野だだ Noda (short for Nodaiko, nickname for Yoshikawa, the art teacher)大嫌い大嫌だいきらい most detestable; intolerableだ。こんなやつ guy; fellow沢庵石沢庵石たくあんいし big rock; heavy stone (used for weighting the lid of a 'takuan' pickling barrel)をつけてうみ seaそこ bottom (of)沈めちまうしずめちまう sink; drownほう alternative日本日本にっぽん Japanのためだ。赤シャツあかシャツ Red Shirt (nickname for the head teacher)こえ voice気に食わないわない not to one's liking。あれは持前の持前もちまえの natural; native声をわざと気取って気取きどって make affected; assume airsあんな優しいやさしい gentle; softように見せてせて show; presentるんだろう。いくら気取ったって、あのつら faceじゃ駄目駄目だめ no good; of no useだ。惚れるれる fall for; fall in love withものがあったってマドンナぐらいなものだ。しかし教頭教頭きょうとう head teacherだけに野だよりむずかしいこと fact; matter云うう say; postulate。うちへ帰ってかえって return、あいつの申し条もうじょう argument; assertion考えてかんがえて consider; think overみると一応一応いちおう at first glance; on the surfaceもっとものようでもある。はっきりとした事は云わないから、見当がつきかねる見当けんとうがつきかねる can't be sureが、何でもなんでも somehow; seemingly山嵐山嵐やまあらし Yama Arashi (nickname for Hotta, the head mathematics teacher)がよくない奴だから用心しろ用心ようじんしろ take care; watch outと云うのらしい。それならそうとはっきり断言する断言だんげんする affirm; declareがいい、おとこ man; maleらしくもない。そうして、そんな悪るいるい bad; ill-intentioned教師教師きょうし instructorなら、早くはやく immediately; soon免職免職めんしょく dismissal; relief from one's dutiesさしたらよかろう。教頭なんて文学士文学士ぶんがくし degree holder癖にくせに as expected of ...意気地のない意気地いくじのない weak; spinelessもんだ。蔭口蔭口かげぐち backstabbing; malicious gossipをきくのでさえ、公然と公然こうぜんと openly; publicly名前名前なまえ nameが云えないくらいな男だから、弱虫弱虫よわむし cowardに極まってるまってる must certainly be ...。弱虫は親切な親切しんせつな kindly; accommodatingものだから、あの赤シャツもおんな woman; femaleのような親切ものなんだろう。親切は親切、声は声だから、声が気に入らないらない don't like; find distastefulって、親切を無にしちゃにしちゃ be unappreciative of筋が違うすじちがう incorrect; illogical。それにしても世の中なか the world不思議な不思議ふしぎな strange; mysteriousものだ、虫の好かないむしかない disagreeable; revolting奴が親切で、気のあったのあった like-minded友達友達ともだち friend悪漢悪漢わるもの rogue; rascal (usually 悪者)だなんて、ひと a person馬鹿にして馬鹿ばかにして make a fool ofいる。大方大方おおかた probably; perhaps田舎田舎いなか the countryだから万事万事ばんじ all things東京のさかに行く東京とうきょうのさかにく are opposite in relation to Tōkyōんだろう。物騒な物騒ぶっそうな troubling; perilousところ placeだ。今にいまに at any moment now火事火事かじ fire; conflagration氷ってこおって freezeいし rock; stone豆腐豆腐とうふ tōfuになるかも知れないかもれない might be; is possible that ...。しかし、あの山嵐が生徒生徒せいと students煽動する煽動せんどうする inciteなんて、いたずらをしそうもないがな。一番一番いちばん number one; most人望人望じんぼう popularity; favorable reputationのある教師だと云うから、やろうと思ったらおもったら thought (to); wanted (to)大抵の事大抵たいていこと most anything出来る出来できる can doかも知れないが、――第一第一だいいち first of all; for startersそんな廻りくどいまわりくどい roundabout; convoluted事をしないでも、じかにおれを捕まえてつらまえて seize; confront喧嘩喧嘩けんか quarrel吹き懸けりゃけりゃ instigate; bring down upon (someone)手数手数てすう effort省けるはぶける save; spareわけ it's the case that ...だ。おれが邪魔邪魔じゃま hindrance; encumbranceになるなら、実はじつは in truthこれこれだ、邪魔だから辞職して辞職じしょくして resign; quit (one's job)くれと云や、よさそうなもんだ。もの things; affairs相談相談そうだん discussionずくでずくで by means ofどうでもなる。向うむこう the other party云い条じょう argument; assertionがもっともなら、明日明日あした tomorrowにでも辞職してやる。ここばかり米が出来るこめ出来できる rice can be grown訳でもあるまい。どこのはて extremity; ends行ったった went (to); traveled (to)って、のたれ死のたれじに dying by the roadsideはしないつもりだ。山嵐もよっぽど話せないはなせない lacking in good sense奴だな。

ここへ来たた came; arrivedとき time; when ...第一番に第一番だいいちばんに first of all; at the start氷水氷水こおりみず ice water奢ったおごった treated (someone to something)のは山嵐山嵐やまあらし Yama Arashi (nickname for Hotta, the head mathematics teacher)だ。そんな裏表のある裏表うらおもてのある two-sided; two-facedやつ guy; fellowから、氷水でも奢ってもらっちゃ、おれの顔に関わるかおかかわる weigh on one's honor; affect one's reputation。おれはたった一杯一杯いっぱい one cupしか飲まなかったしかまなかった only drank ...から一銭五厘一銭五厘いっせんごりん 1 sen and 5 rin (0.015 yen)しか払わしちゃないしかはらわしちゃない only had (someone) pay ...。しかし一銭だろうが五厘だろうが、詐欺師詐欺師さぎし swindler; cheat恩になっておんになって receive favor fromは、死ぬまでぬまで until death心持ち心持こころもち feelingがよくない。あした学校学校がっこう school行ったらったら go (to)、一銭五厘返してかえして return (something)おこう。おれはきよ Kiyo (name of Botchan's former maidservant)から三円三円さんえん three yen借りているりている borrowed。その三円は五年五年ごねん five years経ったった passed (time); elapsed今日今日こんにち today; this dayまでまだ返さない。返せないんじゃない。返さないんだ。清は今にいまに at any moment返すだろうなどと、かりそめにもかりそめにも for a moment; even in the slightest degreeおれの懐中懐中かいちゅう pocket; purseをあてにしてはいない。おれも今に返そうなどと他人他人たにん strangerがましいがましい look like; smack of義理立て義理立ぎりだて act from a sense of obligationはしないつもりだ。こっちがこんな心配心配しんぱい worry; concernをすればするほど清のこころ heart; soul疑ぐるうたぐる doubt; questionようなもので、清の美しいうつくしい noble; charming心にけちを付けるけちをける find fault with; disparage同じおなじ same; equivalentこと thing (action)になる。返さないのは清を踏みつけるみつける spurn; slightのじゃない、清をおれの片破れ片破かたわれ ally; part of one's inner circle思うおもう consider; think of (as)からだ。清と山嵐とはもとよりもとより of course比べ物にならないくらものにならない one can't compareが、たとい氷水だろうが、甘茶甘茶あまちゃ hydrangea teaだろうが、他人からめぐみ a favor; kindness受けてけて receive、だまっているのは向うもこう the other partyひとかどのひとかどの respectable; decent人間人間にんげん human being見立てて見立みたてて see as; judge、その人間に対するたいする concerning; in relation to厚意厚意こうい goodwill; friendliness所作所作しょさ conduct; behaviorだ。割前を出せば割前わりまえせば pay one's share; chip inそれだけの事で済むむ end; be concludedところを、心のうちで難有い難有ありがたい grateful; thankful恩に着るおんる feel oneself indebted (to)のは銭金銭金ぜにかね money買えるえる can be bought返礼返礼はんれい return favorじゃない。無位無冠無位無冠むいむかん without rank or (royal) crownでも一人前の一人前いちにんまえの respectable; full-fledged独立した独立どくりつした independent; free人間だ。独立した人間が頭を下げるあたまげる bow one's headのは百万百万ひゃくまん one million (a hundred ten-thousands)りょう Ryō (a pre-Meiji era unit of currency)より尊といたっとい valuable; preciousお礼れい salutation; courtesy思わなければならないおもわなければならない must be thought of (as)

