぶえんりょにも freely; boldly; unreservedly本来本来ほんらい by nature; in and of itself狂態狂態きょうたい scandalous behavior; shameful conduct衆目環視衆目しゅうもく環視かんし the presence of all; full public viewの裡にうちに amidst; among露出して露出ろしゅつして expose; lay bare平々然と平々然へいへいぜんと calmly; with full composure談笑談笑だんしょう lighthearted talk; friendly conversation縦まほしいまま as one likes; indulgentlyにしている。吾輩が先刻先刻さっき before; prior一大奇観一大いちだい奇観きかん true wonder; great marvel云ったった said; remarked; notedのはこのこと situation; state of affairsである。吾輩は文明文明ぶんめい civilization; culture諸君子諸君子しょくんし you good peopleのためにここに謹んでつつしんで respectfully; humblyその一般一般いっぱん general situation; overview紹介する紹介しょうかいする introduce; presentえい honor有するゆうする have

何だかなんだか somehow; in some senseごちゃごちゃしていて何にに whatから記述して記述きじゅつして describe; relate; reportいいか分らないわからない don't know; am not sure化物化物ばけもの monsters; brutesのやる事には規律規律きりつ order; discipline; rulesがないから秩序立った秩序ちつじょった orderly; organized証明証明しょうめい testimonyをするのに骨が折れるほねれる requires great effort; tests one's limits。まず湯槽湯槽ゆぶね (hot water) tubから述べようべよう talk about; mention。湯槽だか何だか分らないが、大方大方おおかた probably; most likely湯槽というものだろうと思うおもう think; believeばかりである。はば width三尺三尺さんじゃく 3 shaku (about 1 meter; about 3 feet)くらい、ながさ length一間半一間いっけんはん 1.5 ken (about 3 meters; about 9 feet)もあるか、それを二つふたつ two parts仕切って仕切しきって cut; divide; partition一つひとつ one partには白いしろい white hot water這入っている這入はいっている be inside; occupy; fill。何でも薬湯薬湯くすりゆ medicated bathとか号するごうする call; refer to (as)のだそうで、石灰石灰いしばい lime; quicklime溶かし込んだかしんだ dissolved intoようないろ color濁ってにごって be cloudiedいる。もっともただ濁っているのではない。膏ぎってあぶらぎって be greasy; be oily重た気におもに heavily; densely濁っている。よく聞くく hear; ask; enquire腐ってくさって putrid; foul; rancid見えるえる appearのも不思議不思議ふしぎ strange; curious; puzzlingはない、一週間一週間いっしゅうかん one week一度一度いちど one time; onceしかみず water易えないえない not changeのだそうだ。その隣りとなり proximity; next to普通普通ふつう ordinary; usual一般一般いっぱん average; commonの湯の由よし said to be ...; described as ...だがこれまたもって透明透明とうめい transparent; clear瑩徹瑩徹えいてつ crystalline; pureなどとは誓って申されないちかってもうされない can't be vouched for天水桶天水桶てんすいおけ rain barrel攪き混ぜたぜた mixed; stirredくらいの価値価値かち value; worthはその色の上においてうえにおいて concerning; with respect to充分充分じゅうぶん adequately; sufficientlyあらわれている。これからが化物の記述だ。大分大分だいぶ very much; a great deal骨が折れる。天水桶のほう alternative (of two choices)に、突っ立っているっている standing up straight若造若造わかぞう young fellows; youngsters二人二人ふたり two (people)いる。立ったまま、向い合ってむかって facing each other湯をざぶざぶはら bellyうえ top of; overへかけている。いい慰みなぐさみ amusement; diversionだ。双方共双方そうほうとも both (of them)色の黒いいろくろい tanned; darkened by the sunてん point; aspectにおいて間然する間然かんぜんする find fault; discover deficiencyところなきまでに発達して発達はったつして be developed; be far alongいる。この化物は大分逞ましいたくましい strong; sturdy; robustなと見ていると、やがて一人一人ひとり one (person)手拭手拭てぬぐい hand towelむね chestのあたりを撫で廻しながらまわしながら rubbing; patting金さんきんさん Kin-san (name)、どうも、ここが痛んでいたんで hurt; acheいけねえが何だろう」と聞くと金さんは「そりゃ stomachさ、胃て云うやつ thingいのち lifeをとるからね。用心用心ようじん care; cautionしねえとあぶないよ」と熱心に熱心ねっしんに ardently; in earnest忠告忠告ちゅうこく advice; warning加えるくわえる add。「だってこのひだり left (side)の方だぜ」た左肺左肺さはい left lungの方を指すす point to; indicate。「そこが胃だあな。左が胃で、みぎ right (side)はい lungだよ」「そうかな、おらあまた胃はここいらかと思った」と今度今度こんど this timeこし waist; hips; midsectionへん area; region叩いてたたいて tap; pat見せると、金さんは「そりゃ疝気疝気せんき swelling in the lower abdominal regionだあね」と云った。ところへ二十五六二十にじゅう五六ごろく 25 or 26 (years of age)薄いうすい thin; light; slightひげ moustache; whiskers生やしたやした was growing; sported (whiskers)おとこ man; fellowがどぶんと飛び込んだんだ jumped in; plunged in。すると、からだに付いていたいていた was attached; was clinging to石鹸石鹸シャボン soapあか dirt; filth; grimeと共にともに together with浮きあがるきあがる float up; float to the surface鉄気鉄気かなけ tinge of iron; metallic tasteのある水を透かして見たかしてた looked throughとき time; occasionのようにきらきらと光るひかる shine; sparkle。その隣りにあたま head禿げた禿げた bald爺さんじいさん old man; elder man五分刈五分刈ごぶがり close-cropped hair捕えてとらえて catch; capture何か弁じているべんじている talk of; speak on。双方共頭だけ浮かしているのみだ。 {paragraph continues below}

