じゅう (part) 10

ちち father病気病気びょうき illness; malady同じおなじ the sameような状態状態じょうたい condition; state一週間一週間いっしゅうかん one week; a week以上以上いじょう more thanつづいた。わたくし I; meその間にそのあいだに during that time長いながい long; lengthy手紙手紙てがみ letter九州九州きゅうしゅう Kyūshūにいるあに older brother; elder brotherあて addressed to出したした put out; sentいもと younger sister (usually いもうと)へははは motherから出させた。私は腹の中ではらなかで inwardly; to oneself、おそらくこれが父の健康健康けんこう health; physical conditionに関してかんして concerning二人二人ふたり two people; the two of themへやる最後最後さいご last; final音信音信たより letter; correspondenceだろうと思ったおもった thought; figured; believed。それで両方両方りょうほう both (of them)へいよいよという場合場合ばあい situation; circumstanceには電報を打つ電報でんぽうつ send a telegramから出て来いい comeという意味意味いみ meaning; nuance書き込めためた included; incorporated (in one's writing)

兄は忙しいいそがしい busy; hecticしょく work; occupationにいた。妹は妊娠中妊娠中にんしんちゅう pregnant; expecting; with childであった。だから父の危険危険きけん danger; peril眼の前まえ before one's eyes; right in front of one逼らないうちにせまらないうちに while not pressing; until urgent呼び寄せるせる call; summon自由は利かなかった自由じゆうかなかった was not at leisure to ...。といって、折角折角せっかく at great pains; taking the trouble to都合して都合つごうして make arrangements来たた came; arrivedには来たが、間に合わなかったわなかった was too lateといわれるのも辛かったつらかった would be hard to bear。私は電報を掛ける電報でんぽうける send a telegram時機時機じき time; timingについて、ひと people; others知らないらない not be aware of; not realize責任責任せきにん responsibility感じたかんじた felt

「そう判然りした判然はっきりした clear; definitiveこと situation; state of affairsになると私にも分りませんわかりません don't know; can't say。しかし危険はいつ来るる come; arriveか分らないという事だけは承知していて承知しょうちしていて be aware of; keep in mind下さいください please ...

停車場停車場ステーション stationのあるまち townから迎えたむかえた went to meet; went to receive医者医者いしゃ doctorは私にこういった。私は母と相談して相談そうだんして discuss; consult、その医者の周旋周旋しゅうせん mediation; introductionで、町の病院病院びょういん hospital; clinicから看護婦看護婦かんごふ nurse一人一人ひとり one person頼むたのむ request事にしたことにした decided to ...。父は枕元枕元まくらもと pillow side; bedsideへ来て挨拶する挨拶あいさつする greet; introduce oneself白いしろい whiteふく clothing; outfit着たた woreおんな woman見てて look at変なへんな odd; strangeかお face; (facial) expressionをした。

父は死病死病しびょう fatal disease; terminal illnessに罹っているかかっている be afflicted with事をとうから自覚していた自覚じかくしていた was resigned to。それでいて、眼前眼前がんぜん before one's eyesにせまりつつある deathそのものには気が付かなかったかなかった had not taken notice of

今にいまに soon; even now癒ったらなおったら get better; feel betterもう一返もう一返いっぺん one more time東京東京とうきょう Tōkyō遊びに行ってあそびにって go and visit; travel (for pleasure)みよう。人間人間にんげん human beings; people; a personはいつ死ぬか分らないからな。何でもなんでも anything and everythingやりたい事は、生きてるきてる be aliveうちにやっておくに限るかぎる is limited to ...; can only ...

母は仕方なしに仕方しかたなしに having no choice; of necessity「そのとき time; occasionは私もいっしょに伴れて行ってれてって take along; take with頂きましょういただきましょう have (someone) do (something)」などと調子を合せて調子ちょうしあわせて go along with; humorいた。

時とするとときとすると sometimes; at timesまた非常に非常ひじょうに extremely; exceedingly淋しがったさみしがった felt despondent; felt forlorn

「おれが死んだら、どうかお母さんかあさん mother大事にして大事だいじにして take care ofやってくれ」

わたくし I; meはこの「おれが死んだらんだら die; pass away」という言葉言葉ことば words; expression一種の一種いっしゅの a certain kind of記憶記憶きおく memory; recollectionをもっていた。東京東京とうきょう Tōkyō立つつ leave; departとき time; occasion先生先生せんせい Sensei (elder one; teacher - used here as form of address)奥さんおくさん wife向かってかって turn toward何遍も何遍なんべんも numerous timesそれを繰り返したかえした repeatedのは、私が卒業した卒業そつぎょうした graduated dayばん eveningこと happening; affairであった。私は笑いわらい smile; grin帯びたびた was tinged with; had hints of先生のかお face; (facial) expressionと、縁喜縁喜えんぎ auspiciousness; harbinger of good fortune (usually 縁起えんぎ)でもないと耳を塞いだみみふさいだ stopped one's ears; refused to hear奥さんの様子様子ようす appearance; mannerとを憶い出したおもした remembered; recalled。あの時の「おれが死んだら」は単純な単純たんじゅんな mere; simple仮定仮定かてい supposition; postulateであった。いま now; the present私が聞くく hearのはいつ起るおこる happen; occur; come to be分らないわからない don't know; can't say事実事実じじつ reality; truthであった。私は先生に対するたいする with respect to; regarding奥さんの態度態度たいど manner; behavior学ぶまなぶ follow (one's example); emulate事ができなかった。しかし口の先ではくちさきでは verbally; with one's words何とかなんとか somehow; in some wayちち father紛らさなければならなかったまぎらさなければならなかった had to divert; had to distract

「そんな弱いよわい downtrodden; defeatist事をおっしゃっちゃいけませんよ。今に癒ったらなおったら recover; get better東京へ遊びにいらっしゃるあそびにいらっしゃる go visit; go seeはずじゃありませんか。お母さんかあさん motherといっしょに。今度今度こんど this timeいらっしゃるときっと吃驚します吃驚びっくりします be surprisedよ、変っているかわっている is changed; is differentんで。電車電車でんしゃ (electric) train新しいあたらしい new線路線路せんろ railway line; railway trackだけでも大変大変たいへん very much; a good deal増えてえて increaseいますからね。電車が通るとおる pass (through)ようになれば自然自然しぜん naturally; as a matter of course町並町並まちなみ townscape; the look of the townも変るし、その上にそのうえに on top of that; furthermore市区改正市区しく改正かいせい urban renewal (Meiji era)もあるし、東京が凝としているじっとしている be quiet; lie still時は、まあ二六時中二六時中にろくじちゅう night and day; at all times一分一分いっぷん one minute; a single minuteもないといっていいくらいです」

私は仕方がない仕方しかたがない have no choice; have no other recourseからいわないでいい事まで喋舌った喋舌しゃべった talked of; went on about。父はまた、満足らしく満足まんぞくらしく seemingly satisfiedそれを聞いていた。

病人病人びょうにん sick person; invalidがあるので自然いえ house出入り出入でいり comings and goings; visitations多くなったおおくなった grew in number近所近所きんじょ neighborhood; vicinityにいる親類親類しんるい relativesなどは、二日二日ふつか two days一人一人ひとり one (person)ぐらいのわり rate; pace代る代る代る代るかわるがわる alternately; by turns見舞見舞みまい calling on someone who's sick; well wishing来たた came; arrivedなか among (them)には比較的比較的ひかくてき relatively; comparatively遠くとおく far; distant (place)にいて平生平生へいぜい usually; ordinarily疎遠な疎遠そえんな out of touch; having no contactものもあった。「どうかと思ったらおもったら think; wonder、この様子じゃ大丈夫大丈夫だいじょうぶ all right; okayだ。はなし speech自由自由じゆう unhindered; unimpededだし、だいち顔がちっとも瘠せてせて thin; gauntいないじゃないか」などといって帰るかえる return; head homeものがあった。私の帰った当時当時とうじ at the time of ...ひっそりし過ぎるひっそりしぎる too quietほど静かしずか silent; stillであった家庭家庭かてい householdが、こんな事で段々段々だんだん graduallyざわざわし始めたざわざわしはじめた came to life

その中に動かずにいるうごかずにいる stay put; remain in place父の病気病気びょうき illness; maladyは、ただ面白くない面白おもしろくない unfavorableほう direction移って行くうつってく shift (to); trend (toward)ばかりであった。私ははは mother伯父伯父おじ uncle相談して相談そうだんして discuss; consult、とうとうあに older brother; elder brotherいもと younger sister (usually いもうと)電報を打った電報でんぽうった sent word (by telegram)。兄からはすぐ行くという返事返事へんじ reply; responseが来た。妹のおっと husbandからも立つという報知報知しらせ notificationがあった。妹はこのまえ before; prior懐妊した懐妊かいにんした became pregnant時に流産した流産りゅうざんした miscarriedので、今度こそはくせ (un-wished for) tendency; routineにならないように大事を取らせる大事だいじらせる have (someone) take careつもりだと、かねていい越したいいした sent word; communicatedその夫は、妹の代りにかわりに in place of自分自分じぶん oneself出て来るる come; appearかも知れなかったかもれなかった it was likely that ...

