I am a Cat - Chapter 4 b

vocabulary bar - use mouse hover or touch to display furigana and definition of underlined terms

相変らず相変あいかわらず as always; as ever気楽な気楽きらくな free from care; comfortableこと things云ってって say; talk ofるぜ。一番一番いちばん most (of all)大きいおおきい bigのはいくつになるかね、もうよっぽどだろう」

「うん、いくつか能く知らんらん don't really know; can't say for sure大方大方おおかた probably; most likely六つむっつ six (years old)か、七つななつ seven (years old)かだろう」

「ハハハ教師教師きょうし teacher; instructor呑気呑気のんき carefree; easygoing; happy-go-luckyでいいな。ぼく I; me教員教員きょういん teaching staff; instructorにでもなれば善かったなればかった should have become

なって見ろなってろ try it (and see)三日三日みっか three days嫌になるいやになる find unpleasant; grow weary ofから」

「そうかな、何だかなんだか somehow; in some sense上品上品じょうひん elegant; refined; culturedで、気楽で、閑暇閑暇ひま leisure; free timeがあって、すきな勉強勉強べんきょう studies; research; academic pursuits出来て出来できて be capable of; be able to do、よさそうじゃないか。実業家実業家じつぎょうか businessman; industrialist; entrepreneur悪くもないわるくもない isn't bad我々我々われわれ we; usのうちは駄目駄目だめ a lost cause; hopelessだ。実業家になるならずっとうえ top; peak; pinnacleにならなくっちゃいかん。した below; beneath; bottomほう side; direction; regionになるとやはりつまらん御世辞御世辞おせじ flattery; fawning; currying favor振り撒いたりいたり scatter; strew about好かんかん unwelcome; unwished for猪口猪口ちょこ saké cupをいただきに出たりたり go out; set out随分随分ずいぶん very much; a great deal愚なな foolish; stupid; assinineもんだよ」

「僕は実業家は学校時代学校がっこう時代じだい one's school daysから大嫌大嫌だいきらい repugnant; loathsomeだ。かね moneyさえ取れればれれば can take; can make (money)何でもする、むかし old days; former timesで云えば素町人素町人すちょうにん commoner; plebeianだからな」と実業家をまえ front of控えてひかえて have太平楽を並べる太平楽たいへいらくならべる indulge in idle talk; speak one's mind

「まさか――そうばかりも云えんがね、少しはすこしは a little; to some degree下品な下品げひんな vulgar; coarse; crudeところもあるのさ、とにかく金と情死情死しんじゅう double love suicide; lovers' suicideをする覚悟覚悟かくご readiness; resolveでなければやり通せないとおせない can't get on; can't persistから――ところがその金と云うやつ material; matter; stuff曲者曲者くせもの villainous; deceptive; something to watch out forで、――今もいまも even now; just nowある実業家のところ place行ってって go (to)聞いて来たいてた (went and) heardんだが、金を作るつくる make; produceにも三角術三角術さんかくじゅつ three-pronged approach使わなくちゃいけない使つかわなくちゃいけない need to use; have to applyと云うのさ――義理義理ぎり duty; obligationかくかく clear away; sweep away (used here as pun: "sankaku" = three "kaku's")人情人情にんじょう human feelings; sympathyをかく、はじ shameをかくこれで三角になるそうだ面白い面白おもしろい interesting; amusingじゃないかアハハハハ」

だれ whoだそんな馬鹿馬鹿ばか foolishness; rubbishは」

「馬鹿じゃない、なかなか利口な利口りこうな clever; shrewd; sharpおとこ man; fellowなんだよ、実業界実業界じつぎょうかい business worldでちょっと有名有名ゆうめい well-known; renowned; prominentだがね、きみ you知らんかしら、ついこの先このさき just ahead (from here)横丁横丁よこちょう alleyway; side streetにいるんだが」

金田金田かねだ Kaneda (name)か? 何んん whatだあんな奴」

大変大変たいへん very much; a great deal怒ってるおこってる be riled; be upset; be offendedね。なあに、そりゃ、ほんの冗談冗談じょうだん jest; jokeだろうがね、そのくらいにせんと金は溜らんたまらん won't pile up; won't gather; won't accumulateと云うたとえ metaphor; analogyさ。君のようにそう真面目に真面目まじめに seriously; in earnest解釈しちゃ解釈かいしゃくしちゃ interpret; construe困るこまる be troubled; be bothered; take issue with

「三角術は冗談でもいいが、あすこの女房女房にょうぼう wifeはな noseはなんだ。君行ったんなら見て来たろう、あの鼻を」

細君細君さいくん the wifeか、細君はなかなかさばけたさばけた world-wise; sensibleひと person; individualだ」

「鼻だよ、大きな鼻の事を云ってるんだ。せんだって僕はあの鼻について俳体詩俳体詩はいたいし stylized poemを作ったがね」

「何だい俳体詩と云うのは」

「俳体詩を知らないのか、君も随分時勢時勢じせい spirit of the age; current trends暗いくらい unfamiliar (with); ignorant (of)な」

「ああぼく I; meのように忙がしいいそがしい busy; occupied; hurried文学文学ぶんがく literature; writingsなどは到底到底とうてい utterly; absolutely駄目駄目だめ undoable; out of the questionさ。それに以前以前いぜん before; priorからあまり数奇数奇すき favored; of interest (= き)でないほう tendency; leaningだから」

きみ youシャーレマンシャーレマン Charlemagne (uniter and ruler of Western Europe; 742-814)はな nose恰好恰好かっこう shape; form知ってるってる know of; be familiar withか」

「アハハハハ随分随分ずいぶん very much; a great deal気楽気楽きらく happy-go-lucky; easygoingだな。知らんよ」

エルリントンエルリントン Wellington (Arthur Wellesley, 1st Duke of Wellington; 1769-1852)部下のもの部下ぶかのもの subordinates; underlingsから鼻々鼻々はなはな Nosey異名異名いみょう nicknameをつけられていた。君知ってるか」

「鼻の事こと about ...; concerning ...ばかり気にしてにして be occupied with; be fixated on、どうしたんだい。好いじゃないかいじゃないか what does it matter鼻なんか丸くてまるくて is rounded尖んがっててんがってて is pointedも」

決してけっして (not) by any meansそうでない。君パスカルパスカル Pascal (Blaise Pascal; French mathematician and theologian; 1623-1662)の事を知ってるか」

「また知ってるかか、まるで試験試験しけん test; exam; quiz受けに来たけにた came to take (a test)ようなものだ。パスカルがどうしたんだい」

「パスカルがこんな事を云っているっている said

「どんな事を」

「もしクレオパトラクレオパトラ Cleopatra (Egyptian ruler; 69-30 BC)の鼻が少しすこし a little; a bit短かかったみじかかった was shorter; was lower; was flatterならば世界世界せかい the world表面表面ひょうめん surface; exterior (appearance)大変化大変化だいへんか great change; major transformation来したろうきたしたろう would have produced; would have brought aboutと」

「なるほど」

「それだから君のようにそう無雑作に無雑作むぞうさに casually; offhandedly鼻を馬鹿にして馬鹿ばかにして dismiss; make light ofはいかん」

「まあいいさ、これから大事にする大事だいじにする take good care of; treat with due respectから。そりゃそうとして、今日今日きょう today来たた came; calledのは、少し君に用事用事ようじ matter of businessがあって来たんだがね――あのもと formerly; going back君の教えたおしえた taught; instructedとか云う、水島水島みずしま Mizushima (name)――ええ水島ええちょっと思い出せないおもせない can't recall。――そら君のところ place始終始終しじゅう often; all the time; frequently来るる come; callと云うじゃないか」

寒月寒月かんげつ Kangetsu (name)か」

「そうそう寒月寒月。あのひと person; individualの事についてちょっと聞きたいきたい want to ask; would like to enquire事があって来たんだがね」

結婚結婚けっこん marriage事件事件じけん matter; affairじゃないか」

「まあ多少多少たしょう more or less; somewhatそれに類似類似るいじ resemble; relate toの事さ。今日金田金田かねだ Kaneda; Kaneda's place行ったらったら went (to); called (at)……」

この間このあいだ the other day鼻が自分で自分じぶんで by oneself; in person来た」

「そうか。そうだって、細君細君さいくん the wifeもそう云っていたっていた was saying; saidよ。苦沙弥苦沙弥くしゃみ Kushami (the master's name)さんに、よく伺おううかがおう ask; enquire思っておもって think (to do)上ったらあがったら visited生憎生憎あいにく unfortunately迷亭迷亭めいてい Meitei (name)来ていてていて had come; was present茶々を入れて茶々ちゃちゃれて interrupt; butt in何が何だかなになんだか what's what分らなくしてしまったわからなくしてしまった lost track of; lost sight ofって」

「あんなはな noseをつけて来るる come; callから悪るいるい to blame; at faultや」

「いえきみ youの事こと about ...; concerning ...を云うんじゃないよ。あの迷亭くん (suffix of familiarity for males)がおったもんだから、そう立ち入ったった personal; intimateこと matters; affairs聞くく ask; query訳にも行かなかったわけにもかなかった was unable to; could not manage toので残念残念ざんねん disappointing; regrettableだったから、もう一遍もう一遍いっぺん one more time; once moreぼく I; me行ってって go to; visitよく聞いて来てくれないかって頼まれたたのまれた asked; requestedものだからね。僕もいま now; the presentまでこんな世話世話せわ aid; assistanceはした事はないことはない have never ...が、もし当人同士当人とうにん同士どうし the parties concerned嫌やや disagreeable; objectionableでないならなか between; among立ってって stand; take up a position纏めるまとめる bring to resolutionのも、決してけっして by (no) means悪いわるい useless; in vain; unproductive事はないからね――それでやって来たのさ」

