あくる日あくる the next day眼が覚めてめて awakenみると、身体中身体中からだじゅう one's entire body痛くていたくて be sore; ache; be in painたまらない。久しくひさしく a long while喧嘩喧嘩けんか fight; scuffleしつけなかったしつけなかった was not accustomed toから、こんなに答えるこたえる affect (a person); be hard on (a person)んだろう。これじゃあんまり自慢自慢じまん boast; bragもできないととこ bedなか within考えてかんがえて consider; think aboutいると、婆さんばあさん old woman四国四国しこく Shikoku新聞新聞しんぶん newspaper持ってきてってきて bring (in)枕元枕元まくらもと bedside; by one's pillow置いていて lay; setくれた。実はじつは actually; in fact新聞を見るる look atのも退儀退儀たいぎ too strenuousなんだが、おとこ a manこれしきのこれしきの such a trifling ...こと situation閉口たれて閉口へこたれて be discouraged; be tired out仕様がある仕様しようがある be of (any) useものかと無理に無理むりに forcibly; against one's will腹這いになって腹這はらばいになって turn onto one's belly寝ながらながら while lying down二頁二頁にページ second page開けてけて openみると驚ろいたおどろいた be surprised; be shocked昨日昨日きのう yesterdayの喧嘩がちゃんと出てて appearいる。喧嘩の出ているのは驚ろかないのだが、中学中学ちゅうがく middle school教師教師きょうし teachers; instructors堀田堀田ほった Hotta (a.k.a. Yama Arashi)ぼう a certain (person)と、近頃近頃ちかごろ recently東京東京とうきょう Tōkyōから赴任した赴任ふにんした assumed a post (employment)生意気なる生意気なまいきなる brash; brazen某とが、順良なる順良じゅんりょうなる upright; peaceable生徒生徒せいと students使嗾して使嗾しそうして incite; coerce (into doing)この騒動騒動そうどう disturbance喚起せる喚起かんきせる stoke; exciteのみならず、両人両人りょうにん both (people)現場現場げんば the scene; the siteにあって生徒を指揮したる指揮しきしたる direct; leadうえ on top of; in addition toみだりにみだりに without provocation師範生師範生しはんせい teachers' college studentsに向ってむかって toward; against暴行暴行ぼうこう attack; assaultをほしいままにしたりと書いていて writeつぎ nextにこんな意見意見いけん opinion; viewpoint附記して附記ふきして append; add on (to)ある。本県本県ほんけん this prefectureの中学は昔時昔時せきじ former times; long ago (usually 昔時せきじつ)より善良善良ぜんりょう good; virtuous温順温順おんじゅん gentle; meek気風気風きふう disposition; spiritをもって全国全国ぜんこく the entire nation羨望する羨望せんぼうする envyところなりしが、軽薄なる軽薄けいはくなる insincere; flippant two豎子豎子じゅし greenhornsのために吾校吾校わがこう our school特権特権とっけん privileged position毀損毀損きそん damage; injuryせられて、この不面目不面目ふめんぼく shame; disgrace全市全市ぜんし the entire city; the entire community受けたるけたる bear; shoulder以上以上いじょう given that ...は、吾人吾人ごじん we奮然として奮然ふんぜんとして indignantly; wrathfully; in a rage起ってって rise upその責任責任せきにん responsibility問わざるを得ずわざるをず must hold accountable for。吾人は信ずしんず trust; believe、吾人が手を下すくだす set to work; lay one's hand toまえ beforeに、当局者当局者とうきょくしゃ the authorities; those in charge相当の相当そうとうの proper; appropriate処分処分しょぶん punishment; punitive measuresをこの無頼漢無頼漢ぶらいかん scoundrels; roguesの上に加えてくわえて inflict; administer彼等彼等かれら they; themをして再びふたたび again教育界教育界きょういくかい academia足を入るるあしるる enter; set foot in余地余地よち place; spaceなからしむること state; situationを。そうして一字ごとに一字いちじごとに on every single characterみんな黒点黒点こくてん black dotを加えて、お灸を据えたきゅうえた administered censure; delivered punishmentつもりでいる。おれは床の中で、くそ excrement; dungでも喰らえらえ eat; take; receive云いながらいながら while sayingむっくり飛び起きたむっくりきた jumped up abruptly不思議な不思議ふしぎな curious; mysterious事にいま now; this momentまで身体の関節関節ふしぶし joints (body)非常に非常ひじょうに exceedingly痛かったのが、飛び起きると同時に同時どうじに immediately upon ...忘れたわすれた be forgottenように軽くなったかるくなった eased; lightened

おれは新聞新聞しんぶん newspaper丸めてまるめて ball up; crumple upにわ garden抛げつけたげつけた threw; hurledが、それでもまだ気に入らなかったらなかった didn't like it; wasn't satisfiedから、わざわざ後架後架こうか pit toilet持って行ってってって take; carry棄てて来たててた went and discarded。新聞なんて無暗な無暗むやみな absurd; gratuitous嘘を吐くうそく spew forth liesもんだ。世の中なか the worldなに what一番一番いちばん most法螺を吹く法螺ほらく talk big; shoot the bull云ってって say; mention、新聞ほどの法螺吹きはあるまい。おれの云ってしかるべきこと matters; thingsをみんな向うむこう the other party並べてならべて lay out (a position on something)いやがる。それに近頃近頃ちかごろ recently東京東京とうきょう Tōkyōから赴任した赴任ふにんした assumed a post (employment)生意気な生意気なまいきな brash; brazenぼう a certain personとは何だ。天下天下てんか the whole country; the worldに某と云う名前名前なまえ nameひと personがあるか。考えてみろかんがえてみろ think about it。これでもれっきとしたれっきとした respectable; decentせい family nameもあり given nameもあるんだ。系図系図けいず lineage; pedigree見たけりゃたけりゃ if (one) wants to see多田満仲多田満仲ただのまんじゅう Tada no Manjū (name - Tada Mitsunaka); here may be word play by Sōseki meaning 'ordinary manjū' (bean-jam bun)以来以来いらい since; from先祖先祖せんぞ ancestors一人一人ひとり one (person)残らずのこらず without omitting拝ましておがまして have (someone) bow in reverence (to)やらあ。――かお face洗ったらあらったら washed頬ぺたほっぺた cheek急にきゅうに suddenly痛くなったいたくなった began to sting婆さんばあさん old womanかがみ mirrorをかせと云ったら、けさの新聞をお見たた looked at; sawかなもしと聞くく asked; inquired読んでんで read後架へ棄てて来た。欲しけりゃしけりゃ if (you) want (it)拾って来いひろってい go get (it)と云ったら、驚いておどろいて in surprise; taken aback引き下がったがった withdrew; retreated。鏡で顔を見ると昨日昨日きのう yesterday; the day before同じおなじ sameようにきず cut; woundがついている。これでも大事な大事だいじな precious顔だ、顔へ傷まで付けられたけられた have (something) inflictedうえ on top of; in addition toへ生意気なる某などと、某呼ばわりをされればばわりをされれば be called (something unflattering)たくさんだ。