十一十一じゅういち (part) 11

こうした落ち付きのないきのない restless; tumultuousあいだ period; interval (of time)にも、わたくし I; meはまだ静かにしずかに quietly坐るすわる sit余裕余裕よゆう time; leeway; leisure (to do something)をもっていた。偶にはたまには on occasion; from time to time書物書物しょもつ book開けてけて open十頁十頁じゅっページ ten pagesつづけざまにつづけざまに in succession; one after another読むむ read時間時間じかん timeさえ出て来たた came about; was available一旦一旦いったん once; at one time堅くかたく firmly; securely括られたくくられた was bound; was fastened私の行李行李こうり luggage; baggageは、いつの間にかいつのにか in due course解かれてかれて was unfastened; was loosenedしまった。私は要るに任せてまかせて according to (my) needs; as needed、そのなか insideから色々な色々いろいろな variousものを取り出したした took out; retrieved。私は東京東京とうきょう Tōkyō立つつ depart; leaveとき time; occasion心のうちでこころのうちで to oneself; privately極めためた decided; settled onこの夏中この夏中なつじゅう during this summer日課日課にっか daily work; daily routine顧みたかえりみた looked back on; reflected on。私のやったこと act; actionはこの日課の三が一さんいち one thirdにも足らなかったらなかった did not measure up to; did not amount to。私はいま now; the presentまでもこういう不愉快不愉快ふゆかい discontent; dissatisfaction何度となく何度なんどとなく numerous times重ねて来たかさねてた accumulated (an experience)。しかしこの夏ほど思ったおもった thought; imagined通りとおり just as; exactly as仕事仕事しごと work; tasks運ばないはこばない not proceed; not progressためし precedent; example少なかったすくなかった were infrequent; were rare。これがひと people; men worldつね usual state of things; typical state of affairsだろうと思いながらも私は厭ないやな unpleasant; distasteful気持気持きもち feeling; sensation; mood抑え付けられたおさけられた was oppressed; was burdened (by)

私はこの不快不快ふかい displeasureうち midstに坐りながら、一方に一方いっぽうに on the one hand; on the other handちち father病気病気びょうき illness; malady考えたかんがえた considered; thought about。父の死んだんだ died; passed awayあと afterの事を想像した想像そうぞうした imagined。そうしてそれと同時に同時どうじに at the same time先生先生せんせい Sensei (elder one; teacher - used here as form of address)の事を一方に思い浮べたおもうかべた called to mind。私はこの不快な心持心持こころもち feeling; mood両端両端りょうたん both ends地位地位ちい (social) position教育教育きょういく education性格性格せいかく character; disposition全然全然ぜんぜん entirely; completely異なったことなった differed二人二人ふたり two (people)面影面影おもかげ faces眺めたながめた viewed; gazed upon

私が父の枕元枕元まくらもと pillow side; bedside離れてはなれて leave; move away from独りひとり alone; by oneself取り乱したみだした scattered about; strewn about書物の中に腕組みをして腕組うでぐみをして fold one's arms in front of oneいるところへはは mother顔を出したかおした looked in; appeared

少しすこし a little; a bit午眠午眠ひるね nap; restでもおしよ。お前まえ youもさぞ草臥れる草臥くたびれる be exhausted; be worn outだろう」

母は私の気分気分きぶん feeling; mood了解していなかった了解りょうかいしていなかった did not understand; failed to grasp。私も母からそれを予期する予期よきする expect; anticipateほどの子供子供こども childでもなかった。私は単簡に単簡たんかんに simply; merely礼を述べたれいべた thanked (her)。母はまだへや room入口入口いりぐち entrance立っていたっていた stood; remained in place

お父さんとうさん fatherは?」と私が聞いたいた asked; inquired

「今よく寝てお出だておいでだ is resting; is sleepingよ」と母が答えたこたえた answered; replied

母は突然突然とつぜん suddenly; unexpectedlyはいって来て私のそば proximityに坐った。

「先生からまだ何ともなんとも (no)thingいって来ないいってない sends no wordかい」と聞いた。

母はその時の私の言葉言葉ことば words信じてしんじて trust; put faith inいた。その時の私は先生からきっと返事返事へんじ reply; responseがあると母に保証した保証ほしょうした assured。しかし父や母の希望する希望きぼうする hope for; expectような返事が来るる come; arriveとは、その時の私もまるで期待しなかった期待きたいしなかった did not expect; did not anticipate。私は心得があって心得こころえがあって knowingly; consciously母を欺いたあざむいた deceived; misled同じおなじ the same結果結果けっか result; outcome陥ったおちいった fell into; ended up in

もう一遍もう一遍いっぺん one more time手紙手紙てがみ letter出してご覧してごらん try sendingな」とはは motherがいった。

役に立たないやくたない serve no purpose; be of no use手紙を何通何通なんつう any number (of letters)書こうこう write; composeと、それが母の慰安慰安いあん comfort; solaceになるなら、手数手数てすう trouble; effort厭ういとう grudge; be loath to (doing)ようなわたくし I; meではなかった。けれどもこういう用件用件ようけん matter of business先生先生せんせい Sensei (elder one; teacher - used here as form of address)にせまるのは私の苦痛苦痛くつう hurt; pangであった。私はちち father叱られたりしかられたり be scolded; be reprimanded、母の機嫌機嫌きげん temper; mood損じたりそんじたり harm; damageするよりも、先生から見下げられる見下みさげられる be looked down onのを遥かにはるかに by far恐れておそれて fear; be averse toいた。あの依頼依頼いらい requestに対してたいして with respect to; regardingいま now; the presentまで返事返事へんじ answer; reply貰えないもらえない had not receivedのも、あるいはそうしたわけ reason; rationaleからじゃないかしらという邪推邪推じゃすい fear; suspicionもあった。

「手紙を書くのは訳はないわけはない easy; simple (enough)ですが、こういうこと matter; affair郵便郵便ゆうびん mail; postじゃとても埒は明きませんらちきません cannot be handled; cannot be settledよ。どうしても自分自分じぶん oneself東京東京とうきょう Tōkyō出てて set out (to); appear (in)、じかに頼んでたのんで ask; request廻らなくっちゃまわらなくっちゃ need to make the rounds

「だってお父さんとうさん fatherがあの様子様子ようす state; conditionじゃ、お前まえ you、いつ東京へ出られるか分らないわからない don't know; can't sayじゃないか」

「だから出やしません。癒るなおる get better; recoverとも癒らないとも片付かないうち片付かたづかないうち until (something) is settledは、ちゃんとこうしているつもりです」

「そりゃ解り切ったわかった goes without saying; is a givenはなし argument; discussionだね。今にもむずかしいという大病人大病人だいびょうにん critically ill person放ちらかしてほうちらかして leave alone; neglectおいて、だれ who勝手に勝手かってに arbitrarily; as one pleases東京へなんか行けるける can go (off to)ものかね」

私は始めはじめ at first心のなかでこころのなかで inwardly; to oneself何もなにも (no)thing知らないらない not know; not understand母を憐れんだあわれんだ pitied; felt compassion for。しかし母がなぜこんな問題問題もんだい subject; topicをこのざわざわしたざわざわした busy; tumultuousさい point in time; juncture持ち出したした brought up; raisedのか理解できなかった理解りかいできなかった couldn't understand; struggled to fathom。私が父の病気病気びょうき illness; maladyをよそに、静かにしずかに quietly坐ったりすわったり sit書見したり書見しょけんしたり readする余裕余裕よゆう time; leeway; leisure (to do something)のあるごとくに、母も眼の前まえ before one's eyes病人病人びょうにん sick person; invalid忘れてわすれて forget; put out of one's mind外のほかの other事を考えるかんがえる think about; considerだけ、むね breast; bosom空地空地すきま opening; spare capacityがあるのかしらと疑ったうたぐった questioned; wondered。そのとき time; moment実はねじつはね actually; in truth」と母がいい出したいいした spoke; started in

「実はお父さんの生きてお出きておいで be living; be aliveのうちに、お前のくち opening; position極ったらきまったら be decided; be settledさぞ安心なさる安心あんしんなさる be assured; feel at easeだろうと思うおもう think; considerんだがね。この様子じゃ、とても間に合わないわない not make it (in time)かも知れないかもれない it may be that ...けれども、それにしても、まだああやって口も慥かくちたしか articulate; coherentなら気も慥かたしか of sound mindなんだから、ああしてお出のうちに喜ばしてよろこばして make (someone) happy上げるげる do (something) for (someone)ように親孝行親孝行おやこうこう filial dutyをおしな」

憐れな私は親孝行のできない境遇境遇きょうぐう situation; circumstancesにいた。私はついに一行一行いちぎょう one line (of writing)の手紙も先生に出さなかった。

十二十二じゅうに (part) 12

あに older brother; elder brother帰って来たかえってた came home; returnedとき timeちち father寝ながらながら lying down; resting新聞新聞しんぶん newspaper読んでんで readいた。父は平生から平生へいぜいから generally; as a rule何を措いてもなにいても first of all; above all else新聞だけには眼を通すとおす look through; give a read習慣習慣しゅうかん habit; practiceであったが、とこ bedについてからは、退屈退屈たいくつ tedium; boredomのため猶更猶更なおさら all the more; even more soそれを読みたがったみたがった wanted to read; was inclined to readはは motherわたくし I; me強いてはいては firmly; adamantly反対せずに反対はんたいせずに without opposing、なるべく病人病人びょうにん sick person; patient思い通りおもどおり as one thinks; as one wishes (to do)にさせておいた。

「そういう元気元気げんき energy; vigorなら結構な結構けっこうな fine; splendidものだ。よっぽど悪いわるい bad; graveかと思って来たら、大変大変たいへん quite; terribly好いい good; fineようじゃありませんか」

兄はこんなこと thingsをいいながら父とはなし talk; conversationをした。その賑やか過ぎるにぎやかぎる overly enthusiastic調子調子ちょうし manner; moodが私にはかえって不調和不調和ふちょうわ incongruous; disingenuous聞こえたこえた sounded; came across (as)。それでも父のまえ front of外してはずして remove (oneself) from私と差し向いむかい face to face (with)になった時は、むしろ沈んでいたしずんでいた was somber; was subdued

「新聞なんか読ましちゃいけなかないか」

わたし I; meもそう思うんだけれども、読まないと承知しない承知しょうちしない is not satisfied; is not contentんだから、仕様がない仕様しようがない there's nothing one can do; there's no other choice

