I am a Cat - Chapter 4 a

vocabulary bar - use mouse hover or touch to display furigana and definition of underlined terms

よん (chapter) 4

例によってれいによって as usual; as per one's habit金田邸金田かねだてい the Kaneda residence忍び込むしのむ sneak into; steal into

例によってとは今更今更いまさら at this point解釈する解釈かいしゃくする explain必要必要ひつよう necessity; needもない。しばしばを自乗した自乗じじょうした multiplied by itself; squaredほどの度合度合どあい extent; degree示すしめす indicateことば word; term; expressionである。一度一度いちど one time; onceやったこと act; action二度二度にど two times; twiceやりたいもので、二度試みたこころみた tried; had a go at事は三度三度さんど three times試みたいのは人間人間にんげん humans; human beingsにのみ限らるるかぎらるる be limited to (= かぎられる)好奇心好奇心こうきしん curiosity; inquisitivenessではない、ねこ catといえどもこの心理的心理的しんりてき mental; psychological特権特権とっけん privilege; prerogative有してゆうして have; possessこの世界世界せかい world生れ出でたうまでた was born (into)ものと認定して認定にんていして acknowledge; recognizeいただかねばならぬ。三度以上以上いじょう beyond; more than繰返す繰返くりかえす repeatとき (point in) time始めてはじめて for the first time習慣なる習慣しゅうかんなる become a habit; be a habit語を冠せられてかんせられて be capped with; wear、この行為行為こうい act; deed生活生活せいかつ living; lifeじょう concerning; with regard toの必要と進化する進化しんかする advance; progress (to)のもまた人間と相違相違そうい difference; disparityはない。何のためになんのために for what purpose; to what end、かくまで足繁く足繁あししげく frequently金田邸へ通うかよう visit regularly; hauntのかと不審を起す不審ふしんおこす raise a question; stir up doubtならそのまえ before; priorにちょっと人間に反問したい反問はんもんしたい ask in return事がある。なぜ人間はくち mouthからけむり smoke吸い込んでんで draw in; inhaleはな noseから吐き出すす blow out; expelのであるか、はら belly足しし addition; supplementにも血の道みち blood vessels; circulatory systemくすり medicineにもならないものを、恥かし気はずかし embarrassment; self-consciousnessもなく吐呑して吐呑とどんして drink in and expel憚からざるはばからざる have no scruples (about doing)以上は、吾輩吾輩わがはい I; me; myselfが金田に出入する出入しゅつにゅうする come and go; enter and exitのを、あまり大きなおおきな big; loud (voice)こえ voice咎め立てとがて find fault with; reproveして貰いたくないしてもらいたくない would prefer one refrain from。金田邸は吾輩の煙草煙草たばこ tobacco; cigarettesである。

忍び込むと云うとうと say ...; use the term ...語弊がある語弊ごへいがある be misleading; be prone to misinterpretation、何だか泥棒泥棒どろぼう thief; burglar間男間男まおとこ secret lover; adultererのようで聞き苦しいぐるしい unpleasant to the ear。吾輩が金田邸へ行くく go (to); visitのは、招待招待しょうだい invitationこそ受けないけない not receiveが、決してけっして by (no) meansかつお bonito (fish)切身切身きりみ slice (of meat or fish)ちょろまかしたりちょろまかしたり pilfer; filch眼鼻眼鼻めはな eyes and noseかお face中心中心ちゅうしん middle; center痙攣的に痙攣的けいれんてきに as though from muscle spasms密着して密着みっちゃくして be stuck together; be fusedいるちん Japanese spaniel; Pekineseくん (suffix of familiarity for males)などと密談する密談みつだんする confer in privateためではない。――なに what探偵探偵たんてい sleuth; investigator?――もってのほかもってのほか out of the question; unthinkableの事である。およそ世の中なか the world; societyに何が賤しいいやしい lowly; vile; crude家業家業かぎょう occupation; tradeだと云って探偵と高利貸高利貸こうりがし usurer; loansharkほど下等な下等かとうな inferior; low gradeしょく work; employmentはないと思っておもって think; believeいる。なるほど寒月寒月かんげつ Kangetsu (name)君のために猫にあるまじきあるまじき unworthy of; unbecoming ofほどの義侠心義侠心ぎきょうしん chivalrous spiritを起して、一度一度ひとたび one time; on one occasion金田家金田かねだ Kaneda household動静動静どうせい state (of affairs); condition; movements余所ながら余所よそながら casually; peripherally窺ったうかがった observed; spied on事はあるが、それはただの一遍一遍いっぺん one time; one-offで、その後その after that; thereafterは決して猫の良心良心りょうしん conscience恥ずるずる feel ashamedような陋劣な陋劣ろうれつな mean; base振舞振舞ふるまい behavior; conduct致した事はないいたしたことはない have never ...。――そんなら、なぜ忍び込むと云うような胡乱な胡乱うろんな questionable; dubious; shady文字文字もんじ (written) word; expression使用した使用しようした used?――さあ、それがすこぶる意味意味いみ meaning; significanceのある事だて。元来元来がんらい from the first; fundamentally吾輩のかんがえ thoughts; notions; ideasによると大空大空たいくう heavens; firmament; sky万物万物ばんぶつ all things; all of creation覆うおおう cover; blanketため大地大地だいち the earth; the landは万物を載せるせる support; carryために出来ている出来できている be formed――いかに執拗な執拗しつような obstinate; stubborn; tenacious議論議論ぎろん argument; dispute好むこのむ have a fondness for; prefer人間でもこの事実事実じじつ reality; truth否定する否定ひていする deny; refute訳には行くまいわけにはくまい can't very well ... {paragraph continues below}

さてこの大空大地大空たいくう大地だいち heaven and earth; skies and land製造する製造せいぞうする manufacture; produce; createために彼等彼等かれら they; them人類人類じんるい humankind; humanityはどのくらいの労力労力ろうりょく labor; effort; toil費やしてついやして expend; devote toいるかと云うとかとうと on the question of ...尺寸の尺寸せきすんの the tiniest; the slightest手伝手伝てつだい help; assistanceもしておらぬではないか。自分自分じぶん oneselfが製造しておらぬものを自分の所有所有しょゆう possession極めるめる decide; determine; assumeほう manner of conduct; way of doing thingsはなかろう。自分の所有と極めても差し支えないつかえない allowable; doable他のの others'出入出入しゅつにゅう coming and going; entry and exit禁ずるきんずる forbid; outlaw理由理由りゆう reason; justificationはあるまい。この茫々たる茫々ぼうぼうたる vast; wide; expansive大地を、小賢しくも小賢こざかしくも cunningly; pretentiouslyかき fence囲らしめぐらし enclose in; surround with棒杭棒杭ぼうぐい stake; pile; post立てててて stand up; erect某々某々ぼうぼう so-and-so所有地所有地しょゆうち private landなどと劃し限るかくかぎる divide and restrict; pacel up and limitのはあたかもかの蒼天蒼天そうてん blue sky縄張して縄張なわばりして rope off、この部分部分ぶぶん part; sectionわれ I; meてん sky; heavens、あの部分はかれ he; himの天と届け出るとどる report; notify; serve noticeようなもの act; actionだ。もし土地土地とち land; property切り刻んできざんで slice; dice; carve up一坪一坪ひとつぼ 1 tsubo (about 3 sq meters; about 4 sq yards)いくらの所有権所有権しょゆうけん ownership rights; title; deed売買する売買ばいばいする buy and sell; trade; deal inなら我等我等われら we; us呼吸する呼吸こきゅうする breathe空気空気くうき air一尺立方一尺いっしゃく立方りっぽう cubic shaku (about 27 liters; about 1 cubic foot)割ってって divide (into)切売切売せつばい selling by the pieceをしても善いい good; fine; acceptableわけ situation; circumstanceである。空気の切売が出来ず出来できず is not possible; is not doableそら skyの縄張が不当不当ふとう unreasonableなら地面地面じめん earth's surface; ground; land私有私有しゆう private ownership不合理不合理ふごうり unreasonable; absurdではないか。如是観如是観にょぜかん Reality of all Existence (Buddhism)によりて、如是法如是法にょぜほう Laws of Existence (Buddhism)信じているしんじている believe in; adhere to吾輩吾輩わがはい I; me; myselfはそれだからどこへでも這入って行く這入はいってく enter; pass (into)。もっとも行きたくないきたくない don't want to goところ placesへは行かぬが、志すこころざす set one's sights on方角方角ほうがく direction; bearingsへは東西南北東西南北とうざいなんぼく north, south, east, or west; any direction差別差別さべつ differentiation; distinction入らぬらぬ don't need; have no need for平気な平気へいきな calm; composed; unconcernedかお face; (facial) expressionをして、のそのそと参るまいる go about金田金田かねだ Kaneda (name)ごときものに遠慮遠慮えんりょ reserve; restraint; diffidenceをする訳がない。――しかしねこ cat悲しさかなしさ sadness; sorrow力ずくではちからずくでは in show of force; when push comes to shove到底到底とうてい by (no) means人間人間にんげん human beings; humansには叶わないかなわない not be equal to; not be a match for強勢は権利なり強勢きょうせい権利けんりなり might equals rightとの格言格言かくげん saying; maximさえあるこの浮世浮世うきよ transient world; world of the living存在する存在そんざいする exist以上は以上いじょうは given that ...、いかにこっちに道理道理どうり reason; logic; truthがあっても猫の議論議論ぎろん argument; reasoning通らないとおらない not be accepted; not carry the day無理に無理むりに by force; using compulsion通そうとすると車屋の黒車屋くるまやくろ Kurumaya no Kuro (name of a neighboring cat)のごとく不意に不意ふいに suddenly; abruptly肴屋肴屋さかなや fish vendor; fishmonger天秤棒天秤棒てんびんぼう shoulder pole (for carring a load balanced over one's shoulder)喰うくらう be on the receiving end of恐れおそれ fear; concernがある。 reason; logicはこっちにあるが権力権力けんりょく power; authority向うむこう the other partyにあると云う場合場合ばあい caseに、理を曲げてげて bend; twist一も二もなくいちもなく readily; without hesitation屈従する屈従くつじゅうする submit; yieldか、または権力の目を掠めてかすめて out of sight; on the sly (from)我理我理がり one's own reasoning; one's own logic貫くつらぬく stick to; persist withかと云えば、吾輩は無論無論むろん of course; naturally後者後者こうしゃ the latter択ぶえらぶ chooseのである。天秤棒は避けざるべからざるけざるべからざる is to be avoidedが故にゆえに being the case that忍ばざるべからずしのばざるべからず must use stealthひと a person邸内邸内ていない grounds; premisesへは這入り込んで這入はいんで go into; penetrate差支えなき差支さしつかえなき absence of hindranceゆえ reason; circumstance込まざるを得ずまざるをず must go in。この故に吾輩は金田邸金田かねだてい the Kaneda residence忍び込むしのむ sneak into; steal intoのである。

