二年二年にねん two years留学留学りゅうがく study abroadちゅう duringただ一度一度いちど one time; a single time倫敦塔倫敦塔ロンドンとう The Tower of London見物した見物けんぶつした went to see; visitedこと case; instanceがある。その後その after that; thereafter再びふたたび again; once more; a second time行こうこう go思ったおもった thought (to do) daysもあるがやめにした。ひと a person; someoneから誘われたさそわれた was invited事もあるが断ったことわった turned down; declined。一度で得たた acquired; secured; gained記憶記憶きおく memories; impressions二返目二返目にへんめ second time打壊わす打壊ぶちこわす knock to pieces; destroy; obliterateのは惜しいしい regrettable; a shame三たび目たび third time拭い去るぬぐる wipe away; effaceのはもっとも残念残念ざんねん disappointing; unfortunateだ。「塔」の見物は一度に限るかぎる limit (to)と思う。

行ったのは着後着後ちゃくご after arriving間もないうちもないうち within a short time; before long; shortlyの事である。そのころ time方角方角ほうがく direction; bearingsもよく分らんわからん not know; be unfamiliar withし、地理地理ちり geography; lay of the landなどは固よりもとより of course知らんらん not know; be unacquainted with。まるで御殿場御殿場ごてんば Gotenba (rural district southeast of Mt Fuji)うさぎ rabbit; hare急にきゅうに suddenly日本橋日本橋にほんばし Nihonbashi (district in central Tōkyō)真中真中まんなか center抛り出されたほうされた was tossed (into)ような心持ち心持こころもち feeling; impressionであった。おもて out front (of one's residence)出ればれば emerge; go out (onto)人のなみ waveさらわれるさらわれる be swept awayかと思い、うち house; home帰ればかえれば return (to)汽車汽車きしゃ (steam) train自分の自分じぶんの one's own部屋部屋へや room衝突衝突しょうとつ crash; collisionしはせぬかと疑いうたがい suspect; fear朝夕朝夕あさゆう from morning to night; constantly安き心やすごころ calm; reposeはなかった。この響きひびき roar; reverberation、この群集群集ぐんしゅう crowd; throngなか midstに二年住んでんで live; resideいたら吾がが one's own; my神経神経しんけい nerves繊維繊維せんい fibersもついにはなべ kettleの中の麩海苔麩海苔ふのり funori (a stringy, glutinous plant)のごとくべとべとべとべと stickyになるだろうとマクス・ノルダウマクス・ノルダウ Max Nordau (1849 – 1923; physician, social critic, and author)退化論退化論たいかろん Degeneration (title of book by Max Nordau, published in 1892)今さらのごとくいまさらのごとく afresh; anew; all the more大真理大真理だいしんり great truthと思うおり times; occasionsさえあった。

しかも I (archaic)他のほかの other日本人日本人にっぽんじん Japanese (people)のごとく紹介状紹介状しょうかいじょう letter of introduction持ってって hold; bear世話になり世話せわになり receive assistanceに行くあて object; goalもなく、また在留在留ざいりゅう residing; living (abroad)旧知旧知きゅうち old friend; long-standing acquaintanceとては無論無論むろん of courseない身の上うえ lot; plight; circumstanceであるから、恐々ながら恐々こわごわながら timidly; nervously一枚一枚いちまい one (sheet)地図地図ちず map案内案内あんない guidanceとして毎日毎日まいにち each day; every day見物のためもしくは用達用達ようたし performing errandsのため出あるかねばならなかったあるかねばならなかった had to venture out; had to go about (on foot)。無論汽車へは乗らないらない not ride; not take馬車馬車ばしゃ horse cartへも乗れない、滅多な滅多めったな ordinary; common交通機関交通こうつう機関きかん public conveyance; public transit利用しよう利用りようしよう make use ofとすると、どこへ連れて行かれるれてかれる be led; be takenか分らない。この広いひろい wide; vast倫敦を蜘蛛手蜘蛛手くもで in all directions (like a spider's limbs)十字十字じゅうじ in the shape of a cross; cruciform往来する往来おうらいする come and go汽車も馬車も電気鉄道電気でんき鉄道てつどう electric railway鋼条鉄道鋼条こうじょう鉄道てつどう cable carも余には何らのなんらの any kind of便宜便宜べんぎ convenience; expedienceをも与えるあたえる give; impart事が出来なかったこと出来できなかった were unable to ...。余はやむを得ないやむをない have no other recourseから四ツ角かど intersection; crossroads出るる come (to); emerge (onto)たびに地図を披いてひらいて spread out; unfold; open up通行人通行人つうこうにん passersby押し返されながらかえされながら being pushed back; being jostledあし feet向くく turn toward; point to方角を定めるさだめる determine。地図で知れぬとき times; occasionsは人に聞くく ask; inquire、人に聞いて知れぬ時は巡査巡査じゅんさ policeman; constable探すさがす search for; seek out、巡査でゆかぬ時はまたほかの人に尋ねるたずねる ask; inquire何人でも何人なんにんでも any number of people; however many people合点の行く合点がてんく understand; make out人に出逢う出逢であう happen upon; encounterまでは捕えてとらえて catch hold of; seize uponは聞き呼び掛けてけて call out to; appeal to; addressは聞く。かくしてかくして thus; in this mannerようやくわがわが my; one's own指定の指定していの designated; specified; appointed place至るいたる reach; arrive atのである。

「塔」を見物したのはあたかもこの方法方法ほうほう method; means依らねばらねば without relying on外出外出がいしゅつ excursion; outingの出来ぬ時代時代じだい times; days; periodの事と思う。来るきたる come; arrive来所来所らいしょ places through which one comesなく去るる go; leave; depart去所去所きょしょ places through which one departsを知らずと云うう say; state; express禅語禅語ぜんご Zen words; Zen sayingめくめく show signs of ...; have the appearance of ...が、余はどのみち course; route; path通ってとおって pass through; traverse「塔」に着したちゃくした arrived (at)かまたいかなるまち street; district; neighborhood横ぎってよこぎって cut through吾家吾家わがや one's own homeに帰ったかいまだに判然しない判然はっきりしない is unclear。どう考えてかんがえて consider; contemplate; ponder思い出せぬおもせぬ can't recall。ただ「塔」を見物しただけはたしかである。「塔」その物そのもの itself光景光景こうけい sight; scene; spectacleは今でもありありとひま eyes浮べるうかべる cause to surface; call to mind事が出来る。まえ before; priorはと問われるわれる be asked困るこまる be at a loss; be stumpedあと afterはと尋ねられても返答返答へんとう answer; replyし得ぬぬ can't manage (to do)。ただ前を忘れわすれ forget後を失したるしっしたる lose中間中間ちゅうかん middle; interim会釈もなく会釈えしゃくもなく unapologetically; without reserve (= 遠慮えんりょ会釈えしゃくもなく)明るいあかるい bright; clean。あたかもやみ darkness裂くく tear; rip稲妻稲妻いなずま flash of lightning; lightning boltまゆ eyebrows落つるつる fall (onto)見えてえて appear消えたるえたる disappear; vanish心地心地ここち feelingがする。倫敦塔は宿世宿世すくせ previous existence (Buddhist term)ゆめ dream; vision焼点焼点しょうてん focal point (= 焦点しょうてん)のようだ。

倫敦塔の歴史歴史れきし history英国英国えいこく Britain; Englandの歴史を煎じ詰めたせんめた boiled down; condensed; reduced to its essenceものである。過去過去かこ past; bygone daysと云う怪しき物あやしきもの mysterious entity; enigma蔽えるおおえる cover; conceal戸帳戸帳とばり curtain自ずとおのずと of its own accord裂けて龕中龕中がんちゅう within a sacred alcove幽光幽光ゆうこう otherworldly light二十世紀二十世紀にじっせいき twentieth centuryうえ top of反射する反射はんしゃする reflect; projectものは倫敦塔である。すべてを葬るほうむる entomb; inter; bury時の流れながれ current; flow逆しまにさかしまに in reverse戻ってもどって turn back; return古代古代こだい ancient times一片一片いっぺん one piece; single fragment現代現代げんだい modern age; modern times漂い来れりただよれり float up; surfaceとも見るべきは倫敦塔である。人の blood、人のにく flesh、人のつみ sins結晶して結晶けっしょうして crystallizeうま horsesくるま cars; carts、汽車の中に取り残されたるのこされたる be left behindは倫敦塔である。

この倫敦塔倫敦塔ロンドンとう The Tower of London塔橋塔橋とうきょう Tower Bridgeうえ top ofからテームス河テームスがわ River Thames隔ててへだてて interpose; have between eyesまえ front of望んだのぞんだ looked out on; facedとき、 I (archaic)いま now; the presentひと person; individualはたはた or古えいにしえ antiquity; ancient timesの人かと思うおもう wonderまでわれ I; me; oneself忘れてわすれて forget余念もなく余念よねんもなく intently; earnestly眺め入ったながった gazed into; fixed one's eyes onふゆ winter初めはじめ beginningとはいいながら物静かな物静ものしずかな quiet; still; calm dayである。そら sky灰汁桶灰汁あくおけ lye barrel掻き交ぜたぜた stirred up; mixed aroundようないろ colorをして低くひくく low; lowering塔の上に垂れ懸ってかかって hang down; droop downいる。壁土壁土かべつち wall clay; plaster溶し込んだとかんだ melted; dissolvedように見ゆるゆる look; seem; appear (= える)テームスの流れながれ currentなみ waves; ripples立てずてず without raising; without stirringおと soundもせず無理矢理に無理矢理むりやりに forcibly; without respite動いてうごいて moveいるかと思わるるおもわるる seems ... (= おもわれる)帆懸舟帆懸舟ほかけぶね sailboat; cutter; sloop一隻一隻いっせき one vessel; single vessel塔のした below; beneath行くく pass through; traverseかぜ wind; breezeなきかわ river sailをあやつるのだから不規則な不規則ふきそくな irregular三角形の三角形さんかくけいの triangular; three-cornered白きしろき whiteつばさ wingがいつまでも同じおなじ the sameところ place; position停っているとまっている be stoppedようである。伝馬伝馬てんま sculling boat (short for 伝馬船てんまぶね)大きいおおきい largeのが二艘二艘にそう two boats上って来るのぼってる move upstream。ただ一人一人ひとり single person船頭船頭せんどう boatmanとも stern立ってって stand oar漕ぐぐ pull on (an oar)、これもほとんど動かない。塔橋の欄干欄干らんかん handrail; balustradeのあたりには白きかげ shape; formちらちらするちらちらする flicker; glimmer; flutter大方大方おおかた probably; likelyかもめ gullであろう。見渡した見渡みわたした looked out across; viewed; surveyedところすべてのもの thingsが静かである。物憂げに物憂ものうげに languorous; weary; listless見える、眠っているねむっている be asleep; be at rest; be dormantみんな all; everything過去過去かこ past感じかんじ feeling; impressionである。そうしてそのなか middle; midst冷然と冷然れいぜんと coldly; with indifference二十世紀二十世紀にじっせいき twentieth century軽蔑する軽蔑けいべつする dismiss; disdainように立っているのが倫敦塔である。汽車汽車きしゃ steam trains走れはしれ run電車電車でんしゃ electric trainsも走れ、いやしくもいやしくも at all; in the least歴史歴史れきし historyの有らん限りらんかぎり as long as there's ...は我のみはかくてかくて thus; in this wayあるべしべし shall; should; must云わぬばかりわぬばかり all but statingに立っている。その偉大なる偉大いだいなる (state of) greatness; grandeurには今さらのように驚かれたおどろかれた was surprised; was impressed。この建築建築けんちく architecture; construction俗にぞくに commonly; by convention塔と称えてとなえて name; designate (as)いるが塔と云うは単にたんに simply; merely名前名前なまえ name; labelのみで実はじつは in fact; in reality幾多の幾多いくたの multiple; numerousやぐら turret; watchtowerから成り立つつ be made up of; be composed of大きな地城地城じしろ castle; strongholdである。並び聳ゆるならそびゆる rise together; stand together櫓には丸きまるき roundもの角張りたる角張かくばりたる square; angularものいろいろの形状形状けいじょう shapeはあるが、いずれも陰気な陰気いんきな dismal; subdued; cheerless灰色灰色はいいろ ashen grayをして前世紀前世紀ぜんせいき centuries past; ancient times紀念紀念きねん remembrance永劫に永劫えいごうに for eternity; for perpetuity伝えんつたえん would convey; would propagate (archaic verb ending)誓えるちかえる swear; vow; pledgeごとく見える。九段九段くだん Kudan (place name)遊就館遊就館ゆうしゅうかん name of military and war museumいし stone造ってつくって make; build; construct二三十二三十にさんじゅう twenty or thirty並べてそうしてそれを虫眼鏡虫眼鏡むしめがね magnifying glass覗いたらのぞいたら view; look at; observeあるいはこの「塔」に似たた resembling; similar (to)ものは出来上りはしまいか出来上できあがりはしまいか might (not) perhaps be produced考えたかんがえた considered; contemplated。余はまだ眺めている。セピヤ色セピヤいろ sepia color水分水分すいぶん water; water contentもってもって by means of飽和したる飽和ほうわしたる saturated空気の中にぼんやり立って眺めている。二十世紀の倫敦がわがこころ heart; mindうち insideから次第に次第しだいに gradually; bit by bit消え去るる fade away; vanishと同時に同時どうじに at the same time as眼前眼前がんぜん before one's eyes塔影塔影とうえい shape of the Tower; contours of the Towerまぼろし illusion; apparition; dreamのごとき過去の歴史を吾が脳裏脳裏のうり one's mind描き出して来るえがしてる sketch out; depict; describeあさ morning起きてきて wake; rise啜るすする sip渋茶渋茶しぶちゃ bitter (green) teaに立つ煙りけむり steam; vapors寝足らぬ寝足ねたらぬ sleep-deprived; drowsyゆめ dream tail曳くく pull on; tug atように感ぜらるる。しばらくすると向う岸むこぎし opposite bankから長いながい long arm出してして put forth余を引張る引張ひっぱる pull; draw inかと怪しまれて来たあやしまれてた began to seem as though ...。今まで佇立して佇立ちょりつして stand still; remain in place身動き身動みうごき movement (of one's body)もしなかった余は急にきゅうに suddenlyかわ river渡ってわたって cross塔に行きたくなったきたくなった wanted to go; was eager to go (to)。長い手はなおなお強くつよく strongly; forcefully余を引くく pull。余はたちまち歩を移してうつして taking steps; moving one's feet塔橋を渡り懸けたわたけた began to cross。長い手はぐいぐい牽くく draw in; reel in。塔橋を渡ってからは一目散に一目散いちもくさんに at full speed; as fast as one can go塔門塔門とうもん Tower gateまで馳せ着けたけた hurried (to)見る間にに before one's eyes; suddenly三万坪三万さんまんつぼ 30,000 tsubo (about 25 acres)に余るあまる in excess of; more than過去の一大一大いちだい single large; great (in size)磁石磁石じしゃく magnet現世現世げんせ modern world; present age浮游する浮游ふゆうする float; wander; driftこの小鉄屑小鉄屑しょうてつくず small scrap of iron吸収しおわった吸収きゅうしゅうしおわった pulled in; attracted; grabbed (completely)。門を入ってはいって enter振り返ったかえった turned round; looked backとき、

