三十七三十七さんじゅうしち (part) 37

二人二人ふたり two (people); the two of us各自の各自めいめいの each one's; respectiveへや rooms引き取ったった withdrew to; retired toぎり顔を合わせませんでしたかおわせませんでした didn't see each other; didn't approach one another。Kの静かなしずかな quiet; stillこと situation; state of affairsあさ morning同じおなじ the sameでした。わたくし I; me凝とじっと fixedly; intently考え込んでいましたかんがんでいました was thinking; was lost in thought

私は当然当然とうぜん naturally; of course自分の自分じぶんの one's ownこころ heart; soulをKに打ち明けるける reveal; divulgeべきはずだと思いましたおもいました thought; felt。しかしそれにはもう時機時機じき chance; time; occasion後れてしまったおくれてしまった was too late; had passedという feeling; sense起りましたおこりました arose; came about。なぜ先刻先刻さっき earlier; beforeKの言葉言葉ことば words; speech遮ってさえぎって interrupt、こっちから逆襲しなかった逆襲ぎゃくしゅうしなかった didn't counter; didn't push back onのか、そこが非常な非常ひじょうな very great; extreme手落り手落てぬかり oversight; omission (usually 手抜てぬかり)のように見えて来ましたえてました began to appear (as); began to seem。せめてKのあと after続いてつづいて following (on)、自分は自分の思う通りとおり just as; exactly asをその place; spot; scene話してはなして relate; tellしまったら、まだ好かったろうかったろう would have been betterにとも考えました。Kの自白自白じはく confession一段落一段落いちだんらく breakpoint; pause付いたいた arrived atいま now; the presentとなって、こっちからまた同じ事を切り出すす bring up; broachのは、どう思案して思案しあんして reflect on; ponder; considerへん odd; strange; unnaturalでした。私はこの不自然不自然ふしぜん unnaturalness; awkwardness打ち勝つつ overcome方法方法ほうほう means; method知らなかったらなかった didn't knowのです。私のあたま head; mind悔恨悔恨かいこん regret揺られてられて be swayed; be shakenぐらぐらしました。

私はKが再びふたたびび once again仕切仕切しきり partition; divisionふすま fusuma (sliding door)開けてけて open向うむこう the other side; the other partyから突進して突進とっしんして rush forward; advanceきてくれれば好いい good; fine; favorableと思いました。私にいわせれば、先刻はまるで不意撃不意撃ふいうち surprise attack会ったった was met (by; with)も同じでした。私にはKに応ずるおうずる respond; meet準備準備じゅんび preparation何もなにも (no)thingなかったのです。私は午前午前ごぜん morning; before noon失ったうしなった lostものを、今度今度こんど this time; now; shortly取り戻そうもどそう take back; regainという下心下心したごころ ulterior motive持ってって have; holdいました。それで時々時々ときどき occasionally; from time to time eyes上げてげて lift; raise、襖を眺めましたながめました looked at; viewed。しかしその襖はいつまで経ってって pass; elapse開きませんきません not open。そうしてKは永久に永久えいきゅうに thereafter; indefinitely静かなのです。

その内そのうち before long; in time私の頭は段々段々だんだん gradually; bit by bitこの静かさに掻き乱されるみだされる be agitated; be stirred upようになって来ました。Kは今襖の向うでなに whatを考えているだろうと思うと、それが気になって堪らないたまらない unbearable; can't stand (it)のです。不断不断ふだん usually; ordinarilyもこんなふう mannerお互いたがい each otherが仕切一枚一枚いちまい one layerあいだ interval; span置いていて set; place黙り合ってだまって maintain respective silenceいる場合場合ばあい case; situation始終始終しじゅう all the timeあったのですが、私はKが静かであればあるほど、彼の存在存在そんざい existence; presence忘れるわすれる forgetのが普通の普通ふつうの usual; typical状態状態じょうたい situation; state of affairsだったのですから、そのとき time; occasionの私はよほど調子調子ちょうし mood; condition狂っていたくるっていた was off-kilter; was out of sortsものと見なければなりません。それでいて私はこっちから進んですすんで advance; take the initiative襖を開ける事ができなかったのです。一旦一旦いったん onceいいそびれたいいそびれた missed the chance to say私は、また向うから働き掛けられるはたらけられる be approached (for something)時機を待つつ wait for; awaitより外によりほかに other than仕方がなかった仕方しかたがなかった had no choice but to ...のです。

しまいにわたくし I; me凝としてじっとして stay still; remain motionlessおられなくなりました。無理に無理むりに under compulsion; counter to one's will凝としていれば、Kの部屋部屋へや room飛び込みたくなるみたくなる want to rush in (to)のです。私は仕方なしに仕方しかたなしに having no other recourse立ってって stand; rise; get up縁側縁側えんがわ veranda出ましたました went out (to)。そこから茶の間ちゃ tea room; hearth room来てて came (to)何というなんという specific; defined目的目的もくてき goal; objective; aimもなく、鉄瓶鉄瓶てつびん iron kettle hot water湯呑湯呑ゆのみ teacup注でついで pour一杯一杯いっぱい one cupful呑みましたみました drank。それから玄関玄関げんかん entry hallへ出ました。私はわざとKのへや room回避する回避かいひする avoidようにして、こんなふう manner自分自分じぶん oneself往来往来おうらい street; road真中真中まんなか middle見出した見出みいだした found (oneself)のです。私には無論無論むろん of courseどこへ行くく go (to)というあて aim; objectiveもありません。ただ凝としていられないだけでした。それで方角方角ほうがく direction; bearing何もなにも (no)thing構わずにかまわずに not caring; without heed (for)正月正月しょうがつ New Year'sまち townを、むやみに歩き廻ったあるまわった wandered; roamedのです。私のあたま head; mindはいくら歩いてもKのこと matters; concernsでいっぱいになっていました。私もKを振い落すふるおとす shake off intentionで歩き廻るわけ circumstance; situationではなかったのです。むしろ自分から進んですすんで advance; take the initiativeかれ he; him姿姿すがた guise; semblance咀嚼しながら咀嚼そしゃくしながら digest; take inうろついていたのです。

私には第一に第一だいいちに first of all彼が解しがたいかいしがたい hard to fathomおとこ man; fellowのように見えましたえました appeared; seemed。どうしてあんな事を突然突然とつぜん all of the sudden; out of the blue私に打ち明けたけた disclosed; divulgedのか、またどうして打ち明けなければいられないほどに、彼のこい (romantic) love募って来たつのってた gained strength; gathered forceのか、そうして平生の平生へいぜいの usual; ordinary彼はどこに吹き飛ばされてばされて be blown away (to)しまったのか、すべて私には解しにくい問題問題もんだい question; problemでした。私は彼の強いつよい strong; resilient事を知っていましたっていました knew; was aware of。また彼の真面目な真面目まじめな serious; earnest事を知っていました。私はこれから私の取るる take (on); assumeべき態度態度たいど attitude; approach; manner決するけっする decide; determineまえ beforeに、彼について聞かなければならないかなければならない need to learn; need to find out多くおおく much; many thingsをもっていると信じましたしんじました believed; concluded同時に同時どうじに at the same timeこれからさき彼を相手相手あいて opposing party; rivalにするのが変にへんに oddly; strangely気味が悪かった気味きみわるかった was unsettling; was discomfortingのです。私は夢中に夢中むちゅうに in a dream; in a daze町のなか middle; withinを歩きながら、自分の室に凝と坐っているすわっている be seated彼の容貌容貌ようぼう appearance; features始終始終しじゅう continuously; the whole time眼の前まえ before one's eyes描き出しましたえがしました drew; expressed; imagined。しかもいくら私が歩いても彼を動かすうごかす move; budge; dislodge事は到底到底とうてい (cannot) possiblyできないのだというこえ voiceがどこかで聞こえるのです。つまり私には彼が一種の一種いっしゅの a certain kind of魔物魔物まもの apparition; demonのように思えたおもえた thought of; imagined (as)からでしょう。私は永久永久えいきゅう forever; for always彼に祟られたたたられた be haunted; be tormentedのではなかろうかという気さえしました。

私が疲れてつかれて exhausted; worn outうち house; home帰ったかえった returned (to)とき time、彼の室は依然として依然いぜんとして still; as before人気人気ひとけ sign of life; human presenceのないように静かしずか quietでした。

三十八三十八さんじゅうはち (part) 38

わたくし I; meいえ house; homeへはいると間もなくもなく soon after ...くるま rickshawおと sound聞こえましたこえました became audible; could be heardいま now; the presentのように護謨輪護謨ゴム rubberized wheels; rubber tiresのない時分時分じぶん time; periodでしたから、がらがらいう厭ないやな unpleasant; disagreeable響きひびき echo; reverberaton; noiseがかなりの距離距離きょり distanceでも耳に立つみみつ carry to one's earsのです。くるま car; cart; rickshawはやがて門前門前もんぜん before the gate留まりましたまりました came to a stop

私が夕飯夕飯ゆうめし evening meal; dinner呼び出されたされた was called toのは、それから三十分三十分さんじゅっぷん thirty minutesばかり経ったった passed; elapsedあと afterこと situation; caseでしたが、まだ奥さんおくさん Okusan (wife; lady of the house - used here as form of address)お嬢さんじょうさん daughter; young lady晴着晴着はれぎ one's best (clothes)脱ぎ棄てられたてられた taken off and set aside (clothing)まま、次のつぎの next; adjoiningへや room乱雑乱雑らんざつ disorder; clutter 彩っていろどって decorate; adornいました。二人二人ふたり two (people); the two of them遅くなるおそくなる grow lateと私たちに済まないまない be unacceptable (to)というので、めし meal支度支度したく preparation間に合うう be in time (for)ように、急いでいそいで in a rush帰って来たかえってた came homeのだそうです。しかし奥さんの親切親切しんせつ kindness; considerationはKと私とに取ってって to ...; for ...ほとんど無効無効むこう to no effect同じおなじ the same事でした。私は食卓食卓しょくたく dinner table坐りながらすわりながら sitting (at)言葉言葉ことば words; speech惜しがるしがる use sparingly; be frugal withひと personのように、素気ない素気そっけない curt; blunt挨拶挨拶あいさつ responseばかりしていました。Kは私よりもなお寡言寡言かげん reticent; taciturnでした。たまに親子連親子連おやこづれ parent and child together外出した外出がいしゅつした went out; went callingおんな women; ladies二人の気分気分きぶん feeling; moodが、また平生平生へいぜい usual; ordinaryよりは勝れてすぐれて by far晴れやかはれれやか clear; bright; livelyだったので、我々我々われわれ we; us態度態度たいど manner; moodはなおの事眼に付きますきます attact notice; stand out。奥さんは私にどうかしたのかと聞きました。私は少しすこし a little; a bit心持が悪い心持こころもちわるい not feeling well; out of sorts答えましたこたえました answered; replied実際実際じっさい indeed; in fact私は心持が悪かったのです。すると今度今度こんど this time; nextはお嬢さんがKに同じ問いい question掛けましたけました posed (a question)。Kは私のように心持が悪いとは答えません。ただ口が利きたくないくちきたくない don't feel like talkingからだといいました。お嬢さんはなぜ口が利きたくないのかと追窮しました追窮ついきゅうしました pursued (a matter); followed up。私はそのとき time; momentふと重たいおもたい heavyまぶた eyelids上げてげて lifted; raisedKのかお face見ましたました looked at; observed。私にはKがなん whatと答えるだろうかという好奇心好奇心こうきしん curiosityがあったのです。Kのくちびる lips例のようにれいのように as always少し顫えてふるえて quiver; trembleいました。それが知らないらない not know; not be familiar with人から見ると、まるで返事返事へんじ answer; response迷っているまよっている be at a loss (for)しか思われないしかおもわれない could only think (that)のです。お嬢さんは笑いながらわらいながら with a smile; with a laughまた何かむずかしい事を考えてかんがえて consider; ponderいるのだろうといいました。Kの顔は心持心持こころもち somewhat; a little薄赤くなりました薄赤うすあかくなりました reddened a bit

