I am a Cat - Chapter 6 a

vocabulary bar - use mouse hover or touch to display furigana and definition of underlined terms

ろく (chapter) 6

 

こう暑くてあつくて hot; steamy (weather)ねこ catといえどもやり切れないやりれない can't deal with; can't manageかわ skin; hide; pelt脱いでいで take off; strip off; shedにく fleshを脱いでほね bonesだけで涼みたいすずみたい (want to) cool oneself; cool offものだと英吉利英吉利イギリス Englandシドニー・スミスシドニー・スミス Sydney Smith (1771-1845; English wit, writer and Anglican cleric)とか云うう called; namedひと person; man苦しがったくるしがった suffered; bemoanedと云うはなし story; talk (of)があるが、たとい骨だけにならなくとも好いい good; fine; sufficientから、せめてこの淡灰色淡灰色たんかいしゃく light gray斑入斑入ふいり variegated; spotted; mottled毛衣毛衣けごろも fur coatだけはちょっと洗い張りあらり washing and then stretching out to dryでもするか、もしくは当分の中当分とうぶんうち for a while質にでも入れたいしちにでもれたい would like to pawn offような feeling; inclinationがする。人間人間にんげん human beings; humansから見たらたら see; view; look at猫などはねん year年中年中ねんじゅう throughout the year; year round同じおなじ the sameかお faceをして、春夏秋冬春夏秋冬しゅんかしゅうとう spring, summer, fall, winter; all four seasons一枚看板一枚いちまい看板かんばん one's best front押し通すとおす push through; persist with至っていたって in the extreme; entirely単純な単純たんじゅんな simple; plain無事な無事ぶじな safe; calm; uneventful銭のかからないぜにのかからない costing nothing生涯生涯しょうがい lifetime送っておくって spend; pass (time)いるように思われるおもわれる be thought (to be); seemかも知れないかもれない it may be that ...が、いくら猫だって相応に相応そうおうに properly; appropriately暑さ寒さあつさむさ hot and cold感じかんじ feeling; sensationはある。たまには行水行水ぎょうずい bathing oneself一度一度いちど one time; onceくらいあびたくないこと situation; caseもないが、何しろなにしろ anyway; at any rateこの毛衣のうえ topから湯を使った使つかった took a hot bath day of; case ofには乾かすかわかす dry (something) outのが容易な容易よういな easy; simple事でないから汗臭い汗臭あせくさい smelling of sweat; sweatyのを我慢して我慢がまんして put up with; tolerateこの年になるまで洗湯洗湯せんとう public bath; bathhouse暖簾暖簾のれん shop entrance split curtain潜ったくぐった ducked through事はない。折々折々おりおり from time to time; on occasion団扇団扇うちわ uchiwa; traditional flat fanでも使って見ようと云う気も起らんおこらん not arise; not occurではないが、とにかく握るにぎる grip; hold事が出来ないこと出来できない am not able to ...; cannot ...のだから仕方がない仕方しかたがない it can't be helped; there's nothing for it。それを思うと人間は贅沢な贅沢ぜいたくな extravagant; indulgentものだ。なまで食ってって eatしかるべきしかるべき should; ought toものをわざわざ煮てて boil; simmer; stew見たり、焼いていて roast; grill見たり、酢に漬けてけて pickle (something)見たり、味噌味噌みそ miso (paste)をつけて見たり好んでこのんで by choice; to suit one's preference余計な余計よけいな needless; uncalled-for手数を懸けて手数てすうけて expend effort; take trouble (to do)御互に御互おたがいに mutually; with each other恐悦して恐悦きょうえつして take delight inいる。着物着物きもの clothes; clothingだってそうだ。猫のように一年中一年中いちねんじゅう throughout the year; year round同じもの thing; article着通せ着通きとおせ continue to wearと云うのは、不完全不完全ふかんぜん imperfection; incompleteness生れついたうまれついた be born as彼等彼等かれら they; themにとって、ちと無理無理むり unreasonable; unworkableかも知れんが、なにもあんなに雑多な雑多ざったな varied; wide-ranging; motleyものを皮膚皮膚ひふ skinの上へ載せてせて place on; layer onto暮さなくてくらさなくて not (need to) liveもの事だ。ひつじ sheep御厄介御厄介ごやっかい trouble; burden; nuisance (to someone)になったり、かいこ silkworm御世話御世話おせわ help; aid; assistance (from someone)になったり、綿畠綿わたばたけ cotton field御情け御情おなさけ charity; compassionさえ受けるける receiveに至っては贅沢は無能無能むのう incompetence; inability結果結果けっか result; consequenceだと断言して断言だんげんして assert; declareも好いくらいだ。衣食衣食いしょく food and clothingはまず大目に見て大目おおめて overlook; look leniently on勘弁する勘弁かんべんする pardon; forgiveとしたところで、生存生存せいぞん existence; survivalじょう with regard to; concerning直接直接ちょくせつ direct; immediate利害利害りがい interest; concern; stakeもないところまでこの調子調子ちょうし style; manner押して行くしてく press forward; carry on (with)のは毫もごうも (not) at all; (not) in the least合点が行かぬ合点がてんかぬ be unacceptable第一第一だいいち first off; for one thingあたま head hairなどと云うものは自然に自然しぜんに naturally; of its own accord生えるえる growものだから、放っておくほうっておく leave aloneほう alternative (of two choices)がもっとも簡便簡便かんべん simple; easy; convenient当人当人とうにん those (people) in questionのためになるだろうと思うのに、彼等は入らぬらぬ unneeded算段算段さんだん device; contrivanceをして種々雑多な種々しゅじゅ雑多ざったな all sorts of; various恰好恰好かっこう shapes; formsをこしらえて得意である得意とくいである take pride; find satisfaction {paragraph continues below}

坊主坊主ぼうず Buddhist priest; bonzeとか自称する自称じしょうする call oneself; profess to beものはいつ見てて see; look at頭を青くしてあたまあおくして shave one's headいる。暑いあつい hot (weather)とそのうえ above日傘日傘ひがさ sunshade; parasolをかぶる。寒いさむい cold頭巾頭巾ずきん hood; kerchief包むつつむ wrap; cover (with)。これでは何のためになんのために for what purpose; to what end青いもの thing出してして exposeいるのか主意が立たん主意しゅいたん have no meaning; serve no purposeではないか。そうかと思うおもう think about; ponderくし combとか称するしょうする call; name; refer to as無意味な無意味むいみな meaningless鋸様ののこぎりようの saw-like道具道具どうぐ tool; implement用いてみちいて use; utilizeあたま head hair左右左右さゆう left and right等分して等分とうぶんして divide into equal parts嬉しがってうれしがって seem happy; look pleasedるのもある。等分にしないと七分三分七分しちぶ三分さんぶ seventy-thirty割合割合わりあい ratio; proportion頭蓋骨頭蓋骨ずがいこつ skull; craniumの上へ人為的の人為的じんいてきの artificial; unnatural区劃区劃くかく division; partition立てるてる set up; establish中にはなかには among (them)この仕切り仕切しきり partition; divisionつむじつむじ hair whorl通り過してとおすごして go past; go beyond後ろうしろ backside; behindまで食み出してして intrude (into)いるのがある。まるで贋造の贋造がんぞうの fabricated芭蕉葉芭蕉葉ばしょうは banana leafのようだ。その次にはそのつぎには after that脳天脳天のうてん top of the head; crown of the head平らたいら flat; level刈ってって cut; clip; trim左右は真直真直まっすぐ straight切り落すおとす cut off; lop off丸いまるい round頭へ四角な四角しかくな rectangularわく frame; border; boxをはめているから、植木屋植木屋うえきや gardener入れたれた employed; hired; put to work on杉垣根杉垣根すぎがきね Japanese cedar hedge; cryptomeria hedge写生写生しゃせい portrayal; depictionとしか受け取れないとしかれない can only take as ...。このほか五分刈五分刈ごぶがり 15mm cut; half-inch cut三分刈三分刈さんぶがり 10mm cut; one third-inch cut一分刈一分刈いちぶがり 3mm cut; one eighth-inch cutさえあると云う話はなし talk ofだから、しまいには頭のうら reverse side; undersurfaceまで刈り込んでんで trim; clip (into)マイナスマイナス minus一分刈、マイナス三分刈などと云う新奇な新奇しんきな new; novelやつ thing流行する流行りゅうこうする come into vogueかも知れないかもれない it may be that ...。とにかくそんなに憂身を窶して憂身うきみやつして be absorbed in; give oneself over toどうするつもりか分らんわからん have no idea; can't say第一第一だいいち first off; for one thingあし feet; legs四本四本よんほん four (long, slender objects)あるのに二本二本にほん two (long, slender objects)しか使わないしか使つかわない only use ...と云うのから贅沢贅沢ぜいたく extravagace; indulgenceだ。四本であるけばそれだけはかも行くはかもく advance; progress; make headway (= はかどる)わけ situation; caseだのに、いつでも二本ですまして、残るのこる remaining二本は到来到来とうらい (received) gift; present棒鱈棒鱈ぼうだら dried codのように手持無沙汰に手持てもち無沙汰ぶさたに not knowing what to do withぶら下げてぶらげて hang; dangleいるのは馬鹿馬鹿しい馬鹿馬鹿ばかばかしい ridiculous; ludicrous; asinine。これで見ると人間人間にんげん human beings; humansはよほどねこ catより閑なひまな slack; languid; inactiveもので退屈退屈たいくつ tedium; boredomのあまりかようなかような this manner ofいたずらいたずら fooling around; amusing oneself考案して考案こうあんして plan; devise; contrive楽んでたのしんで enjoy oneselfいるものと察せられるさっせられる can be presumed; can be surmised。ただおかしいのはこの閑人閑人ひまじん persons with time on their handsよると障わるとよるとわると whenever they come together多忙多忙たぼう terribly busyだ多忙だと触れ廻わるわる go around sayingのみならず、その顔色顔色かおいろ countenance; expressionがいかにも多忙らしい、わるくすると多忙に食い殺されころされ be devoured; be consumedはしまいかと思われるおもわれる seem; appearほどこせついてこせついて be restless; be stressedいる。彼等彼等かれら they; themのあるものは吾輩吾輩わがはい I; me; myselfを見て時々時々ときどき from time to time; on occasionあんなになったら気楽気楽きらく carefree; comfortable; happy-go-luckyでよかろうなどと云うが、気楽でよければなるが好いい good; fine。そんなにこせこせしてこせこせして fuss about; be restlessくれと誰もだれも (no) one頼んだたのんだ asked; requested訳でもなかろう。自分で自分じぶんで by oneself; of one's own accord勝手な勝手かってな as one pleases; of one's own choosing用事用事ようじ tasks; affairs; business手に負えぬえぬ can't handle; can't manageほど製造して製造せいぞうして manufacture; produce苦しいくるしい difficult; arduous; demanding苦しいと云うのは自分で fire; flamesかんかんかんかん blazingly; intensely起しておこして start; set; give rise to暑いあつい hot; burning暑いと云うようなものだ。猫だって頭の刈り方かた way of cutting二十通り二十通にじゅっとおり twenty ways考え出すかんがす think up day; day of; timeには、こう気楽にしてはおられんさ。気楽になりたければ吾輩のようになつ summerでも毛衣毛衣けごろも fur coat着てて wear; don; sport通されるとおされる persist withだけの修業修業しゅうぎょう training; practiceをするがよろしい。――とは云うものの少々少々しょうしょう a little; a bit熱いあつい hot; toasty。毛衣では全くまったく utterly; completely熱つ過ぎるぎる too hot