忍び込むしのむ sneak into; steal into extent; degree; number of occurrences重なるかさなる pile up; accumulateにつけ、探偵探偵たんてい sleuth; investigatorをする intentionはないが自然自然しぜん naturally; in due course金田金田かねだ Kaneda (name)くん (suffix of familiarity for males)一家一家いっけ family; household事情事情じじょう circumstances; condition; state of affairs見たくもないたくもない not wish to see吾輩吾輩わがはい I; me; myself eyes映じてえいじて be reflected; be mirrored覚えたくもないおぼえたくもない not wish to learn; not wish to know吾輩の脳裏脳裏のうり one's mind印象印象いんしょう impression留むるとどむる retain; keep (= とどめる)至るいたる arrive at; reachのはやむを得ないやむをない inevitable; unavoidable鼻子夫人鼻子はなこ夫人ふじん Madam Hanako (nickname for Madam Kaneda)かお face洗うあらう washたんびに念を入れてねんれて for good measureはな noseだけ拭くく wipe; dryこと situation; circumstanceや、富子富子とみこ Tomiko (name)令嬢令嬢れいじょう daughter; young lady阿倍川餅阿倍川あべかわもち Abekawa Mochi (Shizuoka-style mochi, usually rolled in roasted soy flour)無暗に無暗むやみに indiscriminately; excessively召し上がらるるがらるる partake of; help oneself to (= がられる)事や、それから金田君自身自身じしん himselfが――金田君は妻君妻君さいくん wife似合わず似合にあわず unfitting; ill-matched (to)鼻の低いひくい low; flatおとこ man; fellowである。単にたんに simply; merely鼻のみではない、顔全体全体ぜんたい overall; in its entiretyが低い。小供小供こども child (usually 子供こども)時分時分じぶん time; period喧嘩喧嘩けんか altercation; quarrelをして、餓鬼大将餓鬼大将がきだいしょう neighborhood bullyのために頸筋頸筋くびすじ back of the neck; scruff of the neck捉まえられてつらまえられて be caught; be seized、うんと精一杯に精一杯せいいっぱいに with all one's might土塀土塀どべい plastered wall圧し付けられたけられた was pressed into; was forced intoとき time; instance; occasionの顔が四十年四十よんじゅうねん forty years after; later; hence今日今日こんにち this day; the presentまで、因果をなしておりはせぬか因果いんがをなしておりはせぬか if fate might not be playing out its hand怪まるるあやしまるる be suspectedくらい平坦な平坦へいたんな flat; smooth; featureless顔である。至極至極しごく extremely; exceedingly穏かおだやか calm; quiet危険危険きけん danger; perilのない顔には相違ないには相違そういない there's no doubt that ...が、何となくなんとなく somehow; in some way変化変化へんか change; variation乏しいとぼしい wanting (for); lacking (in)。いくら怒っておこって get angry平かなたいらかな level; plain; peaceful; unperturbed顔である。――その金田君がまぐろ tuna刺身刺身さしみ sashimi食ってって eat自分自分じぶん oneselfで自分の禿頭禿頭はげあたま bald headをぴちゃぴちゃ叩くたたく pat; tap事や、それから顔が低いばかりでなくせい height; statureが低いので、無暗に高いたかい high; tall帽子帽子ぼうし hatと高い下駄下駄げた geta; wooden clogs穿く穿く wear (on one's feet)事や、それを車夫車夫しゃふ rickshaw pullerおかしがっておかしがって find amusing書生書生しょせい houseboy話すはなす talk of事や、書生がなるほど君の観察観察かんさつ observation機敏機敏きびん shrewd; smart; keenだと感心する感心かんしんする be impressed事や、――一々一々いちいち one-by-one; each and every数え切れないかぞれない be too numerous to count

近頃近頃ちかごろ recently; of late勝手口勝手口かってぐち kitchen entrance; service entranceよこ next toにわ garden; yard通り抜けてとおけて pass through築山築山つきやま landscaped hill; bermかげ shadow; shelter (of)から向うむこう the other side見渡して見渡みわたして look over; survey障子障子しょうじ shōji立て切ってって be closed tight物静か物静ものしずか all quietであるなと見極めがつく見極みきわめがつく decide (for sure); determineと、徐々徐々そろそろ quietly; slowly; little by little上り込むあがむ enter (into)。もし人声人声ひとごえ the sound of voices賑かにぎやか lively; bustlingであるか、座敷座敷ざしき room; parlorから見透かさるる見透みすかさるる be visible; be seen恐れおそれ fear; concernがあると思えばおもえば think; believeいけ pondひがし east廻ってまわって go around (toward)雪隠雪隠せっちん toilet; lavatoryの横から知らぬ間にらぬに before one knows itえん verandaした below; beneath出るる enter (into)悪いわるい bad; evil; wrong事をしたおぼえ sense; feelingはないから何もなにも (no)thing隠れるかくれる conceal oneself; hide事も、恐れる事もないのだが、そこが人間人間にんげん human beings; humansと云うう known as; referred to as無法者無法者むほうしゃ outlaw逢ってって meet; encounter不運不運ふうん misfortune; bad luck諦めるあきらめる resign oneself (to)より仕方がないより仕方しかたがない one has no choice but to ...ので、もし世間世間せけん society; the world熊坂長範熊坂くまさか長範ちょうはん Kumasaka Chōhan (renowned Heian period bandit)ばかりになったらいかなる盛徳盛徳せいとく splendid virtue君子君子くんし gentlemenもやはり吾輩のような態度態度たいど attitude; manner出ずるずる go out; go aboutであろう。金田君は堂々たる堂々どうどうたる dignified; prominent実業家実業家じつぎょうか businessman; industrialist; entrepreneurであるから固よりもとより of course熊坂長範のように五尺三寸五尺ごしゃく三寸さんずん 5 shaku and 3 sun - referring to sword length (about 1.6 m; about 5 ft)振り廻すまわす wield; brandish; flourish; wave about気遣気遣きづかい worry; concern; sign ofはあるまいが、承るうけたまわる hear; be toldところ things; mattersによれば人を人と思わぬひとひとおもわぬ showing complete disdain for others病気病気びょうき fault; infirmityがあるそうである。人を人と思わないくらいならねこ catを猫とも思うまい。して見れば猫たるものはいかなる盛徳の猫でもかれ he; him邸内邸内ていない grounds; premises決してけっして by (no) means油断は出来ぬ油断ゆだん出来できぬ can't drop one's guard; must stay on one's toesわけ situation; circumstanceである。しかしその油断の出来ぬところが吾輩にはちょっと面白い面白おもしろい intriguing; enthrallingので、吾輩がかくまでに金田家金田かねだ Kaneda householdもん gate出入する出入しゅつにゅうする come and go; enter and exitのも、ただこの危険が冒して見たいおかしてたい risk at will; dare to ventureばかりかも知れぬかもれぬ it may be that ...。それは追ってって later on; in due course篤ととくと deliberately; carefully考えたかんがえた considered; thought aboutうえ after having ...、猫の脳裏を残りなくのこりなく without reserve; exhaustively解剖し得た解剖かいぼうた analyzed in detail改めてあらためて again; anew御吹聴仕ろう御吹聴ごふいちょうつかまつろう publicize; make known

今日今日きょう todayはどんな模様模様もよう state; conditionだなと、例のれいの the aforementioned築山築山つきやま landscaped hill; berm芝生芝生しばふ grass; turfうえ top of; surface ofあご chin押しつけてしつけて push into; press against前面前面ぜんめん frontage; facade見渡す見渡みわたす look over; survey十五畳の十五じゅうごじょうの 15-mat (about 24 sq meters; about 260 sq feet)客間客間きゃくま drawing room; parlor弥生弥生やよい third month of the lunar calendarはる spring; springtime明け放ってはなって throw open (to)なか inside; withinには金田金田かねだ Kaneda (name)夫婦夫婦ふうふ husband and wife一人一人ひとり one (person)来客来客らいきゃく visitor; callerとの御話御話おはなし talk; discussion最中最中さなか in the middle ofである。生憎生憎あいにく unfortunately鼻子夫人鼻子はなこ夫人ふじん Madam Hanako (nickname for Madam Kaneda)はな noseがこっちを向いていて turn toward; be directed toward池越しに池越いけごしに over the pond; across the pond吾輩吾輩わがはい I; me; myselfひたい forehead; browの上を正面から正面しょうめんから from the front; full on睨め付けてにらけて glare at; scowl atいる。鼻に睨まれたのは生れてうまれて in one's life今日が始めてはじめて the first timeである。金田くん (suffix of familiarity for males)幸いさいわい fortunately; luckily横顔横顔よこがお face in profileを向けてきゃく visitor; caller相対して相対あいたいして be across from; faceいるから例の平坦な平坦へいたんな flat; smooth; featureless部分部分ぶぶん area; region半分半分はんぶん halfかくれて見えぬえぬ be hidden from sightが、その代りそのかわり on the other hand; at the same time鼻の在所在所ありか location; whereabouts判然しない判然はんぜんしない be unclear; be indistinct。ただ胡麻塩色胡麻塩ごましおいろ the color of sesame and salt (black with sprinkles of white)口髯口髯くちひげ mustache好い加減な加減かげんな indiscriminate; arbitraryところ placesから乱雑に乱雑らんざつに in disarray茂生して茂生もせいして grow thicklyいるので、あの上にあな hole; opening; void二つふたつ two (things)あるはずだと結論結論けつろん conclusion; inferenceだけは苦もなくもなく easily; without effort出来る出来できる can do; can manage春風春風はるかぜ spring breezeああ云うああう that sort of滑かななめらかな smoothかお face; visageばかり吹いていて blow across; blow overいたら定めてさだめて surely; certainlyらく easy; simpleだろうと、ついでながら想像想像そうぞう imagination逞しゅうしてたくましゅうして give rein to (one's imagination)見たた tried ...御客さん御客おきゃくさん visitor; caller三人三人さんにん three (people)の中うち among一番一番いちばん foremost; most of all普通な普通ふつうな ordinary容貌容貌ようぼう looks; appearance; features有してゆうして have; possessいる。ただし普通なだけに、これぞと取り立てててて in particular; especially紹介する紹介しょうかいする introduce; present; refer to足るる be sufficient; be adequateような雑作雑作ぞうさく facial feature一つひとつ one (thing)もない。普通と云うと結構結構けっこう splendid; fineなようだが、普通のきょく extremity; culmination平凡の平凡へいぼんの common; plainどう hall上りのぼり enter (up into)庸俗の庸俗ようぞくの mediocre; unremarkableしつ room入ったった entered intoのはむしろ憫然憫然びんぜん pitiful; sorry; sad至りいたり height of; limit ofだ。かかる無意味な無意味むいみな meaningless; inconsequential面構面構つらがまえ (facial) expressionを有すべき宿命宿命しゅくめい fate; destiny帯びてびて wear; carry明治明治めいじ Meiji (Meiji era; 1868 - 1912)昭代昭代しょうだい glorious reign; enlightened era生れて来たうまれてた be born (into)のはだれ whoだろう。例のごとくえん verandaの下まで行ってって go; proceed (to)その談話談話だんわ talk; conversation; exchange承わらなくては分らぬうけたまわらなくてはわからぬ need to hear (in order to understand)