おれはこれでも山嵐に一銭五厘奮発奮発ふんぱつ exertion; effortさせて、百万両より尊とい返礼をした気でいるでいる feel like; feel as though。山嵐は難有いと思ってしかるべきだ。それにうら back side廻ってまわって go around卑劣な卑劣ひれつな cowardly; despicable振舞振舞ふるまい conduct; behaviorをするとは怪しからんしからん insolent; disgraceful野郎野郎やろう rogueだ。あした行って一銭五厘返してしまえば借りり borrowing貸しし lendingもない。そうしておいて喧嘩喧嘩けんか quarrel; altercationをしてやろう。

おれはここまで考えたらかんがえたら considered; thought over眠くなったねむくなった grew sleepyからぐうぐう寝てしまったてしまった sleptあくる日あくる the following day思うおもう thought through; worked out (in one's mind)仔細仔細しさい particularsがあるから、例刻例刻れいこく the usual hourより早ヤ目にに early出校して出校しゅっこうして appear at the school山嵐山嵐やまあらし Yama Arashi (nickname for Hotta, the head mathematics teacher)待ち受けたけた waited for。ところがなかなか出て来ないない not appearうらなりうらなり Uranari (nickname for Koga, the English teacher)が出て来る。漢学漢学かんがく Chinese study; classics先生先生せんせい teacherが出て来る。野だだ Noda (short for Nodaiko, nickname for Yoshikawa, the art teacher)が出て来る。しまいには赤シャツあかシャツ Red Shirt (nickname for the head teacher)まで出て来たが山嵐のつくえ deskうえ top (of)白墨白墨はくぼく chalk一本一本いっぽん one (stick)たて lengthwise寝ているている lying; restingだけで閑静閑静かんせい quiet; stillなものだ。おれは、控所控所ひかえじょ staff roomへはいるや否やいなや as soon as ...返そうかえそう return (something)と思って、うちを出るる leave; depart (from)とき time; momentから、湯銭湯銭ゆせん bath moneyのように手の平ひら palm of one's hand入れてれて put into一銭五厘一銭五厘いっせんごりん 1 sen and 5 rin (0.015 yen)学校学校がっこう schoolまで握ってにぎって grasp来たた came (to)。おれは膏っ手あぶら sweaty palmsだから、開けてけて openみると一銭五厘があせ sweatをかいている。汗をかいてるぜに moneyを返しちゃ、山嵐が何とかなんとか something云うう say; remarkだろうと思ったから、机の上へ置いていて set; placeふうふう吹いていて blow (on)また握った。ところへ赤シャツが来て昨日昨日きのう yesterday失敬失敬しっけい excuse (me); pardon迷惑迷惑めいわく unpleasant; annoyanceでしたろうと云ったから、迷惑じゃありません、お蔭でかげで thanks to; because of腹が減りましたはらりました worked up an appetite答えたこたえた responded。すると赤シャツは山嵐の机の上へひじ elbow突いていて placed; planted against、あの盤台面盤台面ばんだいづら sauce pan face; large flat faceをおれのはな nose側面側面そくめん side (surface)持って来たってた brought towardから、なに whatをするかと思ったら、きみ you (familiar)昨日返りがけにかえりがけに on the way back船の中ふねなか in the boat話したはなした discussedこと mattersは、秘密秘密ひみつ confidential; secretにしてくれたまえ。まだ誰にもだれにも (not) to anyone話しやしますまいねと云った。おんな woman; femaleのようなこえ voice出すす put forth; speak (voice)だけに心配性な心配性しんぱいせいな anxious; uneasyおとこ man見えるえる appear (as)。話さない事はたしかである。しかしこれから話そうと云う心持ち心持こころもち feeling; intentで、すでに一銭五厘手の平に用意用意ようい preparationしているくらいだから、ここで赤シャツから口留め口留くちどめ silencing; gagging (usually 口留くちどめ)をされちゃ、ちと困るこまる be troubled; take issue (with something)。赤シャツも赤シャツだ。山嵐と名を指さないさない call out by nameにしろ、あれほど推察推察すいさつ conjecture; inference出来る出来できる can do (something)なぞ riddle; puzzle; nuancesをかけておきながら、今さらいまさら at this (belated) pointその謎を解いちゃいちゃ solve; unravel迷惑迷惑めいわく inconvenience; troubleだとは教頭教頭きょうとう head teacherとも思えぬ無責任無責任むせきにん irresponsibleだ。元来元来がんらい fundamentally; essentiallyならおれが山嵐と戦争戦争せんそう hostilities; combatをはじめて鎬を削ってるしのぎけずってる fighting furiously真中真中まんなか middle of出てて appear; make one's entrance堂々と堂々どうどうと boldly; brazenlyおれの肩を持つかたつ support; take a person's sideべきだ。それでこそ一校一校いっこう our schoolの教頭で、赤シャツを着ているている wear主意も立つ主意ちゅういつ make worthy of attentionというもんだ。

おれは教頭教頭きょうとう the head teacher向ってむかって turned towards、まだ誰にもだれにも (not) to anyone話さないはなさない have not mentioned; have not spoken (of)が、これから山嵐山嵐やまあらし Yama Arashi (nickname for Hotta, the head mathematics teacher)談判談判だんぱん discussion; dialogueするつもりだと云ったらったら said赤シャツあかシャツ Red Shirt (nickname for the head teacher)大いにおおいに greatly狼狽狼狽ろうばい dismay; consternationして、きみ you (familiar)そんな無法な無法むほうな outrageous; unreasonableこと act; actionをしちゃ困るこまる be troubled; be in a bindぼく I堀田堀田ほった Hotta (the head mathematics teacher, a.k.a. Yama Arashi)くん (suffix of familiarity for males)の事について、別段別段べつだん in particular君に何もなにも (not) anything明言明言めいげん definitive statementした覚えおぼえ recollectionはないんだから――君がもしここで乱暴を働いて乱暴らんぼうはたらいて behave rudely; behave in a disorderly mannerくれると、僕は非常に非常ひじょうに very much迷惑する迷惑めいわくする be inconvenienced; be troubled。君は学校学校がっこう school騒動騒動そうどう disturbance起すおこす instigate; bring aboutつもりで来たた came; arrivedんじゃなかろうと妙にみょうに curiously; oddly常識常識じょうしき protocol; common senseをはずれた質問質問しつもん questionをするから、当り前あたまえ of course; goes without sayingです、月給月給げっきゅう (monthly) salaryをもらったり、騒動を起したりしちゃ、学校のほう side; directionでも困るでしょうと云った。すると赤シャツはそれじゃ昨日昨日きのう yesterdayの事は君の参考参考さんこう referenceだけにとめて、口外して口外こうがいして disclose; divulgeくれるなとあせ sweatをかいて依頼に及ぶ依頼いらいおよぶ went so far as to requestから、よろしい、僕も困るんだが、そんなにあなたが迷惑ならよしましょうと受け合ったった agreed; acquiesced。君大丈夫大丈夫だいじょうぶ okay; alrightかいと赤シャツは念を押したねんした asked again; made sure。どこまでおんな woman; feminineらしいんだか奥行奥行おくゆき depth; extentがわからない。文学士文学士ぶんがくし degree holder; scholarなんて、みんなあんな連中連中れんちゅう type; group; companyならつまらんものだ。辻褄の合わない辻褄つじつまわない nonsensical; irrational論理論理ろんり logic欠けたけた lacking (in)注文注文ちゅうもん requestをして恬然恬然てんぜん nonchalant; cool; indifferentとしている。しかもこのおれを疑ぐってるうたぐってる doubt; distrust憚りながらはばかりながら I dare to declare that ... ; I humbly consider myself ...おとこ a manだ。受け合った事を裏へ廻ってうらまわって in the shadows; behind the scene反古にする反古ほごにする make light of (a promise); go back on (one's word)ようなさもしいさもしい base; vulgar了見了見りょうけん intentionはもってるもんか。