御苦労様御苦労様ごくろうさま I appreciate your efforts」と主人主人しゅじん master冷淡に冷淡れいたんに coolly; half-heartedly答えたこたえた answered; respondedが、腹の内でははらうちでは inwardly; deep down当人同士と云うことば word; expressionを聞いて、どう云う訳か分らんが、ちょっと心を動かしたこころうごかした was moved; was touchedのである。蒸し熱いあつい muggy; sticky; sultryなつ summer evening; night一縷一縷いちる a hint; a glimmer; a trace冷風冷風れいふう cool breeze袖口袖口そでぐち sleeve edge; cuff潜ったくぐった slipped under; passed throughような気分気分きぶん feeling; senseになる。元来元来がんらい from the first; fundamentallyこの主人はぶっ切ら棒のぶっぼうの curt; blunt; brusque頑固な頑固がんこな stubborn; obstinate光沢消し光沢つやし opacity; hazinessむね central pillar; foundationとして製造された製造せいぞうされた was constructedおとこ man; fellowであるが、さればと云ってさればとって that being said冷酷冷酷れいこく cruel; ruthless不人情不人情ふにんじょう inhumane; heartless文明文明ぶんめい civilization; culture産物産物さんぶつ product (of)とは自からおのずから naturally; as a matter of courseその撰を異にしているせんことにしている be cast differently fromかれ he; himが何ぞと云うと、むかっ腹をたててむかっぱらをたてて get angry; lose one's composureぷんぷんするぷんぷんする fume; stew (in anger)のでも這裏這裏しゃり backside; underpinning消息消息しょうそく movements; doings会得できる会得えとくできる can comprehend; is able to grasp先日先日せんじつ the other day; a while back鼻と喧嘩をした喧嘩けんかをした argued; quarreled; butted headsのは鼻が気に食わぬわぬ be unpalatable; strike one as offensiveからで鼻のむすめ daughterには何のつみ sin; fault; wrongdoingもない話しはなし situation; circumstancesである。実業家実業家じつぎょうか businessman; industrialist; entrepreneur嫌いきらい not to one's liking; not meeting one's favorだから、実業家の片割れ片割かたわれ representative memberなる金田金田かねだ Kaneda (name)ぼう a certain ...きらい not to one's liking; not meeting one's favorに相違ない相違そういない without a doubtがこれも娘そのひと person; individualとは没交渉没交渉ぼっこうしょう unrelated (to); independent (of)沙汰沙汰さた issue; matterと云わねばならぬ。娘にはおん favor; obligation恨みうらみ grudge; maliceもなくて、寒月寒月かんげつ Kangetsu (name)自分自分じぶん oneself実のじつの actual; realおとうと younger brotherよりも愛しているあいしている cherish; care for; hold dear門下生門下生もんかせい pupil; discipleである。もし鈴木鈴木すずき Suzuki (name)君の云うごとく、当人同志当人とうにん同志どうし the parties concerned好いたいた favored; preferredなか intermediary; brokerなら、間接にも間接かんせつにも even indirectlyこれを妨害する妨害ぼうがいする obstruct; hinder; interfere withのは君子君子くんし gentlemanのなすべき所作所作しょさ action; deed; behaviorでない。――苦沙弥先生先生せんせい teacher; professor; scholarはこれでも自分を君子と思っている。――もし当人同志が好いているなら――しかしそれが問題問題もんだい problem; questionである。この事件事件じけん incident; affairに対してたいして in relation to; concerning自己の自己じこの one's own態度態度たいど attitude; manner改めるあらためる change; alter; correctには、まずその真相真相しんそう truth; veracity; facts of the situationから確めなければならんたしかめなければならん need to ascertain; have to be sure of

きみ youそのむすめ daughter寒月寒月かんげつ Kangetsu (name)ところ place来たがってるたがってる want to come (as a bride)のか。金田金田かねだ Kaneda (name; referring to Mr. Kaneda)はな nose (referring here to Mrs. Kaneda)はどうでも構わんかまわん don't matter; are of no consequenceが、娘自身自身じしん oneself; herself意向意向いこう thoughts (on a matter); intentionはどうなんだ」

「そりゃ、その――何だねなんだね what have you――何でもなんでも anyhow; at any rate; as it turns out――え、来たがってるんだろうじゃないか」鈴木鈴木すずき Suzuki (name)くん (suffix of familiarity for males)挨拶挨拶あいさつ reply; response少々少々しょうしょう a little; somewhat曖昧曖昧あいまい vague; unclearである。実はじつは actually; in fact寒月君の事こと about ...; concerning ...だけ聞いていて ask; enquire復命復命ふくめい report (of one's findings)さえすればいいつもりで、御嬢さん御嬢おじょうさん daughter; young ladyの意向までは確かめて来なかったたしかめてなかった did not go and confirmのである。従ってしたがって consequently; accordingly円転滑脱の円転えんてん滑脱かつだつの suave; tactful; smooth鈴木君もちょっと狼狽狼狽ろうばい confusion; consternation; panic気味気味きみ touch; tinge (of)に見えるえる appear to be ...

「だろうた判然しない判然はんぜんしない vague; faltering; uncertain言葉言葉ことば word; term; expressionだ」と主人主人しゅじん master何事によらず何事なにごとによらず direct; straight正面から正面しょうめんから from the front; full-onどやし付けないとどやしけないと if not hitting the mark気がすまないがすまない not be satisfied; not let (something) pass

「いや、これゃちょっとぼく I; me云いよういよう manner of speakingがわるかった。令嬢令嬢れいじょう daughter; young ladyほう sideでもたしかに intention; inclinationがあるんだよ。いえ全くまったく absolutely; assuredlyだよ――え?――細君細君さいくん the wifeが僕にそう云ったよ。何でも時々時々ときどき on occasion; at timesは寒月君の悪口悪口わるくち abuse; insults; bad-mouthingを云うこと case; instanceもあるそうだがね」

「あの娘がか」

「ああ」

怪しからんしからん outrageous; inexcusableやつ rogue; wretchだ、悪口を云うなんて。第一第一だいいち first off; for one thingそれじゃ寒月に意がないんじゃないか」

「そこがさ、世の中なか society; the world妙なみょうな odd; curiousもので、自分自分じぶん oneself好いているいている like; preferひと person; individualの悪口などは殊更殊更ことさら especially; particularly; all the more云って見る事もあるからね」

「そんな愚なな silly; foolish; stupid奴がどこの国どこのくに where in the world; where on earthにいるものか」と主人は斯様な斯様かような such; of this sort人情人情にんじょう human nature機微機微きび subtleties; inner workings立ち入ったった touched on; delved into事を云われても頓ととんと (not) in the least感じがないかんじがない not register; fail to connect

「その愚な奴が随分随分ずいぶん very much; a great deal世の中にゃあるから仕方がない仕方しかたがない can't be helped現にげんに actually; in fact; indeed金田の妻君もそう解釈して解釈かいしゃくして interpret; take asいるのさ。戸惑いをした戸惑とまどいをした lost; confused; clueless糸瓜糸瓜へちま sponge gourd; loofa (metaphor for anything useless)のようだなんて、時々寒月さんの悪口を云いますから、よっぽど心の中ではこころうちでは deep down; in one's heart of hearts思ってるおもってる have thoughts toward; have feelings forに相違ありません相違そういありません there's no doubt that ...と」

主人主人しゅじん masterはこの不可思議な不可思議ふかしぎな curious; peculiar; puzzling解釈解釈かいしゃく explanation; interpretation聞いていて hear、あまり思い掛けないおもけない unexpected; contrary to expectationsものだから、眼を丸くしてまるくして look on with wide eyes; be dumbstruck返答返答へんとう reply; answerもせず、鈴木鈴木すずき Suzuki (name)くん (suffix of familiarity for males)かお faceを、大道易者大道だいどう易者えきしゃ streetside fortunetellerのように眤とじっと fixedly; intently見つめてつめて gaze at; stare atいる。鈴木君はこいつ、この様子様子ようす situation; state of affairsでは、ことによるとやり損なうやりそこなう lose one's chance; fail (to do)なと疳づいたかんづいた began to feel; sensedと見えて、主人にも判断判断はんだん judgment; determination出来そうな出来できそうな seemingly capable of方面方面ほうめん direction; area; realmへと話頭話頭わだい subject; topic移すうつす shift (to); steer (toward)

きみ you考えてかんがえて consider; think of分るわかる comprehend; graspじゃないか、あれだけの財産財産ざいさん property; assetsがあってあれだけの器量器量きりょう looks; features; personal beautyなら、どこへだって相応の相応そうおうの proper; appropriateうち house; household; familyへやれるだろうじゃないか。寒月寒月かんげつ Kangetsu (name)だってえらいかも知れんかもれん it may be that ...身分身分みぶん social position; social statusから云やや talking; speaking (of)――いや身分と云っちゃ失礼失礼しつれい discourteous; disrespectfulかも知れない。――財産と云うてん point; perspectiveから云や、まあ、だれが見たって釣り合わんわん be disparate; be dissimilar; be mismatchedのだからね。それをぼく I; meがわざわざ出張する出張しゅっちょうする be dispatched; be called into actionくらい両親両親りょうしん the parents; both parents気を揉んでるんでる worry oneself; take pains overのは本人本人ほんにん the person in questionが寒月君に intention; inclinationがあるからのこと situation; caseじゃあないか」と鈴木君はなかなかうまい理窟理窟りくつ reasoning; line of argumentをつけて説明説明せつめい explanation与えるあたえる offer; provide今度今度こんど this timeは主人にも納得納得なっとく understanding; comprehension; acceptanceが出来たらしいのでようやく安心した安心あんしんした relaxed; was reassuredが、こんなところにまごまごしてまごまごして loiter; lingerいるとまた吶喊を喰う吶喊とっかんくらう be derailed; be blown off course危険危険きけん danger; riskがあるから、早くはやく soon; posthaste話しはなし talk; discussion; discourse steps; pace進めてすすめて advance; move forward一刻も早く一刻いっこくはやく as soon as possible使命使命しめい mission; errand; task完うするまっとうする conclude; wrap upほう alternative (of two choices)万全の策万全ばんぜんさく one's best bet心付いた心付こころづいた perceived; sensed; realized