これでは一手専売の一手いって専売せんばいの unique to oneself; signature昼寝昼寝ひるね nap; snooze出来ない出来できない can't do何かなにか somethingないかな、永らくながらく for a long time人間社会人間にんげん社会しゃかい human society観察観察かんさつ observation怠ったおこたった neglected (to do)から、今日今日きょう today; this day久し振りでひさりで for the first time in a while彼等彼等かれら they; them酔興酔興すいきょう whim; vagary; eccentricity齷齪する齷齪あくせくする worry about; fret over様子様子ようす situation; circumstances拝見しよう拝見はいけんしよう take a look at; check in onかと考えて見たかんがえてた thought about; consideredが、生憎生憎あいにく unfortunately; regrettably主人主人しゅじん masterはこのてん point; aspectに関してかんして concerning; with regard toすこぶるねこ cat近いちかい close; similar (to)性分性分しょうぶん nature; dispositionである。昼寝は吾輩吾輩わがはい I; me; myself劣らぬおとらぬ be in no way inferior (to)くらいやるし、ことに暑中休暇暑中しょちゅう休暇きゅうか summer vacation after; following; sinceになってからは何一つなにひとつ (not) one single thing人間らしい仕事仕事しごと work; task; endeavorをせんので、いくら観察をしても一向一向いっこう (not) at all; (not) in the least観察する張合張合はりあい value in doingがない。こんなとき time; moment迷亭迷亭めいてい Meitei (name)でも来るる come; call胃弱性の胃弱性いじゃくせいの dyspeptic皮膚皮膚ひふ skin幾分か幾分いくぶんか in some degree; to some extent反応反応はんのう reaction; response呈してていして display; exhibit、しばらくでも猫に遠ざかるとおざかる distance oneself fromだろうに、先生先生せんせい teacher; professor; scholarもう来てて come; call好いい good; fine時だと思っておもって think; considerいると、誰とも知らずだれともらず someone (unannounced)風呂場風呂場ふろば bathing room; washroomでざあざあみず water浴びるびる dash over oneself; douse oneselfものがある。水を浴びるおと soundばかりではない、折々折々おりおり intermittently大きなおおきな big; loud (voice)こえ voice相の手あい interjection; exclamation入れてれて insertいる。「いや結構結構けっこう splendid; fine; wonderful」「どうも良いい good; fine心持ち心持こころもち feelingだ」「もう一杯もう一杯いっぱい one more (cupful; bucketful)」などと家中家中うちじゅう throughout the house響き渡るひびわたる resound; echo; reverberateような声を出すす put forth。主人のうちへ来てこんな大きな声と、こんな無作法な無作法ぶさほうな ill-mannered; unruly真似真似まね behavior; conductをやるものはほかにはない。迷亭に極っているきまっている it has to be ...

いよいよ来たな、これで今日半日半日はんにち half a day潰せるつぶせる can kill; can while away (time)と思っていると、先生あせ sweat拭いていて wipe肩を入れてかたれて pulling one's garment back up over one's shoulders例のごとくれいのごとく as usual; as always座敷座敷ざしき living room; parlorまでずかずかずかずか making a brusque entrance; barging in上って来てあがってて come up (into a room)奥さんおくさん wife; lady of the house (used here as form of address)苦沙弥苦沙弥くしゃみ Kushami (the master's name)くん (suffix of familiarity for males)はどうしました」と呼ばわりながらばわりながら calling out帽子帽子ぼうし hatたたみ tatami (mat)うえ top; surface抛り出すほうす toss; drop; dump細君細君さいくん the wifeとなり neighboring; adjacent座敷で針箱針箱はりばこ sewing boxそば close to; next to突っ伏してして fall prostrate; lay oneself down好い心持ちに寝てて sleep; restいる最中最中さいちゅう middle of; midst ofワンワンワンワン clamoring; uproar何だかなんだか in some manner鼓膜鼓膜こまく eardrums答えるこたえる strike home; penetrate; pierceほどのひびき sound; reverberation; noiseがしたのではっと驚ろいておどろいて be surprised; be startled醒めぬ眼めぬ tired eyesをわざと睜ってみはって open (one's eyes) wide座敷へ出て来るる come out toと迷亭が薩摩上布薩摩さつま上布じょうふ Satsuma linen (kimono)着てて wear; don; sport勝手な勝手かってな as one pleases; of one's own choosingところ place; spot陣取って陣取じんどって take up; occupy (a position)しきりに扇使いおおぎ使づかい fanning oneselfをしている。

「おやいらしゃいまし」と云ったった said; stated; called out少々少々しょうしょう a little; somewhat狼狽狼狽ろうばい confusion; disarray気味気味きみ sense; feelingで「ちっとも存じませんでしたぞんじませんでした didn't know」と鼻の頭はなあたま tip of one's noseあせ sweat; perspirationをかいたまま御辞儀をする御辞儀おじぎをする bow (in salutation)。「いえ、いま now; just now来たた came; arrivedばかりなんですよ。今風呂場風呂場ふろば bathing room; washroom御三御三おさん Osan (the maidservant)みず water掛けて貰ってけてもらって have pour overね。ようやく生き帰ったかえった revived; came back to oneselfところで――どうも暑いあつい hot (weather)じゃありませんか」「この両三日両三日りょうさんち two or three days; several daysは、ただじっとしておりましても汗が出るる come forth; emergeくらいで、大変大変たいへん very much; terribly御暑うございます御暑おあつうございます hot (weather)。――でも御変りもございません御変おかわりもございません (you are) same as ever; no worse for wearで」と細君細君さいくん the wife依然として依然いぜんとして still; as yet鼻の汗をとらない。「ええありがとう。なに暑いくらいでそんなに変りゃしませんや。しかしこの暑さは別物別物べつもの something special; another thingですよ。どうもからだ bodyだるくってだるくって languid; listless; sluggishね」「私しわたくし I; meなども、ついに昼寝昼寝ひるね nap; restなどを致した事がないいたしたことがない have never ...んでございますが、こう暑いとつい――」「やりますかね。好いい good; fineですよ。ひる midday; daytime寝られてられて be able to sleepよる evening; night寝られりゃ、こんな結構な結構けっこうな wonderful; splendid事はないでさあ」とあいかわらず呑気な呑気のんきな carefree; easygoing; happy-go-lucky事を並べて見たならべてた laid out; enumeratedがそれだけでは不足不足ふそく insufficient; lackingと見えて「わたし I; meなんざ、寝たくない、たち nature; disposition; temperamentでね。苦沙弥苦沙弥くしゃみ Kushami (the master's name)くん (suffix of familiarity for males)などのように来るたんびに寝ているひと person; manを見ると羨しいうらやましい enviousですよ。もっとも胃弱胃弱いじゃく weak digestion; dyspepsiaにこの暑さは答えるこたえる strike home; impact; affectからね。丈夫な丈夫じょうぶな healthy; vigorous; robust人でも今日今日きょう todayなんかはくび headかた shouldersうえ top of載せてるせてる be resting on; be carried byのが退儀退儀たいぎ burdensomeでさあ。さればと云って載ってる以上以上いじょう given that ...; seeing that ...もぎとるもぎとる pluck off; wrest free訳にも行かずわけにもかず one can't just ...ね」と迷亭迷亭めいてい Meitei (name)いつになくいつになく uncharacteristically首の処置処置しょち measures; dealing with窮しているきゅうしている be hard pressed; be at a loss。「奥さんおくさん wife; lady of the house (used here as form of address)なんざ首の上へまだ載っけておくものがあるんだから、坐っちゃいられないすわっちゃいられない can't sit up; can't remain seatedはずだ。まげ bun (hairstyle)重みおもみ weightだけでもよこ sideways; lying downになりたくなりますよ」と云うと細君は今まで寝ていたのが髷の恰好恰好かっこう shape; formから露見した露見ろけんした showed; was evident思っておもって consider; suppose「ホホホ口の悪いくちわるい too direct; overly candid (in one's speech)」と云いながら頭をいじって見る。