ところへ両隣り両隣りょうどなり both adjacent sidesつくえ desk所有主所有主しょゆうぬし owner出校した出校しゅっこうした arrived at schoolんで、赤シャツは早々早々そうそう quickly; hastily自分の自分じぶんの one's ownせき seat; place帰って行ったかえってった returned (to)。赤シャツは歩るき方るきかた manner of walkingから気取ってる気取きどってる affected; postured; with airs部屋部屋へや roomなか inside; within往来する往来おうらいする come and goのでも、音を立てないおとてない not make a soundようにくつ shoesそこ bottomをそっと落すおとす set down。音を立てないであるくのが自慢自慢じまん pride; vanityになるもんだとは、このとき time; occasionから始めてはじめて for the first time知ったった learned; realized泥棒泥棒どろぼう thief; burglar稽古稽古けいこ practice; trainingじゃあるまいし、当り前にするがいい。やがて始業始業しぎょう start of the work day喇叭喇叭らっぱ bugleがなった。山嵐はとうとう出て来ないない didn't appear仕方がない仕方しかたがない there was no alternativeから、一銭五厘一銭五厘いっせんごりん 1 sen and 5 rin (0.015 yen)を机のうえ top (of)置いていて set; place教場教場きょうじょう classroom出掛けた出掛でかけた set off for

授業授業じゅぎょう class都合都合つごう circumstances; reasons一時間目一時間目いちじかんめ first hour少しすこし a little; a bit後れておくれて ran late; went over (time)控所控所ひかえじょ staff room帰ったらかえったら returned、ほかの教師教師きょうし instructorsはみんなつくえ desk控えてひかえて waiting (at)はなし talk; conversationをしている。山嵐山嵐やまあらし Yama Arashi (nickname for Hotta, the head mathematics teacher)いつの間にかいつのにか before one realizes; unnoticed来ているている had arrived欠勤欠勤けっきん absence (from work)だと思ったらおもったら thought遅刻した遅刻ちこくした came lateんだ。おれのかお face見るる see; noticeや否やいなや as soon as ...今日今日きょう todayきみ you (familiar)お蔭でかげで thanks to ...遅刻したんだ。罰金罰金ばっきん (monetary) compensation; fine出したまえしたまえ please pay云ったった said。おれは机のうえ top (of)にあった一銭五厘一銭五厘いっせんごりん 1 sen and 5 rin (0.015 yen)出してして presented; took out、これをやるから取ってって takeおけ。先達て先達せんだって the other day通町通町とおりちょう Tōrichō (place name - old)飲んだんだ drank氷水氷水こおりみず ice waterだい charge; fee; costだと山嵐のまえ front of置くく set; placeと、なに whatを云ってるんだと笑いかけたわらいかけた began to laughが、おれが存外存外ぞんがい contrary to expectation真面目真面目まじめ seriousでいるので、つまらない冗談冗談じょうだん joke; foolishnessをするなとぜに moneyをおれの机の上に掃き返したかえした swept back。おや山嵐の癖にくせに as expected of; befittingどこまでも奢るおごる treat (someone to something) intentionだな。

「冗談じゃない本当本当ほんとう real; seriousだ。おれは君に氷水を奢られる因縁因縁いんえん affinity; connection (usually 因縁いんねん)がないから、出すんだ。取らないほう reasonがあるか」

「そんなに一銭五厘が気になるなら取ってもいいが、なぜ思い出したおもした remembered; recollectedように、今時分今時分いまじぶん at this time返すかえす return (something)んだ」

「今時分でも、いつ時分時分じぶん time; momentでも、返すんだ。奢られるのが、いやだから返すんだ」

山嵐は冷然と冷然れいぜんと coldly; icilyおれの顔を見てふんと云った。赤シャツあかシャツ Red Shirt (nickname for the head teacher)依頼依頼いらい requestがなければ、ここで山嵐の卑劣卑劣ひれつ baseness; meannessあばいてあばいて disclose; divulge大喧嘩大喧嘩おおげんか all-out quarrelをしてやるんだが、口外口外こうがい disclosureしないと受け合ったった agreed; acquiescedんだから動きがとれないうごきがとれない can't take actionひと a personがこんなに真赤真赤まっか deep redになってるのにふんという理窟理窟りくつ reasoning; rationaleがあるものか。

氷水氷水こおりみず ice waterだい charge; fee; cost受け取るる receive; take possessionから、下宿下宿げしゅく lodgings出てて leave; vacateくれ」

一銭五厘一銭五厘いっせんごりん 1 sen and 5 rin (0.015 yen)受け取ればそれでいい。下宿を出ようが出まいがおれの勝手勝手かって as one pleasesだ」

「ところが勝手でない、昨日昨日きのう yesterday、あすこの亭主亭主ていしゅ master; landlord来てて came (over); visitedきみ you (familiar)に出てもらいたいと云うう saidから、そのわけ reason聞いたらいたら asked (about); inquired亭主の云うのはもっともだ。それでももう一応一応いちおう againたしかめるつもりで今朝今朝けさ this morningあすこへ寄ってって stopped by詳しいくわしい detailedはなし storyを聞いてきたんだ」

おれには山嵐の云うこと matter; things (facts)なん what意味意味いみ meaningだか分らないわからない had no idea

「亭主が君に何を話したんだか、おれが知ってるってる knowもんか。そう自分自分じぶん oneselfだけで極めためた decided; judgedって仕様仕様しよう manner; methodがあるか。訳があるなら、訳を話すがじゅん rightfulだ。てんからてんから from the start; from the outset亭主の云うほう side; alternativeがもっともだなんて失敬失敬しっけい impropriety; rudeness千万千万せんばん ten million (times); in the extremeな事を云うな」

「うん、そんなら云ってやろう。君は乱暴乱暴らんぼう rude; disorderlyであの下宿で持て余まされているまされている found to be unmanageable; have had enough ofんだ。いくら下宿の女房女房にょうぼう wifeだって、下女下女げじょ maidたあ違うちがう differentぜ。あし feet出してして present; stick out拭かせるかせる have (someone) wipeなんて、威張り過ぎる威張いばぎる overly arrogant; too pompousさ」

「おれが、いつ下宿の女房に足を拭かせた」

「拭かせたかどうだか知らないが、とにかく向うもこう the other partyじゃ、君に困ってるこまってる troubled; botheredんだ。下宿料下宿料げしゅくりょう lodging fee十円十円じゅうえん ten yen十五円十五円じゅうごえん fifteen yen懸物懸物かけもの painting; hanging scroll一幅一幅いっぷく one (painting)売りゃりゃ sell; make a sale、すぐ浮いてくるいてくる raise (money)って云ってたぜ」

利いた風ないたふうな presumptuous; flippant事をぬかすぬかす have the gall to say野郎野郎やろう scoundrel; villainだ。そんなら、なぜ置いたいた placed; boarded (a guest)

「なぜ置いたか、ぼく Iは知らん、置くことは置いたんだが、いやになったんだから、出ろと云うんだろう。君出てやれ」

当り前あたまえ of course; without questionだ。居てて stay; live (in a place)くれと手を合せたあわせた pleaded; begged (lit: put one's hands together)って、居るものか。一体一体いったい indeed; in factそんな云い懸りがかり false claim; imputationを云うようなところ place周旋する周旋しゅうせんする arrange; intercede (on someone's behalf)君からしてが不埒不埒ふらち wicked; reprehensibleだ」

「おれが不埒か、君が大人しくない大人おとなしくない poorly-behavedんだか、どっちかだろう」

山嵐もおれに劣らぬおとらぬ not be inferior (to)肝癪持ち肝癪持かんしゃくもち hothead; temperamental typeだから、負け嫌いなぎらいな not to be defeated; indomitable大きなおおきな big; loud (voice)こえ voice出すす put forth; speak with (voice)控所控所ひかえじょ staff roomに居た連中連中れんちゅう group何事何事なにごと what; what on earth始まったはじまった startedかと思っておもって wondering、みんな、おれと山嵐の方を見てて look atあご chin長くしてながくして lengthen; extendぼんやりしている。おれは、別にべつに particularly恥ずかしいずかしい shameful; embarrassing事をした覚えおぼえ recollectionはないんだから、立ち上がりながらがりながら standing up部屋中部屋中へやじゅう throughout the room; around the room一通り一通ひととおり once見巡わして見巡みまわして look around; sweep with one's gazeやった。みんなが驚ろいてるおどろいてる be surprised; be taken abackなかに野だだ Noda (short for Nodaiko, nickname for Yoshikawa, the art teacher)だけは面白そうに面白おもしろそうに seemingly amused笑っていたわらっていた snickered; grinned。おれの大きな eyesが、貴様貴様きさま you (derogatory as used here)喧嘩喧嘩けんか quarrelをするつもりかと云う権幕権幕けんまく one's look; attitudeで、野だの干瓢づら干瓢かんぴょうづら face like a dried gourd射貫いた射貫いぬいた shot through; bored a hole inとき time; when ...に、野だは突然突然とつぜん suddenly真面目な真面目まじめな seriousかお faceをして、大いにおおいに a great dealつつしんだつつしんだ became circumspect; became respectful少しすこし somewhat怖わかったわかった frightened見えるえる appeared。そのうち喇叭喇叭らっぱ bugle鳴るる sounded。山嵐もおれも喧嘩を中止して中止ちゅうしして put aside; stopped教場教場きょうじょう classrooms出たた departed for