「それでね。いま now; at present云う通りとおり just as ...わけ situation; circumstanceであるから、先方先方せんぽう the other partyで云うには何もなにも (no)thing金銭金銭きんせん moneyや財産はいらんからその代りそのかわり instead; in return当人当人とうにん the person in question附属した附属ふぞくした belonging to; accompanying資格資格しかく qualifications欲しいしい be desired; be wished for――資格と云うと、まあ肩書肩書かたがき title; status; rankだね、――博士博士はかせ PhD; doctorになったらやってもいいなんて威張ってる威張いばってる assume airs; be high-hatted次第次第しだい circumstance; case; situationじゃない――誤解しちゃいかん誤解ごかいしちゃいかん don't misunderstand。せんだって細君細君さいくん the wife来たた came; calledとき time; occasion迷亭迷亭めいてい Meitei (name)君がいて妙なみょうな odd; strange; offbeat事ばかり云うものだから――いえ君が悪いわるい at fault; to blameのじゃない。細君も君の事を御世辞のない御世辞おせじのない frank; to-the-point; straight-shooting正直な正直しょうじきな honest; candidいいかた person; manだと賞めてめて praise; speak highly ofいたよ。全くまったく utterly; entirely迷亭君がわるかったんだろう。――それでさ本人が博士にでもなってくれれば先方でも世間世間せけん the world; societyへ対してたいして vis-à-vis; with respect to肩身が広い肩身かたみひろい feel proud; hold up one's head面目面目めんぼく honor; prestige; dignityがあると云うんだがね、どうだろう、近々の内近々きんきんうち soon; before long水島水島みずしま Mizushima (name)君は博士論文博士はかせ論文ろんぶん doctoral dissertation; doctoral thesisでも呈出して呈出ていしゅつして submit; present、博士の学位学位がくい (academic) degree受けるける receiveような運びはこび development; course of eventsには行くまいかにはくまいか could it not turn out that ...。なあに――金田金田かねだ Kaneda; the Kanedas (name)だけなら博士も学士学士がくし bachelor's degreeもいらんのさ、ただ世間と云うもの thingがあるとね、そう手軽手軽てがる easy; simpleにも行かんからな」

こう云われて見るとこうわれてると when put like this; when presented thus先方先方せんぽう the other party博士博士はかせ PhD; doctorate請求する請求せいきゅうする request; ask forのも、あながちあながち (not) entirely無理でもない無理むりでもない not unreasonableように思われて来るおもわれてる start to seem。無理ではないように思われて来れば、鈴木鈴木すずき Suzuki (name)くん (suffix of familiarity for males)依頼通り依頼いらいどおり as requested; as one wishesにしてやりたくなる。主人主人しゅじん master活かすかす make use of; put to good useのも殺すころす suppress; hold in checkのも鈴木君の意のままのまま at willである。なるほど主人は単純単純たんじゅん simple; plain正直な正直しょうじきな honest; candidおとこ man; fellowだ。

「それじゃ、今度今度こんど this (next) time寒月寒月かんげつ Kangetsu (name)来たらたら come; call; visit博士論文博士はかせ論文ろんぶん doctoral dissertation; doctoral thesisをかくようにぼく I; meから勧めてすすめて recommend; advise見よう。しかし当人当人とうにん the person in question金田金田かねだ Kaneda (name)むすめ daughter貰うもらう receive (as one's bride)つもりかどうだか、それからまず問い正してただして find out about; ascertain (through questioning)見なくちゃいかんからな」

「問い正すなんて、きみ youそんな角張った角張かどばった rigid; stiff; formalこと act; actionをしてもの things; matters纏まるまとまる come to resolutionものじゃない。やっぱり普通の普通ふつうの ordinary; usual談話談話だんわ talk; conversation; dialogueの際にさいに on the occasion ofそれとなく気を引いていて sound (someone) out見るのが一番一番いちばん first; foremost; most of all近道近道ちかみち shortcut; direct pathだよ」

「気を引いて見る?」

「うん、気を引くと云うと語弊語弊ごへい possibility of misinterpretationがあるかも知れんかもれん it may be that ...。――なに気を引かんでもね。話しはなし talk; discourseをしていると自然自然しぜん naturally; in due course分るわかる understand; come to knowもんだよ」

「君にゃ分るかも知れんが、僕にゃ判然と判然はんぜんと clearly; plainly聞かんかん not ask about; not enquire on事は分らん」

「分らなけりゃ、まあ好いい fine; all rightさ。しかし迷亭迷亭めいてい Meitei (name)君見たように余計な余計よけいな needless; uncalled-for茶々茶々ちゃちゃ disruption; obstruction入れてれて insert into打ち壊わすわす ruin; wreckのは善くないくない improper; in poor form; ill advisedと思う。仮令仮令たとい even if ...勧めないまでも、こんな事は本人本人ほんにん the person in question随意随意ずいい (one's own) option; choiceにすべきはずのものだからね。今度寒月君が来たらなるべくどうか邪魔邪魔じゃま interference; hindranceをしないようにしてくれ給えくれたまえ please ...。――いえ君の事じゃない、あの迷亭君の事さ。あの男のくち talk; speechにかかると到底到底とうてい in (no) way助かりっこないたすかりっこない not be helped; not be saved; not be sparedんだから」と主人の代理代理だいり proxyに迷亭の悪口悪口わるくち speaking ill ofをきいていると、噂をすれば陰うわさをすればかげ speak of the devilたとえ figure of speech; metaphorに洩れずれず in accordance with迷亭先生先生せんせい teacher; professor; scholar例のごとくれいのごとく as usual; as per habit勝手口勝手口かってぐち kitchen door; side doorから飄然と飄然ひょうぜんと abruptly; unexpectedly春風春風しゅんぷう spring breeze乗じてじょうじて riding on; carried by舞い込んで来るんでる come fluttering in; drop on in

「いやー珍客珍客ちんきゃく unexpected (but welcome) visitor; rare guestだね。ぼく I; meのような狎客狎客こうかく regular guest; familiar faceになると苦沙弥苦沙弥くしゃみ Kushami (the master's name)はとかく粗略粗略そりゃく coarsely; crudelyにしたがっていかん。何でもなんでも anyhow; at any rate; it would seem苦沙弥のうちへは十年十年じゅうねん ten years一遍一遍いっぺん one time; onceくらいくるに限るかぎる be limited to。この菓子菓子かし sweets; snacksはいつもより上等上等じょうとう first-rate; excellentじゃないか」と藤村藤村ふじむら Fujimura (name of confectionery in Hongō; famous for yōkan)羊羹羊羹ようかん yōkan (jellied dessert made from red bean paste, agar, and sugar)無雑作に無雑作むぞうさに casually; without ceremony頬張る頬張ほおばる stuff one's cheeks; fill one's mouth鈴木鈴木すずき Suzuki (name)くん (suffix of familiarity for males)もじもじしているもじもじしている be fidgety; squirm; grow uneasy主人主人しゅじん masterはにやにやしている。迷亭迷亭めいてい Meitei (name)くち mouthをもがもがさしている。吾輩吾輩わがはい I; me; myselfはこの瞬時瞬時しゅんじ moment光景光景こうけい scene; spectacle; sight椽側椽側えんがわ verandaから拝見して拝見はいけんして view; regard無言劇無言劇むごんげき silent dramaと云うう called; referred to asものは優にゆうに skillfully; well成立し得る成立せいりつる can be pulled off; can be orchestrated思ったおもった thought; felt; perceived禅家禅家ぜんけ Zen temple無言の無言むごんの silent; wordless問答問答もんどう questions and answers; exchangeをやるのが以心伝心以心いしん伝心でんしん tacit communication from one soul to anotherであるなら、この無言の芝居芝居しばい drama明かにあきらかに clearly; plainly以心伝心のまく act (in a play)である。すこぶる短かいみじかい short; briefけれどもすこぶる鋭どいするどい sharp; vivid幕である。

きみ you一生一生いっしょう all one's life; for a lifetime旅烏旅烏たびがらす wanderer; vagabond (lit: traveling crow)かと思ってたら、いつの間にかいつのにか at some point; before one knows it舞い戻ったもどった found one's way backね。長生長生ながいき long lifeはしたいもんだな。どんな僥倖僥倖ぎょうこう godsend; windfall; good fortuneに廻り合わんとも限らんめぐわんともかぎらん one can't rule out meeting with ...からね」と迷亭は鈴木君に対してたいして with respect to; regardingも主人に対するごとく毫もごうも (not) at all; (not) in the least遠慮遠慮えんりょ reserve; restraint; discretionと云うこと thing知らぬらぬ not know; be oblivious to。いかに自炊自炊じすい doing one's own cooking仲間仲間なかま comradeでも十年も逢わなければわなければ not meet; not see、何となく気のおけるのおける behave with some formality; treat with deferenceものだが迷亭君に限って、そんな素振素振そぶり attitude; manner見えぬえぬ not be apparentのは、えらいのだか馬鹿馬鹿ばか foolishness; follyなのかちょっと見当がつかぬ見当けんとうがつかぬ have no idea

可哀そうに可哀かわいそうに sadly、そんなに馬鹿にしたものでもない」と鈴木君は当らず障らずらずさわらず nocommittal; equivocal; circumspect返事返事へんじ reply; responseはしたが、何となく落ちつきかねてちつきかねて unable to relax; unable to compose oneself例のれいの the aforementioned金鎖金鎖きんぐさり gold chain神経的に神経的しんけいてきに nervously; anxiouslyいじっている。

「君電気鉄道電気でんき鉄道てつどう electric railway乗ったった rode (on)か」と主人は突然突然とつぜん all of a sudden; out of the blue鈴木君に対して奇問を発する奇問きもんはっする pose a curious question

今日今日きょう today諸君諸君しょくん you gentlemenからひやかされに来たひやかされにた came over to be chaffedようなものだ。なんぼなんぼ however much田舎者田舎者いなかもの fellow fresh from the country; bumpkinだって――これでも街鉄街鉄がいてつ Tōkyō Municipal Railway Company (short for 東京とうきょう市街鉄道しがいてつどう株式会社かぶしきがいしゃ)六十株六十株ろくじゅっかぶ sixty shares持ってるってる have; possess; ownよ」

「そりゃ馬鹿に出来ない馬鹿ばか出来できない can't make light ofな。僕は八百八十八株半八百はっぴゃく八十はちじゅう八株はっかぶはん eight hundred eighty eight and a half shares持っていたが、惜しいしい regrettable; unfortunate事に大方大方おうかた large part; greater partむし insects喰ってって eatしまって、いま now; the presentじゃ半株半株はんかぶ half a shareばかりしかない。もう少し早くもう少しはやく a little sooner君が東京東京とうきょう Tōkyō出てくればてくれば come (to); make one's appearance (in)、虫の喰わないところを十株十株じゅっかぶ ten sharesばかりやるところだったが惜しい事をした」