迷亭はそんな事には頓着なく頓着とんじゃくなく indifferent; unconcerned「奥さん、昨日昨日きのう yesterdayはね、屋根屋根やね roofの上で玉子玉子たまご eggフライフライ fryingをして見ましたよ」と妙なみょうな odd; curious事を云う。「フライをどうなさったんでございます」「屋根のかわら roof tilesがあまり見事に見事みごとに magnificently; superbly焼けてけて burn; be roasted; be heatedいましたから、ただ置くく set aside; leave aloneのも勿体ない勿体もったいない waste; missed opportunityと思ってね。バタバタ butter溶かしてかして melt玉子を落したおとした dropped ontoんでさあ」「あらまあ」「ところがやっぱり天日天日てんぴ heat of the sunは思うように行きませんきません not proceed; not happenや。なかなか半熟半熟はんじゅく soft-boiledにならないから、した belowへおりて新聞新聞しんぶん newspaper読んでんで readいるときゃく visitor; guestが来たもんだからつい忘れてしまってわすれてしまって forgot about今朝今朝けさ this morningになって急にきゅうに suddenly思い出しておもして remember; recall、もう大丈夫大丈夫だいじょうぶ okay; all rightだろうと上ってあがって go up; ascend見たらね」「どうなっておりました」「半熟どころか、すっかり流れてしまいましたながれてしまいました flowed; ran」「おやおや」と細君は八の字を寄せながらはちせながら knit one's brows感嘆した感嘆かんたんした expressed one's astonishment

「しかし土用中土用中どようじゅう through midsummer; during the dog days of summerあんなに涼しくってすずしくって cool; refreshing今頃今頃いまごろ recently; of lateから暑くなるあつくなる get hot; heat up (of weather)のは不思議不思議ふしぎ strange; curiousですね」「ほんとでございますよ。せんだってじゅうは単衣単衣ひとえ unlined kimonoでは寒いさむい cold; chillyくらいでございましたのに、一昨日一昨日おととい the day before yesterdayから急にきゅうに suddenly暑くなりましてね」「かに crabsなら横によこに sideways這うう crawlところだが今年今年ことし this year気候気候きこう climate; weatherあとびさりあとびさり stepping back; backing awayをするんですよ。倒行して逆施す倒行とうこうして逆施げきしす do things in reverse orderまた可ならずやまたならずや is it not better to ...と云うようなうような something like ...こと act; action; thing言ってって say; state; assertいるかも知れないかもれない it may be that ...」「なんでござんす、それは」「いえ、何でもないなんでもない it's nothingのです。どうもこの気候の逆戻りをする逆戻ぎゃくもどりをする move in reverseところはまるでハーキュリスハーキュリス Hercules (Greek hero, son of Zeus and Alcmene)うし cattleですよ」と図に乗ってって get carried away; forget oneselfいよいよ変ちきりんなへんちきりんな strange; offbeat; out of left field事を言うと、果せるかなはたせるかな as expected細君細君さいくん the wife分らないわからない not understand; fail to comprehend。しかし最前最前さいぜん shortly before; just nowの倒行して逆施すで少々少々しょうしょう somewhat; to some degree懲りてりて learn one's lesson; have enough ofいるから、今度今度こんど this timeはただ「へえー」と云ったのみで問い返さなかったかえさなかった did not ask (by way of response)。これを問い返されないと迷亭迷亭めいてい Meitei (name)はせっかく持ち出したした brought up; broached; mentioned甲斐甲斐かい worth; use; valueがない。「奥さんおくさん wife; lady of the house (used here as form of address)、ハーキュリスの牛を御存じですか御存ごぞんじですか do you know; are you familiar with」「そんな牛は存じませんわ」「御存じないですか、ちょっと講釈をしましょう講釈こうしゃくをしましょう expound on; explainか」と云うと細君もそれには及びませんそれにはおよびません that's not necessary; please don't botherとも言い兼ねたねた couldn't very well sayものだから「ええ」と云った。「昔しむかし long ago; in former timesハーキュリスが牛を引っ張って来たた led alongんです」「そのハーキュリスと云うのは牛飼牛飼うしかい cattleman; cowherdででもござんすか」「牛飼じゃありませんよ。牛飼やいろはいろは name of a chain of restaurants in Tōkyō specializing in beef and pork亭主亭主ていしゅ owner; proprietorじゃありません。その節はそのせつは at that time; in those days希臘希臘ギリシャ Greeceにまだ牛肉屋牛肉屋ぎゅうにくや butcher specializing in beef一軒一軒いっけん one shop; one establishmentもない時分時分じぶん time; periodの事ですからね」「あら希臘のお話しはなし story; talk ofなの? そんなら、そうおっしゃればいいのに」と細君は希臘と云う国名国名こくめい country nameだけは心得て心得こころえて know; recognizeいる。「だってハーキュリスじゃありませんか」「ハーキュリスなら希臘なんですか」「ええハーキュリスは希臘の英雄英雄えいゆう heroでさあ」「どうりで、知らないらない don't know; not be familiar with思いましたおもいました thought。それでそのおとこ man; fellowがどうしたんで――」「その男がね奥さん見たようにたように just like ...眠くなってねむくなって grow sleepy; become drowsyぐうぐう寝ているぐうぐうている be sound asleep――」「あらいやだ」「寝ている interval (of time)に、ヴァルカンヴァルカン Vulcan (god of fire and smithery) childが来ましてね」「ヴァルカンて何です」「ヴァルカンは鍛冶屋鍛冶屋かじや smith; blacksmithですよ。この鍛冶屋のせがれせがれ sonがその牛を盗んだぬすんだ stoleんでさあ。ところがね。牛の尻尾尻尾しっぽ tails持ってって holdぐいぐい引いて行ったいてった pulled away; pulled alongもんだからハーキュリスが眼を覚ましてまして open one's eyes; wake牛やーい牛やーいと尋ねてたずねて search out; look forあるいても分らないんです。分らないはずでさあ。牛の足跡足跡あしあと hoofprintsをつけたってまえ front; forwardほう directionへあるかして連れて行ったれてった led awayんじゃありませんもの、後ろへうしろへ backward後ろへと引きずって行ったんですからね。鍛冶屋のせがれにしては大出来大出来おおでき great success; major coupですよ」と迷亭先生先生せんせい teacher; professor; scholarはすでに天気天気てんき weatherの話は忘れてわすれて forget; put out of one's mindいる。

時にときに by the way; incidentally御主人御主人ごしゅじん the masterはどうしました。相変らず相変あいかわらず as always午睡午睡ひるね nap; restですかね。午睡も支那人支那人しなじん Chinese (people) poem; poetry出てくるてくる appear風流風流ふうりゅう elegant; tasteful; refinedだが、苦沙弥苦沙弥くしゃみ Kushami (the master's name)くん (suffix of familiarity for males)のように日課日課にっか daily routineとしてやるのは少々少々しょうしょう somewhat; to some degree俗気俗気ぞっき worldliness; crassness; tackinessがありますね。何のなんの (no) sort ofこと happening; occurrenceあない毎日毎日まいにち every day少しずつすこしずつ bit by bit; a little at a time死んで見るんでる experience deathようなものですぜ、奥さんおくさん wife; lady of the house (used here as form of address)御手数御手数おてすう trouble; bother (for you)だがちょっと起しておこして wake; rouseいらっしゃい」と催促する催促さいそくする press; urge (a person to do something)細君細君さいくん the wife同感同感どうかん of the same mind; in agreement見えてえて appear; seem (to be)「ええ、ほんとにあれでは困りますこまります be troubled; be bothered第一第一だいいち first off; for one thingあなた、からだが悪るくなるるくなる worsen; decline; deteriorateばかりですから。いま now; just now御飯御飯ごはん mealをいただいたばかりだのに」と立ちかけるちかける start to get up (onto one's feet)迷亭迷亭めいてい Meitei (name)先生先生せんせい teacher; professor; scholarは「奥さん、御飯と云やあやあ speaking of ...ぼく I; meはまだ御飯をいただかないんですがね」と平気な平気へいきな cool; calm; composedかお face; (facial) expressionをして聞きもせぬきもせぬ unprompted; unsolicited事を吹聴する吹聴ふいちょうする proclaim; announce; make known。「おやまあ、時分どき時分じぶんどき time for something; that timeだのにちっとも気が付きませんできませんで without noticing――それじゃ何もなにも (no)thingございませんが御茶漬御茶漬おちゃづけ chazuke; cooked rice with green tea poured on itでも」「いえ御茶漬なんか頂戴しなくって頂戴ちょうだいしなくって not receive; not take好いい good; fineですよ」「それでも、あなた、どうせ御口に合う御口おくちう suiting your taste; to your likingようなものはございませんが」と細君少々厭味厭味いやみ cutting remark; sarcasm並べるならべる show; exhibit。迷亭は悟ったさとった sensed; perceivedもので「いえ御茶漬でも御湯漬御湯漬おゆづけ cooked rice with hot water poured on it (play on chazuke)でも御免蒙る御免ごめんこうむる decline; refuse; beg offんです。今途中で途中とちゅうで on the way御馳走御馳走ごちそう fine meal誂らえて来ましたあつらえてました went and orderedから、そいつを一つひとつ one (thing)ここでいただきますよ」ととうてい素人素人しろうと ordinary personには出来そうもない出来できそうもない couldn't do; couldn't pull off事を述べるべる state; mention; relate。細君はたった一言一言ひとこと one word「まあ!」と云ったがそのまあのうち midst; withinには驚ろいたおどろいた was surprised; was taken abackまあと、気を悪るくしたるくした was offendedまあと、手数手数てすう trouble; bother省けてはぶけて save; economize (on)ありがたいと云うまあが合併して合併がっぺいして be consolidated; run togetherいる。

