いち (chapter) 1

吾輩吾輩わがはい I; me; myselfねこ catである。名前名前なまえ nameはまだ無いい nonexistent; not in place

どこで生れたうまれた was bornとんととんと (not) at all見当がつかぬ見当けんとうがつかぬ have no idea何でもなんでも somehow; it seems薄暗い薄暗うすぐらいい dim; darkじめじめしたじめじめした damp; moistところ placeでニャーニャー泣いていて cryいたこと circumstance; situationだけは記憶して記憶きおくして rememberいる。吾輩はここで始めてはじめて for the first time人間人間にんげん human being; person; manというものを見たた saw; caught sight of。しかもあとで聞くく learn of; hearとそれは書生書生しょせい lodging studentという人間中人間中にんげんじゅう among people; among men一番一番いちばん most獰悪な獰悪どうあくな violent; cruel; fiendish種族種族しゅぞく race; tribe; speciesであったそうだ。この書生というのは時々時々ときどき at times; on occasion我々我々われわれ we; us捕えてつかまえて catch; seize煮てて boil; stew食うう eatというはなし story; talkである。しかしその当時その当時とうじ at that time; at the time in questionは何というかんがえ idea; thought; notionもなかったから別段別段べつだん particularly; especially恐しいおそろしい dreadful; frighteningとも思わなかったおもわなかった didn't think; didn't feel。ただかれ he; himてのひら palm of the hand載せられてせられて be put; be placed (on)スーと持ち上げられたげられた was lifted up; was raisedとき time; moment何だかフワフワした感じかんじ feeling; sensationがあったばかりである。掌のうえ top of少しすこし a little; a bit落ちついてちついて settle; regain one's composure書生のかお faceを見たのがいわゆる人間というものの見始見始みはじめ first sighting; initial glimpseであろう。この時妙なみょうな odd; curiousものだと思った感じがいま now; the presentでも残ってのこって be left; remainいる。第一第一だいいち first of all; first off furをもって装飾されべき装飾そうしょくされべき should be adorned (with)はずの顔がつるつるしてつるつるして be shiny; be smoothまるで薬缶薬缶やかん teapot; kettleだ。その after猫にもだいぶ逢ったった met; encounteredがこんな片輪片輪かたわ imperfect; incomplete (lit: one-wheeler)には一度も一度いちども even one time出会わした出会でくわした happened upon; came across事がない。のみならず顔の真中真中まんなか middle; centerがあまりに突起して突起とっきして be pointed; be prominentいる。そうしてそのあな holesなか insideから時々ぷうぷうとけむり smoke吹くく blow; emit。どうも咽せぽくてせぽくて be choked; be suffocated実にじつに truly弱ったよわった was troubled by; struggled with。これが人間の飲むむ smoke煙草煙草たばこ tobaccoというものである事はようやくこの頃このごろ recently; these days知ったった came to know; learned

この書生の掌のうち inside; withinでしばらくはよい心持心持こころもち feeling坐ってすわって sit; be seatedおったが、しばらくすると非常な非常ひじょうな extreme速力速力そくりょく speed運転し始めた運転うんてんはじめた began to move; was set into motion。書生が動くうごく moveのか自分自分じぶん oneselfだけが動くのか分らないわからない don't know; can't say無暗に無暗むやみに excessively; absurdly眼が廻るまわる get dizzy; lose one's orientation胸が悪くなるむねわるくなる feel sick; be nauseated到底到底とうてい (cannot) possibly助からないたすからない not be saved; not surviveと思っていると、どさりとどさりと with a thud音がしておとがして make a sound; resound眼から flame; sparks出たた emerged。それまでは記憶しているがあとは何の事やらいくら考え出そうかんがそう recall; recollectとしても分らない。

ふと気が付いていて come to one's senses; come to one's own見ると書生はいない。たくさんおった兄弟兄弟きょうだい siblings; brothers and sisters一疋一疋いっぴき one (animal)も見えぬ。肝心の肝心かんじんの crucial; all-important母親母親ははおや motherさえ姿姿すがた shape; form隠してかくして hide; concealしまった。その上今までの所とは違ってちがって be different (from)無暗に明るいあかるい bright。眼を明いていて open; keep openいられぬくらいだ。はてなはてな good gracious!何でも容子容子ようす situation; circumstancesがおかしいと、のそのそのそのそ slowly; heavily這い出してして crawl away; slink off見ると非常に痛いいたい painful; uncomfortable。吾輩はわら strawの上から急にきゅうに suddenly笹原笹原ささはら field of bamboo grassの中へ棄てられたてられた was discarded; was tossed asideのである。

ようやくの思いでようやくのおもいで with considerable effort笹原笹原ささはら field of bamboo grass這い出すす crawl out of向うむこう other side; far side大きなおおきな largeいけ pondがある。吾輩吾輩わがはい I; me; myselfは池のまえ front of坐ってすわって sit; stay putどうしたらよかろうと考えて見たかんがえてた thought; wondered別にべつに in particular; especiallyこれという分別分別ふんべつ wisdom; sensibility出ないない not emerge; not be forthcoming。しばらくして泣いたらいたら cry書生書生しょせい boarding studentがまた迎に来てむかえて come to meet; come and getくれるかと考え付いたかんがいた arrived at in one's thoughts; thought of。ニャー、ニャーと試みにこころみに by way of experiment; as a trialやって見たが誰もだれも (no) one来ないない not come; not arrive。そのうち池のうえ aboveをさらさらとかぜ wind; breeze渡ってわたって cross; cross over sun暮れかかるれかかる begin to setはら belly非常に非常ひじょうに extremely; exceedingly減って来たってた grew empty (of one's belly when hungry)。泣きたくてもこえ voiceが出ない。仕方がない仕方しかたがない no other recourse; nothing else for it何でもなんでも whatever; anythingよいから食物食物くいもの food; something to eatのあるところ placeまであるこうと決心決心けっしん determination; resolutionをしてそろりそろりとそろりそろりと slowly; wearily池を左りにひだりに to the left廻り始めたまわはじめた began to circle。どうも非常に苦しいくるしい difficult; tough going。そこを我慢して我慢がまんして put up with; endure無理やりに無理むりやりに forced on; under compulsion這って行くってく crawl furtherようやくの事でようやくのことで finally; in the end何となくなんとなく somehow; by some means人間臭い人間臭にんげんくさい smelling of humans; smacking of humans所へ出た。ここへ這入ったら這入はいったら enter (into)、どうにかなると思って竹垣竹垣たけがき bamboo fence崩れたくずれた broken; crumbledあな hole; gapから、とある邸内邸内ていない grounds; property; premisesもぐり込んだもぐりんだ slipped into; breached; infiltratedえん fate; destiny不思議な不思議ふしぎな strange; wondrous; mysteriousもので、もしこの竹垣が破れていなかったなら、吾輩はついに路傍路傍ろぼう roadside; wayside餓死した餓死がしした died of starvationかも知れんかもれん it might be that ...のである。一樹の蔭一樹いちじゅかげ shade of a common tree (meaning that fate has a way of bringing things together)とはよく云ったった is saidものだ。この垣根垣根かきね fenceの穴は今日今日こんにち today; this day至るいたる arrive at; reachまで吾輩が隣家の隣家となりの adjacent; neighboring (house)三毛三毛みけ calico訪問する訪問ほうもんする call on; visitとき times; occasions通路通路つうろ passage; pathになっている。さてやしき residence; estate; groundsへは忍び込んだしのんだ snuck into; stole intoもののこれから先これからさき from hereonどうして善いい good; better; preferred分らないわからない not know; have no idea。そのうちに暗くなるくらくなる grow darker、腹は減る、寒ささむさ cold; chillは寒し、あめ rain降って来るってる start to fall (of precipitation)という始末始末しまつ course of events; circumstancesでもう一刻一刻いっこく one moment猶予猶予ゆうよ postponement; delay出来なくなった出来できなくなった could no longer do; could no longer afford。仕方がないからとにかく明るくてあかるくて light; bright暖かそうなあたたかそうな warm-lookingほう directionへ方へとあるいて行くあるいてく walk onいま now; the presentから考えるとその時はすでにいえ houseうち inside; withinに這入っておったのだ。ここで吾輩は彼のの that ...書生以外以外いがい other than; apart from人間人間にんげん human being; person再びふたたび once again見るべき機会機会きかい opportunity; occasion遭遇した遭遇そうぐうした met; encounteredのである。第一に第一だいいちに first of all; first off逢ったった met; came acrossのがおさんおさん Osan (name of maidservant)である。これは前の書生より一層一層いっそう even more; all the more乱暴な乱暴らんぼうな violent; coarse; unruly方で吾輩を見るや否やいなや as soon as ...いきなり頸筋頸筋くびすじ scruff of the neckをつかんでおもて out front抛り出したほうした threw out; tossed out。いやこれは駄目駄目だめ no good; hopeless; in vainだと思ったから眼をねぶってをねぶって close one's eyesうん fortune; fateてん heaven任せてまかせて entrust (to)いた。しかしひもじいひもじい hungryのと寒いのにはどうしても我慢が出来ん。吾輩は再びおさんのすき gap; break; lapseを見て台所台所だいどころ kitchen這い上ったあがった entered (up into)。すると間もなくもなく shortly; in no timeまた投げ出されたされた was thrown out。吾輩は投げ出されては這い上り、這い上っては投げ出され、何でも同じおなじ the sameこと act; action四五遍四五遍しごへん four or five times繰り返したかえした repeatedのを記憶して記憶きおくして remember; recallいる。その時におさんと云うもの personつくづくつくづく utterly; completelyいやになった。この間このあいだ recently; the other dayおさんの三馬三馬さんま Pacific saury; mackerel pike偸んでぬすんで steal; nabこの返報返報へんぽう payback; retaliation; reprisalをしてやってから、やっと胸の痞むねつかえ load on one's chest下りたりた be put down; be unloaded。吾輩が最後に最後さいごに finallyつまみ出されようとしたときに、このうち house主人主人しゅじん head (of a household); master騒々しい騒々そうぞうしい loud; raucous何だといいながら出て来た。下女下女げじょ maidservantは吾輩をぶら下げてぶらげて dangle主人の方へ向けてけて turn towardこの宿なしの宿やどなしの homeless; vagrant; stray小猫小猫こねこ kittenがいくら出しても出しても御台所御台所おだいどころ kitchenへ上って来て困りますこまります be bothered; be at one's wit's endという。主人ははな noseした below; beneath黒いくろい black; dark hair撚りながらひねりながら twisting吾輩のかお faceをしばらく眺めてながめて observe; gaze atおったが、やがてそんなら内へ置いていて set; place; take inやれといったままおく interiorへ這入ってしまった。主人はあまり口を聞かぬくちかぬ not talkative; reticentひと person; manと見えた。下女は口惜しそうに口惜くやしそうに (seemingly) frustrated; annoyed吾輩を台所へ抛り出した。かくして吾輩はついにこの家を自分の自分じぶんの one's own住家住家すみか house; habitat; residence極めるめる decide; determine事にしたのである。