相変らず相変あいかわらず as always口が悪るいくちるい have a mischievous tongue。しかし冗談冗談じょうだん jest; jokeは冗談として、ああ云う株は持っててそん loss; disadvantageはないよ、年々年々ねんねん year on year; year over year高くなるたかくなる go up (in value); appreciateばかりだから」

「そうだ仮令仮令たとい even if ...半株半株はんかぶ half a share (of stock)だって千年千年せんねん a thousand years持ってるってる hold; possess; ownうちにゃくら storehouse; depository; treasury三つみっつ three (things)くらい建つつ be erected; be builtからな。きみ youぼく I; meその辺そのへん such matters; such thingsぬかりはないぬかりはない are not incapable; are shrewd enough; are sufficiently informed当世当世とうせい present day; modern times才子才子さいし talented men; clever menだが、そこへ行くく go (to); 苦沙弥苦沙弥くしゃみ Kushami (the master's name)などは憐れなあわれな pitiable; patheticものだ。株と云えばえば when one speaks of; if one mentions大根大根だいこん daikon兄弟分兄弟分きょうだいぶん sworn brotherくらいに考えてかんがえて think of; imagine (as)いるんだから」とまた羊羹羊羹ようかん yōkan (jellied dessert made from red bean paste, agar, and sugar)をつまんで主人主人しゅじん masterほう direction見るる look (toward)と、主人も迷亭迷亭めいてい Meitei (name)食い気 appetite伝染して伝染でんせんして be contagious; prove infectious自ずからおのずから reflexively菓子皿菓子皿かしざら sweets dishの方へ hand出るる extend; reach out世の中なか society; the worldでは万事万事ばんじ all things積極的の積極的せっきょくてきの positive; decisive; assertiveものがひと people; othersから真似らるる真似まねらるる be imitated (= 真似まねられる)権利権利けんり right; privilege; authority有してゆうして have; possessいる。

「株などはどうでも構わんどうでもかまわん are of no concern; are beside the pointが、僕は曾呂崎曾呂崎そろさき Sorosaki (name)一度一度いちど one time; onceでいいから電車電車でんしゃ electric train乗らしてらして take for a ride (on)やりたかった」と主人は喰い欠けたけた half-eaten羊羹の歯痕歯痕はあと teeth marks撫然として撫然ぶぜんとして pensively; solemnly; with an air of melancholy (usually 憮然ぶぜんとして)眺めるながめる gaze at

「曾呂崎が電車へ乗ったら、乗るたんびに品川品川しながわ Shinagawa (place name; southern end of first electric rail line in Tōkyō)まで行ってしまうは、それよりやっぱり天然居士天然てんねん居士こじ Natural Man; Genuine Man沢庵石沢庵石たくあんいし big rock; heavy stone (used for weighting the lid of a 'takuan' pickling barrel)彫り付けられてるけられてる be carved; be engraved; be chiseled (into)ほう alternative (of two choices)無事無事ぶじ without incident; without mishapでいい」

「曾呂崎と云えば死んだんだ died; passed awayそうだな。気の毒どく unfortunate; regrettable; too badだねえ、いいあたま head; mindおとこ man; fellowだったが惜しいしい regrettable; unfortunateこと act; action; outcomeをした」と鈴木鈴木すずき Suzuki (name)くん (suffix of familiarity for males)が云うと、迷亭は直ちにただちに immediately; at once引き受けてけて pick up on; go with

「頭は善かったかった was good; was fineが、めし meal; food焚くく cook (food)事は一番一番いちばん most of all下手下手へた bungling; ineptだったぜ。曾呂崎の当番当番とうばん turn (at a task)とき time; occasionには、僕あいつでも外出をして外出がいしゅつをして go out蕎麦蕎麦そば soba; buckwheat noodles凌いでしのいで get by; make due (with)いた」

「ほんとに曾呂崎の焚いた飯は焦げくさくってげくさくって have a burnt tasteしん core; marrowがあって僕も弱ったよわった struggled with; found difficult御負けに御負おまけに in addition; to make matters worse御菜御菜おかず side dish必ずかならず invariably; without exception豆腐豆腐とうふ tōfuをなまで食わせるんだから、冷たくてつめたくて cold食われやせん」と鈴木君も十年十年じゅうねん ten yearsまえ before; prior不平不平ふへい complaint; grievance; point of discontent記憶記憶きおく memoriesそこ bottom; depthsから喚び起すおこす call up

「苦沙弥はあの時代時代じだい time; periodから曾呂崎の親友親友しんゆう close friend毎晩毎晩まいばん every nightいっしょに汁粉汁粉しるこ sweet red-bean soupを食いに出たが、その祟りたたり divine punishment; just retributionいま now; the presentじゃ慢性胃弱慢性まんせい胃弱いじゃく chronic dyspepsiaになって苦しんでくるしんで sufferいるんだ。じつ truthを云うと苦沙弥の方が汁粉のかず number; amount; quantity余計余計よけい overly; in excess食ってるから曾呂崎よりさき ahead of; beforeへ死んで宜いい might well have ...わけ case; situationなんだ」

「そんな論理論理ろんり logicどこの国どこのくに where in the world; where on earthにあるものか。おれ I; meの汁粉より君は運動運動うんどう exercise; physical activity号してごうして call; declare (as)、毎晩竹刀竹刀しない bamboo fencing stickを持ってうら out back卵塔婆卵塔婆らんとうば cemetary (with oval stones on angled bases; = 卵塔場らんとうば)へ出て、石塔石塔せきとう stone monuments叩いてたたいて strike; beatるところを坊主坊主ぼうず (Buddhist) priest見つかってつかって be discovered (doing)剣突を食った剣突けんつくくらった caught a scoldingじゃないか」と主人も負けぬ気になってけぬになって with a feeling of defiance; pushing back; digging in one's heels迷亭の旧悪旧悪きゅうあく past misdeeds; former transgressions曝くあばく disclose; divulge; bring to light

「アハハハそうそう坊主坊主ぼうず (Buddhist) priest仏様仏様ほとけさま deceased person; the deadあたま head叩いてたたいて beat; strike安眠安眠あんみん restful sleep; peaceful slumber妨害妨害ぼうがい obstruction; hindranceになるからよしてくれって言ったった saidっけ。しかしぼく I; meのは竹刀竹刀しない bamboo fencing stickだが、この鈴木鈴木すずき Suzuki (name)将軍将軍しょうぐん shōgun; generalのは手暴手暴てあら rough handlingだぜ。石塔石塔せきとう stone monuments相撲相撲すもう sumō (wrestling)をとって大小大小だいしょう large and small; of various sizes三個三個さんこ three (items)ばかり転がしてころがして tip over; toppleしまったんだから」

「あのとき time; occasionの坊主の怒り方いかかた (manner of) anger; outrage実にじつに really; truly烈しかったはげしかった was furious; was intense是非是非ぜひ without failもと formerly; beforeのように起せおこせ stand (something) up云うう say; assert; insistから人足人足にんそく laborers; workmen傭うやとう employ; hireまで待ってって waitくれと云ったら人足じゃいかん懺悔懺悔ざんげ penitence; contrition feelings; thoughts表するひょうする express; show; demonstrateためにあなたが自身で自身じしんで personally; first-hand起さなくてはほとけ Buddhaの意に背くそむく run counter to; go againstと云うんだからね」

「その時のきみ you風采はなかった風采ふうさいはなかった were quite a sightぜ、金巾金巾かなきん muslin; calicoしゃつしゃつ shirt (usually シャツ)越中褌越中褌えっちゅうふんどし string loincloth雨上り雨上あめあがり after the rain水溜り水溜みずたまり puddlesなか middleでうんうん唸ってうなって moan; groan……」

「それを君がすました顔すましたかお look of composure; detached demeanor写生する写生しゃせいする sketch; drawんだから苛いひどい cold; heartless; unfeeling。僕はあまり腹を立てたはらてた got angry; took offense; lost one's temperこと case; instanceのないおとこ man; fellowだが、あの時ばかりは失敬失敬しっけい disrespectful; insolent; impertinentだとしん heart; soul; spiritから思ったおもった thought; consideredよ。あの時の君の言草言草いいぐさ remark; commentをまだ覚えているおぼえている rememberが君は知ってるってる know; be aware ofか」

十年十年じゅうねん ten yearsまえ before; priorの言草なんかだれ whoが覚えているものか、しかしあの石塔に帰泉帰泉きせん Kisen (name)院殿院殿いんでん (honorary suffix affixed to posthumous names in feudal Japan)黄鶴黄鶴こうかく Kōkaku (name)大居士大居士だいこじ great man (used posthumously for high-ranking men)安永五年安永あんえい五年ごねん 5th year of An'ei (1776)たつ (day of the) Dragon (in 12-day zodiac cycle)正月正月しょうがつ first month of the year; January彫ってあったってあった was engravedのだけはいまだに記憶している記憶きおくしている remember。あの石塔は古雅古雅こが classical elegance出来ていた出来できていた was made; was formedよ。引き越すす move (one's house); change residence時に盗んで行きたかったぬすんできたかった wanted to steal; would like to have snatchedくらいだ。実に美学美学びがく aestheticsじょう concerning ...原理原理げんり basic principles; fundamentals叶ってかなって suit; conform to; be consistent withゴシックゴシック gothic趣味趣味しゅみ taste; preferenceな石塔だった」と迷亭迷亭めいてい Meitei (name)はまた好い加減な加減かげんな indiscriminate; arbitrary美学を振り廻すまわす wield; brandish; flourish

「そりゃいいが、君の言草がさ。こうだぜ――吾輩吾輩わがはい I; me; myselfは美学を専攻する専攻せんこうする specialize (one's study) inつもりだから天地間天地間てんちかん between heaven and earth面白い面白おもしろい interesting; intriguing出来事出来事できごと happenings; affairsはなるべく写生しておいて将来将来しょうらい future参考参考さんこう reference供さなければならんきょうさなければならん need to offer; be obligated to present (to)気の毒どく unfortunate; regrettableだの、可哀相可哀相かわいそう pitiable; patheticだのと云う私情私情しじょう personal feelings学問学問がくもん scholarship; erudition忠実なる忠実ちゅうじつなる be faithful; be loyal (to)吾輩ごときものの口にすべきくちにすべき should make mention ofところでないと平気で平気へいきで coolly; without concern; with detachment云うのだろう。僕もあんまりな不人情な不人情ふにんじょうな cold; unkind; uncaring男だと思ったから泥だらけのどろだらけの mud-covered handsで君の写生帖写生しゃせいちょう sketchbook引き裂いていて tear up; rip apartしまった」