今日今日きょう todayの新聞に辟易して辟易へきえきして succumb (to)学校学校がっこう school休んだやすんだ took time off (from)などと云われちゃ一生の一生いっしょうの lifelong名折れ名折なおれ disgraceだから、めし food; meal食ってって eatいの一号にいの一号いちごうに first of all出頭した出頭しゅっとうした appeared; arrived出てて show up; make one's appearanceくるやつ fellowsも、出てくる奴もおれの顔を見て笑ってわらって laugh; snickerいる。なに whatがおかしいんだ。貴様達貴様達きさまたち you (condescending)こしらえてこしらえて make up (one's face)もらった顔じゃあるまいし。そのうち、野だだ Noda (short for Nodaiko, nickname for Yoshikawa, the art teacher)出て来てて arrived、いや昨日はお手柄手柄てがら exploit; great achievementで、――名誉名誉めいよ honor; gloryご負傷負傷ふしょう injury; woundでげすか、と送別会送別会そうべつかい farewell partyとき time; occasion撲ったなぐった hit; beat返報返報へんぽう repayment; retaliation心得た心得こころえた regarded (as)のか、いやに冷かしたひやかした bantered; made fun ofから、余計な余計よけいな uncalled forこと matters; things言わずにわずに without saying絵筆絵筆えふで paintbrushでも舐めてめて lick; suck onいろと云ってやった。するとこりゃ恐入りやした恐入おそれいりやした be defeated; yield。しかしさぞお痛いいたい painful事でげしょうと云うから、痛かろうが、痛くなかろうがおれのつら faceだ。貴様の世話になる世話せわになる receive assistance (from someone)もんかと怒鳴りつけて怒鳴どなりつけて yell atやったら、向う側むこがわ the other side自席自席じせき one's own seat着いていて took (one's position)、やっぱりおれの顔を見て、隣りのとなりの neighboring歴史歴史れきし history教師教師きょうし teacher; instructorと何か内所話内所話ないしょばなし whispering; private conversationをして笑っている。

それから山嵐山嵐やまあらし Yama Arashi (nickname for Hotta, the head mathematics teacher)出頭した出頭しゅっとうした appeared; arrived。山嵐のはな noseに至ってはっては as for; concerning紫色紫色むらさきいろ purple膨張して膨張ぼうちょうして be swollen掘ったらったら excavate; boreなか inside; middleからうみ fluid; discharge出そうそう be ready to come out見えるえる appear自惚自惚うぬぼれ conceit; vanityのせいか、おれのかお faceよりよっぽど手ひどくひどく severely; harshly遣られてられて be damagedいる。おれと山嵐はつくえ desks並べてならべて place next to each other隣り同志のとな同志どうしの neighboring近しいちかしい close; familiarなか associates; friendsで、お負けにけに in addition; moreoverその机が部屋部屋へや room戸口戸口とぐち entrance; doorから真正面真正面ましょうめん directly facingにあるんだからうん luck; circumstancesがわるい。妙なみょうな odd; curious顔が二つふたつ two (things)塊まってかたまって assembled; clumped togetherいる。ほかのやつ fellows退屈退屈たいくつ boredom; idle timeにさえなるときっとこっちばかり見る。飛んだんだ outrageous; awfulこと happeningでとくち mouth; words云うう say; remarkが、こころ heartのうちではこの馬鹿馬鹿ばか foolsがと思っておもって thinkに相違ない相違そういない without doubt。それでなければああいうふう manner私語合って私語合ささやきあって whispering (to each other)はくすくす笑うわらう grin; snickerわけ reasonがない。教場教場きょうじょう classroomへ出ると生徒生徒せいと students拍手拍手はくしゅ clapping; applauseをもって迎えたむかえた greeted; welcomed先生先生せんせい teacher万歳万歳ばんざい banzai; long live ...と云うものが二三人二三人にさんにん two or three (people)あった。景気がいい景気けいきがいい enthusiastic; upliftingんだか、馬鹿にされてるんだか分からないからない can't tell。おれと山嵐がこんなに注意注意ちゅうい attention焼点焼点しょうてん focal point (usually 焦点しょうてん)となってるなかに、赤シャツあかシャツ Red Shirt (nickname for the head teacher)ばかりは平常平常へいじょう usual通りとおり exactly asそば side; proximity来てて came (to)、どうも飛んだ災難災難さいなん calamity; misfortuneでした。ぼく I君等君等きみら you (familiar)に対してたいして regarding; with respect toお気の毒どく unfortunate; too badでなりません。新聞新聞しんぶん newspaper記事記事きじ article校長校長こうちょう (school) principalとも相談して相談そうだんして discuss; consult (with)正誤正誤せいご correction of errors申し込むもうむ request; petition (for)手続き手続てつづき (formal) stepsにしておいたから、心配心配しんぱい worry; concernしなくてもいい。僕のおとうと younger brother堀田堀田ほった Hotta (a.k.a. Yama Arashi)くん (suffix of familiarity for males)誘いさそい beckon; invite行ったった wentから、こんな事が起ったおこった happenedので、僕は実にじつに truly; sincerely申し訳がないもうわけがない can't apologize enough。それでこのけん incidentについてはあくまで尽力尽力じんりょく all one's power; one's utmost effortするつもりだから、どうかあしからずあしからず please understand; please trust (me)、などと半分半分はんぶん half謝罪的な謝罪的しゃざいてきな apologetic言葉言葉ことば wordsを並べている。校長は三時間目三時間目さんじかんめ third hour校長室校長室こうちょうしつ principal's officeから出てきて、困ったこまった troublesome; causing consternation事を新聞がかき出しましたかきしました published; printedね。むずかしくならなければいいがと多少多少たしょう somewhat; a bit心配そうに見えた。おれには心配なんかない、さき future; next免職免職めんしょく dismissal from officeをするなら、免職されるまえ before辞表辞表じひょう letter of resignationを出してしまうだけだ。しかし自分自分じぶん oneselfがわるくないのにこっちから身を引くく resign one's postのは法螺吹きの法螺吹ほらふきの big-talking; ranting新聞屋新聞屋しんぶんや publisher; newspaper menをますます増長させる増長ぞうちょうさせる let (them) grow even more presumptuousわけ situationだから、新聞屋を正誤させて、おれが意地意地いじ obstinacy; stubbornnessにも務めるつとめる play the role (of); work atのが順当順当じゅんとう proper; rightだと考えたかんがえた considered; regarded (as)帰りがけにかえりがけに on the way home新聞屋に談判談判だんぱん argument; debateに行こうと思ったが、学校から取消取消とりけし retractionの手続きはしたと云うから、やめた。

おれと山嵐山嵐やまあらし Yama Arashi (nickname for Hotta, the head mathematics teacher)校長校長こうちょう (school) principal教頭教頭きょうとう head teacher時間時間じかん time合間合間あいま (open) interval見計って見計みはからって find; judgeうそ falsehoodのないところを一応一応いちおう once (through)説明した説明した explained。校長と教頭はそうだろう、新聞屋新聞屋しんぶんや newspaper (publisher)学校学校がっこう school恨みを抱いてうらみをいだいて hold a grudge、あんな記事記事きじ articleことさらにことさらに knowingly; deliberately掲げたかかげた published; printedんだろうと論断した論断ろんだんした concluded赤シャツあかシャツ Red Shirt (nickname for the head teacher)おれ等のおれの our行為行為こうい actions; behavior弁解しながら弁解べんかいしながら while defending (verbally)控所控所ひかえじょ staff room一人ごと一人ひとりごと monologue廻ってまわって circling; pacingあるいていた。ことに自分の自分じぶんの one's ownおとうと younger brotherが山嵐を誘い出したさそした invited outのを自分の過失過失かしつ fault; failureであるかのごとく吹聴して吹聴ふいちょうして announce; proclaimいた。みんなは全くまったく absolutely; completely新聞屋がわるい、怪しからんしからん impertinent; scandalous両君両君りょうくん the two of you実にじつに truly災難災難さいなん calamity; misfortuneだと云ったった said; remarked

帰りがけにかえりがけに on the way home山嵐は、きみ you (familiar; used here as form of address)赤シャツは臭いくさい suspicious; fishyぜ、用心用心ようじん care; vigilanceしないとやられるぜと注意した注意ちゅういした cautioned; warned。どうせ臭いんだ、今日今日きょう todayから臭くなったんじゃなかろうと云うと、君まだ気が付かないかない not notice; not realizeか、きのうわざわざ、僕等僕等ぼくら usを誘い出して喧嘩喧嘩けんか fight; brawlのなかへ、捲き込んだんだ involved in; entangled inのはさく schemeだぜと教えておしえて informくれた。なるほどそこまでは気がつかなかった。山嵐は粗暴な粗暴そぼうな wild; ruffようだが、おれより智慧智慧ちえ insight; wisdomのあるおとこ manだと感心した感心かんしんした be impressed by