兄は私の弁解弁解べんかい justification; defense黙ってだまって in silence; without speaking聞いていた。やがて、「よく解るわかる understand; comprehendのかな」といった。兄は父の理解力理解力りかいりょく comprehensive faculty; mental capacity病気病気びょうき illness; maladyのために、平生よりはよっぽど鈍っているにぶっている be dulledように観察した観察かんさつした perceived; regardedらしい。

「そりゃ慥かたしか sound; solid; firmです。私はさっき二十分二十分にじゅっぷん twenty minutesばかり枕元枕元まくらもと pillow side; bedside坐ってすわって sit; seat oneself色々色々いろいろ various (things)話してはなして talked; conversedみたが、調子の狂ったくるった was amiss; was out of sortsところは少しもすこしも (not) in the leastないです。あの様子じゃことによるとまだなかなか持つつ hold out; lastかも知れませんかもれません it may be that ...よ」

と前後して前後ぜんごして at about the same time着いたいた arrivedいもと younger sister (usually いもうと)おっと husband意見意見いけん opinion; point of viewは、我々我々われわれ we; usよりもよほど楽観的楽観的らっかんてき positive; optimisticであった。父はかれ he; him向かってかって turn toward妹の事をあれこれと尋ねてたずねて ask; inquireいた。「身体身体からだ body; physical conditionが身体だからむやみに汽車汽車きしゃ (steam) trainになんぞ乗ってって board; ride揺れないれない not be rocked; not be swayed方が好いほうい it's better to ...無理無理むり overdoing things; overexertionをして見舞見舞みまい calling on someone who's sick; well wishing来られたりするられたりする come; call; visitと、かえってこっちが心配心配しんぱい worry; concernだから」といっていた。「なに今にいまに soon; shortly治ったらなおったら recover; get better赤ん坊あかぼう babyかお faceでも見にに to see久しぶりにひさしぶりに for the first time in a long whileこっちから出掛ける出掛でかける travel; journeyから差支えない差支さしつかえない is no problem; is not a concern」ともいっていた。

乃木大将乃木のぎ大将だいしょう General Nogi (committed suicide on day of Meiji Emperor's funeral)死んだんだ died時も、父は一番一番いちばん first; foremostさきに新聞でそれを知った。

「大変だ大変だ」といった。

何事も知らない何事なにごとらない have no idea (what something might be about)私たちはこの突然な突然とつぜんな sudden言葉言葉ことば words; expression驚かされたおどろかされた were surprised (by)

「あのとき time; occasionはいよいよ頭が変になったあたまへんになった lost one's mindのかと思っておもって thought; feared、ひやりとした」と後であとで later; afterwardsあに older brother; elder brotherわたくし I; meにいった。「わたし I; me実はじつは really; truly驚きましたおどろきました was surprised」といもと younger sister (usually いもうと)おっと husband同感同感どうかん similar sentiment; agreementらしい言葉つき言葉ことばつき speech; expressionであった。

その頃そのころ that time; those days新聞新聞しんぶん newspaper実際実際じっさい acually; in fact田舎もの田舎いなかもの country folkには日ごとにごとに daily; day by day待ち受けられるけられる be awaited; be anticipatedような記事記事きじ articles; (news) storiesばかりあった。私はちち father枕元枕元まくらもと pillow side; bedside坐ってすわって sit; seat oneself鄭寧に鄭寧ていねいに carefully; thoroughlyそれを読んだんだ read; perused。読む時間時間じかん timeのない時は、そっと自分の自分じぶんの one's ownへや room持って来てってて bring (to)残らずのこらず entirely; completely眼を通したとおした looked through; read。私の眼は長いながい long; lengthyあいだ period; interval (of time)軍服軍服ぐんぷく military outfit; uniform着たた wore乃木大将乃木のぎ大将だいしょう General Nogi (committed suicide on day of Meiji Emperor's funeral)と、それから官女官女かんじょ court ladyみたような服装服装なり style; appearanceをしたその夫人夫人ふじん wife姿姿すがた figure; form忘れるわすれる forget事ができなかったことができなかった was not able to ...

悲痛な悲痛ひつうな sad; sorrowfulかぜ wind; breeze; draftが田舎のすみ corner; nook; recessまで吹いて来ていてて blew (to); moved into眠たそうなねむたそうな sleepy; drowsy treesくさ grass震わせてふるわせて cause a stir in; reverberate throughいる最中最中さいちゅう middle of; height ofに、突然突然とつぜん suddenly; unexpectedly私は一通一通いっつう one; single (letter or correspondence)電報電報でんぽう telegram先生先生せんせい Sensei (elder one; teacher - used here as form of address)から受け取ったった received洋服洋服ようふく Western-style dressを着たひと person見るる seeいぬ dogs吠えるえる bark; howlようなところ placeでは、一通の電報すら大事件大事件だいじけん major eventであった。それを受け取ったはは motherは、はたして驚いたような様子様子ようす manner; behaviorをして、わざわざ私を人のいない所へ呼び出したした called (away) to

何だいなんだい what is it」といって、私のふう seal開くひらく open; undoのをそば proximity立ってって stand待ってって waitいた。

電報にはちょっと会いたいいたい would like to see; would like to meet来られるかられるか can (you) comeという意味意味いみ essence; gist簡単に簡単かんたんに simply書いてあったいてあった was written。私は首を傾けたくびかたむけた inclined one's head; tilted one's head (in confusion or puzzlement)

「きっとお頼もうしておいたたのもうしておいた requestedくち opening; positionの事だよ」と母が推断して推断すいだんして suppose; surmiseくれた。

私もあるいはそうかも知れないかもれない it may be that ...と思った。しかしそれにしては少しすこし a little; a bit変だとも考えたかんがえた considered; thought。とにかく兄や妹の夫まで呼び寄せたせた called for; summoned私が、父の病気病気びょうき illness; malady打遣って打遣うちやって leave alone; abandon without care東京東京とうきょう Tōkyō行くく go (to)訳には行かなかったわけにはかなかった would not do to ...; was not acceptable to ...。私は母と相談して相談そうだんして discuss; consult、行かれないという返電を打つ返電へんでんつ respond by telegram事にした。できるだけ簡略な簡略かんりゃくな simple; brief言葉で父の病気の危篤危篤きとく critical juncture陥りつつあるおちいりつつある is moving into; is approachingむね purport; gist付け加えたくわえた added; appendedが、それでも気が済まなかったまなかった was not satisfiedから、委細委細いさい particulars手紙として手紙てがみとして in letter form細かいこまかい detailed事情事情じじょう situation; circumstancesをその dayのうちに認めてしたためて write up郵便郵便ゆうびん mail; post出したした put out; sent。頼んだ位地位地いち place; positionの事とばかり信じ切ったしんった was convinced (of)母は、「本当に本当ほんとうに really; truly間の悪いわるい badly placed; inopportune時は仕方のない仕方しかたのない too bad; unfortunateものだね」といって残念そうな残念ざんねんそうな disappointedかお (facial) expression; lookをした。

十三十三じゅうさん (part) 13

わたくし I; me書いたいた wrote手紙手紙てがみ letterはかなり長いながい long; lengthyものであった。はは motherも私も今度こそ今度こんどこそ this time for sure先生先生せんせい Sensei (elder one; teacher - used here as form of address)から何とかなんとか somethingいって来るいってる send word; respondだろうと考えていたかんがえていた thought; believed。すると手紙を出してして put out; send二日目二日目ふつかめ second dayにまた電報電報でんぽう telegramが私あて addressed to届いたとどいた was delivered; arrived。それには来ないでもよろしいないでもよろしい no need to comeという文句文句もんく words; phraseだけしかなかった。私はそれを母に見せたせた showed

大方大方おおかた probably; most likely手紙で何とかいってきて下さるくださる do (something) forつもりだろうよ」

母はどこまでも先生が私のために衣食衣食いしょく livelihood; livingくち opening; position周旋して周旋しゅうせんして mediate; brokerくれるものとばかり解釈して解釈かいしゃくして take as; interpret asいるらしかった。私もあるいはそうかとも考えたが、先生の平生平生へいぜい usual; ordinaryから推してして infer; surmiseみると、どうもへん odd; strange思われたおもわれた seemed。「先生が口を探してさがして search; seek outくれる」。これはあり得べからざるありべからざる highly unlikely; hard to imagineこと act; actionのように私には見えた。

「とにかく私の手紙はまだ向うむこう the other side; the other party着いていないいていない not arrivedはずだから、この電報はそのまえ before; priorに出したものに違いないちがいない no doubt ...ですね」

私は母に向かってかって turn towardこんな分り切ったわかった obvious; evident事をいった。母はまたもっともらしくもっともらしく solemnly; seriously思案しながら思案しあんしながら think about; refect on「そうだね」と答えたこたえた replied; responded。私の手紙を読まない前にまないまえに before reading、先生がこの電報を打ったった sent (telegram)という事が、先生を解釈する上においてうえにおいて concerning; with regard to何の役にも立たないなんやくにもたない be of no use at allのは知れているれている is known; is a givenのに。

その dayはちょうど主治医主治医しゅじい one's family doctorまち townから院長院長いんちょう head doctor連れて来るれてる bring (someone)はずになっていたので、母と私はそれぎりこの事件事件じけん matter; affairについてはなし talk; conversationをする機会機会きかい opportunity; chanceがなかった。二人二人ふたり two (people)医者医者いしゃ doctors立ち合いい attending to; examiningの上、病人病人びょうにん patient; invalid浣腸浣腸かんちょう enemaなどをして帰って行ったかえってった returned; went back