ところへ主人主人しゅじん masterが、いつになくあまりやかましいので、寝つき掛ったつきかかった had fallen into slumberねむり rest; reposeをさかに扱かれたかれた was thrashed; was wrestedような心持心持こころもち feeling; sensationで、ふらふらとふらふらと unsteadily; tottering; reeling書斎書斎しょさい study; den; reading roomから出て来るる come out; emerge。「相変らず相変あいかわらず as alwaysやかましいおとこ guy; fellowだ。せっかく好いい fine; pleasant心持に寝ようとしたところを」と欠伸欠伸あくび yawn交りにまじりに mixed with仏頂面仏頂面ぶっちょうづら sour looking faceをする。「いや御目覚御目覚おめざめ wakingかね。鳳眠鳳眠ほうみん blessed repose; majestic slumber驚かし奉っておどろかしまつって (humbly) disruptはなはだ相済まん相済あいすまん terribly sorry; remorseful。しかしたまには好かろうかろう good; fine。さあ坐りたまえすわりたまえ have a seat」とどっちがきゃく visitor; callerだか分らぬわからぬ can't tell挨拶挨拶あいさつ greeting; salutationをする。主人は無言のまま無言むごんのまま without speaking座に着いていて take a seat; seat oneself寄木細工寄木よせぎ細工ざいく wooden mosaic work; work crafted of in-laid wood巻煙草入巻煙草まきたばこいり cigarette caseから「朝日朝日あさひ Asahi (brand of cigarettes)」を一本一本いっぽん one (slender object)出してして take outすぱすぱすぱすぱ puffingly吸い始めたはじめた began to smokeが、ふとむこう opposite side; other sideすみ corner転がっているころがっている be tumbled; lie迷亭迷亭めいてい Meitei (name)帽子帽子ぼうし hat眼をつけてをつけて catch sight ofきみ you帽子を買ったった purchased; boughtね」と云ったった stated; remarked。迷亭はすぐさま「どうだい」と自慢らしく自慢じまんらしく with an air of pride主人と細君細君さいくん the wifeまえ front of差し出すす hold out; present。「まあ奇麗奇麗きれい fine-looking; handsomeこと situation; state (of affairs)大変大変たいへん very much; greatly目が細かくってこまかくって of fine weave柔らかいやわらかい soft; pliantんですね」と細君はしきりに撫で廻わすわす touch; handle。「奥さんおくさん wife; lady of the house (used here as form of address)この帽子は重宝重宝ちょうほう treasure; prizeですよ、どうでも言うう say; ask事を聞きますきます listen to; respond to; comply withからね」と拳骨拳骨げんこつ fistをかためてパナマパナマ Panama (hat)横ッ腹横ッ腹よこっぱら side; flankぽかりとぽかりと with a whack; with a thump張り付けるける stick; affix (to)と、なるほど意のごとくのごとく as intendedこぶし fistほどなあな pit; hollow; recessがあいた。細君が「へえ」と驚く間もなくもなく as soon as ...; almost before ...この度はこのたびは this time拳骨を裏側裏側うらがわ back side; reverse side入れてれて put into; place insideうんと突ッ張るる push out; press against釜の頭かまあたま kettle topがぽかりと尖んがるんがる come to a point次にはつぎには next; after that帽子を取ってって take; graspつば brimと鍔とを両側両側りょうがわ both sidesから圧し潰してつぶして squash; flatten見せるせる show; display; demonstrate。潰れた帽子は麺棒麺棒めんぼう rolling pin延したした rolled out; smoothed out蕎麦蕎麦そば soba; Japanese buckwheat noodlesのように平たくなるひらたくなる be flattened。それを片端片端かたはし one edge; one sideからむしろ woven straw matでも巻くく roll upごとくぐるぐる畳むたたむ fold up (for storing away)。「どうですこの通りこのとおり just like this; as you can see」と丸めたまるめた balled up; rolled up帽子を懐中懐中かいちゅう one's (sleeve) pocketへ入れて見せる。「不思議な不思議ふしぎな curious; wondrousです事ねえ」と細君は帰天斎正一帰天斎きてんさい正一しょういち Kitensai Shōichi (Meiji period illusionist)手品手品てじな sleight of hand; magic trickでも見物して見物けんぶつして see; watch; take inいるように感嘆する感嘆かんたんする express astonishment; show amazementと、迷亭もその inclination; intention; spiritになったものと見えて、みぎ right (side)から懐中に収めたおさめた stored; put away帽子をわざとひだり left (side)袖口袖口そでぐち sleeve openingから引っ張り出してして pull out; withdraw (from)「どこにもきず damage; harmはありません」ともと formerly; beforeのごとくに直してなおして straighten; fix; restore人さし指ひとさしゆび index fingerさき tipへ釜のそこ bottom載せてせて put on; place onくるくると廻すまわす rotate; spin。もう休めるめる cease; desistかと思ったらおもったら thought最後に最後さいごに finallyぽんと後ろうしろ behind; in back放げてげて fling; tossそのうえ top of堂っさりとっさりと with a thud尻餅を突いた尻餅しりもちいた dropped on one's behind。「君大丈夫大丈夫だいじょうぶ alright; okayかい」と主人さえ懸念懸念けねん worry; concernらしいかお face; (facial) expressionをする。細君は無論の事無論むろんこと of course心配そうに心配しんぱいそうに with a look of concern「せっかく見事な見事みごとな fine; splendid帽子をもし壊わしでもしちゃあわしでもしちゃあ destroy; ruin大変ですから、もう好い加減になすったら宜うござんしょう加減かげんになすったらうござんしょう stop already; enough please」と注意注意ちゅうい caution; admonitionをする。得意得意とくい triumphant; elated; pleasedなのは持主持主もちぬし ownerだけで「ところが壊われないからみょう odd; curiousでしょう」と、くちゃくちゃになったのをしり haunchesした below; beneathから取り出してして take outそのまま頭へ載せると、不思議な事には、頭の恰好恰好かっこう shape; formたちまちたちまち immediately; in an instant; at once回復する回復かいふくする recover; revert (to)。「実にじつに really; truly丈夫な丈夫じょうぶな hardy; rugged; robust帽子です事ねえ、どうしたんでしょう」と細君がいよいよ感心する感心かんしんする be duly impressedと「なにどうもしたんじゃありません、元からこう云うこうう this kind of ...; such a ...帽子なんです」と迷亭は帽子を被ったかぶった wore; placed (on one's head)まま細君に返事返事へんじ reply; responseをしている。

「あなたも、あんな帽子帽子ぼうし hat御買になったら御買おかいになったら purchase; buy、いいでしょう」としばらくして細君細君さいくん the wife主人主人しゅじん master勧めかけたすすめかけた began to suggest。「だって苦沙弥苦沙弥くしゃみ Kushami (the master's name)くん (suffix of familiarity for males)立派な立派りっぱな fine; handsome; splendid麦藁麦藁むぎわら wheat straw; barley strawやつ item; specimen持ってるってる have; own; possessじゃありませんか」「ところがあなた、せんだって小供小供こども children (usually 子供こども)があれを踏み潰してつぶして crush under foot; step onしまいまして」「おやおやそりゃ惜しいしい unfortunate; regrettableこと occurrence; happeningをしましたね」「だから今度今度こんど this time; next timeはあなたのような丈夫丈夫じょうぶ hardy; rugged; robust奇麗な奇麗きれいな fine-looking; handsomeのを買ったら善かろうかろう good; fine; for the best思いますおもいます think; believe; feelんで」と細君はパナマパナマ Panama (hat)価段価段ねだん price知らないらない not know; be unaware ofものだから「これになさいよ、ねえ、あなた」としきりに主人に勧告して勧告かんこくして advise; counsel; recommendいる。