「いやこう年をとってとしをとって get on in years; get old; age駄目駄目だめ no goodさね。人間人間にんげん a person; a manやきが廻っちゃやきがまわっちゃ be around too long (from metalworking - over-tempered)若いわかい youngもの personsには叶わないかなわない be no match for; be unable to equalよ。しかし hot bath; bathsだけはいま now; this time; the presentでも熱いあつい hotのでないと心持が悪くて心持こころもちわるくて doesn't feel rightね」「旦那旦那だんな sir; masterなんか丈夫な丈夫じょうぶな healthy; solid; robustものですぜ。そのくらい元気元気げんき spirit; vigor; good healthがありゃ結構結構けっこう good; fine; splendidだ」「元気もないのさ。ただ病気病気びょうき malady; diseaseをしないだけさ。人間は悪いわるい bad; in the wrongこと acts; actionsさえしなけりゃあ百二十ひゃく二十にじゅう 120までは生きるきる liveもんだからね」「へえ、そんなに生きるもんですか」「生きるとも百二十までは受け合うう assure; guarantee; vouch for御維新前御維新前ごいっしんまえ before the (Meiji) Restoration (i.e. prior to 1868)牛込牛込うしごめ Ushigome (place name; district in Tōkyō)曲淵曲淵まがりぶち Magaribuchi (name)と云う旗本旗本はたもと shogunal vassal; direct retainer of a shogunがあって、そこにいた下男下男げなん manservant百三十ひゃく三十さんじゅう 130だったよ」「そいつは、よく生きたもんですね」「ああ、あんまり生き過ぎてぎて live too long; live so longつい自分の自分じぶんの one's ownとし years; age忘れてわすれて forgetね。百までは覚えておぼえて remember; be aware ofいましたがそれから忘れてしまいましたと云ってたよ。それでわしの知っていたっていた knew; was acquainted withのが百三十のとき time; periodだったが、それで死んだんだ died; passed awayんじゃない。それからどうなったか分らないわからない don't know; can't say事によるとことによると as things go; as the case may beまだ生きてるかも知れないかもれない it may be that ...」と云いながらふね basin; tubから上るあがる get up; rise up (out of)ひげ moustache; whiskers生やしてやして grow; sport (whiskers)いるおとこ man; fellow雲母雲母きらら isinglassのようなものを自分の廻りまわり surroundings蒔き散らしながららしながら scatter; spread独りでひとりで alone; solitarily; on one's ownにやにや笑ってにやにやわらって grinいた。入れ代ってかわって taking the place of飛び込んで来たんでた came jumping in; came plunging inのは普通普通ふつう ordinary; usual一般一般いっぱん average; common化物化物ばけもの monster; bruteとは違ってとはちがって different from背中背中せなか back; backside模様画模様画もようが pattern; designほり付けてほりけて carve; engraveいる。岩見重太郎岩見いわみ重太郎じゅうたろう Iwami Jūtarō (legendary 16th century warrior serving under Toyotomi Hideyoshi)大刀大刀だいとう long sword振り翳してかざして wield; brandishうわばみ large snake; giant snake退治る退治たいじる vanquish; subdueところのようだが、惜しいしい unfortunate; regrettable事に未だだ not yet竣功竣功しゅんこう completion of the work period; stage達せんたっせん not reach; not progress toので、蟒はどこにも見えないえない not appear; not be in sight従ってしたがって accordingly; as a consequence重太郎先生先生せんせい teacher; masterいささか拍子抜け拍子ひょうしけ lacking enthusiasm; disappointed; deflated気味気味きみ sense; feelingに見える。飛び込みながら「箆棒に箆棒べらぼうに terribly; awfully温るいるい lukewarm; tepidや」と云った。するとまた一人一人ひとり one person; one individual続いてつづいて in succession; following乗り込んだんだ came in; enteredのが「こりゃどうも……もう少しもうすこし a bit more熱くなくっちゃああつくなくっちゃあ needs to be hotter」と顔をしかめながらかおをしかめながら grimacing熱いのを我慢する我慢がまんする endure; suffer気色気色けしき sign; indicationとも見えたが、重太郎先生と顔を見合せて見合みあわせて come face to face with「やあ親方親方おやかた master; boss; chief」と挨拶挨拶あいさつ greeting; salutationをする。重太郎は「やあ」と云ったが、やがて「民さんたみさん Tami-san (name)はどうしたね」と聞くく ask; enquire。「どうしたか、じゃんじゃんじゃんじゃん amusement; diversion; sport好きき to one's likingだからね」「じゃんじゃんばかりじゃねえ……」「そうかい、あの男も腹のよくねえはらのよくねえ ill-natured男だからね。――どう云うもんかひと people好かれねえかれねえ is not well liked; is not well regarded、――どう云うものだか、――どうも人が信用しねえ信用しんようしねえ don't trust; can't rely on職人職人しょくにん craftsman; artisan; tradesmanてえものは、あんなもんじゃねえが」「そうよ。民さんなんざあ腰が低いこしひくい humble; modestんじゃねえ、頭が高けえけえ haughty; arrogant; pompousんだ。それだからどうも信用されねえんだね」「本当によ本当ほんとうによ that's the truth。あれで一っぱしっぱし competent enough; fully-fledgedうで ability; skillがあるつもりだから、――つまり自分のそん loss; disadvantage; detrimentだあな」「白銀町白銀しろかねちょう Shirokane-chō (place name)にも古いふるい of long ago; of times past人が亡くなってくなって die; pass onね、今じゃ桶屋桶屋おけや bucket maker; cooper元さんもとさん Moto-san (name)煉瓦屋煉瓦屋れんがや brick maker大将大将たいしょう old mate; boss; chiefと親方ぐれえな者だあな。こちとらあこうしてここで生れたうまれた was bornもんだが、民さんなんざあ、どこから来たんだか分りゃしねえ」「そうよ。しかしよくあれだけになったよ」「うん。どう云うもんか人に好かれねえ。人が交際わねえ交際つきあわねえ no associate with; not keep company withからね」と徹頭徹尾徹頭徹尾てっとうてつび thoroughly; through and through民さんを攻撃する攻撃こうげきする attack; denounce; censure

天水桶天水桶てんすいおけ rain barrelはこのくらいにして、白いしろい white hot waterほう alternative (of two choices)見るる view; look toとこれはまた非常な非常ひじょうな extreme大入大入おおいり packed houseで、湯のなか middle; midst; withinひと people; men這入ってる這入はいってる be inside; occupy; fillと云わんよりわんより rather than say ...人の中に湯が這入ってると云う方が適当適当てきとう suitable; fittingである。しかも彼等彼等かれら they; themはすこぶる悠々閑々たる悠々閑々ゆうゆうかんかんたる at ease and unhurried; relaxed and taking one's timeもの things; beingsで、先刻先刻さっき before; priorから這入るものはあるが出るる get out; leave物は一人一人ひとり one person; a single soulもない。こう這入った上にうえに having once ...一週間一週間いっしゅうかん one week; a full weekもとめておいたら湯もよごれるはずだと感心して感心かんしんして be astonished; be taken abackなおよくおけ basin; tubの中を見渡す見渡みわたす look across; surveyと、ひだり left (side)すみ corner圧しつけられてしつけられて be pressed in苦沙弥苦沙弥くしゃみ Kushami (the master's name)先生先生せんせい teacher; professor; scholar真赤真赤まっか bright red; red as a lobsterになってすくんでいる。可哀そうに可哀かわいそうに pitiably誰かだれか someoneみち way; pathをあけて出してして let out; allow to leaveやればいいのにと思うおもう think; considerのに誰も動きそううごきそう look to move; be about to moveにもしなければ、主人主人しゅじん masterも出ようとする気色気色けしき sign; indicationも見せない。ただじっとして赤くなってあかくなって turn redいるばかりである。これはご苦労な事苦労くろうこと a worthy featだ。なるべく二銭五厘二銭にせん五厘ごりん 2 sen and 5 rin (0.025 yen)湯銭湯銭ゆせん public bath fee; bath money活用しよう活用かつようしよう put to work; make use ofと云う精神精神せいしん attitude; spirit; thinkingからして、かように赤くなるのだろうが、早くはやく soon上がらんがらん not get up (out of)湯気湯気ゆけ steam; vaporあがるあがる be overcome (by)がと主思い主思しゅうおもい worrying about one's master's affairs吾輩吾輩わがはい I; me; myselfまど windowたな shelfから少なからずすくなからず not a little bit; considerably心配した心配しんぱいした worried; was concerned。すると主人の一軒一軒いっけん one house; one neighbor置いていて at an interval of ...隣りとなり proximity; near to; next to浮いてるいてる be floatingおとこ man; fellow八の字を寄せながらはちせながら knitting one's brows「これはちと利き過ぎるぎる be too potent; be too strongようだ、どうも背中背中せなか back; backsideの方から熱いあつい hot; burning; intenseやつ things; onesがじりじり湧いていて spring out; surge upくる」と暗にあんに implicitly列席列席れっせき in attendance; present化物化物ばけもの monsters; brutes同情同情どうじょう sympathy; pity求めたもとめた seek after; look for。「なあにこれがちょうどいい加減加減かげん degree; extent; amountです。薬湯薬湯くすりゆ medicated bathはこのくらいでないと利きません。わたしのくに one's home region; one's native placeなぞではこのばい twofold; doubleも熱い湯へ這入ります」と自慢自慢じまん pride; boastらしく説き立てるてる make a case (for something)ものがある。「一体一体いったい in the end; after allこの湯はなん whatに利くんでしょう」と手拭手拭てぬぐい hand towel畳んでたたんで fold凸凹頭凸凹頭でこぼこあたま lumpy headをかくした男が一同一同いちどう all around; those present聞いていて ask; enquire見る。「いろいろなものに利きますよ。何でもいいてえんだからね。豪気豪気ごうぎ great; grandだあね」と云ったのは瘠せたせた emaciated; shrunken; gaunt黄瓜黄瓜きゅうり cucumberのようないろ color; hueかたち shape; formとを兼ね得たるたる manage both at onceかお face所有者所有者しょゆうしゃ ownerである。そんなに利く湯なら、もう少しもうすこし a bit more丈夫そう丈夫じょうぶそう robust looking; vigorousになれそうなものだ。「くすり medicine; salve入れ立てて having just put inより、三日目三日目みっかめ third day四日目四日目よっかめ fourth dayがちょうどいいようです。今日今日きょう todayなど around; about; thereaboutsは這入りごろ suitable time; the right timeですよ」と物知り顔に物知ものしがおに with a knowing look; with an authoritative air述べたべた remarked; commentedのを見ると、膨れ返ったふくかえった plump; portly男である。これは多分多分たぶん perhaps; probably; likely垢肥り垢肥あかぶとり bulk via accumulated layers of grimeだろう。「飲んでんで drink; swallowも利きましょうか」とどこからか知らないらない don't know; can't say黄色い黄色きいろい high-pitched; shrill (voice)こえ voiceを出すもの person; individualがある。「冷えたえた cooled offあと afterなどは一杯一杯いっぱい one cupful飲んで寝るる turn in; retire; sleepと、奇体に奇体きたいに oddly; curiously小便に小便しょうべんに to go pee起きないきない not awakenから、まあやって御覧なさいやって御覧ごらんなさい give it a try」と答えたこたえた answered; repliedのは、どの顔から出た声か分らないわからない is unclear; can't tell