吾輩吾輩わがはい I; me; myself主人主人しゅじん master滅多に滅多めったに seldom; rarely吾輩と顔を合せるかおあわせる meet; spend time withこと case; instanceがない。職業職業しょくぎょう occupation教師教師きょうし teacher; instructorだそうだ。学校学校がっこう schoolから帰るかえる return (home)終日終日しゅうじつ all day; the whole day書斎書斎しょさい study; den; reading room這入った這入はいった gone intoぎりほとんど出て来るる come out; emerge事がない。うち house; householdのものは大変な大変たいへんな great; ardent勉強家勉強家べんきょうか studious person; man of studiesだと思っておもって think; consider; imagineいる。当人当人とうにん the person in question; he himselfも勉強家であるかのごとく見せてせて make a show; put on airsいる。しかし実際は実際じっさいは actually; in factうちのものがいうような勤勉家勤勉家きんべんか hard workerではない。吾輩は時々時々ときどき sometimes; on occasion忍び足にしのあしに with light steps; stealthilyかれ he; himの書斎を覗いてのぞいて peek at; look in on見るが、彼はよく昼寝昼寝ひるね nap; snoozeをしている事がある。時々読みかけてみかけて in process of readingあるほん bookうえ top ofよだれ drool; dribbleたらしてたらして spill; trickleいる。彼は胃弱胃弱いじゃく dyspeptic; suffering from weak digestion皮膚皮膚ひふ skinいろ color; hue淡黄色淡黄色たんこうしょく pale yellow帯びてびて be tinged with; show traces of弾力弾力だんりょく elasticity; resilienceのない不活溌な不活溌ふかっぱつな dull; slow; lethargic徴候徴候ちょうこう signs; symptomsをあらわしている。その癖にそのくせに even so; nonetheless大飯大飯おおめし large meal食うう eat。大飯を食ったあと afterタカジヤスターゼタカジヤスターゼ Taka-Diastase (brand of stomach medicine)飲むむ drink; take (medicine)。飲んだ後で書物書物しょもつ bookをひろげる。二三ページ二三にさんページ two or three pages読むと眠くなるねむくなる get sleepy; become tired。涎を本の上へ垂らすらす spill; trickle。これが彼の毎夜毎夜まいよ each evening繰り返すかえす repeat日課日課にっか daily routineである。吾輩は猫ながらねこながら though a cat時々考えるかんがえる consider; wonder事がある。教師というものは実にじつに really; indeed楽ならくな easy; comfortableものだ。人間人間にんげん human being生れたらうまれたら be born (as)教師となるに限るかぎる nothing is better than ...。こんなに寝ていて勤まるつとまる fulfill one's duties; functionものなら猫にでも出来ぬ出来できぬ can't do; can't manage事はないと。それでも主人に云わせるわせる let have one's sayと教師ほどつらいものはないそうで彼は友達友達ともだち friends来るる come; appear度にたびに each time何とかかんとかなんとかかんとか somehow; in one way or another不平を鳴らして不平ふへいらして air one's discontentいる。

吾輩がこの家へ住み込んだんだ took up residence (in)当時当時とうじ the time in question; that timeは、主人以外以外いがい other than; apart fromのものにははなはだ不人望不人望ふじんぼう unpopular; poorly regardedであった。どこへ行ってって go (to)跳ね付けられてけられて be rejected; be spurned相手相手あいて companion; companyにしてくれ (other) partyがなかった。いかに珍重されなかった珍重ちんちょうされなかった was not valued; was not prizedかは、今日今日こんにち today; this day至るいたる reach; arrive atまで名前名前なまえ nameさえつけてくれないのでも分るわかる understand; comprehend。吾輩は仕方がない仕方しかたがない have no other recourseから、出来得る限り出来得できえかぎり as much as possible吾輩を入れてくれたれてくれた took in主人のそば proximity; sideにいる事をつとめた。あさ morning主人が新聞新聞しんぶん newspaperを読むときは必ずかならず invariably; without fail彼のひざ lapの上に乗るる get on; jump onto; sit on。彼が昼寝をするときは必ずその背中背中せなか backに乗る。これはあながちあながち altogether; necessarily主人が好きき to one's liking; preferredというわけ meaningではないが別にべつに in particular; especially構い手かま companionがなかったからやむを得んやむをん unavoidableのである。その後その thereafterいろいろ経験経験けいけん experienceの上、朝は飯櫃飯櫃めしびつ meshibitsu (wooden vessel for keeping warm rice)の上、よる evening炬燵炬燵こたつ kotatsu (table with heater underneath for warming one's legs)の上、天気天気てんき weatherのよいひる daytime椽側椽側えんがわ verandaへ寝る事とした。しかし一番一番いちばん number one; most of all心持心持こころもち feeling; sensation好いい good; fineのは夜に入ってって going into eveningここのうちの小供小供こども children (usually 子供こども)寝床寝床ねどこ bed; beddingもぐり込んでもぐりんで slip intoいっしょにねる事である。この小供というのは五ついつつ five (years old)三つみっつ three (years old)で夜になると二人二人ふたり two (people)一つひとつ one (thing)とこ bed; bedding入ってはいって get into一間一間ひとま single room; shared roomへ寝る。吾輩はいつでも彼等彼等かれら they; them中間中間ちゅうかん middle; between己れおのれ oneself容るる insert; imposeべき余地余地よち room; space見出して見出みいだして find; discoverどうにか、こうにか割り込むむ wedge oneself inのであるが、運悪く運悪うんわるく unfortunately小供の一人一人ひとり one (person)眼を醒ますます wakeが最後最後さいご once having ...大変な事になる。小供は――ことに小さいちいさい small; youngほう alternative (of two choices)たち nature; dispositionがわるい――猫が来たた came; appeared猫が来たといって夜中夜中よなか middle of the nightでも何でもなんでも anything; anytime; whenever大きなおおきな big; loud (voice)こえ voice泣き出すす cry outのである。すると例のれいの the aforementioned神経胃弱性神経胃弱性しんけいいじゃくせい of weak nerves and poor digestionの主人は必ず眼をさまして次のつぎの next; adjoining部屋部屋へや roomから飛び出してくるしてくる come flying; hurry in現にげんに actually; in factせんだってせんだって the other dayなどは物指物指ものさし ruler尻ぺたしりっぺた backsideをひどく叩かれたたたかれた was beaten; was hit