迷亭迷亭めいてい Meitei (name)君は今度はみぎ right (side)たもと sleeve pocketなか inside; withinから赤いあかい redケースケース case入りり enclosed inはさみ scissors取り出してして take out細君に見せるせる show; present。「奥さんおくさん wife; lady of the house (used here as form of address)、帽子はそのくらいにしてこの鋏を御覧なさい御覧ごらんなさい please take a look at。これがまたすこぶる重宝な重宝ちょうほうな valuable; highly useful; prized奴で、これで十四十四じゅうよん fourteen通りとおり ways; manners使える使つかえる can use; can be usedんです」この鋏が出ないない not come out; not appearと主人は細君のためにパナマ責めめ urging; forcing; pressingになるところであったが、幸にさいわいに fortunately; happily細君がおんな female; womanとして持って生れたってうまれた innately possessed好奇心好奇心こうきしん curiosity; inquisitivenessのために、この厄運厄運やくうん ill fate; misfortune免かれたまぬかれた evaded; was sparedのは迷亭の機転機転きてん quick wittedness; tact; clevernessと云わんよりわんより more than ...むしろ僥倖僥倖ぎょうこう luck; good fortune; serendipity仕合せ仕合しあわせ happiness; blessingだと吾輩吾輩わがはい I; me; myself看破した看破かんぱした perceived; discerned; detected。「その鋏がどうして十四通りに使えます」と聞くく ask; inquireや否やいなや as soon as ...迷亭君は大得意な大得意だいとくいな exultant; exuberant; triumphant調子調子ちょうし manner; veinで「いま now; from here一々一々いちいち one by one説明します説明せつめいします explain; relateから聞いていらっしゃい。いいですか。ここに三日月形三日月形みかづきがた crescent shape欠け目 chip; cut-out; voidがありましょう、ここへ葉巻葉巻はまき cigar入れてれて put into; insertぷつりとぷつりと with a snap口を切るくちる break the seal; break openんです。それからこの root; baseにちょと細工細工さいく workmanship; handiworkがありましょう、これで針金針金はりがね wireぽつぽつぽつぽつ lightly; easilyやりますね。次にはつぎには next平たくしてひらたくして lay flatかみ paperうえ top ofよこ sideways置くく set; place定規定規じょうぎ straightedgeよう use; utilityをする。また bladeうら back side; reverseには度盛度盛どもり gradationがしてあるから物指物指ものさし ruler; measure代用代用だいよう substitute; proxy出来る出来できる can do; can serve as。こちらのおもて front sideにはヤスリヤスリ file; rasp付いているいている be included; be affixed toこれでつめ (finger or toe) nails磨りまさありまさあ smooth; buff; burnish。ようがすか。この先きき tip螺旋鋲螺旋鋲らせんびょう threaded fastenerあたま head刺し込んでんで insert intoぎりぎりぎりぎり tightly; firmly廻すまわす turn; twist金槌金槌かなづち hammerにも使える。うんと突き込んでんで thrust intoこじ開けるこじける pry open大抵の大抵たいていの ordinary; common釘付の釘付くぎづけの nailed shutはこ boxなんざあ苦もなくもなく without difficulty; with little effortふた lidがとれる。まった、こちらの刃のさき tipきり gimlet; awl; augerに出来ている。ここん所ここんとこ this area書き損いそこない written erroneously; misprinted character削るけずる scrape off; remove場所場所ばしょ placeで、ばらばらばらばら in pieces離すはなす separateと、ナイフナイフ knifeとなる。一番しまいに一番いちばんしまいに last of all; finally――さあ奥さん、この一番しまいが大変大変たいへん very much; greatly面白い面白おもしろい of interest; intriguing; fascinatingんです、ここにはえ fly眼玉眼玉めだま eyeballくらいな大きさおおきさ sizeたま ball; sphereがありましょう、ちょっと、覗いてのぞいて peek into; peer through御覧なさい」「いやですわまたきっと馬鹿になさる馬鹿ばかになさる trick; trifle withんだから」 {paragraph continues below}

「そう信用信用しんよう trust; confidenceがなくっちゃ困ったこまった a shame; unfortunateね。だが欺されたと思ってだまされたとおもって play along; humor (me)、ちょいと覗いてのぞいて peek into; peer through御覧なさい御覧ごらんなさい please take a lookな。え? いや objectionableですか、ちょっとでいいから」とはさみ scissors細君細君さいくん the wife渡すわたす hand over; pass (to)。細君は覚束なげに覚束おぼつかなげに with low expectation; while harboring doubt鋏を取りあげてりあげて pick up例のれいの the aforementionedはえ fly眼玉眼玉めだま eyeballところ place; spot自分の自分じぶんの one's own眼玉を付けてけて affix; set toしきりにしきりに intently; keenly覘をつけてねらいをつけて set one's sights onいる。「どうです」「何だかなんだか somehow ...; it seems ...真黒真黒まっくろ completely darkですわ」「真黒じゃいけませんね。も少しすこし a bit more障子障子しょうじ shōjiほう direction向いていて turn toward、そう鋏を寝かさずにかさずに without laying sideways; keeping upright――そうそうそれなら見えるえる be visibleでしょう」「おやまあ写真写真しゃしん photographですねえ。どうしてこんな小さなちいさな small写真を張り付けたけた attached; affixedんでしょう」「そこが面白い面白おもしろい interesting; intriguingところでさあ」と細君と迷亭迷亭めいてい Meitei (name)はしきりに問答問答もんどう questions and answers; exchangeをしている。最前から最前さいぜんから all the while黙っていただまっていた had remained silent; had said nothing主人主人しゅじん masterはこのとき time; moment急にきゅうに suddenly写真が見たくなったものと見えて「おいおれ I; meにもちょっと覧せろせろ show; let see」と云うう say; stateと細君は鋏をかお face押し付けたけた pressed (to; against)まま「実にじつに really; truly; indeed奇麗奇麗きれい beautiful; lovely; fairですこと situation; state (of affairs)裸体の裸体らたいの naked; nude美人美人びじん beautiful woman; beautyですね」と云ってなかなか離さないはなさない not let go; not relinquish。「おいちょっと御見せ御見おみせ show; let seeと云うのに」「まあ待っていらっしゃいっていらっしゃい wait; in a momentよ。美くしいうつくしい beautiful; lovelyかみ hairですね。こし hips; waistまでありますよ。少し仰向いて仰向あおむいて looking upward恐ろしいおそろしい terribly; tremendously背の高いせいたかい tall (in stature)おんな womanだ事、しかし美人ですね」「おい御見せと云ったら、大抵にして大抵たいていにして in reasonable fashion; in due course見せるがいい」と主人は大におおいに very much; greatly急き込んでんで get agitated, grow impatient細君に食って掛るってかかる flare up at; become cross with。「へえ御待遠さま御待遠おまちどおさま sorry to keep you waiting、たんと御覧遊ばせ御覧ごらんあそばせ enjoy (viewing) at your leisure」と細君が鋏を主人に渡す時に、勝手勝手かって kitchenから御三御三おさん Osan (the maidservant)御客さま御客おきょくさま (esteemed) visitor; guest御誂御誂おあつらえ order参りましたまいりました has come; is arrivedと、二個二個にこ two (things)笊蕎麦笊蕎麦ざるそば zaru soba (soba served on a bamboo basket with dipping sauce)座敷座敷ざしき living room; parlor持って来るってる bring in

奥さんおくさん wife; lady of the house (used here as form of address)これがぼく I; me自弁自弁じべん at one's own expense御馳走御馳走ごちそう fine mealですよ。ちょっと御免蒙って御免ごめんこうむって with your permission、ここでぱくつくぱくつく eat up; devour事に致しますこといたします I would like to ...; I propose to ...から」と叮嚀に叮嚀ていねいに politely; courteously御辞儀をする御辞儀おじぎをする bow; nod真面目なような真面目まじめなような seemingly in earnest巫山戯たような巫山戯ふざけたような seemingly in jest動作動作どうさ movement; actionだから細君細君さいくん the wife応対応対おうたい dealing with; responding to窮したきゅうした was unsure about; struggled withと見えてえて seemed to ...「さあどうぞ」と軽くかるく lightly; simply返事をした返事へんじをした answered; repliedぎり拝見して拝見はいけんして watch; observeいる。主人主人しゅじん masterはようやく写真写真しゃしん photographから眼を放してはなして take one's eye off of; turn one's attention fromきみ youこの暑いあつい hot weatherのに蕎麦蕎麦そば soba; buckwheat (noodles)どく harmful; unhealthyだぜ」と云ったった said; remarked。「なあに大丈夫大丈夫だいじょうぶ fine; alright; okay好きなきな favored; to one's likingものは滅多に滅多めったに seldom; rarely中るあたる afflict; upset (one's stomach)もんじゃない」と蒸籠蒸籠せいろ bamboo steamer; steaming basketふた lid; coverをとる。「打ち立てて freshはありがたいな。蕎麦の延びたびた (of noodles) to have become soggyのと、人間人間にんげん human being; man間が抜けたけた dull-wittedのは由来由来ゆらい naturally; by natureたのもしくないたのもしくない untrustworthy; not to be relied onもんだよ」と薬味薬味やくみ condiments; spicesツユツユ (dipping) sauceなか middle; within入れてれて put into無茶苦茶に無茶苦茶むちゃくちゃに excessively; with abandon掻き廻わすわす stir; mix。「君そんなに山葵山葵わさび wasabi; Japanese horseradishを入れると辛らいらい spicy; hotぜ」と主人は心配そうに心配しんぱいそうに with a look of concern注意した注意ちゅういした cautioned。「蕎麦はツユと山葵で食うう eatもんだあね。君は蕎麦が嫌いきらい not to one's likingなんだろう」「僕は饂飩饂飩うどん udon; thick Japanese wheat noodlesが好きだ」「饂飩は馬子馬子まご packhorse driverが食うもんだ。蕎麦のあじ flavor; taste; appeal解しないかいしない not understand; not recognizeひと person; manほど気の毒などくな unfortunate; pitiable事はない」と云いながら杉箸杉箸すぎばし cedar chopsticksむざとむざと easily; without ado突き込んでんで thrust into出来るだけ出来できるだけ as much as possible多くのおおくの much; many分量分量ぶんりょう amount二寸二寸にすん 2 sun (about 6 cm; about 2.5 inches)ばかりの高さたかさ heightしゃくい上げたしゃくいげた scooped up。「奥さん蕎麦を食うにもいろいろ流儀流儀りゅうぎ methods; stylesがありますがね。初心の者初心しょしんもの newcomer; noviceに限ってかぎって concerning; when it comes to無暗に無暗むやみに recklessly; rashly; indiscriminatelyツユを着けてけて apply、そうして口の内くちうち within one's mouthでくちゃくちゃやっていますね。あれじゃ蕎麦の味はないですよ。何でもなんでも anyhow; at any rate、こう、一としゃくいにとしゃくいに in one scoop引っ掛けてけて hook; grab; catchね」と云いつつはし chopsticksを上げると、長いながい longやつ things; ones勢揃い勢揃せいぞろい lining up; falling in lineをして一尺一尺いっしゃく 1 shaku (about 30 cm; about 1 foot)ばかり空中に空中くうちゅうに in the air釣るし上げられるるしげられる be suspended迷亭迷亭めいてい Meitei (name)先生先生せんせい teacher; professor; scholarもう善かろうかろう good; fine; in order思っておもって think; believeした belowを見ると、まだ十二三本十二三じゅうにさんぼん 12 or 13 (strands) tailsが蒸籠のそこ bottom離れないではなれないで without lifting away from; still resting on簀垂れ簀垂すだれ bamboo matうえ top of; surface of纏綿している纏綿てんめんしている remain tangled。「こいつは長いな、どうです奥さん、この長さ加減加減かげん degree; extentは」とまた奥さんに相の手あい accompaniment要求する要求ようきゅうする request; demand。奥さんは「長いものでございますね」とさも感心した感心かんしんした was impressedらしい返事返事へんじ reply; responseをする。「この長い奴へツユを三分一三分一さんぶいち one thirdつけて、一口一口ひとくち one bite; a single gulp飲んでんで swallowしまうんだね。噛んじゃいけないんじゃいけない mustn't chew。噛んじゃ蕎麦の味がなくなる。つるつると咽喉咽喉のど throat滑り込むすべむ slip into; slip downところがねうちねうち value; worth; meritだよ」と思い切っておもって resolutely; decisively箸を高く上げると蕎麦はようやくの事で surfaceを離れた。 {paragraph continues below}