ぼく I; me有望な有望ゆうぼうな promising; budding画才画才がさい artistic talent頓挫して頓挫とんざして be frustrated; be twarted; be brought to a halt一向一向いっこう (not) in the least振わなくなったふるわなくなった lost its vitality; went dormantのも全くまったく entirely; completelyあのとき time; momentからだ。きみ you機鋒を折られた機鋒きほうられた have one's ambitions quashed (lit: have one's tip snapped off)のだね。僕は君にうらみ resentment; bitterness; grievanceがある」

馬鹿にしちゃ馬鹿ばかにしちゃ play (someone) for a foolいけない。こっちが恨めしいくらいだ」

迷亭迷亭めいてい Meitei (name)はあの時分時分じぶん time; periodから法螺吹法螺吹ほらふき blowhard; charlatanだったな」と主人主人しゅじん master羊羹羊羹ようかん yōkan (jellied dessert made from red bean paste, agar, and sugar)食い了っておわって finish off (eating)再びふたたび again; once more二人二人ふたり two (people)はなし dialog; conversationなか middle割り込んで来るんでる insert oneself into

約束約束やくそく promise; pledgeなんか履行した履行りこうした fulfilled; executed; performed事がないことがない has never ...。それで詰問詰問きつもん interrogation; grilling受けるける receive; be subjected to決してけっして by (no) means詫びたびた apologized; expressed contrition事がない何とか蚊とかなんとかとか this or that; something or other云うう say; state。あのてら temple境内境内けいだい (temple) grounds百日紅百日紅さるすべり crape myrtle (evergreen with colorful, long-lasting flowers)咲いていたいていた was in bloom時分、この百日紅が散るる drop; shed (blossoms or leaves)までに美学原論美学びがく原論げんろん Theory of Aestheticsと云う著述著述ちょじゅつ writingをすると云うから、駄目駄目だめ impossible; out of the questionだ、到底到底とうてい by (no) means出来る出来できる can do; can accomplish気遣気遣きづかい expectation; indication; sign ofはないと云ったのさ。すると迷亭の答えこたえ answer; replyに僕はこう見えてえて appear; seem見掛けに寄らぬ見掛みかけにらぬ contrary to appearances意志意志いし will; volition; resolve強いつよい strong; intenseおとこ man; fellowである、そんなに疑ううたがう question; doubtならかけ bet; wagerをしようと云うから僕は真面目に真面目まじめに seriously; in earnest受けて何でもなんでも anyhow; at any rate神田神田かんだ Kanda (place name)西洋料理西洋せいよう料理りょうり Western cuisine奢りっこおごりっこ treating (someone to something)かなにかに極めためた decided; settled。きっと書物書物しょもつ book; (literary) workなんか書くく write; author気遣はないと思ったおもった thought; figured; reckonedから賭をしたようなものの内心内心ないしん to oneself; privately; inside少々少々しょうしょう a little; to some degree恐ろしかったおそろしかった felt some trepidation; was anxious。僕に西洋料理なんか奢るかね money; fundsはないんだからな。ところが先生先生せんせい teacher; professor; scholar (used here as form of address)一向稿稿こう draft; manuscript起すおこす create; generate景色景色けしき (outward) appearance; indicationがない。七日七日なぬか seven days立ってって pass; elapse; go by二十日二十日はつか twenty days立っても一枚一枚いちまい one pageも書かない。いよいよ百日紅が散って一輪の花一輪いちりんはな one (single) flowerもなくなっても当人当人とうにん he; him; the person in question平気でいる平気へいきでいる cool; composed; unconcernedから、いよいよ西洋料理に有りついたりついた got; obtainedなと思って契約履行契約けいやく履行りこう settling of an agreement逼るせまる press (someone for something)と迷亭すましてすまして with a straight face取り合わないわない pay no heed; refuse to hear

「また何とか理窟理窟りくつ argument; rationalizationをつけたのかね」と鈴木鈴木すずき Suzuki (name)くん (suffix of familiarity for males)相の手を入れるあいれる put in some words; add one's voice

「うん、実にじつに really; trulyずうずうしいずうずうしい impudent; shameless男だ。吾輩吾輩わがはい I; me; myselfはほかにのう talent; giftsはないが意志だけは決して君方君方きみがた you (plural); you all負けはせんけはせん not to be bested剛情を張る剛情ごうじょうる insist; stand firmのさ」

「一枚も書かんのにか」と今度今度こんど this timeは迷亭君自身自身じしん oneself; himself質問をする質問しつもんをする pose a question

無論無論むろん of courseさ、その時君はこう云ったぜ。吾輩は意志の一点一点いってん single pointにおいてはあえてあえて definitely (not)何人何人なんぴと anyone; any personにも一歩一歩いっぽ one step; a small amount譲らんゆずらん not yield; not concede。しかし残念な残念ざんねんな unfortunate; regrettable事には記憶記憶きおく memory人一倍人一倍ひといちばい more than others無いい absent; lacking。美学原論を著わそうとするあらわそうとする try to write; set out to write意志は充分充分じゅうぶん sufficiently; enoughあったのだがその意志を君に発表した発表はっぴょうした announced; expressed; made known翌日翌日よくじつ next day; following dayから忘れてしまったわすれてしまった completely forgot。それだから百日紅の散るまでに著書著書ちょしょ (written) work; bookが出来なかったのは記憶のつみ flaw; faultで意志の罪ではない。意志の罪でない以上は以上いじょうは given that ...西洋料理などを奢る理由理由りゆう reasonがないと威張って威張いばって assert oneselfいるのさ」

「なるほど迷亭迷亭めいてい Meitei (name)くん (suffix of familiarity for males)一流の一流いちりゅうの peculiar特色特色とくしょく characteristic; idiosyncrasy発揮して発揮はっきして demonstrate; display面白い面白おもしろい interesting; amusing」と鈴木鈴木すずき Suzuki (name)君はなぜだか面白がっている。迷亭のおらぬとき time; while語気語気ごき tone; manner of speakingとはよほど違っているちがっている different (from); contrary (to)。これが利口な利口りこうな clever; crafty; shrewdひと person; manの特色かも知れないかもれない may be ...

なに whatが面白いものか」と主人主人しゅじん master今でもいまでも even now怒っているおこっている be upset; be annoyed; be fuming様子様子ようす appearance; lookである。

「それは御気の毒様どくさま unfortunate; regrettable (for you)、それだからその埋合せ埋合うめあわせ compensation; making of ammendsをするために孔雀孔雀くじゃく peafowl (peacock or peahen)した tongueなんかを金と太鼓でかね太鼓たいこで with money and drums (play on かね太鼓たいこ)探してさがして search; seekいるじゃないか。まあそう怒らずに待っているっている wait; be patientさ。しかし著書著書ちょしょ (written) work; bookと云えばえば speaking of ...きみ you今日今日きょう today一大一大いちだい one large ...; a great ...珍報珍報ちんぽう rare report; new news齎らして来たもたらしてた came with; came bearingんだよ」

「君はくるたびに珍報を齎らすおとこ man; fellowだから油断が出来ん油断ゆだん出来できん have to stay on one's toes

「ところが今日の珍報は真のまことの true; genuine珍報さ。正札付正札しょうふだづき list-priced一厘も引けなし一厘いちりんけなし discounted not in the least (一厘 = 1/1000 yen)の珍報さ。君寒月寒月かんげつ Kangetsu (name)博士論文博士はかせ論文ろんぶん doctoral dissertation; doctoral thesis稿稿こう manuscript; draft起したおこした created; producedのを知っているっている know; be aware ofか。寒月はあんな妙にみょうに oddly; strangely見識張った見識けんしきった principled; opinionated男だから博士論文なんて無趣味な無趣味むしゅみな mundane; prosaic労力労力ろうりょく labor; effort; toilはやるまいと思ったらおもったら thought; figured; reckoned、あれでやっぱり色気色気いろけ interest in the opposite sex; romanceがあるからおかしいじゃないか。君あのはな nose (referring to Madam Kaneda)是非是非ぜひ in any case; by all means通知してやる通知つうちしてやる give notice; go and tellがいい、この頃このごろ these days; of late団栗博士団栗どんぐり博士はかせ acorn doctor (reference to Kangetsu's past essay on the physical stability of acorns)ゆめ dream; visionでも見てて see; have (a dream)いるかも知れない」

鈴木君は寒月の name聞いていて hear話してはいけぬはなしてはいけぬ say nothing; don't start (talking on)話してはいけぬとあご chin eyesで主人に合図する合図あいずする signal; cue。主人には一向一向いっこう (not) in the least意味意味いみ meaning通じないつうじない not be understood; not be comprehended。さっき鈴木君に逢ってって meet; spend time with説法説法せっぽう lecture; sermon受けたけた received時は金田金田かねだ Kaneda (name)むすめ daughter; young ladyの事こと about; concerning; with regard toばかりが気の毒になったが、今迷亭から鼻々と云われるとまた先日先日せんじつ the other day喧嘩をした喧嘩けんかをした argued; quarreled; butted heads事を思い出すおもす recall; bring to mind。思い出すと滑稽滑稽こっけい comical; silly; absurdでもあり、また少々少々しょうしょう a little; somewhat悪らしくにくらしく aggravating; infuriatingもなる。しかし寒月が博士論文を草しかけたそうしかけた began to draftのは何よりの御見やげ御見おみやげ present; favor; giftで、こればかりは迷亭先生先生せんせい teacher; professor; scholar自賛自賛じさん self-praiseのごとくまずまずまずまず arguably; to some degree; on the whole近来近来きんらい recently; of lateの珍報である。啻にただに simply; merely珍報のみならず、嬉しいうれしい happy; joyful快よいこころよい pleasant; refreshing珍報である。金田の娘を貰おうもらおう receive (as one's bride)が貰うまいがそんな事はまずどうでもよい。とにかく寒月の博士博士はかせ PhD; doctorになるのは結構結構けっこう fine; splendidである。自分自分じぶん oneselfのように出来損い出来損できそこない poorly formed; worthless; good-for-nothing (person)木像木像もくぞう wooden statue; wooden idol仏師屋仏師屋ぶっしや purveyor of Buddhist idolsすみ cornerむし insects喰うう eat; devourまで白木白木しらき plain wood; unfinished woodworkのまま燻ってくすぶって dwell in obscurityいても遺憾遺憾いかん regretはないが、これは旨くうまく deftly; skillfully仕上がった仕上しあがった finished; completedと思う彫刻彫刻ちょうこく carving; engraving; sculptureには一日も早く一日いちにちはやく as soon as possibleはく (gold) foil塗ってって apply to; coat withやりたい。