そのばん eveningわたくし I; meはいつもより早くはやく early; soonとこ bed; bedding入りましたはいりました got into。私が食事食事しょくじ meal; dinnerとき time気分が悪い気分きぶんわるい not feeling well; out of sortsといったのを気にしてにして be concerned over; worry about奥さんおくさん Okusan (wife; lady of the house - used here as form of address)十時頃十時頃じゅうじごろ around ten (o'clock)蕎麦湯蕎麦湯そばゆ soba broth持って来てってて bring (in)くれました。しかし私のへや roomはもう真暗真暗まっくら pitch dark; in total darknessでした。奥さんはおやおやといって、仕切り仕切しきり partitionふすま fusuma (sliding door)細目に開けました細目ほそめけました cracked (open)洋燈洋燈ランプ lamp; lightひかり lightがKのつくえ deskから斜めにななめに at an angle; at a slantぼんやりと私の室に差し込みましたみました flowed into; shone into。Kはまだ起きていたきていた was awakeものとみえます。奥さんは枕元枕元まくらもと by one's pillow; bedside坐ってすわって sit; seat oneself大方大方おおかた probably; most likely風邪風邪かぜ a cold引いたいた caught (a cold)のだろうから身体身体からだ body暖ためるあっためる warm up; warmがいいといって、湯呑湯呑ゆのみ teacupかお faceそば vicinity; proximity突き付けるける thrust beforeのです。私はやむをえず、どろどろした蕎麦湯を奥さんの見ているている watch; observeまえ front of飲みましたみました drank

私は遅くなるおそくなる grow lateまで暗いなかでくらいなかで in the dark考えてかんがえて think; considerいました。無論無論むろん of course一つひとつ one (thing)問題問題もんだい question; problemをぐるぐる廻転させる廻転かいてんさせる take (around) in circlesだけで、外にほかに apart; otherwise何のなんの (no) sort of効力効力こうりょく efficacy; effectもなかったのです。私は突然突然とつぜん suddenly; at onceKがいま now隣りのとなりの adjacent; adjoining室でなに whatをしているだろうと思い出しましたおもしました called to mind; began to consider。私は半ばなかば halfway無意識に無意識むいしきに unconsciously; reflexivelyおいと声を掛けましたこえけました called out。すると向うむこう the other side; the other partyでもおいと返事返事へんじ answer; replyをしました。Kもまだ起きていたのです。私はまだ寝ないない turn in; sleepのかと襖ごしに聞きましたきました asked。もう寝るという簡単な簡単かんたんな simple; succinct挨拶挨拶あいさつ responseがありました。何をしているのだと私は重ねてかさねて once more問いましたいました asked; inquired今度今度こんど this timeはKの答えこたえ answer; replyがありません。その代りそのかわり rather; instead五、六分六分ろっぷん five or six minutes経ったった passed; elapsedと思うころ timeに、押入押入おしいれ closetをがらりと開けて、床を延べるべる spread outおと sound手に取るようにるように (close enough to) grasp in one's hand聞こえました。私はもう何時何時なんじ what timeかとまた尋ねましたたずねました asked; inquired。Kは一時二十分一時二十分いちじにじゅっぷん twenty past oneだと答えました。やがて洋燈をふっと吹き消すす blow out音がして、家中家中うちじゅう all through the houseが真暗なうちに、しんと静まりましたしずまりました fell silent

しかし私の eyesはその暗いなかでいよいよ冴えて来るえてる come to life; awakenばかりです。私はまた半ば無意識な状態状態じょうたい condition; stateで、おいとKに声を掛けました。Kも以前以前いぜん before; prior同じおなじ the sameような調子調子ちょうし tone; veinで、おいと答えました。私は今朝今朝けさ that morningかれ he; himから聞いたこと matter; affairについて、もっと詳しいくわしい detailed; full; completeはなし talk; discussionをしたいが、彼の都合都合つごう circumstances; convenienceはどうだと、とうとうこっちから切り出しましたしました broached (a subject)。私は無論襖越に襖越ふすまごしに through the fusumaそんな談話談話だんわ talk; conversation交換する交換こうかんする exchange intentionはなかったのですが、Kの返答返答へんとう reply; answerだけは即坐に即坐そくざに on the spot; without delay (usually 即座そくざ)得られるられる can get; can obtain事と考えたのです。ところがKは先刻先刻さっき prior; beforeから二度二度にど two timesおいと呼ばれてばれて be called; be addressed、二度おいと答えたような素直な素直すなおな forthcoming; responsive調子で、今度は応じませんおうじません not respond; not comply; not engage。そうだなあと低いひくい low; quiet (voice)声で渋ってしぶって hesitate; show reluctanceいます。私はまたはっと思わせられましたはっとおもわせられました felt a wave of anxiety; was stricken with a sense of dread

三十九三十九さんじゅうく (part) 39

「Kの生返事生返事なまへんじ half-hearted answer; nocommittal reply翌日翌日よくじつ next day; following dayになっても、その翌日になっても、かれ he; him態度態度たいど manner; demeanor; airによく現われていましたあらわれていました was apparent。彼は自分自分じぶん oneselfから進んですすんで advance; take the initiative例のれいの at hand; in question問題問題もんだい problem; topic触れようれよう touch (on)とする気色気色けしき sign; indication決してけっして by (no) means見せませんでしたせませんでした didn't show。もっとも機会機会きかい chance; opportunityもなかったのです。奥さんおくさん Okusan (wife; lady of the house - used here as form of address)お嬢さんじょうさん daughter; young lady揃ってそろって together一日一日いちにち a day; the  full dayうち house空けでもしなければけでもしなければ not leave; not vacate二人二人ふたり two (people); the two of usはゆっくり落ち付いていて settle in; take one's time、そういうこと matter; affair話し合うはなう talk over; discuss訳にも行かないわけにもかない one couldn't ...; it wouldn't do to ...のですから。わたくし I; meはそれをよく心得ていました心得こころえていました understood; was aware of。心得ていながら、変にへんに curiously; inexplicablyいらいらし出すいらいらしす be agitated; grow testyのです。その結果その結果けっか as a result始めははじめは at first向うむこう the other side; the other partyから来るる come; approach; engageのを待つつ wait forつもりで、暗にあんに obscurely; in the shadows用意用意ようい preparationをしていた私が、おり chanceがあったらこっちで口を切ろうくちろう broach (a subject)決心する決心けっしんする decide; resolve (to do)ようになったのです。

同時に同時どうじに at the same time私は黙ってだまって in silence家のものの様子様子ようす behavior; appearance観察して観察かんさつして watch; observe見ました。しかし奥さんの態度にもお嬢さんの素振素振そぶり manner; bearingにも、別にべつに especially; particularly平生平生へいぜい usual; ordinary変ったかわった changed; differentてん point; aspectはありませんでした。Kの自白自白じはく confession以前以前いぜん beforeと自白以後以後いご afterとで、彼らの挙動挙動きょどう conduct; behaviorにこれという差違差違さい difference; disparity生じないしょうじない not arise; not be evidentならば、彼の自白は単にたんに only; merely; solely私だけに限られたかぎられた was limited (to)自白で、肝心の肝心かんじんの crucial; all-important本人本人ほんにん person in questionにも、またその監督者たる監督者かんとくしゃたる (is her) guardian; keeper奥さんにも、まだ通じていないつうじていない not conveyed; not communicated (to)のは慥かたしか sure; certainでした。そう考えたかんがえた considered; thoughtとき times私は少しすこし a little; a bit安心しました安心あんしんしました felt reassured; was relieved。それで無理に無理むりに with effort; against the tide; at great lengths機会を拵えてこしらえて conjure; bring about、わざとらしくはなし talk; dialog持ち出すす bring upよりは、自然自然しぜん natural course (of events)与えてくれるあたえてくれる give; impart (to one)ものを取り逃さないにがさない not let slip; not let get awayようにするほう alternative (of two choices)好かろうかろう better; best; advantageous思っておもって believe; decide; conclude、例の問題にはしばらく手を着けずにけずに without addressing; without taking actionそっとしておく事にしました。

こういってしまえば大変大変たいへん very much; a great deal簡単簡単かんたん simple; easyに聞こえますこえます sound as though; come across asが、そうしたこころ heart; mind経過経過けいか passage; transitionには、しお tide満干満干みちひ ebb and flow同じおなじ the sameように、色々の色々いろいろの various; myriad高低高低たかびく highs and lows; ups and downsがあったのです。私はKの動かないうごかない not move; not take action様子を見て、それにさまざまの意味意味いみ meaning; significance付け加えましたくわえました attached; attributed (to)。奥さんとお嬢さんの言語言語げんご words; language動作動作どうさ movements; actions観察して観察かんさつして watch; observe、二人の心がはたしてそこに現われている通りとおり just as; exactly asなのだろうかと疑ってうたがって doubt; questionもみました。そうして人間人間にんげん human beings; peopleむね breast; bosomなか inside; within装置された装置そうちされた be equipped; be installed複雑な複雑ふくざつな complicated; complex; intricate器械器械きかい instrument; mechanismが、時計時計とけい clockはり hand (of a clock)のように、明瞭に明瞭めいりょうに clearly偽りなくいつわりなく without deceit; true to one's word盤上盤上ばんじょう across a clock face数字数字すうじ numerals指し得るる be capable of indicatingものだろうかと考えました。要するにようするに in short私は同じ事をこうも取りり take (as)、ああも取りした揚句揚句あげく after all; in the end漸くようやく finally; at lastここに落ち付いたものと思って下さいおもってください please consider that ...更にさらに moreover; still moreむずかしくいえば、落ち付くなどという言葉言葉ことば word; expressionは、このさい occasion決して使われた使つかわれた be used; be applied義理義理ぎり obligation; imperativeでなかったのかも知れませんかもれません it may be that ...