湯槽湯槽ゆぶね (hot water) tubほう alternative (of two choices)はこれぐらいにして板間板間いたま wooden-floored area (= いた)見渡す見渡みわたす look across; surveyと、いるわいるわいるわいるわ in throngs drawing; painting; sketchにもならないアダムアダム Adam (as in Adam and Eve)ずらりと並んでずらりとならんで lined up; all in a rowおのおの each one (usually 各々おのおの)勝手次第な勝手かって次第しだいな as one pleases; according to one's inclinations姿勢姿勢しせい position; posture; stanceで、勝手次第なところを洗ってあらって wash; scrubいる。そのなか middle; midstにもっとも驚ろくべきおどろくべき can't but be surprised atのは仰向けに仰向あおむけに facing upward寝てて lie down; repose高いたかい high; lofty明かり取かりとり skylight; dormer眺めてながめて gaze atいるのと、腹這い腹這はらばい lying on one's bellyになって、みぞ drainの中を覗き込んでのぞんで peer intoいる両アダムりょうアダム two Adamsである。これはよほど閑なひまな idle; leisurelyアダムと見えるえる appear (as)坊主坊主ぼうず Buddhist priest石壁石壁いしかべ stone wall向いていて be turned toward; faceしゃがんでいると後ろうしろ behind; in backから、小坊主小坊主こぼうず young priest; junior priestがしきりにかた shoulders叩いてたたいて beat; clap; tapいる。これは師弟師弟してい teacher and student; master and apprentice関係関係かんけい connection; relationshipじょう with regard to; concerning三介三介さんすけ (bath house) helper boy代理代理だいり proxy; replacement務めるつとめる serve as; act asのであろう。本当の本当ほんとうの actual三介もいる。風邪を引いた風邪かぜいた caught coldと見えて、このあついのにちゃんちゃんちゃんちゃん padded sleeveless kimono jacket; Japanese vest着てて wear; don小判形小判形こばんなり oval; elliptical; oblongおけ bucket; pailからざあと旦那旦那だんな patron; guest; clientの肩へ hot waterをあびせる。みぎ right (side)あし footを見ると親指親指おやゆび big toeまた crotch; fork呉絽呉絽ごろ silk gauze; mesh垢擦り垢擦あかすり scrubber; exfoliator rag挟んではさんで grip; pinchいる。こちらのほう directionでは小桶小桶こおけ small buckets慾張って慾張よくばって covet; crave三つみっつ three (things)抱え込んだかかんだ took up in one's armsおとこ man; fellowが、隣りとなり proximity; near to; neighboringひと person; man石鹸石鹸シャボン soap使え使つかえ make use of; use使えと云いながらいながら saying; suggestingしきりに長談議長談議ながだんぎ long-winded talkをしている。なん whatだろうと聞いていて listen見るとこんなこと matters; things言っていたっていた was saying; was expressing。「鉄砲鉄砲てっぽう guns; firearms外国外国がいこく foreign landsから渡ったわたった crossed over from; came fromもんだね。むかし olden days; former times斬り合いい crossing swords; fighting with swordsばかりさ。外国は卑怯卑怯ひきょう cowardly; meanだからね、それであんなものが出来た出来できた came about; came to beんだ。どうも支那支那しな Chinaじゃねえようだ、やっぱり外国のようだ。和唐内和唐内わとうない Watōnai (character from a Chikamatsu Monzaemon historical drama; based on Koxinga)とき time; periodにゃ無かったかった weren't present; didn't haveね。和唐内はやはり清和源氏清和せいわ源氏げんじ Seiwa Genji (line of the Minamoto clan descended from Emperor Sewa)さ。なんでも義経義経よしつね Yoshitune (Minamoto no Yoshitsune; military commander of the Minamoto clan; 1159–1189)蝦夷蝦夷えぞ northern part of Meiji-era Japan, especially Hokkaidoから満洲満洲まんしゅう Manshū (Manchuria)へ渡った時に、蝦夷の男で大変大変たいへん very much; a great dealがく learning; scholarship; eruditionのできる人がくっ付いて行ったくっいてった followed; accompaniedてえ話しはなし story; tale; talk ofだね。それでその義経のむすこが大明大明たいみん The Great Ming (China's Ming dynasty)攻めためた attacked; assailedんだが大明じゃ困るこまる be in a bind; be in a bad wayから、三代三代さんだい third generation将軍将軍しょうぐん shōgun; military commander使使つかい messenger; envoyをよこして三千人三千さんぜんにん 3,000 men兵隊兵隊へいたい soldiers借してして lendくれろと云うと、三代様三代様さんだいさま The Third (shōgun)がそいつを留めておいてめておいて detain; hold back帰さねえかえさねえ not return; not allow to go back。――何とか云ったっけ。――何でも何とか云う使だ。――それでその使を二年二年にねん two yearsとめておいてしまいに長崎長崎ながさき Nagasaki (place name)女郎女郎じょろう (Edo period) prostituteを見せたんだがね。その女郎に出来た出来できた became pregnant (with) childが和唐内さ。それからくに one's home country; one's native landへ帰って見ると大明は国賊国賊こくぞく traitors; rebels亡ぼされてほろぼされて be destroyed; be in ruins; be overthrownいた。……」なに whatを云うのかさっぱり分らないわからない don't know; can't comprehend。その後ろに二十五六二十にじゅう五六ごろく 25 or 26 (years of age)陰気な陰気いんきな gloomy; miserable; melancholyかお face; (facial) expressionをした男が、ぼんやりしてまた crotch; groinところ area白いしろい white; milky湯でしきりにたでてたでて treat with medicinal steamいる。腫物腫物はれもの swelling; tumor; inflammationか何かで苦しんでくるしんで suffer (from)いると見える。そのよこ beside; next to年の頃としころ approximate age; age range十七八十七八じゅうしちはち 17 or 18 (years of age)きみ youとかぼく I; meとか生意気な生意気なまいきな impertinent; impudent事をべらべら喋舌って喋舌しゃべって talk away; chatterるのはこの近所近所きんじょ neighborhood; vicinity書生書生しょせい boarding studentsだろう。そのまたつぎ next妙なみょうな odd; strange背中背中せなか back; backsideが見える。しり bottom; hips; haunchesの中から寒竹寒竹かんちく marbled bamboo押し込んだんだ pushed into; insertedように背骨背骨せぼね backbone; spineふし joints歴々と歴々ありありと clearly; plainly出ているている stick out; protrude。そうしてその左右左右さゆう left and right; on both sides十六むさし十六じゅうろくむさし jūroku musashi (lit: sixteen soldiers; strategy board game popular in late Edo period)似たるたる resemble; look likeかたち shape; form四個ずつ四個よんこずつ four each行儀よく行儀ぎょうぎよく properly; neatly並んでいる。その十六むさしが赤くあかく red; crimson爛れてただれて sore; inflamed; festering周囲周囲まわり surrounding areaうみ pusをもっているのもある。 {paragraph continues below}