ちち fatherは医者から安臥安臥あんが quiet rest; total rest命ぜられてめいぜられて be ordered (to do something)以来以来いらい since ...両便両便りょうべん urination and bowel movementとも寝たままたまま lying down; in bed他の手でひとで with help from others; with assistance始末して始末しまつして manage; take care ofもらっていた。潔癖な潔癖けっぺきな fastidious; exacting父は、最初の最初さいしょの first; initialあいだ period; interval (of time)こそ甚だしくはなはだしく extremely; tremendouslyそれを忌み嫌ったきらった detested; loathedが、身体身体からだ body利かないかない not function; be incapacitatedので、やむを得ずやむをず having no alternativeいやいやいやいや grudgingly; reluctantlyとこ bed; beddingの上で用を足したようした relieved oneself。それが病気病気びょうき illness; malady加減加減かげん state; conditionあたま head; mindがだんだん鈍くなるにぶくなる grow dull; lose its edgeのか何だか、日を経るに従ってるにしたがって with the passing of days (usually るにしたがって)無精な無精ぶしょうな indolent; languid排泄排泄はいせつ bodily excretion意としないとしない think nothing ofようになった。たまには蒲団蒲団ふとん futon敷布敷布しきふ sheets汚してよごして mess; soil傍のものはたのもの those around him眉を寄せるまゆせる disapprove; cringe atのに、当人当人とうにん the person in questionはかえって平気平気へいき indifferent; unconcernedでいたりした。もっとも尿尿にょう urineりょう quantityは病気の性質性質せいしつ nature; characteristicとして、極めてきわめて exceedingly; extremely少なくなったすくなくなった was reduced; was diminished。医者はそれを苦にしたにした worried over食欲食欲しょくよく appetite次第に次第しだいに gradually衰えたおとろえた declined; diminished。たまに何かなにか something欲しがってしがって long for; yearn forも、した tongueが欲しがるだけで、咽喉咽喉のど throatからした belowへはごくわずか a little; a small amountしか通らなかったしかとおらなかった only ... passed through好きなきな loved; cherished新聞新聞しんぶん newspaper手に取るる take in hand; pick up気力気力きりょく energy; vitality; vigorがなくなった。まくら pillowそば proximityにある老眼鏡老眼鏡ろうがんきょう reading glassesは、いつまでも黒いくろい blackさや case; sleeve納められたおさめられた put away; storedままであった。子供の時分子供こども時分じぶん childhoodから仲の好かったなかかった on close termsさく Saku (name)さんといういま now; at presentでは一里一里いちり 1 ri (about 4 km; abour 2.5 miles)ばかり隔たったへだたった separated; removed; apart (from)ところ place住んでんで live; resideいるひと person; man見舞見舞みまい calling on someone who's sick; well wishing来たた came; calledとき time; occasion、父は「ああ作さんか」といって、どんよりしたどんよりした heavy; dull eyesを作さんのほう directionに向けた。

さく Saku (name)さんよく来てて come; call; visitくれた。作さんは丈夫丈夫じょうぶ healthy; robust羨ましいうらやましい enviousね。おれ I; meはもう駄目駄目だめ no good; finishedだ」

そんな事はないそんなことはない that's not true; that's not the caseよ。お前まえ youなんか子供子供こども children二人とも二人ふたりとも both (of them)大学大学だいがく university卒業する卒業そつぎょうする graduate fromし、少しすこし a little; a bitぐらい病気病気びょうき illness; maladyになったって、申し分はないもうぶんはない nothing to complaining ofんだ。おれをご覧らん take a look atよ。かかあかかあ wifeには死なれるなれる lose (to death)しさ、子供はなしさ。ただこうして生きているきている be aliveだけの事だよ。達者達者たっしゃ healthy; wellだって何のなんの (no) sort of楽しみたのしみ happiness; satisfactionもないじゃないか」

浣腸浣腸かんちょう enemaをしたのは作さんが来てから二、三日三日さんにち two or three days; several daysあとの事であった。ちち father医者医者いしゃ doctorお蔭でかげで thanks to; owing to大変大変たいへん terribly; a great deal楽になったらくになった was at ease; felt betterといって喜んだよろこんだ was in good spirits; was pleased。少し自分の自分じぶんの one's own寿命寿命じゅみょう life span; the number of one's daysに対するたいする in relation to; concerning度胸度胸どきょう courageができたというふう mood; manner機嫌機嫌きげん outlook; temperament直ったなおった recovered; improvedそば vicinity; proximityにいるはは motherは、それに釣り込まれたまれた pulled in; affected (by)のか、病人病人びょうにん patient; invalid気力を付ける気力きりょくける encourage; lift up (someone's spirits)ためか、先生先生せんせい Sensei (elder one; teacher - used here as form of address)から電報電報でんぽう telegramのきた事を、あたかもわたくし I; me位置位置いち position; postが父の希望する希望きぼうする hope for; wish for通りとおり just as ...東京東京とうきょう Tōkyōにあったように話したはなした spoke。傍にいる私はむずがゆいむずがゆい uncomfortable; uneasy心持心持こころもち feelingがしたが、母の言葉言葉ことば words遮るさえぎる interrupt; disrupt訳にもゆかないわけにもゆかない one couldn't ...ので、黙ってだまって in silence聞いていて listenいた。病人は嬉しそうなうれしそうな happy; glad; pleasedかお (facial) expression; lookをした。

「そりゃ結構結構けっこう fine; splendidです」といもと younger sister (usually いもうと)おっと husbandもいった。

「何のくち opening; positionだかまだ分らないわからない don't knowのか」とあに older brother; elder brotherが聞いた。

私は今更今更いまさら at this pointそれを否定する否定ひていする repudiate; refute勇気勇気ゆうき courage; nerve失ったうしなった lost; lacked。自分にも何とも訳の分らない曖昧な曖昧あいまいな vague; noncommittal返事返事へんじ answer; replyをして、わざと席を立ったせきった rose from one's seat; got up (to leave)

十四十四じゅうし (part) 14

ちち father病気病気びょうき illness; malady最後の最後さいごの last; final一撃一撃いちげき blow; hit待つつ wait for; await間際間際まぎわ verge of; point ofまで進んで来てすすんでて advanced; progressed、そこでしばらく躊躇する躊躇ちゅうちょする hesitate; waverようにみえた。家のものいえのもの members of the household運命運命うんめい fate宣告宣告せんこく verdict; sentenceが、今日今日きょう this day; today下るくだる be passed down; be handed downか、今日下るかと思っておもって wonder毎夜毎夜まいよ every evening床にはいったとこにはいった went to bed; retired

父は傍のものはたのもの those around (him); those nearby辛くするつらくする distress; unsettleほどの苦痛苦痛くつう pain; discomfortをどこにも感じていなかったかんじていなかった didn't feel; wasn't feeling。そのてん point; aspectになると看病看病かんびょう nursing; caregivingはむしろらく straightforward; undemandingであった。要心要心ようじん cautionのために、誰かだれか someone一人一人ひとり one personぐらいずつ代る代る代る代るかわるがわる alternately; in turns起きてきて be awake; stay upはいたが、あとのものは相当の相当そうとうの appropriate; suitable時間時間じかん time; hour (of the day)各自各自めいめい each one寝床寝床ねどこ bed引き取ってって withdraw; retire (to)差支えなかった差支さしつかえなかった were free to ...何かの拍子でなにかの拍子ひょうしで for some reason眠れなかったねむれなかった couldn't sleepとき time; occasion病人病人びょうにん patient; invalid唸るうなる groan; moanようなこえ voice微かにかすかに faintly聞いたいた heard思い誤ったおもあやまった (falsely) believedわたくし I; meは、一遍一遍いっぺん one time; once半夜半夜よなか midnight; dead of night (usually 夜中よなか)に床を抜け出してして slip out of念のためねんのため just in case; to be sure父の枕元枕元まくらもと pillow side; bedsideまで行ってみたってみた went to see; went to checkこと case; instanceがあった。その evening; nightはは motherが起きている番に当っていたばんあたっていた was one's turn to ...。しかしその母は父のよこ sideひじ elbow曲げてげて bendまくら pillowとしたなり寝入っていた寝入ねいっていた was asleep; slept。父も深いふかい deep眠りねむり sleep; restうち midstにそっと置かれたかれた was placedひと personのように静かにしていたしずかにしていた was quiet; was still。私は忍び足しのあし soft stepsでまた自分の自分じぶんの one's own寝床へ帰ったかえった returned (to)

私はあに older brother; elder brotherといっしょの蚊帳蚊帳かや mosquito nettingなか inside寝たた sleptいもと younger sister (usually いもうと)おっと husbandだけは、客扱い客扱きゃくあつかい hospitality extended toward a guest受けてけて receiveいるせいか、独りひとり alone離れたはなれた apart; separate座敷座敷ざしき room入ってって enter; go into休んだやすんだ rested; reposed; slept

せき Seki (family name of brother-in-law)さんも気の毒どく unfortunate; to be pitiedだね。ああ幾日も幾日いくにちも a number of days; a long while引っ張られてられて be pulled away; be called away帰れなくっちゃあ」

関というのはその人の苗字苗字みょうじ surname; family nameであった。

「しかしそんな忙しいいそがしい busy身体身体からだ person; individualでもないんだから、ああして泊ってとまって stay; remain (in a place)いてくれるんでしょう。関さんよりも兄さんにいさん older brother (used here as form of address)ほう alternative (of two things)困るこまる be inconvenienced; be in a bindでしょう、こう長くなっちゃながくなっちゃ grow long; become lengthy

「困っても仕方がない仕方しかたがない there's nothing for it; it can't be helped外のほかの other事と違うちがう is different; is unlikeからな」

兄と床を並べてならべて line up; place side by side寝る私は、こんな寝物語寝物語ねものがたり bedtime conversationをした。兄のあたま head; mindにも私のむね breast; bosomにも、父はどうせ助からないたすからない cannot be helped; will not pull throughという考えかんがえ opinion; view (of a situation)があった。どうせ助からないものならばという考えもあった。我々我々われわれ we; us childrenとしておや parent死ぬぬ die; pass awayのを待っているようなものであった。しかし子としての我々はそれを言葉の上に言葉ことばうえに in words; out loud表わすあらわす expressのを憚かったはばかった shied away from。そうしてお互いにたがいに mutuallyお互いがどんな事を思っているかをよく理解し合っていた理解りかいっていた understood each other