「……それでさい wifeがわざわざあのおとこ man; fellowの所まで出掛けて行って出掛でかけてって set out (for)容子容子ようす situation; state of affairs聞いたいた asked; inquiredんだがね……」と金田君は例のごとく横風な横風おうふうな arrogant; haughty言葉使言葉使ことばづかい manner of speakingである。横風ではあるが毫もごうも (not) at all; (not) in the least峻嶮峻嶮しゅんけん severe; stern; sharpなところがない。言語言語げんご languageかれ he; him顔面顔面がんめん faceのごとく平板尨大平板へいばん尨大ぼうだい flat and expansiveである。

「なるほどあのおとこ man; fellow水島水島みずしま Mizushima (name; Mizushima Kangetsu)さんを教えたおしえた taught; instructed事がございますことがございます has ...ので――なるほど、よい御思い付き御思おおもき (your) plan; idea; suggestionで――なるほど」となるほどずくめずくめ entirely; completely; nothing butのは御客さん御客おきゃくさん visitor; callerである。

「ところが何だかなんだか somehow; in some manner; for some reason要領を得ん要領ようりょうん not grasp; not comprehend (= 要領ようりょうない)ので」

「ええ苦沙弥苦沙弥くしゃみ Kushami (the master's name)じゃ要領を得ないわけ situation; circumstanceで――あの男はわたくし I; meがいっしょに下宿下宿げしゅく boarding; lodgingをしている時分時分じぶん time; periodから実にじつに really; truly煮え切らないらない half-cooked; vague――そりゃ御困り御困おこまり trouble; botherでございましたろう」と御客さんは鼻子夫人鼻子はなこ夫人ふじん Madam Hanako (nickname for Madam Kaneda)ほう direction向くく turn toward; face

「困るの、困らないのってあなた、私しゃわたしゃ I; me (= わたしは)このとし ageになるまでひと a person; an individualのうちへ行ってって go (to); call (at)、あんな不取扱不取扱ふとりあつかい mistreatment受けたけた received事はありゃしません」と鼻子は例によってれいによって as per habit鼻嵐を吹く鼻嵐はなあらしく huff and puff (through one's nostrils)

何かなにか something無礼な無礼ぶれいな impolite; disrespectful; rudeこと thingsでも申しましたもうしました said; voiced; expressedか、昔しむかし long ago; the old daysから頑固な頑固がんこな stubborn; obstinate性分性分しょうぶん nature; dispositionで――何しろなにしろ anyway; at any rate十年一日のごとく十年一日じゅうねん一日いちじつのごとく ten years if a day (i.e. toiling away at something for a long time)リードルリードル (English) Readers専門専門せんもん specialty; area of expertise教師教師きょうし teacher; instructorをしているのでも大体大体だいたい generally; for the most part御分りになりましょう御分おわかりになりましょう (you) can understand」と御客さんは体よくていよく politely; tactfully調子を合せて調子ちょうしあわせて keep in tune with; go along withいる。

「いや御話し御話おはなし talk; conversation; discussionにもならんくらいで、さい wifeが何か聞くく askとまるで剣もほろろのけんもほろろの curt; blunt; brusque (lit: sword and helmet cape; assuming a defensive posture)挨拶挨拶あいさつ response; replyだそうで……」

「それは怪しからんしからん outrageous; inexcusable; shameful訳で――一体一体いったい in the end; as it turns out少しすこし a little; a bit学問学問がくもん scholarship; eruditionをしているととかくとかく prone to; tending to慢心慢心まんしん self-conceit; pride萌すきざす bud; germinate; sproutもので、その上そのうえ on top of that; furthermore貧乏をする貧乏びんぼうをする be pressed for money; be destitute負け惜しみしみ unwillingness to own one's defeat; sore loser syndrome出ますます appear; emergeから――いえ世の中なか society; the worldには随分随分ずいぶん very much; considerably無法な無法むほうな disorderly; unrulyやつ guys; fellowsがおりますよ。自分自分じぶん oneself働きはたらき ability; talent; achievementのないのにゃ気が付かないでかないで without noticing; unaware of無暗に無暗むやみに excessively; immoderately; unduly財産財産ざいさん property; assetsのあるものに喰って掛るってかかる bite at; rail againstなんてえのが――まるで彼等彼等かれら they; themの財産でも捲き上げたげた took away; made off withような気分気分きぶん feeling; moodですから驚きますおどろきます be astonishedよ、あははは」と御客さんは大恐悦大恐悦だいきょうえつ great delightてい appearance; condition; stateである。

「いや、まことに言語同断言語ごんご同断どうだん outrageous; preposterous; inexcusableで、ああ云うああう that sort ofのは必竟必竟ひっきょう after all; at the end of the day世間見ず世間せけんず ignorant of the ways of the world; oblivious to the workings of society我儘我儘わがまま selfishness; self-indulgenceから起るおきる arise; come aboutのだから、ちっと懲らしめらしめ discipline; chastising; punishmentのためにいじめてやるが好かろうかろう would be good; would be fine思っておもって think; figure; reckon、少し当ってやったあたってやった went at (something)よ」

「なるほどそれでは大分大分だいぶ very much; a great deal答えましたろうこたえましたろう struck home; had the intended effect全くまったく utterly; completely本人本人ほんにん the person in questionのためにもなること case; situationですから」と御客さん御客おきゃくさん visitor; callerいかなるいかなる what form of; whatever kind of当り方あたかた method of engagement; approach承らぬ先からうけたまわらぬさきから before hearing; without yet knowingすでに金田金田かねだ Kaneda (name)くん (suffix of familiarity for males)同意して同意どういして agree; concurいる。

「ところが鈴木鈴木すずき Suzuki (name)さん、まあなんて頑固な頑固がんこな stubborn; obstinateおとこ man; fellowなんでしょう。学校学校がっこう school出てて appear; arrive (at)福地福地ふくち Fukuchi (name)さんや、津木津木つき Tsuki (name)さんには口も利かないくちかない not speak toんだそうです。恐れ入っておそって out of humble deference黙っているだまっている guard one's silenceのかと思ったらおもったら think; suppose; imagineこの間このあいだ the other day; recently罪もないつみもない faultlessたく (our) house; home書生書生しょせい houseboyステッキステッキ stick; cane持ってって hold; grasp追っ懸けたってんけたってん chased after; pursuedです――三十面さげて三十さんじゅうづらさげて at the age of thirty、よく、まあ、そんな馬鹿な馬鹿ばかな idiotic; absurd真似真似まね behavior; action; conduct出来た出来できた was able to doもんじゃありませんか、全くやけでやけで out of desperation少しすこし a little; a bit気が変になってへんになって lose one's head; become hystericalるんですよ」

「へえどうしてまたそんな乱暴な乱暴らんぼうな reckless; heedless; heavy-handed事をやったんで……」とこれには、さすがの御客さんも少し不審を起した不審ふしんおこした found perplexing; began to have doubts about見えるえる appear; seem (to)

「なあに、ただあの男のまえ front of何とかなんとか something or other云ってって say; state; mention通ったとおった went by; passed byんだそうです、すると、いきなり、ステッキを持って跣足で跣足はだしで in bare feet; barefoot飛び出して来たしてた came flying outんだそうです。よしんばよしんば even ifちっとやそっとちっとやそっと small amount; bit; smidgen、何か云ったって小供小供こども child (usually 子供こども)じゃありませんか、髯面髯面ひげづら whiskered face大僧大僧おおぞう grown manの癖にくせに for a ...しかも教師教師きょうし teacher; instructorじゃありませんか」

「さよう教師ですからな」と御客さんが云うと、金田君も「教師だからな」と云う。教師たる以上は以上いじょうは given that ...いかなる侮辱侮辱ぶじょく insult; affront; slight受けてけて receive; sustain; incur; suffer木像木像もくぞう wooden statueのようにおとなしくしておらねばならぬとはこの三人三人さんにん three people期せずしてせずして by chance; as it happens一致した一致いっちした agreed on; consensed on論点論点ろんてん point of argumentと見える。

「それに、あの迷亭迷亭めいてい Meitei (name)って男はよっぽどな酔興人酔興人すいきょうじん eccentric; oddball; kookですね。役にも立たないやくにもたない useless; pointless嘘八百嘘八百うそはっぴゃく pack of lies並べ立ててならてて reel off; spout out私しゃわたしゃ I; me (= わたしは)あんな変梃な変梃へんてこな strange; odd; quirkyひと person; manにゃ初めてはじめて for the first time逢いましたいました met; encounteredよ」

「ああ迷亭ですか、あいかわらず法螺を吹く法螺ほらく talk big; tell talesと見えますね。やはり苦沙弥苦沙弥くしゃみ Kushami (the master's name)ところ place御逢いになった御逢おあいになった met; encounteredんですか。あれに掛っちゃかかっちゃ contend; tangle (with)たまりません。あれも昔しむかし long ago; the old days自炊自炊じすい doing one's own cooking仲間仲間なかま comradeでしたがあんまり人を馬鹿にするものですから能くく often; frequently喧嘩をしました喧嘩けんかをしました argued; quarreled; butted headsよ」

だれ who; whoeverだって怒りまさあおこりまさあ get angry; become annoyedね、あんなじゃ。そりゃ嘘をつくうそをつく tell a lie; fibのも宜うござんしょううござんしょう well enough; acceptableさ、ね、義理が悪るい義理ぎりるい do wrong by someoneとか、ばつを合せなくっちゃあならないばつをせなくっちゃあならない need to support a certain narrativeとか――そんなとき time; occasionには誰しもだれしも anyone心にないこころにない disingenuous; insincere; deceitfulこと things云うう utter; state; expressもんでさあ。しかしあのおとこ man; fellowのは吐かなくってかなくって without telling (a lie)すむのに矢鱈に矢鱈やたらに indiscriminately; excessively; profusely吐くんだから始末に了えない始末しまつえない incorrigibleじゃありませんか。なに what欲しくってしくって desire; seek、あんな出鱈目出鱈目でたらめ nonsense; rubbishを――よくまあ、しらじらしくしらじらしく see-through; barefaced; without shame云えると思いますおもいます wonder (at)よ」