こう順々に順々じゅんじゅんに in order; in turn書いてくるいてくる continue writingと、書くこと matters; things多過ぎて多過おおすぎて too numerous到底到底とうてい by (no) means吾輩吾輩わがはい I; me; myself手際手際てぎわ skill; dexterity; craftにはその一斑一斑いっぱん outline; impression; overviewさえ形容する形容けいようする describe; represent; illustrate事が出来んこと出来できん cannot ...; can't manage to ...。これは厄介な厄介やっかいな troublesome; burdensome事をやり始めたやりはじめた started onもの situation; caseだと少々少々しょうしょう a little; somewhat辟易して辟易へきえきして be disconcerted; feel dauntedいると入口入口いりぐち entranceほう direction浅黄浅黄あさぎ light yellow; pale yellow木綿木綿もめん cotton (material)着物着物きもの clothing; garmentをきた七十七十ななじゅう seventyばかりの坊主坊主ぼうず (man with) close-cropped hairぬっとぬっと suddenly見われたあらわれた appeared。坊主は恭しくうやうやしく respectfully; reverently; carefullyこれらの裸体裸体らたい naked body化物化物ばけもの monsters; brutes一礼一礼いちれい bow (by way of greeting)して「へい、どなた様もどなたさまも everyone; one and all (honorific form)毎日毎日まいにち every day; each day相変らず相変あいかわらず as ever; as usualありがとう存じますありがとうぞんじます thank you; I give you my thanks今日今日こんにち today; this dayは少々御寒うございます御寒さむうございます is cold; is chillyから、どうぞ御緩くり御緩ごゆっくり at (your) leisure――どうぞ白いしろい white hot water出たり這入ったりしてたり這入はいったりして get in and out ofゆるりとゆるりと taking one's time御あったまりあったまり warm (oneself)下さいください please ...。――番頭さん番頭ばんとうさん bath attendantや、どうか湯加減加減かげん degree; extent; amountをよく見て上げてげて see to; take care ofな」とよどみなくよどみなく (speak) fluently; without faltering述べ立てたてた rattled off。番頭さんは「おーい」と答えたこたえた answered; responded和唐内和唐内わとうない Watōnai (referring here to fellow who talked earlier on Watōnai)は「愛嬌もの愛嬌あいきょうもの charming fellowだね。あれでなくては商買商買しょうばい business; trade (usually 商売しょうばい)は出来ないよ」と大におおいに very much; greatly爺さんじいさん elderly man激賞した激賞げきしょうした praised highly; voiced admiration for。吾輩は突然突然とつぜん at once; all of a suddenこの異なな odd; unusual爺さんに逢ってって encounterちょっと驚ろいたおどろいた was surprisedからこっちの記述記述きじゅつ description; accountはそのままにして、しばらく爺さんを専門専門せんもん subject of study; object of attention観察する観察かんさつする watch; observe事にした。爺さんはやがていま now; at present上り立てあがて having just come up out of四つよっつ four (years old)ばかりの男の子おとこ boyを見て「坊ちゃんぼっちゃん young master; young lad、こちらへおいで」と hand出すす put out; hold out; extend小供小供こども child (usually 子供こども)大福大福だいふく rice cake filled with bean jam踏み付けたけた trampled on; mashed underfootような爺さんを見て大変大変たいへん terrible; dreadfulだと思ったおもった thought of as; perceived asか、わーっと悲鳴を揚げて悲鳴ひめいげて let forth a shriekなき出すなきす begin to cry; start crying。爺さんは少しくすこしく somewhat; to some degree不本意不本意ふほんい reluctance; disinclination気味気味きみ touch of; shade ofで「いや、御泣き御泣おなき (you're) cryingか、なに? 爺さんが恐わいわい scary; frightening? いや、これはこれは」と感嘆した感嘆かんたんした expressed astonishment仕方がない仕方しかたがない can do nothing about itものだからたちまち機鋒を転じて機鋒きほうてんじて sidestep (the situation)、小供のおや parent向ったむかった turned toward; turned to。「や、これは源さんげんさん Gen-san (name)今日今日きょう today; this dayは少し寒いさむい cold; chillyな。ゆうべ、近江屋近江屋おうみや Ōmiya (non-specific name of a shop)へ這入った泥棒泥棒どろぼう thief; burglar何と云うなんう what form of; what sort of馬鹿な馬鹿ばかな idiotic; foolishやつ fellow; chapじゃの。あの door潜りくぐり side entranceところ place; location四角四角しかく square; rectangle切り破ってやぶって destroy by cutting up; cut to piecesの。そうしてお前のまえの I tell you何もなにも (no)thing取らずにらずに without taking行んだんだ went; leftげな。御巡りさん御巡おまわりさん policeman; officer夜番夜番よばん night watchman; night sentryでも見えたものであろう」と大に泥棒の無謀無謀むぼう rashness; imprudence憫笑した憫笑びんしょうした smiled a smile of pity forがまた一人一人ひとり one person; an individual捉らまえてらまえて grasp; catch hold of「はいはい御寒う御寒おさむう is cold; is chillyあなた方あなたがた you; you allは、御若い御若おわかい youngから、あまりお感じにならんかんじにならん not feel; not senseかの」と老人老人ろうじん old manだけにだけに as might be expected of ...; becoming of ...ただ一人寒がってさむがって complain of the coldいる。

しばらくは爺さんじいさん elderly manほう direction気を取られてられて have one's attention diverted (to); be preoccupied (with)他のほかの other化物化物ばけもの monsters; brutesの事こと concerning; having to do with全くまったく utterly; entirely忘れてわすれて forget; put out of one's mindいたのみならず、苦しそうにくるしそうに seemingly in distress; appearing to be in dire straitsすくんでいた主人主人しゅじん masterさえ記憶記憶きおく memory; consciousnessうち midstから消え去ったった disappeared; vanishedとき time; moment突然突然とつぜん at once; all of a sudden流しながし washing area板の間いた wooden-floored area中間中間ちゅうかん midpoint; between大きなおおきな large; loud (voice)こえ voice出すす put forthものがある。見るる look紛れもなきまぎれもなき unmistakenly; evidently enough苦沙弥苦沙弥くしゃみ Kushami (the master's name)先生先生せんせい teacher; professor; scholarである。主人の声の図抜けて図抜ずぬけて stand out; tower above others大いなるおおいなる of great extentのと、その濁ってにごって hoarse; dull; muddy-sounding聴き苦しいぐるしい offensive to the earのは今日今日きょう today; this day始まったはじまった started; began事ではないが場所場所ばしょ place; localeが場所だけに吾輩吾輩わがはい I; me; myself少からずすくなからず in no small measure驚ろいたおどろいた was surprised。これは正しくまさしく surely; undoubtedly熱湯熱湯ねっとう overly-hot bathの中に長時間長時間ちょうじかん long timeのあいだ我慢我慢がまん endurance; perseveranceをして浸ってつかって be submerged; soakおったため逆上した逆上ぎゃくじょうした lost one's coolに相違ない相違そういない no doubt ...咄嗟の際に咄嗟とっささいに in the moment吾輩は鑑定鑑定かんてい judgment; appraisal; assessmentをつけた。それも単にたんに simply病気病気びょうき illness; ailment; malady所為所為せい consequence; resultなら咎むるとがむる reproach; censure; reprove事もないが、かれ he; himは逆上しながらも充分充分じゅうぶん sufficiently本心本心ほんしん one's right mind; one's senses有しているゆうしている be in possession ofに相違ない事は、何のためになんのために for what reason; to what endこの法外の法外ほうがいの outrageous; excessive; immoderate胴間声胴間声どうまごえ loud dissonant voiceを出したかを話せばはなせば relate; explainすぐわかる。彼は取るにも足らぬるにもらぬ of little importance; not worth bothering about生意気生意気なまいき impertinent; impudent; cocky書生書生しょせい boarding students相手相手あいて other party大人気もない大人気おとなげもない immature; childish喧嘩喧嘩けんか quarrel; squabbleを始めたのである。「もっと下がれもっとがれ back off; get away、おれの小桶小桶こおけ wash bucket hot water; bath water這入って這入はいって get intoいかん」と怒鳴る怒鳴どなる shout; roar; bellowのは無論無論むろん of course; naturally; needless to say主人である。もの thingsは見ようでどうでもなるものだから、この怒号怒号どごう (angry) outburstをただ逆上の結果結果けっか result of; consequence ofとばかり判断する判断はんだんする decide; conclude必要必要ひつよう necessityはない。万人万人まんにん ten thousand peopleのうちに一人一人ひとり one personくらいは高山彦九郎高山たかやま彦九郎ひこくろう Takayama Hikokurō; samurai of the mid-Edo period known for his strong sentiment of loyalty to the Emperor山賊山賊さんぞく bandit; brigand叱したしっした scolded; rebukedようだくらいに解釈して解釈かいしゃくして interpret; take asくれるかも知れんかもれん it may be that ...当人当人とうにん the person in question自身自身じしん oneself; himselfもそのつもりでやった芝居芝居しばい portrayal; performanceかも分らんかもわからん it could be that ...が、相手が山賊をもって自らみずから oneself; personallyおらん以上以上いじょう given that ...予期する予期よきする anticipate結果は出て来ないない not emerge; not materializeに極っているきまっている it's a given that ...。書生は後ろうしろ back; behind振り返ってかえって turn around; look over one's shoulderぼく I; meはもとからここにいたのです」とおとなしく答えたこたえた answered; replied。これは尋常の尋常じんじょうの common; ordinary答で、ただその ground; territory; position去らぬらぬ not leave; not vacate事を示したしめした indicated; made apparentだけが主人の思い通りおもどおり as one wishes; to one's satisfactionにならんので、その態度態度たいど attitude; demeanorと云いい whether ... (or ...)言語言語げんご language; choice of wordsと云い、山賊として罵り返すののしかえす lash back against; meet with harsh wordsべきべき should ...; ought to ...ほどの事でもないのは、いかに逆上の気味気味きみ sensation; feelingの主人でも分っているはずだ。しかし主人の怒号は書生のせき location; place; spotそのものが不平なの不平ふへいなの object of one's discontentではない、先刻先刻さっき before; earlier; priorからこの両人両人りょうにん both persons; the two of them少年少年しょうねん young men; youthsに似合わず似合にあわず unbecoming of、いやに高慢ちきな高慢こうまんちきな arrogant; haughty利いた風のいたふうの affected; pretentious事ばかり併べてならべて set forth in succession; rattle offいたので、始終始終しじゅう continuously; all the while; nonstopそれを聞かされたかされた had to listen to; was subjected to主人は、全くこのてん point; aspect立腹した立腹りっぷくした took offense; grew angry; boiled overものと見える。だから先方先方せんぽう the other partyでおとなしい挨拶挨拶あいさつ reply; responseをしても黙ってだまって hold one's silence板の間へ上がりはせんがりはせん not move up; not exit (to)今度今度こんど this time; nextは「何だなんだ what the ...馬鹿野郎馬鹿ばか野郎やろう blasted idiot; worthless scoundrel人のひとの a person's; another'sおけ bucket汚ないきたない dirty; filthy; foulみず waterをぴちゃぴちゃ跳ねかすねかす splash at; splash intoやつ guy; fellowがあるか」と喝し去ったかっった reproached in parting; fired off a parting salvo。吾輩もこの小僧小僧こぞう youngsters; boys少々少々しょうしょう somewhat; to some degree心憎く思っていた心憎こころにくおもっていた had been viewing with disapprovalから、この時心中心中しんちゅう in one's heart; privately; to oneselfにはちょっと快哉を呼んだ快哉かいさいんだ shouted for joyが、学校学校がっこう school教員たる教員きょういんたる is a teacher; is an instructor主人の言動言動げんどう speech and conduct; words and deedsとしては穏かならぬおだやかならぬ immoderate; over the top; excessive事と思うた。元来元来がんらい by nature; fundamentally主人はあまり堅過ぎて堅過かたすぎて overly obstinate; too unyieldingいかん。石炭石炭せきたん coalたき殻たきがら charred shell見たようにたように like; resemblingかさかさしてしかもいやに硬いかたい obstinate; hardheaded {paragraph continues below}