本当に本当ほんとうに really; truly論文論文ろんぶん thesis書きかけたきかけた began to write; set (oneself) to writingのか」と鈴木鈴木すずき Suzuki (name)くん (suffix of familiarity for males)合図合図あいず signs; signals; cuesそっち除けにしてそっちけにして ignoring; dismissing; brushing aside熱心に熱心ねっしんに keenly; intently; eagerly聞くく ask; enquire

「よくひと people; a person云うう say; tell; reportこと things; matters疑ぐるうたぐる doubt; questionおとこ man; fellowだ。――もっとも問題問題もんだい subject; topic団栗団栗どんぐり acornだか首縊り首縊くびくくり hanging (by the neck)力学力学りきがく mechanicsだか確としかと clearly; exactly; for sure分らんわからん don't know; can't sayがね。とにかく寒月寒月かんげつ Kangetsu (name)の事だからはな nose (referring here to Mrs. Kaneda)恐縮する恐縮きょうしゅくする recoil from; shy away fromようなものに違いないちがいない there's no doubt that ...

さっきから迷亭迷亭めいてい Meitei (name)が鼻々と無遠慮に無遠慮ぶえんりょに unreservedly; without restraint云うのを聞くたんびに鈴木君は不安不安ふあん anxiety; uneasiness; discomfort様子様子ようす appearance; lookをする。迷亭は少しもすこしも (not) in the least気が付かないかない not notice; be unaware ofから平気平気へいき cool; composed; unconcernedなものである。

その後その since then; thereafter鼻についてまた研究研究けんきゅう research; studiesをしたが、この頃このごろ recentlyトリストラム・シャンデートリストラム・シャンデー Tristram Shandy (novel by Laurence Sterne; published from 1759-1767)なか within鼻論鼻論はなろん discourse on the noseがあるのを発見した発見はっけんした discovered金田金田かねだ Kaneda (name)の鼻などもスターンスターン Sterne (Laurence Sterne)見せたらせたら showed (to)善いい good; fine; proper材料材料ざいりょう material; subject matterになったろうに残念残念ざんねん unfortunate; regrettableな事だ。鼻名鼻名びめい nose fame; nose repute (pun on 美名びめい = good name; high reputation)千載千載せんざい a thousand years; perpetuity垂れるれる leave; hand down (to posterity)資格資格しかく qualifications充分充分じゅうぶん adequately; sufficientlyありながら、あのままで朽ち果つるつる die in obscurity; crumble to dustとは不憫千万不憫ふびん千万せんばん most pitiable; a terrible shameだ。今度今度こんど next timeここへ来たらたら come; call; visit美学美学びがく aestheticsじょう concerning ...参考参考さんこう referenceのために写生して写生しゃせいして sketch; drawやろう」と相変らず相変あいかわらず as always口から出任せにくちから出任でまかせに rambling; running one's mouth喋舌り立てる喋舌しゃべてる talk and talk; rattle on

「しかしあのむすめ daughter; young ladyは寒月のところ placeへ来たいのだそうだ」と主人主人しゅじん masterいま now; just now鈴木君から聞いた通りとおり just as; exactly as述べるべる mention; stateと、鈴木君はこれは迷惑迷惑めいわく trouble; bother; problemだと云う顔付顔付かおつき face; countenance; expressionをしてしきりに主人に目くばせくばせ signalling with the eyes; exchanging looksをするが、主人は不導体不導体ふどうたい nonconductor; nonconducting substanceのごとく一向一向いっこう (not) at all; (not) in the least電気電気でんき electricity; (electric) current感染しない感染かんせんしない not catch; not be affected

「ちょっとおつ singular; strangeだな、あんなもの person; personage childでも恋をするこいをする fall in loveところが、しかし大したたいした significant; worthy恋じゃなかろう、大方大方おおかた probably; most likely鼻恋鼻恋はなごい nasal affectionくらいなところだぜ」

「鼻恋でも寒月が貰えばもらえば receive (as one's bride)いいが」

「貰えばいいがって、きみ you先日先日せんじつ the other day; a while ago大反対大反対だいはんたい absolutely opposedだったじゃないか。今日今日きょう todayはいやに軟化して軟化なんかして soften; grow conciliatory; be mollifiedいるぜ」

軟化軟化なんか softening; conciliation; mollificationはせん、ぼく I; me決してけっして by (no) means軟化はせんしかし……」

「しかしどうかしたんだろう。ねえ鈴木鈴木すずき Suzuki (name)きみ you実業家実業家じつぎょうか businessman; industrialist; entrepreneur末席を汚す末席ばっせきけがす have the honor of being counted among一人一人ひとり one person; individualだから参考参考さんこう reference; consultationのために言って聞かせるってかせる tell; inform; notifyがね。あの金田金田かねだ Kaneda (name)ぼう a certain ...なるもの person; personageさ。あの某なるものの息女息女そくじょ daughterなどを天下天下てんか the whole world; all the land秀才秀才しゅうさい talented person; prodigy水島寒月水島みずしま寒月かんげつ Mizushima Kangetsu (name)令夫人令夫人れいふじん Mrs; Lady; (someone's) wife崇め奉るあがたてまつる revere; respect; pay tribute toのは、少々少々しょうしょう somewhat; to some degree提灯と釣鐘提灯ちょうちん釣鐘つりがね paper lanterns and temple bells (a lopsided match; an ill-suited pairing)と云うう known as ...; referred to as ...次第次第しだい case; circumstanceで、我々我々われわれ we; us朋友たる朋友ほうゆうたる are (his) friends者が冷々冷々れいれい coolly; with indifference黙過する黙過もっかする give tacit approval; let pass unchallenged訳に行かんわけかん can't very well ...; can't possibly ...こと situation; state of affairsだと思うおもう think; regard (as)んだが、たとい実業家の君でもこれには異存異存いぞん objectionはあるまい」

相変らず相変あいかわらず as always元気がいい元気げんきがいい vigorous; spririted; passionateね。結構結構けっこう splendid; wonderful; well and goodだ。君は十年十年じゅうねん ten yearsまえ before; prior容子容子ようす appearance; air少しもすこしも (not) in the least変っていないかわっていない not changedからえらい」と鈴木くん (suffix of familiarity for males)柳に受けてやなぎけて channel the willow (i.e. exhibit compliance; bend in the wind)胡麻化そうとする胡麻化ごまかそうとする try to dodge; try to sidestep

「えらいと褒めるめる praise; applaudなら、もう少し博学な博学はくがくな scholarly; eruditeところを御目にかける御目おめにかける (humbly) show; presentがね。昔しむかし long ago; in bygone times希臘人希臘ギリシャじん Greeks非常に非常ひじょうに very much; exceedingly体育体育たいいく physical training重んじたおもんじた regarded highly; placed emphasis onものであらゆる競技競技きょうぎ games; matches; contests貴重なる貴重きちょうなる precious; valued懸賞懸賞けんしょう prizes; awards出してして present; make available百方百方ひゃっぽう in every way奨励奨励しょうれい encouragement; promotionさく schemes; measures講じたこうじた devised; conceived; worked outものだ。しかるにしかるに however; still; yet不思議な不思議ふしぎな curious; odd; puzzling事には学者学者がくしゃ scholar智識智識ちしき knowledge; learningに対してたいして with respect to; concerningのみは何等の何等なんらの (no) manner of褒美褒美ほうび reward; prize与えたあたえた gave; presented; imparted (to)と云う記録記録きろく record; account (of)がなかったので、今日今日こんにち this day; the presentまで実はじつは truly; in fact大におおいに very much; greatly怪しんでいたあやしんでいた wondered atところさ」

「なるほど少しみょう odd; strangeだね」と鈴木君はどこまでも調子を合わせる調子ちょうしわせる go along with; agree with

「しかるについ両三日前両三日前りょうさんにちまえ two or three days priorに至っていたって coming to; arriving at美学研究美学びがく研究けんきゅう aesthetics studiesさい occasion ofふとその理由理由りゆう reason発見した発見はっけんした discoveredので多年多年たねん many years疑団疑団ぎだん lurking doubt; lingering question一度に一度いちどに at once; suddenly氷解氷解ひょうかい (doubt or question) melting away; being dispelled漆桶を抜く漆桶しっつうく scales fall from one's eyes (lit: extricate oneself from the varnish bucket)がごとく痛快なる痛快つうかいなる exhilarating; refreshing悟りさとり  enlightenment; understanding得てて attain; secure; gain歓天喜地歓天喜地かんてんきち great joy; jubilation; exultation至境至境しきょう pinnacle of達したたっした reached; arrived atのさ」

あまり迷亭迷亭めいてい Meitei (name)言葉言葉ことば words; expression仰山仰山ぎょうさん exaggerated; overblownなので、さすが御上手者御上手者おじょうずもの flatterer; favorerの鈴木君も、こりゃ手に合わないわない be out of hand; be too much to handleと云う顔付顔付かおつき face; (facial) expressionをする。主人主人しゅじん masterはまた始まったはじまった started; begunと云わぬばかりにわぬばかりに all but saying ...象牙象牙ぞうげ ivoryはし chopsticks菓子皿菓子皿かしざら sweets dishふち edge; rimをかんかん叩いてたたいて tap; strike俯つ向いていて look down; divert one's gazeいる。迷亭だけは大得意大得意だいとくい exultant; beaming; effusive弁じつづけるべんじつづける continue speaking; talk on