ごもっともごもっとも naturally; quite rightで、全くまったく utterly; completely道楽道楽どうらく pastime; hobby; amusementからくる嘘だから困りますこまります be troubled; be bothered

「せっかくあなたあなた (I'm telling) you真面目に真面目まじめに seriously; in earnest聞きに行ったきにった went to ask水島水島みずしま Mizushima (name; Mizushima Kangetsu)の事も滅茶滅茶滅茶滅茶めちゃめちゃ disarray; confusion; chaosになってしまいました。私しゃわたしゃ I; me (= わたしは)剛腹剛腹ごうはら obstinate; unyielding忌々しくって忌々いまいましくって annoying; offensive――それでも義理義理ぎり (social) obligationは義理でさあ、ひと a personのうちへもの thingsを聞きに行って知らんらん indifferentかお face; (facial) expression半兵衛半兵衛はんべい Hanbei (name; reference to Takenaka Shigeharu anecdote)もあんまりですから、後であとで after; later車夫車夫しゃふ rickshaw pullerビールビール beer一ダースいちダース one dozen持たせてたせて had take; had deliverやったんです。ところがあなたどうでしょう。こんなものを受取る受取うけとる receive; accept理由理由りゆう reasonがない、持って帰れってかえれ take back; return withって云うんだそうで。いえ御礼御礼おれい civility; courtesyだから、どうか御取り下さい御取おとください please take; please acceptって車夫が云ったら――悪くいくい spiteful; malevolentじゃあありませんか、おれ I; meジャムジャム jam毎日毎日まいにち each day; every day舐めるめる taste; partake ofがビールのような苦いにがい bitterもの things; stuff飲んだんだ drunk; consumed事がないことがない have never ...って、ふいとおく interior; inner room這入って這入はいって enter (into)しまったって――言い草に事を欠いてぐさこといて be lame as an excuse、まあどうでしょう、失礼失礼しつれい rude; insolentじゃありませんか」

「そりゃ、ひどい」と御客さん御客おきゃくさん visitor; caller今度今度こんど this time本気に本気ほんに in all earnestness; to one's core苛いひどい dreadful; appalling; outrageous感じたかんじた felt; perceived (as)らしい。

「そこで今日今日きょう todayわざわざきみ you招いたまねいた invited; summonedのだがね」としばらく途切れて途切とぎれて break off; come to a stop金田金田かねだ Kaneda (name)くん (suffix of familiarity for males)こえ voice聞えるきこえる sound; be heard。「そんな馬鹿者馬鹿者ばかもの idiot; moronかげ shadowsから、からかってさえいればすむようなものの、少々少々しょうしょう somewhat; to some degreeそれでも困る事があるじゃて……」とまぐろ tuna刺身刺身さしみ sashimi食うう eat時のごとく禿頭禿頭はげあたま bald headをぴちゃぴちゃ叩くたたく pat; tap。もっとも吾輩吾輩わがはい I; me; myselfえん verandaした below; beneathにいるから実際実際じっさい actually; in fact叩いたか叩かないか見えようはずがないが、この禿頭のおと sound近来近来きんらい recently; of late大分大分だいぶ very much; a great deal聞馴れている聞馴ききなれている am used to hearing; have grown accustomed to the sound of比丘尼比丘尼びくに bhikkhuni (fully ordained Buddhist nun)木魚木魚もくぎょ temple block (carved from wood and vaguely fish-shaped; struck while chanting sutras)の音を聞き分けるける recognize by sound; discern the sound ofごとく、椽の下からでも音さえたしかであればすぐ禿頭だなと出所出所しゅっしょ origin; source鑑定する鑑定かんていする judge; estimate事が出来ること出来できる am able to ...。「そこでちょっと君を煩わしたいわずらわしたい would like to impose on (a person)と思ってな……」

わたくし I; me出来ます出来できます can do; am able to doこと act; deedなら何でもなんでも anything; anything at all御遠慮なく御遠慮ごえんりょなく without restraint; freelyどうか――今度今度こんど this time; on this occasion東京東京とうきょう Tōkyō勤務勤務きんむ duty; work assignmentと云う事こと being the case that ...になりましたのも全くまったく utterly; completelyいろいろ御心配を掛けた御心配ごしんぱいけた went to trouble (on someone's behalf)結果結果けっか result; consequenceにほかならんわけ situation; circumstanceでありますから」と御客さん御客おきゃくさん visitor; caller快よくこころよく cheerfully; gladly金田金田かねだ Kaneda (name)くん (suffix of familiarity for males)依頼依頼いらい request承諾する承諾しょうだくする accept; agree to。この口調口調くちょう tone (of voice)見るる view; assess; judgeとこの御客さんはやはり金田君の世話になる世話せわになる be obliged to; be indebted toひと person; manと見える。いやだんだん事件事件じけん incident; affair面白く面白おもしろく in an interesting manner発展して発展はってんして develop; unfoldくるな、今日今日きょう today; this dayはあまり天気天気てんき weather宜いい fair; fineので、来るる come inclinationもなしに来たた cameのであるが、こう云う好材料好材料こうざいりょう good material; valuable information得ようよう acquire; secure; attainとは全く思い掛けおもけ unexpected; unanticipated (short for おもけない)なんだ。御彼岸御彼岸おひがん equinoctial week (when Buddhist services are held)お寺詣り寺詣てらまいり visiting a (Buddhist) templeをして偶然偶然ぐうぜん by chance方丈方丈ほうじょう (Buddhist) priest's chamber牡丹餅牡丹餅ぼたもち rice cake enclosed in bean jam御馳走になる御馳走ごちそうになる be treated toようなもの thingだ。金田君はどんな事を客人客人きゃくじん visitor; callerに依頼するかなと、えん verandaした below; beneathから耳を澄してみみすまして perk up one's ears聞いていて listenいる。

「あの苦沙弥苦沙弥くしゃみ Kushami (the master's name)と云う変物変物へんぶつ eccentric; oddball; crankが、どう云う訳か水島水島みずしま Mizushima (name; Mizushima Kangetsu)入れ智慧をする智慧ぢえをする put ideas into someone's headので、あの金田のむすめ daughter貰ってもらって receive (as one's bride)行かんかん won't do; is out of the questionなどとほのめかすほのめかす hint; suggest; intimateそうだ――なあ鼻子鼻子はなこ Hanako (nickname for Madam Kaneda)そうだな」

「ほのめかすどころじゃないんです。あんな奴あんなやつ that thingの娘を貰う馬鹿馬鹿ばか fool; idiotどこの国どこのくに where in the worldにあるものか、寒月君決してけっして by (no) means貰っちゃいかんよって云うんです」

「あんな奴とは何だ失敬失敬しっけい impertinent; insolent; rudeな、そんな乱暴な乱暴らんぼうな coarse; crass; tactless事を云ったのか」

「云ったどころじゃありません、ちゃんと車屋車屋くるまや cartman神さんかみさん wife知らせにらせに to tell; to inform来てくれたんです」

鈴木鈴木すずき Suzuki (name)君どうだい、御聞の通り御聞おききとおり just as (you've) heardの次第次第しだい in accordance withさ、随分随分ずいぶん very much; a great deal厄介厄介やっかい burden; annoyanceだろうが?」

困りますこまります be troubled; be botheredね、ほかの事と違ってちがって different from、こう云う事には他人他人たにん third party; outsider妄りにみだりに indiscriminately; unnecessarily容喙する容喙ようかいする interfere; meddleべきはずの者ではありませんからな。そのくらいな事はいかな苦沙弥でも心得ている心得こころえている understand; be aware of; graspはずですが。一体一体いったい ... on earth; ... in the worldどうした訳なんでしょう」

「それでの、きみ you学生時代学生がくせい時代じだい student days; school daysから苦沙弥苦沙弥くしゃみ Kushami (the master's name)同宿同宿どうしゅく lodging togetherをしていて、いま now; the presentはとにかく、むかし times past; former days親密な親密しんみつな friendly; intimate; close間柄間柄あいだがら relationであったそうだから御依頼する御依頼ごいらいする requestのだが、君当人当人とうにん the person in question逢ってって meet (with)な、よく利害利害りがい advantages and disadvantages; interests (of concerned parties)諭してさとして admonish; advise; counsel見てて try to ...くれんか。何かなにか something; in some manner怒っているおこっている be angry; be upset; be broodingかも知れんかもれん it may be that ...が、怒るのはむこう the other party悪るいるい in the wrong; at faultからで、先方先方せんぽう the other party; the other sideがおとなしくしてさえいれば一身上一身上いっしんじょう one's personal circumstances便宜便宜べんぎ advantage; benefit充分充分じゅうぶん adequately; sufficiently計ってはかって work toward; provide forやるし、気に障わるわる provoke; rileようなこと acts; actionsもやめてやる。しかし向が向ならこっちもこっちと云うう saying; stating; sticking to inclinationになるからな――つまりそんな我を張るる have one's own way; refuse to compromiseのは当人のそん loss; disadvantageだからな」

「ええ全くまったく utterly; completelyおっしゃる通りおっしゃるとおり just as you say愚なな silly; foolish; ill-advised抵抗抵抗ていこう opposition; resistanceをするのは本人本人ほんにん the person in question; he himselfの損になるばかりで何のなんの (no) sort ofえき profit; advantageもない事ですから、善くく good; well申し聞けましょうもうけましょう talk to

「それからむすめ daughterはいろいろと申し込もうこみ offer; proposal; overtureもある事だから、必ずかならず necessarily; invariably水島水島みずしま Mizushima (name; Mizushima Kangetsu)にやると極めるめる decide; settle on訳にも行かんわけにもかん one can't just ...が、だんだん聞いて見ると学問学問がくもん scholarship; learning人物人物じんぶつ personal traits; characterも悪くもないようだから、もし当人が勉強して勉強べんきょうして work hard; apply oneself近い内にちかうちに before too long博士博士はかせ PhD; doctorにでもなったらあるいはもらう事が出来る出来できる can do; is able toかも知れんくらいはそれとなくほのめかしても構わんかまわん is fine to ...