吾輩吾輩わがはい I; me; myself人間人間にんげん human beings同居して同居どうきょして live together with; cohabit with彼等彼等かれら they; them観察すれば観察かんさつすれば observe; watchするほど、彼等は我儘な我儘わがままな selfish; self-centered; egotisticものだと断言せざるを得ない断言だんげんせざるをない can't but conclude; am compelled to declareようになった。ことに吾輩が時々時々ときどき occasionally; from time to time同衾する同衾どうきんする sleep together; share a bed小供小供こども children (usually 子供こども)のごときに至ってはいたっては when it comes to ...言語同断言語同断ごんごどうだん scandalous; egregious; beyond descriptionである。自分の自分じぶんの one's own勝手勝手かって (one's own) convenienceとき times; momentsひと a person; someone逆ささかさ upside downにしたり、あたま headふくろ bag; sackをかぶせたり、抛り出したりほうしたり drop; toss; dumpへっついへっつい cooking stove; hearthなか inside押し込んだりんだり push into; stuff intoする。しかも吾輩のほう side少しでもすこしでも even in the least手出し手出てだし meddle in; mess withをしようものなら家内総がかり家内かないそうがかり the entire household追い廻してまわして chase around; chase down迫害迫害はくがい persecution; torment加えるくわえる heap onto; deal out; inflictこの間このあいだ the other day; recentlyもちょっとたたみ tatami (mat)つめ claws磨いだらいだら sharpen細君細君さいくん the wife非常に非常ひじょうに extremely; exceedingly怒っておこって grow angry; get madそれから容易に容易よういに easily座敷座敷ざしき room; parlor入れないれない not allow in台所台所だいどころ kitchen板の間いた wooden floorひと (other) person顫えてふるえて shiverいても一向一向いっこう utterly; completely平気平気へいき unconcerned; indifferentなものである。吾輩の尊敬する尊敬そんけいする esteem; respect; admire筋向筋向すじむこう diagonally oppositeしろ Whitey (name of a cat)くん (suffix of familiarity for males)などは逢うう see; meet度毎度毎たびごと each time; every timeに人間ほど不人情な不人情ふにんじょうな inhumane; unkind; heartlessものはないと言っておらるるっておらるる is (always) saying (= っておられる)。白君は先日先日せんじつ the other dayたま ball; bundleのような子猫子猫こねこ kittens四疋四疋よんひき four (animals)産まれたまれた were bornのである。ところがそこのうち house; household書生書生しょせい boarding student三日目三日目みっかめ third dayにそいつをうら back side; out backいけ pond持って行ってってって take (to)四疋ながらながら all of ...棄てて来たててた discarded; unloaded; dumpedそうだ。白君はなみだ tears流してながして let flowその一部始終一部始終いちぶしじゅう whole story; full details話したはなした told; relatedうえ on top of; in addition to、どうしても我等我等われら we; us猫族猫族ねこぞく cats; felines親子親子おやこ parent and childあい love; affection完くしてまったくして fulfill; make complete美しいうつくしい beautiful; refined; pure家族的家族的かぞくてき familial; domestic生活生活せいかつ life; livingをするには人間と戦ってたたかって wage war on; do battle withこれを剿滅せねばならぬ剿滅そうめつせねばならぬ have to wipe out; need to annihilateといわれた。一々一々いちいち each and every (point)もっとももっとも reasonable; just議論議論ぎろん argument思うおもう think; consider (to be)。また隣りとなり neighbor; next door三毛三毛みけ Calico (name of cat)君などは人間が所有権所有権しょゆうけん property rights; ownershipということ thing; subject解していないかいしていない not understand; fail to appreciateといって大におおいに greatly; very much憤慨して憤慨ふんがいして be indignantいる。元来元来がんらい from the first; fundamentally我々我々われわれ we; us同族間同族間どうぞくかん among our ownでは目刺目刺めざし dried sardineの頭でもぼら striped mullet (fish)へそ belly; midsectionでも一番先に一番いちばんさきに first; before all others見付けた見付みつけた discovered; foundものがこれを食うう eat権利権利けんり right; privilegeがあるものとなっている。もし相手相手あいて the other partyがこの規約規約きやく rule; convention; protocol守らなければまもらなければ not observe; not abide by; not honor腕力腕力わんりょく physical strength訴えてうったえて appeal to; resort to善いい fine; okay; permissibleくらいのものだ。しかるにしかるに however彼等人間は毫もごうも (not) in the least; (not) at allこの観念観念かんねん idea; sense; notionがないと見えてえて appear; seem我等が見付けた御馳走御馳走ごちそう delicacy必ずかならず invariably; without fail彼等のために掠奪せらるる掠奪りゃくだつせらるる be pillaged; be plunderedのである。彼等はその強力強力ごうりき strength; power頼んでたのんで rely on正当に正当せいとうに rightfully吾人吾人ごじん we; us食い得べきべき should eatものを奪ってうばって snatch away; stealすましている。白君は軍人軍人ぐんじん military man; soldierいえ house; householdにおり三毛君は代言代言だいげん attorney主人主人しゅじん masterを持っている。吾輩は教師教師きょうし teacher; instructorの家に住んでんで live; resideいるだけ、こんな事に関するとかんすると with respect to; when it comes to両君両君りょうくん both fellowsよりもむしろ楽天楽天らくてん optimistic; easygoing; positive in outlookである。ただその日その日そのその each day; from day to dayがどうにかこうにか送られればおくられれば can pass (one's time)よい。いくら人間だって、そういつまでも栄えるさかえる prosper; flourish; thrive事もあるまい。まあ気を永くながく taking the long view; patiently猫の時節時節じせつ season; times待つつ wait forがよかろう。

我儘我儘わがまま selfishness; self-centeredness; egoism思い出したおもした remembered; recalledからちょっと吾輩吾輩わがはい I; me; myselfうち house; household主人主人しゅじん masterがこの我儘で失敗した失敗しっぱいした met with failureはなし story; taleをしよう。元来元来がんらい from the first; fundamentallyこの主人は何といってなんといって when all is said and done; at the end of the day人に勝れてひとすぐれて better than others; more capable than others出来る出来できる can do; can performこと act; actionもないが、何にでもよく手を出したがるしたがる wants to try one's hand at俳句俳句はいく haikuをやってほととぎすほととぎす Hototogisu (name of a literary magazine focusing on haiku)投書投書とうしょ submission from a readerをしたり、新体詩新体詩しんたいし modern-form poetry明星明星みょうじょう Myōjō (name of literary magazine)出したりしたり send out; submit (to)間違い間違まちがい mistakeだらけの英文英文えいぶん English textをかいたり、時によるとときによると at times; on occasionゆみ bow (and arrow); archery凝ったりったり lose oneself in; devote oneself toうたい noh chanting; recitation習ったりならったり learn; study; practice、またあるときはヴァイオリンヴァイオリン violinなどをブーブー鳴らしたりらしたり ring; soundするが、気の毒などくな unfortunate; regrettable事には、どれもこれも物になっておらんものになっておらん come to nothingその癖そのくせ in spite of that; neverthelessやり出すと胃弱胃弱いじゃく dyspepsia; weak digestionの癖にいやに熱心熱心ねっしん ardent; enthusiastic; passionateだ。後架後架こうか toilet; outhouse; privyなか inside; withinで謡をうたって、近所近所きんじょ neighborhood後架先生後架こうか先生せんせい privy virtuoso渾名渾名あだな nicknameをつけられているにも関せずにもかんせず paying no heed to一向一向いっこう utterly; completely平気平気へいき unconcerned; indifferentなもので、やはりこれは平の宗盛たいら宗盛むねもり Taira no Munemori (12th century historical figure and subject of noh tale)にて候にてそうろう I am (= でございます)繰返して繰返くりかえして repeat; refrainいる。みんながそら宗盛だと吹き出すす blurt out; burst into laughterくらいである。この主人がどういうかんが idea; notionになったものか吾輩の住み込んでんで take up residenceから一月一月ひとつき one monthばかりのち afterのあるつき month月給日月給日げっきゅうび (monthly) paydayに、大きなおおきな large包みつつみ bundle; package提げてげて carry; holdあわただしくあわただしく hurried; in a fluster帰って来たかえってた came home; returnedなに what買って来たってた went and boughtのかと思うおもう wonder水彩絵具水彩すいさい絵具えのぐ watercolor paint set毛筆毛筆もうひつ (painting) brushワットマンワットマン Whatman (paper)というかみ paper今日今日きょう this dayから謡や俳句をやめて painting; pictureをかく決心決心けっしん resolve; determination見えたえた appeared; seemed果してはたして sure enough; as expected翌日翌日よくじつ the next dayから当分の間当分とうぶんあいだ for a while; for some timeというものは毎日毎日毎日まいにち毎日まいにち day after day; each and every day書斎書斎しょさい study; den; reading room昼寝昼寝ひるね nap; snoozeもしないで絵ばかりかいている。しかしそのかき上げたかきげた finished paintingものを見ると何をかいたものやら誰にもだれにも to (no) one鑑定鑑定かんてい judgment; reckoningがつかない。当人当人とうにん the person in question; he himselfもあまり甘くないうまくない not well doneと思ったものか、ある日ある one dayその友人友人ゆうじん friend; comrade美学美学びがく aestheticsとかをやっている人が来た時に下のようなしものような the following sort of ...話をしているのを聞いたいた heard

「どうも甘くかけないものだね。人のを見ると何でもないようだが自らみずから (for) oneself; personallyふで brushをとって見ると今更のように今更いまさらのように that much more; all the moreむずかしく感ずるかんずる feel; perceive (as)」これは主人の述懐述懐じゅっかい impression; thoughtsである。なるほど詐りのないいつわりのない sincere; candidところ positionだ。かれ he; himとも friend金縁金縁きんぶち gold rim眼鏡越に眼鏡めがねごしに over one's spectacles主人のかお faceを見ながら、「そう初めはじめ start; beginningから上手には上手じょうずには proficiently; with skillかけないさ、第一第一だいいち first of all; to begin with室内室内しつない indoors想像想像そうぞう imagination; fancy; visionばかりで paintingがかけるわけ situation; circumstanceのものではない。昔しむかし long ago; in ages past以太利以太利イタリー Italy大家大家たいか master; expert; authorityアンドレア・デル・サルトアンドレア・デル・サルト Andrea del Sarto (Italian painter; 1486–1530)言ったった said; stated; asserted事がある。画をかくなら何でも自然その物自然しぜんそのもの nature itself写せうつせ imitate; describe; reflectてん the heavens星辰星辰せいしん celestial bodies; starsあり。 earth露華露華ろか sparkling dew; freshly glistening dewあり。飛ぶぶ to flyとり birdsあり。走るはしる to runけもの beastsあり。いけ pond金魚金魚きんぎょ goldfishあり。枯木枯木こぼく dead tree寒鴉寒鴉かんあ winter crowあり。自然はこれ一幅一幅いっぷく (one; a single) scroll大活画大活画だいかつが scene of grand vitalityなりと。どうだきみ you (familiar)も画らしい画をかこうと思うならちと写生写生しゃせい sketching; drawing from natureをしたら」

「へえアンドレア・デル・サルトがそんな事をいった事があるかい。ちっとも知らなかったらなかった didn't know; had never heard。なるほどこりゃもっともだ。実にじつに in fact; indeedその通りそのとおり quite soだ」と主人は無暗に無暗むやみに exceedingly感心して感心かんしんして be impressed; be movedいる。金縁のうら back side; behindには嘲けるあざける ridicule; mockようなわらい smile; grinが見えた。