うれい sorrow; anguish; affliction (note: this and the following lines are from Dante's "Inferno")くに country; land行かんかん go to; travel to (archaic verb ending)とするものはこのもん gate潜れくぐれ pass through

永劫の永劫えいごうの perpetual; eternal呵責呵責かしゃく pangs of conscience; stings of remorse遭わんわん meet (with)とするものはこの門をくぐれ。

迷惑の迷惑めいわくの troubledひと people; persons伍せんせん rank with; associate withとするものはこの門をくぐれ。

正義正義せいぎ justice; righteousness高きたかき high; nobleしゅ lord; master動かしうごかし move; inspire; set into motion神威神威しんい might of Heavenは、最上智最上智さいじょうち ultimate wisdomは、最初愛最初愛さいしょあい primordial loveは、われを作るつくる make; create

我がが my; one's ownまえ before; priorもの things; material; matterなしただ無窮無窮むきゅう eternity; infinitudeありわれ I; me; oneselfは無窮に忍ぶしのぶ endureものなり。

この門を過ぎんぎん pass throughとするものはいっさいののぞみ wishes; desires; hopes捨てよてよ abandon; discard

という words; versesどこぞどこぞ somewhere; someplace (vague; undetermined)刻んできざんで carve; chisel; engraveはないかと思ったおもった thought; wondered I (archaic)はこのとき timeすでに常態常態じょうたい normalcy失ってうしなって lose; part withいる。

空濠空濠からほり dry moatにかけてある石橋石橋いしばし stone bridge渡って行くわたってく go across; cross over向うむこう other side一つひとつ one (thing)とう towerがある。これは丸形丸形まるがた round-shaped; circular石造石造せきぞう stone construction石油タンク石油せきゆタンク oil tank; oil drumじょう shapeをなしてあたかも巨人巨人きょじん giant門柱門柱もんちゅう gatepostのごとく左右左右さゆう left and right; either side屹立して屹立きつりつして stand tall; soar aboveいる。その中間中間ちゅうかん space between連ねてつらねて join; bridge; connectいる建物建物たてもの building; structureした below; beneathを潜ってむこう other side; opposite side抜けるける pass through (to)中塔中塔ちゅうとう Middle Towerとはこのこと thing; articleである。少しすこし a little; a bit行くと左手左手ひだりて left-hand side鐘塔鐘塔しゅとう Bell Tower峙つそばだつ rise; soar真鉄真鉄まがね ironたて shields黒鉄黒鉄くろがね steelかぶと helmets plains; fields蔽うおおう coverあき autumn; fall陽炎陽炎かげろう heat haze; shimmer of hot airのごとく見えてえて appear; materializeてき enemy; foe遠くとおく the distanceより寄するする draw near; approach知ればれば realize; come to know塔上塔上とうじょう tower topかね bell鳴らすらす ring; sound星黒き星黒ほしくろき star-blackよる night壁上壁上へきじょう battlements; ramparts歩むあゆむ walk; pace哨兵哨兵しょうへい sentriesすき gap; break; weak spotを見て、逃れ出ずるのがずる escape; flee囚人囚人しゅうじん prisonerの、逆しまさかしま upside down; inverted落すおとす drop; cast (down)松明松明たいまつ (pine) torchかげ shadowsよりやみ darkness消ゆるゆる disappear; vanish (= える)ときも塔上の鐘を鳴らす。こころ heart; mind傲れるおごれる be proud市民市民しみん citizens; citizenryの、きみ monarch; ruler; sovereignまつりごと rule; governance fault; flaw; failingなりとてあり antのごとく塔下塔下とうか base of the tower押し寄せてせて march on; close in on犇めき騒ぐひしめきさわぐ clamor loudlyときもまた塔上の鐘を鳴らす。塔上の鐘は事あれば必ずかならず invariably; without fail鳴らす。ある時は無二無二むに earnestlyに鳴らし、ある時は無三無三むさん intentlyに鳴らす。 ancestor; forebear; founder来るきたる come; arrive; appear時は祖を殺してころして kill; put to deathも鳴らし、ぶつ Buddha来る時は仏を殺しても鳴らした。しも frostあした morningゆき snowゆうべ eveningあめ rain; rainfall dayかぜ windの夜を何べんとなくなんべんとなく many times; numerous times鳴らした鐘はいま now; the presentいずこいずこ (to) where; what placeへ行ったものやら、余がこうべ headをあげてつた ivy古りたるりたる grow old; pass the yearsやぐら turret; watchtower見上げた見上みあげた looked up atときは寂然として寂然せきぜんとして lonely; forlorn; desolateすでに百年百年ひゃくねん hundred yearsひびき reverberation; sound収めておさめて store upいる。

また少しすこし a little; a bit行くく go; proceed右手右手みぎて right-hand side逆賊門逆賊門ぎゃくぞくもん Traitor's Gateがある。門のうえ over; aboveには聖タマス塔セントタマスとう St. Thomas's Tower聳えてそびえて rise; soarいる。逆賊門とは名前名前なまえ nameからがすでに恐ろしいおそろしい frightful; dreadful古来から古来こらいから from ancient times; from of old塔中塔中とうちゅう within the Tower生きながらきながら while living; while still alive葬られたるほうむられたる be buried; be interred; be entombed幾千の幾千いくせんの some thousands of罪人罪人ざいにん wrongdoers; offenders; transgressorsみんな allふね boatからこの門まで護送された護送ごそうされた were escorted (under guard)のである。彼らかれら theyが舟を捨てててて leave behind; be done withひとたびこの門を通過する通過つうかする pass throughやいなや娑婆娑婆しゃば this world; this life太陽太陽たいよう sun再びふたたび once more; again彼らを照らさなかったてららさなかった didn't shine onテームステームス Thamesは彼らにとっての三途の川三途さんずかわ Sanzu River (Buddhist equivalent of the River Styx)でこの門は冥府冥府よみ realm of the dead; underworld; hell通ずるつうずる lead to入口入口いりぐち entryway; entranceであった。彼らはなみだ tearsなみ waves揺られてられて be rocked; be swayedこの洞窟洞窟どうくつ cavern; caveのごとく薄暗き薄暗うすぐらき dark; dimアーチアーチ archした below; beneathまで漕ぎつけられるぎつけられる be rowed (to)くち mouth開けてけて openいわし sardine吸うう suck inくじら whale待ち構えてかまえて be waiting; lie in waitいるところ place; locationまで来るる come (to); arrive (at)やいなやキーと軋るきしる creak; grateおと soundと共にともに together with; along with厚樫の厚樫あつがしの thick oaken ...とびら door; gateは彼らと浮世浮世うきよ the (transitory) world光りひかり lightとを長えにとこしえに for eternity; for perpetuity隔てるへだてる separate from; isolate from。彼らはかくしてついに宿命宿命しゅくめい fate; destinyおに oni; demon餌食餌食えじき prey; victimとなる。明日明日あす tomorrow; the following day食われるわれる be eaten明後日明後日あさって day after tomorrow食われるかあるいはまた十年十年じゅうねん ten yearsのち after; laterに食われるか鬼よりほかに知るる knowものはない。この門に横付横付よこづけ coming alongsideにつく舟のなか inside; within坐してして sit; be seatedいる罪人の途中途中とちゅう on the way; en routeこころ heart; mindはどんなであったろう。かい oarsしわるしわる bend; yieldとき time; occasionしずく drop (of water)舟縁舟縁ふなべり side of a boat; gunwale滴たるしたたる drip (onto)時、漕ぐひと person; man hands動くうごく move時ごとに吾がが one's own; myいのち life; lifespan刻まるるきざまるる be counted away (= きざまれる)ように思ったおもった thought; perceivedであろう。白きしろき whiteひげ beardむね chestまで垂れてれて hang; droop; trail寛やかにゆるやかに looselyくろ black法衣法衣ほうえ vestment; priest's robe纏えるまとえる be dressed in; wear人がよろめきながらよろめきながら moving unsteadily舟から上るあがる rise; get up (from)。これは大僧正クランマー大僧正だいそうじょうクランマー Archbishop Cranmer (Thomas Cranmer; 1489–1556)である。青きあおき blue頭巾頭巾ずきん hood; kerchief眉深眉深まぶか low over the eyebrows被りかぶり wear (on one's head)空色の空色そらいろの sky-blueきぬ silkの下に鎖り帷子くさ帷子かたびら chain-mail garmentをつけた立派な立派りっぱな fine; splendidおとこ man; fellowワイアットワイアット Wyatt (Sir Thomas Wyatt; 1521–1554; politician and rebel leader; son of lyric poet of the same name)であろう。これは会釈もなく会釈えしゃくもなく unapologetically; without reserve (= 遠慮えんりょ会釈えしゃくもなく)ふなべり side of a boat; gunwaleから飛び上るあがる jump up; spring up。はなやかな鳥の毛とり bird plumage; featherぼう hat; cap挿してして insert; put into黄金作り黄金こがねづくり made of gold; fashioned from gold太刀太刀たち long sword handle; gripひだり left (side)の手を懸けけ apply; set; restぎん silver留め金がね clasp; fastener; buckleにて飾れるかざれる decorated; adornedくつ shoes爪先爪先つまさき toeを、軽げにかろげに lightly石段石段いしだん stone stepsの上に移すうつす move; shift; transferのはローリーローリー Raleigh (Sir Walter Raleigh; circa 1554–1618; writer, poet, soldier, politician, courtier, spy and explorer)か。 I (archaic)暗きくらき dark; dimアーチの下を覗いてのぞいて look in at; peer向う側むこがわ far side; other sideには石段を洗うあらう wash; cleanse波のひかり light; gleam見えはせぬかえはせぬか can't perhaps be seenくび neck延ばしたばした extended; stretchedみず waterはない。逆賊門とテームス河テームスがわ River Thamesとは堤防堤防ていぼう embankment; levee; weir工事工事こうじ construction竣功竣功しゅんこう completion (of construction work)以来以来いらい since全くまったく utterly; completelyえん affinity; relation; connectionがなくなった。幾多幾多いくた many; numerousの罪人を呑みみ drink in; swallow、幾多の護送船護送船ごそうせん convoy boats吐き出したした spit out; spit back逆賊門は昔しむかし long ago; ancient times名残り名残なごり remains; vestiges; tracesにそのすそ bottom edge; hemを洗う笹波笹波ささなみ ripples (= 小波さざなみ)の音を聞くく hear便り便たより tidings; correspondence; contact失ったうしなった lost。ただ向う側に存するそんする exist; be situated血塔血塔けっとう Bloody Tower壁上壁上かべうえ wall surface大なるおおいなる large; great鉄環鉄環てっかん iron ring下がってがって hang down; dangleいるのみだ。昔しは舟のともづな mooring lineをこのかん ring繋いだつないだ tied; fastenedという。