むかしハンニバルハンニバル Hannibal (Hannibal Barca; Carthaginian general who campaigned against Rome; 247-183 BC)アルプス山アルプスさん the Alps (mountains)超えるえる crossとき time; occasionに、みち road; route真中真中まんなか middle; centerに当ってあたって concerning; corresponding to; being大きなおおきな large; massiveいわ rock; boulderがあって、どうしても軍隊軍隊ぐんたい army通行通行つうこう passage; traversalじょう with regard to; concerning不便不便ふべん trouble; obstruction邪魔をする邪魔じゃまをする interfere; hinder。そこでハンニバルはこの大きな岩へ vinegarをかけて火を焚いていて start a fire; build a fire柔かやわらか soft; pliantにしておいて、それからのこぎり sawでこの大岩大岩おおいわ great boulder; large rock蒲鉾蒲鉾かまぼこ kamaboko; fishcakeのように切ってって cut; slice滞りなくとどこおりなく without delay通行をしたそうだ。主人主人しゅじん masterのごとくこんな利目利目ききめ effect; virtue; efficacyのある薬湯薬湯くすりゆ medicated bath煮だるだる boil; seetheほど這入って這入はいって get into少しもすこしも (not) in the least功能功能こうのう result; benefitのないおとこ man; fellowはやはり醋をかけて火炙り火炙ひあぶり burning alive; burning at the stakeにするに限るかぎる is limited to; has to be思うおもう think; imagine; supposeしからずんばしからずんば otherwise、こんな書生書生しょせい boarding students何百人何百なんびゃくにん some hundreds of people出て来てて come forth; appear何十年何十なんじゅうねん some tens of years; decadesかかったって主人の頑固頑固がんこ obstinacy; hard-headedness癒りっこないなおりっこない won't get better; can't be set right。この湯槽湯槽ゆぶね (hot water) tub浮いていて float; bobいるもの、この流しながし washing areaごろごろしているごろごろしている be scattered aboutものは文明文明ぶんめい culture; civilization人間人間にんげん human beings; men必要な必要ひつような necessary; needed服装服装ふくそう garments; attire脱ぎ棄てるてる strip off; shed化物化物ばけもの monsters; brutes団体団体だんたい party; company; groupであるから、無論無論むろん of course常規常道常規じょうき常道じょうどう norms and standardsをもって律するりっする judge (on the basis of)訳にはいかんわけにはいかん one can't ...なに what; whateverをしたって構わないかまわない doesn't matterはい lungsところ area; place; location stomach陣取って陣取じんどって occupy; take up a position和唐内和唐内わとうない Watōnai (character from a Chikamatsu Monzaemon historical drama; based on Koxinga)清和源氏清和せいわ源氏げんじ Seiwa Genji (line of the Minamoto clan descended from Emperor Sewa)になって、民さんたみさん Tami-san (name)不信用不信用ふしんよう dubious; dodgy; untrustworthyでもよかろう。しかし一たびひとたび once流しを出てて come out; depart (from)板の間いた wooden-floored area上がればがれば come up (onto)、もう化物ではない。普通の普通ふつうの ordinary; commonplace人類人類じんるい mankind; humanity生息する生息せいそくする live and breathe娑婆娑婆しゃば this world; this lifeへ出たのだ、文明に必要なる着物着物きもの clothing; garmentsをきるのだ。従ってしたがって accordingly; as a consequence人間らしい行動行動こうどう conduct; behaviorをとらなければならんはずである。いま now; at present主人が踏んでいるんでいる step on; tread on; set foot onところは敷居敷居しきい thresholdである。流しと板の間のさかい border; boundaryにある敷居のうえ top ofであって、当人当人とうにん the person in questionはこれから歓言愉色歓言かんげん愉色ゆしょく pleasantries円転滑脱円転えんてん滑脱かつだつ tact; delicacy; discretion世界世界せかい world逆戻り逆戻ぎゃくもどり returning; reverting back toをしようと云うう being ...間際間際まぎわ point of doing; verge ofである。その間際ですらかくのごとく頑固であるなら、この頑固は本人本人ほんにん the person in question; the person himselfにとってろう firm; solid; foundationalとして抜くく pull out; extractべからざるべからざる cannot ...; must not ...病気病気びょうき fault; flaw; infirmityに相違ない相違そういない no doubt ...。病気なら容易に容易よういに easily矯正する矯正きょうせいする correct; rectify事は出来まいこと出来できまい cannot likely ...。この病気を癒すなおす heal; cure; fix方法方法ほうほう method; means愚考愚考ぐこう (one's own humble) thought; ideaによるとただ一つひとつ one (thing)ある。校長校長こうちょう principal; headmaster依頼して依頼いらいして request免職して免職めんしょくして dismiss; discharge (one from one's post)貰うもらう have (someone) do (something)即ちすなわち that is ...; namely ...これなり。免職になれば融通の利かぬ融通ゆうずうかぬ unaccommodating; inflexibile主人の事だからきっと路頭に迷う路頭ろとうまよう be out in the cold; be left destituteに極ってるきまってる it's a given that ...。路頭に迷う結果結果けっか result; consequenceのたれ死のたれ dying by the roadside; dying a dog's deathにをしなければならない。換言すると換言かんげんすると in other words; put another way death; demise遠因遠因えんいん underlying cause; indirect causeになるのである。主人は好んでこのんで by choice; willingly病気をして喜こんでよろこんで be pleasedいるけれど、死ぬのは大嫌大嫌だいきらい abhorrent; horrifyingである。死なない程度程度ていど degree; extentにおいて病気と云う一種の一種いっしゅの a certain kind of贅沢贅沢ぜいたく luxury; extravaganceがしていたいのである。それだからそんなに病気をしていると殺すころす kill; murderぞと嚇かせばおどかせば threaten; intimidate; scare臆病なる臆病おくびょうなる is a coward主人の事だからびりびりとびりびりと trembling; shuddering悸え上がるふるがる be frightened; be terrifiedに相違ない。この悸え上がる時に病気は奇麗に奇麗きれいに cleanly; neatly落ちるちる be removed; be cleared; be rooted outだろうと思う。それでも落ちなければそれまでの事さ。