お父さんとうさん fatherは、まだ治るなおる get better; recover intentionでいるようだな」と兄が私にいった。

実際実際じっさい acutally; in factあに older brother; elder brotherのいう通りとおり just as ...見えるえる appear (to be)ところもないではなかった。近所近所きんじょ neighborhoodのものが見舞見舞みまい calling on someone who's sick; well wishingにくると、ちち father必ずかならず invariably; without exception会うう meet; see (a person)といって承知しなかった承知しょうちしなかった not consent to; not accept (any other outcome)。会えばきっと、わたくし I; me卒業卒業そつぎょう graduation祝いいわい celebration呼ぶぶ call; summon; invite事ができなかったことができなかった was not able to ...のを残念がった残念ざんねんがった expressed disappointment over; regrettedその代りそのかわり at the same time自分の自分じぶんの one's own病気病気びょうき illness; malady治ったらなおったら get better; recoverというような事も時々時々ときどき sometimes; at times付け加えたくわえた added

お前まえ youの卒業祝いは已めになってめになって be given up on; canceled結構結構けっこう fine; splendidだ。おれのとき time; occasionには弱ったよわった had an awful time (of something)からね」と兄は私の記憶記憶きおく memory突ッついたッついた prodded。私はアルコールアルコール alcohol煽られたあおられた fanned by; fueled byその時の乱雑な乱雑らんざつな disorderly; confused有様有様ありさま situation; state of affairs想い出しておもして remember; recall苦笑した苦笑くしょうした forced a laugh飲むむ drinkものや食うう eatものを強いていて force; press (on people)廻るまわる circulate; make the rounds父の態度態度たいど manner; behaviorも、にがにがしくにがにがしく shamefully私の eyes映ったうつった was reflected; took shape

私たちはそれほど仲の好いなかい intimate; close兄弟兄弟きょうだい brothersではなかった。小さいさい small; young (usually ちいさい)うちは好くく frequently; often喧嘩喧嘩けんか argument; quarrelをして、年の少ないとしすくない fewer in years; younger私のほう alternative (of two choices)がいつでも泣かされたかされた ended up crying学校学校がっこう schoolへはいってからの専門専門せんもん subject of study; area of expertise相違相違そうい differenceも、全くまったく completely; utterly性格性格せいかく character; natureの相違から出ていたていた emerged (from)大学大学だいがく universityにいる時分時分じぶん period (of time)の私は、ことに先生先生せんせい Sensei (elder one; teacher - used here as form of address)接触した接触せっしょくした interacted (with)私は、遠くとおく a distanceから兄を眺めてながめて view; observe常につねに always; constantly動物的動物的どうぶつてき beast-like; brutishだと思っていたおもっていた thought; considered。私は長くながく a long time兄に会わなかったわなかった didn't see; didn't spend time withので、また懸け隔たったへだたった far apart; remote from遠くにいたので、時からいっても距離距離きょり distanceからいっても、兄はいつでも私には近くなかったちかくなかった was not closeのである。それでも久しぶりにひさしぶりに for the first time in a long whileこう落ち合ってって fall together; reuniteみると、兄弟の優しいやさしい kind; warm心持心持こころもち feelingsがどこからか自然に自然しぜんに naturally; by nature湧いて出たいてた bubbled up; surfaced; emerged場合場合ばあい situation; circumstancesが場合なのもその大きなおおきな major; main; significant源因源因げんいん cause; reason (usually 原因げんいん)になっていた。二人二人ふたり two (people); the two of us共通な共通きょうつうな common; shared父、その父の死のうとしているのうとしている be about to die枕元枕元まくらもと pillow side; bedsideで、兄と私は握手した握手あくしゅした joined hands; came togetherのであった。

「お前これからどうする」と兄は聞いたいた asked。私はまた全く見当見当けんとう aim; mark; direction違ったちがった was different質問質問しつもん questionを兄に掛けたけた posed (a question)

一体一体いったい in the end; after allうち (our) household財産財産ざいさん assets; wealthはどうなってるんだろう」

「おれは知らないらない don't knowお父さんとうさん fatherはまだ何ともいわないなんともいわない says nothing (about it); doesn't mention (it)から。しかし財産っていったところでかね moneyとしてはたか quantity; amount (of money)知れたれた is not much; is limitedものだろう」

はは motherはまた母で先生の返事返事へんじ reply; response来るる come; arriveのを苦にしていたにしていた worried over; fretted over

「まだ手紙手紙てがみ letter来ないない not arriveかい」と私を責めためた pressed; pestered

十五十五じゅうご (part) 15

先生先生せんせい elder one; teacher先生というのは一体一体いったい in the end; after allだれ whoの事こと about; concerningだい」とあに older brother; elder brother聞いたいた asked

「こないだ話したはなした told; explainedじゃないか」とわたくし I; me答えたこたえた answered; replied。私は自分自分じぶん oneself質問質問しつもん questionをしておきながら、すぐひと (other) person説明説明せつめい explanation忘れてわすれて forgetしまう兄に対してたいして with respect to; regarding不快の不快ふかいの disagreeable; unpleasantねん thought; feeling起したおこした stirred up; gave rise to

「聞いた事は聞いたけれども」

兄は必竟必竟ひっきょう after all聞いても解らないわからない not understand; not be clear onというのであった。私から見ればれば look at; viewなにも無理に無理むりに at the cost of great effort先生を兄に理解してもらう理解りかいしてもらう inform; enlighten必要必要ひつよう necessity; needはなかった。けれども腹は立ったはらった grew angry; became irritated。また例のれいの usual; typical; quintessential兄らしいところ element; aspect出て来たた emerged; surfaced思ったおもった thought; concluded

先生先生と私が尊敬する尊敬そんけいする look up to; admire以上以上いじょう given that ...、そのひと person; man必ずかならず invariably; without fail著名の著名ちょめいの well-known; renowned gentlemanでなくてはならないように兄は考えていたかんがえていた considered; thought; believed少なくともすくなくとも at least大学大学だいがく university教授教授きょうじゅ professorぐらいだろうと推察して推察すいさつして infer; surmiseいた。 name; reputeもない人、何もなにも (no)thingしていない人、それがどこに価値価値かち merit; worthをもっているだろう。兄のはら mind; inner feelingsはこのてん pointにおいて、ちち father全くまったく utterly; completely同じおなじ the sameものであった。けれども父が何もできないから遊んでいるあそんでいる be at leisure; live an idle lifeのだと速断する速断そくだんする rashly concludeに引きかえてきかえて instead of; rather than、兄は何かやれる能力能力のうりょく abilityがあるのに、ぶらぶらしているのは詰らんつまらん good for nothing; worthless人間人間にんげん personに限るかぎる could only be ...; must be ...といったふう manner口吻口吻こうふん intimation; suggestion洩らしたらした gave voice to; expressed

イゴイストイゴイスト egoistはいけないね。何もしないで生きていようきていよう live; pass one's daysというのは横着な横着おうちゃくな indolent; indulgent了簡了簡りょうけん idea; notion; intentだからね。人は自分のもっている才能才能さいのう talents; abilitiesをできるだけ働かせなくっちゃはたらかせなくっちゃ need to put to work; need to apply嘘だうそだ is unacceptable; is inexcusable

私は兄に向かってかって turn toward、自分の使って使つかって useいるイゴイストという言葉言葉ことば word意味意味いみ meaningがよく解るかと聞き返してかえして ask in returnやりたかった。

「それでもその人のお蔭でかげで thanks to地位地位ちい (social) positionができればまあ結構結構けっこう fine; good enoughだ。お父さんとうさん father喜んでるよろこんでる is happy; is pleasedようじゃないか」

兄はあと after; laterからこんな事をいった。先生から明瞭な明瞭めいりょうな clear; conclusive手紙手紙てがみ letter; correspondence来ないない not come; not arrive以上、私はそう信ずるしんずる believe; put one's faith in事もできず、またそう口に出すくちす utter; voice勇気勇気ゆうき courage; nerveもなかった。それをはは mother早呑み込み早呑はやのみ hasty conclusionでみんなにそう吹聴して吹聴ふいちょうして announce; proclaimしまったいま now; the presentとなってみると、私は急にきゅうに suddenlyそれを打ち消すす negate; disavow訳に行かなくなったわけかなくなった was no longer in any position to ...。私は母に催促される催促さいそくされる be pressed; be proddedまでもなく、先生の手紙を待ち受けたけた awaited。そうしてその手紙に、どうかみんなの考えているような衣食衣食いしょく livelihood; livingくち opening; positionの事が書いてあればいてあれば be writtenいいがと念じたねんじた hoped; prayed。私は death瀕しているひんしている be on the verge of父の手前手前てまえ in front (of); before; giving due consideration to、その父に幾分幾分いくぶん to some extent; to some degreeでも安心させて安心あんしんさせて put at easeやりたいと祈りつつあるいのりつつある be wishing to母の手前、働かなければ人間でないようにいう兄の手前、その他その in additionいもと younger sister (usually いもうと)おっと husbandだの伯父伯父おじ uncleだの叔母叔母おば auntだのの手前、私のちっとも頓着していない頓着とんじゃくしていない have little regard for事に、神経を悩まさなければならなかった神経しんけいなやまさなければならなかった had to strain one's nerves over; had to worry over