「そう云ってやったら当人も励みはげみ encouragement; stimulus; incentiveになって勉強する事でしょう。宜しゅうございますよろしゅうございます good; well

「それから、あの妙なみょうな odd; curious事だが――水島にも似合わん似合にあわん unbecoming; unsuitable事だと思うおもう think of; regard (as)が、あの変物変物へんぶつ eccentric; oddball; crankの苦沙弥を先生先生せんせい teacher; master; superior先生と云って苦沙弥の云う事は大抵大抵たいてい in general; for the most part聞く様子様子ようす situation; circumstanceだから困るこまる be troubled; be bothered。なにそりゃ何も水島に限るかぎる be limited toわけ case; situationでは無論無論むろん naturally; of courseないのだから苦沙弥が何と云って邪魔をしよう邪魔じゃまをしよう interfere; obstruct; hinderと、わしのほう side別にべつに in particular; especially差支えもせん差支さしつかえもせん is not a problem; won't matterが……」

「水島さんが可哀そう可哀かわいそう unfortunate; pitiableですからね」と鼻子夫人鼻子はなこ夫人ふじん Madam Hanako (nickname for Madam Kaneda)口を出すくちす inject a remark; add one's two cents

「水島と云うひと person; manには逢った事もございませんが、とにかくこちらと御縁組御縁組ごえんぐみ betrothal; marriage into a familyが出来れば生涯生涯しょうがい one's lifetime幸福幸福こうふく welfare; happiness; good fortuneで、本人は無論異存はない異存いぞんはない have no objection; not mindのでしょう」

「ええ水島さんは貰いたがってもらいたがって want to receive (as one's bride)いるんですが、苦沙弥だの迷亭迷亭めいてい Meitei (name)だのって変り者かわもの eccentrics; oddballsが何だとか、かんだとか云うものですから」

「そりゃ、善くないくない not good; unfortunateこと situation; state of affairsで、相当の相当そうとうの considerable; substantial教育教育きょういく education; schoolingのあるものにも似合わん似合にあわん unbecoming; unbefitting所作所作しょさ actions; deeds; behaviorですな。よくわたくし I; me苦沙弥苦沙弥くしゃみ Kushami (the master's name)ところ place参ってまいって go (to)談じましょうだんじましょう talk; discuss

「ああ、どうか、御面倒御面倒ごめんどう trouble; effortでも、一つひとつ once願いたいねがいたい would like to request。それから実はじつは actually; in fact水島水島みずしま Mizushima (name; Mizushima Kangetsu)の事も苦沙弥が一番一番いちばん most of all詳しいくわしい well-acquainted; well-informedのだがせんだってさい wife行ったった went; visited; calledとき timeいま now; the present始末始末しまつ end result; outcome碌々碌々ろくろく (not) adequately聞くく ask; inquire事も出来なかったこと出来できなかった was unable to ...わけ situation; circumstanceだから、きみ youから今一応一応いちおう once over; for the time being本人本人ほんにん the person in question; the person of interest性行性行せいこう character and conduct学才学才がくさい academic ability; scholastic talentとう and suchをよく聞いて貰いたいいてもらいたい would like to have (you) askて」

「かしこまりました。今日今日きょう today土曜土曜どよう Saturdayですからこれから廻ったらまわったら go around、もう帰っておりましょうかえっておりましょう have returned; be at home近頃近頃ちかごろ recently; of lateはどこに住んでんで live; resideおりますか知らんらん don't know

「ここのまえ front ofみぎ right突き当ってあたって follow to the endひだり left一丁一丁いっちょう 1 chō (about 110 meters; about 120 yards)ばかり行くく go; proceed崩れかかったくずれかかった tumbledown; rickety; dilapidated黒塀黒塀くろべい black fenceのあるうちです」と鼻子鼻子はなこ Hanako (nickname for Madam Kaneda)教えるおしえる tell; inform

「それじゃ、つい近所近所きんじょ neighborhood; vicinityですな。訳はありませんわけはありません simple; easy enough。帰りにちょっと寄って見ましょうってましょう try stopping by; try dropping in。なあに、大体大体だいたい for the most part分りましょうわかりましょう can probably figure (it) out標札標札ひょうさつ nameplate; doorplate見ればれば look at; watch for

「標札はあるときと、ないときとありますよ。名刺名刺めいし calling card御饌粒御饌粒ごぜんつぶ grains of rice; bits of riceもん gate貼り付けるける paste onto; affix toのでしょう。あめ rainがふると剥がれてしまいましょうがれてしまいましょう peel off; come unstuck。すると御天気御天気おてんき fair weather; fine weather dayにまた貼り付けるのです。だから標札は当にゃなりませんあてにゃなりません can't be relied onよ。あんな面倒臭い面倒臭めんどうくさい tiresome; laborious事をするよりせめて木札木札きふだ wooden nameplateでも懸けたらけたら hang up; set out; suspendよさそうなもんですがねえ。ほんとうにどこまでも気の知れないれない unfathomable; bafflingひと person; manですよ」

「どうも驚きますおどろきます be astonished; wonder atな。しかし崩れた黒塀のうちと聞いたら大概大概たいがい in general分るでしょう」

「ええあんな汚ないきたない dirty; filthy; run-downうちは町内町内ちょうない in the neighborhood; on the block一軒一軒いっけん one (house)しかないから、すぐ分りますよ。あ、そうそうそれで分らなければ、好いい good; beneficial; helpful事がある。何でもなんでも anyhow; at any rate; as it turns out屋根屋根やね roofくさ grass; weeds生えたえた be growing fromうちを探して行けばさがしてけば go looking for間違っこありません間違まちがっこありません can't go wrongよ」

「よほど特色特色とくしょく characteristics; features; idiosyncrasiesのあるいえ houseですなアハハハハ」

鈴木鈴木すずき Suzuki (name)くん (suffix of familiarity for males)御光来になる御光来ごこうらいになる come to call前に帰らないと、少しすこし a little; a bit都合が悪い都合つごうわるい inconvenient; inopportune談話談話だんわ talk; conversation; dialogueもこれだけ聞けば大丈夫大丈夫だいじょうぶ all right; okay沢山沢山たくさん enough; sufficientである。えん verandaした below; beneath伝わってつたわって following along (with)雪隠雪隠せっちん toilet; lavatory西西にし westへ廻って築山築山つきやま landscaped hill; bermかげ shadow; shelter (of)から往来往来おうらい street; road出てて go out (to)急ぎ足いそあし hurried pace; brisk strideで屋根に草の生えているうちへ帰って来てかえってて come back to何喰わぬ顔をしてなにわぬかおをして feigning complete ignorance座敷座敷ざしき room; parlorの椽へ廻る。

主人主人しゅじん master椽側椽側えんがわ veranda白毛布白毛布しろげっと white blanket敷いていて spread out; lay out腹這腹這はらばい lying on one's bellyになって麗かなうららかな bright; fine; glorious春日春日はるび spring sunlight甲羅を干して甲羅こうらして bask in the sunいる。太陽太陽たいよう sun光線光線こうせん rays (of light)存外存外ぞんがい contrary to expectation; more than expected公平な公平こうへいな impartial; unbiased; egalitarianもので屋根屋根やね roofペンペン草ペンペンぐさ shepherd's purse (common weed with triangular flat fruits)目標目標もくひょう sign; markのある陋屋陋屋ろうおく humble abode; lowly hovelでも、金田金田かねだ Kaneda (name)くん (suffix of familiarity for males)客間客間きゃくま drawing room; parlorのごとく陽気に陽気ようきに cheerful; joyous; radiant暖かそうあたたかそう warm in appearanceであるが、気の毒などくな unfortunate; regrettableこと situation; state of affairsには毛布毛布けっと blanketだけが春らしくない。製造元製造元せいぞうもと manufacturer; place of originではしろ whiteのつもりで織り出してして weave together; create via weaving唐物屋唐物屋とうぶつや imported goods shopでも白の intention売り捌いたさばいた put out for saleのみならず、主人も白と云うう saying; stating注文注文ちゅうもん order; request; specification買って来たってた went and purchasedのであるが――何しろなにしろ anyway; at any rate十二三年十二三じゅうにさんねん twelve or thirteen years以前以前いぜん before; prior; in the pastの事だから白の時代時代じだい time; period; ageはとくに通り越してとおして go past; go beyondただ今ただいま now; at present濃灰色濃灰色のうかいしょく dull ashen color; dark grayなる変色変色へんしょく change of color; fading; discoloration時期時期じき time; period; phase遭遇しつつある遭遇そうぐうしつつある is encountering; is meeting with。この時期を経過して経過けいかして pass through他のほかの other; alternate暗黒色暗黒あんこくしょく dark color化けるける assume the guise of; transform oneself intoまで毛布のいのち life; lifetime続くつづく continue; lastかどうだかは、疑問疑問ぎもん question; doubtである。いま now; the presentでもすでに万遍なく万遍まんべんなく thoroughly; throughout; uniformly擦り切れてれて worn out竪横竪横たてよこ warp and weft (with respect to woven cloth)すじ fibers; strings明かにあきらかに clearly; evidently; plainly読まれるまれる can be seen; are showingくらいだから、毛布と称するしょうする call; refer to (as)のはもはや僭上僭上せんじょう audacity; presumption沙汰沙汰さた state; affairであって、 fur; wool (written) character省いてはぶいて omit; leave out単にたんに simply; merelyットット tto (last half of ketto, which is short for buranketto, or blanket)とでも申すもうす refer to (as)のが適当適当てきとう suitable; properである。しかし主人の考えかんがえ thoughts; notionsでは一年一年いちねん one year持ちち last; keep二年二年にねん two years持ち、五年五年ごねん five years持ち十年十年じゅうねん ten years持った以上は以上いじょうは given that ...生涯生涯しょうがい a lifetime; for life持たねばならぬと思っておもって think; believe; imagineいるらしい。随分随分ずいぶん very much; a great deal呑気な呑気のんきな carefree; easygoing; happy-go-lucky事である。さてその因縁因縁いんねん connection; bond; shared historyのある毛布のうえ top ofぜん before; prior申す通りもうとおり as stated; as related腹這になってなに whatをしているかと思うと両手両手りょうて both hands出張った出張でばった thrust forward; pushed forwardあご chin支えてささえて support; prop up右手右手みぎて right hand指の股ゆびまた deep between one's fingers巻煙草巻煙草まきたばこ cigarette挟んではさんで hold betweenいる。ただそれだけである。もっともかれ he; himフケフケ dandruffだらけのあたま headうち inside; withinには宇宙宇宙うちゅう universe; cosmos大真理大真理だいしんり great truth火の車くるま chariot of fireのごとく廻転しつつある廻転かいてんしつつある be revolving; be turning; be in motionかも知れないかもれない it may be that ...が、外部外部がいぶ outside; exteriorから拝見した拝見はいけんした viewed; looked at; observedところでは、そんな事とは夢にも思えないゆめにもおもえない cannot possibly imagine