左りひだり left (side)折れてれて turn (toward)血塔血塔けっとう Bloody Towerもん gate入るはいる enterいま now; the present昔しむかし long ago; ancient times薔薇の乱薔薇しょうびらん War of the Roses (15th century struggle for the throne of England)目に余るあまる countless多くのおおくの manyひと people; persons; individuals幽閉した幽閉ゆうへいした confined; imprisoned; incarceratedのはこのとう towerである。くさ grassのごとく人を薙ぎぎ mow downにわとり chicken; domestic fowlのごとく人を潰しつぶし crush乾鮭乾鮭からさけ dried and salted salmonのごとくしかばね dead bodies; corpses積んだんだ piled up; stacked; accumulatedのはこの塔である。血塔と nameをつけたのも無理無理むり unreasonable; unjustifiedはない。アーチアーチ archした below; beneath交番交番こうばん police boxのようなはこ container; small buildingがあって、その側らかたわら next to; nearby甲形の甲形かぶとがたの helmet-shaped帽子帽子ぼうし hatをつけた兵隊兵隊へいたい soldierじゅう gun; rifle突いていて prop up; thrust out立ってって standいる。すこぶる真面目な真面目まじめな serious; earnestかお face; (facial) expressionをしているが、早くはやく soon当番当番とうばん duty; stint済ましてまして finish; conclude例のれいの usual; familiar酒舗酒舗しゅほ drinking establishment; watering hole; pub一杯一杯いっぱい a drink傾けてかたむけて tilt; tip back一件一件いっけん a certain someoneからかってからかって banter with遊びたいあそびたい have fun; let looseという人相人相にんそう looks; countenance; physiognomyである。塔のかべ wall不規則な不規則ふきそくな irregularいし stones畳み上げてたたげて stack; pile厚くあつく thick造ってつくって build; constructあるから表面表面ひょうめん surface決してけっして by (no) meansなめらか smoothではない。所々に所々ところどころに in placesつた ivyがからんでいる。高いたかい highところ place; positionまど window見えるえる be visible; appear建物建物たてもの building; structure大きいおおきい large; grand; massiveせいか下から見るとはなはだ小さいちいさい small; minuteてつ iron格子格子こうし window barsがはまっているようだ。番兵番兵ばんぺい sentry; guard石像石像せきぞう stone statueのごとく突立ちながら突立つったちながら standing arrow straight腹の中ではらなかで to oneself; in one's inner thoughts情婦情婦じょうふ mistress; lady; loverふざけてふざけて romp; frolicいる傍らにかたわらに beside; nearby I (archaic)まゆ eyebrows攅めあつめ draw together handかざしてかざして hold up (to shade one's eyes)この高窓高窓たかまど high window見上げて見上みあげて look up at佇ずむたたずむ tarry; linger; remain in place。格子を洩れてれて shine through古代の古代こだいの ancient色硝子いろ硝子ガラス colored glass; stained glass微かなるかすかなる faint; dim; weak日影日影ひかげ sunshineさし込んでさしんで flow in; shine inきらきらと反射する反射はんしゃする reflect。やがてけむり smoke; fumesのごときまく curtain開いていて open; part空想空想くうそう daydream; fantasy; fancy舞台舞台ぶたい stage; setting; sceneがありありと見える。窓の内側内側うちがわ inside; interior厚きあつき thick; heavy戸帳戸帳とばり curtain; bunting垂れてれて hang downひる noon; middayほの暗いほのぐらい gloomy; dim。窓に対するたいする be oppose; face壁は漆喰漆喰しっくい plaster; stucco塗らぬらぬ not apply丸裸の丸裸まるはだかの bare; stark; exposed石で隣りのとなりの adjoining; adjacentへや roomとは世界滅却世界せかい滅却めっきゃく destruction of the world; end of days day至るいたる reach; arrive atまで動かぬうごかぬ not budge; not be moved仕切り仕切しきり partition; barrier設けられているもうけられている is established; has been put in place。ただその真中真中まんなか middle六畳六畳ろくじょう six-mat (about 10 sq meters; about 12 sq yards)ばかりの場所場所ばしょ place; space冴えぬえぬ dull; fadedいろ colorタペストリタペストリ tapestry蔽われているおおわれている is covered (with) cloth; fabric納戸色納戸色なんどいろ grayish blue模様模様もよう pattern; design薄き黄うす light yellow; pale yellowで、裸体の裸体らたいの naked; nude女神女神めがみ goddessぞう imageと、像の周囲周囲しゅうい periphery一面一面いちめん whole surface染め抜いたいた dyed-in唐草唐草からくさ arabesque (geometric) patternである。石壁石壁いしかべ stone wallよこ beside; next toには、大きなおおきな large寝台寝台ねだい bed横わるよこたわる lie down; stretch out厚樫厚樫あつがし thick oakしん core; center (usually しん)透れとおれ permeate; penetrate深くふかく deeply刻みつけたるきざみつけたる carved; chiseled; engraved葡萄葡萄ぶどう grapesと、葡萄のつる vineと葡萄の leaves手足手足てあし limbs触るるるる touch; contact (= れる)場所だけ光りひかり light射返す射返いかえす shoot back。この寝台のはじ edge二人二人ふたり two (people)小児小児しょうに young children見えて来たえてた appeared; came into view。一人は十三四十三四じゅうさんし thirteen or fourteen、一人は十歳十歳とお ten (years old)くらいと思われるおもわれる seem (to be)幼なきおさなき youngerほう alternative (of two)とこ bed腰をかけてこしをかけて sit、寝台のはしら pillar; post半ばなかば halfway; partially身を倚たせたせ lean against力なきちからなき listlessly; despondently両足両足りょうあし both feetをぶらりと下げてげて let down; dangleいる。みぎ right (side)ひじ elbowを、傾けたるかたむけたる inclined; tiltedと共にともに together withまえ forward出してして put forth年嵩なる年嵩としかさなる older; elder人のかた shoulder懸けるける set; rest年上なる年上としうえなる older; elder (one)は幼なき人のひざ knees; lapうえ top ofきん goldにて飾れるかざれる decorated; adorned大きな書物書物しょもつ book開げてひろげて open、そのあけてあるページ pageの上に右の手を置くく set; place象牙象牙ぞうげ ivory揉んでんで rub; polish柔かやわらか soft; tenderにしたるごとく美しいうつくしい beautiful; fair手である。二人ともからす crow; ravenつばさ wing; feathers欺くあざむく pass forほどの黒きくろき black上衣上衣うわぎ coat; tunic; jacket着てて wearいるが色が極めてきわめて exceedingly; extremely白いしろい whiteので一段と一段いちだんと all the more目立つ目立めだつ stand outかみ hairの色、 eyesの色、さては眉根鼻付眉根鼻付まゆねはなつき shape of eyebrows and noseから衣装衣装いしょう clothing; dressすえ tips; extremitiesに至るまで両人共両人共ふたりとも bothほとんど同じおなじ the sameように見えるのは兄弟兄弟きょうだい brothersだからであろう。

あに older brother; elder brother優しくやさしく gently; softly清らかなきよらかな clear; pureこえ voiceひざ lap; kneesうえ top ofなる書物書物しょもつ book読むむ read

我がが my; one's own eyesまえ before; in front ofに、わが死ぬぬ die; pass; perishべきおり timeざま manner; way of想い見るおもる consider; reflect onひと person; individualこそさち fortune; happinessあれ。日毎日毎ひごと every day; daily夜毎夜毎よごと every night; nightly死なんなん would die; should die (archaic verb ending)願えねがえ pray; wish。やがてはかみ God; Lord; one's Makerの前に行くく go; appearなるわれ I; me; oneselfなに what恐るるおそるる fear (= おそえる)……」

おとうと younger brother世にに extremely; very much憐れあわれ sorrowful; pitiableなる声にて「アーメンアーメン Amen」と云うう say; utter折からおりから just then; at that moment遠くとおく far off; the distanceより吹くく blow木枯し木枯こがらし cold wintry wind高きたかき tall; highとう tower撼がしてゆるがして shake; rattle; sway一度び一度ひとたび temporarily; for a momentかべ walls落つるつる fall downばかりにゴーと鳴るる ring; reverberate; resound。弟はひたとひたと closely身を寄せてせて draw oneself near兄のかた shoulderかお faceをすりつける。ゆき snowのごとく白いしろい white蒲団蒲団ふとん quilting; bedding一部一部いちぶ one partがほかと膨れ返るふくかえる swell up and fall back。兄はまた読み初めるはじめる begin to read

あさ morningならばよる evening; nightの前に死ぬと思え。夜ならば翌日翌日あす morrow; following dayありと頼むたのむ request; ask forな。覚悟覚悟かくご resolution; readiness; resignationこそこそ indeed尊べとうとべ value; prize見苦しき見苦みぐるしき unsightly; ugly死に様ぞはじ shame; disgrace極みきわみ limit; extremeなる……」

弟また「アーメン」と云う。その声は顫えてふるえて tremble; shake; quiverいる。兄は静かにしずかに quietly; calmlyしょ bookをふせて、かの小さきちいさき smallまど windowかた direction歩みよりてあゆみよりて walk over (to) outside face; surfaceを見ようとする。窓が高くて height; stature足りぬりぬ be insufficient; be lacking床几床几しょうぎ stool持って来てってて bringその上につまだつつまだつ stand on tiptoe百里百里ひゃくり one hundred ri (about 400 km; about 250 miles)をつつむ黒霧黒霧こくむ dark mist; dim hazeおく interior; depthsにぼんやりとふゆ winter sun写るうつる be reflected屠れるほふれる slaughtered; butcheredいぬ dogs生血生血いきち fresh blood; warm bloodにて染め抜いたいた dyed fast; dyed throughようである。兄は「今日今日きょう today; this dayもまたこうして暮れるれる close; come to an endのか」と弟を顧みるかえりみる look back at; turn back toward。弟はただ「寒いさむい cold」と答えるこたえる answer; reply。「いのち lifeさえ助けてたすけて save; spareくるるなら伯父様伯父様おじさま uncleおう king rank; status; place進ぜるしんぜる offer; cedeものを」と兄が独り言ひとごと words spoken to oneselfのようにつぶやく。弟は「母様母様ははさま mother逢いたいいたい want to see; want to be with」とのみ云う。このとき time; moment向うむこう the other side; the far side掛ってかかって be suspended; hangいるタペストリタペストリ tapestry織り出してして brought out by embroideryある女神女神めがみ goddess裸体像裸体像らたいぞう nude imageかぜ draft; breezeもないのに二三度二三度にさんど two or three times; several timesふわりふわりと動くうごく move

忽然忽然こつぜん suddenly舞台舞台ぶたい stage; setting; scene廻るまわる turn; revolve。見ると塔門塔門とうもん tower gateの前に一人一人ひとり one (person)おんな woman黒いくろい black喪服喪服もふく mourning dress着てて wear悄然悄然しょうぜん dispirited; crestfallenとして立ってって standいる。面影面影おもかげ face; visage青白く青白あおじろく pale; pallid窶れてやつれて haggard; gaunt; emaciatedはいるが、どことなく品格のよい品格ひんかくのよい refined; elegant; genteel気高い気高けだかい high-born; noble婦人婦人ふじん ladyである。やがてじょう lockのきしるおと soundがしてぎいととびら door; gate開くく openうち inside; withinから一人のおとこ man出て来てて come out; appear恭しくうやうやしく respectfully; reverently婦人の前に礼をするれいをする bow; salute

逢うう meet; seeこと act; action許されてゆるされて be allowed; be grantedか」とおんな woman問うう ask

いな no」と気の毒そうにどくそうに with a look of pityおとこ man答えるこたえる answer。「逢わせまつらんわせまつらん have (you) see (them); let (you) see (them)と思えどおもえど even if (one) would think to ... (= とおもっても)公けおおやけ formal; officialおきて rules; lawsなればぜひなしと諦めたまえあきらめたまえ please resign (yourself) to; please accept; please understandわたくし I; meなさけ compassion; sympathy売るる sell安きやすき not expensive; not dear due to; because of (archaic)の事にてあれど」と急にきゅうに suddenly口を緘みてくちつぐみて fall silent; hold one's tongueあたりを見渡す見渡みわたす look around; surveyほり moatうち inside; withinからかいつぶりかいつぶり grebe (diving bird)がひょいと浮き上るあがる float up; surface

女はうなじ nape (of the neck)懸けたるけたる is hung (on)きん goldくさり chain解いていて unfasten男に与えてあたえて give; bestow (to)「ただ束の間つか short time; brief moment垣間見ん垣間かいまん would catch a glimpse of (archaic verb ending)とのねがい wish; request; petitionなり。女人女人にょにん woman頼みたのみ request; favor引き受けぬけぬ not accept; reject; denyきみ fellowつれなしつれなし unsympathetic; unkind」と云うう say; state

男は鎖りくさり chain指の先ゆびさき finger tips巻きつけてきつけて wind around思案思案しあん consideration; deliberationてい appearance; airである。かいつぶりはふいと沈むしずむ submerge; go under; diveややありてややありて after a bitいう「牢守り牢守ろうもり prison guard; jailerは牢の掟を破りがたしやぶりがたし is loath to break御子ら御子みこら (your) children変るかわる change; alter事なく、すこやかにすこやかに in good health月日月日つきひ the days; time過させたもうすごさせたもう pass; spend (archaic honorific verb ending)心安く心安こころやすく without worry; assuredおぼ thought; feeling; sense (usually おぼえ)して帰りたまえかえりたまえ please go (back home)」と金の鎖りを押戻す押戻おしもどす push back。女は身動きもせぬ身動みうごきもせぬ doesn't move。鎖ばかりは敷石敷石しきいし paving stonesうえ top of; surface落ちてちて fall (onto)鏘然と鏘然そうぜんと with a metallic sound鳴るる ring; resound

「いかにしても逢う事は叶わずやかなわずや not be granted」と女が尋ねるたずねる ask; inquire

御気の毒なれど御気ごきどくなれど I am sorry」と牢守牢守ろうもり prison guard; jailer云い放つはなつ state with finality; assert

黒きくろき black; darkとう towerかげ shadow; shape; form堅きかたき hard; rigid塔のかべ walls寒きさむき cold; frigid塔のひと people; persons」と云いながら女はさめざめとさめざめと with sorrow; in anguish泣くく weep