その内そのうち in time; before long学校学校がっこう school; classesがまた始まりましたはじまりました started私たちわたくしたち we; us時間時間じかん time; schedule同じおなじ the same daysには連れ立ってって going togetherうち house; home出ますます leave都合都合つごう circumstances; conditionsがよければ帰るかえる return (home)とき timeにもやはりいっしょに帰りました。外部外部がいぶ the outsideから見たた seen; viewedKと私は、何にもなんにも (nothing) at allまえ before; prior違ったちがった different; changedところがないように親しくなったしたしくなった were close; were on good termsのです。けれども腹の中でははらなかでは deep down; inside各自各自てんでん each one (of us)に各自のこと matters; affairs勝手に勝手かってに as one likes; suiting one's own purpose考えてかんがえて consider; think about; reflect onいたに違いありません。ある日私は突然突然とつぜん suddenly往来往来おうらい road; streetでKに肉薄しました肉薄にくはくしました pressed; challenged; confronted。私が第一に第一だいいちに first of all; first off聞いたいた askedのは、この間このあいだ the other day自白自白じはく confessionが私だけに限られているかぎられている limited to; confined toか、または奥さんおくさん Okusan (wife; lady of the house - used here as form of address)お嬢さんじょうさん daughter; young ladyにも通じているつうじている be communicated; be conveyed (to)かのてん pointにあったのです。私のこれから取るる take; assumeべき態度態度たいど attitude; mannerは、この問いい question; inquiryに対するたいする with respect toかれ he; him答えこたえ answer; reply次第次第しだい dependent upon極めなければならないめなければならない intended to decide; needed to determineと、私は思ったおもった thought; imagined; believedのです。すると彼は外のほかの otherひと persons; individualsにはまだ誰にもだれにも to (no) one打ち明けてけて disclose; divulge; confideいないと明言しました明言めいげんしました stated unequivocally; declared。私は事情事情じじょう situation; state of affairs自分自分じぶん oneself推察通り推察すいさつどおり as surmised; as expectedだったので、内心内心ないしん inside; to oneself嬉しがりましたうれしがりました was glad; felt elation。私はKの私より横着横着おうちゃく cunning; impudent; brazenなのをよく知っていましたっていました knew; was aware of。彼の度胸度胸どきょう nerve; grit; audacityにも敵わないかなわない be no match (for)という自覚自覚じかく self-awarenessがあったのです。けれども一方では一方いっぽうでは on the other hand; at the same timeまた妙にみょうに strangely; curiously彼を信じていましたしんじていました believed; trusted学資学資がくし educational fundingの事で養家養家ようか adoptive family三年三年さんねん three years欺いてあざむいて deceive; misleadいた彼ですけれども、彼の信用信用しんよう credibilityは私に対して少しもすこしも (not) in the least損われてそこなわれて be damaged; be harmedいなかったのです。私はそれがためにかえって彼を信じ出したしんした learned to trustくらいです。だからいくら疑い深いうたがぶかい doubting; suspicious私でも、明白な明白めいはくな clear; plain; explicit彼の答えを腹の中で否定する否定ひていする gainsay; dispute; contest inclination起りようおこりよう occur; come aboutがなかったのです。

私はまた彼に向ってむかって turn toward、彼のこい (romantic) loveをどう取り扱うあつかう handle; manage; deal withつもりかと尋ねましたたずねました asked; inquired。それが単なるたんなる mere; simple自白に過ぎないぎない be no more thanのか、またはその自白についで、実際的の実際的じっさいてきの practical; actual効果効果こうか resultをも収めるおさめる accomplish; bring to fruition気なのかと問うたのです。しかるにしかるに however彼はそこになると、何にもなんにも (no)thing答えません。黙ってだまって in silenceした down; below向いていて turn toward; face歩き出しますあるします start walking。私は彼に隠し立てかくて keeping a secretをしてくれるな、すべて思った通りを話してはなして tell; relateくれと頼みましたたのみました asked; requested。彼は何もなにも (no)thing私に隠す必要必要ひつよう necessity; needはないと判然判然はっきり clearly; plainly断言しました断言だんげんしました asserted; declared。しかし私の知ろうとする点には、一言一言いちごん a single word返事返事へんじ answer; reply与えないあたえない not give; not impart; not bestowのです。私も往来だからわざわざ立ち留まってまって stand still; halt; remain in placeそこ bottom; depthsまで突き留めるめる pin down; ascertain訳にいきませんわけにいきません couldn't very well ...。ついそれなりにしてしまいました。

四十四十よんじゅう (part) 40

ある日ある one dayわたくし I; me久しぶりにひさしぶりに for the first time in a while学校学校がっこう school図書館図書館としょかん library入りましたはいりました entered; went into。私は広いひろい wide; broadつくえ desk; table片隅片隅かたすみ one cornerまど windowから射すす shine; stream in光線光線こうせん rays of light半身半身はんしん half of one's body; one side of the body受けながらけながら receive新着の新着しんちゃくの newly arrived外国外国がいこく foreign country雑誌雑誌ざっし magazine; periodicalを、あちらこちらと引っ繰り返してかえして turn over; flip through見てて look at; examineいました。私は担任教師担任たんにん教師きょうし teacher in charge; academic supervisorから専攻の専攻せんこうの specialized学科学科がっか area of studyに関してかんして with respect to; related to; concerning次のつぎの next; followingしゅう weekまでにある事項事項じこう matter; item調べて来い調しらべてい go and study; go research命ぜられためいぜられた was required; was told (to do something)のです。しかし私に必要な必要ひつような necessary; needed事柄事柄ことがら materialがなかなか見付からない見付みつからない not be foundので、私は二度二度にど two times三度三度さんど three timesも雑誌を借り替えなければなりませんでしたかええなければなりませんでした had to borrow anew最後に最後さいごに finally; in the end私はやっと自分自分じぶん oneselfに必要な論文論文ろんぶん essay; article探し出してさがして search out; find一心に一心いっしんに fervently; intentlyそれを読み出しましたしました began to read。すると突然突然とつぜん suddenly幅の広いはばひろい wide; broad机の向う側むこがわ far side; opposite sideから小さなちいさな small; quiet (voice)こえ voiceで私の name呼ぶぶ call outものがあります。私はふと eyes上げてげて lift; raiseそこに立ってって standいるKを見ました。Kはその上半身上半身じょうはんしん upper bodyを机のうえ over; above折り曲げるげる bend; inclineようにして、かれ he; himかお faceを私に近付けました近付ちかづけました brought near toご承知の通り承知しょうちとおり as you know図書館では他のほかの otherひと people; persons邪魔邪魔じゃま nuisance; bother; disturbanceになるような大きなおおきな big; loud (voice)声ではなし talkをする訳にゆかないわけにゆかない one can't ...; one mustn't ...のですから、Kのこの所作所作しょさ conduct; gesture誰でもだれでも anyoneやる普通の普通ふつうの usual; ordinaryこと act; actionなのですが、私はそのとき time; occasionに限ってかぎって only; limited to一種一種いっしゅ a kind of; a type of変なへんな odd; strange心持心持こころもち feeling; sensationがしました。

Kは低いひくい low声で勉強勉強べんきょう studiesかと聞きましたきました asked。私はちょっと調べもの調しらべもの research itemがあるのだと答えましたこたえました replied; answered。それでもKはまだその顔を私から放しませんはなしません not remove; not withdraw同じおなじ the same低い調子調子ちょうし tone (of voice)でいっしょに散歩散歩さんぽ walk; strollをしないかというのです。私は少しすこし a little; a bit待ってって waitいればしてもいいと答えました。彼は待っているといったまま、すぐ私のまえ front of空席空席くうせき empty chair; unoccupied seat腰をおろしましたこしをおろしました sat down。すると私は気が散ってって be distracted; lose one's train of thought急にきゅうに suddenly雑誌が読めなくなりましためなくなりました was no longer able to read何だかなんだか somehowKのむね breast; bosom一物一物いちもつ ulterior motive; secret intentionがあって、談判談判だんぱん conversation; consultationでもしに来られたしにられた had come to ...ように思われておもわれて seem; strike one (as though)仕方がない仕方しかたがない can't help but ...のです。私はやむをえず読みかけた雑誌を伏せてせて turn over; close立ち上がろうとしましたがろうとしました made to get up。Kは落ち付き払ってはらって fully composed; calmlyもう済んだんだ finishedのかと聞きます。私はどうでもいいのだと答えて、雑誌を返すかえす returnと共にともに together with; at the same time、Kと図書館を出ましたました left; exited

二人二人ふたり two people; the two of us別にべつに particularly行くく goところ placeもなかったので、竜岡町竜岡町たつおかちょう Tatsuoka-chō (place name)から池の端いけはた Ikenohata (place name)出てて emerge; appear (onto)上野上野うえの Ueno (place name)公園公園こうえん parkなか inside; within入りましたはいりました entered。そのとき timeかれ he; him例のれいの aforementioned; in question事件事件じけん affair; matterについて、突然突然とつぜん suddenly向うむこう the other side; the other partyから口を切りましたくちりました brought up; broached前後前後ぜんご before and after様子様子ようす situation; circumstances; indications綜合して綜合そうごうして as a whole考えるかんがえる consider; think aboutと、Kはそのためにわたくし I; meをわざわざ散歩散歩さんぽ walk; stroll引っ張り出したした enticed out; came to getらしいのです。けれども彼の態度態度たいど bearing; behaviorはまだ実際的の実際的じっさいてきの practical; actual方面方面ほうめん direction向ってむかって turn toward; faceちっとも進んでいませんでしたすすんでいませんでした had not advanced; had not progressed。彼は私に向って、ただ漠然と漠然ばくぜんと vaguely; ambiguously、どう思うおもう think; feelというのです。どう思うというのは、そうした恋愛恋愛れんあい love; passion; affectionふち abyss; depths陥ったおちいった fell; tumbled (into)彼を、どんな eyes; viewpointで私が眺めるながめる regard; look atかという質問質問しつもん questionなのです。一言でいうと一言いちごんでいうと in short、彼は現在現在げんざい now; the present自分自分じぶん oneselfについて、私の批判批判ひはん judgment; critique求めたいもとめたい want to requestようなのです。そこに私は彼の平生平生へいぜい usual; ordinary異なることなる different; dissimilarてん point; aspect確かにたしかに clearly; unmistakably認めるみとめる recognize; observe; notice事ができたことができた was able to ...と思いました。たびたび繰り返すかえす repeat; reiterateようですが、彼の天性天性てんせい natural constitution; innate dispositionひと other (people); others思わくおもわく expectations; others' opinions of oneself憚かるはばかる fear; shrink fromほど弱くよわく weakly; delicatelyでき上ってできあがって built; made; finishedはいなかったのです。こうと信じたらしんじたら believe; be convinced一人で一人ひとりで alone; on one's ownどんどん進んで行くだけの度胸度胸どきょう nerve; grit; audacityもあり勇気勇気ゆうき courage; boldnessもあるおとこ man; fellowなのです。養家養家ようか adoptive family事件でその特色特色とくしょく characteristic強くつよく keenly; intenselyむね breast; bosomうち undersurface; inside彫り付けられたけられた was impressed; was ingrained私が、これは様子が違うちがう different; counter to明らかにあきらかに clearly意識した意識いしきした was cognizant of; sensedのは当然の当然とうぜんの natural; matter of course結果結果けっか result; consequenceなのです。