煙草煙草たばこ cigarette fire; flameはだんだん吸口吸口すいくち cigarette filterほう direction逼ってせまって approach; draw near to一寸一寸いっすん 1 sun (about 3 cm; about 1 inch)ばかり燃え尽したつくした burned throughはい ashぼう rod; stick; columnがぱたりと毛布の上に落つるつる fall; drop (onto)のも構わずかまわず not minding; paying no heed to主人は一生懸命に一生懸命いっしょうけんめいに with utmost intensity; with all one's being煙草から立ち上るのぼる rise up (from)けむり smoke行末行末ゆくすえ one's future; one's fate見詰めて見詰みつめて stare at; gaze at; fix one's eyes onいる。その煙りけむり smoke春風春風しゅんぷう spring breeze浮きつ沈みつきつしずみつ floating up and sinking down; rising and falling流れるながれる float; drift; be carried circle; loop; wheel幾重にも幾重いくえにも in myriad layers描いてえがいて draw; form; describe紫深き紫深むらさきふかき deep violet (color)細君細君さいくん wife洗髪洗髪あらいがみ freshly washed hair根本根本ねもと roots; foundation; base吹き寄せつつあるせつつある is drifting (toward)。――おや、細君の事を話しておくはなしておく talk of; mentionはずだった。忘れていたわすれていた forgot; neglected

細君細君さいくん wife主人主人しゅじん masterしり rear end向けてけて turn toward――なに失礼な失礼しつれいな discourteous; impolite; rude細君だ?別にべつに in particular; especially失礼なこと act; actionはないさ。れい etiquette; manners非礼非礼ひれい breach of etiquette; lack of manners相互の相互そうごうの mutual解釈解釈かいしゃく understanding; interpretation次第次第しだい in accordance withでどうでもなる事だ。主人は平気で平気へいきで without concern; thinking nothing of it細君の尻のところへ頬杖を突き頬杖ほおづえき propping one's chin in one's hands、細君は平気で主人の顔の先かおさき front of one's face荘厳なる荘厳そうごんなる grand; impressive; sublime尻を据えたえた set in place; situatedまでの事で無礼も糸瓜もない無礼ぶれい糸瓜へちまもない no impropriety or anything of the sort (lit: neither impropriety nor sponge gourd)のである。御両人御両人ごりょうにん both parties; the two of them結婚結婚けっこん marriage after一ヵ年一ヵ年いっかねん one year立たぬ間にたぬに before ... passed礼儀作法礼儀作法れいぎさほう etiquette; courtesyなどと窮屈な窮屈きゅうくつな formal; stiff; constraining境遇境遇きょうぐう situation; environment脱却せられた脱却だっきゃくせられた shed; discarded; abandoned超然的超然的ちょうぜんてき transcendent; defying convention夫婦夫婦ふうふ husband and wife; man and wife; married coupleである。――さてかくのごとく主人に尻を向けた細君はどう云うどうう what sort of了見了見りょうけん idea; thought; intentionか、今日今日きょう today; this day天気天気てんき weatherに乗じてじょうじて taking advantage ofしゃく shaku (about 30 cm; about 1 foot)に余るあまる be in excess of; be more than緑の黒髪みどり黒髪くろかみ glossy black hair; raven black hairを、麩海苔麩海苔ふのり funori; marine alga生卵生卵なまたまご raw eggゴシゴシ洗濯せられたゴシゴシ洗濯せんたくせられた scrubbed clean; washed thoroughlyもの situation; state見えてえて appear癖のないくせのない smooth; straight (hair)やつ material; matter; stuffを、見よがしによがしに showily; ostentatiously (= これよがしに)かた shouldersから back振りかけてりかけて let fall over; drape over無言のまま無言むごんのまま in silence; without speaking小供小供こども child (usually 子供こども)袖なしそでなし sleeveless (garment)熱心に熱心ねっしんに earnestly; attentively縫ってって sew; tailorいる。実はじつは actually; in factその洗髪洗髪あらいがみ freshly washed hair乾かすかわかす dryために唐縮緬唐縮緬とうちりめん mousseline; light woolen fabric布団布団ふとん cushion針箱針箱はりばこ sewing box椽側椽側えんがわ veranda出してして take out恭しくうやうやしく respectfully; with all due humility主人に尻を向けたのである。あるいは主人のほう alternative (of two choices)で尻のある見当見当けんとう area; vicinityへ顔を持って来たってた broughtかも知れないかもれない it may be that ...。そこで先刻先刻せんこく already; a while ago御話しをした御話おはなしをした talked of; related煙草煙草たばこ cigarette煙りけむり smokeが、豊かにゆたかに in abundance靡くなびく flutter; wave; sway黒髪黒髪くろかみ black hairあいだ midst流れ流れてながながれて weave and flow時ならぬときならぬ unexpected; brought about by chance陽炎陽炎かげろう shimmer of heated air燃えるえる burnところを主人は余念もなく余念よねんもなく attentively; intently眺めてながめて gaze at; watchいる。しかしながらしかしながら however; that being said煙は固よりもとより of course一所一所いっしょ one place; the same place停まるとどまる remain; stay; lingerものではない、その性質性質せいしつ nature; dispositionとしてうえ up; upwardへ上へと立ち登るのぼる rise upのだから主人の eyesもこの煙りの髪毛髪毛かみげ hair縺れ合うもつう tangle; mix (with)奇観奇観きかん wonderful sight落ちなくちなく without missing見ようとすれば、是非共是非共ぜひとも by all means眼を動かさなければならないうごかさなければならない have to shift; be compelled to move。主人はまずこし hips; haunchesへん area; regionから観察観察かんさつ observation始めてはじめて start; begin徐々と徐々じょじょと gradually; steadily; little by little背中背中せなか back伝ってつたって follow; traverse、肩から頸筋頸筋くびすじ nape of the neck; back of the neck掛ったかかった brought to; rested onが、それを通り過ぎてとおぎて pass by; move pastようよう脳天脳天のうてん top of the head; crown of the head達したたっした arrived at; reachedとき time; moment覚えずおぼえず unconsciously; in spite of oneselfあっと驚いたおどろいた was astonished; was caught by surprise。――主人が偕老同穴偕老同穴かいろうどうけつ growing old together; lifelong partnership契ったちぎった pledged; vowed夫人夫人ふじん wife; missusの脳天の真中真中まんなか centerには真丸な真丸まんまるな perfectly round; circular大きなおおきな large; sizable禿禿はげ bald spotがある。しかもその禿が暖かいあたたかい warm; mellow日光日光にっこう sunlight; suns rays反射して反射はんしゃして reflect今やいまや now; at present時を得とき being the right time; at the opportune time顔に輝いてかがやいて shine; sparkle; radiateいる。思わざるおもわざる unexpected; unanticipated辺にこの不思議な不思議ふしぎな strange; curious; wondrous大発見大発見だいはっけん profound discovery; momentous findingをなした時の主人の眼は眩ゆいまばゆい dazzling; glaringなか middle; midst充分の充分じゅうぶんの sufficient; adequate; proportional驚きを示してしめして express; display烈しいはげしい strong; intense光線光線こうせん rays of light瞳孔瞳孔どうこう pupils開くひらく be open; stand wideのも構わずかまわず take no consideration of; pay no heed to一心不乱に一心不乱いっしんふらんに intently; single-mindedly; to the exclusion of all else見つめている。主人がこの禿を見た時、第一第一だいいち first of all; first offかれ he; him脳裏脳裏のうり one's mind浮んだうかんだ surfaced; came to mindのはかのいえ house伝来の伝来でんらいの ancestral; handed down仏壇仏壇ぶつだん (household) Buddhist altar幾世となく幾世いくよとなく through the generations飾り付けられたるかざけられたる set on display; used as an adornment御灯明皿御灯明皿おとうみょうざら candle holder for light offered to Buddhaである。彼の一家一家いっけ family; household真宗真宗しんしゅう Shin Buddhism (Pure Land school)で、真宗では仏壇に身分身分みぶん one's social position; one's social status不相応な不相応ふそうおうな unsuited to; disproportional withかね money掛けるける spend (money)のが古例古例これい tradition; customである。主人は幼少幼少ようしょう infancy; childhoodの時その家のくら storeroom; valuables roomの中に、薄暗く薄暗うすぐらく in dim light飾り付けられたる金箔金箔きんぱく gold foil; gold leaf厚きあつき thick with厨子厨子ずし small shrine with double doorsがあって、その厨子の中にはいつでも真鍮真鍮しんちゅう brassの灯明皿がぶら下ってぶらさがって hang down; be suspended、その灯明皿にはひる daytimeでもぼんやりした light; lampがついていた事を記憶して記憶きおくして remember; recallいる。周囲周囲しゅうい surroundings暗いくらい dark; dim中にこの灯明皿が比較的比較的ひかくてき comparatively; relatively明瞭に明瞭めいりょうに clearly; distinctly輝やいていたかがやいていた shone; sparkled; radiatedので小供心に小供心こどもごころに as a child; through the eyes of a childこの灯を何遍となく何遍なんべんとなく any number of times; numerous times見た時の印象印象いんしょう impressionが細君の禿に喚び起されておこされて be called back; be evoked (in one's mind)突然突然とつぜん at once; all of a sudden飛び出したした jumped out; appeared (suddenly)ものであろう。灯明皿は一分一分いっぷん one minute立たぬ間に消えたえた disappeared; faded awayこの度このたび now; next; this time観音様観音様かんのんさま Kannon (Buddhist deity of compassion)はと pigeons; dovesの事を思い出すおもす recall; remember。観音様の鳩と細君の禿とは何等の何等なんらの (no) form of関係関係かんけい connection; relationもないようであるが、主人のあたま head; mindでは二つふたつ two (things)の間に密接な密接みっせつな close; tight; intimate聯想聯想れんそう association (of ideas)がある。同じくおなじく similarly; in the same manner小供の時分時分じぶん time; period浅草浅草あさくさ Asakusa (place name)行くく go (to); visit必ずかならず invariably; without fail鳩にまめ beans, peas買ってやったってやった bought for。豆は一皿一皿ひとさら one dish文久文久ぶんきゅう bunkyū (pre-Meiji copper or bronze coin)二つで、赤いあかい red土器土器かわらけ earthenware這入っていた這入はいっていた were placed in。その土器が、いろ colorと云い大さおおきさ sizeと云いこの禿によく似ているている be similar to; look like; resemble

「なるほど似ているている be similar to; look like; resembleな」と主人主人しゅじん masterが、さも感心した感心かんしんした be struck byらしく云うう say; utter; voiceと「なに whatがです」と細君細君さいくん wife見向きもしない見向みむきもしない not turn one's head; continue as one was

なん whatだって、御前の御前おまえの yourあたま headにゃ大きなおおきな large; sizable禿禿はげ bald spotがあるぜ。知ってるってる know; be aware ofか」