午後午後ごご afternoonは、先夜先夜せんや the other night; several nights agoおれに対してたいして concerning; in relation to無礼無礼ぶれい disrespect; insolence働いたはたらいた worked; carried out寄宿生寄宿生きしゅくせい boarding students処分処分しょぶん punishmentほう means; methodについての会議会議かいぎ meeting; conferenceだ。会議というものは生れてうまれて in one's life始めてはじめて the first timeだからとんととんと (not) at all; (not) in the least容子容子ようす situation; doings分らないわからない don't know (about)が、職員職員しょくいん staff寄ってって assemble; gather togetherたかってたかって gathering; crowding自分自分じぶん oneself勝手な勝手かってな as one pleases説をたててせつをたてて put forth an argument、それを校長校長こうちょう principal好い加減に加減かげんに in some manner; as best one can纏めるまとめる mediate; bring to closureのだろう。纏めるというのは黒白黒白こくびゃく black and white決しかねるけっしかねる cannot be determined事柄事柄ことがら matter; affairについて云うう say; apply (word)べき言葉言葉ことば wordだ。この場合場合ばあい case; situationのような、だれ whoever見たた look at; considerって、不都合不都合ふつごう misconduct; wrong-doingとしか思われないとしかおもわれない can only be regarded as ...事件事件じけん incident; affairに会議をするのは暇潰し暇潰ひまつぶし waste of timeだ。誰がなん what; whatever解釈した解釈かいしゃくした interpret; construeって異説異説いせつ conflicting view; dissenting opinion出ようよう appear; be raisedはずがない。こんな明白な明白めいはくな clear; open and closed; indisputableのは即座に即座そくざに promptly; at once校長が処分して処分しょぶんして handle; dispense withしまえばいいに。随分随分ずいぶん very much決断のない決断けつだんのない indecisiveこと state of affairsだ。校長ってものが、これならば、何の事はない、煮え切らないらない irresolute; vacillating愚図愚図ぐず dullard; dawdler異名異名いみょう another name (for)だ。

会議室会議室かいぎしつ meeting room校長室校長室こうちょうしつ principal's office隣りとなり next to; adjacentにある細長い細長ほそながい long and narrow部屋部屋へや roomで、平常平常へいじょう usually; normally食堂食堂しょくどう dining hall; lunch room代理を勤める代理だいりつとめる serve as ...黒いくろい blackかわ leather張ったった covered; upholstered椅子椅子いす chair二十脚二十脚にじゅっきゃく twenty (chairs)ばかり、長いながい longテーブルの周囲周囲しゅうい perimeter並んでならんで lined upちょっと神田神田かんだ Kanda (place name)西洋西洋せいよう Western-style料理屋料理屋りょうりや restaurantぐらいなかく level; gradeだ。そのテーブルのはじ head (of a table); end (usually はし) に校長が坐ってすわって be seated、校長の隣りに赤シャツあかシャツ Red Shirt (nickname for the head teacher)構えるかまえる be positioned。あとは勝手次第に勝手次第かってしだいに as one pleases席に着くせきく take a seatんだそうだが、体操体操たいそう physical education教師教師きょうし instructorだけはいつも席末席末せきまつ end seat (usually 末席まっせき)謙遜する謙遜けんそんする be modest; be humbleというはなし talk; storyだ。おれは様子が分らないから、博物博物はくぶつ natural historyの教師と漢学漢学かんがく Chinese study; classicsの教師のあいだ (space) betweenはいり込んだはいりんだ moved into向うむこう the other side見るる look (at)山嵐山嵐やまあらし Yama Arashi (nickname for Hotta, the head mathematics teacher)野だだ Noda (short for Nodaiko, nickname for Yoshikawa, the art teacher)が並んでる。野だのかお faceはどう考えてかんがえて consider; think about劣等劣等れっとう inferior; subparだ。喧嘩喧嘩けんか quarrelはしても山嵐のほう alternative遥かにはるかに by farおもむき elegance; sentimentがある。おやじの葬式葬式そうしき funeralとき time; occasion小日向小日向こびなた Kobinata (part of Tōkyō - commonly referred to as Kohinata)養源寺養源寺ようげんじ Yōgenji (name of a temple)座敷座敷ざしき reception room; parlorにかかってた懸物懸物かけもの paintingはこの顔によく似ているている resembled坊主坊主ぼうず priest聞いていて asked; inquiredみたら韋駄天韋駄天いだてん Idaten云うう called怪物怪物かいぶつ creature; mysterious figureだそうだ。今日今日きょう today怒ってるおこってる be angryから、 eyesぐるぐる廻しちゃぐるぐるまわしちゃ roll; spin時々時々ときどき sometimes; occasionallyおれの方を見る。そんな事で威嚇かされて威嚇おどかされて feel threatened; be intimidatedたまるもんかと、おれも負けないけない not be defeated intentionで、やっぱり眼をぐりつかせて、山嵐をにらめてやった。おれの眼は恰好恰好かっこう form; styleはよくないが、大きいおおきい large事においては大抵な大抵たいていな most; generalひと personには負けない。あなたは眼が大きいから役者役者やくしゃ actor; performerになるときっと似合います似合にあいます be suited; be well matchedきよ Kiyo (name of Botchan's former maidservant)がよく云ったくらいだ。

もう大抵大抵たいてい for the most partお揃いそろい assembled; gatheredでしょうかと校長校長こうちょう principal云うう say; askと、書記書記しょき secretary川村川村かわむら Kawamura (name)と云うのが一つ二つひとふたつ one, two, ...頭数頭数あたまかず headcount勘定して勘定かんじょうして tally upみる。一人一人ひとり one (person)足りないりない missing; lacking; short一人不足一人不足ひとりぶそく one (person) missingですがと考えてかんがえて thoughtいたが、これは足りないはずだ。唐茄子のうらなり唐茄子とうなすのうらなり (Tōnasu no) Uranari (nickname for Koga, the English teacher)くん (suffix of familiarity for males)来ていないていない had not come; was not present。おれとうらなり君とはどう云う宿世宿世すくせ one's former existence; karma因縁因縁いんねん affinity; connectionかしらないが、このひと personかお face見てて see; look at以来以来いらい since ...どうしても忘れられないわすれられない cannot forget控所控所ひかえじょ staff roomへくれば、すぐ、うらなり君が眼に付くく catch one's notice途中途中とちゅう on one's way (to somewhere)をあるいていても、うらなり先生先生せんせい teacher様子様子ようす figure; form心に浮ぶこころうかぶ come to mind温泉温泉おんせん onsen (hot springs)行くく go (to); visitと、うらなり君が時々時々ときどき sometimes蒼いあおい pale (blue)顔をして湯壺湯壺ゆつぼ bath; basinのなかに膨れてふくれて moping; sulkingいる。挨拶挨拶あいさつ greetingをするとへえと恐縮して恐縮きょうしゅくして feel small; be embarrassedあたま head下げるげる lowerから気の毒どく pitiableになる。学校学校がっこう school出てて come to; appear atうらなり君ほど大人しい大人おとなしい quiet; mild-mannered人は居ないない isn't (anyone)。めったに笑ったわらった smiled; laughedこと instance; occasionもないが、余計な口余計よけいくち extra words; unnecessary commentsをきいた事もない。おれは君子君子くんし gentleman; man of virtueという言葉言葉ことば word書物書物しょもつ books; writingsうえ in; on知ってるってる know of; be familiar withが、これは字引字引じびき dictionaryにあるばかりで、生きてるきてる living; existingものではないと思ってたおもってた thoughtが、うらなり君に逢ってって meet; become acquainted withから始めてはじめて for the first time、やっぱり正体正体しょうたい true form; embodimentのある文字文字もじ words; charactersだと感心した感心かんしんした be impressed; be struck (by)くらいだ。

