Practice text with full furigana

わたくしさびしい人間にんげんです」と先生せんせいがいった。「だからあなたのくださることよろこんでいます。だからなぜそうたびたびのかといっていたのです」

「そりゃまたなぜです」

私がこうかえしたとき、先生はなんともこたえなかった。ただ私のかお「あなたは幾歳いくつですか」といった。

この問答もんどうは私にとってすこぶる不得ふとく要領ようりょうものであったが、私はその時そこまでさずにかえってしまった。しかもそれから四日よっかたないうちにまた先生を訪問ほうもんした。先生は座敷ざしきいなわらした

「また来ましたね」といった。

「ええ来ました」といって自分じぶんも笑った。

私はほかひとからこういわれたらきっとしゃくさわったろうおも。しかし先生にこういわれた時は、まるで反対はんたいであった。癪に触らないばかりでなくかえって愉快ゆかいだった。

「私は淋しい人間です」と先生はそのばんまたこのあいだ言葉ことばかえした。「私は淋しい人間ですが、ことによるとあなたも淋しい人間じゃないですか。私は淋しくってもとしっているから、うごかずにいられるが、わかあなたはそうはかないのでしょう。うごけるだけ動きたいのでしょう。動いてなにつかりたいのでしょう……」

「私はちっともさむしくはありません

「若いうちほど淋しいものはありません。そんならなぜあなたはそうたびたび私のうちへ来るのですか」

ここでもこの間の言葉がまた先生のくちから繰り返された。

「あなたは私にってもおそらくまださびしいがどこかでしているでしょう。私にはあなたのためにその淋しさを根元ねもとからいてげるだけのちからがないんだから。あなたは外のほういていまひろげなければならなくなります。今に私の宅の方へはあしかなくなります

先生はこういって淋しいわらかたをした。

Rough translation

"I'm a lonely man," Sensei confided. "That's why I appreciate your visits, and that's why I wonder what draws you here so often."

"But why should you need to ask?"

Sensei didn't answer the question I posed in return. Instead he looked at me and asked, "How old are you?"

To me, the dialogue that followed seemed unrelated to the subject at hand. For the moment, though, I left it at that and pushed no further. However, within four days I was back at Sensei's door.

Sensei smiled as soon as he entered the parlor. "Back already, are you?"

"Yes, I'm back."

Such a welcome, from anyone else, would have left me offended. Coming from Sensei, though, the effect was reversed. Far from feeling offense, I felt delight.

"I'm a lonely man." That evening, Sensei again spoke these same words. "I'm a lonely man, and I wonder if you aren't lonely too. I'm on in years and set in my ways. Your situation is different. Youth has a need to test itself. You'll want to make your mark somewhere ..."

"I'm not at all lonely."

"There's nothing so lonely as youth. If you aren't lonely, then what draws you here so often?" Sensei repeated these same words yet again. "My company, I'm afraid, will not relieve your loneliness. I don't have the power to grab it for you and pull it out by the roots. You'll have to reach out to others, and once you do, you'll be done with me." Sensei ended with a wistful smile.

Vocabulary

わたくし I; meさびしい solitary; lonely人間にんげん person; man先生せんせい Sensei (elder one; teacher - used here as form of address)くださる come to visit (me)こと act; actionよろこんで enjoy; take pleasure inる come; visitいた asked かえした asked in returnとき time; momentなんとも (no)thing; (nothing) at allこたえなかった gave no answer; did not replyかお faceて look at幾歳いくつ what age; how old 問答もんどう questions and answers; exchange; dialogue不得ふとく要領ようりょうの inconsequential; off-pointそこ bottom; depthsさずに without pushing; without pursuing (a matter)かえって return (home)四日よっか four daysたない not pass; not elapse訪問ほうもんした called on; visited座敷ざしき sitting room; parlorる come out (to); appear (in)いなや as soon as ...わらした smiled; laughed 自分じぶん oneself ほかの another; any otherひと personしゃくさわったろう would likely have been offendedおもう think; believe反対はんたい opposite; converse愉快ゆかい pleasant; uplifting ばん eveningこのあいだ the other day言葉ことば wordsかえした repeatedとしっている advanced in years; oldうごかずに calmly; passivelyわかい youngそうはかない such will not doうごける work at; apply oneselfなにか somethingつかりたい want to grapple with; want to take on さむしくはありません am not lonely うち house; home くち mouth って meet; seeさびしい lonely feeling根元ねもと rootsいて pull up; pull out (by)げる do for someoneちから power; abilityほう directionいて turn towardいまに soon; before longひろげなければならなくなります will have to reach out; will have to embraceあしかなくなります will no longer come by わらかた smile; grin