その翌日翌日よくじつ next day; following day吾輩吾輩わがはい I; me; myself例のごとくれいのごとく as always; as usual椽側椽側えんがわ veranda出てて go out (to)心持善く心持こころもちく happily; pleasantly昼寝昼寝ひるね napをしていたら、主人主人しゅじん masterが例になく書斎書斎しょさい study; den; reading roomから出て来てて emerge; appear吾輩の後ろうしろ back of; behind何かなにか somethingしきりにやっている。ふと眼が覚めてめて perk up; stir; grow alert何をしているかと一分一分いちぶ a bit; partiallyばかり細目に細目ほそめに narrowly眼をあけて見るる look; observeと、かれ he; him余念もなく余念よねんもなく earnestly; intentlyアンドレア・デル・サルトアンドレア・デル・サルト Andrea del Sarto (Italian painter; 1486–1530)極め込んでんで act as though one were; channelいる。吾輩はこの有様有様ありさま scene; sightを見て覚えずおぼえず unconsciously; in spite of oneself失笑する失笑しっしょうする snicker; sniggerのを禁じ得なかったきんなかった couldn't suppress。彼は彼のとも friend揶揄せられたる揶揄やゆせられたる was trifled with; was egged on結果結果けっか result; consequenceとしてまず手初めに手初てはじめに for starters吾輩を写生しつつある写生しゃせいしつつある was sketchingのである。吾輩はすでに十分十分じゅうぶん enough; adequately寝たた rested; slept欠伸欠伸あくび yawnがしたくてたまらない。しかしせっかく主人が熱心に熱心ねっしんに intently; fervently; enthusiasticallyふで brush執ってって take upいるのを動いてうごいて move; stir気の毒どく regrettable; a shameだと思っておもって think; consider; regard (as)、じっと辛棒して辛棒しんぼうして endure; persevereおった。彼はいま now; at present吾輩の輪廓輪廓りんかく outline; countourかき上げてかきげて finish drawingかお faceのあたりを色彩って色彩いろどって colorいる。吾輩は自白する自白じはくする admit; confess。吾輩はねこ catとして決してけっして by (no) means上乗上乗じょうじょう top rate; superb出来出来でき execution; workmanship; finishではない。 statureといい毛並毛並けなみ (lie of one's) furといい顔の造作造作ぞうさく (facial) features; constructionといいあえて他のほかの other猫に勝るまさる excel; surpassとは決して思っておらん。しかしいくら不器量の不器量ぶきりょうの ungainly; homely; lacking in grace吾輩でも、今吾輩の主人に描き出されつつあるえがされつつある being rendered in drawingような妙なみょうな strange; curious姿姿すがた figure; formとは、どうしても思われない。第一第一だいいち first of allいろ color違うちがう wrong; off。吾輩は波斯波斯ペルシャ Persiaさん native of; product ofの猫のごとく yellow含めるふくめる include淡灰色淡灰色たんかいしょく light gray; ashen colorうるし lacquer; varnishのごとき斑入りの斑入ふいりの variegated; spotted皮膚皮膚ひふ hide; coat有してゆうして have; own; possessいる。これだけはだれ anyone; whoeverが見ても疑ううたがう doubt; questionべからざるべからざる cannot事実事実じじつ truth; realityと思う。しかるに今主人の彩色彩色さいしき coloring; colorationを見ると、黄でもなければくろ blackでもない、灰色でもなければ褐色褐色とびいろ brown; tanでもない、さればとてこれらを交ぜたぜた mixed色でもない。ただ一種の一種いっしゅの some sort of色であるというよりほかに評し方ひょうかた manner of assessing; way of descriptionのない色である。その上そのうえ on top of that; furthermore不思議な不思議ふしぎな strange; curious; mysterious事は眼がない。もっともこれは寝ているところを写生したのだから無理もない無理むりもない not unreasonableが眼らしいところ placeさえ見えないから盲猫盲猫めくら blind cat; sightless catだか寝ている猫だか判然しない判然はんぜんしない be unclearのである。吾輩は心中心中しんちゅう in one's heart; to oneselfひそかにいくらアンドレア・デル・サルトでもこれではしようがないと思った。しかしその熱心には感服せざるを得ない感服かんぷくせざるをない couldn't but be impressed。なるべくなら動かずにおってやりたいと思ったが、さっきから小便小便しょうべん pee催うしてもようして urge on; call to (usually もよおして)いる。身内身内みうち one's whole body筋肉筋肉すじにく muscle; sinewむずむずするむずむずする itch (to do something); tingle最早最早もはや already; at this point一分一分いっぷん one minute猶予猶予ゆうよ delay出来ぬ出来できぬ can't manage仕儀仕儀しぎ situationとなったから、やむをえず失敬して失敬しっけいして break rank; upset protocol両足両足りょうあし both feetまえ front存分存分ぞんぶん to one's satisfaction; as much as one wants; indulgentlyのしてのして stretch; extendくび head低くひくく grazing the floor押し出してして push outあーあと大なるだいなる great; big欠伸をした。さてこうなって見ると、もうおとなしくしていても仕方がない仕方しかたがない serve no purpose。どうせ主人の予定予定よてい plans; program; expectation打ち壊わしたわした spoiled; wrecked; brought to ruinのだから、ついでにうら out back行ってって go (to)よう business; affairs足そうそう take care of; handle; dispense withと思ってのそのそ這い出したした crawled out; crept away。すると主人は失望失望しつぼう disappointment; distress; chagrin怒りいかり anger; frustration掻き交ぜたぜた stirred togetherようなこえ voiceをして、座敷座敷ざしき room; parlorなか inside; withinから「この馬鹿野郎馬鹿ばか野郎やろう stupid idiot; worthless scoundrel」と怒鳴った怒鳴どなった yelled; shouted。この主人はひと a person罵るののしる curse; denounce; rail againstときは必ずかならず invariably; without fail馬鹿野郎というのがくせ tendency; habitである。ほかに悪口悪口わるぐち insult; abuse; slander言いよういよう form of (verbal) expression知らないらない not knowのだから仕方がないが、今まで辛棒した人の feelingも知らないで、無暗に無暗むやみに rashly; indiscreetly馬鹿野郎呼わりよばわり call outは失敬だと思う。それも平生平生へいぜい ordinarily; as matter of routine吾輩が彼の背中背中せなか back乗るる climb onto; rest onとき times; occasions少しはすこしは in the least好いい good; nice; welcoming顔でもするならこの漫罵漫罵まんば derision; denigration甘んじて受けるあまんじてける accept; put up with; tolerateが、こっちの便利便利べんり favor; advantageになること case; instance; circumstance何一つなにひとつ (not) one thing; (no)thing whatsoever快くしてくれたこころよくしてくれた made pleasant; made agreeable事もないのに、小便に立ったった got up; rose (to do)のを馬鹿野郎とは酷いひどい awful; atrocious; inhuman元来元来がんらい from the first; fundamentally人間人間にんげん human beingsというものは自己の自己じこの one's own力量力量りきりょう ability; capability; power慢じてまんじて be self-satisfied with; become vain overみんな増長して増長ぞうちょうして grow in arroganceいる。少し人間より強いつよい strong; forceful; powerfulものが出て来て窘めてやらなくてはいじめてやらなくては unless (something) takes (someone) to taskこの先このさき hereafter; henceforth; going forwardどこまで増長するか分らないわからない there's no telling ...

我儘我儘わがまま selfishness; self-centeredness; egoismもこのくらいなら我慢する我慢がまんする tolerate; endure; put up with吾輩吾輩わがはい I; me; myself人間人間にんげん human beings不徳不徳ふとく moral corruption; depravityについてこれよりも数倍数倍すうばい many times (over)悲しむかなしむ mourn; lamentべき報道報道ほうどう news; reports耳にしたみみにした heardこと cases; instancesがある。