「ああやって喧嘩をさせておいて、すぐあとから新聞屋へ手を廻してまわして take measuresあんな記事をかかせたんだ。実に奸物奸物かんぶつ villainだ」

「新聞までも赤シャツか。そいつは驚いたおどろいた be surprised。しかし新聞が赤シャツの云う事をそう容易く容易たやすく is easy; is simple聴くく listen (to)かね」

「聴かなくって。新聞屋に友達友達ともだち friend; acquaintance居りゃりゃ be (in a place)訳はないわけはない easy; simpleさ」

「友達が居るのかい」

「居なくても訳ないさ。嘘をついて、事実事実じじつ actually; in factこれこれだと話しゃはなしゃ tell (them)、すぐ書くく write; publishさ」

「ひどいもんだな。本当に本当ほんとうに really赤シャツの策なら、僕等はこの事件事件じけん incident免職免職めんしょく dismissal (from one's position)になるかも知れないかもれない may be that ...ね」

「わるくすると、遣られるられる be had; be done inかも知れない」

「そんなら、おれは明日明日あした tomorrow辞表辞表じひょう letter of resignation出してして turn in; presentすぐ東京東京とうきょう Tōkyō帰っちまわあかえっちまわあ return home (to)。こんな下等な下等かとうな rotten; vulgarところ place頼んだってたのんだって even if requested居るのはいやだ」

「君が辞表を出したって、赤シャツは困らないこまらない won't mind

「それもそうだな。どうしたら困るだろう」

「あんな奸物の遣る事は、何でもなんでも in everything; no matter what証拠証拠しょうこ evidenceの挙がらないように、挙がらないようにと工夫する工夫くふうする contrive; think outんだから、反駁する反駁はんばくする refute; gainsayのはむずかしいね」

厄介厄介やっかい bother; annoyanceだな。それじゃ濡衣を着る濡衣ぬれぎぬる be handed a bum rapんだね。面白くもない面白おもしろくもない is not amusing; is a rotten situation天道是耶非天道是耶非てんどうぜかひ question of divine justiceかだ」

「まあ、もう二三日二三日にさんにち two or three days様子を見よう様子ようすよう let's see what unfoldsじゃないか。それでいよいよとなったら、温泉温泉 hot springsまち town; district取って抑えるっておさえる catch; seizeより仕方がない仕方しかたがない have no other recourseだろう」

「喧嘩事件は、喧嘩事件としてか」

「そうさ。こっちはこっちで向うむこう the other party急所急所きゅうしょ vital point; tender spotを抑えるのさ」

「それもよかろう。おれは策略策略さくりゃく strategy; tactics下手下手へた unskilled; not good atなんだから、万事万事ばんじ everything; all thingsよろしく頼む。いざとなれば何でもする」

おれ I山嵐山嵐やまあらし Yama Arashi (nickname for Hotta, the head mathematics teacher)はこれで分れたわかれた parted赤シャツあかシャツ Red Shirt (nickname for the head teacher)果たしてはたたして after all; in reality (usually たして)山嵐の推察通り推察通すいさつどおり as conjectured; as surmisedをやったのなら、実にじつに trulyひどいやつ guyだ。到底到底とうてい (not) at all智慧智慧ちえ wisdom; savvy比べくらべ comparison; contest勝てるてる can prevail (over)奴ではない。どうしても腕力腕力わんりょく physical strength; brute forceでなくっちゃ駄目駄目だめ no good; of no useだ。なるほど世界世界せかい the world戦争戦争せんそう wars; warfare絶えないえない will have no endわけ reason; circumstanceだ。個人個人こじん individual (person)でも、とどの詰りとどのつまり in the end; after allは腕力だ。

あくる日あくる the next day新聞新聞しんぶん newspaperのくるのを待ちかねてちかねて waited for披いてひらいて openみると、正誤正誤せいご correction of errorsどころか取り消しし retraction見えないえない could not be found学校学校がっこう school行ってって went (to)たぬき Tanuki (nickname for the school principal)催促する催促さいそくする press (for something); urge (to do)と、あしたぐらい出すす put forth; presentでしょうと云うう say; respond明日明日あす the next dayになって六号活字六号活字ろくごうかつじ size six type; size six font小さくちいさく minutely取消取消とりけし retraction出たた appeared。しかし新聞屋新聞屋しんぶんや newspaper; publisherほう sideで正誤は無論無論むろん of courseしておらない。また校長校長こうちょう (school) principal談判する談判だんぱんする talk; discussと、あれより手続き手続てつづき process; procedureのしようはないのだと云うこたえ answerだ。校長なんてたぬき tanuki (raccoon dog)のようなかお faceをして、いやにフロック張っているフロックっている wearing a frock coat存外存外ぞんがい surprisingly; unexpectedly無勢力無勢力むせいりょく powerless; lacking in influenceなものだ。虚偽の虚偽きょぎの untrue; sham記事記事きじ article; story掲げたかかげた write; publish田舎田舎いなか country; rural新聞一つひとつ one (thing)詫まらせるあやまらせる cause to take back事が出来ないこと出来できない is incapable of ...。あんまり腹が立ったはらった was upset; became angryから、それじゃわたし I一人で一人ひとりで alone; by oneself行って主筆主筆しゅひつ editorに談判すると云ったら、それはいかん、きみ you (familiar)が談判すればまた悪口悪口わるくち libel; defamation書かれるかれる be written; be publishedばかりだ。つまり新聞屋にかかれた事は、うそにせよ、本当本当ほんとう truthにせよ、つまりどうする事も出来ないものだ。あきらめるより外にほかに otherwise; besides仕方がない仕方しかたがない nothing can be doneと、坊主坊主ぼうず (Buddhist) monk説教説教せっきょう teaching; sermonじみた説諭説諭せつゆ caution; exhortation加えたくわえた added。新聞がそんなもの thingなら、一日も早く一日いちにちはやく as soon as possible打っ潰してつぶして take down; wipe outしまった方が、われわれの利益利益りえき favor; benefitだろう。新聞にかかれるのと、泥鼈泥鼈すっぽん snapping turtle食いつかれるいつかれる be bitten into (by)とが似たり寄ったりたりったり be similar; be one and the sameだとは今日今日こんにち this dayただ今ただいま at this momentたぬき Tanuki (nickname for the school principal)説明説明せつめい explanationによって始めてはじめて for the first time承知仕った承知仕つかまつった realized; became aware of

それから三日三日みっか three daysばかりして、ある day午後午後ごご afternoon山嵐山嵐やまあらし Yama Arashi (nickname for Hotta, the head mathematics teacher)憤然と憤然ふんぜんと in a rage; flusteredやって来てやってて appeared、いよいよ時機時機じき time; momentが来た、おれは例のれいの previously decided; previously discussed計画計画けいかく plan断行する断行だんこうする carry out; executeつもりだと云うう say; tellから、そうかそれじゃおれもやろうと、即座に即座そくざに immediately一味徒党一味徒党いちみととう co-conspirator加盟した加盟かめいした joined; became a participant。ところが山嵐が、きみ you (familiar)はよすほう choice; alternativeがよかろうと首を傾けたくびかたむけた incline one's head; motion with one's head。なぜと聞くく ask; inquireと君は校長校長こうちょう (school) principal呼ばれてばれて be called; be summoned辞表辞表じひょう letter of resignation出せせ present; submitと云われたかと尋ねるたずねる ask; questionから、いや云われない。君は? と聴き返すかえす ask in responseと、今日今日きょう today校長室校長室こうちょうしつ principal's officeで、まことに気の毒どく unfortunate; a shameだけれども、事情事情じじょう situation; circumstancesやむをえんから処決して処決しょけつして bring to settlementくれと云われたとのこと happening; matterだ。