このくらい関係関係かんけい connection深いふかい deep人の事だから、会議室会議室かいぎしつ meeting roomへはいるや否やいなや as soon as ...、うらなり君の居ないのは、すぐ気がついたがついた took notice ofじつ the truthを云うと、このおとこ manつぎ next (to)へでも坐わろうわろう sitかと、ひそかに目標目標めじるし guide; targetにして来たくらいだ。校長はもうやがて見えるえる appear; arriveでしょうと、自分自分じぶん oneselfまえ in front ofにあるむらさき purple袱紗包袱紗包ふくさづつみ silk-wrapped packageをほどいて、蒟蒻版蒟蒻版こんにゃくばん hectograph (gelatin-based copy)のようなもの thing; material読んでんで read; peruseいる。赤シャツあかシャツ Red Shirt (nickname for the head teacher)琥珀琥珀こはく amberのパイプをきぬ silkハンケチで磨き始めたみがはじめた began to polish。この男はこれが道楽道楽どうらく hobby; pastimeである。赤シャツ相当相当そうとう becoming; fittingのところだろう。ほかの連中連中れんちゅう group; company隣り同志とな同志どうし neighbors; those next to each other何だかなんだか something私語き合っている私語ささやっている whispered; conversed privately手持無沙汰手持無沙汰てもちぶさた awkward idlenessなのは鉛筆鉛筆えんぴつ pencilしり end着いているいている attached (to)護謨護謨ゴム eraserあたま head; tipでテーブルの上へしきりに何かなにか something書いているいている tracing; sketching野だだ Noda (short for Nodaiko, nickname for Yoshikawa, the art teacher)は時々山嵐山嵐やまあらし Yama Arashi (nickname for Hotta, the head mathematics teacher)話しかけるはなしかける talk to; initiate conversationが、山嵐は一向一向いっこう (not) at all応じないおうじない respond; engage (with)。ただうんとかああと云うばかりで、時々怖いこわい frightful; threatening eyes; lookをして、おれのほう directionを見る。おれも負けずにけずに not being defeated睨め返すにらかえす glared back

ところへ待ちかねたちかねた awaitedうらなりうらなり Uranari (nickname for Koga, the English teacher)くん (suffix of familiarity for males)気の毒そうどくそう looking pitiableはいって来てはいってて came in; arrived少々少々しょうしょう a bit (of)用事用事ようじ errands; businessがありまして、遅刻致しました遅刻致ちこくいたしました be late (humble)慇懃に慇懃いんぎんに politelyたぬき Tanuki (nickname for the school principal)挨拶挨拶あいさつ salutationをした。では会議会議かいぎ meeting開きますひらきます open; beginと狸はまず書記書記しょき secretary川村川村かわむら Kawamura (name)君に蒟蒻版蒟蒻版こんにゃくばん hectograph (gelatin-based copy)配布配布はいふ distribute; pass outさせる。見るる look at最初最初さいしょ first処分処分しょぶん dealing (with); punishmentけん itemつぎ next生徒生徒せいと students取締取締とりしまり control; oversightの件、その他その in addition; otherwise二三ヶ条二三ヶ条にさんかじょう two or three mattersである。狸は例の通りれいとおり as usual; as alwaysもったいぶってもったいぶって putting on airs教育教育きょういく education生霊生霊いきりょう living spirit of; ghost ofという見ええ posture; attitudeでこんな意味意味いみ meaning; import; effectこと content述べたべた spoke; remarked。「学校学校がっこう school職員職員しょくいん staff生徒生徒せいと students過失過失かしつ fault; flawのあるのは、みんな自分自分じぶん oneself寡徳寡徳かとく dearth of virtue; lack of moral influence致すいたす bring about; bring upon oneselfところで、何かなにか something; some sort of事件事件じけん incidentがある度にたびに each time ...、自分はよくこれで校長校長こうちょう principal勤まるつとまる be employed; serve asとひそかに慚愧慚愧ざんき shame; compunctionねん sense; feeling堪えんえん cannot endure; cannot bearが、不幸にして不幸ふこうにして unfortunately今回今回こんかい this timeもまたかかる騒動騒動そうどう trouble; disturbance引き起したおこした caused; gave rise toのは、深くふかく deeply諸君諸君しょくん you; my friends向ってむかって facing; with respect to謝罪謝罪しゃざい apologyしなければならん。しかしひとたび起ったおこった occurred; happened以上以上いじょう given that (something has happened)仕方がない仕方しかたがない what's done is done; we have no choice、どうにか処分をせんければならん、事実事実じじつ the factsはすでに諸君のご承知の通り承知しょうちとおり as you (already) knowであるからして、善後策善後策ぜんごさく remedial measuresについて腹蔵のない腹蔵ふくぞうのない free; open; without reservationこと matters; facts参考参考さんこう reference; consultationのためにお述べ下さいください please comment; please state

おれは校長の言葉言葉ことば words聞いていて listened to、なるほど校長だの狸だのと云うう calledものは、えらい事を云うもんだと感心した感心かんしんした was impressed。こう校長が何もかも責任責任せきにん responsibility受けてけて receive; take on、自分のとが fault; blameだとか、不徳不徳ふとく moral failingだとか云うくらいなら、生徒を処分するのは、やめにして、自分からさき first; foremost免職免職めんしょく dismissal (from one's post)になったら、よさそうなもんだ。そうすればこんな面倒な面倒めんどうな troublesome会議なんぞを開く必要必要ひつよう need; necessityもなくなるわけ it follows that ...だ。第一第一だいいち first of all常識常識じょうしき common senseから云っても分ってるわかってる can be understood。おれが大人しく大人おとなしく gently; meekly宿直宿直しゅくちょく night dutyをする。生徒が乱暴乱暴らんぼう rampage; disorderly conductをする。わるいのは校長でもなけりゃ、おれでもない、生徒だけに極ってるきまってる it's a given that ...。もし山嵐山嵐やまあらし Yama Arashi (nickname for Hotta, the head mathematics teacher)煽動した煽動せんどうした incitedとすれば、生徒と山嵐を退治れば退治たいじれば get rid ofそれでたくさんだ。ひと a personしり hips; haunches; buttocksを自分で背負い込んで背負しょんで shoulder; carry on one's back、おれの尻だ、おれの尻だと吹き散らかすらかす proclaim; spread the wordやつ fellowが、どこのくに country; landにあるもんか、狸でなくっちゃ出来る出来できる doable芸当芸当げいとう trick; performanceじゃない。かれ heはこんな条理条理じょうり logic; reason適わないかなわない can't stand up to議論議論ぎろん argument; assertion吐いていて spit out; put forward得意気に得意気とくいげに self satisfied; feeling pleased with oneself一同一同いちどう all (of us); all present見廻した見廻みまわした surveyed; looked over。ところが誰もだれも no (one)口を開くくちく speak; respondものがない。博物博物はくぶつ natural history教師教師きょうし instructorは第一教場教場きょうじょう classrooms屋根屋根やね roofからす crowがとまってるのを眺めてながめて watch; gaze atいる。漢学漢学かんがく Chinese studies; classics先生先生せんせい teacherは蒟蒻版を畳んだりたたんだり folding延ばしたりばしたり unfoldingしてる。山嵐はまだおれのかお faceをにらめている。会議と云うものが、こんな馬鹿気た馬鹿気ばかげた foolish; idioticものなら、欠席欠席けっせき absenceして昼寝昼寝ひるね napでもしているほう alternativeがましだ。