吾輩のいえ houseうら backside; behind十坪十坪とつぼ 10 tsubo (about 33 square meters; about 40 square yards)ばかりの茶園茶園ちゃえん tea groveがある。広くひろく wide; expansiveはないが瀟洒とした瀟洒さっぱりとした clean; neat; tidy心持ち好く心持こころもく in a pleasant manner日の当るあたる sunnyところ placeだ。うちの小供小供こども children (usually 子供こども)があまり騒いでさわいで clamor; act up; make a fuss楽々楽々らくらく comfortably; easily昼寝昼寝ひるね nap出来ない出来できない can't doとき times; occasionsや、あまり退屈退屈たいくつ tedium; boredom; ennui腹加減のよくないはら加減かげんのよくない be ill-tempered; be out of sortsおり times; occasionsなどは、吾輩はいつでもここへ出てて come out (to)浩然浩然こうぜん magnanimous; large-hearted; charitable spirit; feeling養うやしなう develop; foster; cultivateのがれい custom; practice; habitである。ある小春小春こはる late autumn; late fall穏かなおだやかな quiet; calm; tranquil日の二時二時にじ two o'clockごろ around; aboutであったが、吾輩は昼飯後昼飯後ちゅうはんご after lunch快よくこころよく pleasantly; refreshingly一睡した一睡いっすいした caught a nap; dozed for a spellのち after運動かたがた運動うんどうかたがた to get some exerciseこの茶園へと歩を運ばしたはこばした walked; strolled (lit; carried one's steps)茶の木ちゃ tea plant roots一本一本一本いっぽん一本いっぽん one by one (refering to cylindrical objects)嗅ぎながらぎながら sniffing西側西側にしがわ west side杉垣杉垣すぎがき cryptomeria hedge; red-cedar hedgeのそばまでくると、枯菊枯菊かれぎく withered chrysanthemum押し倒してたおして push down; mat downそのうえ top of大きなおおきな large; greatねこ cat前後不覚に前後ぜんご不覚ふかくに oblivious to the world寝てて sleep; rest; reclineいる。かれ he; himは吾輩の近づくちかづく approach; draw nearのも一向一向いっこう (not) in the least心付かざる心付こころづかざる not notice; not perceiveごとく、また心付くも無頓着なる無頓着むとんじゃくなる unimportant; irrelevantごとく、大きないびき snoringをして長々と長々ながながと at full lengthからだ body横えてよこたえて lay down眠ってねむって sleep; doze; slumberいる。ひと (other) person庭内庭内ていない premises; grounds忍び入りたるしのりたる steal into; sneak intoものがかくまでかくまで this much; to this extent平気に平気へいきに cooly; without concern睡られるねむられる can sleep; can reposeものかと、吾輩は窃かにひそかに inwardly; to oneselfその大胆なる大胆だいたんなる daring; audacious度胸度胸どきょう nerve; pluck; courage驚かざるを得なかったおどろかざるをなかった couldn't but be impressed。彼は純粋の純粋じゅんすいの pure; genuine黒猫黒猫くろねこ black catである。わずかに noon過ぎたるぎたる pass; move beyond太陽太陽たいよう sunは、透明なる透明とうめいなる clear; transparent光線光線こうせん rays (of light)を彼の皮膚皮膚ひふ hide; coatの上に抛げかけてげかけて throw down (on)、きらきらする柔毛柔毛にこげ soft furあいだ midstより眼に見えぬえぬ invisibleほのお flamesでも燃え出ずるずる catch fire; burnように思われたおもわれた seemed to ...。彼は猫中猫中ねこじゅう among cats大王大王だいおう great kingとも云うう call out; describe; designate (as)べきほどの偉大なる偉大いだいなる great; stately体格体格たいかく physique; constitution有してゆうして have; own; possessいる。吾輩のばい double; twofoldはたしかにある。吾輩は嘆賞嘆賞たんしょう admiration; aweねん feeling; senseと、好奇好奇こうき curiosity; interestこころ mind; spiritに前後を忘れてわすれて forget; put out of one's mind彼の前に佇立して佇立ちょりつして stop in one's tracks; come to a standstill余念もなく余念よねんもなく earnestly; intently眺めてながめて stare at; gaze atいると、静かなるしずかなる quiet; gentle小春のかぜ breezeが、杉垣の上から出たる梧桐梧桐ごとう Japanese varnishtree; phoenix-treeえだ branches; limbs軽くかろく lightly誘ってさそって tempt; enticeばらばらとばらばらと loosely; with a rustling sound二三枚二三枚にさんまい two or three (flat objects) leavesが枯菊の茂みしげみ thicket; growth (of)落ちたちた fell; dropped。大王はかっとその真丸の真丸まんまるの round眼を開いたひらいた openedいま now; the presentでも記憶して記憶きおくして remember; can recallいる。その眼は人間の珍重する珍重ちんちょうする value; prize琥珀琥珀こはく amberというものよりも遥かにはるかに by far; far and away美しくうつくしく with beauty輝いてかがやいて shine; glitter; sparkleいた。彼は身動き身動みうごき movement (of one's body)もしない。双眸双眸そうぼう both eyesおく interior; depthsから射るる shoot forthごときひかり (ray of; beam of) lightを吾輩の矮小なる矮小わいしょうなる diminutiveひたい forehead; browの上にあつめて、御めえめえ you (= 御前おまえ)一体一体いったい ... on earth; ... in the worldなん whatだと云った。大王にしては少々少々しょうしょう a little; somewhat言葉言葉ことば words卑しいいやしい vulgar; coarse; crudeと思ったが何しろなにしろ anyway; at any rateそのこえ voiceそこ bottom; depthsいぬ dogをも挫しぐしぐ crush; break; defeatべきちから power; force籠ってこもって be filled with; be includedいるので吾輩は少なからずすくなからず more than a little恐れおそれ fear; dread抱いたいだいた held; harbored。しかし挨拶挨拶あいさつ responseをしないと険呑険呑けんのん at risk; in dangerだと思ったから「吾輩は猫である。名前名前なまえ nameはまだない」となるべく平気を装ってよそおって feign; wear as a façade冷然と冷然れいぜんと calmly; coolly; with composure答えたこたえた answered; replied。しかしこの時吾輩の心臓心臓しんぞう heartはたしかに平時平時へいじ ordinary times; usualよりも烈しくはげしく violently; intensely; fiercely鼓動して鼓動こどうして beat; palpitate; hammerおった。彼は大におおいに greatly; a great deal軽蔑せる軽蔑けいべつせる scorn; show contempt for調子調子ちょうし tone (of voice); mood; mannerで「何、猫だ? 猫が聞いていて hearあきれらああきれらあ astounded; exasperated全てえぜんてえ ... in the world; ... on earth (= 全体ぜんたい)どこに住んでんで live; resideるんだ」随分随分ずいぶん considerably; very much傍若無人傍若無人ぼうじゃくぶじん arrogant; insolentである。「吾輩はここの教師教師きょうし teacher; instructorうち house; householdにいるのだ」「どうせそんな事だろうと思った。いやに瘠せてるせてる skinny; scrawnyじゃねえか」と大王だけにだけに befitting of; as expected of気焔を吹きかける気焔きえんきかける talk big言葉付言葉付ことばつき speech; choice of words; languageから察するさっする guess; surmiseとどうも良家良家りょうけ respectable family; upstanding householdの猫とも思われない。しかしその膏切って膏切あぶらぎって fatted肥満して肥満ひまんして corpulent; plumpいるところを見ると御馳走御馳走ごちそう treats; delicacies; feasts食ってって eatるらしい、豊かにゆたかに richly; abundantly暮してくらして liveいるらしい。吾輩は「そう云うきみ youは一体だれ whoだい」と聞かざるを得なかった。「己れあれあ I; me (= れは)車屋車屋くるまや cartmanくろ Blackよ」昂然たる昂然こうぜんたる proud; triumphantものだ。車屋の黒はこの近辺近辺きんぺん neighborhood; vicinity; surroundings知らぬらぬ not knowもの personなき乱暴猫乱暴らんぼうねこ cat of ill repute; bad catである。しかし車屋だけに強いつよい strong; powerfulばかりでちっとも教育教育きょういく education; learningがないからあまり誰も交際しない交際こうさいしない associate with; keep company with同盟敬遠同盟どうめい敬遠けいえん nonconfrontational ostracization主義主義しゅぎ principalまと objective; targetになっているやつ fellowだ。吾輩は彼の nameを聞いて少々尻こそばゆきしりこそばゆき unsettled; ill at ease感じかんじ feeling起すおこす arouse; stir up; bring about同時に同時どうじに at the same time (as)一方では一方いっぽうでは on the other hand少々軽侮軽侮けいぶ contemptの念も生じたしょうじた arose; welled upのである。吾輩はまず彼がどのくらい無学無学むがく ignorant; uninformedであるかを試してためして testみようと思って左のの the following (to the left - in right to left text) 問答問答もんどう dialogue; exchangeをして見た。

一体一体いったい indeed; in fact; after all車屋車屋くるまや cartman教師教師きょうし teacher; instructorとはどっちがえらいだろう」

「車屋のほう alternative (of two choices)強いつよい strong; powerfulに極っていらあなきまっていらあな it's a given that ...御めえめえ you (= 御前おまえ)のうちの主人主人しゅじん master見ねえねえ look at; consider、まるで骨と皮ほねかわ skin and bonesばかりだぜ」

きみ youも車屋のねこ catだけに大分大分だいぶ very much; a great deal強そうだ。車屋にいると御馳走御馳走ごちそう treats; delicacies; feasts食えるえる can eat; get to eatと見えるね」

何になあに what (do you mean)おれなんざ、どこのくに country; land; region行ったった went (to)って食い物もの food; things to eat不自由不自由ふじゆう poverty; want; privationはしねえつもりだ。御めえなんかも茶畠茶畠ちゃばたけ tea groveばかりぐるぐる廻ってぐるぐるまわって circulate; move roundいねえで、ちっとおれ I; meあと after; behindくっ付いて来てくっいてて stick to; follow見ねえ。一と月つき one monthとたたねえうちに見違える見違みちがえる not recognizeように太れるふとれる gain weight; bulk upぜ」

追ってって presently; henceforthそう願うねがう request; entreatこと state (of affairs)にしよう。しかしうち house; homeは教師の方が車屋より大きいおおきい big; largeのに住んでんで live; reside (in)いるように思われるおもわれる it seems ...