「そこでこの矛盾なる矛盾むじゅんなる contradictory; inconsistent; contrasting現象現象げんしょう phenomenon; circumstance説明説明せつめい explanation明記して明記めいきして elucidate; clarify (in writing)暗黒暗黒あんこく darkness; blacknessふち chasm; abyssから吾人吾人ごじん we; us doubt; confusion千載千載せんざい a thousand years; perpetuityの下にもとに for; serving救い出してすくして rescue; free (from)くれたもの person; personageだれ whoだと思うおもう think; suppose学問学問がくもん scholarship; learningあって以来以来いらい since学者学者がくしゃ scholar称せらるるしょうせらるる is referred to as; is known as (= しょうせられる)彼のの that ...; the very ...希臘希臘ギリシャ Greece哲人哲人てつじん wise man; philosopher; sage逍遥派逍遥派しょうようは Peripatetic school (of philosophy)元祖元祖がんそ originator; founderアリストートルアリストートル Aristotle (ancient Greek philosopher and scientist; 384–322 BC)その人そのひと the man himselfである。かれ he; himの説明に曰くいわく according toさ――おい菓子皿菓子皿かしざら sweets dishなどを叩かんでたたかんで without tapping; without striking謹聴していなくちゃいかん謹聴きんちょうしていなくちゃいかん need to pay attention; had best listen carefully。――彼等彼等かれら they; them希臘人希臘ギリシャじん Greeks競技競技きょうぎ games; matches; contestsにおいて得るる earn; attain; winところの賞与賞与しょうよ reward; prizeは彼等が演ずるえんずる perform技芸技芸ぎげい art; skill; accomplishmentその物そのもの itselfより貴重な貴重きちょうな precious; valuedものである。それ故にそれゆえに therefore; for that reason褒美褒美ほうび reward; prizeにもなり、奨励奨励しょうれい encouragement; promotion tool; instrument; meansともなる。しかし智識智識ちしき knowledge; learningその物に至っていたって when it comes toはどうである。もし智識に対するたいする with respect to; concerning報酬報酬ほうしゅう reward; remunerationとして何物何物なにもの somethingをか与えんとするあたえんとする intend to grant; try to bestow (= あたえようとする)ならば智識以上以上いじょう above; beyond; more than価値価値かち value; merit; worthあるものを与えざるべからずあたえざるべからず must grant; have to bestow。しかし智識以上の珍宝珍宝ちんぽう treasure世の中なか the worldにあろうか。無論無論むろん of courseあるはずがない。下手な下手へたな inferior; menial; unworthyものをやれば智識の威厳威厳いげん dignity; majesty; solemnity損するそんする damage; destroy; undermineわけ situation; circumstanceになるばかりだ。彼等は智識に対して千両箱千両箱せんりょうばこ valuables box; lock boxオリムパスの山オリムパスのやま Mount Olympusほど積みみ pile up; stackクリーサスクリーサス Croesus (king of Lydia, renowned for his wealth; 595– c.546 BC)とみ riches; wealth; fortune傾け尽してかたむつくして squander completely; lavish in entirety相当の相当そうとうの appropriate; suitable報酬を与えんとしたのであるが、いかに考えてかんがえて consider; think到底到底とうてい by (no) means釣り合うう suit; fit withはずがないと云う事こと the fact that ...観破して観破かんぱして see through; discern the essence of (usually 看破かんぱして)、それより以来と云うものは奇麗さっぱり奇麗きれいさっぱり cleanly and neatly何にもなんにも (no)thingやらない事にしてしまった。黄白青銭黄白青銭こうはくせいせん coins of gold, silver, or bronzeが智識の匹敵匹敵ひってき rival; equal; matchでない事はこれで十分十分じゅうぶん sufficiently; adequately理解出来る理解りかい出来できる can understand; can graspだろう。さてこの原理原理げんり fundamental truth; principle服膺した服膺ふくようした taken into consideration; applied上でうえで having ...時事問題時事じじ問題もんだい the issue at hand臨んで見るのぞんでる try dealing with; try attending toがいい。金田金田かねだ Kaneda (name)ぼう a certain ...は何だい紙幣紙幣さつ paper money; banknotes眼鼻眼鼻めはな eyes and noseをつけただけの人間人間にんげん person; manじゃないか、奇警なる奇警きけいなる clever; witty; original language; expression; word; termもってもって use; apply形容する形容けいようする describeならば彼は一個一個いっこ one (thing)活動紙幣活動かつどう紙幣しへい living and breathing banknoteに過ぎんぎん is nothing more than ...のである。活動紙幣のむすめ daughterなら活動切手活動かつどう切手きって living and breathing (merchandise) voucherくらいなところだろう。翻ってひるがえって conversely; on the other hand寒月寒月かんげつ Kangetsu (name)くん (suffix of familiarity for males)如何と見れば如何いかんれば however one looks at itどうだ。辱けなくもかたじけなくも unapologetically学問学問がくもん scholarship; learning最高の最高さいこうの highest; finest; best center or seat (of)第一位に第一だいいちに ranked first卒業して卒業そつぎょうして graduate from毫もごうも (not) at all; (not) in the least倦怠倦怠けんたい fatigue; wearinessねん thoughts; notionなく長州征伐長州ちょうしゅう征伐せいばつ Chōshū punative expedition (action taken by Tokugawa shogunate against Chōshū)時代時代じだい time; period; age羽織羽織はおり haori (Japanese half-coat)ひも strings; tiesぶら下げてぶらげて dangle日夜日夜にちや day and night; around the clock団栗団栗どんぐり acornスタビリチースタビリチー stability研究し研究けんきゅうし research; study、それでもなお満足する満足まんぞくする be satisfied; be content様子様子ようす appearance; lookもなく、近々の中近々きんきんうち soon; before longロード・ケルヴィンロード・ケルヴィン Lord Kelvin (William Thomson, 1st Baron Kelvin; Scots-Irish mathematical physicist and engineer; 1824–1907)圧倒する圧倒あっとうする intimidate; impress; overwhelmほどな大論文大論文だいろんぶん master thesis; masterwork発表しよう発表はっぴょうしよう announce; publishとしつつあるではないか。たまたま吾妻橋吾妻橋あずまばし Azumabashi (name of a bridge)通り掛ってとおかかって pass over身投げ身投みなげ throwing oneself (e.g. into the water)げい act; performance仕損じた仕損しそんじた failed at事はあるが、これも熱誠なる熱誠ねっせいなる ardent; fervent; passionate青年青年せいねん youth; young man有りがちりがち frequent; common; usual発作的発作的ほっさてき fitful; impetuous所為所為しょい act; deedで毫も彼が智識の問屋たる問屋とんやたる being a repository; serving as a storehouse煩いわずらい trouble; worry; anxiety及ぼすおよぼす cause; result inほどの出来事出来事できごと incident; affair; happeningではない。迷亭迷亭めいてい Meitei (name)一流の一流いちりゅうの first-rate; foremost; top-notchたとえ metaphor; analogy; exampleをもって寒月君を評すればひょうすれば evaluate; assess; comment on彼は活動図書館活動かつどう図書館としょかん living and breathing libraryである。智識をもって捏ね上げたるげたる form through kneading; work into二十八珊二十八にじゅうはちサンチ 28 cm弾丸弾丸だんがん shell; projectile; cannon ballである。この弾丸が一たびひとたび once時機時機じき opportunity; chance; occasionを得て学界学界がっかい academic community; scholarly world爆発する爆発ばくはつする explode; detonateなら、――もし爆発して見給え見給みたまえ watch; look at――爆発するだろう――」迷亭はここに至って迷亭一流と自称する自称じしょうする proclaim oneself as形容詞形容詞けいようし adjective; descriptor; expressionが思うように出て来ないない not be forthcoming; fail to emergeので俗に云うぞくう as they say in the vernacular; as noted in common parlance竜頭蛇尾竜頭りゅうとう蛇尾だび head of a dragon but tail of a snake; starting with a bang and ending with a whimperかん feeling; impression多少多少たしょう somewhat; to some degreeひるんで見えたひるんでえた seemed to falterがたちまち「活動切手などは何千万枚何千万なんぜんまんまい however many (sheets; layers)あったって粉な微塵微塵みじん fragments; splintersになってしまうさ。それだから寒月には、あんな釣り合わない女性女性にょしょう woman; female駄目駄目だめ impossible; out of the questionだ。ぼく I; me不承知不承知ふしょうち opposed; againstだ、百獣百獣ひゃくじゅう all manner of beastsの中でうちで amongもっとも聡明なる聡明そうめいなる wise; sagacious大象大象だいぞう grand elephantと、もっとも貪婪なる貪婪たんらんなる avaricious; grasping; greedy小豚小豚こぶた small pig; gruntling結婚する結婚けっこんする marry; wedようなものだ。そうだろう苦沙弥苦沙弥くしゃみ Kushami (the master's name)君」と云って退けるって退ける finish speaking; conclude one's talkと、主人主人しゅじん masterはまた黙ってだまって in silence; without speaking菓子皿を叩き出す。

鈴木鈴木すずき Suzuki (name)くん (suffix of familiarity for males)少しすこし a little; a bit凹んだへこんだ disheartened; subdued気味気味きみ sense; feeling