いかに馬鹿馬鹿ばか idiot; foolでも病気病気びょうき quirky; flawedでも主人主人しゅじん masterに変りはないかわりりはない there's no denying that ...; all the same ...一飯一飯いっぱん a bowl of rice; a meal君恩君恩くんおん the favor of one's lord重んずおもんず hold in high regard; attach due importance to云うう say; state詩人詩人しじん poetもあること situation; caseだからねこ catだって主人の身の上うえ one's station in life; one's lot思わないおもわない not think of; have no regard for事はあるまい。気の毒どく pitiableだと云うねん sense; idea; notion胸一杯むね一杯いっぱい welled-up with emotionになったため、ついそちらに気が取られてられて be distracted by; be preoccupied with流しながし washing areaほう side; area観察観察かんさつ observation怠たっておこたって neglect; be remiss inいると、突然突然とつぜん at once; all of a sudden白いしろい white; milky湯槽湯槽ゆぶね (hot water) tub方面方面ほうめん direction向ってむかって turning (toward)口々に口々くちぐちに (voices) one and all; in unison罵るののしる curseこえ voices聞えるきこえる be heard。ここにも喧嘩喧嘩けんか quarrel; squabble起ったおこった started up; broke out; occurredのかと振り向くく turn one's head (to look)と、狭いせまい narrow; confined柘榴口柘榴口ざくろぐち low partition used to keep steam and heat in bathing area一寸一寸いっすん 1 sun (about 3 cm; about 1 inch)余地余地よち place; space; marginもないくらいに化物化物ばけもの monsters; brutes取りついてりついて grapple; tussle (body) hairのあるすね shins; shanks; lower legsと、毛のないまた thighs入り乱れてみだれて all in a jumble動いてうごいて be in motion; moveいる。折からおりから just then; at that time初秋初秋はつあき early autumn sun; sunlight暮るるるる come to an end; come to a close (= れる)なんなんとしてなんなんとして full on; in full流しのうえ over; above天井天井てんじょう ceilingまで一面の一面いちめんの a wall of湯気湯気ゆげ steam; vapor立て籠めるめる be packed; be piled with。かの化物の犇くひしめく clamor; crowd; jostleさま situation; sceneがそのあいだ interval; midstから朦朧と朦朧もうろうと dimly; vaguely; indistinctly見えるえる be seen; be visible熱いあつい hot熱いと云う声が吾輩吾輩わがはい I; me; myselfみみ ears貫ぬいてつらぬいて penetrate; pierce左右左右さゆう left and right抜けるける exit; escapeように頭の中あたまなか within one's head乱れ合うみだう fly about in disarray。その声には yellowなのも、青いあおい blueのも、赤いあかい redのも、黒いくろい blackのもあるが互にたがに mutually; with respect to one another畳なりかかってかさなりかかって be piled on each other; come in rapid succession一種一種いっしゅ a kind of; a form of名状すべからざる名状めいじょうすべからざる defying description音響音響おんきょう noise; reverberation浴場内浴場よくじょうない within the bathhouse; within the baths漲らすみなぎらす fill with; cause to brim with。ただ混雑混雑こんざつ confusion; disorder迷乱迷乱めいらん bewilderment; chaos; disorientationとを形容する形容けいようする describe; express; embody適したてきした suitable; appropriate声と云うのみで、ほかには何のなんの (no) sort of; form of役にも立たないやくにもたない serve no purpose声である。吾輩は茫然として茫然ぼうぜんとして flat-footed; in blank amazement; at a loss to reactこの光景光景こうけい scene; sight魅入られた魅入みいられた entranced; enthralled (by)ばかり立ちすくんでちすくんで be paralyzed; be stupefiedいた。やがてわーわーと云う声が混乱の極度極度きょくど maximum; extreme; utmost達してたっして reach; arrive at、これよりはもう一歩一歩いっぽ one step; one stage; one small amount進めぬすすめぬ can't proceed; can't progressと云うてん point; place; junctureまで張り詰められためられた brought to full tensionとき time; moment、突然無茶苦茶に無茶苦茶むちゃくちゃに excessively; senselessly; recklessly押し寄せ押し返しているかえしている pushing and shovingむれ crowd; bunch; throngの中から一大長漢一大いちだい長漢ちょうかん one great figure; a man among menがぬっと立ち上がったがった rose upかれ he; him身の丈たけ height; stature見るる look at; view; gage他のほかの other先生方先生せんせいがた gentlemen; patronsよりはたしかに三寸三寸さんずん 3 sun (about 10 cm; about 4 inches)くらいは高いたかい tall。のみならずかお faceからひげ beard; whiskers生えてえて growいるのか髯の中に顔が同居して同居どうきょして take up residence withいるのか分らないわからない can't say; can't tell赤つらあかつら red face反り返してかえして throw (one's head) back日盛り日盛ひざかり high noon破れ鐘をつくような声がねをつくようなこえ resounding voice; thunderous voice出してして put forthうめろうめろ add cold water (to a bath)うめろ、熱い熱い」と叫ぶさけぶ scream; yell; cry。この声とこの顔ばかりは、かの紛々紛々ふんぷん confusion; jumble縺れ合うもつう be tangled together群衆群衆ぐんしゅう horde; throngの上に高く傑出して傑出けっしゅつして stand apart from; excel above、その瞬間瞬間しゅんかん moment; instantには浴場全体全体ぜんたい whole; entiretyがこのおとこ man; fellow一人一人ひとり one person; single soulになったと思わるるほどである。超人超人ちょうじん superior man; superman; Übermenschだ。ニーチェニーチェ Friedrich Nietzsche (1844 – 1900; German philosopher, cultural critic, composer, poet, and philologist)のいわゆる超人だ。魔中魔中まちゅう among devils; among demons大王大王だいおう great kingだ。化物の頭梁頭梁とうりょう head; chief; boss (usually 頭領とうりょう)だ。と思って見ていると湯槽の後ろうしろ behind; in back ofでおーいと答えたこたえた answered; respondedものがある。おやとまたもそちらに眸をそらすひとみをそらす divert one's gaze; direct one's attention (to)と、暗憺として暗憺あんたんとして dark; dim物色も出来ぬ物色ぶっしょく出来できぬ can't discern; can't pick out中に、例のれいの the aforementionedちゃんちゃん姿ちゃんちゃん姿すがた in padded sleeveless kimono jacket; in Japanese vest三介三介さんすけ (bath house) helper boy砕けよとくだけよと giving it all one's got一塊り一塊ひとかたまり one lump; a single lump石炭石炭せきたん coalかまど kamado; stove; furnaceの中に投げ入れるれる throw into; toss intoのが見えた。竈のふた cover; lidをくぐって、この塊りかたまり lump; mass; clumpぱちぱちと鳴るぱちぱちとる resound; crackle; popときに、三介の半面半面はんめん face in profileがぱっと明るくなるあかるくなる become light; light up同時に同時どうじに at the same time三介の後ろにある煉瓦煉瓦れんが brickかべ wallやみ darkness; the dark通してとおして pass through燃えるえる burn; catch fireごとく光ったひかった flashed with light。吾輩は少々少々しょうしょう somewhat; to some degree物凄くなった物凄ものすごくなった became overwhelming; was all too intenseから早々早々そうそう quickly; promptly; without delayまど windowから飛び下りてりて jump down (from)いえ house; home帰るかえる return (home)。帰りながらも考えたかんがえた thought; considered羽織羽織はおり haori (Japanese half-coat)脱ぎぎ take off; strip off; shed猿股猿股さるまた shorts; drawers; underpantsを脱ぎ、はかま hakama (men's formal pleated skirt)を脱いで平等平等びょうどう equality; uniformityになろうと力めるつとめる endeavor; work toward; try for赤裸々赤裸々せきらら nakedness; nudityの中には、また赤裸々の豪傑豪傑ごうけつ hero; great man出て来てて come forth; appear他の群小群小ぐんしょう minor; petty (men)圧倒して圧倒あっとうして overpower; dominateしまう。平等はいくらはだかになったって得られるられる can achieve; can attainものではない。

帰ってかえって return (home)見るる see; look (around)天下天下てんか all the world太平な太平たいへいな peaceful; tranquilもので、主人主人しゅじん master湯上がり湯上ゆあがり after taking a bath; having just come from bathingかお face; countenanceをテラテラ光らしてひからして let shine; let glow晩餐晩餐ばんさん dinner食ってって eatいる。吾輩吾輩わがはい I; me; myself椽側椽側えんがわ verandaから上がるがる come up (to enter a house)のを見て、のんきなねこ catだなあ、今頃今頃いまごろ at this time; just nowどこをあるいているんだろうと云ったった commented; remarkedぜん (dinner) trayの上を見ると、ぜに moneyのない癖にくせに though; in spite of二三品二三品にさんぴん two or three items; several items御菜御菜おかず side dishesをならべている。そのうちにさかな fish焼いたいた broiled; grilledのが一疋一疋いっぴき one (creature)ある。これはなん what称するしょうする refer to (as)肴か知らんらん don't know; can't sayが、何でもなんでも anyhow; at any rate昨日昨日きのう yesterday; the day priorあたり御台場御台場おだいば Odaiba (artificial island off of Shinagawa; built in 1850s for defensive purposes)近辺近辺きんぺん area; vicinityでやられたに相違ない相違そういない no doubt ...。肴は丈夫な丈夫じょうぶな healthy; hardy; robustものだと説明して説明せつめいして explained; relatedおいたが、いくら丈夫でもこう焼かれたり煮られたりしてかれたりられたりして be girlled or stewedはたまらん。多病多病たびょう sickly; of delicate constitutionにして残喘残喘ざんぜん the remainder of one's life; one's waning days保つたもつ preserve; maintain; sustainほう alternative (of two choices)がよほど結構結構けっこう fine; well enough; preferredだ。こう考えてかんがえて think; consider膳のそば near to; next to坐ってすわって sit; be seatedすき opening; chanceがあったら何かなにか something頂戴しよう頂戴ちょうだいしよう receive; partake ofと、見るごとく見ざるごとく装っていたよそおっていた was feigning; was acting one's part。こんな装い方よそおかた manner of feigningを知らないものはとうていうまい肴は食えないと諦めなければいけないあきらめなければいけない have to resign oneself to。主人は肴をちょっと突っついたっついた poked at; picked atが、うまくないと云う顔付顔付かおつき facial expressionをしてはし chopsticks置いたいた set down; set to rest正面正面しょうめん directly in front; across from控えたるひかえたる be attending to; be waiting on妻君妻君さいくん wifeはこれまた無言のまま無言むごんのまま without speaking箸の上下上下じょうげ up and down運動する運動うんどうする move様子様子ようす situation; state of affairs、主人の両顎両顎りょうがく upper and lower jaws離合開闔離合りごう開闔かいこう parting and joining; opening and closing具合具合ぐあい condition; state熱心に熱心ねっしんに ardently; earnestly研究して研究けんきゅうして study; scrutinize; watchいる。