私がKに向って、このさい occasion; juncture何んでんで for what reason; why私の批評批評ひひょう opinion; commentary必要必要ひつよう necessary; neededなのかと尋ねたたずねた asked; inquired時、彼はいつもにも似ないいつもにもない out of character; unbecoming悄然とした悄然しょうぜんとした dispirited; disconsolate口調口調くちょう tone (of voice)で、自分の弱い人間人間にんげん human being; personであるのが実際実際じっさい in truth; really; actually恥ずかしいずかしい disgraceful; shamefulといいました。そうして迷っているまよっている wavering; vacillating; in a quandaryから自分で自分が分らなくなってしまったわからなくなってしまった lost sight of; lost touch withので、私に公平な公平こうへいな fair; impartial; objective批評を求めるより外によりほかに other than仕方がない仕方しかたがない have no choice but to ...といいました。私は隙かさずかさず promptly; at once迷うという意味意味いみ meaning聞き糺しましたただしました ascertained; clarified。彼は進んでいいか退いて退しりぞいて retreat; withdrawいいか、それに迷うのだと説明しました説明せつめいしました explained。私はすぐ一歩一歩いっぽ one stepさき aheadへ出ました。そうして退こうと思えば退けるのかと彼に聞きました。すると彼の言葉言葉ことば wordsがそこで不意に不意ふいに suddenly; abruptly行き詰りましたづまりました were at a loss; came to an end; became mired。彼はただ苦しいくるしい unbearable; agonizingといっただけでした。実際彼の表情表情ひょうじょう (facial) expressionには苦しそうなところがありありと見えていましたえていました appeared; was apparent。もし相手相手あいて the other partyお嬢さんじょうさん (the) daughter; young ladyでなかったならば、私はどんなに彼に都合のいい都合つごうのいい helpful; supportive返事返事へんじ reply; responseを、その渇き切ったかわった parched; thirstingかお face; (facial) expressionうえ top of慈雨慈雨じう merciful rain; much needed rainの如くごとく like ...; as ...注いでそそいで pour (onto)やったか分りません。私はそのくらいの美しいうつくしい beautiful; fair同情同情どうじょう sympathy; compassionもって生れて来たもってうまれてた was born with人間と自分ながら信じています。しかしその時の私は違っていました。

四十一四十一よんじゅういち (part) 41

わたくし I; meはちょうど他流試合他流試合たりゅうじあい contest among rival schools (of fencing)でもするひと personのようにKを注意して注意ちゅういして mind; mark; observe見てて look at; watchいたのです。私は、私の eyes、私のこころ heart; soul、私の身体身体からだ body; flesh、すべて私という name付くく be attached; be affixedものを五分の隙間もない五分ごぶ隙間すきまもない leaving nothing to chance; never dropping one's guardように用意して用意よういして prepare; ready oneself、Kに向ったむかった turned toward; directed oneself towardのです。つみ sin; faultのないKは穴だらけあなだらけ flawedというよりむしろ明け放しはなし left open; exposed評するひょうする judge; assess; regard (as)のが適当適当てきとう suitable; proper; appropriateなくらいに無用心無用心ぶようじん heedless; unwaryでした。私は彼自身かれ自身じしん he himself handから、彼の保管して保管ほかんして keep; guardいる要塞要塞ようさい fortress; stronghold地図地図ちず map; plan受け取ってって take possession of; receive、彼の眼の前まえ before one's eyesでゆっくりそれを眺めるながめる look over; examine; peruse事ができたことができた was able to ...同じおなじ the sameでした。

Kが理想理想りそう ideals現実現実げんじつ reality; actualityの間にあいだに between彷徨して彷徨ほうこうして wander; roamふらふらしているのを発見した発見はっけんした discovered; learned私は、ただ一打一打ひとうち one stroke; a single blowで彼を倒すたおす knock down; take out事ができるだろうというてん pointにばかり眼を着けましたけました fastened one's eyes to; fixated on。そうしてすぐ彼のきょ unguarded moment; unpreparedness付け込んだんだ took advantage (of)のです。私は彼に向って急にきゅうに suddenly厳粛な厳粛げんしゅくな serious; solemn; severe改まったあらたまった formal; steely; austere態度態度たいど attitude; manner示し出しましたしめしました took on; revealed; showed無論無論むろん of course策略策略さくりゃく tactics; schemeからですが、その態度に相応する相応そうおうする match; suit; fitくらいな緊張した緊張きんちょうした tense; strained気分気分きぶん feeling; moodもあったのですから、自分自分じぶん oneself滑稽滑稽こっけい absurd; outlandishだの羞恥羞恥しゅうち shameful; reprehensibleだのを感ずるかんずる feel; perceive余裕余裕よゆう margin; leewayはありませんでした。私はまず「精神的に精神的せいしんてきに mentally; spiritually向上心向上心こうじょうしん desire for improvement; aspirationのないものは馬鹿馬鹿ばか fool; simpletonだ」といい放ちましたいいはなちました declared; asserted。これは二人二人ふたり two people; the two of us房州房州ぼうしゅう Bōshū (place name; southern tip of Bōsō peninsula in Chiba Prefecture)旅行して旅行りょこうして travel; traverseいるさい time; occasion、Kが私に向って使った使つかった used; applied言葉言葉ことば wordsです。私は彼の使った通りとおり just asを、彼と同じような口調口調くちょう tone (of voice)で、再びふたたび once again彼に投げ返したかえした threw back atのです。しかし決してけっして by (no) means復讐復讐ふくしゅう revenge; retaliationではありません。私は復讐以上以上いじょう above; beyond; more than残酷な残酷ざんこくな cruel; harsh; vicious意味意味いみ purport; effect; purposeをもっていたという事を自白します自白じはくします confess。私はその一言一言いちごん few wordsでKの前に横たわるよこたわる stretch out (before); lie aheadこい (romantic) love行手行手ゆくて way; path塞ごうとしたふさごうとした endeavored to block; worked to hinderのです。

Kは真宗寺真宗寺しんしゅうでら Shin Buddhism temple生れたうまれた was born (into)おとこ man; fellowでした。しかし彼の傾向傾向けいこう leanings; tendencies中学中学ちゅうがく middle school時代時代じだい time; period; daysから決して生家生家せいか house of one's birth宗旨宗旨しゅうし (religious) tenets; doctrines近いちかい close; near; similar (to)ものではなかったのです。教義教義きょうぎ doctrine; teachingsじょう concerning ...区別区別くべつ differentiation; distinctionをよく知らないらない don't know; am not familiar with私が、こんな事をいう資格資格しかく qualification乏しいとぼしい lacking; wanting; deficientのは承知しています承知しょうちしています am well aware of; acknowledgeが、私はただ男女男女なんにょ men and women; the two genders関係した関係かんけいした related to; concerning点についてのみ、そう認めていたみとめていた recognized; appreciatedのです。Kはむかし former daysから精進精進しょうじん diligence; devotionという言葉が好きき to one's likingでした。私はその言葉のなか inside; withinに、禁欲禁欲きんよく  abstinence; celibacyという意味も籠っているこもっている be included; be encased (in)のだろうと解釈して解釈かいしゃくして interpret; construeいました。しかし後であとで later; afterwards実際実際じっさい actual state聞いて見るいてる ask; inquireと、それよりもまだ厳重な厳重げんじゅうな severe; strict意味が含まれてふくまれて be includedいるので、私は驚きましたおどろきました was surprisedみち way; pathのためにはすべてを犠牲犠牲ぎせい sacrificeにすべきものだというのが彼の第一第一だいいち number one; first and foremost信条信条しんじょう belief; article of faithなのですから、摂欲摂欲せつよく control of one's desires (usually 節欲せつよく)や禁欲は無論、たといよく craving; want離れたはなれた be apart from; be remote from恋そのものでも道の妨害妨害さまたげ obstruction; hindranceになるのです。Kが自活自活じかつ supporting oneself生活生活せいかつ living; lifestyleをしている時分時分じぶん time; periodに、私はよく彼から彼の主張主張しゅちょう contention; assertionを聞かされたのでした。そのころ timeからお嬢さんじょうさん daughter; young lady思っていたおもっていた dwelled on; held in one's mind私は、勢いいきおい with force; with vigorどうしても彼に反対しなければならなかった反対はんたいしなければならなかった had to object; had to take exceptionのです。私が反対すると、彼はいつでも気の毒そうなどくそうな pitying; feeling sorrow forかお face; (facial) expressionをしました。そこには同情同情どうじょう sympathyよりも侮蔑侮蔑ぶべつ disdain; contemptほう alternative (of two choices)余計に余計よけいに in surplus; in excess現われてあらわれて appear; be apparentいました。

こういう過去過去かこ past; history二人二人ふたり two (people); the two of usの間にあいだに between ...通り抜けて来てとおけてて come through; carry acrossいるのですから、精神的に精神的せいしんてきに mentally; spiritually向上心向上心こうじょうしん desire for improvement; aspirationのないものは馬鹿馬鹿ばか fool; simpletonだという言葉言葉ことば wordsは、Kに取ってって to ...; for ...痛いいたい painful; stingingに違いなかったちがいなかった there was no doubt that ...のです。しかしまえ before; priorにもいった通りとおり just asわたくし I; meはこの一言一言いちごん few wordsで、かれ he; him折角折角せっかく with trouble; at great pains積み上げたげた built up; constructed過去を蹴散らした蹴散けちらした kicked about; scatteredつもりではありません。かえってそれをいま now; the presentまで通り積み重ねて行かせようかさねてかせよう push to continue developingとしたのです。それがみち way; path達しようたっしよう reach; arrive atが、てん heaven; state of bliss; nirvana届こうとどこう reach; arrive atが、私は構いませんかまいません be unconcerned; not care。私はただKが急にきゅうに suddenly; abruptly生活生活せいかつ life; living方向方向ほうこう direction; orientation転換して転換てんかんして divert; redirect、私の利害利害りがい interest; concerns衝突する衝突しょうとつする conflict with; run counter toのを恐れたおそれた feared; was afraid ofのです。要するにようするに in short私の言葉は単なるたんなる simply; merely利己心利己心りこしん egoism; selfishness発現発現はつげん expression; manifestationでした。

「精神的に向上心のないものは、馬鹿だ」

私は二度二度にど two times; twice同じおなじ the same言葉を繰り返しましたかえしました repeated。そうして、その言葉がKの上にうえに relative to; with respect toどう影響する影響えいきょうする affect; influenceかを見詰めていました見詰みつめていました observed; was watching

「馬鹿だ」とやがてKが答えましたこたえました answered; replied。「ぼく I; meは馬鹿だ」

Kはぴたりとそこへ立ち留まったまった stopped; haltedまま動きませんうごきません not move; become immobile。彼は地面地面じめん groundの上を見詰めています。私は思わずおもわず reflexively; instinctivelyぎょっとしましたぎょっとしました was seized with fear; felt a chill。私にはKがその刹那刹那せつな moment; instant居直り強盗居直いなお強盗ごうとう thief who threatens violence when discoveredのごとく感ぜられたかんぜられた came across; struck one (as)のです。しかしそれにしては彼のこえ voiceがいかにもちから force; vigor乏しいとぼしい lacking; wanting; deficientということ fact; state of affairs気が付きましたきました took notice of; noted。私は彼の眼遣い眼遣めづかい look (in one's eyes)参考参考さんこう point of referenceにしたかったのですが、彼は最後最後さいご the end; the lastまで私のかお faceを見ないのです。そうして、徐々と徐々そろそろと slowly; quietlyまた歩き出しましたまたあるしました resumed walking