箆棒め箆棒べらぼうめ nonsense、うちなんかいくら大きくたってはら belly足しし help; aidになるもんか」

かれ he; him大におおいに very much; greatly肝癪に障った肝癪かんしゃくさわった touched a nerve; hit a sore spot様子様子ようす appearance; lookで、寒竹寒竹かんちく marbled bamboo; solid bambooそいだそいだ shaved; whittled; carvedようなみみ earsをしきりとぴく付かせてぴくかせて twitchあららかにあららかに roughly; gruffly立ち去ったった walked away; departed吾輩吾輩わがはい I; me; myselfが車屋のくろ Black (name of a neighboring cat)知己知己ちき acquaintance; friendになったのはこれからである。

その後その after that; from there on吾輩は度々度々たびたび often; frequently黒と邂逅する邂逅かいこうする happen upon; come across。邂逅する毎にごとに each time彼は車屋相当の相当そうとうの befitting of気焔を吐く気焔きえんく talk big; blow one's own horn先にさきに earlier吾輩が耳にしたという不徳不徳ふとく moral corruption; depravity事件事件じけん incident; affair実はじつは actually; in fact黒から聞いたいた heardのである。

或る日 one day; on a certain day例のごとくれいのごとく as usual吾輩と黒は暖かいあたたかい warm茶畠のなか middle; midst寝転びながら寝転ねころびながら lie down; laze aboutいろいろ雑談雑談ざつだん idle talkをしていると、彼はいつもの自慢話自慢じまんばなし boasts; braggingさも新しそうにさもあたらしそうに as though new; as if novel繰り返したかえした repeatedあとで、吾輩に向ってむかって turn to下のごとくしものごとく as follows質問した質問しつもんした asked; queried。「御めえはいま now; the presentまでにねずみ mice; rats何匹何匹なんびき how many (animals)とった事がある」智識智識ちしき knowledgeは黒よりも余程余程よほど considerably; a good deal発達している発達はったつしている developed; cultivatedつもりだが腕力腕力わんりょく physical strength勇気勇気ゆうき courage; valorに至ってはいたっては when it comes to到底到底とうてい by (no) means黒の比較比較ひかく comparison; matchにはならないと覚悟覚悟かくご resolutionはしていたものの、このとい question; query接したるせっしたる touch onとき time; occasionは、さすがに極りが善くはなかったきまりがくはなかった was embarrassed; felt small。けれども事実事実じじつ reality; truthは事実で詐るいつわる lie; pretend; deceive訳には行かないわけにはかない it won't do to ...; one can't ...から、吾輩は「実はとろうとろうと思ってまだ捕らないらない not catch」と答えたこたえた answered; replied。黒は彼の鼻の先はなさき tip of one's noseからぴんと突張っている突張つっぱっている stick out; jut (from)長いながい longひげ whiskersをびりびりと震わせてふるわせて (cause to) shake; vibrate; quiver非常に非常ひじょうに in extreme; to excess笑ったわらった laughed元来元来がんらい from the first; fundamentally黒は自慢をする丈にだけに as expected of; being the case thatどこか足りないりない be insufficient; fall short; be lackingところがあって、彼の気焔を感心した感心かんしんした was moved; was impressedように咽喉咽喉のど throatをころころ鳴らしてらして let sound謹聴して謹聴きんちょうして listen attentivelyいればはなはだ御しやすいぎょしやすい easy to manage; easy to control猫である。吾輩は彼と近付近付ちかづき acquaintanceになってから直にすぐに right off the bat; right awayこの呼吸呼吸こきゅう knack; trick; secret飲み込んだんだ learned; caught on toからこの場合場合ばあい situation; circumstanceにもなまじいなまじい unsatisfactory; imperfect己れおのれ oneself弁護して弁護べんごして defend; excuse; justifyますます形勢形勢けいせい condition; situationをわるくするのも foolishness; follyである、いっその事いっそのこと rather; preferably彼に自分の自分じぶんの one's own手柄話手柄てがらばなし tales of heroics; stories of great deedsをしゃべらして御茶を濁す御茶おちゃにごす be evasive; equivocate (lit: muddy the tea)若くはないくはない it's best to ...思案思案しあん thought; consideration定めたさだめた decided; determined {paragraph continues below}

そこでおとなしく「きみ youなどはとし years; ageが年であるから大分大分だいぶん very much; a great dealとったろう」とそそのかして見たそそのかしてた tried spurring on; sought to draw out果然果然かぜん as expectedかれ he; him墻壁墻壁しょうへき enclosing wall; boundary fence欠所欠所けっしょ weak point; breach; opening吶喊して来た吶喊とっかんしてた came charging; rushed forward。「たんとたんと many; much; a great amountでもねえが三四十三四十さんしじゅう thirty or fortyはとったろう」とは得意気なる得意気とくいげなる proud; self-satisfied彼のこたえ answer; responseであった。彼はなお talk; conversationをつづけて「ねずみ mice; ratsひゃく hundred二百二百にひゃく two hundred一人で一人ひとりで on own's own; single-handedlyいつでも引き受けるける take on; handleいたちいたち (Japanese) weaselってえやつ fellow手に合わねえわねえ be unmanageable; be beyond one一度一度いちど one time; onceいたちに向ってむかって face; square off against酷い目に逢ったひどった ended up in a real bind; had a terrible time」「へえなるほど」と相槌を打つ相槌あいづちつ back-channel (by a listener to affirm engagement)くろ Black (name of a neighboring cat)大きなおおきな large eyesをぱちつかせて云うう talk。「去年去年きょねん last year大掃除大掃除おおそうじ spring cleaningとき time; occasionだ。うちの亭主亭主ていしゅ master石灰石灰いしばい lime; quicklimeふくろ bag; sack持ってって holdえん verandaした under; beneath這い込んだらんだら crawl into御めえめえ you (= 御前おまえ)大きないたちの野郎野郎やろう fellow; rascal面喰って面喰めんくらって in a tizzy; frenzied; flurried飛び出したした flew out思いねえおもいねえ think; imagine」「ふん」と感心して見せる感心かんしんしてせる look impressed; show interest。「いたちってけどもなに anyway; at any rate鼠の少しすこし a little; a bit大きいぐれえのものだ。こん畜生こん畜生ちくしょう you brute; you rascalって feeling; impulse追っかけてっかけて chase; pursueとうとう泥溝泥溝どぶ gutter; ditchなか inside; within追い込んだんだ chased into; herded; corneredと思いねえ」「うまくやったね」と喝采してやる喝采かっさいしてやる applaud; cheer on。「ところが御めえいざってえだん act; sceneになると奴め最後っ屁最後さいご foul odour emitted from the rear end of a frightened weaselこきゃがったこきゃがった sent shooting up (= こきあがった)臭えくせえ stinking; smellyの臭くねえのってそれからってえものはいたちを見ると胸が悪くならあむねわるくならあ feel ill」彼はここに至っていたって come to; arrive at; reachあたかも去年の臭気臭気しゅうき foul smell; stenchいま now; the presentなお感ずるかんずる feel; senseごとく前足前足まえあし front foot揚げてげて raise鼻の頭はなあたま tip of one's nose二三遍二三遍にさんべん two or three times; several timesなで廻わしたなでわした rubbed; caressed (in a circular motion)吾輩吾輩わがはい I; me; myself少々少々しょうしょう a bit; somewhat気の毒どく unfortunate; pitiableな感じがする。ちっと景気を付けて景気けいきけて cheer up; liven; brightenやろうと思って「しかし鼠なら君に睨まれてにらまれて come into one's sight; fall under one's watch百年目百年目ひゃくねんめ out of luck; (at the) end of one's ropeだろう。君はあまり鼠を捕るる catch; siezeのが名人名人めいじん master; expertで鼠ばかり食うう eatものだからそんなに肥ってふとって plump; heavy; rotund色つやが善いいろつやがい healthy in color; of good complexionのだろう」黒の御機嫌御機嫌ごきげん mood; spiritsをとるためのこの質問質問しつもん question不思議にも不思議ふしぎにも oddly enough; curiously反対の反対はんたいの opposite結果結果けっか result; consequence呈出した呈出ていしゅつした brought forward; produced。彼は喟然として喟然きぜんとして dejectedly大息して大息たいそくして sigh deeplyいう。「考げえるかんげえる think of; considerとつまらねえ。いくら稼いでかせいで work at; labor; toil鼠をとったって――一てえいってえ ... on earth; ... in the world (= 一体いったい)人間人間にんげん human beingsほどふてえふてえ intractable; perverse (= 不逞ふてえ)奴は世の中なか the worldにいねえぜ。ひと (another) personのとった鼠をみんな取り上げやがってげやがって take away; confiscate交番交番こうばん police box; police stand持って行きゃあがるってきゃあがる take with (to)。交番じゃだれ whoが捕ったか分らねえわからねえ don't know; can't tellからそのたんびにそのたんびに each time; every time五銭五銭ごせん 5 sen (0.05 yen)ずつくれるじゃねえか。うちの亭主なんかおれ I; me御蔭で御蔭おかげで thanks to ...; owing to ...もう壱円五十銭壱円いちえん五十ごじゅうせん 1 yen and 50 senくらい儲けてもうけて profit; gainいやがる癖にくせに in spite of碌なろくな decent; satisfactoryものを食わせたこと case; instanceもありゃしねえ。おい人間てものあ体の善いていい nice way of saying ...; euphemism for ...泥棒泥棒どろぼう robber; thiefだぜ」さすが無学の無学むがくの uneducated; ignorant黒もこのくらいの理窟理窟りくつ argument; logicはわかると見えてすこぶる怒ったおこった worked up; outraged; indignant容子容子ようす appearance; look背中背中せなか back; backside hairs; fur逆立てて逆立さかだてて stand on endいる。吾輩は少々気味が悪くなった気味きみわるくなった was beginning to feel uneasyから善い加減に加減かげんに properly; dulyその place; site; scene胡魔化して胡魔化ごまかして dodge; evade; take tactful leave ofうち house; home帰ったかえった returned (to)。この時から吾輩は決してけっして by (no) means鼠をとるまいと決心した決心けっしんした resolved; determined; decided。しかし黒の子分子分こぶん follower; adherent; protégéになって鼠以外以外いがい other than; apart from御馳走御馳走ごちそう treats; delicacies猟ってあさって hunt for; seek out; scavengeあるく事もしなかった。御馳走を食うよりも寝てて rest; sleepいたほう alternative (of two choices)気楽気楽きらく comfortable; carefreeでいい。教師教師きょうし teacher; instructorの家にいると猫も教師のような性質性質せいしつ nature; dispositionになると見える。要心要心ようじん care; cautionしないと今に胃弱胃弱いじゃく dyspepsia; weak digestionになるかも知れないかもれない it's possible that ...; it may be that ...