「おい、その猫のあたま headをちょっと撲ってって hit; strike見ろ」と主人は突然突然とつぜん suddenly; out of the blue細君に請求した請求せいきゅうした directed; instructed; enjoined

「撲てば、どうするんですか」

「どうしてもいいからちょっと撲って見ろ」

こうですかと細君は平手平手ひらて palm; flat of the handで吾輩の頭をちょっと敲くたたく tap; pat; clap痛くもいたくも (not) painful; uncomfortable何ともない。

鳴かんかん not cry; not mewじゃないか」

「ええ」

もう一返もう一返いっぺん one more time; once moreやって見ろ」

何返何返なんべん however many timesやったって同じおなじ the sameこと situation; case; outcomeじゃありませんか」と細君また平手でぽかと参るまいる come; call; approach。やはり何ともないから、じっとしていた。しかしその何のためたるやは智慮深き智慮ちりょぶかき sagacious; well-learned吾輩には頓ととんと (not) at all; (not) in the least了解し難い了解りょうかいがたい defies comprehension; makes no sense。これが了解出来れば了解りょうかい出来できれば can comprehend; can make sense of、どうかこうか方法方法ほうほう method; mannerもあろうがただ撲って見ろだから、撲つ細君も困るこまる be at a loss; be stumped; be placed in an awkward positionし、撲たれる吾輩も困る。主人は二度二度にど two times; twiceまで思い通りおもどおり as hoped; as anticipatedにならんので、少々少々しょうしょう a bit; to some degree焦れ気味気味ぎみ a touch of irritationで「おい、ちょっと鳴くようにぶって見ろ」と云った。

細君細君さいくん the wife面倒な面倒めんどうな bothersome; burdensome顔付顔付かおつき facial expressionで「鳴かしてかして cause to cry; cause to mewなん whatになさるんですか」と問いながらいながら asking; questioning、またぴしゃりとおいでになった。こう先方先方せんぽう the other party目的目的もくてき objective; aimがわかれば訳はないわけはない simple; easy enough、鳴いてさえやれば主人主人しゅじん master満足させる満足まんぞくさせる satisfy事は出来ること出来できる can ...; am able to ...のだ。主人はかくのごとく愚物愚物ぐぶつ foolだからいや objectionable; not to one's likingになる。鳴かせるためなら、ためと早くはやく soon; readily; without delay云えばえば say; state; make known二返二返にへん two times; twice三返三返さんべん three times余計な余計よけいな needless; superfluous; unwarranted手数手数てすう trouble; bother; effortはしなくてもすむし、吾輩吾輩わがはい I; me; myself一度一度いちど one time; once放免放免ほうめん letting go; setting freeになること case; situation二度二度にど two times; twice三度三度さんど three times繰り返えされるえされる be repeated必要必要ひつよう need; necessityはないのだ。ただ打って見ろってろ try hitting; try strikingと云う命令命令めいれい order; commandは、打つ事それ自身それ自身じしん (that) itselfを目的とする場合場合ばあい case; situationのほかに用うもちう use; applyべきものでない。打つのは向うむこう the other side; the other partyの事、鳴くのはこっちの事だ。鳴く事を始めはじめ beginning; startから予期して予期よきして expect; anticipate懸ってかかって engage、ただ打つと云う命令のうちに、こっちの随意たる随意ずいいたる be at one's discretionべき鳴く事さえ含まってるふくまってる be includedように考えるかんがえる consider; thinkのは失敬千万失敬しっけい千万せんばん most disrespectful; the height of impertinenceだ。他人他人たにん other person人格人格じんかく character; individuality重んぜんおもんぜん not value; not respectと云うものだ。ねこ cat馬鹿にして馬鹿ばかにして play for a fool; trifle with; make light ofいる。主人の蛇蝎蛇蝎だかつ snakes and scorpionsのごとく嫌うきらう hate; dislike; loathe金田金田かねだ Kaneda (name)くん (suffix of familiarity for males)ならやりそうな事だが、赤裸々赤裸々せきらら nakedness; nudityをもって誇るほこる be proud of; take pride in主人としてはすこぶる卑劣卑劣ひれつ contemptible; despicable; baseである。しかし実のところじつのところ in truth主人はこれほどけちなおとこ man; fellowではないのである。だから主人のこの命令は狡猾狡猾こうかつ wiliness; craftinessきょく extreme; height (of)出でたでた came (from); arose (out of)のではない。つまり智慧智慧ちえ wisdom; wit; intelligence足りないりない be insufficient; be lackingところから湧いたいた hatched (from)孑孑孑孑ぼうふら mosquito larvaのようなものと思惟する思惟しいする consider; think of (as)めし meal; food食えばえば eatはら belly張るる tighten; swellに極っているきまっている it's a given that ...; it follows that ...切ればれば cut blood出るる come forth; emergeに極っている。殺せばころせば kill死ぬぬ dieに極まっている。それだから打てば鳴くに極っていると速断速断そくだん rushed conclusionをやったんだろう。しかしそれはお気の毒どく regrettably; sad to sayだが少しすこし a little; a bit; somewhat論理論理ろんり logic合わないわない not agree; not be consistent (with)。そのかく rule; dictum; statute行くく go with; followかわ river; stream落ちればちれば fall (into)必ずかならず invariably; without fail死ぬ事になる。天麩羅天麩羅てんぷら tempuraを食えば必ず下痢する下痢げりする get diarrhea; get the runs事になる。月給月給げっきゅう (monthly) salaryをもらえば必ず出勤する出勤しゅっきんする show up at work; attend to one's duties事になる。書物書物しょもつ books読めばめば read必ずえらくなる事になる。必ずそうなっては少し困るこまる be at a loss; be in a bad spotひと personsが出来てくる。打てば必ずなかなければならんとなると吾輩は迷惑迷惑めいわく inconvenienced; put outである。目白目白めじろ Mejiro (place name; district of Tōkyō)時の鐘ときかね hour bell同一同一どういつ the same; one and the same見傚されて見傚みなされて be seen; be viewed (as)は猫と生れたうまれた was born (as)甲斐甲斐かい worth; use; availがない。まず腹の中でははらなかでは inside; to oneselfでこれだけ主人を凹ましてへこまして rebuff; repudiateおいて、しかる後しかるのち then and only thenにゃーと注文通り注文ちゅうもんどおりり as ordered; as requested鳴いてやった。

すると主人主人しゅじん master細君細君さいくん the wife向ってむかって turn (to)いま now; just now鳴いたいた cried; mewed、にゃあと云うう saying; statingこえ voice感投詞感投詞かんとうし interjection (usually 間投詞かんとうし)か、副詞副詞ふくし adverbなん whatだか知ってるってる know; understand; be aware ofか」と聞いたいた asked; inquired