「そんな裁判裁判さいばん justice; hearingはないぜ。たぬき Tanuki (nickname for the school principal)大方大方おおかた probably腹鼓腹鼓はらつづみ belly drum叩き過ぎてたたぎて beat excessively; drum on excessively stomach位置位置いち position; orientation顛倒した顛倒てんどうした be upset; be overturnedんだ。君とおれは、いっしょに、祝勝会祝勝会しゅくしょうかい victory celebration (Russo-Japanese War)出てて attended; appeared (at)さ、いっしょに高知高知こうち Kōchi (city in southern part of Shikoku)のぴかぴか踴りおどり dance見てて viewed; watchedさ、いっしょに喧嘩喧嘩けんか fight; row; brawlをとめにはいったんじゃないか。辞表を出せというなら公平公平こうへい impartiality; fairness両方両方りょうほう bothへ出せと云うがいい。なんで田舎田舎いなか countryside; rural area学校学校がっこう schoolはそう理窟理窟りくつ logic; reason分らないわからない can't understandんだろう。焦慮い焦慮じれったい irritating; aggravatingな」

「それが赤シャツあかシャツ Red Shirt (nickname for the head teacher)指金指金さしがね suggestion; influence (of)だよ。おれと赤シャツとはいま now; the presentまでの行懸り上行懸ゆきがかじょう by force of circumstances到底到底とうてい (not) at all両立両立りょうりつ coexistence; compatibilityしない人間人間にんげん people; personsだが、君のほう side; alternativeは今の通りとおり exactly as ...置いていて keep in placeがい harmにならないと思っておもって think; considerるんだ」

「おれだって赤シャツと両立するものか。害にならないと思うなんて生意気生意気なまいき impertinent; conceitedだ」

「君はあまり単純過ぎる単純過たんじゅんすぎる (so) simplistic; (so) naïveから、置いたって、どうでも胡魔化される胡魔化ごまかされる be deceived; be taken in考えてかんがえて consider; think that ...るのさ」

「なお悪いわるい malicious; wickedや。だれ whoが両立してやるものか」

「それに先だってせんだって the other day古賀古賀こが Koga (a.k.a. Uranari, the English teacher)去ってって left; departedから、まだ後任後任こうにん successor事故事故じこ accidentのために到着到着とうちゃく arrivalしないだろう。その上にそのうえに on top of that君とぼく me同時に同時どうじに at the same time追い出しちゃしちゃ drive away; dispense with生徒生徒せいと students時間時間じかん time; schedule明きき opening出来て出来できて come about; be formed授業授業じゅぎょう classesさし支えるさしつかえる be impeded; be interruptedからな」

「それじゃおれを間のくさびあいのくさび joining peg; filler一席伺わせる一席伺いっせきうかがわせる include in (their) scheme intentionなんだな。こん畜生こん畜生ちくしょう damn them、だれがその手に乗るる be taken in (by)ものか」

翌日翌日あくるひ the next dayおれは学校学校がっこう school出てて arrived (at)校長室校長室こうちょうしつ principal's office入ってはいって entered談判談判だんぱん discussion; debate始めたはじめた began

何でなんで whyわたし me辞表辞表じひょう letter of resignation出せせ present; submit云わないわない not requestんですか」

「へえ?」とたぬき Tanuki (nickname for the school principal)あっけに取られてあっけにられて be surprised; be taken abackいる。

堀田堀田ほった Hotta (a.k.a. Yama Arashi)には出せ、私には出さないで好いい fine; okayと云う法がありますかほうがありますか how can it possibly be that ...

「それは学校のほう side; direction都合都合つごう circumstancesで……」

「その都合が間違ってまさあ間違まちがってまさあ in the wrong; mistaken。私が出さなくって済むむ be resolved; be settledなら堀田だって、出す必要必要ひつよう necessityはないでしょう」

その辺そのへん on that matter説明説明せつめい explanation出来かねます出来できかねます can't provideが――堀田君は去られてられて be separated; leaveもやむをえんのですが、あなたは辞表をお出しになる必要を認めませんみとめません do not accept; will not acknowledgeから」

なるほど狸だ、要領を得ない要領ようりょうない senseless; incomprehensibleこと facts; thingsばかり並べてならべて lay out; set forth、しかも落ち付き払ってはらって maintain perfect composureる。おれは仕様がない仕様しようがない be left with no alternativeから

「それじゃ私も辞表を出しましょう。堀田くん (suffix of familiarity for males)一人一人ひとり alone; by oneself辞職辞職じしょく resignationさせて、私が安閑として安閑あんかんとして sit idly by留まってとどまって stay behind; continue on (in one's present position)いられると思っておもって thinkいらっしゃるかも知れないかもれない it may be that ...が、私にはそんな不人情な不人情ふにんじょうな unkind; coldhearted事は出来ません」

「それは困るこまる be in a bind; be troubled。堀田も去りあなたも去ったら、学校の数学数学すうがく mathematics授業授業じゅぎょう class; instructionがまるで出来なくなってしまうから……」

「出来なくなっても私の知ったった know of; care about事じゃありません」

「君そう我儘我儘わがまま selfishness; waywardnessを云うものじゃない、少しすこし a little; a bitは学校の事情事情じじょう circumstances察してさっして consider; understandくれなくっちゃ困る。それに、来てて came; arrivedから一月一月いっかげつ one month (usually 一ヶ月いっかげつ)立つつ pass (time)か立たないのに辞職したと云うと、君の将来将来しょうらい future履歴履歴りれき one's resumé関係する関係かんけいする affect; reflect (on)から、その辺も少しは考えたらかんがえたら considerいいでしょう」

「履歴なんか構うかまう care aboutもんですか、履歴より義理義理ぎり duty; obligation大切大切たいせつ importantです」

「そりゃごもっとも――君の云うところは一々一々いちいち one by one; point by pointごもっともだが、わたしの云う方も少しは察して下さいください please ...。君が是非是非ぜひ of necessity; in any case辞職すると云うなら辞職されてもいいから、代りかわり replacementのあるまでどうかやってもらいたい。とにかく、うちでもう一返もう一返いっぺん one more time考え直してかんがなおして reconsiderみて下さい」

考え直すって、直しようのない明々白々たる明々白々めいめいはくはくたる obvious; clear as day理由理由りゆ reason; groundsだが、狸が蒼くなったりあおくなったり turning pale赤くなったりあかくなったり turning red; becoming flushedして、可愛想可愛想かわいそう pitiableになったからひとまず考え直す事として引き下がったがった took leave; withdrew赤シャツあかシャツ Red Shirt (nickname for the head teacher)には口もきかなかったくちもきかなかった didn't talk to。どうせ遣っつけるっつける criticize; attackなら塊めてかためて bunched together; all at once、うんと遣っつける方がいい。

山嵐山嵐やまあらし Yama Arashi (nickname for Hotta, the head mathematics teacher)に狸と談判した模様模様もよう gist; tone話したらはなしたら explained; conveyed大方大方おおかた probably; likelyそんな事だろうと思った。辞表の事はいざとなるまでそのままにしておいても差支え差支さしつかえ hindrance; inconvenienceあるまいとのはなし response; opinionだったから、山嵐の云う通りとおり exactly asにした。どうも山嵐の方がおれよりも利巧利巧りこう clever; savvyらしいから万事万事ばんじ all things; everything山嵐の忠告忠告ちゅうこく advice; counsel従うしたがう follow; adhere to事にした。