舞台舞台ぶたい stage; setting; sceneがまた変る。

たけ height; stature高いたかい tall黒装束黒装束くろしょうぞく black clothesの影が一つひとつ one (thing)中庭中庭なかにわ inner courtyardすみ corner; nook; recessにあらわれる。こけ moss寒き石壁石壁いしかべ stone wallうち inside; withinからスーと抜け出たた slipped out; stole out (from)ように思われたおもわれた seemedよる night; evening; duskきり mist; fogとのさかい border; boundary; dividing line立ってって stand朦朧と朦朧もうろうと in a haze; indistinctlyあたりを見廻す見廻みまわす look around; survey。しばらくすると同じおなじ the same黒装束の影がまた一つかげ shadowsそこ depthsから湧いて出るいてる bubble up from; emerge fromやぐら turret; watchtowerかど corner; edge高くかかるたかくかかる hang high星影星影ほしかげ starlight仰いであおいで look up (to)日は暮れたれた the sun has set; the day is done」と背の高いのたかいの tall oneが云う。「ひる noon; daytime世界世界せかい worldかお face出せぬせぬ can't show」と一人が答える。「人殺し人殺ひとごろし killing of men; murder多くしたおおくした did much of今日今日きょう today; this dayほど寝覚の悪い寝覚ねざめわるい uneasy on one's conscience; unconscionable事はまたとあるまい」と高き影が低いほう one (of the two)向くく turn toward。「タペストリタペストリ tapestryうら back side; behind二人二人ふたり two (people); two of them話しはなし talk; conversation立ち聞きしたきした eavesdropped (on)とき time; occasionは、いっその事いっそのこと rather; preferably止めてめて cease; stop; quit帰ろうかと思うた」と低いのが正直に正直しょうじきに honestly; frankly; candidly云う。「絞めるめる strangle; choke時、はな flowerのようなくちびる lipsがぴりぴりと顫うたふるうた trembled; quivered」「透き通るとおる translucent; pellucidようなひたい foreheads紫色紫色むらさきいろ purple; violetすじ veins; arteries出たた emerged; stood out」「あの唸ったうなった groaned; moanedこえ voicesがまだ耳に付いているみみいている (sound) is stuck in one's ears」。黒い影が再びふたたび once again黒い夜の中に吸い込まれるまれる be pulled in; be drawn into時櫓の上で時計時計とけい clockおと soundががあんと鳴る。

空想空想くうそう daydream; fantasy; fancyは時計の音と共にともに together with破れる。石像石像せきぞう stone statueのごとく立っていた番兵番兵ばんぺい sentry; guardじゅう gun; rifleかた shoulderにしてコトリコトリと敷石の上を歩いてあるいて walk; paceいる。あるきながら一件一件いっけん a certain someone手を組んでんで hand in hand; arm in arm散歩する散歩さんぽする stroll時を夢みてゆめみて dream ofいる。

血塔血塔けっとう Bloody Towerした below; beneath抜けてけて pass throughむこう beyond; the other side出るる come out; emerge奇麗な奇麗きれいな lovely; fair; pleasant広場広場ひろば public square; open space; courtyardがある。その真中真中まんなか middle; center少しすこし a little; a bit高いたかい high; built up。その高いところ place; position白塔白塔はくとう White Towerがある。白塔は塔中塔中とうちゅう within the Towerのもっとも古きふるき old; ancientもので昔しむかし long ago; ancient times天主天主てんしゅ castle tower; keep; donjonである。たて front-to-back二十間二十間にじゅっけん 12 ken (about 22 meters; about 24 yards)よこ breadthwise十八間十八間じゅうはっけん 18 ken (about 33 meters; about 36 yards)高さたかさ height十五間十五間じゅうごけん 15 ken (about 27 meters, about 30 yards)かべ walls厚さあつさ thickness一丈五尺一丈五尺いちじょうごしゃく 1 jō and 5 shaku (about 4.5 meters; about 15 feet)四方四方しほう four directions; four sides角楼角楼すみやぐら corner towers; corner turrets聳えてそびえて rise; soar所々に所々ところどころに in placesノーマン時代ノーマン時代じだい Norman period (1066-1400's)銃眼銃眼じゅうがん embrasure; crenel; loophole (opening for firing from within)さえ見えるえる are visible; can be seen千三百九十九年せん三百さんびゃく九十九きゅうじゅうくねん the year 1399国民国民こくみん citizenry; people三十三カ条三十三さんじゅうさんじょう 33 articles; 33 items fault; flaw; failing挙げてげて raise; citeリチャード二世リチャード二世にせい Richard II譲位譲位じょうい abdicationをせまったのはこの塔中である。僧侶僧侶そうりょ priests; monks貴族貴族きぞく nobles; aristocrats武士武士ぶし warriors法士法士ほうし lawyers; legal counselまえ front of; before立ってって stand; appearかれ he; him天下天下てんか all the land; the entire nation向ってむかって turn to; face譲位を宣告した宣告せんこくした vowed; pronounced; proclaimedのはこの塔中である。そのとき time; occasion譲りゆずり inheritance; bequest受けたるけたる receive; take possession ofヘンリーヘンリー Henry (Henry IV)起ってって rise; stand十字十字じゅうじ crossひたい foreheadむね chest画してして draw out; mark云うう say; state; pronounceちち Father Son聖霊聖霊せいれい Holy Spirit nameによって、我れれ Iヘンリーはこの大英国大英国だいえいこく Kingdom of England王冠王冠おうかん crown; diadem御代御代みよ sovereign reignとを、わが正しきただしき proper; righteous; lawful blood(line); consanguinity恵みめぐみ graceあるかみ God親愛なる親愛しんあいなる dear; belovedとも friends; companionsたすけ assistance; support藉りてりて employ; draw on襲ぎ受くく receive through succession」と。さて先王先王せんおう prior king; preceding king運命運命うんめい destiny; fate何人何人なんびと all; many (people)知るる know; be privy toもの personsがなかった。その死骸死骸しがい body; corpse; remainsポント・フラクト城ポント・フラクトじょう Pontefract Castleより移されてうつされて was transfered; was moved (from)聖ポール寺セントポールでら St. Paul's Cathedral着したちゃくした arrived時、二万二万にまん twenty thousand群集群集ぐんしゅう crowd; gathering; assemblyは彼のしかばね dead body繞ってめぐって surroundその骨立せる骨立こつりつせる emaciated; gaunt面影面影おもかげ face; countenance驚かされたおどろかされた were surprised; were shockedあるいは云うあるいはう some say that ...; according to some ...八人八人はちにん eight people; eight men刺客刺客せっかく assassinsがリチャードを取り巻いたいた surrounded; circled; enclosed時彼は一人一人ひとり one (person) handよりおの axe奪いてうばいて snatch away; take一人を斬りり kill using a blade; cut down二人二人ふたり two (people)倒したたおした knocked down; toppled; subduedされどもされども however; even then thoughエクストンエクストン Exton (name of the lead assassin)背後背後はいご back(side); rearより下せるくだせる bring down; unload onto一撃一撃いちげき one blow; single blowのためについにうらみ ill will; enmity呑んでんで swallow; take in死なれたなれた died; breathed one's lastと。ある者はてん the heavens仰いであおいで look up to云う「あらずあらずあらずあらず not so。リチャードは断食断食だんじき fasting; refusing to eatをして自らとみずからと of one's own volition; by one's own handいのち life root; source; originたたれたたたれた cut; severedのじゃ」と。いずれにしてもありがたくない。帝王帝王ていおう sovereign歴史歴史れきし history悲惨悲惨ひさん tragedy; disaster; misfortuneの歴史である。

階下階下かいか downstairs一室一室いっしつ one roomは昔しオルター・ロリーオルター・ロリー Walter Raleigh (Sir Walter Raleigh; circa 1554–1618; writer, poet, soldier, politician, courtier, spy and explorer)幽囚幽囚ゆうしゅう imprisonmentさい occasion of万国史万国史ばんこくし History of the World (published in 1614)そう draft; manuscript記したしるした wrote; penned所だと云い伝えられてつたえられて is said; is toldいる。彼がエリザ式エリザしき Elizabethan半ズボンはんズボン short pants; breechesきぬ silk靴下靴下くつした socks; stockings膝頭膝頭ひざがしら kneecap結んだむすんだ tied; fastened右足右足みぎあし right leg左りひだり leftうえ top of乗せてせて set on; rest on鵞ペンペン quill penさき tipかみ paperの上へ突いたいた prodded; thrustままくび head; neckを少し傾けてかたむけて tilt; incline考えてかんがえて consider; think; ponderいるところを想像して見た想像そうぞうしてた tried to imagine。しかしその部屋部屋へや roomは見る事が出来なかったこと出来できなかった was not able to

南側南側みなみがわ south sideから入ってはいって enter螺旋状螺旋状らせんじょう helical; spiral-shaped階段階段かいだん staircase; stairs上るのぼる go up; ascendとここに有名な有名ゆうめいな famous; renowned武器武器ぶき weapons; weaponry陳列陳列ちんれつ exhibition; displayじょう area; placeがある。時々時々ときどき sometimes; from time to time; occasionally手を入れるれる touch up; smarten upものと見えてえて appearみんな allぴかぴか光ってひかって shineいる。日本日本にほん Japanにおったとき歴史歴史れきし history小説小説しょうせつ novel; story御目にかかる御目おめにかかる see; catch sight ofだけでいっこう要領を得なかった要領ようりょうなかった seemed not of importance; failed to impressものが一々一々いちいち one by one; each and every one明瞭明瞭めいりょう clear; lucid; evidentになるのははなはだ嬉しいうれしい overjoyed; delighted。しかし嬉しいのは一時の一時いっときの momentary; fleeting; short-livedこと situation; circumstanceいま now; the presentではまるで忘れてわすれて forgetしまったからやはり同じおなじ the same事だ。ただなお記憶記憶きおく memory残ってのこって remainいるのが甲冑甲冑かっちゅう armor and helmets; suits of armorである。その中そのうち among themでも実にじつに truly立派立派りっぱ imposing; prominent; noteworthyだと思ったおもった thought of; regarded (as)のはたしかヘンリー六世ヘンリー六世ろくせい Henry VI着用した着用ちゃくようした woreものと覚えておぼえて rememberいる。全体全体ぜんたい whole; entirety鋼鉄製鋼鉄製こうてつせい fashioned of steel; of steel所々に所々ところどころに in places象嵌象嵌ぞうがん inlay (work); insetsがある。もっとも驚くおどろく be surprised; be impressedのはその偉大偉大いだい grandeurな事である。かかる甲冑を着けたけた put on; woreものは少なくともすくなくとも at least身の丈たけ stature; body height七尺七尺ななしゃく 7 shaku (about 210 cm; about 7 feet)くらいの大男大男おおおとこ giant (man)でなくてはならぬ。 I (archaic)感服して感服かんぷくして be impressed; be filled with admirationこの甲冑を眺めてながめて stare at; gaze atいるとコトリコトリと足音足音あしおと sound of footstepsがして余のそば proximity; vicinity歩いて来るあるいてる walk up (to)ものがある。振り向いていて turn toward見るとビーフ・イータービーフ・イーター Beefeaterである。ビーフ・イーターと云うと始終始終しじゅう continuously; all the timeぎゅう beef (short for 牛肉ぎゅうにく)でも食ってって eatいるひと person; manのように思われるがそんなものではない。かれ he; him倫敦塔倫敦塔ろんどんとう the Tower of London番人番人ばんにん guardである。絹帽絹帽シルクハット silk hat潰したつぶした flattened; crushedような帽子帽子ぼうし hat; headwear被ってかぶって wear (on one's head)美術学校美術びじゅつ学校がっこう fine arts school; art school生徒生徒せいと studentのようなふく clothing纏うてまとうて wrap oneself in; wearいる。太いふとい fat; thickそで sleevesさき tips; ends括ってくくって tie up; fastenこし waistのところをおび belt; sashでしめている。服にも模様模様もよう pattern; designがある。模様は蝦夷人蝦夷人えぞじん Yezo (historical term for non-Yamato peoples in northern Japan); Ainu着るる wear半纏半纏はんてん traditional short winter coatについているようなすこぶる単純の単純たんじゅんの simple; plain直線直線ちょくせん straight lines並べてならべて lay out; set in a row角形角形かくがた rectangle組み合わしたわした put together; arrangedものに過ぎぬぎぬ is nothing more than ...。彼は時としてときとして in some cases; sometimes; on occasionsやり spear; lanceをさえ携えるたずさえる carry事がある。 point; tip短かいみじかい short handle; gripの先に down; plumage; feathers下がったがった hung down; suspended三国志三国志さんごくし Chronicle of the Three Kingdoms (Chinese historical text covering the period 220–280)にでも出そうなそうな looking like it might appear槍をもつ。そのビーフ・イーターの一人一人ひとり one (person)が余の後ろうしろ behind; in back of止まったまった stopped; paused。彼はあまり背の高くないたかくない not tall肥り肉ふとじし plump; rotund; portly白髯白髯しろひげ white whiskers多いおおい many; numerousビーフ・イーターであった。「あなたは日本人日本人にっぽんじん Japanese (person)ではありませんか」と微笑しながら微笑びしょうしながら smiling; grinning尋ねるたずねる ask; inquire。余は現今現今げんこん the present (day or age)英国人英国人えいこくじん Englishmanはなし talk; conversationをしている feeling; senseがしない。彼が三四百年三四百年さんよんひゃくねん three or four hundred yearsむかし long ago; ancient timesからちょっと顔を出したかおした looked in on; made an appearanceかまたは余が急にきゅうに suddenly三四百年の古えいにしえ antiquity; ancient times覗いたのぞいた peeked intoような感じかんじ feeling; sensationがする。余は黙してもくして in silence; without speaking軽くかろく lightlyうなずく。こちらへ来たまえたまえ please come云うう sayから尾いて行くいてく follow after。彼はゆび fingerをもって日本製日本製にほんせい made in Japan古きふるき old; ancient具足具足ぐそく armor; coat of mail指してして point to、見たかと云わぬばかりの眼つきつき look in one's eyes; expressionをする。余はまただまってうなずく。これは蒙古蒙古もうこ Mongoliaよりチャーレス二世チャーレス二世にせい Charles II献上献上けんじょう gift; tributeになったものだとビーフ・イーターが説明説明せつめい explanationをしてくれる。余は三たびたび for the third timeうなずく。