左手左手ゆんで left hand受けるける catch; hold; take up茶碗茶碗ちゃわん cup; bowlなか inside; withinへ、はし chopsticks少しずつすこしずつ a little at a time; bit by bit落しておとして drop; lower尻尾尻尾しっぽ tailさき tip; endからだんだんに浸すひたす moisten; wet; immerseと、アーキミジスアーキミジス Archimedes (usually アルキメデス)理論理論りろん theory; principleによって、蕎麦蕎麦そば soba; buckwheat (noodles)浸ったつかった be soaked; be submerged分量分量ぶんりょう amount; quantityだけツユツユ (dipping) sauceかさ bulk; volume増してくるしてくる grow greater; increase。ところが茶碗の中には元からもとから from the start; to begin withツユが八分目八分目はちぶんめ eight-tenths這入っている這入はいっている be contained inから、迷亭迷亭めいてい Meitei (name)の箸にかかった蕎麦の四半分四半分しはんぶん quarter; fourth浸らない先につからないさきに before being submerged茶碗はツユで一杯一杯いっぱい fullになってしまった。迷亭の箸は茶碗を去るる be distant from; be separated from五寸五寸ごすん 5 sun (about 15 cm; about 5 inches)うえ above至っていたって arrive atぴたりと留まったまった stopped; haltedきりしばらく動かないうごかない not move; stay still。動かないのも無理はない無理むりはない not unreasonable; not unexpected。少しでも卸せばおろせば lowerツユが溢れるこぼれる overflow; spill overばかりである。迷亭もここに至って少し蹰躇蹰躇ちゅうちょ hesitationてい appearance; condition; stateであったが、たちまち脱兎脱兎だっと (like a) startled hare; (with) lightning speedいきおい energy; force; vigor以てもって with; by means ofくち mouthを箸のほう direction持って行ったってった took; carried (to)なと思うおもう think; perceive; realize間もなくもなく before ...; as soon as ...、つるつるちゅうとおと soundがして咽喉笛咽喉笛のどぶえ windpipe; throat一二度一二度いちにど once or twice; several times上下上下じょうげ up and downへ無理に動いたら箸の先の蕎麦は消えてえて disappearなくなっておった。見るる lookと迷亭くん (suffix of familiarity for males)両眼両眼りょうがん both eyesからなみだ tearsのようなものが一二滴一二滴いちにてき one or two drops; several drops眼尻眼尻めじり outer corners of the eyesからほう cheeks流れ出したながした flowed out; streamed forth山葵山葵わさび wasabi; Japanese horseradish利いたいた took effect; did its workものか、飲み込むむ swallowのに骨が折れたほねれた required great effort; tested one's limitsものかこれはいまだに判然しない判然はんぜんしない isn't clear; can't say。「感心感心かんしん impressive; formidableだなあ。よくそんなに一どきにいちどきに at one time; at once飲み込めたものだ」と主人主人しゅじん master敬服する敬服けいふくする express one's admirationと「御見事御見事おみごと splendid; magnificent; noteworthyですこと situation; state (of affairs)ねえ」と細君細君さいくん the wifeも迷亭の手際手際てぎわ exploit; feat激賞した激賞げきしょうした praised enthusiastically。迷亭は何にもにも (no)thing云わないでわないで without speaking箸を置いていて set down; set asideむね chest二三度二三度にさんど two or three times; several times敲いたたたいた tapped; beat; pattedが「奥さんおくさん wife; lady of the house (used here as form of address)ざる bamboo basket大抵大抵たいてい ordinarily; in general三口半三口半みくちはん three and a half mouthfuls四口四口よくち four mouthfuls食うう eat; eat upんですね。それより手数を掛けちゃ手数てすうけちゃ take trouble; go to lengths旨くうまく appetizingly; in good form食えませんよ」とハンケチハンケチ handkerchiefで口を拭いていて wipeちょっと一息入れて一息ひといきれて take a breather; take a breakいる。

ところへ寒月寒月かんげつ Kangetsu (name)くん (suffix of familiarity for males)が、どう云うどうう what sort of; what manner of了見了見りょうけん thought; notion; intentionかこの暑いあつい hot weatherのに御苦労にも御苦労ごくろうにも in spite of hardship冬帽冬帽ふゆぼう winter hat被ってかぶって wear (on one's head)両足両足りょうあし both feetほこり dustだらけにしてやってくる。「いや好男子好男子こうだんし handsome man; fine fellow御入来御入来ごにゅうらい entrance; arrival; appearanceだが、喰い掛けたけた in the middle of eatingものだからちょっと失敬します失敬しっけいします excuse (me)よ」と迷亭迷亭めいてい Meitei (name)君は衆人環座衆人環座しゅうじんかんざ in the presence of the whole company; with all eyes fixed upon oneうち middle; midstにあって臆面もなく臆面おくめんもなく unashamedly; unabashedly残ったのこった remaining; left蒸籠蒸籠せいろ bamboo steamer; steaming basket平げるたいらげる tear into; devour今度今度こんど this time先刻先刻さっき before; priorのように目覚しい目覚めざましい remarkable; noteworthy食方食方たべかた manner of eatingもしなかった代りにかわりに in exchange for; in return forハンケチハンケチ handkerchief使って使つかって make use of中途中途とちゅう in the middle; half-way息を入れるいきれる catch one's breathと云う不体裁不体裁ふていさい poor form; improprietyもなく、蒸籠二つふたつ two (things)安々と安々やすやすと comfortably; easily; handilyやってのけたのは結構結構けっこう fine; sufficient; well enoughだった。

「寒月君博士論文博士はかせ論文ろんぶん doctoral dissertation; doctoral thesisはもう脱稿する脱稿だっこうする finish writing; finish draftingのかね」と主人主人しゅじん master聞くく ask; inquireと迷亭もそのあと after; followingから「金田金田かねだ Kaneda (name)令嬢令嬢れいじょう daughter; young ladyお待ちかねちかね waiting on; eagerly awaitingだから早々早々そうそう quickly; promptly; without delay呈出したまえ呈出ていしゅつしたまえ (please be sure to) submit; present」と云う。寒月君は例のごとくれいのごとく as usual; as per habit薄気味の悪い薄気味うすきみわるい uncanny; unsettling; unnaturalわらい laugh; smile; grin洩らしてらして give expression to; let looseつみ in the wrong; at faultですからなるべく早くはやく soon; without delay出してして put forth; present安心させて安心あんしんさせて put at ease; assureやりたいのですが、何しろなにしろ anyway; at any rate問題問題もんだい problem; question; topicが問題で、よほど労力労力ろうりょく effort; labor; toil入るる put into; apply to研究研究けんきゅう research; study要するようする require; demandのですから」と本気本気ほんき seriousness; earnestness沙汰沙汰さた affair; stateとも思われないおもわれない doesn't seem (to be)こと thingsを本気の沙汰らしく云う。「そうさ問題が問題だから、そうはな nose (referring here to Mrs. Kaneda)言う通りとおり as one says; as one demandsにもならないね。もっともあの鼻なら充分充分じゅうぶん sufficiently; adequately鼻息をうかがう鼻息はないきをうかがう sound out a person's feelingsだけの価値価値かち value; worth; meritはあるがね」と迷亭も寒月流な寒月流かんげつりゅうな Kangetsu-style挨拶挨拶あいさつ reply; responseをする。比較的に比較的ひかくてきに comparatively真面目な真面目まじめな serious; earnestのは主人である。「きみ youの論文の問題は何とかなんとか something; something or other云ったっけな」「かえる frog眼球眼球めだま eyeball電動作用電動でんどう作用さよう electrical responseに対するたいする regarding; with regard to紫外光線紫外しがい光線こうせん ultraviolet light影響影響えいきょう effectと云うのです」「そりゃ strange; unconventional; novelだね。さすがは寒月先生先生せんせい teacher; professor; scholar (used here as form of address)だ、蛙の眼球は振ってるふるってる grand; brilliantよ。どうだろう苦沙弥苦沙弥くしゃみ Kushami (the master's name)君、論文脱稿まえ before; in advance ofにその問題だけでも金田家金田かねだ the Kaneda family; the Kanedas報知しておいて報知ほうちしておいて give notice of; informは」主人は迷亭の云う事には取り合わないでわないで without responding to; paying no heed to「君そんな事が骨の折れるほねれる problematic; painstaking研究かね」と寒月君に聞く。「ええ、なかなか複雑な複雑ふくざつな complex; intricate; involved問題です、第一第一だいいち first off; for one thing蛙の眼球のレンズレンズ lens構造構造こうぞう structure; constructionがそんな単簡な単簡たんかんな simple; straightforwardものでありませんからね。それでいろいろ実験実験じっけん experimentもしなくちゃなりませんがまず丸いまるい round硝子硝子ガラス glassたま ball; sphereをこしらえてそれからやろうと思っています」「硝子の球なんかガラス屋ガラス glass shop; glassmaker行けばけば go (to)訳ないわけない easy; simpleじゃないか」「どうして――どうして」と寒月先生少々少々しょうしょう somewhat; in some degree反身になる反身そりみになる draw oneself up in dignity。「元来元来がんらい to begin with; fundamentallyえん circleとか直線直線ちょくせん straight lineとか云うのは幾何学的幾何学的きかがくてき geometricalのもので、あの定義定義ていぎ definition合ったった matched (to); in agreement (with)ような理想的な理想的りそうてきな ideal円や直線は現実世界現実げんじつ世界せかい real worldにはないもんです」「ないもんなら、廃したらしたら desist with; quit; give upよかろう」と迷亭が口を出すくちす interrupt; interject。「それでまず実験上実験上じっけんじょう for experimental purposes差し支えないつかえない not a hindrance; acceptableくらいな球を作って見ようつくってよう try to make; attemp to fabricateと思いましてね。せんだってからやり始めたやりはじめた started onのです」 {paragraph continues below}