おれは、じれったくなったから、一番一番いちばん foremost; first大いにおおいに very much; to a great extent弁じてべんじて speak; talkやろうと思っておもって thought; intended半分半分はんぶん half尻をあげかけたらしりをあげかけたら began to rise (from one's seat)赤シャツあかシャツ Red Shirt (nickname for the head teacher)何かなにか something云い出したした started to sayから、やめにした。見るる look; watchとパイプをしまって、しま stripeのあるきぬ silkハンケチでかお faceをふきながら、何か云っている。あの手巾手巾はんけち handkerchiefはきっとマドンナから巻き上げたげた pinched (something from someone); filchedに相違ない相違そういない no doubt ...おとこ a man白いしろい whiteあさ hemp (cloth); linen使う使つかう useもんだ。「わたし I寄宿生寄宿生きしゅくせい boarding students乱暴乱暴らんぼう rampage; disorderly conduct聞いていて heard (about); learned (of)はなはだ教頭教頭きょうとう head teacherとして不行届不行届ふゆきとどき negligence; neglectであり、かつ平常の平常へいじょうの everyday; usual; routine徳化徳化とっか moral influence少年少年しょうねん boys; young men及ばなかったおよばなかった didn't reachのを深くふかく deeply慚ずるずる feel ashamedのであります。でこう云うこと happening; matterは、何か陥欠陥欠かんけつ deficiency; failingがあると起るおこる happen; occurもので、事件その物事件じけんそのもの the incident itselfを見ると何だかなんだか somehow生徒生徒せいと studentsだけがわるいようであるが、その真相真相しんそう truth; actual facts極めるきわめる investigate thoroughly責任責任せきにん responsibilityはかえって学校学校がっこう the schoolにあるかも知れないかもれない might be; could be。だから表面上表面上ひょうめんじょう on the surfaceにあらわれたところだけで厳重な厳重げんじゅうな severe; strict制裁制裁せいさい punishment; discipline加えるくわえる inflict; applyのは、かえって未来未来みらい futureのためによくないかとも思われます。かつ少年血気少年血気しょうねんけっき hot blood of youthのものであるから活気活気かっき vigor; spiritがあふれて、善悪善悪ぜんあく right or wrong; virtue and vice考えかんがえ considerationはなく、半ばなかば half; halfway無意識に無意識むいしきに unwittinglyこんな悪戯悪戯いたずら mischief; prankをやる事はないとも限らんともかぎらん can't rule out the possibility that ...。でもとよりもとより of course処分法処分法しょぶんほう method of punishment校長校長こうちょう principalのお考えにある事だから、私の容喙する容喙ようかいする interfere; meddle (in)限りかぎり extent; limitではないが、どうかその辺そのへん that much; those thingsご斟酌になって斟酌しんしゃくになって take (something) into consideration、なるべく寛大な寛大かんだいな lenient; tolerantお取計取計とりはからい management; handling願いたいねがいたい requestと思います」

なるほどたぬき Tanuki (nickname for the school principal)が狸なら、赤シャツも赤シャツだ。生徒があばれるのは、生徒がわるいんじゃない教師教師きょうし teachers悪るいるい in the wrong; wickedんだと公言して公言こうげんして declare; professいる。気狂気狂きちがい lunatic; crazy personひと a personあたま head撲り付けるなぐける beat; strikeのは、なぐられた人がわるいから、気狂がなぐるんだそうだ。難有い仕合せだ難有ありがた仕合しあわせだ it's an honor to be in your service (cynical)。活気にみちて困るこまる be troubledなら運動場運動場うんどうじょう athletic grounds出てて go out (to)相撲相撲すもう sumō wrestlingでも取るる wrestle (sumo)がいい、半ば無意識にとこ bedなか in; withinバッタバッタ grasshoppers入れられてれられて have (someone) put inたまるものか。この様子この様子ようす at this rateじゃ寝頸をかかれて寝頸ねくびをかかれて be murdered in one's sleepも、半ば無意識だって放免放免ほうめん release; acquittalするつもりだろう。

おれはこう考えてかんがえて considered; thought何かなにか something云おうおう say; speakかなと考えてみたが、云うならひと people; everyone驚ろかすおどろかす astonish; impressように滔々と述べたてなくっちゃつまらない滔々とうとうべたてなくっちゃつまらない must be stated with great eloquence、おれのくせ habit; mannerismとして、腹が立ったはらった become angry; be riled upときに口をきくくちをきく speakと、二言か三言二言ふたこと三言みこと two or three words必ずかならず without fail行き塞ってつまって get tongue tied; be at a loss for wordsしまう。たぬき Tanuki (nickname for the school principal)でも赤シャツあかシャツ Red Shirt (nickname for the head teacher)でも人物人物じんぶつ character; personal integrityから云うと、おれよりも下等下等かとう inferior; vulgarだが、弁舌弁舌べんぜつ speech; eloquenceはなかなか達者達者たっしゃ skilled; proficientだから、まずいこと content; things喋舌って喋舌しゃべって say; utter揚足を取られちゃ揚足あげあしられちゃ be tripped up on one's own words面白くない面白おもしろくない not good; unpleasant。ちょっと腹案腹案ふくあん preparation; outline (of a speech)作ってつくって make; craftみようと、むね one's heart; one's mindのなかで文章文章ぶんしょう words; compositionを作ってる。するとまえ in front (of)居たた was (in a place)野だだ Noda (short for Nodaiko, nickname for Yoshikawa, the art teacher)突然突然とつぜん suddenly起立した起立きりつした stood upには驚ろいた。野だの癖に意見意見いけん opinion述べるべる speak; commentなんて生意気生意気なまいき presumptuousだ。野だは例のれいの usual; characteristicへらへら調へらへら調ちょう flippant tone; air of superficialityで「実にじつ in fact; to tell the truth今回今回こんかい this timeバッタバッタ grasshopper事件事件じけん incident及びおよび and咄喊咄喊とっかん shouting; battle cry事件は吾々吾々われわれ we心あるこころある concerned職員職員しょくいん staffをして、ひそかに吾校吾校わがこう our school将来将来しょうらい future前途前途ぜんと prospects; possibilities危惧危惧きぐ fear; misgivingsねん sense; feeling抱かしむるいだかしむる can cause one to harbor (doubt or fear)に足るる be sufficient to珍事珍事ちんじ rare event; singular incidentでありまして、吾々職員たるものはこのさい occasion奮ってふるって energetically; of one's own accord自らみずから personally省りみてかえりみて reflect upon; take notice of全校全校ぜんこう the entire school風紀風紀ふうき discipline; public morals振粛振粛しんしゅく strict enforcementしなければなりません。それでただ今ただいま just now校長校長こうちょう school principal及び教頭教頭きょうとう head teacherのお述べになったお説せつ opinion; remarksは、実に肯綮に中った肯綮こうけいあたった hit the mark; strike the right chord剴切な剴切がいせつな appropriate; relevant (to the case)お考えかんがえ thought; considerationわたし I徹頭徹尾徹頭徹尾てっとうてつび thoroughly; to the core賛成致します賛成さんせいいたします humbly agree。どうかなるべく寛大の寛大かんだいの lenient; tolerantご処分処分しょぶん dealing (with); punishment仰ぎたいと思いますあおぎたいとおもいます would like to request」と云った。野だの云う事は言語言語ことば wordsはあるが意味意味いみ meaningがない、漢語漢語かんご big words; difficult wordsのべつにのべつに without pause陳列する陳列ちんれつする put on display; make a show ofぎりで訳が分らないわけわからない have no idea what something or someone means分ったわかった understoodのは徹頭徹尾賛成致しますと云う言葉だけだ。