白塔白塔はくとう White Tower出てて leave; exit; quitボーシャン塔ボーシャンとう Beauchamp Tower行くく go (to)途中途中とちゅう en route; on the way分捕の分捕ぶんどりの captured; seized大砲大砲たいほう cannon; artillery並べてならべて line up; set in a rowある。そのまえ front ofところ place; location少しすこし a little; a bitばかり鉄柵鉄柵てつさく iron fence (usually 鉄柵てっさく)囲い込んでかこんで enclose; surroundくさり chain一部一部いちぶ one part; one sectionふだ sign; placard; tag下がってがって hang; be suspendedいる。見るる look仕置場仕置場しおきば execution groundあと remainsとある。二年二年にねん two years三年三年さんねん three years長いながい long; lengthyのは十年十年じゅうねん ten years sun; sunlight通わぬかよわぬ not be in touch with; not frequent地下地下ちか underground暗室暗室あんしつ dark room押し込められためられた was forced intoものが、ある日ある one day突然突然とつぜん suddenly地上地上ちじょう above ground; the surface引き出さるるさるる be pulled out (= される)かと思うおもう think; consider; imagineと地下よりもなお恐しきおそろしき frightening; dreadfulこの場所場所ばしょ placeへただ据えらるるえらるる be set; be placedためであった。久しぶりにひさしぶりに (for the first time) in a long while青天青天せいてん blue skyを見て、やれ嬉しやうれしや happy; gladと思うまもなく、 eyesくらんでくらんで be dazzledもの things; sights; surroundingsいろ colorsさえ定かにはさだかには with clarity眸中眸中ぼうちゅう within one's eyes写らぬうつらぬ not be reflected; not register先にさきに before白きしろき whiteおの axe bladeがひらりと三尺三尺さんじゃく 3 shaku (about 1 meter; about 3 feet)くう space; void切るる cut (through)流れるながれる flow blood生きているきている be aliveうちからすでに冷めたかっためたかった was cold; was cooledであろう。からす raven一疋一疋いっぴき one (animal)下りてりて descendいる。つばさ wingsすくめてすくめて shrug; draw back黒いくろい blackくちばし beakとがらせてとがらせて thrust out sharplyひと a personを見る。百年百年ひゃくねん a hundred years碧血碧血へきけつ blue blood; cold bloodうらみ resentment; malice凝ってって jell; thicken; congeal化鳥化鳥けちょう strange bird; ominous bird姿姿すがた shape; formとなって長くこの不吉な不吉ふきつな sinister; inauspicious ground守るまもる guard; protectような心地心地ここち feeling; senseがする。吹くく blowかぜ wind; breezeにれ elm (tree) treeがざわざわと動くうごく move; stir。見るとえだ branchesうえ top ofにも烏がいる。しばらくするとまた一羽一羽いちわ one (bird)飛んでんで flyくる。どこから来たた came (from)分らぬわからぬ don't know; can't sayそば proximity; next to七つななつ sevenばかりの男の子おとこ boy連れたれた brought with若いわかい youngおんな woman; lady立ってって stand烏を眺めてながめて look at; watch; observeいる。希臘風希臘ギリシャふう in the Greek style; Grecian; Greekはな noseと、たま gem; jewel溶いたいた dissolved; meltedようにうるわしいうるわしい beautiful; lovely eyesと、真白な真白まっしろな pure white頸筋頸筋くびすじ back of the neck; nape形づくるかたちづくる shape; form; give rise to曲線曲線きょくせん curvesうねりうねり undulation; swellとが少からずすくなからず in no small measure I (archaic)こころ heart; soulを動かした。小供小供こども childは女を見上げて見上みあげて look up to; look up atからす ravensが、鴉が」と珍らしそうめずらしそう seemingly fascinated; seemingly intrigued云うう say; pronounce。それから「鴉が寒むそうむそう look coldだから、麺麭麺麭パン breadをやりたい」とねだるねだる pester; plead; entreat。女は静かにしずかに quietly; gently「あの鴉は何にもなんにも (no)thingたべたがっていやしません」と云う。小供は「なぜ」と聞くく ask。女は長いまつげ eyelashesおく interior; inside漾うてただようて floatいるような eyesで鴉を見詰めながら見詰みつめながら watch intently; fix one's eyes on「あの鴉は五羽五羽ごわ five (birds)います」といったぎり小供のとい questionには答えないこたえない not answer; not reply (to)何かなにか something独りでひとりで alone; by oneself考えてかんがえて think about; considerいるかと思わるるくらい澄しているすましている is indifferent; is detached。余はこの女とこの鴉の間にあいだに between何か不思議の不思議ふしぎの curious; strange因縁因縁いんねん connection; tie; bondでもありはせぬかと疑ったうたぐった questioned; suspected; wonderedかれ that personは鴉の気分気分きぶん feeling; moodわが事わがこと one's own affairsのごとくに云い、三羽三羽さんわ three (birds)しか見えぬ鴉を五羽いると断言する断言だんげんする assert; declare。あやしき女を見捨てて見捨みすてて abandon; leave behind余は独りボーシャン塔に入るる enter

倫敦塔倫敦塔ロンドンとう The Tower of London歴史歴史れきし historyボーシャン塔ボーシャンとう Beauchamp Towerの歴史であって、ボーシャン塔の歴史は悲酸悲酸ひさん tragedy; disaster; misfortuneの歴史である。十四世紀十四じゅうよん世紀せいき fourteenth century後半後半こうはん latter halfエドワード三世エドワード三世さんせい Edward III建立建立こんりゅう (act of) building; constructionにかかるこの三層塔三層塔さんそうとう three-story tower一階室一階室いっかいしつ first-floor room入るる enterものはその入るの瞬間瞬間しゅんかん instant; momentにおいて、百代百代ひゃくだい a hundred generations; ages遺恨遺恨いこん ill will; enmity結晶したる結晶けっしょうしたる crystallize; bring together; embody無数の無数むすうの innumerable; countless紀念紀念きねん remembrances周囲周囲しゅうい surroundings壁上壁上へきじょう upon the walls認むるみとむる recognize; noticeであろう。すべてのうらみ resentment; malice、すべてのいきどおり indignation; anger、すべてのうれい grief; anguish悲みかなしみ sadness; sorrowとはこのえん resentment; malice、このふん indignation; anger、このゆう grief; anguish sadness; sorrow極端極端きょくたん extremeより生ずるしょうずる result; arise; come about慰藉慰藉いしゃ consolation; solaceと共にともに together with九十一種九十一種きゅうじゅういっしゅ ninety one kinds; ninety one varieties題辞題辞だいじ epigraphsとなって今になおいまになお all the more so now観るる see; look uponもの personsこころ heart; mind; soul寒からしめてさむからしめて make cold; chillいる。冷やかなるひややかなる cold鉄筆鉄筆てっぴつ pen of steel無情の無情むじょうの unfeeling; heartlessかべ walls彫ってって carve; engraveわが不運不運ふうん misfortune定業定業じょうごう predetermined fate; karmaとを天地天地てんち heaven and earthの間にあいだに between刻みつけたるきざみつけたる carve; chiselひと people; persons; individualsは、過去過去かこ the pastという底なしそこなし bottomlessあな hole; pit葬られてほうむられて be buried空しきむなしき vain; futile文字文字もんじ wordsのみいつまでも娑婆娑婆しゃば this world; this life光りひかり light見るる see彼らかれら they; them強いていて purposely; deliberately自らみずから oneself愚弄する愚弄ぐろうする mock; deride; ridiculeにあらずやと怪しまれるあやしまれる is suspected; is surmised the world反語反語はんご ironyというがある。しろ whiteというてくろ black意味し意味いみし mean; signifyしょう small唱えてとなえて call out; reciteだい large思わしむおもわしむ conjure up thoughts of。すべての反語のうち自ら知らずしてらずして disregard; forget後世後世こうせい posterity; generations to follow残すのこす leave behind (for)反語ほど猛烈なる猛烈もうれつなる intense; spiritedはまたとあるまい。墓碣墓碣ぼけつ gravestone云いい call out; describe (as)紀念碑紀念碑きねんひ stone monumentといい、賞牌賞牌しょうはい medallionと云い、綬賞綬賞じゅしょう cordon (ornamental cord or braid)と云いこれらが存在する存在そんざいする exist限りかぎり given that ...; as long as ...は、空しき物質物質ぶっしつ material objectに、ありし世ありし ages past; bygone ages偲ばしむるしのばしむる bring to mind; call to mind tool; meansとなるに過ぎないぎない is no more than ...。われは去るる go away; pass on、われを伝うるつたうる convey; reportものは残ると思うは、去るわれを傷ましむるいたましむる mourn; lament媒介物媒介物ばいかいぶつ medium; carrier; vehicleの残る meaning; intentionにて、われその者の残る意にあらざるを忘れたるわすれたる forget; fail to consider人の言葉言葉ことば wordsと思う。未来未来みらい the futureの世まで反語を伝えて泡沫の泡沫ほうまつの ephemeral; transient body; flesh嘲るあざける scoff at; deride人のなすこと act; deedと思う。 I (archaic)死ぬぬ die; pass awayとき time; occasion辞世辞世じせい deathbed poem (written during one's final moments)作るつくる make; composeまい。死んだあと after墓碑墓碑ぼひ gravestone建てててて erectもらうまい。にく flesh焼きき burnほね bones powder; dustにして西風西風にしかぜ west wind強くつよく strongly; intensely吹くく blow; gust day大空大空おおぞら vast sky; heavens向ってむかって turn toward撒き散らしてらして scatter; spreadもらおうなどといらざるいらざる excessive; unnecessary取越苦労取越苦労とりこしぐろう needless worry for the futureをする。

題辞題辞だいじ epigraphs書体書体しょたい calligraphic style; style of lettering固よりもとより of course一様一様いちよう uniform; the same; identicalでない。あるものは閑に任せてひままかせて with time at one's disposal叮嚀な叮嚀ていねいな careful; thorough楷書楷書かいしょ block style; formal script用いもちい use; apply、あるものは心急ぎて心急こころいそぎて with hurried spirit口惜し紛れ口惜くやまぎれ highly vexed; overly agitatedがりがりとがりがりと scraping; scrawlingかべ wall掻いていて scratch擲り書きなぐき scribbling彫りつけてりつけて carve; engraveある。またあるものは自家自家じか one's own house紋章紋章もんしょう crest; coat of arms刻み込んできざんで etch; carveそのなか middle; midst古雅な古雅こがな classic; of antiquity文字文字もんじ characters; wordsとどめとどめ set down; fix in place、あるいはたて shield; escutcheonかたち shape; form描いてえがいて draw; depictその内部内部ないぶ inside part; interior読み難きがたき hard to read words残してのこして leave behindいる。書体の異なることなる differ; varyように言語言語げんご languageもまた決してけっして by (no) means一様でない。英語英語えいご Englishはもちろんのこと fact; situation; circumstance以太利語以太利語イタリーご Italian羅甸語羅甸語ラテンご Latinもある。左り側ひだがわ left sideに「我がが myのぞみ hope基督基督キリスト Christにあり」と刻されたこくされた was carved; was engravedのはパスリユパスリユ Paslew (Abbott John Paslew; the last Abbot of Whalley Abbey)という坊様坊様ぼうさま monkの句だ。このパスリユは千五百三十七年せん五百ごひゃく三十七さんじゅうしちねん the year 1537くび head; neck斬られたられた had cut off; had severed。そのかたわら side; besideに JOHAN DECKER と云うう name; call out (as)署名署名しょめい signatureがある。デッカーデッカー Deckerとは何者何者なにもの what sort of person; whoだか分らないわからない don't know; can't say階段階段かいだん staircase; stairs上って行くのぼってく go up; climb; ascend door入口入口いりぐち entranceに T. C. というのがある。これも頭文字頭文字かしらもじ initialsだけで誰やらだれやら who見当がつかぬ見当けんとうがつかぬ have no idea。それから少しすこし a little; a bit離れてはなれて separated; apart大変大変たいへん very much; terribly綿密な綿密めんみつな detailed; thoroughのがある。まずみぎ right (side)はじ edge十字架十字架じゅうじか cross; crucifixを描いて心臓心臓しんぞう heart飾りつけかざりつけ decorate; adorn、そのわき close; nearby (position)骸骨骸骨がいこつ skeletonと紋章を彫り込んでんで carve; engrave (into)ある。少し行くと盾の中にしも below; followingのような句をかき入れたかきれた scribed intoのが目につくにつく catch one's eye; draw one's attention。「運命運命うんめい fate; fortune; destiny空しくむなしく empty; vain; without purposeわれ I; meをして心なきこころなき unfeeling; uncaringかぜ wind訴えしむうったえしむ turn over to; throw toとき time摧けよくだけよ collapse; crumble。わがほし stars悲かれかなしかれ sad; sorrowful、われにつれなかれつれなかれ cold; indifferent; unkind」。つぎ nextには「すべてのひと people; men尊べとうとべ cherish; prize; respect衆生衆生しゅじょう living thingsいつくしめいつくしめ love; hold dearかみ God恐れよおそれよ fearおう the king敬えうやまえ revere; honor」とある。