山嵐山嵐やまあらし Yama Arashi (nickname for Hotta, the head mathematics teacher)はいよいよ辞表辞表じひょう letter of resignation出してして submitted; presented職員職員しょくいん staff一同一同いちどう one and all告別告別こくべつ farewell; parting挨拶挨拶あいさつ civilities; formalitiesをしてはま beach; shore港屋港屋みなとや Minatoya (name of an inn)まで下ったさがった went down (to)が、ひと people知れないれない unbeknownstように引き返してかえして doubled back温泉温泉 baths; hot springsまち town枡屋枡屋ますや Masuya (name of an inn)おもて front side; street side二階二階にかい second floor潜んでひそんで lurk; lie low障子障子しょうじ shōji (sliding paper screen)あな holeをあけて覗き出したのぞした began surveillance。これを知ってるものはおればかりだろう。赤シャツあかシャツ Red Shirt (nickname for the head teacher)忍んで来ればしのんでれば come sneakingどうせよる nightだ。しかも宵の口よいくち early evening生徒生徒せいと studentsやそのほか other eyesがあるから、少なくともすくなくとも at least九時九時くじ nine (o'clock)過ぎぎ after; pastに極ってるきまってる is certain; is a given最初最初さいしょ initial; first二晩二晩ふたばん two nightsはおれも十一時十一時じゅういちじ eleven (o'clock)ごろ about; aroundまで張番張番はりばん lookout; watchをしたが、赤シャツのかげ shadow; sign (of something)見えないえない could not be seen三日目三日目みっかめ third dayには九時から十時半十時半じゅうじはん ten thirtyまで覗いたがやはり駄目駄目だめ unsuccessful; no goodだ。駄目を踏んでんで go through; complete夜なかなか late at night; middle of the night下宿下宿げしゅく lodgings帰るかえる return homeほど馬鹿気た馬鹿気ばかげた foolish; idioticこと act; thingはない。四五日四五日しごんち four or five daysすると、うちの婆さんばあさん old woman少々少々しょうしょう a bit; somewhat心配心配しんぱい worry; concern始めてはじめて began; started奥さんおくさん wifeのおありるのに、夜遊び夜遊よあそび nightlifeはおやめたがええぞなもしと忠告した忠告ちゅうこくした admonished; cautioned。そんな夜遊びとは夜遊びが違うちがう be different (from)。こっちのは天に代っててんかわって on behalf of Heaven誅戮を加える誅戮ちゅうりくくわえる administer punishment夜遊びだ。とはいうものの一週間一週間いっしゅうかん one week通ってかよって attend; frequent少しもすこしも (not) in the least験が見えないげんえない produce no resultsと、いやになるもんだ。おれは性急な性急せっかちな impatient性分性分しょうぶん nature; dispositionだから、熱心熱心ねっしん fervent; ardentになると徹夜徹夜てつや all-nighterでもして仕事仕事しごと work; taskをするが、その代りそのかわり on the other hand何によらずなんによらず with no task at hand長持ちのした長持ながもちのした endured試しためし instance; exampleがない。いかに天誅天誅てんちゅう divine justiceとう party; factionでも飽きるきる grow weary (of)事に変りはないかわりはない is the same as always六日目六日目むいかめ sixth dayには少々いやになって、七日目七日目なのかめ seventh dayにはもう休もうやすもう give it a rest; call it quitsかと思ったおもった thought (of doing)。そこへ行くく go (to)と山嵐は頑固頑固がんこ stubborn; obstinateなものだ。宵から十二時十二時じゅうにじ midnightすぎ after; pastまではまなこ eyeを障子へつけて、角屋角屋かどや Kadoya (name of an inn / restaurant)丸ぼやまるぼや spherical (fire)瓦斯燈瓦斯燈がすとう gas lampした below; beneath睨めっきりにらめっきり watch intentlyである。おれが行くと今日今日きょう today何人何人なんにん how many peopleきゃく patronsがあって、泊りとまり staying the nightが何人、おんな womenが何人といろいろな統計統計とうけい figures; statistics示すしめす indicate; point outのには驚ろいたおどろいた be surprised; be impressed。どうも来ないない not showようじゃないかと云うう said; remarkedと、うん、たしかに来るる show upはずだがと時々時々ときどき sometimes腕組をして腕組うでぐみをして fold one's arms (across one's chest)溜息をつく溜息ためいきをつく release a sigh可愛想に可愛想かわいそうに sadly; pitiably、もし赤シャツがここへ一度一度いちど once来てて show up; comeくれなければ、山嵐は、生涯生涯しょうがい as long as one lives天誅を加える事は出来ない出来できない cannot accomplishのである。

八日目八日目ようかめ eighth dayには七時七時しちじ seven (o'clock)ごろ about; aroundから下宿下宿げしゅく lodgings出てて leave; depart (from)、まずゆるりと湯に入ってはいって bathed、それからまち town鶏卵鶏卵けいらん (hen's) eggs八つやっつ eight (things)買ったった bought; purchased。これは下宿の婆さんばあさん old womanいも potatoぜめ forcing (something on someone)応ずるおうずる respond (to); counterさく means; measureである。その玉子玉子たまご eggs四つつ four (things)ずつ左右左右さゆう left and rightたもと sleeve pocket入れてれて put into例のれいの signature; trademarkあか red手拭手拭てぬぐい towel; washclothかた shoulder乗せてせて set onto懐手懐手ふところで hands in pocketsをしながら、枡屋枡屋ますや Masuya (name of an inn)楷子段楷子段はしごだん steps; stairs登ってのぼって climbed山嵐山嵐やまあらし Yama Arashi (nickname for Hotta, the head mathematics teacher)座敷座敷ざしき room障子障子しょうじ shōji (sliding paper screen)をあけると、おい有望有望ゆうぼう promising; favorable有望と韋駄天韋駄天いだてん Idatenのようなかお face急にきゅうに suddenly活気活気かっき vigor; animation呈したていした showed; displayed昨夜昨夜ゆうべ the previous eveningまでは少しすこし a bit; somewhat塞ぎふさぎ melancholy; depression気味気味きみ feelingで、はたで見ているはたでている seeing from the outsideおれさえ、陰気陰気いんき gloom臭いくさい smacking of ...思ったおもった thoughtくらいだが、この顔色顔色かおいろ complexion; (facial) colorを見たら、おれも急にうれしくなって、何もなにも (not) anything聞かないかない not asking; not inquiringさき beforeから、愉快愉快ゆかい wonderful; excellent愉快と云ったった said; exclaimed

今夜今夜こんや this evening七時半七時半しちじはん seven thirty頃あの小鈴小鈴こすず Kosuzu (name)と云う芸者芸者げいしゃ geisha角屋角屋かどや Kadoya (name of an inn / restaurant)へはいった」

赤シャツシャツ Red Shirt (nickname for the head teacher)といっしょか」

「いいや」

「それじゃ駄目駄目だめ no goodだ」

「芸者は二人づれ二人ふたりづれ two (people) togetherだが、――どうも有望らしい」

「どうして」

「どうしてって、ああ云う狡いずるい cunning; craftyやつ fellowだから、芸者を先へよこして、あと laterから忍んでくるしのんでくる come sneaking (in)かも知れないかもれない it may be that ...

「そうかも知れない。もう九時九時くじ nine (o'clock)だろう」

いま now; at present九時十二分九時くじ十二じゅうにふん nine twelveばかりだ」とおび sash; beltあいだ intervals (folds)からニッケル製ニッケルせい made of nickel時計時計とけい watch出してして take out; produce見ながらながら looking at云ったが「おい洋燈洋燈らんぷ lamp消せせ put out、障子へ二つふたつ two (things)坊主頭坊主頭ぼうずあたま close-cropped heads写ってうつって be projected; cast a silhouetteはおかしい。きつね foxはすぐ疑ぐるうたぐる grow suspiciousから」

おれは一貫張の一貫張いっかんばりの lacquer-enameledつくえ deskうえ topにあった置き洋燈洋燈らんぷ portable lamp; table lampをふっと吹きけしたきけした blew out星明り星明ほしあかり starlightで障子だけは少々少々しょうしょう faintly; a littleあかるい。つき moonはまだ出てて come out; appearいない。おれと山嵐は一生懸命に一生懸命いっしょうけんめいに earnestly; with undivided attention障子へかお facesをつけて、いき breath凝らしてらして suppress (breathing)いる。チーンと九時半九時半くじはん nine thirty柱時計柱時計はしらどけい wall clock鳴ったった rang; chimed

「おい来るる come; show upだろうかな。今夜今夜こんや tonight来なければなければ if (he) doesn't show upぼく Iはもういや had enoughだぜ」