「ええ」と細君は依然として依然いぜんとして as ever; as before仕事仕事しごと work; task handsをやめずに答えるこたえる answer; respond別段別段べつだん in particular; especially露見露見ろけん discovery; detection; exposure恐れたおそれた feared; was afraid of様子様子ようす appearance; lookもない。超然たる超然ちょうぜんたる cool; collected; composed模範模範もはん model; example妻君である。

よめ brideにくるときからあるのか、結婚結婚けっこん marriage after新たにあらたに newly; anew出来た出来できた came about; formedのか」と主人が聞くく ask。もし嫁にくるまえ before; priorから禿げているなら欺されただまされた was deceivedのであると口へは出さないくちへはさない not say out loud心の中でこころうちで inside; to oneself思うおもう think

「いつ出来たんだか覚えちゃいませんおぼえちゃいません don't rememberわ、禿なんざどうだって宜いどうだってい unimportant; of no consequenceじゃありませんか」と大におおいに very much; greatly悟ったさとった awoke to; became engaged inものである。

「どうだって宜いって、自分の自分じぶんの one's own頭じゃないか」と主人は少々少々しょうしょう a little; somewhat怒気を帯びている怒気どきびている express annoyance; show signs of irritation

「自分の頭だから、どうだって宜いんだわ」と云ったが、さすが少しはすこしは to some extent; to some degree気になるになる bother one; weigh on one's mind見えてえて appear; seemみぎ rightの手を頭に乗せてせて place on、くるくる禿を撫でてでて rub; brush; pat見る。「おや大分大分だいぶ very much; a great deal大きくなったこと situation; state of affairs、こんなじゃ無いじゃい isn't ...と思っていた」と言ったった said; repliedところをもって見ると、とし years; ageに合わしてわして in accordance with; in proportion to禿があまり大き過ぎるおおぎる too big; too large; excessiveと云う事をようやく自覚した自覚じかくした realized; became aware ofらしい。

おんな a womanまげ bun (hairstyle)結うう do up (one's hair)と、ここが釣れますれます be caught; be ensnaredから誰でもだれでも anyone禿げる禿げる lose hair; go baldんですわ」と少しく弁護しだす弁護べんごしだす (start to) defend; make a case for

「そんな速度速度そくど speed; rate; paceで、みんな禿げたら、四十四十しじゅう fortyくらいになれば、から薬缶から薬缶やかん completely bald (like a kettle)ばかり出来なければならん。そりゃ病気病気びょうき disease; illness; maladyに違いないちがいない there's no doubt ...伝染する伝染でんせんする be contagious; be infectiousかも知れんかもれん it may be that ...今のうちいまのうち right away; without delay早くはやく soon; with haste甘木甘木あまき Amaki (name)さんに見て貰えもらえ have (someone) look at」と主人はしきりに自分の頭を撫で廻してまわして rub; pat (in circles)見る。

「そんなにひと a person; othersの事をおっしゃるが、あなただって鼻の孔はなあな nostrils白髪白髪しらが gray hair生えてるえてる be growingじゃありませんか。禿が伝染するなら白髪だって伝染しますわ」と細君少々ぷりぷりするぷりぷりする grow cross; become contentious

はな noseなか inside; within白髪白髪しらが gray hair見えんえん can't be seen; aren't visibleからがい damage; harmはないが、脳天脳天のうてん top of the head; crown of the headが――ことに若いわかい young; youthfulおんな woman; ladyの脳天がそんなに禿げちゃ禿げちゃ lose hair; go bald見苦しい見苦みぐるしい unsightly; unseemly不具不具かたわ flaw; deformity; defectだ」

「不具なら、なぜ御貰いになった御貰おもらいになった received (as one's bride)のです。御自分御自分ごじぶん oneself好きできで of one's own volition貰っておいて不具だなんて……」

知らなかったらなかった didn't know; wasn't aware ofからさ。全くまったく utterly; completely今日今日きょう today; this dayまで知らなかったんだ。そんなに威張る威張いばる put on airs; assert oneselfなら、なぜよめ bride来るる come (as)とき time; occasionあたま headを見せなかったんだ」

馬鹿な馬鹿ばかな idiotic; absurdこと things; mattersを! どこの国にどこのくにに where in the world頭の試験試験しけん examination; inspectionをして及第したら及第きゅうだいしたら pass (a test)嫁にくるなんて、ものが在るる be; existもんですか」

「禿はまあ我慢もする我慢がまんもする put up with; tolerateが、御前御前おまえ you背いい height; stature人並人並ひとなみ average; ordinary (person)外れてはずれて apart from; different from低いひくい short (in height)。はなはだ見苦しくていかん」

「背いは見ればすぐ分るわかる understand; graspじゃありませんか、せい height; statureの低いのは最初から最初さいしょから from the start; to begin with承知承知しょうち acceptance; acknowledgmentで御貰いになったんじゃありませんか」

「それは承知さ、承知には相違ないには相違そういない there's no doubt that ...がまだ延びるびる grow (in height)かと思ったおもった thoughtから貰ったのさ」

廿廿はたち 20 years oldにもなって背いが延びるなんて――あなたもよっぽどひと a person; othersを馬鹿になさるのね」と細君細君さいくん wife袖なしそでなし sleeveless (garment)抛り出してほうして toss aside; abandon主人主人しゅじん masterほう direction捩じ向くく twist toward; turn toward返答返答へんとう reply; answer次第次第しだい in accordance withではその分にはすまさんそのぶんにはすまさん that won't be the end of it云うう say; state権幕権幕けんまく threatening attitude; menacing lookである。

「廿になったって背いが延びてならんと云うほう rule; lawはあるまい。嫁に来てて come (as)から滋養分滋養分じようぶん nutrientsでも食わしたらわしたら serve (food) to; provide (food) for少しはすこしは to some extent; to some degree延びる見込み見込みこみ expectationがあると思ったんだ」と真面目な真面目まじめな serious; earnestかお face; (facial) expressionをして妙なみょうな strange; offbeat; peculiar理窟理窟りくつ reasoning; thought process述べてべて state; expressいると門口門口かどぐち door; entrance; gatewayベルベル bell勢よくいきおいよく with great vigor鳴り立てててて ring out頼むたのむ Hello there!と云う大きなおおきな big; loud (voice)こえ voiceがする。いよいよ鈴木鈴木すずき Suzuki (name)くん (suffix of familiarity for males)ペンペン草ペンペンぐさ shepherd's purse (common weed with triangular flat fruits)目的目的めあて guide; sign; landmark苦沙弥苦沙弥くしゃみ Kushami (the master's name)先生先生せんせい teacher; professor; scholar臥竜窟臥竜窟がりょうくつ den of a sleeping dragon; humble abode of a great man in obscurity尋ねあてたたずねあてた made one's way to; managed to call atと見える。

細君は喧嘩喧嘩けんか quarrel; argument後日後日ごじつ another day; a later date譲ってゆずって assign to; defer to; put off until倉皇倉皇そうこう hurriedly; in haste針箱針箱はりばこ sewing boxと袖なしを抱えてかかえて carry in one's arms茶の間ちゃ living room逃げ込むむ take refuge (in); hurry off (to)。主人は鼠色鼠色ねずみいろ dark gray毛布毛布けっと blanket丸めてまるめて ball up書斎書斎しょさい study; den; reading room投げ込むむ throw into; toss into。やがて下女下女げじょ maidservant持って来たってた came in with; brought in名刺名刺めいし calling cardを見て、主人はちょっと驚ろいたおどろいた was surprised; was caught off guardような顔付顔付かおつき face; (facial) expressionであったが、こちらへ御通し申して御通おとおもうして show (a guest) in言い棄てててて say (something) over one's shoulder; say in making one's exit、名刺を握ったにぎった gripped; heldまま後架後架こうか toilet這入った這入はいった entered; went into何のためになんのために for what reason; for what purpose後架へ急にきゅうに suddenly; abruptly這入ったか一向一向いっこう (not) in the least要領を得ん要領ようりょうん not grasp; not comprehend、何のために鈴木藤十郎鈴木すずき藤十郎とうじゅうろう Suzuki Tōjūrō (name)君の名刺を後架まで持って行ったってった carried along; took withのかなおさら説明説明せつめい explanationに苦しむくるしむ struggle with。とにかく迷惑迷惑めいわく bother; annoyanceなのは臭いくさい stinky; smellyところ place随行随行ずいこう following along; going with命ぜられためいぜられた was ordered; was compelled名刺君である。