こんなものを書く人の心のうち inside; withinはどのようであったろうと想像して見る想像そうぞうしてる try to imagine。およそ世の中なか the worldなに what苦しいくるしい painful; agonizingと云って所在のない所在しょざいのない idled; with nothing to doほどの苦しみはない。意識意識いしき consciousness内容内容ないよう content; substance変化変化へんか change; variationのないほどの苦しみはない。使える使つかえる can use; have at one's disposal身体身体からだ body; one's person eyes見えぬえぬ not visible; unseenなわ ropes; cords縛られてしばられて be tied動きうごき movementのとれぬほどの苦しみはない。生きるきる live; be aliveというは活動して活動かつどうして take action; engage in activityいるという事であるに、生きながらこの活動を抑えらるるおさえらるる have held down; have put in check (= おさえられる)のはせい life; livingという意味意味いみ meaning; significance奪われたるうばわれたる be robbed; be deprived (of)同じおなじ the same事で、その奪われたを自覚する自覚じかくする recognize; be aware ofだけが deathよりも一層一層いっそう much more; all the more苦痛苦痛くつう pain; agonyである。この壁の周囲周囲しゅうい perimeter; circumferenceをかくまでに塗抹した塗抹とまつした coated; covered人々人々ひとびと people; folkみんな allこの死よりも辛いつらい hard; bitter; difficult苦痛を甞めためた tasted; experiencedのである。忍ばるるしのばるる can be borne; can be endured限りかぎり extent; limit堪えらるるえらるる can be withstood限りはこの苦痛と戦ったたたかった fought; struggledすえ end; extremityいても起ってもたまらなくなったいてもってもたまらなくなった could no longer contain themselves; could no longer stay still時、始めてはじめて only then; finallyくぎ nailおれ bent or broken piece鋭どきするどき sharpつめ fingernail利用して利用りようして use; apply無事無事ぶじ quiet; secure; capableの内に仕事仕事しごと work; task求めもとめ desire; seek太平太平たいへい (left in) peaceの裏にうちに while ...; under ...不平不平ふへい discontent洩らしらし let loose with; release平地平地へいち level ground; flat surfaceうえ top of波瀾波瀾はらん troublesを画いたものであろう。彼らかれら they題せるだいせる give title to一字一字いちじ single character; single letter一画一画いっかく single stroke; single markは、号泣号泣ごうきゅう lamentation; wailing涕涙涕涙ているい tearsその他その other (than that)すべて自然自然しぜん nature許すゆるす allow; permit限りの排悶的排悶的はいもんてき cathartic手段手段しゅだん measures; means尽したるつくしたる exhausted; used upのち afterなお飽くく tire; lose interest事を知らざるらざる not know本能本能ほんのう instinct要求要求ようきゅう demand余儀なくせられたる余儀よぎなくせられたる be compelled結果結果けっか result; consequenceであろう。

また想像して見る想像そうぞうしてる try imagining生れて来たうまれてた was born into以上以上いじょう given that ...は、生きねばならぬきねばならぬ have to liveあえてあえて deliberately; intentionally death怖るるおそるる fear; be afraid of (おそれる)とは云わずわず not saying; without voicing、ただ生きねばならぬ。生きねばならぬと云うは耶蘇孔子耶蘇ヤソ孔子こうし Christ or Confucius以前以前いぜん before; prior toみち way; pathで、また耶蘇孔子以後以後いご afterの道である。何のなんの (no) sort of; (no) form of理窟理窟りくつ theory; reason入らぬらぬ is not needed; is not required、ただ生きたいから生きねばならぬのである。すべてのひと people; menは生きねばならぬ。このごく jail; prison繋がれたるつながれたる fastened; restrained人もまたこの大道大道だいどう great path; supreme way従ってしたがって follow; adhere to生きねばならなかった。同時に同時どうじに at the same time彼らかれら they; themは死ぬべき運命運命うんめい fate; destiny眼前眼前がんぜん before one's eyes控えてひかえて be in preparation for; be in waiting forおった。いかにせば生き延びらるるびらるる can survive; can stay aliveだろうかとは時々刻々時々刻々じじこっこく from moment to moment彼らの胸裏胸裏きょうり one's heart; one's mind起るおこる arise; come about疑問疑問ぎもん question; problemであった。ひとたびこのへや room入るる enterものは必ずかならず invariably; without exception死ぬ。生きて天日天日てんじつ sun; sunlight再びふたたび again; once again見たた saw; looked onものは千人千人せんにん a thousand people一人一人ひとり one personしかない。彼らは遅かれ早かれおそかれはやかれ sooner or later死なねばならぬ。されどされど even so; be that as it may古今古今こんご past and present; all times亘るわたる cross; cover; span大真理大真理だいしんり great truthは彼らに誨えておしえて instruct; direct生きよと云う、飽くまでもくまでも to the last; come what might生きよと云う。彼らはやむをえず彼らのつめ fingernails; nails磨いだいだ sharpened尖がれるがれる sharpened; honed爪のさき tipsをもって堅きかたき hardかべ wallsうえ top; surfaceいち a single line書いたいた wrote; scribed。一をかけるのち afterも真理は古えいにしえ antiquity; ancient timesのごとく生きよと囁くささやく whisper; murmur、飽くまでも生きよと囁く。彼らは剥がれたるがれたる peeled off; stripped off爪の癒ゆるゆる heal; recover待ってって wait for再び a second lineとかいた。おの axe bladeにく flesh飛びび flyほね bones摧けるくだける be broken; be crushed明日明日あす near future; day to come予期した予期よきした anticipated彼らは冷やかなるひややかなる cold; cool壁の上にただ一となり二となりせん linesとなり lettersとなって生きんきん live (archaic verb ending)願ったねがった wished; desired。壁の上に残るのこる be left behind; remain横縦の横縦よこたての lengthwise and crosswiseきず marksせい life欲するよくする want; desire執着執着しゅうじゃく  tenacity; obsession魂魄魂魄こんぱく soul; spirit; embodiment; essenceである。 I (archaic)が想像のいと threadをここまでたぐってたぐって reel in; draw on来たとき time; moment室内室内しつない within the room冷気冷気れいき cold air一度に一度いちどに all at once back毛穴毛穴けあな pores (of the skin)から bodyうち inside; within吹き込むむ blow into; breathe intoような感じかんじ feelingがして覚えずおぼえず unwittingly; in spite of oneselfぞっとしたぞっとした shuddered。そう思って見るおもってる think about; give thought to; become aware ofと何だか壁が湿っぽい湿しめっぽい damp; humid; wet指先指先ゆびさき fingertips撫でてでて run one's fingers over; brush; graze見るとぬらりとつゆ dew; condensationにすべる。指先を見ると真赤真赤まっか bright red; deep redだ。壁のすみ cornersからぽたりぽたりとぽたりぽたりと in drips; drop by drop露のたま beads; droplets垂れるれる drip; trickleゆか floorの上を見るとその滴りしたたり dripping; trickleあと traces; marks鮮やかなあざやかな vivant; vibrant紅いくれない deep red; crimsonもん figures; patterns不規則に不規則ふきそくに irregularly連ねるつらねる line up; string together十六世紀十六じゅうろく世紀せいき sixteenth century bloodにじみ出したにじみした seeped out; seeped forthと思う。壁のおく interiorほう directionから唸り声うなごえ groans; moansさえ聞えるきこえる can be heard; are audible。唸り声がだんだんと近くなるちかくなる draw closerとそれが the night洩るるるる leak out of; escape from凄いすごい terrible; dreadfulうた song変化する変化へんかする change; transform (into)。ここは地面地面じめん groundした below; beneath通ずるつうずる pass; run (through)穴倉穴倉あなぐら cellar; cryptでその内には人が二人二人ふたり two (people)いる。おに oni; demonsくに country; land; kingdomから吹き上げるげる blow up (from)かぜ wind; breeze; draftいし stoneの壁の破れ目 cracks; crevicesを通って小やかなささやかな meager; modestカンテラカンテラ lantern (esp. handheld oil lamp)煽るあおる fan (a flame)からたださえたださえ already; even under normal circumstances暗いくらい dark室の天井天井てんじょう ceiling四隅四隅よすみ four corners煤色の煤色すすいろの sooty (in color)油煙油煙ゆえん lamp smoke渦巻いて渦巻うずまいて whirl; swirl動いてうごいて move; be in motionいるように見える。幽かにかすかに dimly; faintly聞えた歌の sound窖中窖中こうちゅう within the cellarにいる一人のこえ voiceに相違ない相違そういない is no doubt ...。歌のぬし owner; masterうで (sleeves of one's) arm高くたかく highまくってまくって turn up; roll up大きなおおきな large斧を轆轤轆轤ろくろ trunnion wheel; treadle wheel砥石砥石といし whetstone; grindstoneにかけて一生懸命に一生懸命いっしょうけんめいに with utmost effort; intently磨いでいる。そのそば proximity; nearbyには一挺一挺いっちょう one (long narrow object)の斧が抛げ出してして throw down; toss asideあるが、風の具合具合ぐあい condition; stateでその白いしろい white刃がぴかりぴかりと光るひかる shine; glistenこと case; instanceがある。他のほかの other一人は腕組をしたまま腕組うでぐみをしたまま with arms crossed立ってって stand whetstone; grindstone転るまわる turn; spinのを見ている。ひげ beardなか inside; withinからかお face出てて appear; emergeいてその半面半面はんめん half face; face in profileをカンテラが照らすらす shine on; illuminate。照らされた部分部分ぶぶん part; portionどろ dirt; mudだらけの人参人参にんじん carrotのようないろ colorに見える。「こう毎日毎日まいにち each day; dailyのようにふね boatから送って来ておくってて be sent (by)は、首斬り首斬くびきり head cutting; beheadingやく post; position; work繁昌繁昌はんじょう prosperous; thrivingだのう」と髯がいう。「そうさ、斧を磨ぐだけでも骨が折れるほねれる is hard work; requires great effortわ」と歌の主が答えるこたえる answer; reply。これは背の低いひくい short (in stature) eyes凹んだくぼんだ sunken煤色の男である。「昨日昨日きのう yesterday美しいうつくしい beautifulのをやったなあ」と髯が惜しそうしそう regrettinglyにいう。「いや顔は美しいがくび neckの骨は馬鹿に馬鹿ばかに ridiculously, absurdly堅いかたい hard; toughおんな womanだった。御蔭で御蔭おかげで due to; thanks toこの通りこのとおり as you can see刃が一分一分いちぶ one partばかりかけた」とやけにやけに with abandon轆轤を転ばすころばす set to spinning、シュシュシュと鳴るる ring outあいだ interval; periodから火花火花ひばな sparksがピチピチと出る。磨ぎ手 sharpenerは声を張り揚げてげて raise (one's voice)歌い出す。

切れぬれぬ can't cutはずだよおんな womanくび neckこい (romantic) love恨みうらみ resentment; grudge; bitterness blade折れるれる break; fracture

シュシュシュと鳴るる ring outおと soundのほかには聴えるきこえる be audible; be heardものもない。カンテラカンテラ lantern (esp. handheld oil lamp)光りひかり lightかぜ wind; breeze; draft煽られてあおられて be fanned磨ぎ手 sharpenerみぎ right (side)ほう cheek射るる hit (with light)すす sootうえ top ofしゅ cinnabar; vermillion流したながした poured (over)ようだ。「あすは誰のだれの whoseばん turnかな」とややありてややありて after a bit髯 beard (refering here to the man with the beard)質問する質問しつもんする ask; question。「あすは例のれいの that ...婆様婆様ばあさま old womanの番さ」と平気に平気へいきに cooly; without concern答えるこたえる answer; reply

生えるえる grow; spring up白髪白髪しらが gray hair浮気浮気うわき affair; fooling around染めるめる dye; colorほね bones斬られりゃられりゃ slice; cut (off) bloodが染める。

高調子高調子たかぢょうし in high spirits; with great vigor歌ううたう sing。シュシュシュと轆轤轆轤ろくろ trunnion wheel; treadle wheel回わるわる turn; spin、ピチピチと火花火花ひばな sparks出るる appear; emerge。「アハハハもう善かろうかろう should be good; oughta do it」とおの axe振り翳してかざして brandish; wield灯影灯影ほかげ flickering flame; dancing firelightに刃を見るる look at; regard。「婆様ぎりか、ほかに誰もいないか」と髯がまたとい questionをかける。「それから例のがやられる」「気の毒などくな (that's) unfortunate; regrettable、もうやるか、可愛相に可愛相かわいそうに such a pity; the poor thingのう」といえば、「気の毒じゃが仕方がない仕方しかたがない can't be helpedわ」と真黒な真黒まっくろな pitch black天井天井てんじょう ceilingを見て嘯くうそぶく shoot back (with)