細君はあまり突然な突然とつぜんな sudden; unexpectedとい question; inquiryなので、何にも云わない。実を云うとじつうと to tell the truth; actually吾輩吾輩わがはい I; me; myselfもこれは洗湯洗湯せんとう bathhouse; public baths逆上逆上ぎゃくじょう rush of blood to the head; dizzinessがまださめないためだろうと思ったおもった thought; consideredくらいだ。元来元来がんらい from the start; fundamentallyこの主人は近所合壁近所きんじょ合壁がっぺき immediate neighborhood有名な有名ゆうめいな well known; renowned変人変人へんじん eccentric; oddball; crank現にげんに actually; in factある人あるひと a certain personはたしかに神経病神経病しんけいびょう nervous disorderだとまで断言した断言だんげんした asserted; declaredくらいである。ところが主人の自信自信じしん confidence (in oneself)はえらいもので、おれが神経病じゃない、世の中なか the world; societyやつ fellows; folksが神経病だと頑張って頑張がんばって insist on; persevere in; stick toいる。近辺近辺きんぺん neighborhood; vicinityのものが主人を犬々犬々いぬいぬ doggy dog呼ぶぶ call out; designate (as)と、主人は公平公平こうへい fairness維持する維持いじする maintain; preserveため必要必要ひつよう necessityだとか号してごうして announce; declare (as)彼等彼等かれら they; them豚々豚々ぶたぶた piggy pigと呼ぶ。実際実際じっさい in actuality; in fact主人はどこまでも公平を維持するつもりらしい。困ったこまった impossible; hopelessものだ。こう云うおとこ man; fellowだからこんな奇問奇問きもん odd questionを細君に対ってむかって turn (to)呈出する呈出ていしゅつする offer up; presentのも、主人に取ってはっては to ...; for ...朝食前朝食前あさめしまえ easily handled (lit: done before breakfast)小事件しょう事件じけん minor incident; trivial affairかも知れないかもれない it may be that ...が、聞くほう side; partyから云わせるとちょっと神経病に近いちかい near; close (to)人の云いそうなこと matter; thingだ。だから細君は煙に捲かれたけむかれた mystified; bewildered気味気味きみ sensation; feelingで何とも云わない。吾輩は無論無論むろん of course; naturally何とも答えようがないこたえようがない have no means of answering; be in no position to answer。すると主人はたちまち大きなおおきな big; loud (voice)声で

「おい」と呼びかけた。

細君は吃驚して吃驚びっくりして be surprised「はい」と答えた。

「そのはいは感投詞か副詞か、どっちだ」

「どっちですか、そんな馬鹿気た馬鹿気ばかげた foolish; idiotic; senseless事はどうでもいいじゃありませんか」

「いいものか、これが現に国語家国語家こくごか scholars of the Japanese language頭脳頭脳ずのう heads; minds支配して支配しはいして occupy; hold sway overいる大問題大問題だいもんだい pressing problem; pivotal questionだ」

「あらまあ、猫の鳴き声がですか、いやな事ねえ。だって、猫の鳴き声は日本語じゃあないじゃありませんか」

「それだからさ。それがむずかしい問題なんだよ。比較比較ひかく comparative研究研究けんきゅう research; analysisと云うんだ」

「そう」と細君は利口利口りこう clever; savvy; shrewdだから、こんな馬鹿な問題には関係しない関係かんけいしない not engage in; steer clear of。「それで、どっちだか分ったわかった understood; determinedんですか」

重要な重要じゅうような weighty; critical; important問題問題もんだい problem; topicだからそう急にきゅうに quickly; readily分らんわからん not know; not determineさ」と例のれいの the aforementionedさかな fishむしゃむしゃむしゃむしゃ with munching sounds; ravenously食うう eat; wolf down。ついでにそのとなり near to; next toにあるぶた porkいも potatoにころばしにころばし root vegetables boiled in brothを食う。「これは豚だな」「ええ豚でござんす」「ふん」と大軽蔑大軽蔑だいけいべつ great disdain; significant contempt調子調子ちょうし manner; veinをもって飲み込んだんだ swallowed。「さけ sakéもう一杯もう一杯いっぱい one more cupful飲もうもう drink」とさかずき saké cup出すす hold out; present

今夜今夜こんや this evening; tonightはなかなかあがるあがる eat or drink (honorific)のね。もう大分大分だいぶ very much; a great deal赤くなってあかくなって turn red; redden (from drinking)いらっしゃいますよ」

「飲むとも――御前御前おまえ you世界世界せかい the world一番一番いちばん foremost; most of all長いながい long; lengthy word知ってるってる know; be aware ofか」

「ええ、さき before; earlier関白太政大臣関白かんぱく太政だじょう大臣だいじん Grand State Councilor Kampakuでしょう」

「それは名前名前なまえ name; titleだ。長い字を知ってるか」

「字って横文字横文字よこもじ Western language (lit: horizontally-aligned characters)ですか」

「うん」

「知らないわ、――御酒御酒おさけ sakéはもういいでしょう、これで御飯になさい御飯ごはんになさい have some riceな、ねえ」

「いや、まだ飲む。一番長い字を教えてやろうかおしえてやろうか shall I tell you; would you like to know

「ええ。そうしたら御飯ですよ」

「Archaiomelesidonophrunicherata と云うう called ...; named ...; is ...字だ」

出鱈目出鱈目でたらめ nonsense; rubbish; made-upでしょう」

「出鱈目なものか、希臘語希臘ギリシャ Greek (language)だ」

なん whatという字なの、日本語日本語にほんご Japanese (language)にすれば」

意味意味いみ meaningはしらん。ただ綴りつづり spellingだけ知ってるんだ。長く書くく write; write out六寸三分六寸ろくすん三分さんぶ 6 sun and 3 bu; 6.3 sun (about 20 cm; about 8 inches)くらいにかける」

他人他人たにん another personならさけ sakéの上でうえで on top of ...; having ...云うう say; mention; bring upべきこと matterを、正気正気しょうき sobernessで云っているところがすこぶる奇観奇観きかん curious spectacleである。もっとも今夜今夜こんや this evening; tonightに限ってかぎって limited to; only酒を無暗に無暗むやみに excessively; immoderatelyのむ。平生平生へいぜい usual; ordinaryなら猪口猪口ちょこ saké cup二杯二杯にはい two cupfulsときめているのを、もう四杯四杯よんはい four cupfuls飲んだんだ drank; downed。二杯でも随分随分ずいぶん very much; a great deal赤くなるあかくなる turn red (from drink)ところをばい twice (as much); double飲んだのだからかお face焼火箸焼火箸やけひばし fire tongsのようにほてって、さも苦しそうくるしそう looking distressedだ。それでもまだやめない。「もう一杯」と出すす hold out; present細君細君さいくん the wifeはあまりの事に

「もう御よしになったらよしになったら stop with; make an end to、いいでしょう。苦しいばかりですわ」と苦々しい苦々にがにがしい (finding something) unpleasant; disagreeable顔をする。

「なに苦しくってもこれから少しすこし a little; a bit稽古する稽古けいこする practice; trainんだ。大町桂月大町おおまち桂月けいげつ Ōmachi Keigetsu (Meiji era writer and critic; 1869-1925)が飲めと云った」

「桂月ってなん whatです」さすがの桂月も細君に逢ってって meet; encounter一文一文いちもん one mon (small amount of money)価値価値かち merit; value; worthもない。

「桂月は現今現今げんこん the present (day or age)一流の一流いちりゅうの first-rate; top-notch; foremost批評家批評家ひひょうか criticだ。それが飲めと云うのだからいいに極っているきまっている it's a given that ...さ」

馬鹿馬鹿ばか rubbish; nonsenseをおっしゃい。桂月だって、梅月梅月ばいげつ Baigetsu (play on Keigetsu; also old lunar month name)だって、苦しいおもい thoughts; feelingsをして酒を飲めなんて、余計な余計よけいな needless; unwarranted; unhelpful事ですわ」

「酒ばかりじゃない。交際交際こうさい association; social interactionをして、道楽道楽どうらく hobby; pastime; amusementをして、旅行旅行りょこう travel; excursions; touringをしろといった」

「なおわるいじゃありませんか。そんなひと person; man第一流の第一流だいいちりゅうの very best; most prominent批評家なの。まああきれた。妻子妻子さいし wife and childrenのあるものに道楽をすすめるなんて……」

「道楽もいいさ。桂月が勧めなくってすすめなくって not recommend; not encourageかね money; fundsさえあればやるかも知れないかもれない might well ...

「なくって仕合せ仕合しあわせ happiness; good fortune; blessingだわ。いま now; this point in timeから道楽なんぞ始められちゃあはじめられちゃあ start; begin大変大変たいへん hard; difficult; tediousですよ」

「大変だと云うならよしてやるから、その代りそのかわり in exchange; in returnもう少しおっと husband大事にして大事だいじにして take good care of; hold dear; cherish、そうしてばん eveningsに、もっと御馳走御馳走ごちそう good meal; excellent fare食わせろわせろ let eat; serve up

「これが精一杯精一杯せいいっぱい the best one can do; one's best effortのところですよ」

「そうかしらん。それじゃ道楽は追ってって later on; afterwards; in due course金が這入り這入はいり get; receive; obtain次第次第しだい as soon as ...やる事にして、今夜はこれでやめよう」と飯茶椀飯茶椀めしぢゃわん rice bowlを出す。何でも茶漬茶漬ちゃづけ chazuke (cooked rice with green tea poured on it)三ぜんさんぜん three servings食ったようだ。吾輩吾輩わがはい I; me; myselfはその evening; night豚肉豚肉ぶたにく pork三片三片みきれ three pieces塩焼塩焼しおやき (fish) grilled with saltあたま head頂戴した頂戴ちょうだいした received