四十二四十二よんじゅうに (part) 42

わたくし I; meはKと並んでならんで side by side; together (with)足を運ばせながらあしはこばせながら walking along; making one's wayかれ he; himくち mouth出るる emerge from次のつぎの next言葉言葉ことば words腹の中ではらなかで deep down; within oneself暗にあんに in the shadows; stealthily待ち受けましたけました awaited。あるいは待ち伏せせ lying in wait forといったほう alternative (of two choices)がまだ適当適当てきとう proper; appropriateかも知れませんかもれません it may be that ...。そのとき timeの私はたといKを騙し打ちにしてだまちにして attack from behind構わないかまわない not care; have no problem withくらいに思っていたおもっていた was thinkingのです。しかし私にも教育教育きょういく education相当相当そうとう befitting; in keeping with良心良心りょうしん conscienceはありますから、もし誰かだれか someone私のそば side; vicinity; proximity来てて come (to); approachお前まえ you卑怯卑怯ひきょう cowardly; dastardly; base; meanだと一言一言ひとこと few words私語いて私語ささやいて whisperくれるものがあったなら、私はその瞬間瞬間しゅんかん instantに、はっとわれ oneself立ち帰ったかえった reverted toかも知れません。もしKがそのひと person; individualであったなら、私はおそらく彼のまえ front of赤面した赤面せきめんした turned red in the face with shameでしょう。ただKは私を窘めるたしなめる rebuke; reprove; take to taskには余りにあまりに too much正直正直しょうじき honest; upright; trueでした。余りに単純単純たんじゅん simple; pureでした。余りに人格人格じんかく personal character善良善良ぜんりょう good; virtuousだったのです。目のくらんだのくらんだ blinded; dazzled; with one's mind reeling私は、そこに敬意を払う敬意けいいはらう duly respectこと act; action忘れてわすれて forget; lose sight of、かえってそこに付け込んだんだ took advantage (of)のです。そこを利用して利用りようして use; exploit彼を打ち倒そうたおそう take down; vanquishとしたのです。

Kはしばらくして、私の name呼んでんで called私のほう direction見ましたました looked今度今度こんど this timeは私の方で自然と自然しぜんと spontaneously; reflexively足を留めましたあしめました stopped; halted。するとKも留まりました。私はその時やっとKの eyes真向に真向まむきに face on; directly見る事ができたことができた was able to ...のです。Kは私より背の高いせいたかい tallおとこ man; fellowでしたから、私は勢いいきおい necessarily; consequently彼のかお face見上げる見上みあげる look up atようにしなければなりません。私はそうした態度態度たいど manner; postureで、おおかみ wolfごとき心ごときこころ a heart like ...; a soul like ...罪のないつみのない innocent; guilelessひつじ lamb向けたけた turned towardのです。

「もうそのはなし talk止めようめよう cease; stop」と彼がいいました。彼の眼にも彼の言葉にも変にへんに oddly; curiously悲痛な悲痛ひつうな sorrowful; heartbrokenところがありました。私はちょっと挨拶挨拶あいさつ reply; responseができなかったのです。するとKは、「止めてくれ」と今度は頼むたのむ ask; beg; entreatようにいい直しましたいいなおしました restated。私はその時彼に向ってむかって turn toward残酷な残酷ざんこくな cruel; harshこたえ response与えたあたえた imparted; unleashedのです。狼がすき gap; opening; opportunityを見て羊の咽喉笛咽喉笛のどぶえ windpipe食い付くくらく bite at; snap atように。

「止めてくれって、ぼく I; meいい出したいいした broached事じゃない、もともときみ youの方から持ち出したした brought up話じゃないか。しかし君が止めたければ、止めてもいいが、ただ口の先でくちさきで with lip service止めたって仕方があるまい仕方しかたがあるまい there's no point in ...。君の心でそれを止めるだけの覚悟覚悟かくご resolution; readiness; resolveがなければ。一体一体いったい after all; in the end君は君の平生平生へいぜい usual; everyday主張主張しゅちょう opinions; views; tenetsをどうするつもりなのか」

わたくし I; meがこういったとき time; moment背の高いせいたかい tallかれ he; him自然と自然しぜんと spontaneously; reflexively私のまえ front of萎縮して萎縮いしゅくして shrink; contract; wither小さくなるちいさくなる become smaller; diminish in sizeような感じかんじ feeling; senseがしました。彼はいつも話すはなす tell; relate通りとおり just as ...頗るすこぶる exceedingly強情な強情ごうじょうな obstinate; headstrongおとこ man; fellowでしたけれども、一方では一方いっぽうでは on the other hand; at the same timeまた人一倍人一倍ひといちばい much more than the average person; more than others正直者正直者しょうじきもの man of integrityでしたから、自分の自分じぶんの one's own矛盾矛盾むじゅん contradiction; inconsistencyなどをひどく非難される非難ひなんされる be reproached; be castigated; be attacked場合場合ばあい situation; instanceには、決してけっして by (no) means平気平気へいき indifferent; composedでいられないたち quality; natureだったのです。私は彼の様子様子ようす appearance; look見てて see; regardようやく安心しました安心あんしんしました felt relieved; was set at ease。すると彼は卒然卒然そつぜん suddenly; abruptly覚悟覚悟かくご resolution; readiness; resolve?」と聞きましたきました asked; questioned。そうして私がまだ何ともなんとも (no)thing答えない先にこたえないさきに before one answers; before one can answer「覚悟、――覚悟ならないこと case; situation; matterもない」と付け加えましたくわえました added。彼の調子は独言独言ひとりごと words spoken to oneselfのようでした。またゆめ dreamなか inside; within言葉言葉ことば wordsのようでした。

二人二人ふたり two (people); the two of usはそれぎり話を切り上げてげて break off; discontinue小石川小石川こいしかわ Koishikawa (place name)宿宿やど house; dwelling; residenceほう direction足を向けましたあしけました headed toward割合に割合わりあいに comparativelyかぜ windのない暖かなあたたかな warm; mild dayでしたけれども、何しろなにしろ still; at any rateふゆ winterの事ですから、公園公園こうえん parkのなかは淋しいさびしい lonely; quiet; desertedものでした。ことにしも frost打たれてたれて hit by蒼味蒼味あおみ (tinge of) green失ったうしなった lostすぎ cedar木立木立こだち stand of trees; grove茶褐色茶褐色ちゃかっしょく dark reddish-brownが、薄黒い薄黒うすぐろい dark; duskyそら skyの中に、こずえ treetops; branch tips並べてならべて set in a line聳えてそびえて rise; tower; soarいるのを振り返って見たかえってた looked back at時は、寒ささむさ cold; chill背中背中せなか back (part of the body)噛り付いたかじいた bite atような心持心持こころもち feeling; sensationがしました。我々我々われわれ we; us夕暮夕暮ゆうぐれ evening; twilight本郷台本郷台ほんごうだい Hongō Hill急ぎ足でいそあしで at a quick paceどしどしどしどし rapidly通り抜けてとおけて pass through、また向うむこう beyond; the other sideおか hill上るのぼる climb; ascendべくべく in order to ...; for the purpose of ...小石川のたに valley下りたりた went down; descended (into)のです。私はそのころ timeになって、ようやく外套外套がいとう overcoatした below; beneathたい body温味温味あたたかみ warmth感じ出したかんした began to feelぐらいです。

急いだためでもありましょうが、我々は帰り路かえみち the road home; the way homeにはほとんど口を聞きませんでしたくちきませんでした didn't talk; didn't speakうち house; homeへ帰って食卓食卓しょくたく dining tableに向った時、奥さんおくさん Okusan (wife; lady of the house - used here as form of address)はどうして遅くなったおそくなった were lateのかと尋ねましたたずねました asked; inquired。私はKに誘われてさそわれて be invited; be requested上野上野うえの Ueno (place name)行ったった went (to)と答えました。奥さんはこの寒いのにといって驚いたおどろいた was surprised様子を見せました。お嬢さんじょうさん daughter; young ladyは上野に何があったのかと聞きたがります。私は何もないが、ただ散歩した散歩さんぽした walked; strolledのだという返事返事へんじ answerだけしておきました。平生平生へいぜい usual; ordinaryから無口な無口むくちな quiet; reticentKは、いつもよりなお黙っていましただまっていました was silent。奥さんが話しかけても、お嬢さんが笑ってわらって smile; laughも、碌なろくな decent; satisfactory挨拶挨拶あいさつ reply; responseはしませんでした。それからめし meal; food呑み込むむ gulp downように掻き込んでんで eat quickly; eat and run、私がまだ席を立たないうちにせきたないうちに before leaving the table; while still seated、自分のへや room引き取りましたりました withdrew; retired (to)

四十三四十三よんじゅうさん (part) 43

「そのころ time; age; days覚醒覚醒かくせい awakening; revivalとか新しいあたらしい new; novel; fresh生活生活せいかつ lifeとかいう文字文字もんじ words; phrasesのまだない時分時分じぶん time; periodでした。しかしKが古いふるい old自分自分じぶん onself; selfをさらりと投げ出してして cast away; toss aside一意に一意いちいに in earnest; with intensity of purpose新しい方角方角ほうがく direction; course; bearing走り出さなかったはしさなかった didn't run off (toward)のは、現代人現代人げんだいじん modern man考えかんがえ ideas; thoughtsかれ he; him欠けていたけていた were lacking; were deficientからではないのです。彼には投げ出す事のできないことのできない cannot ...; is unable to ...ほど尊いたっとい noble; exalted; sacred過去過去かこ past (experience); personal historyがあったからです。彼はそのために今日今日こんにち this day; the presentまで生きて来たきてた lived; subsisted; functionedといってもいいくらいなのです。だからKが一直線に一直線いっちょくせんに directly; straightawayあい love; affection目的物目的物もくてきぶつ objective; aim向ってむかって turn toward猛進しない猛進もうしんしない not rush in; hold backといって、決してけっして by (no) meansその愛の生温い生温なまぬるい lukewarm; halfhearted事を証拠立てる証拠しょうこてる take as evidence of訳にはゆきませんわけにはゆきません one cannot ...; one mustn't ...。いくら熾烈な熾烈しれつな fierce; hot; impassioned感情感情かんじょう feeling; emotion燃えてえて burnいても、彼はむやみに動けないうごけない can't move; can't be movedのです。前後前後ぜんご before and after; context忘れるわすれる forget; put asideほどの衝動衝動しょうどう impulse; impetus; stimulus起るおこる arise; come about機会機会きかい chance; occasionを彼に与えないあたえない not impart (to)以上以上いじょう as long as ...、Kはどうしてもちょっと踏み留まってとどまって hold one's ground自分の過去を振り返らなければならなかったかえらなければならなかった had to reflect on; couldn't help but refer toのです。そうすると過去が指し示すしめす indicate; show; point toみち way; pathいま now; the presentまで通りとおり just as; exactly as歩かなければならなくなるあるかなければならなくなる be compelled to walk; feel compelled to followのです。その上そのうえ on top of that; furthermore彼には現代人のもたない強情強情ごうじょう obstinacy; stubbornness我慢我慢がまん perseveranceがありました。わたくし I; meはこの双方双方そうほう bothてん points; aspectsにおいてよく彼のこころ heart; mind; soul見抜いて見抜みぬいて see through to; see clearlyいたつもりなのです。