「おれはぜに money; fundsのつづく限りかぎり as long as; to the extent that ...やるんだ」

「銭っていくらあるんだい」

今日今日きょう todayまでで八日八日ようか eight daysぶん portion; share五円六十銭五円ごえん六十銭ろくじゅっせん 5 yen and 60 sen払ったはらった paid。いつ飛び出してして take off; run out都合都合つごう conditions; circumstancesのいいように毎晩毎晩まいばん every night勘定する勘定かんじょうする pay up; settle one's accountんだ」

「それは手廻し手廻てまわし preparation; arrangementがいい。宿屋宿屋やどや innkeeper驚いておどろいて be surprisedるだろう」

「宿屋はいいが、気が放せないはなせない have to be ever vigilantから困るこまる find it difficult

その代りそのかわり on the other hand昼寝昼寝ひるね napをするだろう」

「昼寝はするが、外出外出がいしゅつ going out出来ない出来できない is not possibleんで窮屈窮屈きゅうくつ cramped; constrainedでたまらない」

天誅天誅てんちゅう divine justice骨が折れるほねれる takes considerable effort; is no easy taskな。これで天網恢々疎にして洩らしちまったり天網恢々疎てんもうかいかいそにしてらしちまったり if (he) escapes the slow hand of Heaven's vengeance何かしちゃなにかしちゃ anyway; at any rate、つまらないぜ」

「なに今夜はきっとくるよ。――おい見ろろ look見ろ」と小声小声こごえ low voice; whisperになったから、おれは思わずおもわず reflexivelyどきりとした。黒いくろい black帽子帽子ぼうし hat戴いたいただいた was wearingおとこ manが、角屋角屋かどや Kadoya (name of an inn / restaurant)瓦斯燈瓦斯燈がすとう gas lampした belowから見上げた見上みあげた looked up atまま暗いくらい dark; unlitほう side; direction通り過ぎたとおぎた passed on (to)違っているちがっている wrong (man)。おやおやと思った。そのうち帳場帳場ちょうば office; front desk時計時計とけい clock遠慮なく遠慮えんりょなく indifferently; relentlessly十時十時じゅうじ ten (o'clock)打ったった struck。今夜もとうとう駄目駄目だめ no good; failureらしい。

世間世間せけん the outside world; the streets大分大分だいぶ for the most part静かしずか quietになった。遊廓遊廓ゆうかく red-light district鳴らすらす ring out太鼓太鼓たいこ drum hand取るる takeように聞えるきこえる could be heardつき moon温泉温泉 hot springsやま hills; mountainsうしろ behindからのっとかお face出したした presented; showed往来往来おうらい road; streetはあかるい。すると、しも belowの方から人声人声ひとごえ voicesが聞えだした。まど windowからくび head (lit: neck)を出す訳には行かないわけにはかない one could not ...から、姿姿すがた form; appearance突き留めるめる ascertain; identify事は出来ないこと出来できない it was not possible to ...が、だんだん近づいて来るちかづいてる draw near; approach模様模様もよう signs; indicationsだ。からんからんと駒下駄駒下駄こまげた low clogs引き擦るる drag; shuffle (one's feet)おと soundがする。まなこ eye斜めななめ at an angleにするとやっと二人二人ふたり two (people)影法師影法師かげぼうし shadow figures見えるえる come into sightくらいに近づいた。

「もう大丈夫大丈夫だいじょうぶ all right; fine; okayですね。邪魔もの邪魔じゃまもの nuisance; hindrance追っ払ったぱらった drove away; cleared outから」正しくまさしく undoubtedly; surely野だだ Noda (short for Nodaiko, nickname for Yoshikawa, the art teacher)こえ voiceである。「強がるつよがる act toughばかりでさく tactがないから、仕様がない仕様しようがない be of no use; come to nothing」これは赤シャツあかシャツ Red Shirt (nickname for the head teacher)だ。「あのおとこ manべらんめえべらんめえ Tōkyō kid似てて resemble; be similar (to)いますね。あのべらんめえと来たらたら concerning ...; as for ...勇み肌のいさはだの gallant; chivalrous坊っちゃんっちゃん young masterだから愛嬌愛嬌あいきょう charming; attractiveがありますよ」「増給増給ぞうきゅう pay raiseがいやだの辞表辞表じひょう letter of resignationを出したいのって、ありゃどうしても神経神経しんけい nerves異状異状いじょう disorder; abnormalityがあるに相違ない相違そういない no doubt ...」おれは窓をあけて、二階二階にかい second floorから飛び下りてりて jump down思うおもう think; be inclined (to do)よう manner; method打ちのめしてちのめして beat up; pummelやろうと思ったが、やっとの事で辛防した辛防しんぼうした held back; exercised restraint。二人はハハハハと笑いながらわらいながら laughing; chuckling、瓦斯燈の下を潜ってくぐって pass through、角屋のなか insideへはいった。

「おい」

「おい」

来たた came; arrivedぜ」

「とうとう来た」

「これでようやく安心した安心あんしんした feel relieved; can be at ease

野だだ Noda (short for Nodaiko, nickname for Yoshikawa, the art teacher)の畜生畜生ちくしょう damn that ...、おれの事こと concerning ...; about ...勇み肌のいさはだの gallant; chivalrous坊っちゃんっちゃん young masterだと抜かしやがったかしやがった had the impudence to say

邪魔物邪魔物じゃまもの nuisance; hindrance云うう say; call (someone something)のは、おれの事だぜ。失敬失敬しっけい disrespect; impertinence千万千万せんばん in the extremeな」

おれと山嵐山嵐やまあらし Yama Arashi (nickname for Hotta, the head mathematics teacher)二人二人ふたり two (people)帰路帰路きろ way home要撃要撃ようげき ambushしなければならない。しかし二人はいつ出てくるてくる come out; emerge見当がつかない見当けんとうがつかない have no idea。山嵐はした below; downstairs行ってって went今夜今夜こんや tonightことによると夜中夜中よなか during the night用事用事ようじ businessがあって出るかも知れないかもれない might ...から、出られるようにしておいてくれと頼んで来たたのんでた went and requestedいま now思うおもう think of; think aboutと、よく宿宿やど innのものが承知した承知しょうちした agreed; acquiescedものだ。大抵大抵たいてい usuallyなら泥棒泥棒どろぼう thief; burglar間違えられる間違まちがえられる be mistaken forところだ。

赤シャツあかシャツ Red Shirt (nickname for the head teacher)来るる show up; arriveのを待ち受けたけた laid in waitのはつらかったが、出て来るのをじっとして待ってるのはなおつらい。寝るる sleep訳には行かないわけにはかない one couldn't ...し、始終始終しじゅう constantly; continually障子障子しょうじ shōji (sliding paper screen)すき opening; crackから睨めてにらめて peer; stareいるのもつらいし、どうも、こうもこころ heart; soul落ちつかなくってちつかなくって can't settle down、これほど難儀な難儀なんぎな difficult; strenuous思いをした事はいまだにない。いっその事いっそのこと better to ...; would prefer to ...角屋角屋かどや Kadoya (name of an inn / restaurant)踏み込んでんで rush into; raid現場現場げんば the site; the scene; the act取って抑えようっておさえよう catch (at); seize; suppress発議発議ほつぎ proposal; suggestionしたが、山嵐は一言にして一言いちごんにして with a word; outright、おれの申し出もう proposal斥けたしりぞけた refused; rejected自分共自分共じぶんども we; the (two) of us今時分今時分いまじぶん at this time; at this point飛び込んだって、乱暴者乱暴者らんぼうもの disorderly intruders; rough necksだと云って途中で途中とちゅうで in the process遮られるさえぎられる be blocked; be thwartedわけ reason; rationale話してはなして explain面会面会めんかい meeting; audience求めればもとめれば request; seek居ないない is not present; is not there逃げるげる evade; avoid別室別室べっしつ different room案内をする案内あんないをする lead (to); direct (to)不用意不用意ふようい unprepared; off guardのところへ踏み込めるめる manage to break in仮定したところで仮定かていしたところで supposing ...何十何十なんじゅう many tens ofとある座敷座敷ざしき roomsのどこに居るか分るわかる can knowものではない、退屈退屈たいくつ boredom; tediumでも出るのを待つより外にほかに otherwise; besidesさく means; measureはないと云うから、ようやくの事でとうとうあさ morning五時五時ごじ five (o'clock)まで我慢した我慢がまんした persevered