ちち father変なへんな odd; strange黄色い黄色きいろい yellowものも嘔いたいた coughed up; expelledとき time; momentわたくし I; meはかつて先生先生せんせい Sensei (elder one; teacher - used here as form of address)奥さんおくさん (Sensei's) wifeから聞かされたかされた was told危険危険きけん danger; risk思い出したおもした remembered; recalled。「ああして長くながく for a long time寝ているている be in bedんだから stomach悪くなるわるくなる be upset; be out of sortsはずだね」といったはは motherかお face見てて look at何もなにも (no)thing知らないらない not know; be unawareそのひと personまえ front of; presence涙ぐんだなみだぐんだ was moved to tears; felt great sympathy for

あに older brother; elder brotherと私が茶の間ちゃ tea room; hearth room落ち合ったった came together; met; gathered時、兄は「聞いたか」といった。それは医者医者いしゃ doctor帰り際にかえぎわに on leaving兄に向ってむかって turn towardいったこと matters; thingsを聞いたかという意味意味いま meaningであった。私には説明説明せつめい explanation待たないでもたないでも without waiting forその意味がよく解っていたわかっていた knew; understood

お前まえ youここへ帰って来てかえってて return; come home (to)うち house; householdの事を監理する監理かんりする look after; manage inclination; willingnessがないか」と兄が私を顧みたかえりみた turned to。私は何ともなんとも (not) anything答えなかったこたえなかった didn't answer; didn't respond

お母さんかあさん mother一人一人ひとり alone; by oneselfじゃ、どうする事もできないだろう」と兄がまたいった。兄は私をつち dirt; earth臭いにおい scent; odor嗅いでいで sniff; smell朽ちて行ってちてって decay; waste away惜しくないしくない not worry about; have no reservations aboutように見ていた。

ほん books読むむ readだけなら、田舎田舎いなか country; countrysideでも充分充分じゅうぶん sufficiently; adequatelyできるし、それに働くはたらく work; hold a job必要必要ひつよう need; necessityもなくなるし、ちょうど好いい good; fineだろう」

兄さんにいさん older brother; elder brother帰って来るかえってる return; come homeのがじゅん (natural) order (of things)ですね」と私がいった。

「おれにそんな事ができるものか」と兄は一口に一口ひとくちに in a few words; in short斥けたしりぞけた rejected。兄の腹の中はらなか inner feelingsには、世の中なか society; the worldでこれから仕事仕事しごと workをしようという気が充ち満ちていたちていた was full

「お前がいやなら、まあ伯父さん伯父おじさん uncleにでも世話世話せわ care; assistance頼むたのむ requestんだが、それにしてもお母さんはどっちかで引き取らなくっちゃなるまいらなくっちゃなるまい will likely have to take custody of

「お母さんがここを動くうごく move (from)か動かないかがすでに大きなおおきな main; key疑問疑問ぎもん problem; questionですよ」

兄弟兄弟きょうだい brothersはまだ父の死なない前からなないまえから before (one) has died、父の死んだあと afterについて、こんなふう manner語り合ったかたった talked together; conversed

十六十六じゅうろく (part) 16

ちち father時々時々ときどき sometimes囈語囈語うわこと delirious muttering; nonsensical utteranceをいうようになった。

乃木大将乃木のぎ大将たいしょう General Nogi (committed suicide on day of Meiji Emperor's funeral)に済まないまない is an affront to; is unworthy of実にじつに really; truly面目次第面目次第めんぼくしだい honor; meritがない。いえ私もすぐお後あと after; behind; followingから」

こんな言葉言葉ことば wordsひょいひょいひょいひょい suddenly; out of the blue出したした put forth; expressedはは mother気味を悪がった気味きみわるがった was unsettled; felt uneasy。なるべくみんなを枕元枕元まくらもと pillow side; bedside集めてあつめて gather; call togetherおきたがった。気のたしかのたしか having (regained) one's senses; of sound mindとき times頻りにしきりに often; constantly淋しがるさびしがる feel lonely病人病人びょうにん sick person; patientにもそれが希望希望きぼう hope; wishらしく見えたえた seemed to be。ことにへや roomうち inside (of); within見廻して見廻みまわして look around; survey母のかげ shape; formが見えないと、父は必ずかならず invariably; without failお光みつ Omitsu (name)は」と聞いたいた asked; inquired。聞かないでも、 eyesがそれを物語って物語ものがたって say; relateいた。わたくし I; meはよく起ってって get up; rise母を呼びに行ったった went to call; went to get。「何かなにか something; some sort ofご用よう request; task requiring attentionですか」と、母が仕掛けた仕掛しかけた was in the middle of (doing)用をそのままにしておいて病室病室びょうしつ sickroom来るる come (to)と、父はただ母のかお face見詰める見詰みつめる fix one's eyes on; gaze atだけで何もいわないこと cases; instancesがあった。そうかと思うおもう thinkと、まるで懸け離れたはなれた apart; different; unrelatedはなし talkをした。突然突然とつぜん unexpectedly; out of nowhere「お光お前まえ youにも色々色々いろいろ in various ways世話世話せわ help; aid; assistanceになったね」などと優しいやさしい kind; gentle言葉を出す時もあった。母はそういう言葉のまえ front ofにきっと涙ぐんだなみだぐんだ was moved to tears; was deeply touched。そうした後ではまたきっと丈夫丈夫じょうぶ healthy; strong; robustであったむかし long agoの父をその対照対照たいしょう contrast; antithesisとして想い出すおもす recall; recollectらしかった。

「あんな憐れっぽいあわれっぽい plaintive; doleful事をお言いだいだ says; voicesがね、あれでもとはずいぶん酷かったひどかった was frightful; was a terrorんだよ」

母は父のためにほうき broom背中背中せなか backどやされたどやされた be hit; be beaten時の事などを話したはなした told; relatedいま now; the presentまで何遍も何遍なんべんも numerous timesそれを聞かされた私とあに older brother; elder brotherは、いつもとはまるで違ったちがった different気分気分きぶん feeling; moodで、母の言葉を父の記念記念かたみ memento; keepsakeのようにみみ ears受け入れたれた received; took in

父は自分の眼の前に薄暗く薄暗うすぐらく dimly; darkly映るうつる be reflected; show (itself) deathの影を眺めながらながめながら regard; look upon、まだ遺言遺言ゆいごん will; testamentらしいものを口に出さなかったくちさなかった gave no voice to; did not mention

「今のうち何か聞いておく必要必要ひつよう necessity; needはないかな」と兄が私の顔を見た。

「そうだなあ」と私は答えたこたえた answered; replied。私はこちらから進んですすんで take the initiativeそんな事を持ち出すす bring up; raiseのも病人のために好し悪しし pros and consだと考えてかんがえて consider; think of (as)いた。二人二人ふたり two (people); the two of us決しかねてしかねて unable to decideついに伯父伯父おじ uncle相談をかけた相談そうだんをかけた sought counsel; consulted。伯父も首を傾けたくびかたむけた tilted one's head (gesture of indecision)

「いいたい事があるのに、いわないで死ぬのも残念残念ざんねん unfortunate; regrettableだろうし、といって、こっちから催促する催促さいそくする press; demandのも悪いわるい is not good; is not rightかも知れずかもれず it may be that ...

はなし talk; speechはとうとう愚図愚図愚図愚図ぐずぐず slow; hesitating; falteringになってしまった。そのうちに昏睡昏睡こんすい comatose (state); unconsciousness来たた came about; occurred例の通りれいとおり as usual; as always何もなにも (no)thing知らないらない not know; be unaware ofはは motherは、それをただの眠りねむり sleep; slumber思い違えておもちがえて mistake forかえって喜んだよろこんだ was happy; felt relieved。「まあああして楽にらくに in comfort寝られればられれば can rest; can sleepはた beside; nearbyにいるものも助かりますたすかります be spared (trouble or effort); be comforted」といった。

ちち father時々時々ときどき sometimes; on occasion eyes開けてけて openたれ someone; so-and-soはどうしたなどと突然突然とつぜん suddenly; unexpectedly聞いたいた asked。その誰はつい先刻先刻さっき before; priorまでそこに坐っていたすわっていた was sittingひと person; individual nameに限られていたかぎられていた was limited to; was always。父の意識意識いしき consciousnessには暗いくらい dark; dimところ places; regions明るいあかるい bright; illuminated所とできて、その明るい所だけが、やみ darkness; blackness縫うう sew; stitch (together)白いしろい whiteいと threadのように、ある距離距離きょり distance置いていて set; place連続する連続れんぞくする be continuous; be connected in sequenceようにみえた。母が昏睡状態昏睡こんすい状態じょうたい comatose state; unconsciousness普通の普通ふつうの ordinary眠りと取り違えたちがえた mistook (for)のも無理はなかった無理むりはなかった was not unreasonable; was understandable

そのうちした tongue段々段々だんだん gradually; bit by bit縺れて来たもつれてた became tied; became tangled。何かいい出していいして start to say; try to sayしり latter part; end不明瞭不明瞭ふめいりょう unclear; unintelligible了るおわる end; finishために、要領を得ないで要領ようりょうないで without understanding; without graspingしまうこと instances; cases多くあったおおくあった were many; were numerous。そのくせ話し始めるはなはじめる begin to speakとき time; momentは、危篤危篤きとく critically ill; on the verge of death病人病人びょうにん sick person; invalidとは思われないおもわれない did not seem (to be)ほど、強いつよい strong; robustこえ voiceを出した。我々我々われわれ we; us固よりもとより all along不断不断ふだん usually; always以上以上いじょう more than調子を張り上げて調子ちょうしげて raise the tone of one's voice耳元耳元みみもと close to the earくち mouth寄せるせる bring near toようにしなければならなかった。