おれは野だだ Noda (short for Nodaiko, nickname for Yoshikawa, the art teacher)云うう say; state意味意味いみ meaning分らないわからない don't understandけれども、何だかなんだか somehow非常に非常ひじょうに very much; exceedingly腹が立ったはらった became angryから、腹案腹案ふくあん preparation; outline (of a speech)出来ない出来できない is not done; is not readyうちに起ち上がってがって rose; stood upしまった。「わたし I徹頭徹尾徹頭徹尾てっとうてつび thoroughly; absolutely反対です反対はんたいです opposed……」と云ったがあとが急にきゅうに suddenly出て来ないない (words) wouldn't come out。「……そんな頓珍漢な頓珍漢とんちんかんな absurd; topsy-turvy処分処分しょぶん dealing (with); settlement大嫌い大嫌だいきらい unpalatable; disagreeableです」とつけたら、職員職員しょくいん staff一同一同いちどう all together笑い出したわらした broke into laughter。「一体一体いったい indeed; in fact生徒生徒せいと the students全然全然ぜんぜん completely悪るいるい in the wrong; at faultです。どうしても詫まらせなくっちゃあやまらせなくっちゃ don't apologize (provisional)癖になりますくせになります won't end; will become accepted behavior退校退校たいこう expulsionさしても構いませんかまいません don't care。……何だなんだ such失敬な失敬しっけいな rude; insolent新しくあたらしく newly来たた arrived教師教師きょうし teacherだと思っておもって think; regard as……」と云って着席した着席ちゃくせきした sat down。すると右隣り右隣みぎどなり right side neighbor居るる be (in a place)博物博物はくぶつ natural history (teacher)が「生徒がわるいこと factも、わるいが、あまり厳重な厳重げんじゅうな strict; severeばつ punishmentなどをするとかえって反動反動はんどう backlash起しておこして set off; triggerいけないでしょう。やっぱり教頭教頭きょうとう head teacherのおっしゃる通りとおり just as ...; exactly as ...かん leniency; generosityほう alternative; direction賛成します賛成さんせいします be in agreement」と弱いよわい weak; spineless事を云った。左隣左隣ひだりどなり left side neighbor漢学漢学かんがく Chinese studies (teacher)穏便穏便おんびん gentle; amicableせつ opinion; viewpointに賛成と云った。歴史歴史れきし history (teacher)も教頭と同説同説どうせつ of the same opinionだと云った。忌々しい忌々いまいましい offensive; cursed; confounded大抵大抵たいてい in general; mostのものは赤シャツあかシャツ Red Shirt (nickname for the head teacher)とう faction; campだ。こんな連中連中れんちゅう group; company (of people)寄り合ってって come together学校学校がっこう school立てててて build; raise (up)いりゃ世話はない世話せわはない is a lost cause; there's no help (for it)。おれは生徒をあやまらせるか、辞職する辞職じしょくする resign (one's post)二つふたつ two (things)のうち一つひとつ one (thing)極めてめて decidedるんだから、もし赤シャツが勝ちち victory; win制したらせいしたら govern; have the upper hand早速早速さっそく immediatelyうちへ帰ってかえって return (home)荷作り荷作にづくり packingをする覚悟覚悟かくご resolveでいた。どうせ、こんな手合手合てあい persons; party; lot弁口弁口べんこう eloquent speech; oration屈伏させる屈伏くっぷくさせる force into submission; cause to yield手際手際てぎわ skillsはなし、させたところでいつまでご交際交際こうさい association; fellowship願うねがう desire; wish (for)のは、こっちでご免だめんだ no thanks; beg to decline。学校に居ないとすればどうなったって構うもんか。また何か云うと笑うに違いないちがいない no doubt ...。だれが云うもんかと澄してすまして feign indifferenceいた。

するといま now; this pointまでだまって聞いていて listenいた山嵐山嵐やまあらし Yama Arashi (nickname for Hotta, the head mathematics teacher)奮然として奮然ふんぜんとして resolutely; vigorously起ち上がったがった rose; stood up野郎野郎やろう rascal; scoundrelまた赤シャツあかシャツ Red Shirt (nickname for the head teacher)賛成賛成さんせい agreement opinion表するひょうする express; voiceな、どうせ、貴様貴様きさま you (condescending)とは喧嘩喧嘩けんか quarrelだ、勝手にしろ勝手かってにしろ do as you like見てて regard; look atいると山嵐は硝子硝子ガラス glassまど windows振わせるふるわせる rattle; shakeようなこえ voiceで「わたくし I教頭教頭きょうとう head teacher及びおよび andその他その others諸君諸君しょくん gentlemen; my friendsお説せつ opinion; point of viewには全然全然ぜんぜん completely不同意不同意ふどうい disagreement; of different opinionであります。というものはこの事件事件じけん incidentはどのてん point; positionから見ても、五十名五十名ごじゅうめい fifty persons寄宿生寄宿生きしゅくせい boarding students新来新来しんらい newly arrived教師教師きょうし teacher; instructor某氏某氏ぼうし a certain person軽侮して軽侮けいぶして disdain; disrespectこれを翻弄しよう翻弄ほんろうしよう make sport of; make a fool ofとした所為所為しょい act; deedとよりほか other; elseには認められんみとめられん cannot judge; cannot concludeのであります。教頭はその源因源因げんいん causeを教師の人物人物じんぶつ person; characterいかんにお求めになるもとめになる pursue; search forようでありますが失礼ながら失礼しつれいながら with all due respectそれは失言失言しつげん misspokenかと思いますおもいます think; view。某氏が宿直宿直しゅくちょく night dutyにあたられたのは着後早々着後早々ちゃくごそうそう soon after arrivalこと fact; matterで、まだ生徒生徒せいと students接せられてせっせられて interact; deal withから二十日二十日はつか twenty days満たぬたぬ fulfill; reachころ time; periodであります。この短かいみじかい short二十日間二十日間はつかかん twenty-day periodにおいて生徒はきみ you (familiar)学問学問がくもん scholarship人物を評価評価ひょうか judge; assessし得るる be able to余地余地よち room; marginがないのであります。軽侮されべき至当な至当しとうな proper; fair; reasonable理由理由りゆ reasonがあって、軽侮を受けたけた receivedのなら生徒の行為行為こうい actions; behavior斟酌斟酌しんしゃく consideration; allowance加えるくわえる add; take account of理由もありましょうが、何らのなんらの some (sort of)源因もないのに新来の先生を愚弄する愚弄ぐろうする mock; ridiculeような軽薄な軽薄けいはくな flippant; insincere生徒を寛仮して寛仮かんかして tolerate; pardon学校学校がっこう the school威信に関わる威信いしんかかわる compromise the dignity of事と思います。教育教育きょういく education精神精神せいしん spirit; essence単にたんに simply学問を授けるばかりではない、高尚な高尚こうしょうな noble正直な正直しょうじきな honest; upright武士的な武士的ぶしてきな chivalrous元気元気げんき vigor; energy鼓吹する鼓吹こすいする inspire; instill同時に同時どうじに at the same time野卑な野卑やひな vulgar; coarse軽躁な軽躁けいそうな rash; thoughtless暴慢な暴慢ぼうまんな insolent; arrogant悪風悪風あくふう vice掃蕩する掃蕩そうとうする stamp out; wipe outにあると思います。もし反動が恐しいおそろしい feared; dreadedの、騒動騒動そうどう disturbance大きくなるおおきくなる grow largerのと姑息な姑息こそくな makeshift; half-way事を云った dayにはこの弊風弊風へいふう atmosphere of corruptionはいつ矯正矯正きょうせい reform; correction出来る出来できる be possible知れませんれません there's no knowing。かかる弊風を杜絶する杜絶とぜつする block; obstructためにこそ吾々吾々われわれ weはこの学校に職を奉じてしょくほうじて serve; hold a positionいるので、これを見逃がす見逃みのがす turn a blind eye toくらいなら始めからはじめから from the start教師にならんほう alternativeがいいと思います。私は以上の以上いじょうの the aforementioned理由で寄宿生一同一同いちどう one and all; all concerned厳罰厳罰げんばつ strict punishment処するしょする manage; deal with上にうえに on top of; in addition to当該当該とうがい said; concerned教師の面前面前めんぜん presenceにおいて公けにおおやけに publicly; openly謝罪謝罪しゃざい apology thought; intent表せしむるひょうせしむる cause to expressのを至当の所置所置しょち measure; treatment心得ます心得こころえます regard; look upon as」と云いながら、どんと腰を卸したこしおろした sat down。一同はだまって何にも言わないなんにもわない said nothing。赤シャツはまたパイプを拭き始めたはじめた began to polish。おれは何だか非常に非常ひじょうに very much; terribly嬉しかったうれしかった felt happy; was elated。おれの云おうと思うところをおれの代りにかわりに in place of山嵐がすっかり言ってくれたようなものだ。おれはこう云う単純な単純たんじゅんな simple人間人間にんげん person; human beingだから、今までの喧嘩はまるで忘れてわすれて forgot大いにおおいに greatly難有い難有ありがたい grateful; thankfulと云うかお face; expressionをもって、腰を卸した山嵐の方を見たら、山嵐は一向一向いっこう completely知らんらん indifferentかお face; countenanceをしている。