角屋から出る二人のかげ form; shape見るや否やるやいなや as soon as one sees、おれと山嵐はすぐあとを尾けたあとをけた followed after一番一番いちばん first汽車汽車きしゃ (steam) trainはまだないから、二人とも城下城下じょうか (main) townまであるかなければならない。温泉温泉 hot springs; bathsまち district; townをはずれると一丁一丁いっちょう 1 chō (about 110 meters; about 120 yards)ばかりのすぎ cedar並木並木なみき row of trees; roadside treesがあって左右左右さゆう left and right; both sides田圃田圃たんぼ rice paddiesになる。それを通りこすとおりこす pass by; move beyondここかしこここかしこ here and there藁葺藁葺わらぶき thatch-roofed (houses)があって、はたけ (farm) fieldsなか middle一筋に一筋ひとすじに in a straight line城下まで通るとおる pass through (to); lead (to)土手土手どて embankment; leveeへ出る。町さえはずれれば、どこで追いついていついて catch up to構わないかまわない didn't matterが、なるべくなら、人家のない人家ひとけのない deserted (usually 人気ひとけのない)、杉並木で捕まえてつらまえて catch; seizeやろうと、見えがくれにえがくれに in and out of sightついて来た。町を外れるはずれる leave behind; separate from急にきゅうに suddenly; at once馳け足あし run; quick steps姿勢姿勢しせい posture; attitudeで、はやてはやて swift breeze; galeのように後ろうしろ behindから、追いついた。なに whatが来たかと驚ろいておどろいて be surprised振り向くく look back; turn to seeやつ fellowsを待てと云ってかた shoulder手をかけたをかけた took hold of; grabbed野だだ Noda (short for Nodaiko, nickname for Yoshikawa, the art teacher)狼狽狼狽ろうばい panic; confusion気味気味きみ look; feeling逃げ出そうそう about to fleeという景色景色けしき appearance; mienだったから、おれがまえ front廻ってまわって circle around (to)行手行手ゆくて means of escape塞いでふさいで block; cut offしまった。

教頭教頭きょうとう head teacherしょく post; position持ってって hold (a position)るものが何でなんで why角屋角屋かどや Kadoya (name of an inn / restaurant)行ってって go (to)泊ったとまった spent the night」と山嵐山嵐やまあらし Yama Arashi (nickname for Hotta, the head mathematics teacher)はすぐ詰りかけたなじりかけた reproached; accused

「教頭は角屋へ泊って悪るいるい in the wrong; criminalという規則規則きそく rule; regulationがありますか」と赤シャツあかシャツ Red Shirt (nickname for the head teacher)依然として依然いぜんとして as ... as ever鄭寧な鄭寧ていねいな civil; courteous言葉言葉ことば words; speech使って使つかって use; employる。かお faceいろ color少々少々しょうしょう a bit; somewhat蒼いあおい blue; pale

取締上取締上とりしまりじょう from a disciplinary perspective不都合不都合ふつごう improper; objectionableだから、蕎麦屋蕎麦屋そばや soba shop団子屋団子屋だんごや dumpling shopへさえはいってはいかんと、云うう say; stateくらい謹直な人謹直きんちょくひと man of integrityが、なぜ芸者芸者げいしゃ geishaといっしょに宿屋宿屋やどや inn; tavernとまり込んだとまりんだ spent the night野だだ Noda (short for Nodaiko, nickname for Yoshikawa, the art teacher)隙を見てすきて find an opening逃げ出そうとするそうとする will try to escapeからおれはすぐ前すぐまえ close in front立ち塞がってふさがって stood blocking the wayべらんめえべらんめえ Tōkyō kid坊っちゃんっちゃん young masterた何だ」と怒鳴り付けたら怒鳴どなけたら berated; roared (at)、「いえきみ you (familiar)の事こと about ...; concerning ...を云ったんじゃないんです、全くないまったくない not at allんです」と鉄面皮に鉄面皮てつめんぴに impudently; shamelessly言訳がましい言訳いいわけがましい smacking of back talk事をぬかしたぬかした had the gall to say。おれはこのとき time; occasion気がついてがついて took noticeみたら、両手両手りょうて both hands自分の自分じぶんの one's ownたもと sleeve pockets握ってにぎって hold; gripる。追っかけるっかける give chase時に袂のなか insideたまご eggsがぶらぶらして困るこまる cause troubleから、両手で握りながら来たた came; arrivedのである。おれはいきなり袂へ手を入れてれて put into; inserted玉子玉子たまご eggs二つふたつ two (things)取り出してして took out、やっと云いながら、野だのかお face擲きつけたたたきつけた smashed; hurled against。玉子がぐちゃりと割れてれて break; crack openはな noseさき tipから黄味黄味きみ yellowish (substance)がだらだら流れだしたながれだした streamed; began to flow。野だはよっぽど仰天した仰天ぎょうてんした be horrified; be frightenedもの person; individual見えてえて appeared (to be)、わっと言いながらいながら exclaiming尻持をついて尻持しりもちをついて fall (down) on one's rear助けてたすけて help (me)くれと云った。おれは食うう eatために玉子は買ったった bought; purchasedが、打つけるつける throw; hit (with)ために袂へ入れてる訳ではないわけではない it's not the case that ...。ただ肝癪肝癪かんしゃく passion; temperのあまりに、ついぶつけるともなしにともなしに without really intending to ...打つけてしまったのだ。しかし野だが尻持を突いた尻持しりもちいた be fallen on (his) rearところを見て始めてはじめて for the first time、おれの成功した成功せいこうした accomplished; succeeded (at)事に気がついたから、こん畜生こん畜生ちくしょう damn you!、こん畜生と云いながら残るのこる remaining六つむっつ six (things)無茶苦茶に無茶苦茶むちゃくちゃに blindly; madly; pell-mell擲きつけたら、野だは顔中顔中かおじゅう all over one's face黄色黄色きいろ yellowになった。

おれが玉子玉子たまご eggsをたたきつけているうち、山嵐山嵐やまあらし Yama Arashi (nickname for Hotta, the head mathematics teacher)赤シャツあかシャツ Red Shirt (nickname for the head teacher)はまだ談判談判だんぱん debate; argument最中最中さいちゅう in the midst ofである。

芸者芸者げいしゃ geishaをつれてぼく I宿屋宿屋やどや inn泊ったとまった spent the nightと云うう saying ...; showing ...証拠証拠しょうこ evidence; proofがありますか」

よい early evening貴様貴様きさま you (condescending)のなじみの芸者が角屋角屋かどや Kadoya (name of an inn / restaurant)へはいったのを見てて saw; witnessed云うこと fact; matterだ。胡魔化せる胡魔化ごまかせる can cover up; can deceiveものか」

「胡魔化す必要必要ひつよう necessityはない。僕は吉川吉川よしかわ Yoshikawa (a.k.a. Nodaiko)くん (suffix of familiarity for males)二人二人ふたり two (people)で泊ったのである。芸者が宵にはいろうが、はいるまいが、僕の知ったった know (about); be aware of事ではない」

「だまれ」と山嵐は拳骨拳骨げんこつ fist食わしたわした fed; made (someone) eat。赤シャツはよろよろしたが「これは乱暴乱暴らんぼう rude; disorderlyだ、狼藉狼藉ろうぜき violence; outrageである。理非理非りひ rights and wrongs; relative merits弁じないでべんじないで without properly arguing; without fair hearing腕力腕力わんりょく brute forceに訴えるうったえる resort to; have recourse toのは無法無法むほう injusticeだ」