あたま head冷やすやす cool好いい good; better心持心持こころもち feeling; sensationですか」

「うん」

わたくし I; me看護婦看護婦かんごふ nurse相手相手あいて companionに、父の水枕水枕みずまくら water pillow取り更えてえて change out、それから新しいあたらしい new; freshこおり ice入れたれた put into氷嚢氷嚢ひょうのう ice bag; ice packを頭のうえ top of載せたせた set; rested (on)がさがさがさがさ rough to the touch割られてられて be broken; be crushed尖り切ったとがった broken into shards氷の破片破片はへん fragments; splinters; piecesが、ふくろ bag; sackなか inside; interior落ちつくちつく settleあいだ period; interval (of time)、私は父の禿げ上った禿あがった bald due to receding hairlineひたい foreheadはずれ edges; peripheryでそれを柔らかにやわらかに gently; lightly抑えておさえて hold; restrain; supportいた。その時あに older brother; elder brother廊下伝いに廊下ろうかづたいに from the hallwayはいって来て、一通一通いっつう one; single (letter or correspondence)郵便郵便ゆうびん postal item; letter無言のまま無言むごんのまま without words; silently私の hand渡したわたした gave to; passed to空いたいた was open; was freeほう alternative (of two choices)左手左手ひだりて left handを出して、その郵便を受け取ったった received私はすぐ不審を起した不審ふしんおこした found it odd; had misgivings

それは普通の手紙手紙てがみ letter比べるくらべる compare (to)とよほど目方目方めかた weight重いおもい heavyものであった。並のなみの ordinary; common状袋状袋じょうぶくろ envelopeにも入れてなかった。また並の状袋に入れられべき分量分量ぶんりょう amount; quantityでもなかった。半紙半紙はんし writing paper包んでつつんで wrapped (in)封じ目ふう seal (of an envelope)鄭寧に鄭寧ていねいに carefullyのり glue; paste貼り付けてあったけてあった had been glued; had been pasted。私はそれを兄の手から受け取った時、すぐその書留書留かきとめ registered mailである事に気が付いたいた took notice of裏を返してうらかえして turn over見るる look atとそこに先生先生せんせい Sensei (elder one; teacher - used here as form of address)の名がつつしんだつつしんだ subtle; discreet characters; writing書いてあったいてあった had been written手の放せないはなせない tied up; occupied私は、すぐ封を切るふうる break the seal訳に行かないわけかない was in no position to ...ので、ちょっとそれをふところ (breast) pocket差し込んだんだ inserted; put into

十七十七じゅうしち (part) 17

その day病人病人びょうにん sick person; invalid出来出来でき condition; stateがことに悪いわるい bad; poorように見えたえた appeared (to be)わたくし I; meかわや toilet行こうとしてこうとして in the process of going (to)席を立ったせきった rose from one's seat; left one's seatとき time廊下廊下ろうか hallway; corridor行き合ったった met in passingあに older brother; elder brotherは「どこへ行く」と番兵番兵ばんぺい sentry; guardsmanのような口調口調くちょう tone (of voice)誰何した誰何すいかした challenged; confronted

「どうも様子様子ようす appearance; look少しすこし a little; a bitへん strange; out of the ordinaryだからなるべくそば beside; nearbyにいるようにしなくっちゃいけないよ」と注意した注意ちゅういした advised; cautioned

私もそう思っていたおもっていた thought; believed懐中した懐中かいちゅうした pocketed手紙手紙てがみ letterはそのままにしてまた病室病室びょうしつ sickroom帰ったかえった returned (to)ちち father eyes開けてけて open、そこに並んでいるならんでいる be side-by-side; be togetherひと people; persons名前名前なまえ namesはは mother尋ねたたずねた asked; inquired。母があれはたれ someone; so-and-so、これは誰と一々一々いちいち one by one説明して説明せつめいして explainやると、父はそのたびに首肯いた首肯うなずいた nodded。首肯かない時は、母がこえ voice張りあげてりあげて raise (one's voice)何々何々なになに such-and-such; so-and-soさんです、分りましたかわかりましたか did you get that念を押したねんした confirmed; verified

「どうも色々色々いろいろ in various waysお世話世話せわ help; aid; assistanceになります」

父はこういった。そうしてまた昏睡状態昏睡こんすい状態じょうたい comatose state; unconsciousness陥ったおちいった fell into; slipped into枕辺枕辺まくらべ pillow side; bedside取り巻いていて surround; encircleいる人は無言のまま無言むごんのまま without words; silentlyしばらく病人の様子を見詰めて見詰みつめて gaze at; watch intentlyいた。やがてそのうち middle; midst一人一人ひとり one (person)が立って次のつぎの next room出たた went out (to)。するとまた一人立った。私も三人目三人目さんにんめ third person; third oneにとうとう席を外してせきはずして leave one's seat自分の自分じぶんの one's ownへや room来たた came (to)。私には先刻先刻さっき before; priorふところ (breast) pocket入れたれた put into郵便物郵便物ゆうびんぶつ postal item; letterの中を開けて見ようという目的目的もくてき objective; aimがあった。それは病人の枕元枕元まくらもと pillow side; bedsideでも容易に容易よういに easily; simplyできる所作所作しょさ actionには違いなかったにはちがいなかった no doubt was ...。しかし書かれたかれた was writtenものの分量分量ぶんりょう amount; quantityがあまりに多過ぎる多過おおすぎる too muchので、一息に一息ひといきに at one go; in a short time (lit: in one breath)そこで読み通すとおす read through訳には行かなかったわけにはかなかった one couldn't very well ...。私は特別特別とくべつ special; dedicated時間時間じかん time偸んでぬすんで steal; snatch; seizeそれに充てたてた assigned; applied (to something)

私は繊維繊維せんい fibers; strands強いつよい strong; tough包み紙つつがみ wrapping paper引き掻くく pull at; tear atように裂き破ったやぶった ripped open。中から出たものは、縦横縦横たてよこ lengthwise and crosswise引いたいた be drawnけい rule; lines (on writing paper)の中へ行儀よく行儀ぎょうぎよく carefully; neatly書いた原稿様の原稿げんこうようの manuscript-likeものであった。そうして封じるふうじる seal; close up (a letter)便宜便宜べんぎ expedience; accommodationのために、四つ折おり folding into fourths畳まれてあったたたまれてあった had been folded。私はくせ crease; curlのついた西洋紙西洋紙せいようし Western-style paperを、逆にぎゃくに in the opposite direction折り返してかえして fold back読みやすいみやすい easy to readように平たくしたひらたくした flattened; straightened

私のこころ heart; mindはこの多量多量たりょう large quantityかみ paper印気印気インキ inkが、私に何事何事なにごと what (kinds of) things語るかたる tell; relateのだろうかと思って驚いたおもっておどろいた wondered (with astonishment)。私は同時に同時どうじに at the same time病室のこと matters; affairs気にかかったにかかった weighed on one's mind。私がこのかきものを読み始めてはじめて begin reading読み終らない前におわらないまえに before reading to the end、父はきっとどうかなる、少なくともすくなくとも at least、私は兄からか母からか、それでなければ伯父伯父おじ uncleからか、呼ばれるばれる be called; be summonedに極っているきまっている is a given that ...; is certain that ...という予覚予覚よかく hunch; forebodingがあった。私は落ち付いていて settle down; compose oneself先生先生せんせい Sensei (elder one; teacher - used here as form of address)の書いたものを読む気になれなかった。私はそわそわしながらそわそわしながら in a restless stateただ最初の最初さいしょの initial; first一頁いちページ one pageを読んだ。その頁は下のようにしものように as follows綴られていたつづられていた was written; was composed

「あなたから過去過去かこ the past; one's past問いただされたいただされた was asked (about something)とき time; occasion答えるこたえる answer; respond事のできなかったことのできなかった was unable to ...勇気勇気ゆうき courage; mettleのないわたくし I; meは、いま now ; at presentあなたのまえ front ofに、それを明白に明白めいはくに openly; frankly物語る物語ものがたる tell; relate自由自由じゆう freedom; liberty得たた gained信じますしんじます believe; think; feel。しかしその自由はあなたの上京上京じょうきょう coming (up) to Tōkyō待ってって waitいるうちにはまた失われてうしなわれて be lostしまう世間的の世間的せけんてきの temporal; mundane自由に過ぎないぎない is nothing more than ...のであります。したがって、それを利用できる利用りようできる can use; can take advantage of時に利用しなければ、私の過去をあなたのあたま head; mind間接の間接かんせつの indirect; derivative; vicarious経験経験けいけん experienceとして教えておしえて inform; instruct上げるげる do (something) for someone機会機会きかい chance; opportunity永久に永久えいきゅうに forever; for all time逸するいっする lose; miss (a chance)ようになります。そうすると、あの時あれほど堅くかたく firmly; resolutely約束した約束やくそくした promised; pledged言葉言葉ことば wordsがまるでうそ false; hollow (words)になります。私はやむを得ずやむをず of necessity; having no other recourseくち mouthでいうべきところを、ふで (writing) brush; pen申し上げるもうげる tell; express事にしました」

私はそこまで読んでんで read始めてはじめて for the first timeこの長いながい long; lengthyものが何のためになんのために for what purpose; to what end書かれたかれた was written; was pennedのか、その理由理由りゆ reason; motive明らかにあきらかに clearly知るる know; understand事ができた。私の衣食衣食いしょく livelihood; livingくち opening; position、そんなものについて先生先生せんせい Sensei (elder one; teacher - used here as form of address)手紙手紙てがみ letter寄こすこす send; forward気遣い気遣きづかい consideration; concernはないと、私は初手から初手しょてから from the start信じていた。しかし筆を執るる take upことの嫌いきらい dislike (doing); be loathe (to do)な先生が、どうしてあの事件事件じけん incident; affairをこう長く書いて、私に見せるせる show; present (to)気になったのだろう。先生はなぜ私の上京するまで待っていられないだろう。