教師教師きょうし teacher; instructorといえば吾輩吾輩わがはい I; me; myself主人主人しゅじん master近頃近頃ちかごろ lately; recentlyに至ってはいたっては coming to; arriving at到底到底とうてい utterly; absolutely; at all水彩画水彩画すいさいが watercolor paintingにおいてのぞみ hope; prospects; expectationsのないこと situation; circumstance悟ったさとった realizedものと見えてえて appear; seem十二月一日十二月じゅうにがつ一日いちじつ December 1st日記日記にっき diary; journalにこんな事をかきつけた。

〇〇〇〇まるまる so-and-soと云うう named; called; known asひと person; man今日今日きょう todayかい assembly; gathering始めてはじめて for the first time出逢った出逢であった encountered; met。あの人は大分大分だいぶ very much; a great deal放蕩放蕩ほうとう fast living; prodigality; debaucheryをした人だと云うがなるほど通人通人つうじん man of the world; man about townらしい風采風采ふうさい air; appearance; mienをしている。こう云うたち nature; disposition; temperamentの人はおんな women; ladies好かれるかれる be loved; be favoredものだから〇〇が放蕩をしたと云うよりも放蕩をするべくべく must; should余儀なくせられた余儀よぎなくせられた was left with no choice; was compelledと云うのが適当適当てきとう proper; appropriateであろう。あの人の妻君妻君さいくん wife芸者芸者げいしゃ geishaだそうだ、羨ましいうらやましい enviable事である。元来元来がんらい from the first; fundamentally放蕩家放蕩家ほうとうか philanderer; womanizer; ladies' man悪くいうわるくいう criticize; bad-mouth; speak ill of人の大部分大部分だいぶぶん greater part; majorityは放蕩をする資格資格しかく qualifications; capabilitiesのないものが多いおおい numerous; many。また放蕩家をもって自任する自任じにんする fancy oneself (as)連中連中れんじゅう company; crowdのうちにも、放蕩する資格のないものが多い。これらは余儀なくされないのに無理に無理むりに forcedly; against the grain進んですすんで advance; proceedやるのである。あたかも吾輩の水彩画に於けるける with regard to; concerningがごときがごとき similar to; in the same veinもので到底卒業する卒業そつぎょうする achieve mastery of; mature in気づかいはないづかいはない have little prospect of ...しかるにも関せずしかるにもかんせず regardless; nevertheless; be that as it may自分自分じぶん oneselfだけは通人だと思っておもって regard; consider (as)済してすまして get along; make doいる。料理屋料理屋りょうりや restaurant; eateryさけ saké飲んだりんだり drink待合待合まちあい rendezvous point; tryst room這入る這入はいる enter; go intoから通人となり得るなりる can becomeというろん argument立つつ stand; find supportなら、吾輩も一廉の一廉ひとかどの competent; respectable水彩画家画家がか painter; artistになり得る理窟理窟りくつ reasoning; logicだ。吾輩の水彩画のごときはかかないほう alternative (of two choices)がましであると同じようにおなじように in the same manner as愚昧なる愚昧ぐまいなる silly; foolish; assinine通人よりも山出しの山出やまだしの fresh from the hills大野暮大野暮おおやぼ bumpkin; clod; peasantの方が遥かにはるかに by far上等上等じょうとう superiorだ。

通人論はちょっと首肯しかねる首肯しゅこうしかねる struggle to accept; be loathe to endorse。また芸者の妻君を羨しいなどというところは教師としては口にすべからざるくちにすべからざる should not voice愚劣の愚劣ぐれつの stupid; idioticかんがえ idea; notionであるが、自己の自己じこの one's own水彩画における批評眼批評眼ひひょうがん critical eyeだけはたしかなものだ。主人はかくのごとく自知自知じち self-knowledge; self-awarenessめい clarityあるにも関せずその自惚心自惚心うぬぼれしん pretension; conceit; hubrisはなかなか抜けないけない not pass through; not get free of中二日中二日なかふつか interval of two days置いていて set; place十二月四日十二月じゅうにがつ四日よっか December 4thの日記にこんな事を書いていて write; note; recordいる。

昨夜昨夜ゆうべ last nightぼく I; meが水彩画をかいて到底物にならんものにならん come to naughtと思って、そこらに抛って置いたほうっていた put asideのを誰かだれか someone立派な立派りっぱな handsome; splendidがく frameにして欄間欄間らんま transom; paneling over the door懸けてけて hangくれたゆめ dreamを見た。さて額になったところを見ると我ながらわれながら if I say so myself急にきゅうに suddenly上手上手じょうず skilled; masterful (work)になった。非常に非常ひじょうに exceedingly嬉しいうれしい joyful; pleased。これなら立派なものだと独りでひとりで alone; by oneself眺めながめ gaze at暮らしてらして pass timeいると、夜が明けてけて day breaks; dawn arrives眼が覚めてめて wake upやはりもと before通りとおり just as; exactly as下手下手へた poorly done; inferiorである事が朝日朝日あさひ morning sun; light of dayと共にともに together with明瞭明瞭めいりょう obvious; evidentになってしまった。

主人は夢のうち inside; midst ofまで水彩画の未練未練みれん regret; reluctance (to give up)背負って背負しょって shoulder; be burdened withあるいていると見える。これでは水彩画家は無論無論むろん of course夫子夫子ふうし sage; master; learned man所謂所謂いわゆる so-called通人にもなれない質だ。

主人主人しゅじん master水彩画水彩画すいさいが watercolor painting夢に見たゆめた dreamt of翌日翌日よくじつ next day; following day例のれいの that ...; the aforementioned ...金縁眼鏡金縁きんぶち眼鏡めがね gold-rimmed glasses美学者美学者びがくしゃ aesthete久し振りでひさりで for the first time in a while主人を訪問した訪問ほうもんした came to visit; called onかれ he; him座につくにつく be seated; seat oneself劈頭第一に劈頭へきとう第一だいいちに first and foremost; at the outset paintingsはどうかね」と口を切ったくちった started; engaged (in conversation)。主人は平気な平気へいきな indifferent; unconcernedかお face; (facial) expressionをして「きみ you忠告忠告ちゅうこく advice従ってしたがって follow; adhere to写生写生しゃせい sketching; drawing from nature力めてつとめて work atいるが、なるほど写生をするといま now; the presentまで気のつかなかったのつかなかった hadn't noticedもの things; objectsかたち shape; appearanceや、いろ color精細な精細せいさいな detailed変化変化へんか variation; transitionなどがよく分るわかる grasp; see; perceiveようだ。西洋西洋せいよう the Westでは昔しむかし olden days; former timesから写生を主張した主張しゅちょうした emphasized; stressed結果結果けっか result; consequence今日今日こんにち today; this dayのように発達した発達はったつした develped; progressed; advancedものと思われるおもわれる it seems; one could imagine (that)。さすがアンドレア・デル・サルトアンドレア・デル・サルト Andrea del Sarto (Italian painter; 1486–1530)だ」と日記日記にっき diary; journalの事こと about ...; concerning ...おくびにも出さないでおくびにもさないで without revealing; without breathing a word、またアンドレア・デル・サルトに感心する感心かんしんする admire; be taken with。美学者は笑いながらわらいながら laughing実はじつは actually君、あれは出鱈目出鱈目でたらめ nonsense; rubbishだよ」とあたま head掻くく scratch。「何がなにが what is」と主人はまだ譃わられたいつわられた was tricked; was deceived; was duped事に気がつかない。「何がって君のしきりに感服して感服かんぷくして admire; be impressedいるアンドレア・デル・サルトさ。あれはぼく I; meのちょっと捏造した捏造ねつぞうした invented; concoctedはなし talk; storyだ。君がそんなに真面目に真面目まじめに seriously; earnestly信じようしんじよう believe in; put faith inとは思わなかったハハハハ」と大喜悦の大喜悦だいきえつの overjoyed; thrilledてい appearance; conditionである。吾輩吾輩わがはい I; me; myself椽側椽側えんがわ verandaでこの対話対話たいわ dialog; exchange聞いていて hear; listen to彼の今日今日きょう todayの日記にはいかなる事が記さるるしるさるる be recorded; be written (= しるされる)であろうかと予めあらかじめ beforehand; in advance想像せざるを得なかった想像そうぞうせざるをなかった had to imagine; couldn't refrain from thinking on。この美学者はこんな好加減ないい加減かげんな random; groundless; unfounded事を吹き散らしてらして spread; talk around; socializeひと a person; people担ぐかつぐ take for a ride; deceiveのを唯一の唯一ゆいいつの only; soleたのしみ pleasure; amusementにしているおとこ man; fellowである。彼はアンドレア・デル・サルト事件事件じけん incident; affairが主人の情線情線じょうせん sentiment; passionにいかなるひびき reverberation; resonance伝えたつたえた propogated; imparted (to)かを毫もごうも (not) in the least顧慮せざる顧慮こりょせざる have no regard for; be unconcerned with (= 顧慮こりょしない)もののごとく得意得意とくい triumph; elationになって下のようなしものような following事を饒舌った饒舌しゃべった divulged。「いや時々時々ときどき sometimes; at times冗談冗談じょうだん jest; joke言うう tell; relateと人が真に受けるける take seriously; believe; swallowので大におおいに very much; greatly滑稽的滑稽的こっけいてき humorous; absurd; comical美感美感びかん sense of beauty; aesthetic moment挑撥する挑撥ちょうはつする evoke; inciteのは面白い面白おもしろい amusing; enjoyable; enthralling。せんだってある学生学生がくせい studentニコラス・ニックルベーニコラス・ニックルベー Nicholas Nickleby (fictional character in Dickens novel of same name; published serially 1838-1839)ギボンギボン Edward Gibbon (English historian; 1737 – 1794; best known for The History of the Decline and Fall of the Roman Empire)に忠告して彼の一世一世いっせ lifetime大著述大著述だいちょじゅつ great literary work; masterpieceなる仏国革命史仏国ふっこく革命かくめい History of the French Revolution仏語仏語ふつご French (language)書くく writeのをやめにして英文英文えいぶん English (prose)出版させた出版しゅっぱんさせた had publishと言ったら、その学生がまた馬鹿に馬鹿ばかに ridiculously; absurdly; exceptionally記憶記憶きおく memory善いい good; excellent男で、日本文学会日本にほん文学会ぶんがくかい Japan Literary Society演説会演説会えんぜつかい oratorical meeting; gathering of speakersで真面目に僕の話したはなした told; related通りとおり just as; exactly as繰り返したかえした repeatedのは滑稽であった。ところがそのとき time; occasion傍聴者傍聴者ぼうちょうしゃ listeners; attendeesやく about; roughly百名百名ひゃくめい a hundred peopleばかりであったが、みんな all; everyone熱心に熱心ねっしんに with enthusiasmそれを傾聴して傾聴けいちょうして lent an ear to; listened attentivelyおった。それからまだ面白い話がある。 {paragraph continues below}