しばらくして山嵐山嵐やまあらし Yama Arashi (nickname for Hotta, the head mathematics teacher)はまた起立した起立きりつした stood up。「ただ今ただいま just nowちょっと失念して失念しつねん forget; let slip one's mind言い落しましたおとしました left unsaid; neglected to mentionから、申しますもうします say; speak当夜当夜とうや the night in question宿直員宿直員しゅくちょくいん the staff member on night duty宿直中宿直中しゅくちょくじゅう while on duty外出して外出がいしゅつして go out温泉温泉おんせん onsen (hot springs)行かれたかれた went (to)ようであるが、あれはもっての外のもってのほかの improper; inexcusableこと act; deed考えますかんがえます consider; regard asいやしくもいやしくも if; given that自分自分じぶん oneself一校一校いっこう the entire school留守番留守番るすばん caretaking引き受けながらけながら while accepting a task咎めるとがめる censure; reproachもの personのないのを幸にさいわいに taking advantage of場所もあろうに場所ばしょもあろうに of all places温泉などへ入湯入湯にゅうよく bathingにいくなどと云うう (functions as quotative)のは大きなおおきな big; major失体失体しったい blunder; disgrace (usually 失態しったい)である。生徒生徒せいと studentsは生徒として、このてん pointについては校長校長こうちょう (school) principalからとくに責任者責任者せきにんしゃ person responsibleご注意注意ちゅうい caution; warningあらん事あらんこと such that ... be done (archaic)希望します希望きぼうします expect; hope for

妙なみょうな strangeやつ fellowだ、ほめたと思ったらおもったら thought、あとからすぐ人のひとの a person's失策失策しっさく failure; misstepあばいてあばいて disclose; divulgeいる。おれは何の気もなくなんもなく thinking nothing of itまえ previous; earlier宿直宿直しゅくちょく night duty (attendant)出あるいたあるいた went out; walked about事を知ってって know; be aware of、そんな習慣習慣しゅうかん custom; normal practiceだと思って、つい温泉まで行ってしまったんだが、なるほどそう云われてみると、これはおれが悪るかったるかった was in the wrong攻撃攻撃こうげき censure; criticismされても仕方がない仕方しかたがない cannot be helped; is unavoidable。そこでおれはまた起ってって rose; stood upわたくし I正にまさに in truth宿直中に温泉に行きました。これは全くまったく completely; entirelyわるい。あやまります」と云って着席したら着席ちゃくせきしたら sat down一同一同いちどう all presentがまた笑い出したわらした broke out laughing。おれが何かなにか something云いさえすれば笑うわらう laugh。つまらん奴等奴等やつら bunch (of fellows)だ。貴様等貴様等きさまら you all (condescending)これほど自分のわるい事を公けにおおやけに openly; publiclyわるかったと断言断言だんげん affirmation; declaration出来る出来できる be capable ofか、出来ないから笑うんだろう。

それから校長校長こうちょう (school) principalは、もう大抵大抵たいてい generallyご意見意見いけん opinionsもないようでありますから、よく考えたかんがえた consider; think over上でうえで after; on top of処分しましょう処分しょぶんしましょう deal (with); take care of云ったった said。ついでだからその結果結果けっか resultを云うと、寄宿生寄宿生きしゅくせい boarding students一週間一週間いしゅうかん one week禁足禁足きんそく (indoor) confinementになった上に、おれのまえ in front of出てて appear謝罪謝罪しゃざい apologyをした。謝罪をしなければそのとき time; point辞職して辞職じしょくして resign (one's post)帰るかえる return homeところだったがなまじいなまじい to future regret、おれのいう通りいうとおり exactly as demandedになったのでとうとう大変な大変たいへんな terrible; serious; graveこと affair; matterになってしまった。それはあとから話すはなす tell; explainが、校長はこの時会議会議かいぎ meeting引き続きつづき continuationだと号してごうして declare; announceこんな事を云った。生徒生徒せいと students風儀風儀ふうぎ manners; moralsは、教師教師きょうし teacher感化感化かんか influence正してただして correct; put rightいかなくてはならん、その一着手一着手いちちゃくしゅ first step; starting pointとして、教師はなるべく飲食店飲食店いんしょくてん eating and drinking establishmentsなどに出入出入しゅつにゅう frequent; visitしない事にしたい。もっとも送別会送別会そうべつかい farewell partyなどのせつ occasion特別特別とくべつ special; exceptionであるが、単独に単独たんどくに on one's own; by oneselfあまり上等上等じょうとう respectable; high-classでない場所場所ばしょ places行くく go (to)のはよしたい――たとえば蕎麦屋蕎麦屋そばや soba shopだの、団子屋団子屋だんごや dumpling shopだの――と云いかけたらまた一同一同いちどう all present笑ったわらった laughed野だだ Noda (short for Nodaiko, nickname for Yoshikawa, the art teacher)山嵐山嵐やまあらし Yama Arashi (nickname for Hotta, the head mathematics teacher)見てて looked at天麩羅天麩羅てんぷら tempuraと云って目くばせくばせ winkingをしたが山嵐は取り合わなかったわなかった paid no attention; took no heedいい気味だいい気味きびだ serves him right

おれはのう brainがわるいから、たぬき Tanuki (nickname for the school principal)の云うことなんか、よく分らないわからない don't understandが、蕎麦屋や団子屋へ行って、中学中学ちゅうがく middle schoolの教師が勤まらなくっちゃつとまらなくっちゃ can't be employed as、おれみたような食い心棒心棒しんぼう big eater; gluttonにゃ到底出来っ子ない到底とうてい出来できない can't possibly manageと思った。それなら、それでいいから、初手初手しょて beginning; startから蕎麦と団子の嫌いきらい dislikeなものと注文して注文ちゅうもんして order; request雇うやとう hire; employがいい。だんまりだんまり silence; reticence辞令を下げて辞令じれいげて bestow a letter of appointmentおいて、蕎麦を食うな、団子を食うなと罪なつみな punitiveお布令布令ふれ official notice; proclamation出すす put out; issueのは、おれのような外にほかに otherwise道楽道楽どうらく pastime; hobbyのないものにとっては大変な打撃打撃だげき blow; impactだ。すると赤シャツあかシャツ Red Shirt (nickname for the head teacher)がまた口を出したくちした spoke。「元来元来がんらい fundamentally speaking; by nature中学の教師なぞは社会社会しゃかい society上流上流じょうりゅう upper classにくらいするものだからして、単にたんに simply物質的の物質的ぶっしつてきの material; physical快楽快楽かいらく pleasureばかり求めるもとめる seek; pursueべきものでない。そのほう direction耽るふける be addicted to; give oneself over toとつい品性品性ひんせい one's characterにわるい影響影響えいきょう effect及ぼすおよぼす exert; bring aboutようになる。しかし人間人間にんげん human beingだから、何か娯楽娯楽ごらく amusement; recreationがないと、田舎田舎いなか the country来てて come (to)狭いせまい narrow; confined土地土地とち land; areaでは到底到底とうてい (not) at all暮せるくらせる can manage; can liveものではない。それでつり fishingに行くとか、文学書文学書ぶんがくしょ literary publication読むむ readとか、または新体詩新体詩しんたいし new-style poetry俳句俳句はいく haiku作るつくる composeとか、何でも高尚な高尚こうしょうな lofty; noble精神的精神的せいしんてき intellectual; mental娯楽を求めなくってはいけない……」

だまって聞いていて listenると勝手な熱を吹く勝手かってねつく talk self-serving rubbishおき open seaへ行って肥料肥料こやし fertilizerを釣ったり、ゴルキが露西亜露西亜ロシア Russia文学者文学者ぶんがくしゃ literatiだったり、馴染の馴染なじみの familiar; intimate芸者芸者げいしゃ geisha松の木まつ pine treeした beneath立ったりったり stand古池へ蛙が飛び込んだりする古池ふるいけかわずんだりする line from a famous haiku (lit: a frog jumps into an old pond)のが精神的娯楽なら、天麩羅を食ってって eat団子を呑み込むむ swallow; gulp downのも精神的娯楽だ。そんな下さらないくださらない trifling; worthless娯楽を授けるける take part inより赤シャツあかシャツ red shirts洗濯洗濯せんたく laundryでもするがいい。あんまり腹が立ったはらった became angryから「マドンナに逢うう meet up withのも精神的娯楽ですか」と聞いてやった。すると今度今度こんど this time誰もだれも (no) one笑わない。妙なみょうな strangeかお faces; expressionsをして互にたがいに mutually eyesと眼を見合せて見合みあわせて exchange of glancesいる。赤シャツ自身自身じしん himself苦しそうくるしそう seemingly uncomfortable下を向いたしたいた turned to face downwardそれ見ろそれろ Take that!利いたろういたろう Gotcha!。ただ気の毒どく pitiableだったのはうらなりうらなり Uranari (nickname for Koga, the English teacher)くん (suffix of familiarity for males)で、おれが、こう云ったら蒼いあおい blue; pale顔をますます蒼くした。