上野上野うえの Ueno (place name)から帰ったかえった returnedばん eveningは、私に取ってって to ...; for ...比較的比較的ひかくてき relatively; comparatively安静な安静あんせいな quiet; restful evening; nightでした。私はKがへや room引き上げたげた withdrew; retired (to)あとを追い懸けてけて follow after、彼のつくえ deskそば side; proximity坐り込みましたすわみました sat down。そうして取り留めもないめもない wandering; menadering世間話世間話せけんばなし idle chatter; small talkをわざと彼に仕向けました仕向しむけました directed toward。彼は迷惑そう迷惑めいわくそう seemingly annoyedでした。私の eyesには勝利勝利しょうり victory; successいろ color; appearance; look多少多少たしょう to some extent; somewhat輝いてかがやいて sparkle; shineいたでしょう、私のこえ voiceにはたしかに得意得意とくい triumph; elation響きひびき echo; soundがあったのです。私はしばらくKと一つひとつ one (thing)火鉢火鉢ひばち hibachi; brazier hands翳したかざした held out to; warmed over (a fire)あと after、自分の室に帰りました。ほか otherの事にかけては何をしてもなにをしても whatever one does; no matter what one does彼に及ばなかったおよばなかった couldn't equal; couldn't match私も、そのとき time; occasionだけは恐るるに足りないおそるるにりない not worthy of fearという自覚自覚じかく self-awareness; self realizationを彼に対してたいして with respect to; regardingもっていたのです。

私はほどなくほどなく soon; before long穏やかなおだやかな calm; quiet; peaceful眠りねむり sleep; slumber落ちましたちました fell (into)。しかし突然突然とつぜん suddenly; unexpectedly私の name呼ぶぶ call声で眼を覚ましましたましました woke up; awoke見るる lookと、あいだ space (between)ふすま fusuma (sliding door)二尺二尺にしゃく 2 shaku (about 60 cm; about 2 feet)ばかり開いていて be open、そこにKの黒いくろい darkかげ figure; shape; silhouette立ってって standいます。そうして彼の室にはよい evening; early nighttime hoursの通りまだ燈火燈火あかり light; lamp点いていて be litいるのです。急にきゅうに suddenly; abruptly世界世界せかい world; realm変ったかわった changed私は、少しすこし a little; a bitあいだ interval (of time)口を利くくちく speak事もできずに、ぼうっとして、その光景光景こうけい scene; sight; view眺めてながめて gaze on; look atいました。

そのとき time; momentKはもう寝たもうた already in bed; already asleepのかと聞きましたきました asked。Kはいつでも遅くまでおそくまで until late起きてきて be awake; be upいるおとこ man; fellowでした。わたくし I; me黒いくろい dark影法師影法師かげぼうし shadow figure; silhouetteのようなKに向ってむかって turn toward何かなにか somethingよう need; wantかと聞き返しましたかえしました asked in return。Kは大したたいした important; significant用でもない、ただもう寝たか、まだ起きているかと思っておもって wonder便所便所べんじょ toilet行ったった went (to)ついでに聞いてみただけだと答えましたこたえました answered。Kは洋燈洋燈ランプ lamp light背中背中せなか backside; back受けてけて receiveいるので、かれ he; him顔色顔色かおいろ countenance; expression眼つきつき look in one's eyesは、全くまったく utterly; completely私には分りませんでしたわかりませんでした couldn't read; couldn't discern。けれども彼のこえ voice不断不断ふだん usualよりもかえって落ち付いていたいていた was relaxed; was calmくらいでした。

Kはやがて開けたけた opened; openふすま fusuma (sliding door)をぴたりと立て切りましたりました closed up; shut。私のへや roomはすぐ元のもとの prior; former暗闇暗闇くらやみ darkness帰りましたかえりました returned; reverted (to)。私はその暗闇より静かなしずかな quiet; peacefulゆめ dream見るる see; viewべくべく in order to ...; for the purpose of ...また眼を閉じましたじました closed。私はそれぎり何も知りませんりません not know; not perceive。しかし翌朝翌朝よくあさ next morningになって、昨夕昨夕ゆうべ night beforeこと matter; affair考えてみるかんがえてみる consider; think aboutと、何だかなんだか somehow不思議不思議ふしぎ strange; curiousでした。私はことによると、すべてが夢ではないかと思いました。それでめし meal食うう eat時、Kに聞きました。Kはたしかに襖を開けて私の name呼んだんだ calledといいます。なぜそんな事をしたのかと尋ねるたずねる ask; inquireと、別にべつに in particular判然した判然はっきりした clear; definite返事返事へんじ answer; replyもしません。調子の抜けた調子ちょうしけた out of sorts; unwellころ time; phaseになって、近頃近頃ちかごろ recently; lately熟睡熟睡じゅくすい sound sleepができるのかとかえって向うから私に問うう askのです。私は何だかへん odd; strange感じましたかんじました felt; sensed; perceived

その dayちょうど同じおなじ the same時間時間じかん time; hour講義講義こうぎ lecture始まるはじまる start; begin時間割時間割じかんわり (class) scheduleになっていたので、二人二人ふたり two (people); the two of usはやがていっしょにうち house出ましたました left; departed (from)今朝今朝けさ that morningから昨夕昨夕さくゆう the prior eveningの事が気に掛っているかかっている weigh on one's mind私は、途中で途中とちゅうで on the way; along the wayまたKを追窮しました追窮ついきゅうしました followed up with; pursued。けれどもKはやはり私を満足させる満足まんぞくさせる satisfyような答えをしません。私はあの事件事件じけん matter; affairについて何か話すはなす talk about; discussつもりではなかったのかと念を押してねんして double check; make sure ofみました。Kはそうではないと強いつよい strong; emphatic調子でいい切りましたいいりました asserted; insisted昨日昨日きのう the day before上野上野うえの Ueno (place name)で「そのはなし talkはもう止めようめよう cease; stop」といったではないかと注意する注意ちゅういする advise; cautionごとくにも聞こえました。Kはそういうてん pointに掛けてけて concerning ...; when it comes to ...鋭いするどい sharp; keen自尊心自尊心じそんしん pride; self-esteemをもった男なのです。ふとそこに気のついたのついた recognized; realized私は突然突然とつぜん suddenly彼の用いたもちいた used; applied覚悟覚悟かくご resolution; readiness; resolve」という言葉言葉ことば word; expression連想し出しました連想れんそうしました began to reflect on。するといま now; the presentまでまるで気にならなかったその二字二字にじ two characters妙なみょうな odd; curiousちから power; forceで私のあたま head; mind抑え始めたおさはじめた began to take over; began to oppressのです。

四十四四十四よんじゅうよん (part) 44

「Kの果断果断かだん decisiveness; resolution富んだんだ rich (with); abundant (in)性格性格せいかく character; nature; dispositionわたくし I; meによく知れていましたれていました was knownかれ he; himのこの事件事件じけん matter; affairについてのみ優柔優柔ゆうじゅう indecisivenessわけ circumstances; situationも私にはちゃんと呑み込めていためていた was understoodのです。つまり私は一般一般いっぱん ordinary; usual; common心得た心得こころえた knew; understood; was aware of上でうえで on top of; given that例外例外れいがい exception; anomaly場合場合ばあい case; situationをしっかり攫まえたつらまえた graspedつもりで得意得意とくい confident; self-assuredだったのです。ところが「覚悟覚悟かくご resolution; readiness; resolve」という彼の言葉言葉ことば word; expressionを、あたま head; mindのなかで何遍も何遍なんべんも any number of times; repeatedly咀嚼して咀嚼そしゃくして ruminate on; contemplateいるうちに、私の得意はだんだんいろ color; sheen失ってうしなって lose、しまいにはぐらぐら揺き始めるぐらぐらうごはじめる begin to wobble; begin to totterようになりました。私はこの場合もあるいは彼にとって例外でないのかも知れないと思い出したおもした began to think; began to imagineのです。すべての疑惑疑惑ぎわく doubt; misgivings煩悶煩悶はんもん anguish; agony懊悩懊悩おうのう qualms; worries; agitation、を一度に一度いちどに at once; with one stroke解決する解決かいけつする solve; settle; resolve最後の最後さいごの final; ultimate手段手段しゅだん means; measureを、彼はむね breast; bosomのなかに畳み込んでたたんで fold into; embraceいるのではなかろうかと疑り始めたうたぐはじめた began to suspectのです。そうした新しいあたらしい new; freshひかり lightで覚悟の二字二字にじ two characters眺め返してながかえして reflect on; reviewみた私は、はっと驚きましたおどろきました was taken aback; was shocked。そのとき time; occasionの私がもしこの驚きをもって、もう一返もう一返いっぺん one more time彼の口にしたくちにした spoke; uttered覚悟の内容内容ないよう content; substance公平に公平こうへいに impartially; objectively見廻したらば見廻みまわしたらば (if one had) surveyed; regarded、まだよかったかも知れません。悲しいかなしい regrettable; lamentable; unfortunateこと matter; factに私は片眼片眼めっかち blind in one eye; half blindでした。私はただKがお嬢さんじょうさん daughter; young ladyに対してたいして with respect to; regarding進んで行くすすんでく advance; more forwardという意味意味いみ meaningにその言葉を解釈しました解釈かいしゃくしました interpreted; understood。果断に富んだ彼の性格が、こい (romantic) love方面方面ほうめん area; sphere発揮される発揮はっきされる be demonstrated; be made manifestのがすなわち彼の覚悟だろうと一図に一図いちずに wholeheartedly; earnestly思い込んでおもんで be under the impression; be convincedしまったのです。

私は私にも最後の決断決断けつだん decision; determination必要必要ひつよう necessary; neededだというこえ voiceこころ heart; mind; soulみみ ear聞きましたきました heard。私はすぐその声に応じておうじて respond; answer (to)勇気勇気ゆうき courage; nerve振り起しましたおこしました stirred up; awakened; aroused。私はKより先にさきに before; in advance、しかもKの知らない interval (of time)に、事を運ばなくてはならないはこばなくてはならない had to bring about; had to make happenと覚悟を極めましためました fixed; settled。私は黙ってだまって in silence機会機会きかい opportunity; chance覘ってねらって aim forいました。しかし二日二日ふつか two days経ってって elapse; go by三日三日みっか three days経っても、私はそれを捕まえるつらまえる grasp; seize事ができません。私はKのいない時、またお嬢さんの留守留守るす out of the house; awayおり opportunity; chance; occasion待ってって wait for奥さんおくさん Okusan (wife; lady of the house - used here as form of address)談判談判だんぱん talk; discussion; negotiation開こうひらこう open; begin考えたかんがえた thought (to do)のです。しかし片方片方かたほう one (of the two)がいなければ、片方が邪魔をする邪魔じゃまをする interfere; hinder; impedeといったふう mannerの日ばかり続いてつづいて continue、どうしても「いま nowだ」と思う好都合好都合こうつごう favorable; opportune (circumstance)出て来てて come about; ariseくれないのです。私はいらいらしました。