せんだって或るる a certain文学者文学者ぶんがくしゃ literary scholarsのいるせき location; place (of gathering)ハリソンハリソン Harrison (Frederic Harrison; British jurist and historian; 1831-1923)歴史小説歴史れきし小説しょうせつ historical novelセオファーノセオファーノ Theophano (Theophano - The Crusade of the 10th Century; published 1904)話しはなし talk; conversation出たた aroseからぼく I; meはあれは歴史小説の中でうちで among白眉白眉はくび finest example; best ofである。ことにじょ female主人公主人公しゅじんこう main character; protagonist死ぬぬ die; pass awayところは鬼気鬼気きき ghastly; dreadful; horrificじん a person襲うおそう attack; assailようだと評したらひょうしたら critique; comment on、僕の向うむこう other side; opposite坐ってすわって sit; be seatedいる知らんらん don't know; am not familiar with云ったった said; stated; admitted事のないことのない has never ...先生先生せんせい teacher; scholarが、そうそうあすこは実にじつに indeed; in fact名文名文めいぶん exemplary writing; fine proseだといった。それで僕はこのおとこ man; fellowもやはり僕同様同様どうよう same as; equal toこの小説を読んでんで readおらないという事を知った」神経胃弱性神経胃弱性しんけいいじゃくせい of weak nerves and poor digestion主人主人しゅじん master眼を丸くしてまるくして with wide eyes問いかけたいかけた asked; questioned。「そんな出鱈目出鱈目でたらめ nonsense; rubbishをいってもし相手相手あいて the other partyが読んでいたらどうするつもりだ」あたかも人を欺くあざむく deceive; delude; foolのは差支ない差支さしつかえない warranted; justified、ただ化の皮ばけかわ true colors; true characterがあらわれたとき time; occasion困るこまる be troubled; be in a bindじゃないかと感じたかんじた felt; sensedもののごとくである。美学者美学者びがくしゃ aesthete少しもすこしも (not) in the least動じないどうじない be unshaken; be unperturbed。「なにその時ゃ別のべつの other; differentほん book間違えた間違まちがえた mistook (for)とか何とかなんとか something or other云うばかりさ」と云ってけらけら笑ってけらけらわらって cackleいる。この美学者は金縁の金縁きんぶちの gold-rimmed眼鏡眼鏡めがね glasses; spectacles掛けてけて wear (glasses)いるがその性質性質せいしつ nature; disposition車屋の黒車屋くるまやくろ cartman's Black (name of a neighboring cat)似たた resembledところがある。主人は黙ってだまって in silence; without speaking日の出 rising sun ring; circle; loop吹いていて blow (smoke)吾輩吾輩わがはい I; me; myselfにはそんな勇気勇気ゆうき nerve; pluckはないと云わんばかりのかお face; (facial) expressionをしている。美学者はそれだから paintingをかいても駄目駄目だめ hopeless; futile; a lost causeだという目付目付めつき look; expression (of the eyes)で「しかし冗談冗談じょうだん jest; jokeは冗談だが画というものは実際実際じっさい really; trulyむずかしいものだよ、レオナルド・ダ・ヴィンチレオナルド・ダ・ヴィンチ Leonardo da Vinci門下生門下生もんかせい pupils; disciples; followers寺院寺院じいん temple; cathedralかべ wallしみしみ stains写せうつせ copy; transcribe教えたおしえた instructed事があるそうだ。なるほど雪隠雪隠せっちん toilet; lavatoryなどに這入って這入はいって go into; enterあめ rain漏るる leak壁を余念なく余念よねんなく attentively; intently眺めてながめて gaze at; fix one's eyes onいると、なかなかうまい模様画模様画もようが patterned image; motif自然に自然しぜんに naturally; of its own accord出来ている出来できている has taken shape; is presentぜ。きみ you注意して注意ちゅういして take notice; look closely写生して見給え写生しゃせいして見給みたまえ try sketchingきっと面白い面白おもしろい interesting; intriguingものが出来るから」「また欺すだます fool; trickのだろう」「いえこれだけはたしかだよ。実際奇警な奇警きけいな witty; original words; speechじゃないか、ダ・ヴィンチでもいいそうな事だあね」「なるほど奇警には相違ないには相違そういない no doubt ...な」と主人は半分半分はんぶん halfway降参降参こうさん surrender; submission; giving inをした。しかし彼はまだ雪隠で写生はせぬようだ。

車屋の黒車屋くるまやくろ cartman's Black (name of a neighboring cat)その後その after that; thereafterびっこ lame; crippledになった。かれ he; him光沢ある光沢こうたくある shiny; glossy; lustrous fur漸々漸々だんだん gradually; bit by bitいろ color褪めてめて fade抜けて来るけてる fall out; thin away吾輩吾輩わがはい I; me; myself琥珀琥珀こはく amberよりも美しいうつくしい beautiful; fair; fine評したひょうした commented; remarked (on)彼の eyesには眼脂眼脂めやに mucus; discharge一杯一杯いっぱい a lot; a good dealたまっている。ことに著るしくいちじるしく strikingly吾輩の注意注意ちゅうい attention; notice惹いたいた attractedのは彼の元気元気げんき vitality; vigor消沈消沈しょうちん declineとその体格体格たいかく physique; constitution悪くなったわるくなった worsened; deterioratedこと situation; stateである。吾輩が例のれいの that ...; the aforementioned ...茶園茶園ちゃえん tea groveで彼に逢ったった met; saw; encountered最後の最後さいごの last; final day、どうだと云ってって saying尋ねたらたずねたら asked; inquiredいたちいたち (Japanese) weasel最後屁最後屁さいごっぺ foul odour emitted from the rear end of a frightened weasel肴屋肴屋さかなや fish vendor; fishmonger天秤棒天秤棒てんびんぼう shoulder pole (for carring a load balanced over one's shoulder)には懲々懲々こりごり having had enough (of something unpleasant)だ」といった。

赤松赤松あかまつ Japanese red pines interval; midst二三段二三段にさんだん two or three levels; several gradationsこう crimson綴ったつづった stitched together; woven together紅葉紅葉こうよう fall colors; autumn leaves昔しむかし former days; long agoゆめ dream; visionのごとく散ってって fall; scatterつくばいつくばい washbasinに近くちかく near to; close to代る代るかわがわる alternately; by turns花弁花弁はなびら flower petalsをこぼした紅白紅白こうはく red and white山茶花山茶花さざんか sasanqua (cammelia that blooms in late summer or fall)残りなくのこりなく without remains; leaving nothing behind落ち尽したつくした were thoroughly fallen; had all fallen down三間半三間半さんけんはん 3.5 ken (about 6 meters; about 7 yards)南向の南向みなみむきの south-facing椽側椽側えんがわ verandaふゆ winter日脚日脚ひあし position of the sun早くはやく early; soon傾いてかたむいて go down (sun)木枯木枯こがらし cold wintry wind吹かないかない not blow daysはほとんどまれ rareになってから吾輩の昼寝昼寝ひるね nap時間時間じかん time狭められたせばめられた has been reducedような feelingがする。

主人主人しゅじん master毎日毎日まいにち each day; every day学校学校がっこう school行くく go (to)帰るかえる return (home)書斎書斎しょさい study; den; reading room立て籠るこもる to shut oneself up (in)ひと peopleが来ると、教師教師きょうし teacher; instructorいや disagreeable; unpleasantだ厭だという。水彩画水彩画すいさいが watercolor painting滅多に滅多めったに seldom; almost neverかかない。タカジヤスターゼタカジヤスターゼ Taka-Diastase (brand of stomach medicine)功能功能こうのう efficacy; benefitがないといってやめてしまった。小供小供こども children (usually 子供こども)感心に感心かんしんに admirably休まないでやすまないで without fail; faithfully幼稚園幼稚園ようちえん kindergartenへかよう。帰ると唱歌唱歌しょうか songs歌ってうたって sing毬をついてまりをついて bounce a ball; toss a ball時々時々ときどき sometimes; on occasion吾輩を尻尾尻尾しっぽ tailぶら下げるぶらげる hang; suspend (by)

吾輩は御馳走御馳走ごちそう delicacy食わないわない not eatから別段別段べつだん particularly; especially肥りもしないふとりもしない not get fat; not grow plumpが、まずまずまずまず passably; adequately健康健康けんこう healthyで跛にもならずにその日その日を暮してくらして spend time; pass one's daysいる。ねずみ mice; rats決してけっして by (no) means取らないらない not catchおさんおさん Osan (name of maidservant)未だにいまだに yet; still嫌いきらい detestable; offensiveである。名前名前なまえ nameはまだつけてくれないが、よく wants; desiresをいっても際限際限さいげん limits; boundsがないから生涯生涯しょうがい one's lifetime; one's daysこの教師のうち house; home無名の無名むめいの namelessねこ cat終るおわる finish out; concludeつもりだ。