たちまちあな cellar首斬り首斬くびきり executionersもカンテラも一度に一度いちどに all at once消えてえて dissapear; fade away I (archaic)ボーシャン塔ボーシャンとう Beauchamp Tower真中真中まんなか middle茫然と茫然ぼうぜんと dumbfounded; in a daze佇んでいるたたずんでいる am standing (still)。ふと気がついてがついて come to oneself見るとそば proximity; next to先刻先刻さっき a while ago; beforeからす ravens麺麭麺麭パン breadをやりたいと云ったった said男の子おとこ boy立ってって standいる。例の怪しいあやしい strange; dubious女ももとのごとくついている。男の子がかべ wallsを見て「あそこにいぬ dogsがかいてある」と驚いたおどろいた surprisedように云う。女は例のごとく過去過去かこ the past権化権化ごんげ embodiment; personificationと云うべきほどの屹としたきっとした sure; certain口調口調くちょう tone (of voice)で「犬ではありません。左りひだり left (side)くま bear、右が獅子獅子しし lionでこれはダッドレー家ダッドレー House of Dudley紋章紋章もんしょう coat of arms; crestです」と答える。実のところじつのところ truth be told余も犬かぶた pigs; boarsだと思っておもって thoughtいたのであるから、いま nowこの女の説明説明せつめい explanation; description聞いていて listen to; hearますます不思議な不思議ふしぎな curious; mysterious女だと思う。そう云えば今ダッドレーと云ったときその言葉言葉ことば wordうち inside; within何となくなんとなく somehow; seeminglyちから force; stress籠ってこもって be included in; be held in、あたかも己れのおのれの one's own家名家名かめい family name; house nameでも名乗った名乗なのった gave one's name; identified oneself (as)ごとくに感ぜらるるかんぜらるる is felt that (= かんぜられる)。余は息を凝らしていきらして with bated breath両人両人ふたり both people; both of them注視する注視ちゅういする watch; observe。女はなお説明をつづける。「この紋章を刻んだきざんだ carved; engravedひと personジョン・ダッドレージョン・ダッドレー John Dudley (2nd Earl of Warwick; 1527 – 1554)です」あたかもジョンは自分の自分じぶんの one's own兄弟兄弟きょうだい brotherのごとき語調語調ごだい tone (of voice); intonationである。「ジョンには四人四人よにん four (people)の兄弟があって、その兄弟が、熊と獅子の周囲周囲まわり periphery; borderに刻みつけられてある草花草花くさばな flowersでちゃんと分りますわかります know; can tell」見るとなるほど四通りの四通よとおりの four types ofはな flowerだか leafだかが油絵油絵あぶらえ oil paintingわく frameのように熊と獅子を取り巻いていて surround; enclose彫ってって carve; etchある。「ここにあるのは Acorns でこれは Ambrose の事こと about; concerningです。こちらにあるのが Rose で Robert を代表する代表だいひょうする representのです。した below; beneathほう direction忍冬忍冬にんどう honeysuckle描いていて drawありましょう。忍冬は Honeysuckle だから Henry に当るあたる correspond toのです。左りの上に塊ってかたまって gather; clusterいるのが Geranium でこれは G……」と云ったぎり黙っているだまっている be silent。見ると珊瑚珊瑚さんご coralのようなくちびる lips電気電気でんき electricityでも懸けたけた appliedかと思われるまでにぶるぶるとぶるぶると trembling; quivering顫えてふるえて shake; quaverいる。まむし pit viperねずみ mouse向ったむかった faced; confrontedときのした tongueさき tipのごとくだ。しばらくすると女はこの紋章の下に書きつけてある題辞題辞だいじ epigraph朗らかにほがらかに brightly; clearly誦したじゅした recited; read aloud

Yow that the beasts do wel behold and se,

May deme with ease wherefore here made they be

Withe borders wherein ……………………………………

4 brothers' names who list to serche the grovnd.

おんな womanはこの passages; verses生れてからうまれてから from birth今日今日きょう today; this dayまで毎日毎日まいにち every day; each day日課日課にっか daily routineとして暗誦した暗誦あんしょうした recited from memoryように一種の一種いっしゅの a certain kind of口調口調くちょう tone (of voice)をもって誦し了ったじゅおわった read through to the end実を云うとじつうと to tell the truth; in all honestyかべ wallにある letters; wordsははなはだ見悪い見悪みにくい difficult to make out I (archaic)のごときものはくび head; neck捻ってひねって twist; turn一字一字いちじ a single word読めそうめそう can manage to readにない。余はますますこの女を怪しくあやしく strange; dubious思うおもう think of; regard (as)

気味が悪くなった気味きみわるくなった had become ill at ease; had grown uncomfortableから通り過ぎてとおぎて pass byさき ahead抜けるける pass through銃眼銃眼じゅうがん embrasure; crenel; loophole (opening for firing from within)のあるかど corner出るる emerge; appear滅茶苦茶に滅茶苦茶めちゃくちゃに recklessly; in disorder書き綴られたつづられた written en masse模様模様もよう pattern; designだか文字文字もんじ lettersだか分らないわからない can't discern; can't tellなか middle; midstに、正しきただしき correctly; properly; neatlyかく strokes; marksで、小くちいさく in small formジェーンジェーン Jane」と書いてある。余は覚えずおぼえず unwittingly; in spite of oneselfそのまえ front of立留まった立留たちどまった came to a stop英国英国えいこく England歴史歴史れきし historyを読んだものでジェーン・グレージェーン・グレー Jane Grey name知らぬらぬ not know; not be familiar withもの personはあるまい。またその薄命薄命はくめい misfortune; sad fate無残の無残むざんの cruel; tragic最後最後さいご ending; finish同情同情どうじょう sympathy; compassionなみだ tears濺がぬそそがぬ not shed (tears)者はあるまい。ジェーンは義父義父ぎふ father-in-law所天所天おっと husband野心野心やしん ambitionのために十八年十八じゅうはちねん eighteen years春秋春秋しゅんじゅう months and years; seasons罪なくしてつみなくして without fault惜気もなく惜気おしげもなく ungrudgingly; free of spite刑場に売った刑場けいじょうった was taken to (her) place of execution蹂み躙られたるにじられたる trampled underfoot薔薇薔薇ばら roseしべ pistil (of a flower)より消え難きがたき hard to extinguish; ever-lingering scent; fragrance遠く立ちてとおちて stand off in the distance、今に至るいたる reach; arrive atまで history繙くひもとく peruse; work through者をゆかしがらせるゆかしがらせる charm; draw praise希臘語希臘ギリシャ Greek (language)解しかいし understand; appreciateプレートープレートー Platoを読んで一代一代いちだい generation; lifetime碩学碩学せきがく great scholar; man of eruditionアスカムアスカム Roger Ascham (1515 – 1568; English scholar and didactic writer)をして舌を捲かしめたるしたかしめたる left stupefied; confounded逸事逸事いつじ anecdoteは、この詩趣ある詩趣ししゅある poetical人物人物じんぶつ figure; personage想見する想見そうけんする see in one's mind's eye; picture; conjure up好材料好材料こうざいりょう good material; useful referenceとして何人何人なんびと any number of people脳裏脳裏のうり one's mindにも保存せらるる保存ほぞんせらるる be stored; be tucked away (= 保存ほぞんせられる)であろう。余はジェーンの名の前に立留ったぎり動かないうごかない not move; remain fixed。動かないと云うよりむしろ動けない。空想空想くうそう daydream; fantasy; fancyまく curtainはすでにあいている。

はじめ initially; at first両方の両方りょうほうの both eyes霞んでかすんで go cloudy; grow dimもの things; surroundings見えなくなるえなくなる disappear from view。やがて暗いくらい dark; dimなか middle; midst一点一点いってん single pointにパッと flame点ぜられるてんぜられる be lit。その火が次第次第に次第しだい次第しだいに bit by bit; gradually大きくなっておおきくなって grow larger; expandうち middle; midstひと people動いているうごいている be in motionような心持ち心持こころもち feeling; senseがする。つぎ nextにそれがだんだん明るくなってあかるくなって grow brighter; ちょうど双眼鏡双眼鏡そうがんきょう binoculars; field glasses degree; extent; scale合せるあわせる set; adjustように判然と判然はんぜんと clearly; distinctly眼に映じて来るえいじてる (come to) be reflected in。次にその景色景色けしき sceneがだんだん大きくなって遠方遠方えんぽう far away; the distanceから近づいて来るちかづいてる draws near気がついてがついて come to oneself; regain one's perspective見るる see; observe真中真中まんなか center; middle若いわかい youngおんな woman坐ってすわって sit; be seatedいる、みぎ right (side)はじ edgeにはおとこ man立っているっている is standingようだ。両方共両方共りょうほうとも the two; bothどこかで見たようだなと考えるかんがえる consider; thinkうち、瞬たくまにまたたくまに in the blink of an eye; in an instantズッと近づいて I (archaic)から五六間五六間ごろっけん 5 or 6 ken (about 10 meters; about 12 yards)さき ahead; in frontはたとはたと suddenly; sharply停るとまる halt; stop。男は前にまえに before; prior穴倉穴倉あなぐら cellar; cryptうち inside; withinうた songをうたっていた、眼の凹んだくぼんだ sunken煤色煤色すすいろ sooty (in color)をした、背の低いひくい short (in stature)やつ chap; fellowだ。磨ぎすましたぎすました ground to a teeおの axe左手左手ゆんで left hand突いていて prop oneself (on)こし waist; hips八寸八寸はっすん 8 sun (about 25 cm; about 10 inches)ほどの短刀短刀たんとう short sword; daggerぶら下げてぶらげて hang; suspend; dangle身構えて身構みがまえて hold oneself at the ready立っている。余は覚えずおぼえず unwittingly; in spite of oneselfギョッとする。女は白きしろき white手巾手巾ハンケチ handkerchief; hand linen目隠し目隠めかくし blindfoldをして両の手りょう both handsくび neck載せるせる set on; rest onだい pedestal; stand; block探すさがす search for; seekような風情風情ふぜい appearanceに見える。首を載せる台は日本日本にっぽん Japan薪割台薪割台まきわりだい wood-chopping block; wood-splitting blockぐらいの大きさで前にてつ ironかん ring着いているいている is attached。台の前部前部ぜんぶ front part; foreわら straw散らしてらして scatter; spreadあるのは流れるながれる flow; stream; pour out blood防ぐふせぐ guard against; protect against要慎要慎ようじん care; precautionと見えた。背後背後はいご background; backdropかべ wallにもたれて二三人二三人にさんにん two or three (people)の女が泣き崩れてくずれて break down into tearsいる、侍女侍女じじょ lady in waiting; attendantででもあろうか。白い毛裏毛裏けうら fur lining折り返したかえした turned up; folded back法衣法衣ほうえ vestment; priest's robeすそ hems; shirttails長く引くながく wear long; trail坊さんぼうさん priestが、うつ向いてうついて looking down女の手を台の方角方角ほうがく direction導いてみちびいて guide; directやる。女はゆき snowのごとく白いふく clothing; dressを着けて、かた shoulderにあまる金色金色こんじき golden (color)かみ hair; locks時々時々ときどき at timesくも cloudのように揺らすらす shake; sway。ふとそのかお faceを見ると驚いたおどろいた was surprised。眼こそ見えね、まゆ eyebrowsかたち shape; form細きほそき slender; fineおもて faceなよやかなるなよやかなる supple; pliantくび neck辺りあたり areaいたる arrive at; reachまで、先刻先刻さっき previously; prior見た女そのままである。思わずおもわず reflexively; instinctively馳け寄ろうろう rush closerとしたがあし legs縮んでちぢんで crumple; shrivel一歩一歩いっぽ one step; a single stepも前へ出るる move forward事が出来ぬこと出来できぬ am unable to ...; am incapable of ...。女はようやく首斬り台首斬くびきだい beheading block; execution block探り当ててさぐてて manage to find両の手をかける。くちびる lipsむずむずとむずむずと anxiously; nervously動く。最前最前さいぜん just now; a short time ago男の子おとこ boyダッドレーダッドレー Dudley紋章紋章もんしょう coat of arms; crest説明した説明せつめいした explained; desccribedとき time; occasion寸分違わぬ寸分すんぶんたがわぬ exactly the same; identical。やがて首を少しすこし a little; a bit傾けてかたむけて tilt; incline「わがおっと husbandギルドフォード・ダッドレーギルドフォード・ダッドレー Guildford Dudleyはすでに神の国かみくに kingdom of God行ってって gone (to)か」と聞くく ask; inquire。肩を揺り越したした swayed over; swung past一握り一握ひとにぎり one handful; one bunchの髪が軽くかろく lightlyうねりうねり undulation打つつ beat; strike。坊さんは「知り申さぬもうさぬ cannot say」と答えてこたえて answer「まだ真とのまことの true; honest; rightみち way; path入りたもうはいりたもう enterこころ heart; mindはなきか」と問うう ask。女屹としてきっとして firmly「まこととはわれ I; me吾夫わがおっと my husband信ずるしんずる believe道をこそ言ええ speak (of)御身達御身達おんみたち youの道は迷いまよい delusion; doubtの道、誤りあやまり mistake; errorの道よ」と返すかえす return; respond。坊さんは何にもなんにも (no)thing言わずにいる。女はやや落ちついたちついた relaxed; composed調子調子ちょうし mannerで「吾夫が先なら追いつこういつこう followあと afterならば誘うて行こうさそうてこう invite; beckon正しきただしき correct; proper; righteous神の国に、正しき道を踏んで行こうんでこう traverse; travel」と云い終っておわって finish one's say; conclude落つるがごとくつるがごとく as if falling首を台のうえ top of投げかけるげかける throw over。眼の凹んだ、煤色の、背の低い首斬り役首斬くびきやく executioner重た気におもに with heavy spirit斧をエイと取り直すなおす re-grip; take back up。余の洋袴洋袴ズボン pants; trousersひざ knees and thighs二三点二三点にさんてん several drops; some dropsの血が迸しるほとばしる spurt; spout思ったらおもったら thought、すべての光景光景こうけい scene; sight忽然と忽然こつぜんと suddenly; at once消え失せたせた faded away

あたりを見廻わす見廻みまわす look around at; survey男の子おとこ boy連れたれた brought withおんな woman; ladyはどこへ行ったった went (to)かげ shadow; traceさえ見えない。きつね fox化かされたかされた was bewitched; was deceived; was befooledようなかお face; (facial) expressionをして茫然と茫然ぼうぜんと blankly; vacantlyとう Tower出るる depart from; leave帰り道かえみち way home; returnにまた鐘塔鐘塔しゅとう Bell Towerした below; beneath通ったらとおったら pass through高いたかい highまど windowからガイフォークスガイフォークス Guy Fawkes (1570 – 1606; involved in the failed Gunpowder Plot of 1605)稲妻稲妻いなずま lightning boltのような顔をちょっと出したした revealed; showed。「いま now; just now一時間一時間いちじかん one hour早かったらはやかったら sooner; earlier……。この三本三本さんぼん three (slender objects)マッチマッチ matches役に立たなかったやくたなかった were of no use; served no purposeのは実にじつに truly; indeed残念残念ざんねん regretful; a disappointmentである」と云うう say; relateこえ voiceさえ聞えたきこえた heard; could hear自分ながら自分じぶんながら even of oneself少々少々しょうしょう somewhat; a little mind; moodへん odd; strange; out of sortsだと思っておもって thinkそこそこにそこそこに hurriedly; in a rush塔を出る。塔橋塔橋とうきょう Tower Bridge渡ってわたって cross後ろうしろ rear; behind顧みたらかえりみたら look back at北のきたの northernくに country; landれい (typical) instance; exampleかこの dayもいつのまにやらあめ rainとなっていた。糠粒糠粒ぬかつぶ rice bran grains針の目はり eye of a needleからこぼすような細かいこまかい fine; small; minuteのが満都満都まんと everywhere in the capital; across the capital紅塵紅塵こうじん the dust of a busy city煤煙煤煙ばいえん dirty smoke; soot and smoke溶かしてかして melt; dissolve濛々と濛々もうもうと vaguely; dimly天地天地てんち heaven and earth鎖すとざす close; fasten; lock togetherうち middle; midst地獄地獄じごく hellの影のようにぬっとぬっと suddenly; abruptly見上げられた見上みあげられた looked up toのは倫敦塔倫敦塔ロンドンとう The Tower of Londonであった。