一週間一週間いっしゅうかん one weekのち afterわたくし I; meはとうとう堪え切れなくなってれなくなって become unbearable; be no longer able to take (it)仮病仮病けびょう feigned illness遣いましたつかいました used; employed奥さんおくさん Okusan (wife; lady of the house - used here as form of address)からもお嬢さんじょうさん daughter; young ladyからも、K自身自身じしん himselfからも、起きろきろ wake up; get upという催促催促さいそく pressing; urging受けたけた received私は、生返事生返事なまへんじ half-hearted reply; cursory responseをしただけで、十時十時じゅうじ ten (o'clock)ごろ around; aboutまで蒲団蒲団ふとん futon被ってかぶって cover oneself with寝てて sleep; stay in bedいました。私はKもお嬢さんもいなくなって、いえ houseなか inside; withinがひっそり静まったしずまった became quiet; grew stillころ time見計らって見計みはからって aim for; target寝床寝床ねどこ bed; bedding出ましたました left; came out of。私のかお face見たた saw奥さんは、すぐどこが悪いわるい not good; unwellかと尋ねましたたずねました asked; inquired食物食物たべもの something to eat; food枕元枕元まくらもと by one's pillow; bedside運んではこんで carry; bringやるから、もっと寝ていたらよかろうと忠告して忠告ちゅうこくして advise; cautionもくれました。身体身体からだ body; physical health異状異状いじょう problem; abnormalityのない私は、とても寝る inclinationにはなれません。顔を洗ってあらって washいつもの通りいつものとおり as always茶の間ちゃ tea room; hearth roomめし meal食いましたいました ate。そのとき time奥さんは長火鉢長火鉢ながひばち rectangular hibachi; oblong brazier向側向側むこうがわ other sideから給仕給仕きゅうじ serving; attendingをしてくれたのです。私は朝飯朝飯あさめし morning meal; breakfastとも午飯午飯ひるめし noon meal; lunchとも片付かない片付かたづかない not fit into; not be settled as茶椀茶椀ちゃわん rice bowl hand持ったった heldまま、どんなふう manner; way問題問題もんだい subject; topic切り出したものしたもの should broach; can beginだろうかと、そればかりに屈托して屈托くったくして be occupied; be concerned (with)いたから、外観外観がいかん outside appearanceからは実際実際じっさい in fact; indeed気分気分きぶん feeling好くないくない not well; out of sorts病人病人びょうにん sick person; someone under the weatherらしく見えただろうと思いますおもいます think; reckon

私は飯を終ってしまって finish烟草烟草タバコ tobacco; cigarette吹かし出しましたかししました started to smoke。私が立たないたない not get up; not leave (one's seat)ので奥さんも火鉢のそば proximity離れるはなれる move away from訳にゆきませんわけにゆきません couldn't ...下女下女げじょ maidservant呼んでんで call; summonぜん (dining) tray下げさせたげさせた had (someone) take outうえ on top of; in addition to鉄瓶鉄瓶てつびん iron kettleみず water注したりしたり pour (into)、火鉢のふち edge; rim; lip拭いたりしていたりして wipe、私に調子を合わせて調子ちょうしわせて keep with (someone)います。私は奥さんに特別な特別とくべつな special; particular用事用事ようじ tasks; work to be doneでもあるのかと問いましたいました asked。奥さんはいいえと答えましたこたえました answeredが、今度今度こんど this time向うむこう the other partyでなぜですと聞き返して来ましたかえしてました came back with a question in return。私は実はじつは actually少しすこし a little; a bit話したいはなしたい want to talk about; want to discussこと matterがあるのだといいました。奥さんはなん whatですかといって、私の顔を見ました。奥さんの調子はまるで私の気分にはいり込めないはいりめない not fitting with; not aligned withような軽いかるい light; easy; casualものでしたから、私はつぎ next出すす put forthべき文句文句もんく wordsも少し渋りましたしぶりました hesitated; faltered

私は仕方なしに仕方しかたなしに having no other recourse言葉言葉ことば wordsの上で、好い加減に加減かげんに vaguely; nebulouslyうろつき廻ったうろつきまわった wandered; perambulatedすえ after ...、Kが近頃近頃ちかごろ recently; of late何かなにか somethingいいはしなかったかと奥さんに聞いてみました。奥さんは思いも寄らないおもいもらない unexpected; out of the blueという風をして、「何を?」とまた反問して反問はんもんして ask in return来ました。そうして私の答えるまえ beforeに、「あなたには何かおっしゃったんですか」とかえって向うで聞くのです。

四十五四十五よんじゅうご (part) 45

「Kから聞かされたかされた was told; was party to打ち明け話ばなし confidential talk; confessionを、奥さんおくさん Okusan (wife; lady of the house - used here as form of address)伝えるつたえる convey; report intentionのなかったわたくし I; meは、「いいえ」といってしまった後であとで after、すぐ自分の自分じぶんの one's ownうそ lie; falsehood快からずこころよからず unpleasant; disagreeable感じましたかんじました felt; experienced仕方がない仕方しかたがない having no other recourseから、別段別段べつだん in particular; especially何もなにも (no)thing頼まれたたのまれた was requested; was asked覚えおぼえ recollection; remembranceはないのだから、Kに関するかんする relating to; concerning用件用件ようけん matter; affairではないのだといい直しましたいいなおしました restated。奥さんは「そうですか」といって、後を待ってって wait for; awaitいます。私はどうしても切り出さなければならなくなりましたさなければならなくなりました was compelled to come out with it。私は突然突然とつぜん suddenly; abruptly「奥さん、お嬢さんじょうさん daughter; young ladyを私に下さいください please give; please bestow」といいました。奥さんは私の予期して予期よきして anticipate; expectかかったほど驚いたおどろいた was surprised様子様子ようす appearance; indication見せませんでしたせませんでした did not showが、それでも少時少時しばらく for some time返事返事へんじ reply; responseができなかったものと見えて、黙ってだまって in silence; without speaking私のかお face眺めてながめて look at; regard; studyいました。一度一度いちど onceいい出したいいした brought out; broached私は、いくら顔を見られても、それに頓着頓着とんじゃく care; concern; heedなどはしていられません。「下さい、ぜひ下さい」といいました。「私のつま wifeとしてぜひ下さい」といいました。奥さんは年を取ってとしって aged; olderいるだけに、私よりもずっと落ち付いていて relaxed; composedいました。「上げてげて give to; offer toもいいが、あんまりきゅう quick; suddenじゃありませんか」と聞くのです。私が「急に貰いたいもらいたい receive; take; acceptのだ」とすぐ答えたらこたえたら answered; replied笑い出しましたわらしました began to laugh。そうして「よく考えたかんがえた considered; thought overのですか」と念を押すねんす make sure of; reconfirmのです。私はいい出したのは突然でも、考えたのは突然でないというわけ circumstance; situation強いつよい strong; emphatic言葉言葉ことば words説明しました説明せつめいしました explained

それからまだ二つふたつ two (things)三つみっつ three (things)問答問答もんどう questions and answersがありましたが、私はそれを忘れてわすれて forgetしまいました。おとこ man; maleのように判然した判然はきはきした clear; crispところのある奥さんは、普通の普通ふつうの usual; typicalおんな woman; female違ってちがって different (from)こんな場合場合ばあい situationには大変大変たいへん very much; a great deal心持よく心持こころもちよく pleasantly; agreeablyはなし talk; conversationのできるひと personでした。「宜ござんすござんす very well差し上げましょうげましょう give; offer up」といいました。「差し上げるなんて威張った威張いばった proud; conceited; superiorくち mouth; manner of speaking利けるける can apply境遇境遇きょうぐう circumstancesではありません。どうぞ貰って下さい。ご存じの通りぞんじのとおり as you know; as you're aware父親父親ちちおや fatherのない憐れなあわれな pitiable; miserable childです」と後では向うむこう the other side; the other partyから頼みましたたのみました requested; entreated

はなし talk; conversation簡単簡単かんたん simple; easyでかつ明瞭明瞭めいりょう clear; concise片付いて片付かたづいて be wrapped up; be settledしまいました。最初最初さいしょ beginning; onsetからしまいまでにおそらく十五分十五分じゅうごふん fifteen minutesとは掛らなかったかからなかった didn't take; didn't consumeでしょう。奥さんおくさん Okusan (wife; lady of the house - used here as form of address)何のなんの (no) sort of条件条件じょうけん conditions持ち出さなかったさなかった didn't bring up; didn't raiseのです。親類親類しんるい relatives; relations相談する相談そうだんする discuss; consult (with)必要必要ひつよう necessity; needもない、あと after; laterから断ればことわれば inform; give noticeそれで沢山沢山たくさん adequate; sufficientだといいました。本人本人ほんにん the person in question意嚮意嚮いこう inclination; thoughtsさえたしかめるに及ばないおよばない no need to ...明言しました明言めいげんしました declared; stated。そんなてん pointになると、学問をした学問がくもんをした received an educationわたくし I; meほう alternative (of two choices)が、かえって形式形式かたしき form; method拘泥する拘泥こうでいする adhere to; be particular aboutくらいに思われたおもわれた seemedのです。親類はとにかく、当人当人とうにん the one concerned; the said personにはあらかじめ話してはなして talk; discuss (with)承諾承諾しょうだく consent; agreement得るる obtain; gain; winのが順序順序じゅんじょ (proper) sequenceらしいと私が注意した注意ちゅういした advised; cautionedとき time; moment、奥さんは「大丈夫大丈夫だいじょうぶ okay; alrightです。本人が不承知不承知ふしょうち objection; refusalところ placeへ、私があの childをやるはずがありませんから」といいました。

自分の自分じぶんの one's ownへや room帰ったかえった returned (to)私は、こと mattersのあまりに訳もなくわけもなく simply; easily進行した進行しんこうした advanced; progressedのを考えてかんがえて consider; think about、かえって変なへんな odd; strange気持気持きもち feeling; sensationになりました。はたして大丈夫なのだろうかという疑念疑念ぎねん doubt; misgivingさえ、どこからかあたま head; mindそこ bottom; depths這い込んで来たんでた crept; entered (into)くらいです。けれども大体大体だいたい overall; for the most partの上においてうえにおいて with regard to; concerning、私の未来未来みらい future運命運命うんめい fate; fortunesは、これで定められたさだめられた was decided; was determinedのだという観念観念かんねん idea; notion; conceptが私のすべてを新たにしましたあらたにしました renewed; refreshed