出来た出来できた accomplished; succeededかい」と主人主人しゅじん master訳のないわけのない easy; simpleようにきく。「出来るものですか」と寒月寒月かんげつ Kangetsu (name)くん (suffix of familiarity for males)云ったった respondedが、これでは少々少々しょうしょう somewhat; to some degree矛盾矛盾むじゅん contradiction; inconsistencyだと気が付いたいた noticed; realized見えてえて appear; seem (to)「どうもむずかしいです。だんだん磨ってって grind; mill少しすこし a little; a bitこっち側こっちがわ this side半径半径はんけい radius長過ぎる長過ながすぎる too longからと思っておもって think; feel; perceiveそっちを心持心持こころもち a touch; slightly落すおとす drop; reduceと、さあ大変大変たいへん very much; greatly今度今度こんど this time向側向側むこうがわ other side; opposite side長くなるながくなる become (too) long。そいつを骨を折ってほねって apply great effort; go to great lengthsようやく磨り潰したつぶした ground away; milled awayかと思うと全体全体ぜんたい whole thing; entiretyかたち shape; formいびついびつ distorted; irregularになるんです。やっとの思いでこのいびつを取るる removeとまた直径直径ちょっけい diameter狂いくるい irregularity; anomalyが出来ます。始めはじめ start; beginning林檎林檎りんご appleほどな大きさおおきさ sizeのものがだんだん小さくなってちいさくなって get smallerいちご strawberryほどになります。それでも根気よく根気こんきよく patiently; with perseveranceやっていると大豆大豆だいず soybeanほどになります。大豆ほどになってもまだ完全な完全かんぜんな perfectえん circle; curvatureは出来ませんよ。わたし I; me随分随分ずいぶん very much; a great deal熱心に熱心ねっしんに ardently; fervently磨りましたが――この正月正月しょうがつ New Year'sからガラス玉ガラスだま glass sphere大小大小だいしょう large and small; of various sizes六個六個ろっこ six (things)磨り潰しましたよ」とうそ falsehoodだか本当本当ほんとう truthだか見当のつかぬ見当けんとうのつかぬ can't tell; have no ideaところを喋々と述べる喋々ちょうちょうべる prattle on about; babble about。「どこでそんなに磨っているんだい」「やっぱり学校学校がっこう school実験室実験室じっけんしつ laboratory; labです、あさ morning磨り始めてはじめて start grinding昼飯昼飯ひるめし lunchのときちょっと休んでやすんで rest; take a breakそれから暗くなるくらくなる grow darkまで磨るんですが、なかなからく easy; simple; without troubleじゃありません」「それじゃきみ you近頃近頃ちかごろ recently; of late忙がしいいそがしい busy; pressed for time忙がしいと云って毎日毎日まいにち every day日曜日曜にちよう Sundayでも学校へ行くく go (to)のはそのたま sphereを磨りに行くんだね」「全くまったく utterly; entirely目下のところ目下もっかのところ at present; for the time beingは朝からばん evening; nightまで珠ばかり磨っています」「珠作り珠作たまつくり sphere fabrication博士博士はかせ PhD; doctorとなって入り込みみ make one's way into; write one's ticketしは――と云うところだね。しかしその熱心を聞かせたらかせたら inform (someone of something)、いかなはな nose (referring here to Mrs. Kaneda)でも少しはありがたがるだろう。実はじつは actually; in fact先日先日せんじつ the other dayぼく I; meがある用事用事ようじ business; errandがあって図書館図書館としょかん libraryへ行って帰りにかえりに on the way backもん (entry) gate出ようよう leave; depart (from)としたら偶然偶然ぐうぜん coincidentally; by chance老梅老梅ろうばい Rōbai (name)君に出逢った出逢であった encountered; ran intoのさ。あのおとこ man; fellow卒業卒業そつぎょう graduation after; following図書館に足が向くあしく carry oneself to; head towardとはよほど不思議な不思議ふしぎな strange; curiousこと happening; occurrenceだと思って感心感心かんしん astonishment勉強する勉強べんきょうする study; research; investigateねと云ったら先生先生せんせい teacher; professor; scholar妙なみょうな odd; strangeかお face; (facial) expressionをして、なにほん book読みにみに in order to read来たた came; stopped byんじゃない、いま now; just now門前門前もんぜん in front of the gate通り掛ったらとおかかったら while passing byちょっと小用がしたくなった小用こようがしたくなった wanted to take a peeから拝借拝借はいしゃく borrowing; making use of立ち寄ったった came by; stopped inんだと云ったんで大笑をした大笑おおわらいをした laughed heartilyが、老梅君と君とは反対反対はんたい opposites好例好例こうれい good exampleとして新撰新撰しんせん newly-compiled, newly-edited蒙求蒙求もうぎゅう Mōgyū (beginners' classical poetry text referencing pairs of historical figures)是非是非ぜひ by all means入れたいれたい want to includeよ」と迷亭迷亭めいてい Meitei (name)例のごとくれいのごとく as usual; as always長たらしいながたらしい lengthy; tedious; long-winded註釈註釈ちゅうしゃく comment; remarkをつける。主人は少し真面目真面目まじめ serious; earnestになって「君そう毎日毎日珠ばかり磨ってるのもよかろうが、元来元来がんらい actually; essentiallyいつ頃いつごろ about when出来上る出来上できあがる be completed; be finishedつもりかね」と聞く。「まあこの容子容子ようす situation; state of affairsじゃ十年十年じゅうねん ten yearsくらいかかりそうです」と寒月君は主人より呑気呑気のんき unconcerned; carefree見受けられる見受みうけられる see; accept (a situation)。「十年じゃ――もう少し早くはやく quickly; soon磨り上げたらげたら grind to completion; finish grindingよかろう」「十年じゃ早いほう alternative (of two choices)です、事によるとことによると given the turn of events; as the case may be廿年廿年にじゅうねん twenty yearsくらいかかります」「そいつは大変だ、それじゃ容易に容易よういに easily博士にゃなれないじゃないか」「ええ一日も早く一日いちじつはやく as soon as possibleなって安心さして安心あんしんさして put at ease; assureやりたいのですがとにかく珠を磨り上げなくっちゃ肝心の肝心かんじんの vital; crucial; all-important実験実験じっけん experiment出来ません出来できません can't be doneから……」