「無法でたくさんだ」とまたぽかりと撲ぐるぽかりとぐる whack; thwack。「貴様のような奸物奸物かんぶつ villain; scoundrelはなぐらなくっちゃ、答えないこたえない won't get through (to someone); won't make any impressionんだ」とぽかぽかなぐる。おれも同時に同時どうじに at the same time野だだ Noda (short for Nodaiko, nickname for Yoshikawa, the art teacher)散々に散々さんざんに harshly; severely擲き据えたたたえた thrashed; drubbed。しまいには二人ともすぎ cedars根方根方ねかた lower part; rootにうずくまって動けないうごけない unable to moveのか、眼がちらちらするがちらちらする be dazzled; be blindedのか逃げようげよう flee; run awayともしない。

「もうたくさんか、たくさんでなけりゃ、まだ撲ってなぐって hit; smackやる」とぽかんぽかんと両人両人ふたり both (people)でなぐったら「もうたくさんだ」と云った。野だに「貴様もたくさんか」と聞いたらいたら asked; inquired無論無論むろん of courseたくさんだ」と答えたこたえた responded; answered

貴様等貴様等きさまら you (plural)は奸物だから、こうやって天誅天誅てんちゅう divine justice加えるくわえる administer; dole outんだ。これに懲りてりて learn a hard lesson以来以来いらい after ...つつしむつつしむ be prudent; behave oneselfがいい。いくら言葉言葉ことば words; speech巧みにたくみに cleverly; skillfully弁解弁解べんかい explanation; defense立ってって be formed; be constructed正義正義せいぎ justice; righteousness許さんゆるさん won't allow (it)ぞ」と山嵐が云ったら両人共両人共ふたりとも both togetherだまっていた。ことによると口をきくくちをきく talk; speakのが退儀退儀たいぎ beyond one's capacityなのかも知れないかもれない it could be that ...

「おれは逃げげ escape; flight隠れかくれ hidingもせん。今夜今夜こんや tonight五時五時ごじ five (o'clock)までははま beach; shore港屋港屋みなとや Minatoya (name of an inn)居るる be (in a place)よう businessがあるなら巡査巡査じゅんさ police officerなりなんなり、よこせ」と山嵐が云うから、おれも「おれも逃げも隠れもしないぞ。堀田堀田ほった Hotta (a.k.a. Yama Arashi)同じおなじ sameところ place待ってって waitるから警察警察けいさつ police訴えたければうったえたければ (if you) want to file a complaint勝手に勝手かってに as one pleases訴えろ」と云って、二人してすたすたすたすた at a brisk paceあるき出したあるきした started out walking

おれが下宿下宿げしゅく lodgings帰ったかえった returned homeのは七時七時しちじ seven (o'clock)少しすこし a little; a bitまえ beforeである。部屋部屋へや roomへはいるとすぐ荷作り荷作にづくり packing始めたらはじめたら started; began婆さんばあさん old woman驚いておどろいて be surprised、どうおしるのぞなもしと聞いたいた asked。お婆さん、東京東京とうきょう Tōkyō行ってって go (to)奥さんおくさん wife連れてくるれてくる bring backんだと答えてこたえて answered勘定勘定かんじょう account; bill (payment)済ましてまして settled、すぐ汽車汽車きしゃ (steam) train乗ってって boardedはま beach; shore来てて came (to)港屋港屋みなとや Minatoya (name of an inn)着くく arrive (at)と、山嵐山嵐やまあらし Yama Arashi (nickname for Hotta, the head mathematics teacher)二階二階にかい second floor; upstairs寝てて sleepいた。おれは早速早速さっそく immediately; right away辞表辞表じひょう letter of resignation書こうこう write思ったおもった thought (to do)が、なん whatと書いていいか分らないわからない didn't knowから、私儀私儀わたくしぎ I; as for me (formal)都合都合つごう circumstances有之有之これあり being as such辞職辞職じしょく resign (one's post)の上うえ on top of; in addition to東京へ帰り申候かえ申候もうしそろ will make (my) returnにつき左様左様さよう thus; in such manner御承知御承知ごしょうち (your) consent; permission被下度候被下度候くだされたくそろ ask (you) to bestow (upon me)以上以上いじょう yours truly (indicates the end of a text or statement)とかいて校長校長こうちょう (school) principalあて addressed toにして郵便郵便ゆうびん post; mail出したした put out; sent

汽船汽船きせん steamboatよる evening六時六時ろくじ six o'clock出帆出帆しゅっぱん departure (ship)である。山嵐もおれも疲れてつかれて tired; worn out、ぐうぐう寝込んで寝込ねこんで dozed; slept soundly眼が覚めたらめたら (when we) awoke午後午後ごご afternoon二時二時にじ two (o'clock)であった。下女下女げじょ maid巡査巡査じゅんさ policeman来ないない came byかと聞いたら参りませんまいりません didn't comeと答えた。「赤シャツあかシャツ Red Shirt (nickname for the head teacher)野だだ Noda (short for Nodaiko, nickname for Yoshikawa, the art teacher)訴えなかったうったえなかった didn't file a complaintなあ」と二人二人ふたり two (people)大きにおおきに heartily笑ったわらった laughed

その夜その that eveningおれと山嵐はこの不浄な不浄ふじょう filthy; unholy land離れたはなれた distanced oneself fromふね boatきし shore去れば去るほどればるほど the further away (we got) fromいい心持ち心持こころもち feelingがした。神戸神戸こうべ Kōbe (place name)から東京までは直行直行ちょっこう direct passage; non-stop新橋新橋しんばし Shinbashi (part of Tōkyō)へ着いたとき moment; occasionは、ようやく娑婆娑婆しゃば the outside world出たた arrived (at)ような feelingがした。山嵐とはすぐ分れたわかれた parted waysぎり今日今日きょう today; the presentまで逢うう see; meet機会機会きかい chance; opportunityがない。

きよ Kiyo (name of Botchan's former maidservant)の事こと about ...; concerning ...話すはなす mention; explainのを忘れてわすれて forget; neglectいた。――おれが東京へ着いて下宿へも行かずかず without going (to)革鞄革鞄かばん bags; luggage提げたげた carriedまま、清や帰ったよと飛び込んだらんだら burst into (a room)、あら坊っちゃんっちゃん Botchan (young master)、よくまあ、早くはやく soon帰って来て下さったくださった did (something) for meなみだ tearsをぽたぽたと落したおとした dropped; let fall。おれもあまり嬉しかったうれしかった was happy; was overjoyedから、もう田舎田舎いなか countrysideへは行かない、東京で清とうちを持つつ have; ownんだと云ったった said; told (someone)

その後その after that; from thereある人あるひと someone; an acquaintance周旋周旋しゅうせん mediation; recommendation街鉄街鉄がいてつ tram; street car (= 街頭鉄道がいとうてつどう)技手技手ぎしゅ assistant engineerになった。月給月給げっきゅう (monthly) salary二十五円二十五円にじゅうごえん twenty five yenで、家賃家賃やちん rent六円六円ろくえん six yenだ。清は玄関付き玄関付げんかんつき with an entry hallいえ houseでなくっても至極至極しごく very much; quite満足満足まんぞく satisfaction様子様子ようす appearance; state of affairsであったが気の毒などくな unfortunate事に今年今年ことし this year二月二月にがつ February肺炎肺炎はいえん pneumonia罹ってかかって fall ill with; suffer from死んでしまったんでしまった passed away。死ぬ前日前日ぜんじつ day beforeおれを呼んでんで call; summon坊っちゃん後生だから後生ごしょうだから be so good as to ...清が死んだら、坊っちゃんのお寺てら (Buddhist) temple埋めてめて bury; inter下さい。お墓はか graveのなかで坊っちゃんの来るる come; visitのを楽しみにたのしみに looking forward to; hoping for待ってって wait; awaitおりますと云った。だから清の墓は小日向小日向こびなた Kobinata (part of Tōkyō - commonly referred to as Kohinata)養源寺養源寺ようげんじ Yōgenji (name of a temple)にある。