「自由が来たた came; arrivedから話すはなす tell; explain。しかしその自由はまた永久に失われなければならない」

私は心のうちでこころのうちで inwardly; deep downこう繰り返しながらかえしながら repeating、その意味意味いみ meaning; implicationを知るに苦しんだくるしんだ struggled。私は突然突然とつぜん suddenly不安不安ふあん unease; anxiety襲われたおそわれた was beset (with)。私はつづいてあと after; further; the restを読もうとした。その時病室病室びょうしつ sickroomほう directionから、私を呼ぶぶ call for; summon大きなおおきな big; loud (voice)あに older brother; elder brotherこえ voice聞こえたこえた could be heard。私はまた驚いておどろいて in surprise; with alarm立ち上ったあがった got up; rose廊下廊下ろうか hallway; corridor馳け抜けるける run down; rush throughようにしてみんなのいる方へ行ったった went (to)。私はいよいよちち fatherの上にうえに concerning; with regard to最後の最後さいごの final瞬間瞬間しゅんかん momentが来たのだと覚悟した覚悟かくごした was resigned to

十八十八じゅうはち (part) 18

病室病室びょうしつ sickroomにはいつの間にかいつのにか at some point医者医者いしゃ doctor来ていたていた had come; had arrived。なるべく病人病人びょうにん invalid; patient楽にするらくにする make comfortableという主意主意しゅい aim; objective; ideaからまた浣腸浣腸かんちょう enema試みるこころみる try (doing)ところであった。看護婦看護婦かんごふ nurse昨夜昨夜ゆうべ the night before; the prior evening疲れつかれ tiredness; fatigue休めるやすめる resolve through rest; sleep offために別室別室べっしつ another room寝ていたていた was sleeping; was lying down慣れないれない unaccostomedあに older brother; elder brother起ってって be up; be on one's feetまごまごしてまごまごして be disconcerted; be flusteredいた。わたくし I; meかお face見るる see; catch sight ofと、「ちょっと手をお貸しし lend a hand」といったまま、自分自分じぶん oneself席に着いたせきいた sat down。私は兄に代ってかわって in place of油紙油紙あぶらがみ oiled paperちち fatherしり buttocks; rear endした below; beneath宛てがったりしたてがったりした set (in place); applied (to)

父の様子様子ようす state; condition少しすこし a little; a bitくつろいで来たくつろいでた relaxed; eased三十分三十分さんじゅっぷん thirty minutesほど枕元枕元まくらもと pillow side; bedside坐っていたすわっていた seated oneself医者は、浣腸の結果結果けっか result; effect認めたみとめた observed; assessedうえ having ...、また来るる come; callといって、帰って行ったかえってった returned; took one's leave帰り際にかえぎわに on the way out、もしものこと situation; circumstancesがあったらいつでも呼んでんで call; summonくれるようにわざわざ断ってことわって inform; give notice; state in advanceいた。

私は今にもいまにも at any momentへん change; turn of eventsがありそうな病室を退いて退しりぞいて leave; withdraw (from)また先生先生せんせい Sensei (elder one; teacher - used here as form of address)手紙手紙てがみ letter読もうとしたもうとした tried to read。しかし私はすこしも寛くりしたゆっくりした relaxed; deliberate; at ease気分気分きぶん feeling; moodになれなかった。つくえ deskまえ front ofに坐るや否やいなや as soon as ...、また兄から大きなおおきな big; loud (voice)こえ voiceで呼ばれそうでならなかった。そうして今度今度こんど this time呼ばれれば、それが最後最後さいご the endだという畏怖畏怖いふ fearが私の手を顫わしたふるわした set to trembling。私は先生の手紙をただ無意味に無意味むいみに without comprehension; without graspingページ pagesだけ剥繰って行った剥繰はぐってった flipped through; leafed through。私の eyes几帳面に几帳面きちょうめんに methodically; neatlyわく border; box; outlineなか inside篏められためられた had been put into; had been inserted into字画字画じかく strokes (that form a character)を見た。けれどもそれを読む余裕余裕よゆう time; leeway; leisure (to do something)はなかった。拾い読みひろみ browsing; skimming (a text)にする余裕すら覚束なかった覚束おぼつかなかった had little chance (of coming to fruition)。私は一番一番いちばん most; very ...しまいの頁まで順々に順々じゅんじゅんに in order開けて見てけてて open and view、またそれを元の通りもととおり original state畳んでたたんで fold up机の上に置こうとしたこうとした was about to place。そのとき time; momentふと結末結末けつまつ end; conclusion近いちかい close; near (to)一句一句いっく single phraseが私の眼にはいった。

「この手紙があなたの手に落ちるちる fall; drop (into)ころ timeには、私はもうこの worldにはいないでしょう。とくに死んでいるんでいる passed away; deceasedでしょう」

私ははっと思ったはっとおもった was shocked; was stunned。今までざわざわと動いてざわざわとうごいて move in restless agitationいた私のむね breast; bosom一度に一度いちどに at once凝結した凝結ぎょうけつした fell still; frozeように感じたかんじた felt; seemed。私はまた逆にぎゃくに in reverse頁をはぐり返したはぐりかえした flipped back through。そうして一枚に一枚いちまいに on each (page)一句ぐらいずつのわり rate倒にさかさに backwards; in reverse読んで行ったんでった read through。私は咄嗟咄嗟とっさ moment; instantあいだ period; interval (of time)に、私の知らなければならないらなければならない must know; need to learn事を知ろうとして、ちらちらするちらちらする flutter; dance文字文字もんじ characters (usually 文字もじ)を、眼で刺し通そうとおそう stab; skewerと試みた。その時私の知ろうとするのは、ただ先生の安否安否あんぴ welfare; well-beingだけであった。先生の過去過去かこ past、かつて先生が私に話そうはなそう tell; convey約束した約束やくそくした promised; pledged薄暗い薄暗うすぐらい dim; vague; obscureその過去、そんなものは私に取ってって to ...全くまったく utterly; completely無用無用むよう of no consequence; superfluousであった。私は倒まにさかさまに backward; in reverse頁をはぐりながら、私に必要な必要ひつような necessary; essential知識知識ちしき knowledge; information容易に容易よういに easilty与えてくれないあたえてくれない not give; not impart (to)この長いながい long; lengthy手紙を自烈たそうに自烈じれったそうに with irritation; with annoyance畳んだ。

わたくし I; meはまたちち father様子様子ようす state; condition見にに to see; to check on病室病室びょうしつ sickroom戸口戸口とぐち door; doorwayまで行ったった went (to)病人病人びょうにん sick person; invalid枕辺枕辺まくらべ pillow side; bedside存外存外ぞんがい contrary to expectaton; unexpectedly静かしずか quiet; calmであった。頼りなさそうにたよりなさそうに looking helpless; looking forlorn疲れたつかれた tired; worn outかお face; (facial) expressionをしてそこに坐っているすわっている be seatedはは mother手招ぎして手招てまねぎして beckon; gesture to、「どうですか様子は」と聞いたいた asked。母は「いま now; at present少しすこし somewhat; to some degree持ち合ってるってる is steady; is stableようだよ」と答えたこたえた answered。私は父の eyesまえ front ofへ顔を出してして put forward; present、「どうです、浣腸して浣腸かんちょうして receive an enema少しは心持心持こころもち feeling; sense of comfort好くなりましたくなりました improvedか」と尋ねたたずねた asked; inquired。父は首肯いた首肯うなずいた nodded。父ははっきり「有難う有難ありがとう thank you」といった。父の精神精神せいしん mind; heart; spiritは存外朦朧朦朧もうろう dim; hazy; faintとしていなかった。

私はまた病室を退いて退しりぞいて leave; withdraw (from)自分の自分じぶんの one's own部屋部屋へや room帰ったかえった returned (to)。そこで時計時計とけい clockを見ながら、汽車汽車きしゃ (steam) train発着表発着表はっちゃくひょう timetable; schedule調べた調しらべた examined; checked。私は突然突然とつぜん suddenly; abruptly立ってって got up; roseおび belt; sash締め直してなおして refastened; straightened upたもと sleeve pocketなか inside先生先生せんせい Sensei (elder one; teacher - used here as form of address)手紙手紙てがみ letter投げ込んだんだ dropped into。それから勝手口勝手口かってぐち kitchen door; side doorからおもて out front出たた went out (to)。私は夢中で夢中むちゅうで in a haze; in a trance医者医者いしゃ doctorいえ house馳け込んだんだ rushed; hurried (to)。私は医者から父がもう二、三日三日さんち two or three days保つつ hold onだろうか、そこのところを判然判然はっきり clearly; directly聞こうとした。注射注射ちゅうしゃ injectionでも何でもなんでも anythingして、保たしてくれと頼もうとしたたのもうとした intented to request。医者は生憎生憎あいにく unfortunately; regrettably留守であった留守るすであった was away; was out。私には凝としてじっとして stay still; restrain oneselfかれ he; himの帰るのを待ち受けるける wait upon; await時間時間じかん time; leisureがなかった。こころ heart; mind落ち付きき composureもなかった。私はすぐくるま cart; rickshaw停車場停車場ステーション station急がせたいそがせた had rush (to)

私は停車場のかべ wall紙片紙片かみぎれ scrap of paper宛てがっててがって apply to; set against、そのうえ top ofから鉛筆鉛筆えんぴつ pencilで母とあに older brother; elder brotherあてで手紙を書いたいた wrote; scribbled。手紙はごく簡単な簡単かんたんな simple; briefものであったが、断らないでことわらないで without informing; giving no notice走るはしる run; take offよりまだ増しし better; preferableだろうと思っておもって think; reckon、それを急いでうち house; home届けるとどける deliver (to)ように車夫車夫しゃふ rickshaw manに頼んだ。そうして思い切ったおもった resolute; determined勢いいきおい spirit; vigor東京行き東京とうきょうき bound for Tōkyōの汽車に飛び乗ってって jump aboardしまった。私はごうごう鳴るる rumble; roar三等列車三等さんとう列車れっしゃ third-class rail carの中で、また袂から先生の手紙を出して、ようやく始めはじめ beginning; startからしまいまで眼を通したとおした read through