下女下女げじょ maidservant更紗更紗さらさ cotton print (portuguese: saraca)座布団座布団ざぶとん seating cushionとこ alcoveまえ front of直してなおして set in order、どうぞこれへと引き下がったがった took one's leave; withdrew跡であとで after鈴木鈴木すずき Suzuki (name)くん (suffix of familiarity for males)一応一応いちおう once over; for the time being室内室内しつない inside the room; within the room見廻わす見廻みまわす look around; survey。床に掛けたけた was hung花開万国春花開はなひらく万国春ばんこくのはる "flowers blossom as spring covers the land"とある木菴木菴もくあん Mokuan (Jōō period calligrapher)贋物贋物にせもの imitation; replicaや、京製京製きょうせい made in Kyōto安青磁安青磁やすせいじ common celedon porcelain; common greenware活けたけた arranged (of flowers)彼岸桜彼岸桜ひがんざくら higan cherry; early-flowering cherryなどを一々一々いちいち one by one; one at a time順番に順番じゅんばんに in order点検した点検てんけんした inspectedあとで、ふと下女の勧めたすすめた offered布団布団ふとん cushionうえ top of見るる look atいつの間にかいつのにか before one knows it一疋一疋いっぴき one (animal)ねこ catすましてすまして with a look of indifference坐ってすわって sit; be seatedいる。申すまでもなくもうすまでもなく needless to sayそれはかく申すかくもうす this; this very (= こういう)吾輩吾輩わがはい I; me; myselfである。このとき time; moment鈴木君のむね breast; bosomのうちにちょっとの interval; span顔色顔色かおいろ countenance; (facial) expressionにも出ぬぬ not appear; not emergeほどの風波風波ふうは perturbation; disturbance (lit: wind and waves)起ったおこった occurred; arose; came about。この布団は疑いもなくうたがいもなく without a doubt; indisputably鈴木君のために敷かれたかれた was set outものである。自分自分じぶん oneselfのために敷かれた布団の上に自分が乗らぬ先かららぬさきから before one gets onto; before one sits on断りもなくことわりもなく without notice; without asking permission妙なみょうな odd; curious; strange動物動物どうぶつ animal; creature平然と平然へいぜんと calmly; coolly蹲踞して蹲踞そんきょして crouch; squatいる。これが鈴木君のこころ mind; heart; spirit平均平均へいきん balance; equilibrium破るやぶる disturb; upset; disrupt第一の第一だいいちの first条件条件じょうけん term; condition; articleである。もしこの布団が勧められたまま、主なくしてぬしなくして without an owner; without a proprietor春風春風しゅんぷう spring breeze吹くく blow任せてまかせて entrust (to)あったなら、鈴木君はわざと謙遜謙遜けんそん modesty; humility feeling表してひょうして express; show; demonstrate主人主人しゅじん masterがさあどうぞと云うう sayまでは堅いかたい hard; solidたたみ tatami (mat)の上で我慢して我慢がまんして practice patience; persevereいたかも知れないかもれない it may be that ...。しかし早晩早晩そうばん sooner or later; in time自分の所有すべき所有しょゆうすべき should take possession of布団の上に挨拶もなく挨拶あいさつもなく with no exchange of words乗ったものはだれ whoであろう。人間人間にんげん human being; personなら譲るゆずる yield to; defer toこと situation; circumstance; caseもあろうが猫とは怪しからんしからん outrageous; inexcusable乗り手 passenger; rider; occupierが猫であると云うのが一段と一段いちだんと that much more; all the more不愉快不愉快ふゆかい displeasure; discontent感ぜしめるかんぜしめる cause to feel; stir within one。これが鈴木君の心の平均を破る第二の第二だいにの second条件である。最後に最後さいごに finallyその猫の態度態度たいど attitude; demeanorがもっとも癪に障るしゃくさわる grate on one's nerves; be cause for annoyance少しはすこしは a little bit; to some degree気の毒そうどくそう showing some pity; expressing some compassionにでもしている事か、乗る権利権利けんり right; privilegeもない布団の上に、傲然と傲然ごうぜんと arrogantly; haughtily構えてかまえて position oneself丸いまるい round無愛嬌な無愛嬌ぶあいきょうな unaffectionate; unfriendly eyesぱちつかせてぱちつかせて blink periodically御前御前おまえ youは誰だいと云わぬばかりに鈴木君のかお face見つめてつめて gaze atいる。これが平均を破壊する破壊はかいする destroy; disrupt第三の第三だいさんの third条件である。これほど不平不平ふへい dissatisfaction; annoyanceがあるなら、吾輩の頸根っこ頸根くびねっこ scruff of the neck捉えてとらえて seize; grab hold of引きずり卸したらきずりおろしたら pull down from; drag off of宜さそうさそう should ...なものだが、鈴木君はだまって見ている。堂々たる堂々どうどうたる imposing; grand; impressive人間が猫に恐れておそれて be afraid of; fear手出し手出てだし taking action; engaging withをせぬと云う事は有ろうろう be (the case)はずがないのに、なぜ早くはやく soon; directly; without delay吾輩を処分して処分しょぶんして deal with; handle自分の不平を洩らさないらさない not give expression to; not ventかと云うと、これは全くまったく utterly; completely鈴木君が一個一個いっこ one (individual)の人間として自己の自己じこの one's own体面体面たいめん dignity; honor; prestige維持する維持いじする maintain; preserve自重心自重心じちょうしん sense of self-respectゆえ reason; circumstanceであると察せらるるさっせらるる can be presumed that ... (= さっせられる)。もし腕力腕力わんりょく physical strength訴えたうったえた appealed to; resorted toなら三尺三尺さんしゃく 3 shaku (about 90 cm; about 3 ft)童子童子どうじ child; boyも吾輩を自由に自由じゆうに freely; at will上下し得る上下じょうげる can move up and down; is capable of hefting aboutであろうが、体面を重んずるおもんずる esteem; prize; valueてん point; perspectiveより考えるかんがえる consider; think about; regardといかに金田金田かねだ Kaneda (name)君の股肱たる股肱ここうたる serve as (someone's) right-hand man鈴木藤十郎鈴木すずき藤十郎とうじゅうろう Suzuki Tōjūrō (name)その人そのひと the person in question; the man himselfもこの二尺四方二尺にしゃく四方しほう 2 shaku square (about 60 cm square; about 2 feet square)真中真中まんなか middle; center鎮座まします鎮座ちんざまします is enshrined猫大明神ねこだい明神みょうじん great and hallowed cat; divine feline如何とも如何いかんとも (not) in any wayする事が出来ぬすること出来できぬ can't do; can't act onのである。いかに人の見ていぬていぬ is not looking (= ていない)場所場所ばしょ place; sceneでも、猫と座席座席ざせき seat争いあらそい rivalry; contest; disputeをしたとあってはいささか人間の威厳威厳いげん dignity; gravityに関するかんする affect; impact; weigh on真面目に真面目まじめに seriously; in earnest猫を相手相手あいて opponent; rivalにして曲直曲直きょくちょく right or wrongを争うのはいかにも大人気ない大人気おとなげない unbecoming of a grown man; childish滑稽滑稽こっけい humorous; comical; laughableである。この不名誉不名誉ふめいよ  dishonor; disgrace避けるける avoidためには多少の多少たしょうの some degree of不便不便ふべん inconvenience; annoyance; agitation忍ばねばならぬしのばねばならぬ have to put up with。しかし忍ばねばならぬだけそれだけ猫に対するたいする with respect to; vis-à-vis憎悪憎悪ぞうお dislike; loathing; hatredねん thoughts; notion増すす grow; increase; multiplyわけ situation; circumstanceであるから、鈴木君は時々時々ときどき from time to time吾輩の顔を見ては苦い顔にがかお sour faceをする。吾輩は鈴木君の不平な顔を拝見する拝見はいけんする see; look atのが面白い面白おもしろい amusing; enjoyableから滑稽の念を抑えておさえて hold in check; suppressなるべく何喰わぬなにわぬ indifferent; cool; composed顔をしている。

吾輩吾輩わがはい I; me; myself鈴木鈴木すずき Suzuki (name)くん (suffix of familiarity for males)の間にあいだに between ...かくのごときかくのごとき in this manner; as thus described無言劇無言劇むごんげき silent drama行われつつあるおこなわれつつある was taking place; was in process time; space主人主人しゅじん master衣紋衣紋えもん dress; clothingつくろってつくろって adjust; straighten up後架後架こうか toiletから出て来てて emerge (from)「やあ」と席に着いたせきいた took one's seatが、 hand持っていたっていた was holding名刺名刺めいし calling cardかげ shadow; traceさえ見えぬえぬ not be visible; not be seenところをもって見るともってると in light of; judging from鈴木藤十郎鈴木すずき藤十郎とうじゅうろう Suzuki Tōjūrō (name)君の名前名前なまえ name臭いくさい stinking; smellyところ place無期無期むき indefinite徒刑徒刑とけい penal servitude処せられたしょせられた was sentenced; was condemned (to)ものと見える。名刺こそ飛んだんだ outrageous; unexpected; terrible厄運厄運やくうん bad luck; misfortune際会した際会さいかいした met withものだと思うおもう think; consider間もなくもなく without time to ...; before one can ...、主人はこの野郎この野郎やろう you good-for-nothingと吾輩の襟がみえりがみ scruff of the neck攫んでつかんで grasp; seizeえいとばかりに椽側椽側えんがわ veranda擲きつけたたたきつけた threw out; flung out (onto)

「さあ敷きたまえきたまえ please have a seat珍らしいめずらしい unusual; rare; uncommonな。いつ東京東京とうきょう Tōkyō出て来たた came (to); arrived (in)」と主人は旧友旧友きゅうゆう old friend向ってむかって turn toward布団布団ふとん cushion勧めるすすめる offer。鈴木君はちょっとこれを裏返した裏返うらがえした turned over上でうえで having (done) ...、それへ坐るすわる sit; seat oneself

「ついまだ忙がしいいそがしい busyものだから報知報知ほうち report; notificationもしなかったが、実はじつは actually; in factこの間このあいだ a while back; some time agoから東京の本社本社ほんしゃ main office; head officeほう side; direction帰るかえる return (to)ようになってね……」

「それは結構結構けっこう fine; splendidだ、大分大分だいぶ very much; a great deal長くながく (for) a long time逢わなかったわなかった haven't seen (someone)な。きみ you田舎田舎いなか rural area; countryside行ってって go (to)から、始めてはじめて the first timeじゃないか」

「うん、もう十年十年じゅうねん ten years近くちかく close toになるね。なにその後その afterward; thereafter時々時々ときどき on occasion; from time to time東京へは出て来るる come (to); visitこと case; instanceもあるんだが、つい用事用事ようじ business matters; affairs多いおおい numerous; myriad; manyもんだから、いつでも失敬する失敬しっけいする fail to pay one's respectsようなわけ situation; circumstanceさ。悪るく思ってくれたもうなるくおもってくれたもうな please don't think badly of me (たもう = たもう)会社会社かしゃ company; firmの方は君の職業職業しょくぎょう occupationとは違ってとはちがって different from; unlike随分随分ずいぶん very much; considerably忙がしいんだから」

「十年立つつ pass; elapse; go byうちには大分違うもんだな」と主人は鈴木君を見上げたり見下ろしたりして見上みあげたり見下みおろしたりして look (someone) up and downいる。鈴木君はあたま hair (on one's head)美麗に美麗きれいに neatly; cleanly分けてけて part (one's hair)英国仕立英国えいこく仕立じたて tailored in England; of English makeトウィードトウィード tweed着てて wear; don; sport派手な派手はでな flashy; flamboyant襟飾り襟飾えりかざり necktieをして、むね breast (pocket)金鎖り金鎖きんぐさり gold chainさえピカつかせてピカつかせて let flash; let sparkleいる体裁体裁ていさい (outward) appearance、どうしても苦沙弥苦沙弥くしゃみ Kushami (the master's name)君の旧友とは思えない。

「うん、こんなもの artifact; thingまでぶら下げなくちゃぶらげなくちゃ have to carry、ならんようになってね」と鈴木君はしきりに金鎖りを気にしてにして dwell on; fixate on見せる。

「そりゃ本ものほんもの real thing; genuineかい」と主人は無作法な無作法ぶさほうな tactless; undiplomatic; rude質問質問しつもん questionをかける。

十八金十八金じゅうはちきん 18-karat goldだよ」と鈴木君は笑いながらわらいながら with a grin答えたこたえた answeredが「君も大分年を取ったとしった agedね。たしか小供小供こども child (usually 子供こども)があるはずだったが一人一人ひとり one (person)かい」

「いいや」

二人二人ふたり two (people)?」

「いいや」

「まだあるのか、じゃ三人三人さんにん three (people)か」

「うん三人ある。この先このさき from here; going forward幾人幾人いくにん how many (people)出来る出来できる make; form; bring about分らんわからん don't know; can't say