寒月寒月かんげつ Kangetsu (name)くん (suffix of familiarity for males)はちょっと句を切ってって break one's speech; pause one's narrativeなに but hey; anyway、そんなにご心配心配しんぱい (your) worry; concernには及びませんにはおよびません doesn't merit ...; isn't worth ...よ。金田金田かねだ Kaneda (name); the Kanedasでもわたし I; meたま sphereばかり磨ってって grind; millこと situation; circumstanceはよく承知しています承知しょうちしています know; are aware of実はじつは actually; in fact二三日二三日にさんち two or three days; several daysまえ before; prior行ったった visited; calledとき time; occasionにもよく事情事情じじょう situation; state of affairs話して来ましたはなしてました went and told; went and explained」としたり顔にしたりがおに  with a self-satisfied look; with a triumphant expression述べ立てるてる relate in detail。するといま now; the presentまで三人三人さんにん three people談話談話だんわ conversation; exchange分らぬながらわからぬながら while not understanding; while failing to follow傾聴していた傾聴けいちょうしていた was listening attentively細君細君さいくん the wifeが「それでも金田さんは家族中家族かぞくじゅう the whole family残らずのこらず entirely; completely; without exception先月先月せんげつ last monthから大磯大磯おおいそ Ōiso (Kanagawa seaside area)へ行っていらっしゃるじゃありませんか」と不審そうに不審ふしんそうに with a dubious look尋ねるたずねる inquire。寒月君もこれには少しすこし a little; a bit辟易辟易へきえき agitation; confusionてい appearance; condition; stateであったが「そりゃみょう odd; curious; strangeですな、どうしたんだろう」ととぼけている。こう云うこうう this kind of ...; such a ...時に重宝な重宝ちょうほうな useful; helpfulのは迷亭迷亭めいてい Meitei (name)君で、はなし talk; conversation途切れた途切とぎれた broke off; paused; dangled時、極りの悪いきまりのわるい awkward; uncomfortable時、眠くなったねむくなった grow weary; drift off時、困ったこまった ran into diffuculty; struggled時、どんな時でも必ずかならず invariably; without fail横合横合よこあい side; flankから飛び出してくるしてくる come flying in; come rushing in。「先月大磯へ行ったものに両三日両三日りょうさんち two or three days; several days東京東京とうきょう Tōkyō逢うう meet; seeなどは神秘的神秘的しんぴてき mysterious; mysticalでいい。いわゆるれい spirits交換交換こうかん exchange; interchangeだね。相思相思そうし mutual affection; mutual loveじょう feelings; emotion; sentiment切なせつな ardent; fervent時にはよくそう云う現象現象げんしょう phenomenon起るおこる come about; occurものだ。ちょっと聞くく ask; inquire; hear (of)ゆめ dreamのようだが、夢にしても現実現実げんじつ realityよりたしかな夢だ。奥さんおくさん wife; lady of the house (used here as form of address)のように別にべつに (not) particularly; (not) especially思いも思われもしないおもいもおもわれもしない neither giving nor receiving affection苦沙弥苦沙弥くしゃみ Kushami (the master's name)君のところ place; residence片付いて片付かたづいて be married off (to)生涯生涯しょうがい all one's lifeこい love; romance何物たる何物なにものたる what (something) is御解しにならん御解ごかいしにならん not understand; never fathomかた person; individualには、御不審御不審ごふしん (your) doubt; suspicionももっともだが……」「あら何を証拠証拠しょうこ evidence; proofにそんな事をおっしゃるの。随分随分ずいぶん very much; a great deal軽蔑なさる軽蔑けいべつなさる look down on; disdain; disparageのね」と細君は中途中途ちゅうと middle; half-wayから不意に不意ふいに suddenly; abruptly迷亭に切り付けるける tear into。「きみ youだって恋煩い恋煩こいわずらい anguish of love; lovesicknessなんかした事はなさそうじゃないか」と主人主人しゅじん master正面から正面しょうめんから from the front; head on細君に助太刀助太刀すけだち assistance (in a fight); backupをする。「そりゃぼく I; me艶聞艶聞えんぶん rumors of love ; talk of romanceなどは、いくら有ってって be; existもみんな七十五日七十五しちじゅうごにち 75 days (reference to proverbial statement that gossip persists for 75 days)以上以上いじょう more than経過して経過けいかして pass; elapse (time)いるから、君方君方きみがた you; you all記憶記憶きおく memoryには残っていないかも知れないかもれない it may be that ...が――実はこれでも失恋失恋しつれん broken heart; unrequited love結果結果けっか result; consequence、このとし age; (number of) yearsになるまで独身独身どくしん bachelorhood暮らしてらして live; pass (one's days)いるんだよ」と一順列一順列いちじゅんれつ one at a time in sequence gathering; party; companyかお faces公平に公平こうへいに squarely見廻わす見廻みまわす look round at。「ホホホホ面白い面白おもしろい amusing; funny; comical事」と云ったのは細君で、「馬鹿にしていらあ馬鹿ばかにしていらあ stop pulling our legs」とにわ garden; yardほう direction向いたいた turned towardのは主人である。ただ寒月君だけは「どうかその懐旧談懐旧談かいきゅうだん reminiscences; talk of times past後学後学こうがく future referenceのために伺いたいうかがいたい would like to hearもので」と相変らず相変あいかわらず as ever; as usualにやにやする。

ぼく I; meのも大分大分だいぶ very much; a great deal神秘的神秘的しんぴてき mysterious; mysticalで、 the late (deceased)小泉八雲小泉こいずみ八雲やくも Koizumi (family name) Yakumo (given name); Japanese name of Lafcadio Hearn (1850-1904)先生先生せんせい teacher; professor; scholar話したらはなしたら tell; relate非常に非常ひじょうに very much; exceedingly受けるける be well receivedのだが、惜しいしい unfortunate; regrettableこと situation; circumstanceに先生は永眠された永眠えいみんされた is gone to eternal restから、実のところじつのところ in fact; to be honest話す張合張合はりあい value in doingもないんだが、せっかくだから打ち開けるける disclose; revealよ。その代りそのかわり in exchange; in returnしまいまで謹聴しなくっちゃいけない謹聴きんちょうしなくっちゃいけない must listed attentivelyよ」と念を押してねんして make sure of; emphasizeいよいよ本文本文ほんぶん main treatise; actual story取り掛るかかる start on。「回顧する回顧かいこする look back; think back onいま now; the present去るる be distant from; be left in the past事――ええと――何年何年なんねん how many yearsまえ before; priorだったかな――面倒面倒めんどう trouble; botherだからほぼ十五六年十五六じゅうごろくねん 15 or 16 years前としておこう」「冗談じゃない冗談じょうだんじゃない you've got to be kidding」と主人主人しゅじん masterはな noseからフンと息をしたいきをした exhaled; expelled a breath。「大変大変たいへん very much; a great deal物覚え物覚ものおぼえ memory御悪い御悪おわるい poor; lacking; deficientのね」と細君細君さいくん the wifeがひやかした。寒月寒月かんげつ Kangetsu (name)くん (suffix of familiarity for males)だけは約束約束やくそく agreement; convention; rule守ってまもって abide by; adhere to一言も云わずに一言いちごんわずに without (saying) a word早くはやく soon; without delayあとが聴きたいきたい want to hearと云う風ふう in the manner of ...; as though ...をする。「何でもなんでも anyhow; at any rateあるとし yearふゆ winterの事だが、僕が越後の国越後えちごくに Echigo (old province in north-central Japan - now part of Niigata-ken)蒲原郡蒲原かんばらごおり Kanbara District筍谷筍谷たけのこだに Takenokodani通ってとおって pass through; traverse蛸壺峠蛸壺峠たこつぼとうげ Takotsubo (mountain) Passへかかって、これからいよいよ会津領会津あいづりょう Aizu-han (former domain comprising parts of present-day Fukushima, Niigata, Tochigi)出ようよう enter (into)とするところだ」「妙なみょうな odd; curiousところだな」と主人がまた邪魔をする邪魔じゃまをする interrupt; intrude。「だまって聴いていらっしゃいよ。面白い面白おもしろい interesting; intriguingから」と細君が制するせいする suppress; restrain。「ところが日は暮れるれる sun goes down; day draws to a closeみち road; path分らずわからず don't know; am not familiar with腹は減るはらる grow hungry仕方がない仕方しかたがない have no other recourseから峠の真中真中まんなか middleにある一軒屋一軒屋いっけんや detached house; isolated house敲いてたたいて knock (at)、これこれかようかようしかじかの次第次第しだい circumstances; course of eventsだから、どうか留めてめて give shelter to; put (someone) up for the nightくれと云うと、御安い御用です御安おやす御用ごようです easily done; certainly; no problem、さあ御上がんなさい御上おあがんなさい please come in; welcome裸蝋燭はだか蝋燭ろうそく bare candleを僕のかお face差しつけたしつけた held up toむすめ young ladyの顔を見てて look at; view僕はぶるぶると悸えたぶるぶるとふるえた trembled; quiveredがね。僕はそのとき time; momentからこい romance; loveと云う曲者曲者くせもの (beguiling) phantom; specter魔力魔力まりょく spell; charm切実に切実せつじつに keenly; acutely自覚した自覚じかくした awoke toね」「おやいやだ。そんなやま mountainsなか middle; midstにも美しいうつくしい beautiful; lovelyひと person; people; folkがあるんでしょうか」「山だってうみ sea; oceanだって、奥さんおくさん wife; lady of the house (used here as form of address)、その娘を一目一目ひとめ glance; glimpseあなたに見せたいと思うおもう think; feelくらいですよ、文金の高島田文金ぶんきん高島田たかしまだ bunkin no takashimada (traditional hair style with high topknot)かみ hair (on the head)結いましていまして do up; arrangeね」「へえー」と細君はあっけに取られてあっけにられて be astonished; be greatly surprisedいる。「這入って見る這入はいってる (try) going in; entering八畳八畳はちじょう eight-mat (about 13 sq meters; about 140 sq ft) roomの真中に大きなおおきな large囲炉裏囲炉裏いろり sunken hearth切ってあってってあって had been cut in; had been inset、その周りまわり circumference; peripheryに娘と娘の爺さんじいさん grandfather婆さんばあさん grandmotherと僕と四人四人よにん four people坐ったすわった sat downんですがね。さぞ御腹が御減りでしょう御腹おなか御減おへりでしょう you must be hungryと云いますから、何でもなんでも anything善いい good; fineから早く食わせ給えわせたまえ (please) serve dinner請求した請求せいきゅうした requestedんです。すると爺さんがせっかくの御客さま御客おきゃくさま guestだから蛇飯蛇飯へびめし snake stewでも炊いていて cook; boil上げようげよう do (something for someone)と云うんです。さあこれからがいよいよ失恋失恋しつれん heartbreakに取り掛るところだからしっかりして聴きたまえ」「先生しっかりして聴く事は聴きますが、なんぼ越後の国だって冬、蛇がいやしますまい」「うん、そりゃ一応一応いちおう more or less; after a fashionもっともなもっともな reasonable; natural質問質問しつもん questionだよ。しかしこんな詩的な詩的してきな poetic話しになるとそう理窟理窟りくつ reason; logicにばかり拘泥して拘泥こうでいして being a stickler for; being particular aboutはいられないからね。鏡花鏡花きょうか (Izumi) Kyōka (author; surrealistic and romantic works; 1873-1939)小説小説しょうせつ novelsにゃゆき snowの中からかに crabsが出てくるじゃないか」と云ったら寒月君は「なるほど」と云ったきりまた謹聴の態度態度たいど demeanour; bearing復したふくした returned to; reverted to