無我夢中に無我夢中むがむちゅうに lost in one's thoughts; in a dream宿宿やど lodgings着いていて reach; arrive (at)主人主人しゅじん master (of the house); landlord今日今日きょう todayは塔を見物して来た見物けんぶつしてた went and visited話したらはなしたら told; related、主人がからす raven五羽五羽ごわ five (birds)いたでしょうと云う。おやこの主人もあの女の親類親類しんるい relation; kinかなと内心内心ないしん inside; to oneself大におおいに greatly; a good deal驚ろくおどろく be surprised; be impressedと主人は笑いながらわらいながら smiling; with a laugh「あれは奉納奉納ほうのう offering; oblation (to a deity)の鴉です。昔しむかし long ago; ancient timesからあすこに飼ってって keep; own (a pet or other animal)いるので、一羽一羽いちわ one (bird)でもかず number; count不足する不足ふそくする be short; be missingと、すぐあとをこしらえます、それだからあの鴉はいつでも五羽に限っていますかぎっています limited; held (to)」と手もなくもなく easily; simply説明する説明せつめいする explainので、 I (archaic)空想空想くうそう daydream; fantasy; fancy一半一半いっぱん one half ofは倫敦塔を見たその日のうちに打ち壊わされてわされて be destroyed; be demolished; be crushedしまった。余はまた主人にかべ walls題辞題辞だいじ epigraphsの事こと about; concerningを話すと、主人は無造作に無造作むぞうさに casually; off-hand; readily「ええあの落書落書らくがき scrawl; scribble; graffitiですか、つまらない事をしたもんで、せっかく奇麗な奇麗きれいな nice; fineところ place台なしにしてだいなしにして spoil; ruin; defaceしまいましたねえ、なに罪人罪人ざいにん wrongdoers; offenders; transgressorsの落書だなんて当になったあてになった reliable; trustworthyもんじゃありません、にせ imitation; forgery; shamもだいぶありまさあね」と澄ましたました cool; detached; indifferentものである。余は最後に最後さいごに finally; lastly美しいうつくしい beautiful; fair婦人婦人ふじん lady逢ったった met; saw; encountered事とその婦人が我々我々われわれ we; us知らないらない not know事やとうてい読めないめない can't read字句字句じく words; expressionsをすらすら読んだ事などを不思議そうに不思議ふしぎそうに with wonder; in awe話し出すはなす start to relate; begin to describeと、主人は大に軽蔑した軽蔑けいべつした scornful; disdainful口調口調くちょう tone (of voice)で「そりゃ当り前あたまえ of course; goes without sayingでさあ、皆んなんな all; everyoneあすこへ行くとき time; occasionにゃ案内記案内記あんないき guidebookを読んで出掛ける出掛でかける set outんでさあ、そのくらいの事を知ってたって何もなにも (no)thing驚くにゃあたらないでしょう、何すこぶる別嬪別嬪べっぴん beautiful womanだって?――倫敦にゃだいぶ別嬪がいますよ、少しすこし a little; a bit気をつけないとをつけないと unless one takes care; unless one watches oneself険呑険呑けんのん dangerous; precariousですぜ」ととんだ所へ火の手 fire; flames揚るあがる ascend; rise up (to)。これで余の空想の後半後半こうはん latter halfがまた打ち壊わされた。主人は二十世紀二十世紀にじっせいき twentieth century倫敦人倫敦人ろんどんじん Londonerである。

それからはひと people; othersと倫敦塔の話しをしない事にきめた。また再びふたたび again; once more; a second time見物に行かない事にきめた。

このへん compilation; volume (of text)事実事実じじつ reality; factらしく書き流してながして dash off (in writing)あるが、実のところじつのところ in truth過半過半かはん greater part想像的の想像的そうぞうてきの imagined; fictitious文字文字もんじ writingであるから、見るる see; view; regardひと people; folksはそのこころ mind; spirit読まれんまれん be read (archaic verb ending; = まれる)こと situation; state希望する希望きぼうする hope for; desireとう Tower歴史歴史れきし historyに関してかんして in relation to; with respect to時々時々ときどき sometimes; at times戯曲的に戯曲的ぎきょくてきに in a dramatical sense面白そうな面白おもしろそうな of interest事柄事柄ことがら matters; affairs撰んでえらんで select; choose綴り込んでつづんで piece together見たが、甘く行かんうまかん not go well; not come off wellので所々所々ところどころ in places不自然不自然ふしぜん unnatural; artificial; strained痕迹痕迹こんせき vestiges; tracesが見えるのはやむをえない。そのうちエリザベスエリザベス Elizabethエドワード四世エドワード四世よんせい Edward IVきさき queen)が幽閉中幽閉中ゆうへいじゅう in prison; under confinement二王子二王子におうじ two princes逢いに来るいにる come to see sceneと、二王子を殺したころした killed; murdered刺客刺客せっかく assassins述懐述懐じゅっかい (words of) reflectionの場は沙翁沙翁さおう Shakespeare歴史劇歴史劇れきしげき historical dramaリチャード三世リチャード三世さんせい Richard IIIのうちにもある。沙翁はクラレンス公爵クラレンス公爵こうしゃく Duke of Clarence塔中塔中とうちゅう within the Towerで殺さるる場を写すうつす describeには正筆正筆せいひつ direct style of writing用いもちい use; employ; apply、王子を絞殺する絞殺こうさつする strangle模様模様もよう situation; circumstancesをあらわすには仄筆仄筆そくひつ suggestive style of writing; allusive style of writing使って使つかって use、刺客の words藉りり borrow裏面裏面りめん back side; backgroundからその様子様子ようす situation; circumstances描出して描出びょうしゅつして depict; renderいる。かつてこの劇を読んだとき、そこを大におおいに greatly; a great deal面白く感じたかんじた felt事があるから、いま now; this time; at presentその趣向趣向しゅこう idea; contrivance; deviceをそのまま用いて見た。しかし対話対話たいわ dialogue; conversation内容内容ないよう content; substance; detail周囲周囲しゅうい surroundings光景光景こうけい sceneなど et cetera; and the like無論無論むろん of course I (archaic)空想空想くうそう daydream; fantasy; fancyから捏出した捏出ねつしゅつした invented; came up withもので沙翁とは何らのなんらの (no) sort of関係関係かんけい connection; relationもない。それから断頭吏断頭吏だんとうり beheader; executionerうた songをうたっておの axe磨ぐぐ grind; sharpenところについて一言して一言いちげんして add a word; comment brieflyおくが、この趣向は全くまったく entirely; completelyエーンズウォースエーンズウォース Ainsworth (William Harrison Ainsworth; 1805 – 1882; english historical novelist)の「倫敦塔倫敦塔ロンドンとう The Tower of London (historical novel published in 1840)と云うう called ...; titled ...小説小説しょうせつ novelから来たた came (from)もので、余はこれに対してたいして with respect to; vis-à-vis些少の些少さしょうの a little; the slightest創意創意そうい originalityをも要求する要求ようきゅうする demand; desire権利権利けんり right; privilegeはない。エーンズウォースには斧の bladeこぼれたこぼれた was nicked; was broken; was chipped (= こぼれた)のをソルスベリ伯爵夫人ソルスベリ伯爵はくしゃく夫人ふじん Countess of Salisbury (Margaret Pole; 1473 – 1541)斬るる kill using a bladeとき time; occasion出来事出来事できごと event; happeningのように叙してじょして relate; narrate; describeある。余がこのしょ bookを読んだとき断頭場断頭場だんとうじょう beheading siteに用うる斧の刃のこぼれたのを首斬り役首斬くびきやく executionerが磨いでいる景色景色けしき sceneなどはわずかに一二頁一二いちにページ one or two pages; a couple of pagesに足らぬらぬ just under; a little less thanところではあるが非常に非常ひじょうに very much; exceedingly面白いと感じた。のみならず磨ぎながら乱暴な乱暴らんぼうな coarse; crude歌を平気で平気へいきで cooly; without concernうたっていると云う事が、同じくおなじく similarly; in the same vein十五六分十五六分じゅうごろっぷん fifteen or sixteen minutes所作所作しょさ conduct; actionではあるが、全篇全篇ぜんぺん whole book; entire volume活動せしむる活動かつどうせしむる bring to life; animateに足るる suffice to ...ほどの戯曲的出来事だと深くふかく deeply; profoundly興味興味きょうみ interest覚えたおぼえた felt; experiencedので、今その趣向そのままを蹈襲した蹈襲とうしゅうした followed; mirrored; emulatedのである。但しただし however歌の意味意味いみ meaning文句文句もんく words; expressionsも、二吏二吏ふたり two officialsの対話も、暗窖暗窖あんこう dark cellarの光景もいっさい趣向以外以外いがい other than; apart fromの事は余の空想から成ったった composed; made (from)ものである。ついでだからエーンズウォースが獄門役獄門役ごくもんやく prison gatekeeper歌わせたうたわせた had sing歌を紹介して紹介しょうかいして introduce; present置くく do for future reference

The axe was sharp, and heavy as lead,

As it touched the neck, off went the head!

        Whir―whir―whir―whir!

Queen Anne laid her white throat upon the block,

Quietly waiting the fatal shock;

The axe it severed it right in twain,

And so quick―so true―that she felt no pain.

        Whir―whir―whir―whir!

Salisbury's countess, she would not die

As a proud dame should―decorously.

Lifting my axe, I split her skull,

And the edge since then has been notched and dull.

        Whir―whir―whir―whir!

Queen Catherine Howard gave me a fee, ―

A chain of gold―to die easily:

And her costly present she did not rue,

For I touched her head, and away it flew!

        Whir―whir―whir―whir!

この全章全章ぜんしょう entire composition; complete passage訳そうやくそう translateと思ったおもった thought to ...がとうてい思うように行かないかない not go; not proceedし、かつ余りあまり too much長過ぎる長過ながすぎる be too long; be too lengthy恐れおそれ fear concernがあるからやめにした。

二王子二王子におうじ two princes幽閉幽閉ゆうへい confinement; imprisonment sceneと、ジェーンジェーン Jane (Lady Jane Grey)所刑所刑しょけい executionの場については有名なる有名ゆうめいなる famous; well-known; renownedドラロッシドラロッシ Delaroche (Paul Delaroche; 1797 – 1856; French painter)絵画絵画かいが paintingがすくなからず I (archaic)想像想像そうぞう imagination; musings助けてたすけて aid; assistいること fact一言して一言いちげんして add a word on; comment briefly onいささか感謝感謝かんしゃ gratitude feelings; thoughts表するひょうする express

ふね boatより上るあがる rise; get up (from)囚人囚人しゅうじん prisonersのうちワイアットワイアット Wyattとあるは有名なる詩人詩人しじん poet childにてジェーンのためへい soldiers; army; troops挙げたるげたる raise; summon upひと person; man父子父子ふし father and child; father and son同名なる同名どうみょうなる being of the same nameゆえ because of ...; due to ...紛れ易いまぎやすい are easily confusedから記して置くしてく note for reference

塔中塔中とうちゅう within the Tower四辺四辺しへん all sides風致景物風致ふうち景物けいぶつ feel for the scene; sense of the surroundingsいま now; just now; at this time少しすこし a little; a bit精細に精細せいさいに in detail写すうつす describeほう alternative (of two choices)読者読者どくしゃ readerとう the Towerその物そのもの itself紹介して紹介しょうかいして introduce; presentその grounds; place踏ましむるましむる tread over思いを自然に自然しぜんに naturally; in due course引き起させるおこさせる bring about; induce上においてうえにおいて for the purpose of ...必要な必要ひつような necessary; required条件条件じょうけん condition; prerequisiteとは気がついているがついている feel; have the sense ofが、何分何分なにぶん at any rateかかるかかる such; like this; this type ofぶん composition; writing草するそうする draft (writing)目的目的もくてき objective; goal遊覧した遊覧ゆうらんした toured; visited; viewed訳ではないわけではない it's not the case that ...し、かつ年月年月ねんげつ months and years; a good deal of time経過して経過けいかして pass; go byいるから判然たる判然はんぜんたる clear; distinct景色景色けしき scenery; sceneがどうしても眼の前まえ before one's eyes; in one's mind's eyeにあらわれにくい。したがってややともすると主観的の主観的しゅかんてきの subjective sentences; expressions重複して重複ちょうふくして be repeated; appear multiple timesある時あるとき at timesは読者に不愉快な不愉快ふゆかいな unpleasant; disagreeable感じかんじ feeling; impression与えはせぬあたえはせぬ might not impart (to)かと思うところもあるが右の次第みぎ次第しだい as written ("as above" applied to right-to-left text)だから仕方がない仕方しかたがない there's nothing for it; it is what it is