私は午頃午頃ひるごろ around noonまた茶の間ちゃ tea room; hearth room出掛けて行って出掛でかけてって went out (to)、奥さんに、今朝今朝けさ this morningの話をお嬢さんじょうさん daughter; young lady何時何時いつ when通じてつうじて communicate; conveyくれるつもりかと尋ねましたたずねました asked; inquired。奥さんは、自分さえ承知していれば、いつ話しても構わなかろうかまわなかろう shouldn't matterというような事をいうのです。こうなると何だか私よりも相手相手あいて the other partyの方が男みたおとこみた manly; masculineようなので、私はそれぎり引き込もうもう withdraw; retreatとしました。すると奥さんが私を引き留めてめて stop; hold back; detain、もし早いはやい quick; soon方が希望希望きぼう desire; wishならば、今日今日きょう todayでもいい、稽古稽古けいこ lessonsから帰って来たら、すぐ話そうというのです。私はそうしてもらう方が都合が好い都合つごうい convenient; advantageous; preferred答えてこたえて answer; respondまた自分の室に帰りました。しかし黙ってだまって in silence自分のつくえ deskまえ front of坐ってすわって sit; be seated二人二人ふたり two (people); the two of themこそこそ話こそこそばなし private whisperings遠くからとおくから from a distance聞いている私を想像して想像そうぞうして imagine; think aboutみると、何だか落ち付いていて relax; be at easeいられないような feelingもするのです。私はとうとう帽子帽子ぼうし hat被ってかぶって put on; wear (on one's head)おもて out frontへ出ました。そうしてまたさか slope; hillした bottomでお嬢さんに行き合いましたいました happened upon; met in passing。何にも知らないらない not know; not be aware ofお嬢さんは私を見てて see驚いたおどろいた was surprisedらしかったのです。私が帽子を脱ってって take offいま now; just nowお帰り」と尋ねると、向うむこう the other partyではもう病気病気びょうき illness; malady癒ったなおった recovered; become betterのかと不思議そうに不思議ふしぎそうに seeming to find curious; in surprise聞くのです。私は「ええ癒りました、癒りました」と答えて、ずんずん水道橋水道橋すいどうばし Suidōbashi (place name)の方へ曲ってまがって turn (toward)しまいました。

四十六四十六よんじゅうろく (part) 46

わたくし I; me猿楽町猿楽町さるがくちょう Sarugakuchō (place name)から神保町神保町じんぼうちょう Jinbōchō (place name)通りとおり broad street; boulevard出てて come out; emerge (onto)小川町小川町おがわまち Ogawamachi (place name)ほう direction曲りましたまがりました turned; headed (toward)。私がこの界隈界隈かいわい neighborhood; vicinity歩くあるく walk (through)のは、いつも古本屋古本屋ふるほんや used book shopひやかすひやかす browse; window shopのが目的目的もくてき aim; intentでしたが、その day手摺れのした手摺てずれのした worn from handling書物書物しょもつ booksなどを眺めるながめる look over; view inclinationが、どうしても起らないおこらない not arise; not come aboutのです。私は歩きながら絶えずえず constantly; alwaysうち house; homeこと matters; happenings考えてかんがえて consider; think aboutいました。私には先刻先刻さっき before; prior奥さんおくさん Okusan (wife; lady of the house - used here as form of address)記憶記憶きおく memory; recollectionがありました。それからお嬢さんじょうさん daughter; young ladyが宅へ帰ってかえって return (to)からの想像想像そうぞう picture in one's mind; suppositionがありました。私はつまりこの二つのものふたつのもの two thingsで歩かせられていたようなものです。その上そのうえ on top of that; furthermore私は時々時々ときどき sometimes; from time to time往来往来おうらい road; street真中真中まんなか middle我知らず我知われしらず involuntarily; instinctively; unwittinglyふと立ち留まりましたまりました came to a stop; halted。そうして今頃今頃いまごろ about nowは奥さんがお嬢さんにもうあのはなし talk; conversationをしている時分時分じぶん time; periodだろうなどと考えました。また或る時はときは (at a) certain time、もうあの話が済んだんだ finished; concludedころ timeだとも思いましたおもいました thought; supposed

私はとうとう万世橋万世橋まんせいばし Mansei Bridge渡ってわたって cross (over)明神明神みょうじん Myōjin (place name)さか hill上がってがって ascend; climb本郷台本郷台ほんごうだい Hongō Heights来てて come (to); arrive (at)、それからまた菊坂菊坂きくざか Kiku Hill下りてりて descend; go down、しまいに小石川小石川こいしかわ Koishikawa (place name)たに valleyへ下りたのです。私の歩いた距離距離きょり distance; range; extentはこの三区三区さんく three sections; three districts跨がってまたがって straddle; extend acrossいびつないびつな irregular; distortedえん circle描いたえがいた drew; depicted; describedともいわれるでしょうが、私はこの長いながい long; lengthy; extended散歩散歩さんぽ walk; strollあいだ interval (of time)ほとんどKの事こと regarding ...; concerning ...を考えなかったのです。いま now; the presentその時の私を回顧して回顧かいこして look back on; consider in retrospect、なぜだと自分自分じぶん oneself聞いていて ask; questionみても一向一向いっこう utterly; completely分りませんわかりません can't understand; fail to grasp。ただ不思議不思議ふしぎ odd; strangeに思うだけです。私のこころ heart; mindがKを忘れ得るわする be able to forgetくらい、一方一方いっぽう one direction; single purpose緊張して緊張きんちょうして be strained; be stressedいたとみればそれまでですが、私の良心良心りょうしん conscienceがまたそれを許すゆるす allow; permitべきはずはなかったのですから。

に対するたいする regarding; with respect to私の良心が復活した復活ふっかつした recovered; revived; returnedのは、私が宅の格子格子こうし latticework (door)開けてけて open玄関玄関げんかん entry hallから坐敷坐敷ざしき room通るとおる pass (through to)時、すなわち例のごとくれいのごとく as usualかれ he; himへや room抜けようけよう cut throughとした瞬間瞬間しゅんかん moment; instantでした。彼はいつもの通りいつものとおり as alwaysつくえ desk向ってむかって turn toward書見書見しょけん readingをしていました。彼はいつもの通り書物から eyes放してはなして remove、私を見ましたました looked at; regarded。しかし彼はいつもの通り今帰ったのかいまかえったのか did you just get home; are you just now backとはいいませんでした。彼は「病気病気びょうき illness; maladyはもう癒いい betterのか、医者医者いしゃ doctorへでも行ったった went (to)のか」と聞きました。私はその刹那刹那せつな moment; instantに、彼のまえ before; front of手を突いていて place both hands on the ground (in an act of apology)詫まりたくなったあやまりたくなった wanted to apologizeのです。しかも私の受けたけた receivedその時の衝動衝動しょうどう impetus; urge決してけっして by (no) means弱いよわい weak; delicate; faintものではなかったのです。もしKと私がたった二人二人ふたり two (people)曠野曠野こうや wilderness; wildsの真中にでも立っていたっていた were standingならば、私はきっと良心の命令命令めいれい order; command従ってしたがって follow; abide by、その place; locationで彼に謝罪したろう謝罪しゃざいしたろう would have apologizedと思います。しかしおく interior; withinにはひと (other) peopleがいます。私の自然自然しぜん nature; (natural) impulseはすぐそこで食い留められてしまっためられてしまった was checked; was held backのです。そうして悲しいかなしい regrettable; lamentable; unfortunate事に永久に永久えいきゅうに forever; for all time復活しなかったのです。

夕飯夕飯ゆうめし evening meal; dinnerとき time; occasionKとわたくし I; meはまた顔を合せましたかおあわせました came face to face; came together何にもなんにも (no)thing知らないらない not know; not be aware ofKはただ沈んでいたしずんでいた was sunken; was distant; was withdrawnだけで、少しもすこしも (not) in the least疑い深いうたがぶかい distrustful; suspicious eyes; lookを私に向けませんけません not direct (toward)。何にも知らない奥さんおくさん Okusan (wife; lady of the house - used here as form of address)はいつもより嬉しそううれしそう looking happy; seemingly pleasedでした。私だけがすべてを知っていたのです。私はなまり lead (metal)のような飯を食いましたいました ate。その時お嬢さんじょうさん daughter; young ladyはいつものようにみんなと同じおなじ the same食卓食卓しょくたく dining table並びませんでしたならびませんでした didn't take one's place; didn't join。奥さんが催促する催促さいそくする press; urgeと、次のつぎの adjacent; adjoiningへや room只今只今ただいま in a minute; just a moment答えるこたえる answer; replyだけでした。それをKは不思議そうに不思議ふしぎそうに seeming to find curious; in surprise聞いていて listen toいました。しまいにどうしたのかと奥さんに尋ねましたたずねました asked; inquired。奥さんは大方大方おおかた probably; most likely極りが悪いきまりがわるい feel awkward; feel abashedのだろうといって、ちょっと私の顔を見ましたました looked at。Kはなお不思議そうに、なんで極りが悪いのかと追窮しに掛かりました追窮ついきゅうしにかりました proceeded to pursue。奥さんは微笑しながら微笑びしょうしながら smiling; with a grinまた私の顔を見るのです。

私は食卓に着いたいた arrived (at)初めはじめ beginning; outsetから、奥さんの顔付顔付かおつき countenance; expressionで、こと matter; affair成行成行なりゆき outcome; resultをほぼ推察して推察すいさつして guess; surmiseいました。しかしKに説明説明せつめい explanation与えるあたえる impart (to); bestow (on)ために、私のいるまえ front ofで、それを悉くことごとく altogether; in entirety話されてはなされて have told; have said堪らないたまらない be unbearable考えましたかんがえました considered; thought。奥さんはまたそのくらいの事を平気でする平気へいきでする think nothing of doing; not hesitate to doおんな womanなのですから、私はひやひやしたひやひやした was on pins and needlesのです。幸いにさいわいに fortunately; luckilyKはまた元のもとの former; previous沈黙沈黙ちんもく silence; reticence帰りましたかえりました returned; reverted (to)平生平生へいぜい usualより多少多少たしょう somewhat機嫌のよかった機嫌きげんのよかった was in a good mood; was in high spirits奥さんも、とうとう私の恐れおそれ fear; concern抱いていだいて hold; harborいるてん pointまでははなし talk; conversation進めずにすすめずに without advancing; without offering upしまいました。私はほっと一息して一息ひといきして catch one's breath; relax a bit室へ帰りました。しかし私がこれから先これからさき going forward; from here onに対してたいして with respect to; regarding取るる take; assumeべき態度態度たいど attitude; mannerは、どうしたものだろうか、私はそれを考えずにはいられませんでした。私は色々の色々いろいろの various; myriad弁護弁護べんご defense; explanation; justification自分の自分じぶんの one's ownむね breast; bosom拵えてこしらえて make; craft; form; conjure upみました。けれどもどの弁護もKに対して面と向うめんむかう meet face-to-faceには足りませんでしたりませんでした was insufficient; was inadequate卑怯な卑怯ひきょうな cowardly; spineless私はついに自分で自分をKに説明するのがいや loathsome; forbiddingになったのです。