「そんなこと situation; case無かろうかろう is not necessarily so」と術なげにじゅつなげに at one's wit's end答えるこたえる reply; respond。さっきまで迷亭迷亭めいてい Meitei (name)悪口悪口わるくち abuse; insults; bad-mouthing随分随分ずいぶん very much; a great dealついた揚句揚句あげく after having ...ここで無暗な無暗むやみな rash; reckless; imprudent事を云うう say; utter; voiceと、主人主人しゅじん masterのような無法者無法者むほうもの miscreant; malefactor; rogueはどんな事を素っ破抜く破抜ぱぬく let loose; disclose; revealか知れないれない there's no knowing。なるべくここは好加減にいい加減かげんに appropriately; measuredly迷亭の鋭鋒鋭鋒えいほう brunt of an attack or argumentあしらってあしらって handle; deal with無事に無事ぶじに without incident; quietly切り抜けるける get through; find one's way out ofのが上分別上分別じょうふんべつ good idea; wise policyなのである。鈴木君は利口者利口者りこうもの clever person; shrewd fellowである。いらざるいらざる unnecessary; unneeded (= いらない)抵抗抵抗ていこう resistance; confrontation避けらるるけらるる can be avoided (= けられる)だけ避けるのが当世当世とうせい present age; modern timesで、無要の無要むようの useless; unproductive口論口論こうろん quarrel; dispute; row封建時代封建ほうけん時代じだい feudal era; feudal times遺物遺物いぶつ relic; remains心得て心得こころえて know; understand; be aware ofいる。人生人生じんせい (human) life目的目的もくてき aim; objective口舌口舌こうぜつ words; talkではない実行実行じっこう practice; actionにある。自己自己じこ oneself思い通りにおもどおりに as one wishes; per design着々着々ちゃくちゃく steadily事件事件じけん events; affairs進捗すれば進捗しんちょくすれば progress; advance; move forward、それで人生の目的は達せられたたっせられた has been realized; has been achievedのである。苦労苦労くろう labor; hardship; toil心配心配しんぱい worry; concern争論争論そうろん argument; quarrel; contentionとがなくて事件が進捗すれば人生の目的は極楽流極楽ごくらくりゅう ideal fashion; blissful manner; absent all strifeに達せられるのである。鈴木君は卒業卒業そつぎょう graduation afterこの極楽主義極楽ごくらく主義しゅぎ principle of blissful existenceによって成功し成功せいこうし succeed; make one's way、この極楽主義によって金時計きん時計どけい gold watchぶら下げぶらげ suspend; dangle; carry、この極楽主義で金田金田かねだ Kaneda (name)夫婦夫婦ふうふ husband and wife依頼依頼いらい requestをうけ、同じくおなじく in the same wayこの極楽主義でまんまと首尾よく首尾しゅびよく all in good form; successfully苦沙弥苦沙弥くしゃみ Kushami (the master's name)君を説き落しておとして persuade; prevail upon; talk into submission当該当該とうがい the said ...; the concerned ...事件が十中八九十中八九じっちゅうはっく for the most part (lit: 8 or 9 of 10)まで成就した成就じょうじゅした realized; completedところへ、迷亭なる常規常規じょうき standard rule; standard measureをもって律すべからざるりっすべからざる cannot judge; cannot gauge普通の普通ふつうの ordinary; usual人間人間にんげん person; man以外以外いがい outside of; other than; apart from心理作用心理しんり作用さよう mental workings有するゆうする have; possessかと怪まるるあやしまるる be suspected風来坊風来坊ふうらいぼう vagabond; waif; wanderer飛び込んで来たんでた came bursting in; came barging inので少々少々しょうしょう somewhat; to some degreeその突然なる突然とつぜんなる suddenness面喰っている面喰めんくらっている be confounded; be flurried; be flusteredところである。極楽主義を発明した発明はつめいした contrived; developedものは明治明治めいじ Meiji (Meiji era; 1868 - 1912)紳士紳士しんし gentlemenで、極楽主義を実行する実行じっこうする put into practiceものは鈴木藤十郎鈴木すずき藤十郎とうじゅうろう Suzuki Tōjūrō (name)君で、いま now; at presentこの極楽主義で困却しつつある困却こんきゃくしつつある be in a fix; be at a lossものもまた鈴木藤十郎君である。

きみ you何にもなんにも (no)thing知らんらん not know; not be aware ofからそうでもなかろうなどと澄し返ってすまかえって detachedly; without concern例になくれいになく uncharacteristically言葉寡なに言葉ことばずくなに with few words; tersely (usually 言葉ことばずくなに)上品に上品じょうひんに elegantly; urbanely; with sophisticaton控え込むひかむ show restraint; exercise moderationが、せんだってあのはな noseぬし owner; proprietressが来たとき time; occasion容子容子ようす situation; state of affairs見たらたら see; observeいかに実業家贔負実業家じつぎょうか贔負びいき parital to businessmen; partial to industrialists尊公尊公そんこう you (polite)でも辟易する辟易へきえきする be nonplussed; be dumbfounded; be dauntedに極ってるきまってる there's no doubt ...よ、ねえ苦沙弥君、君大におおいに very much; greatly奮闘した奮闘ふんとうした struggled; fought; had one's hands fullじゃないか」

「それでも君よりぼく I; meほう alternative (of two choices)評判評判ひょうばん repute; estimation; opinion ofがいいそうだ」

「アハハハなかなか自信が強い自信じしんつよい confident; sure of oneselfおとこ man; fellowだ。それでなくてはサヴェジ・チーサヴェジ・チー savage tea (reference to the master's mistranslation of 番茶)なんて生徒生徒せいと students教師教師きょうし teachers; instructorsにからかわれてすまして学校学校がっこう school出ちゃいられんちゃいられん can't appear; can't show one's faceわけ case; situationだ。僕も意志意志いし will; volition; resolve決してけっして by (no) meansひと people; others劣らんおとらん be not inferior to; be the equal ofつもりだが、そんなに図太くは出来ん図太ずぶとくは出来できん can't be so bold; can't be so brash敬服の至りだ敬服けいふくいたりだ hold in highest esteem

生徒生徒せいと students教師教師きょうし teachers; instructors少々少々しょうしょう somewhat; to some degree愚図愚図言ったって愚図愚図ぐずぐずったって grumble; rail against; find fault withなに what恐ろしいおそろしい frightningものか、サントブーヴサントブーヴ Sainte-Beuve (Charles Augustin Sainte-Beuve; French literary critic; 1804–1869)古今独歩古今独歩ここんどっぽ unsurpassed in history評論家評論ひょうろん critic; reviewerであるが巴里大学巴里パリ大学だいがく University of Paris (a.k.a. the Sorbonne)講義講義こうぎ lectureをしたとき time; period非常に非常ひじょうに very much; exceedingly不評判不評判ふひょうばん unpopular; poorly regardedで、かれ he; him学生学生がくせい students攻撃攻撃こうげき attack; assault応ずるおうずる respond (to)ため外出外出がいしゅつ going out; leaving homeさい occasion of必ずかならず invariably; without fail匕首匕首あいくち dagger袖の下そでした under one's sleeve; up one's sleeve持ってって hold; carry防禦防禦ぼうぎょ safeguard; protection tool; instrumentとなしたこと case; situationがある。ブルヌチェルブルヌチェル Brunetière (Ferdinand Brunetière; French writer and critic; 1849–1906)がやはり巴里の大学でゾラゾラ Zola (Émile Zola; French novelist; practitioner of the literary school of naturalism; 1840–1902)小説小説しょうせつ novels; storiesを攻撃した時は……」

「だって君ゃきみゃ you大学の教師でもなん what; whateverでもないじゃないか。高がたかが merely; at bestリードルリードル (English) Readers先生先生せんせい teacherでそんな大家大家たいか master; authority; leading figure例に引くれいく cite as exampleのは雑魚雑魚ざこ small fish; small fryくじら whaleをもって自らみずから oneself喩えるたとえる compare to; liken toようなもんだ、そんな事を云うう say; stateとなおからかわれるぜ」

黙っていろだまっていろ enough out of you。サントブーヴだっておれ I; meだって同じくらいなおなじくらいな on the same level; in the same manner学者学者がくしゃ scholar; man of learningだ」

大変な大変たいへんな immense; incredible; outsized見識見識けんしき pride; self-regardだな。しかし懐剣懐剣かいけん daggerをもって歩行く歩行あるく walk; strollだけはあぶないから真似ない真似まねない not imitate; not follow suit方がいいほうがいい it's best to ...よ。大学の教師が懐剣ならリードルの教師はまあ小刀小刀こがたな small knife; pen knifeくらいなところだな。しかしそれにしても刃物刃物はもの edged tools; blades剣呑剣呑けんのん hazardous; dangerousだから仲見世仲見世なかみせ shopping arcade行ってって go (to)おもちゃの空気銃空気くうきじゅう air gun; popgun買って来てってて go and buy背負ってあるく背負しょってあるく carry aroundがよかろう。愛嬌があって愛嬌あいきょうがあって be charming; be engagingいい。ねえ鈴木鈴木すずき Suzuki (name)くん (suffix of familiarity for males)」と云うと鈴木君はようやくはなし talk; conversation金田金田かねだ Kaneda (name)事件事件じけん matter; affair離れたはなれた moved away from; distanced (itself) fromのでほっと一息つきながらほっと一息ひといきつきながら breathing a sigh of relief

相変らず相変あいかわらず as always; as ever無邪気無邪気むじゃき unaffected; candid; forthright愉快愉快ゆかい delightful; enjoyable; amusingだ。十年振りで十年じゅうねんりで after an absence of ten years始めてはじめて for the first time君等君等きみら you (plural)逢ったった met with; spent time withんで何だか窮屈な窮屈きゅうくつな narrow; constrained路次路次ろじ way; pathから広いひろい wide; spacious野原野原のはら field; meadow出たた came out; emerged (onto)ような気持気持きもち feeling; senseがする。どうも我々我々われわれ we; us仲間仲間なかま friends; comrades談話談話だんわ talk; conversation; exchange少しもすこしも (not) in the least油断がならなくて油断ゆだんがならなくて can never drop one's guardね。何を云うにも気をおかなくちゃならんをおかなくちゃならん have to consider carefullyから心配心配しんぱい anxiety; concernで窮屈で実にじつに really; truly苦しいくるしい tiring; nerve-wracking; stressfulよ。話は罪がないつみがない guileless; sincereのがいいね。そして昔しむかし long ago; the old days書生書生しょせい lodging student時代時代じだい time; period; age友達友達ともだち friends話すはなす talk; converse (with)のが一番一番いちばん most of all遠慮遠慮えんりょ reserve; restraint; diffidenceがなくっていい。ああ今日今日きょう today; this day図らずはからず unexpectedly迷亭迷亭めいてい Meitei (name)君に遇ってって meet; spend time (with)愉快だった。ぼく I; meはちと用事用事ようじ business matters; affairsがあるからこれで失敬する失敬しっけいする beg one's leave; excuse oneself」と鈴木君が立ち懸けるける begin to rise; start to get upと、迷亭も「僕もいこう、僕はこれから日本橋日本橋にほんばし Nihonbashi (place name)演芸矯風会演芸えんげい矯風会きょうふうかい New Theater Societyに行かなくっちゃならんから、そこまでいっしょに行こう」「そりゃちょうどいい久し振りでひさりで for the first time in a long whileいっしょに散歩しよう散歩さんぽしよう take a walk」と両君両君りょうくん the two of them手を携えてたずさえて hand in hand; together帰るかえる return; leave